黒紋付に仙台平袴のアンサンブル モノトーンの五歳祝着【kod115】

【男の子向け】七五三の衣装を便利な着物レンタルで!選び方と準備

はじめに

お子さまの健やかな成長を祝う七五三は、特に5歳の男の子にとって、一生に一度の特別な日です。この日、伝統にのっとり、素敵な着物を身に纏うことで、子どもたちも家族も、忘れられない思い出を作ることでしょう。しかし、和装に慣れていない保護者にとっては、どのような着物を選べば良いのか、どのようにレンタルを進めればスムーズなのか、など、さまざまな疑問や不安が浮かぶはずです。

そこで、七五三での着物レンタルの選び方から、式当日までの準備のポイントをわかりやすく解説します。この記事が、お子さまの七五三を彩る一助となり、家族で楽しむ和装の魅力を最大限に引き出すお手伝いができれば幸いです。

七五三で男の子に選ぶべき着物レンタルの基礎知識

七五三とは、子どもたちの成長を祝福し、健康と長寿を願う日本の伝統的な行事です。5歳の男の子にとって、この日は彼らの人生において初めての本格的な和装を体験する機会となります。ここでは、七五三で男の子に選ぶべき着物レンタルに関する基礎知識を紐解いていきます。

なぜ5歳の七五三で着物が選ばれるのか

七五三における5歳の男の子の着物着用は、一人前の社会人へと成長する過程を象徴する日本古来の習慣です。この時期に着物を着ることは、子どもたちの成長と健康を祝うだけでなく、家族の絆を深め、先祖への敬意を示す意味も込められています。また、この特別な日には、色鮮やかな柄の着物や勇ましい袴を身に着けることで、子どもたちの将来に幸運が訪れることを願う思いが込められています。

着物はレンタルがおすすめな理由とは

七五三には着物が最適であることが分かりました。しかし、着物を購入するとなると高額であるため、気が引けるものです。子ども用の着物と言えども、良いものでは数十万円以上もするのが着物の世界です。そんな時に便利なサービスが、着物のレンタルサービスです。

七五三の着物は一般的にこの時以外では着用することはなく、例えその後にお呼ばれの結婚式で家族で参加するときに着せようにも、成長の早い時期なのであっという間に着られなくなっていることも多いです。

しかし、レンタルであればその時その時のお子さまの体型に最適な着物を安く利用することができます。着物は購入後も保管、管理に手間と費用がかかるので、そういった意味でも着物を所有しなくて済むレンタルはコストパフォーマンスに優れます

デメリットと言えば、完全にオリジナルなデザインを求めていたり、ジャストなサイズを求める場合、レンタルは既存の着物の中から選ぶしかないので、その点は購入には劣ります。それでも、オンラインの発達もあり近年は自宅に居ながら手軽に、かつ非常に多種多様の選択肢から選択できるため、デザインに関しては余程のこだわりがない限りは満足できるでしょう。また、サイズに関しても着物は洋服と違い体型をあまり選ばないので、通常は問題なく着用ができます。

以上を踏まえると、如何に着物のレンタルが理にかなっているかが分かるでしょう。

忍者グレーの三歳祝着(男の子用)【kod95】
3歳~4歳くらいでお召しいただける、男の子用の着物です。グレーと黒の正絹地から、ゆめやで仕立てました。ベストと袴は黒です。袴のウエストはゴムになっています。

男の子の七五三着物選びのポイント

どのようにして、5歳の男の子にぴったりの七五三の着物を選べばよいのでしょうか?この大切な節目に、お子さまの個性を最大限に引き出し、一生の記憶に残る装いを提供するためのポイントを掘り下げます。

5歳の着物選びのコツ

5歳の男の子の着物選びにおいては、以下のポイントを心掛けましょう。

  • サイズ選び:着物で重要になるのは、身丈と裄丈です。身丈とは首の付け根から足のくるぶしまでの長さを指し、裄丈とは首の付け根から手のくるぶしまでの長さです。
  • 色と柄の選択:伝統的なものからモダンなデザインまで、着物にはさまざまな色と柄があります。子どもの好みや性格、さらにはイベントのテーマに合わせて選びましょう。鮮やかな色は子どもの明るさを、落ち着いた色は優しさを表現できます。
  • 小物の選び方:袴や羽織、足袋などの和装小物も大切なポイント。全体のコーディネートを考え、お子さまの魅力を一層引き立てましょう。
  • 快適さを考慮:見た目の美しさも大切ですが、子どもが一日中快適に過ごせるかどうかも重要です。動きやすさや素材の肌触りにも注意して選びましょう。

