着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

明治神宮

【着物のプロ監修】明治神宮で結婚式を彩る! 着物レンタルサービスの選び方

はじめに

結婚式場としての明治神宮は、日本の伝統と自然の美しさを背景にした神聖な誓いの場として、多くのカップルにとって憧れの場所です。そのような特別な場所で迎える特別な日に、着物を身にまとうことは、この重要なイベントをさらに意味深いものにします。

着物は日本の美しさと伝統を象徴する衣装であり、特に結婚式のようなフォーマルな場では、その装いによって一生の思い出に深みを加えることができます。しかし、多くの方にとって着物は普段着用するものではなく、特に結婚式用の着物は購入するには高価であるため、レンタルサービスが重宝されます。

この章では、明治神宮での結婚式における着物レンタルの必要性と、選ぶ際の基本的な知識について紹介します。

明治神宮での結婚式に着物レンタルが必要な理由

結婚式は人生の中で最も記憶に残る日の一つであり、多くのカップルはこの特別な日を完璧にするために細部にまで注意を払います。明治神宮での結婚式に着物を選ぶ理由は、単に美しさや伝統だけではありません。着物は、結婚式という一大イベントを祝う上での精神性や格式を高める役割も担っています。

しかし、適切な着物を選ぶことは簡単なことではなく、特に結婚式用の着物は種類が多岐にわたり、明治神宮のような格の高い式場にあわせた着物となると価格も高価になります。このため、多くの場合、レンタルが現実的な選択肢となります。レンタルならば、一度きりの使用のために高額な費用をかけずに、希望するスタイルや色、デザインの着物を選ぶことが可能です。

着物のレンタルサービスを選ぶ際の基本知識

着物のレンタルサービスを選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。まず、予約は結婚式の日程が決定した直後、つまり出来るだけ早めに行うことが望ましいです。特に明治神宮での結婚式は人気が高く、希望する日に着たい着物を確保するためには早めの予約が必要です。

次に、レンタルプランを選ぶ際には、着付けや当日のサポートサービスが含まれているかどうかを確認しましょう。着物は着るのが難しいため、プロの着付け師によるサポートは非常に役立ちます。また、撮影や食事など、結婚式当日のスケジュールに合わせて、着物を着る時間や必要なオプションサービスについても考慮する必要があります。

着物のレンタルサービスを利用することで、明治神宮での結婚式をより特別なものにすることができます。適切な準備と知識を持って、この美しい日本の伝統を最大限に活かしましょう。

明治神宮での結婚式にふさわしい着物の種類

結婚式は、多くの人にとって一生に一度の大切なイベントです。特に、格式も高く人気の明治神宮での結婚式となれば、特別感はさらに高まることでしょう。そんな特別な日には、格式高く、美しさを際立たせる着物を選びたいものです。

しかし、着物にはさまざまな種類があり、どのような着物が結婚式に適しているのか、迷われる方も少なくありません。この章では、明治神宮での結婚式にふさわしい着物の種類と、その選び方について解説します。

フォーマルな場にふさわしい着物の特徴

結婚式といえば、最もフォーマルな場の一つです。特に明治神宮のような歴史ある神社での挙式では、その格式を考慮した着物選びが求められます。結婚式にふさわしい着物を以下でご紹介します。

  • 白無垢: 白無垢は、新婦が結婚式で着ることの多い純白の着物で、新しい生活のスタートを象徴する無垢な白色が特徴です。
  • 色打掛: 色打掛は華やかな色と柄が特徴で、挙式や披露宴で着用されます。
  • 引き振袖: 引き振袖は、通常の振袖とは異なり、地面に引きずるほど長い裾が特徴です。色や柄が華やかで、動きやすさもあるためお色直しなどで重宝します。
  • 振袖や留袖: 参列者の場合は、振袖や留袖などが選ばれます。未婚女性は振袖を、既婚女性は留袖を着用するのが一般的です。振袖は豊富な色と柄が特徴で、華やかな場にふさわしい装いを提供します。一方、留袖は落ち着いた色合いで、格式高い場にふさわしい品格を演出します。

ここで、ゆめやで取り扱っているセットプランから、結婚式におすすめの「組み合わせ自由な婚礼・白無垢・黒引き振袖プラン」をご紹介します。

こちらは、ご新婦様のお好きな白無垢(1点、綿帽子と打掛の下に着る掛下きものが含まれます)、お好きな黒引き振袖 (1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。 まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

