黒紋付に仙台平袴のアンサンブル 五歳祝着【kod87】

【2024年最新版】七五三・男の子の袴と羽織選び!着付けのコツ紹介

はじめに

日本の伝統的な行事である七五三は、5歳の男の子にとって特別な意味を持ちます。この年齢で迎える七五三では、男の子は「袴」と「羽織」を着用し、成長を祝います。しかし、着物や和装に詳しくない方にとって、和装の準備はどこから手をつけていいのか分からないもの。

そこで、本記事では七五三を迎えるお子さまを持つ親御さんたちに向けて、袴や羽織の選び方からレンタル方法、着付けまで、準備の段階から楽しむことができるような情報をお届けします。本記事を通じて、お子さまの七五三が一層輝く一日となるよう、心を込めてサポートいたします。

七五三で男の子に選ばれる袴と羽織の基礎知識

5歳の男の子にとって、七五三は初めて社会に一人の個人として紹介される意味を持ちます。袴と羽織は、日本の伝統的な和装であり、男の子の成長と健やかな未来を願う親御さんの気持ちを表現する重要な役割を果たしています。ここでは、なぜ七五三に袴と羽織が不可欠なのか、そして、どのようにして最適なセットを選ぶかについて掘り下げていきます。

なぜ袴と羽織は七五三に不可欠なのか

七五三で袴と羽織を着用する習慣は、長い歴史を持ち、お子さまたちの健康と成長を願う日本の伝統的な文化の一部です。特に5歳の男の子が袴を着ることは、「袴下がり」と呼ばれ、幼児から少年への第一歩を象徴しています。また、この行事を通じて、家族の絆が深まり、親族間の交流が促されます。袴と羽織は、そうした意味合いを色濃く反映しており、お子さまたちの大切な節目を祝うために欠かせないアイテムなのです。

男の子の袴と羽織セットの選び方

男の子の袴と羽織を選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。まず、サイズ選びが非常に重要です。お子さまたちは急成長を遂げているため、式典の日にぴったり合うように、数カ月前から準備を始めることをおすすめします。

着付けの簡便性や動きやすさも考慮する必要があります。七五三の当日は長時間の行事となることもあるため、お子さまが快適に過ごせるかどうかが重要なポイントとなります。

また、色や柄についても、お子さまの好みはもちろんのこと、七五三の祝いの意味合いを考慮して選ぶとよいでしょう。最近では、明るい色やモダンなデザインのものも人気を集めていますが、伝統的には、黒や紺、深緑など落ち着いた色の袴が選ばれることが多くあります。

伝統を大切にするのであれば、ゆめやでレンタル可能なこちらの衣装はいかがでしょうか。
正絹の黒紋付に、仙台平の袴を合わせました。基本のアンサンブルですので、サイズを6種類作りました。5歳の七五三から、12歳の小学校卒業式まで、あらゆる年齢の男の子に着ていただくことができます。紋入れ(貼り付け紋)のご注文も承っています。

最後に、レンタルサービスを利用する場合は、事前に試着をして、当日に備えると安心です。七五三は一生に一度の大切なイベントです。悔いのない袴と羽織選びを通じて、この特別な日をより思い出深いものにしてくださいね。

男の子の七五三におすすめの袴と羽織のスタイル

ここでは、伝統と現代性が融合した袴と羽織のスタイルについて紹介します。選ぶ色やデザインにはそれぞれ意味が込められており、お子さまの魅力を一層引き立てることができます。また、現代のトレンドを取り入れたモダンなデザインにも注目し、七五三をより特別なものにしましょう。

黒や紺など、選ぶべき色とその意味

七五三で男の子が着用する袴や羽織には、伝統的に黒や紺などの落ち着いた色が好まれています。これらの色は格式高く、祝いの席にふさわしいとされています。特に黒は力強さと格調を、紺は清潔感と穏やかさを象徴しており、お子さまをより立派に見せてくれます。

また、袴や羽織に用いられる柄にも注目しましょう。鷹や松、波など、力強い自然を象徴する柄は、お子さまの健やかな成長や幸福を願う意味が込められています。紋付きの袴や羽織は、より格式の高い装いとされ、特別なお祝いにふさわしい選択となります。色と柄の選び方一つで、お子さまの七五三の装いに深い意味と豊かな物語を加えることができるのです。