着物フルセットレンタルの内容とは

七五三の着物レンタルでは、「フルセット」として知られるパッケージが一般的です。このフルセットには、以下のようなアイテムが含まれることが多いです。

  • 着物と羽織:この歳の男の子のサイズに仕立てられた、伝統的な色や柄の着物と羽織です。
  • :着物とのコーディネートで、子どもたちの勇ましさを際立たせます。
  • 小物類:足袋や腰紐、羽織紐など、着物には欠かせないアイテムです。
  • 着付け小物:補正パッドやベルトなど、着物を着る際に必要な小物です。

さらに、レンタルサービスによっては、ヘアメイクサービスや写真撮影サービスなど、特典が付いてくる場合もあります。これらのサービスを利用することで、準備や当日の手間を大幅に軽減し、家族全員が七五三の日を心から楽しむことが可能になります。特に着物や袴は、洋服とは違い着方が複雑で、初めての方には難しいものです。しかし、フルセットレンタルを選ぶことで、プロの着付け師によるサポートを受けることができ、子どもも快適に過ごすことができます。

羽織袴セットの選び方

七五三で、どのようにして最適な羽織袴を選べばよいのでしょうか?ここでは、羽織袴セットの選び方のポイントを解説します。

羽織袴に最適な色とは?

女の子の着物と違い、男の子の着物はカッコよく決めたいですよね。さらに、伝統的な雰囲気も出せると素敵です。ポイントは以下になります。

  • 基本色:男の子の羽織袴では、黒、紺、灰色といった落ち着いた色合いが基本とされます。これらの色は格式高い印象を与え、七五三のような正式な場にふさわしい選択です。
  • アクセント色:黒や紺の羽織袴に、白や水色などの鮮やかな色をアクセントとして取り入れることで、元気で活発な子どものイメージを表現できます。特に、帯や羽織紐に鮮やかな色を選ぶことで、洗練されたコーディネートが完成します。
  • モダンな色:近年はピンクや緑など、鮮やかな色の羽織袴も登場しています。ワントーンでコーデをしたり、グラデーションの羽織を纏ったり、とても目立つコーデは他のお子さまと差を付けられます。

柄にも注目、羽織袴選び

着物の柄には、古くからの様々な縁起の良い柄が描かれています。一つ一つ見ていくとことで、日本の歴史を感じられるでしょう。

  • 伝統的な柄:古典柄にも有職文様、吉祥文様など様々あり、それぞれ松や鷹、鶴など、幸福や長寿、勇壮さを象徴する伝統的な柄は、子どもの成長を願う七五三にぴったりの選択です。これらの柄は、日本の伝統美を感じさせるとともに、格式高い印象を与えます。
  • モダンな柄:最近では、ストライプ幾何学模様など、モダンでスタイリッシュなデザインの羽織袴も人気を集めています。これらの柄は、伝統的な装いに新鮮さを加え、お子さまの個性を際立たせることができます。
  • 柄の大きさと配置:柄の大きさや配置にも注目しましょう。大胆な柄は存在感を放ちますが、小柄な子どもには大きな柄が圧倒してしまうことがあります。子どもの体型や身長に合わせて、柄の大きさや配置を選ぶことが大切です。

羽織袴を選ぶ際は、お子さまの好みはもちろん、式典の場の雰囲気、季節、そして家族の意向を考慮して、最適な一着を選びましょう。色と柄の選択によって、お子さまの七五三がより華やかで記憶に残るものになるでしょう。

着物レンタルの流れと予約のコツ

すべての家庭が着物を所有しているわけではなく、特に着物に詳しくない方にとっては、レンタルサービスが大変便利です。着物レンタルの流れを理解し、予約の際のポイントを押さえることで、スムーズに理想の着物を借りることができます。

着物レンタルの手順概要

着物レンタルのプロセスは、基本的には簡単で直感的ですが、事前の準備と注意点を知っておくことが重要です。

まず、レンタルを希望する日の少なくとも一ヶ月前には、レンタルサービスを利用する店舗を選びます。オンラインの場合は画面上から気に入った着物を選び予約します。実店舗で予約をする場合は、事前に子どもの身長や年齢、好みの色や柄など、必要な情報を提供しておくと、いくつか取り置きをしてくれる場合もあります。