参列者用の着物スタイルガイド

結婚式に参列する際の着物選びには、いくつかのポイントがあります。

  • 式場の格の考慮: 結婚式の場にふさわしいフォーマル度を考慮することが大切です。未婚女性は華やかな振袖を選び、既婚女性は品格ある留袖や色留袖を選ぶことが望ましいです。
  • 色選び: 色選びにも注意が必要です。結婚式では明るい色や華やかな柄の着物が好まれますが、主役である新郎新婦を引き立てるため、あまりにも派手過ぎない色や柄を選ぶことが重要です。

着物レンタルを利用する場合は、事前に予約をし、希望する着物の種類、サイズ、色、柄などを選ぶことができます。レンタル店では、結婚式用の着物を多数取り揃えており、プロのスタッフが着付けから小物選びまでトータルでサポートしてくれます。このように、レンタルサービスを活用することで、結婚式にふさわしい着物を手軽に、そして確実に選ぶことが可能です。

明治神宮での結婚式は、日本の伝統美を感じることができる貴重な機会です。適切な着物を選び、この特別な日をさらに美しく彩りましょう。

着物レンタルの流れと準備のポイント

明治神宮での結婚式において、着物をレンタルすることは多くの新郎新婦にとって魅力的な選択肢です。着物のレンタルをスムーズに行うためのステップと、結婚式当日を快適に過ごすための準備について、詳しく見ていきましょう。

レンタルまでのステップ詳細

着物レンタルのプロセスは、以下のステップに分けられます。

  1. リサーチと予約: 結婚式の日程が決まったら、すぐに着物レンタルのリサーチを始めましょう。明治神宮周辺には多数のレンタル店がありますが、人気の時期は特に早めの予約が必要です。レンタルプラン、価格、レビューを比較し、希望に合った店舗を選びます。
  2. サイズとスタイルの選定: 店舗を訪れ、専門のスタッフと相談しながら、サイズやスタイルを決定します。挙式や披露宴のテーマに合わせて、色やデザインを選ぶことが大切です。
  3. 着付けとリハーサル: 結婚式前には、着付けのリハーサルを行うことをおすすめします。これにより、当日の流れを把握し、着物での動き方を事前に練習できます。
  4. 当日のサポート: 多くのレンタル店では、結婚式当日に着付け師がサポートを提供します。事前にスケジュールを確認し、余裕を持った準備を心がけましょう。

結婚式当日をスムーズに過ごすための準備

結婚式当日は、快適に過ごすために以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • 小物の準備: 扇子や草履など、着物に合わせた小物を事前に準備します。小物一つひとつが、着物姿をより一層引き立てます
  • ヘアスタイルとメイク: 着物に合わせたヘアスタイルとメイクを計画します。可能であれば、プロの美容師やメイクアップアーティストに相談しましょう。
  • 緊急キットの準備: 長時間着物を着用するため、念のために絆創膏や安全ピン、折り畳み式のハサミなどを含む緊急キットを準備しておくと安心です。
  • 食事と水分補給: 結婚式は長時間に及ぶことが多いので、軽食や水分をこまめに取ることが大切です。特に着物を着用していると、体温調節が難しくなることがあるため、水分補給は忘れずに

これらのステップと準備を踏まえることで、明治神宮での結婚式をより一層楽しく、快適に過ごすことができるでしょう。着物のレンタルは、結婚式を彩る大切な要素の一つです。事前の準備と計画によって、この特別な日を最高の思い出にしましょう。

ここで、ゆめやで取り扱っているレンタルプランから、「組み合わせ自由な婚礼・打掛・白無垢プラン(新婦2着・新郎1着)」をご紹介します。

こちらは、ご新婦様のお好きな打掛(1点、打掛の下に着る掛下きものが含まれます)、お好きな白無垢(1点、綿帽子と打掛の下に着る掛下きものが含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。 まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

明治神宮周辺の宿泊施設について

明治神宮での結婚式に参列される方々や、特別な日を迎える新郎新婦にとって、宿泊施設の選択は大きな意味を持ちます。結婚式の準備や当日の快適さを左右するだけでなく、着物レンタルサービスとの連携も重要なポイントです。ここでは、結婚式参列者のための宿選びのポイントと、着物レンタルと併用しやすい宿泊施設について解説します。

結婚式参列者のための宿選びのポイント

  • アクセスの良さ: 明治神宮へのアクセスが便利な宿泊施設を選ぶことで、結婚式当日の移動をスムーズに行えます。公共交通機関やタクシーで容易にアクセスできる場所が望ましいです。
  • 着物レンタルサービスとの連携: 宿泊施設が着物レンタル店と提携している場合、着付けサービスや当日のサポートが宿泊施設内で受けられることがあります。事前に確認しておくと良いでしょう。
  • 設備とサービス: 結婚式に参列する際には、特に女性にとってメイクアップスペースや大きな鏡があると便利です。また、快適な睡眠を確保できるよう、部屋の快適さも重要な選択基準となります。