現代の七五三に合うモダンなデザイン

近年、七五三で選ばれる袴や羽織は、伝統的なスタイルだけでなく、現代の感覚を取り入れたモダンなデザインも人気を集めています。シンプルながらも洗練されたデザイン、鮮やかな色使いや個性的な柄は、お子さまの個性を際立たせ、七五三の記念撮影をより印象的なものにします。

例えば、水色やグレーといった明るく柔らかな色の袴は、伝統的な色合いに新鮮さを加え、お子さまの元気で明るい印象を強調します。また、和柄を現代的にアレンジしたデザインや、小物使いでアクセントを加えることで、オリジナリティ溢れるスタイリングが可能です。足袋や草履、帯などの小物選びにもこだわり、トータルでバランスの取れた装いを目指しましょう。

現代の七五三においては、お子さまの個性や家族の好みに合わせて、伝統的な装いとモダンなスタイリングを自由に組み合わせることが可能です。例えば、伝統的な袴にモダンなアクセサリーを取り入れたり、クラシカルな羽織を現代的な色味の袴で合わせたりすることで、新旧の美を融合させたスタイルを楽しむことができます。
また、現代の技術を取り入れた素材の使用により、お子さまが一日中快適に過ごせるよう工夫された袴や羽織も登場しています。通気性や伸縮性に優れた素材を使用した衣装は、動きやすく、七五三の長い一日をサポートします。こうした機能性とデザイン性を兼ね備えた衣装は、お子さま自身も喜び、七五三の行事をより一層楽しむことができます。

ゆめやでは、ご家族で楽しめる七五三衣装もご用意しております。例えばこちらは、七五三のお子さま2人とお母さま、合計3着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、ご兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。着物はご自由にお選びいただけます。ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。お母さまは訪問着フルセットの1着となります。草履やバッグなどの小物も付属しています。

袴や羽織を選ぶ際は、色や柄、素材だけでなく、お子さまの個性や好み、そして家族のスタイルを大切にした選択が、より充実した七五三を演出する鍵となります。以上を考慮することで、お子さまが自分らしさを表現し、家族で一生の思い出を作るためのスタイリングを実現できるでしょう。

七五三の袴と羽織の着付け方法

多くの保護者にとって、袴や羽織の正しい着付け方法は未知の世界かもしれません。この章では、初心者でも簡単にフォローできる着付けのステップと、事前に準備しておくべきアイテムのリストをご紹介します。着物や和装に慣れていない方でも、このガイドを参考に、お子さまの大切な一日をスムーズに迎えられるようになるでしょう。

着付け初心者でもできる!簡単ステップガイド

着付けは難しそうに感じるかもしれませんが、基本的なステップを一つずつ丁寧に進めれば、誰でも美しい袴姿を完成させることができます。まず、着物を着せる前に、肌着と足袋を着用します。肌着はお子さまの体を守り、着物の着心地を良くするために重要です。足袋は袴の見た目をより一層引き立てます。

  1. 肌着の着用:身に着けている下着の上から、お子さま用の肌着を着せます。肌着は、着物が直接肌に触れるのを防ぎ、お子さまの肌を守ります。
  2. 着物の着用:肌着の上から着物を着せます。ここで大切なのは、着物の右前を左前の下にして着ること。これは日本の伝統的な着方です。
  3. 袴の着用:着物の上から袴を着せ、帯でしっかりと固定します。袴の丈は、足のくるぶしより少し上になるように調整してください
  4. 羽織の着用:着物の上から羽織を着せます。羽織の紐を結ぶことで、全体の着姿が整います。

これらのステップを踏むことで、基本的な袴と羽織の着付けが完了します。初めての着付けでも、これらのポイントを押さえることで、お子さまを美しく、そして快適に着飾ることができるでしょう。

七五三当日をスムーズに!準備とチェックリスト

七五三当日をスムーズに迎えるためには、前もって準備しておくべきアイテムがいくつかあります。以下のリストを参考に、準備を進めていきましょう。

  • 肌着と足袋:着物を着る前の基本となるアイテムです。サイズが合っているか事前に確認しておきましょう。
  • 着物と羽織:事前にしっかりと折り目やシワを整えておきます。着物は七五三の主役であるお子さまの動きやすさを考慮し、少しゆとりを持たせるのがポイントです
  • :袴は着物の上に着用するため、着物とのバランスを考えて選びます。足の動きを妨げないように、適切な長さを選びましょう。
  • :袴をしっかりと固定するための帯も忘れずに。帯結びの練習も事前にしておくと良いでしょう。
  • 小物:草履や髪飾りなど、着姿を引き立てる小物も重要です。特に髪飾りは、お子さまの髪型に合わせて選ぶと全体の印象がグッとまとまります。
  • 撮影用のアイテム:七五三は記念撮影も欠かせません。カメラや撮影に使う小道具など、事前に準備しておくとスムーズです