着物レンタルと併用しやすい宿泊施設

明治神宮周辺には、結婚式参列者や新郎新婦のニーズに応える多様な宿泊施設があります。中でも、着物レンタルサービスと提携しているホテルや旅館は、特に便利です。これらの施設では、着物の配送サービス、前日または当日の着付けサービス、結婚式後の着物の回収サービスなどを提供している場合があります。

また、結婚式の前日にチェックインし、ゆっくりと準備することができるプランを提供している宿泊施設もあります。このようなサービスを利用することで、結婚式当日の慌ただしさを少しでも軽減し、よりリラックスして当日を迎えることができます。

結婚式参列者や新郎新婦にとって、宿泊施設は単なる宿泊場所以上の意味を持ちます。明治神宮での結婚式を控えている方々は、これらのポイントを踏まえた上で、最適な宿泊施設を選ぶことをおすすめします。快適な宿泊施設選びが、結婚式という特別な日をさらに美しく、忘れがたいものにしてくれるでしょう。

着物レンタル時の着付けサービスについて

着物を美しく着こなすには、専門的な技術を要する着付けが欠かせません。特に、明治神宮のようなフォーマルな場では、着姿がより一層重要になります。ここでは、着物レンタル時に利用できる着付けサービスのメリットと、スムーズな着付けのための事前準備について解説します。

着付けサービスのメリット

  • プロフェッショナルな仕上がり: 着付け師によるプロの技術で、着崩れのない美しい着姿を実現できます。結婚式のような特別な日には、最高の自分を演出することができます。
  • 時間の節約: 着物と帯の着付けは複雑で時間がかかります。プロに任せることで、準備時間を大幅に短縮でき、結婚式当日の慌ただしさを軽減できます。
  • 安心感: 特に着物着用が初めての方や、フォーマルな着こなしに不安を感じる方にとって、プロの着付け師によるサポートは大きな安心感を与えます。

着付けをスムーズにするための事前準備

  • 早めの予約: 結婚式のシーズンや週末は特に着付け師が予約で埋まりやすいため、早めに予約を入れることが重要です。
  • サイズの確認: 着物や帯、下着などのサイズが自分に合っているか事前に確認しましょう。不明点があればレンタル店に相談してください。
  • 必要な小物をチェック: 着付けに必要な小物などが全て揃っているか確認し、不足があれば事前に準備しておきましょう。
  • 当日の流れを確認: 着付けの所要時間や、着付け場所への移動方法、時間など、当日のスケジュールを確認し、余裕を持った計画を立てておくと安心です。

着物レンタル時の着付けサービスを利用することで、結婚式当日をより快適に、そして美しく過ごすことができます。事前の準備と計画により、着付けのプロセスをスムーズに進め、特別な日の準備を楽しんでください。

結婚式での着物マナーとエチケット

結婚式は、日本の伝統と文化が色濃く反映される場の一つです。特に明治神宮のような格式高い場所での結婚式においては、着物を着用する際のマナーとエチケットが重要になります。この章では、フォーマルな場での着物着用ルールと、ゲストとして心得ておくべきマナーについて解説します。

フォーマルな場での着物着用ルール

結婚式に参列する際の着物選びには、いくつかの基本ルールがあります。まず、結婚式というフォーマルな場にふさわしい着物は、未婚女性の場合は振袖、既婚女性の場合は留袖や訪問着が一般的です。

色や柄についても、場の雰囲気に合わせた落ち着いたものを選ぶことが望ましいです。また、アクセサリーや小物選びも重要で、全体のバランスを考えながら、控えめながらも品のあるものを選びましょう。

ゲストとしてのマナーと心得

  • 時間厳守: 結婚式では特に時間を守ることが重要です。式が始まる前には余裕をもって会場に到着しておきましょう。
  • 写真撮影のマナー: 新郎新婦や他のゲストの撮影を妨げないよう、写真撮影の際には周囲への配慮が必要です。
  • 携帯電話のマナー: 式中は携帯電話をマナーモードに設定し、必要以上に使用しないようにしましょう。
  • 礼儀正しい態度: 結婚式場では、常に礼儀正しい態度を心がけ、新郎新婦やその家族、他のゲストに敬意を表しましょう。

結婚式における着物のマナーとエチケットを守ることは、新郎新婦への敬意はもちろん、日本の伝統文化を重んじる態度の表れでもあります。適切な着物選びとマナーを心掛けることで、結婚式という特別な日をより美しく、そして心に残るものにしましょう。

よくある質問とその答え

明治神宮での結婚式や着物レンタルに関して、多くの皆さんが疑問に思っているであろう事をQ&A方式でご紹介します。

レンタル着物に関する疑問

Q1: 結婚式に着ていく着物の種類はどう選べば良いですか?