これらを準備リストに書き出し、当日に備えておくことで、お子さまも保護者も安心して七五三の日を迎えることができます。特に着物や袴は慣れないものかもしれませんが、事前の準備と練習で、着付けに関する不安を少しでも解消しましょう。

さらに、当日は思いがけないトラブルにも対応できるように、予備の肌着や小物を用意しておくとより安心です。七五三はお子さまたちの大切な節目です。この日だけの特別な袴と羽織を通して、家族で一生の思い出を作り上げましょう。準備と心構えがあれば、きっとすてきな一日になるはずです。

七五三用袴と羽織のレンタルと購入ガイド

七五三は、お子さまが健やかに成長されたことを祝う大切な行事です。この特別な日には、伝統的な袴と羽織を身につけることが多いですが、これらをレンタルするか購入するかで迷われる方も少なくありません。ここではそれぞれの選択肢が持つメリットとデメリットを比較しながら、最適な選択をご提案いたします。

レンタルか購入か?メリットとデメリットの比較

袴と羽織をレンタルするか購入するか、この選択にはそれぞれのメリットとデメリットがあります。

レンタルのメリットには、コストパフォーマンスの高さが挙げられます。特に、成長が早いお子さまの衣装としては、一度しか着用しない可能性が高いため、レンタルは経済的です。また、レンタルならではの豊富な種類から選べること、必要な小物がセットで提供されることも魅力の一つです

レンタルのデメリットとしては、希望する日に予約が取りにくいことや、他の人と同じデザインを着ることになる可能性がある点です。また、レンタル期間内に返却しなければならないため、返却の手間が発生します。

一方で、購入のメリットは、完全に自分のものとして持てるため、記念として残せる点にあります。また、購入した袴と羽織は、修理やサイズ調整をして長く使用することが可能です。兄弟や親戚で受け継ぐこともでき、家族の伝統として価値を持たせることができます。

購入のデメリットは、コストが高くなることが最大の問題点です。特に、上質な素材を選ぶと、価格はさらに上昇します。また、サイズアウトしてしまうと、次に活用する機会が限られてしまう点も考慮する必要があります。

安心・安全な袴と羽織レンタルの選び方

袴と羽織をレンタルする際は、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • 早めの予約:七五三のシーズンはレンタル需要が高まるため、早めに予約をすることが重要です。
  • 試着の機会:サイズ感を確認するためにも、可能であれば実際に試着する機会を持つことが望ましいです。
  • セット内容の確認:袴と羽織だけでなく、小物一式が含まれているかどうかをチェックしましょう。足袋や草履など、必要なアイテムが全て揃っていることが重要です
  • レンタル期間の確認:行事の日程前後でレンタルできる期間を確認し、余裕を持ったスケジュールで準備できるようにしましょう。特に、七五三当日は忙しくなるため、前日には手元に届いている状態が理想的です。
  • 状態の良い衣装を選ぶ:レンタル衣装の状態も重要な選択基準です。可能であれば、実際に衣装を見て、汚れや傷がないか、丁寧にメンテナンスされているかを確認しましょう
  • キャンセルポリシーの確認:万が一のために、キャンセルポリシーも確認しておきましょう。天候やお子さまの体調不良など、予期せぬ事態に対応できる条件かどうかをチェックすることが重要です。
  • 信頼できるレンタル店を選ぶ:最後に、レンタルショップ選びは非常に重要です。口コミやレビューを参考にし、信頼できる店舗かどうかを見極めましょう。質の高いサービスを提供する店舗であれば、安心してレンタルを任せることができます。

袴と羽織のレンタルを選ぶ際は、これらのポイントをふまえ、お子さまにとっても親御さんにとっても快適で、記憶に残る七五三の準備をすることができるでしょう。

七五三用の袴と羽織を選ぶプロセスは、お子さまの成長を祝う大切な一環です。レンタルか購入か、どちらの選択をするにしても、この日のために特別な衣装を選び、準備することで、お子さまの大切な記憶になることでしょう。

七五三での写真撮影のための袴と羽織スタイリング

七五三は、お子さまの健やかな成長を祝う大切な行事です。この特別な日のために、袴と羽織を選ぶ際には、写真撮影で映えるスタイリングが重要になります。袴や羽織、着物を選ぶ際には、色や柄だけでなく、小物の合わせ方にも注意を払いましょう。撮影に最適な衣装を選ぶことで、一生の思い出となる美しい写真を残すことができます。

記念撮影に映える袴と羽織のコーディネート

七五三の記念撮影では、袴や羽織、着物の選び方一つで写真の印象が大きく変わります。以下に、撮影における衣装選びのポイントをご紹介します。

  • 色選び黒や紺、グレーといった落ち着いた色の袴や羽織を選びましょう。これらの色は、写真撮影で引き締まった印象を与え、お子さまの清潔感を際立たせます。
  • 柄の選択:七五三では、伝統的な柄が好まれます。鷹や松、鼓といった勇壮な柄は、男の子の袴や羽織にふさわしい選択肢となります。
  • サイズ:お子さまが袴や羽織を着用する際には、サイズ感が非常に重要です。特に、袴は動きやすさを確保しつつ、着崩れしないサイズを選ぶことが大切です

アクセサリーと小物で格上げするスタイリングテクニック

袴や羽織だけでなく、アクセサリーや小物の選び方にも注目しましょう。足袋や草履はもちろん、帯締めや帯揚げなどの小物を適切に選ぶことで、より一層洗練されたスタイリングを目指すことができます。写真撮影では、これらの小物が大きな役割を果たすことがあります。

  • 足袋と草履:足元のコーディネートは、全体のバランスを整える重要な要素です。白い足袋は清潔感を、草履は伝統的な美しさを演出します
  • 帯締めと帯揚げ:色と柄が衣装と調和する帯締めや帯揚げを選ぶことで、装いに深みを加えることができます。帯締めはシンプルなものから、少し華やかなデザインまであるので、袴や羽織の色柄とのバランスを考えて選びましょう。帯揚げは、少し明るい色を選ぶことで顔周りをパッと華やかに見せる効果があります。
  • 小物の活用:七五三の撮影では、扇子数珠といった小物を上手に取り入れると、写真に深みと物語性を与えることができます。例えば、扇子を持たせることで、お子さまの姿に雅な雰囲気をプラスすることができます。また、数珠を添えることで、格式高い印象を与え、特別な日の重みを表現することができます。

これらの小物を適切に組み合わせることで、七五三の写真撮影において、より一層凛々しく、かつ伝統的な美しさを引き出すことが可能となります。記念撮影はその年齢ならではの一瞬を捉える貴重な機会です。ぜひ、衣装だけでなく、小物使いにもこだわり、お子さまの晴れ姿を美しく残してください。

まとめ

七五三は、お子さまたちの成長を祝う大切な日です。特に5歳の男の子にとって、袴と羽織を身に着けることは、この節目を祝う伝統的なスタイルとして長く受け継がれてきました。本記事では、七五三における袴と羽織の選び方から着付けのポイント、そして撮影のコツまでを解説してきましたが、最終的に大切なのは、お子さまたちがその日を心から楽しむことです。

七五三の準備は、多くの時間と労力を要するものですが、その全てが家族の絆を深める貴重な経験となります。袴と羽織を選ぶ過程も、着付けの一つ一つの手順も、そして撮影の一瞬一瞬も、お子さまの成長を祝う大切な儀式の一部です。この特別な日を迎えるにあたり、準備から当日の祝賀まで、家族全員で心を込めて楽しむことが何よりも重要です

最後に、七五三を迎えるすべてのお子さまたちとその家族にとって、この日が幸せで心温まるものになることを心より願っています。和装を通じて、日本の美しい文化と伝統を次世代に伝え、大切な家族の絆を深める機会となることでしょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

藍色地に絣柄の大島紬きものと羽織に縞袴【men14】

【2024年最新版】男性の袴スタイル完全ガイド!着こなしと選び方

はじめに 袴は、日本の伝統的な装いとして、現代の重要なセレモニーでも中心的な役割を果たしています。特に男性が成人式や結婚式などの節目で選ぶ衣装としては、その格式の高さと美しさが重視されています。 本記事では、袴の基本から […]

ひとつ前の記事

若苗色に織り柄の一つ紋付色無地【hou81】

60代初心者向け!色無地の着物で始める魅力的なスタイル作り

はじめに 色無地の着物を手に取るとき、「自分らしい美」の探求が始まります。60代になると、色無地の着物は特にその人の内面の美しさや落ち着きを引き立てる素晴らしい選択肢となります。この記事では、60代の方々に向けて、色無地 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!