A1: 未婚女性は振袖、既婚女性は留袖や訪問着が一般的です。結婚式の場にふさわしいフォーマルな着物を選びましょう。

Q2: 着物レンタルの予約はどれくらい前にすれば良いですか?

A2: 特に春や秋の結婚式シーズンは予約が混み合うため、可能な限り早めに(少なくとも2~3カ月前に)予約することをおすすめします。

Q3: レンタル着物の価格はどのくらいですか?

A3: レンタルプランにより異なりますが、基本的なセットで数千円から、高級なものでは数万円の範囲で変動します。詳細はレンタル店にお問い合わせください。

Q4: 着付けは自分で行う必要がありますか?

A4: ほとんどのレンタル店では着付けサービスを提供しています。プロの着付け師に任せることで、美しく着こなすことができます。

明治神宮での結婚式に関する疑問

Q5: 明治神宮での結婚式に参列する際、特に注意すべきマナーはありますか?

A5: 結婚式場内での写真撮影や携帯電話の使用にはマナーを守ることが大切です。また、式が始まる前には余裕を持って会場に到着しましょう。

Q6: 明治神宮周辺でおすすめの着物レンタル店はありますか?

A6: 明治神宮周辺には複数の着物レンタル店があります。事前にオンラインで口コミをチェックするか、結婚式場から推薦される店舗を利用すると良いでしょう。

Q7: 結婚式の日に着物をレンタルする際、事前に準備しておくべきことはありますか?

A7: 結婚式のスケジュールに合わせて着付けの時間を予約し、必要な小物が全て揃っているか事前に確認しておくと安心です。

これらのQ&Aは、結婚式や着物レンタルに関する一般的なガイドラインを提供するものです。個々の状況に応じて、レンタル店や結婚式場に直接相談することをおすすめします。

まとめ

明治神宮での結婚式は、その美しい自然と神聖な雰囲気の中で行われ、皆さんにとって忘れられない瞬間となるでしょう。この特別な日をさらに彩るためには、適切な着物の選択が欠かせません。ここでは、着物のレンタルを成功させ、結婚式を最高のものにするための要点と最終アドバイスを再確認します。

着物レンタルを成功させるための要点の再確認

  • 早めの予約: 人気のシーズンや週末は特に、希望する着物やサービスが予約で埋まりやすいため、早めに予約することが重要です。
  • 正しいサイズとスタイルの選定: 自分に合ったサイズと、結婚式のテーマに合わせたスタイルの着物を選ぶことで、美しく快適に過ごせます。
  • 着付けサービスの利用: プロの着付け師によるサービスを利用することで、着崩れのない美しい仕上がりを保証します。

明治神宮での結婚式を彩る着物選びの最終アドバイス

  • 場の雰囲気に合わせた選択: 明治神宮のような格式高い場所では、伝統的な美しさを重んじた着物を選ぶことが望ましいです。
  • アクセサリーとの調和: 着物に合わせたアクセサリー選びも大切です。控えめながらも品のあるアクセサリーを選びましょう。
  • 準備と計画の重要性: 当日をスムーズに過ごすためには、事前の準備と計画が重要です。スケジュール管理をしっかりと行い、余裕をもって当日を迎えましょう。

結婚式は人生の中でも特別な日の一つです。明治神宮での結婚式において、適切な着物を選び、事前の準備をしっかりと行うことで、この大切な日をさらに美しく、そして忘れられないものにすることができます。このガイドが、明治神宮での結婚式を控えるすべての方々にとって、有用な情報となることを願っています。

〈参考記事〉
https://nihon-kekkon.com/wakon/meijijingu/
https://www.meijikinenkan.gr.jp/wedding/ceremony/jingu-wed.html
https://www.styles.jp/news/which-shiromuku-irouchikake/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

黒紋付に仙台平袴のアンサンブル 五歳祝着【kod87】

【七五三】5歳の男の子は羽織袴がマスト?着物と袴の関係性と選び方

はじめに 日本の伝統的な衣装である「和装」は、その美しさと格式の高さで知られています。 大人が和装を身に纏うのはもちろん、七五三やこどもの日といった時節では子どもが和服を着る機会もあり、お子さまが和装で祝いの場に臨む姿と […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!