着物の受け取りは、式の前日または数日前が一般的で、返却は式の翌日かそれに続く数日間で行います。ほとんどのレンタル店では、クリーニングは不要で、使用後はそのまま返却します。着物の場合、一回のクリーニングで数万円もすることがあるので、そういった点もレンタルは便利ですね。

お得な予約のポイント

七五三の着物レンタルシーズンには予約が集中します。この時期のレンタル予約は困難を究めます。可能であれば、半年ほど前から予約することで、人気の色や柄、気に入ったデザインの着物を確実にできます。また、この早期予約にはさらなるメリットがあります。店舗によっては、早期のレンタル予約を行うと割引対象になることがあります。これにより、ただでもお得な着物レンタルを更にお得に利用ができます。

七五三レンタルで気を付けたいポイント

とても便利な着物レンタルではありますが、様々な注意点があります。ここでは、レンタル契約前に確認すべきことと、着付けや返却における注意事項を詳しく解説します。

レンタル契約前に確認すべきこと

レンタルする前に確認すべきポイントは以下の通りです。

  • 試着の実施:着物はあまり体型を気にしませんが、それでも試着は重要です。お子さまに色合いが合っているかどうか、柄の雰囲気が合っているかなどは試着をしてみないことには分かりません。オンラインの場合はなかなか難しいですが、ゆめやのようにオンラインでも試着ができるサービスを展開している場合もありますので、なるべくそういったサイトを活用しましょう。
  • レンタル期間:レンタル期間は式の日だけでなく、前後の日にちも余裕をもって選ぶことが大切です。前日に受け取り、翌日返却が基本ですが、スケジュールに余裕を持たせましょう。
  • キャンセルポリシー:万が一のために、キャンセルポリシーを確認しておきましょう。キャンセル料が発生する場合の条件や、キャンセル料の金額を事前に確認しておくことが重要です。
  • 追加費用:レンタル費用以外に必要な追加費用がないかを確認しましょう。例えば、クリーニング料金や保険料、配送費用などが含まれているかどうかをチェックします。

着付けや返却についての注意事項

  • 着付けサービス:多くのレンタル店では着付けサービスを提供しています。自宅や会場での着付けが可能かどうか、また追加費用が必要かを事前に確認しましょう。着付けに慣れていない場合は、プロに任せることで安心です。
  • 返却時の注意:レンタルした着物は、特別なお手入れなしに返却可能な場合がほとんどですが、汚れや破損があった場合の対応について確認しておきましょう。万が一、汚れや破損がある場合は、追加料金が発生することがありますので、注意が必要です。

黒紋付に仙台平袴のアンサンブル モノトーンの五歳祝着【kod115】
丸に一つ茶の実の五つ紋付羽織と着物に、仙台平の袴のコーディネートです。紋入れ(貼り付け紋)のご注文も承っています。肩上げや、袴の長さを選ぶことで、お子さまにピッタリのサイズでお召しいただけます。男子の第一礼装である黒紋付羽織袴ですので、神社でも堂々とした佇まいとなることでしょう。

最高の七五三撮影のためのアイデア

七五三の撮影は、お子さまの成長を記念する大切な瞬間を捉える機会です。ここでは、七五三の撮影に最適な着物の選び方に焦点を当て、レンタルを検討している方へ有益な情報を提供します。

ロケーションによる違い

七五三の撮影において、撮影場所が与える影響大きいです。

  • テーマとの一致:撮影のテーマや背景は着物の印象を左右します。伝統的な日本庭園での撮影は、着物が持つ古典的な印象を強調するでしょう。一方、モダンな建築物の場合、個性的な印象を強調し現代的な雰囲気や都会的な雰囲気を与えてくれます。
  • 撮影の環境:屋内外での撮影環境で着物の映りは変わります。屋外の自然光は柔らかい着物の光沢を演出してくれますが、屋内は天候に左右されずまた細かな調整次第で自然に近い写真から個性的な写真まで撮影可能です。

撮影に最適な小物たち

七五三の撮影では、ちょっとした小物で写真の雰囲気はガラッと変わります。

  • 七五三の小物:七五三には千歳飴ですよね。近年は袋の柄もクラシックな鶴や亀以外にも、キャラクターものも増えています。お好みと撮影シーンを考慮して選ぶと良いです。
  • 和を感じさせる小物:番傘、鞠、紙風船や刀、風車、扇子などは、和の雰囲気を強化してくれます。
  • モダンな小物アイデアメッセージボード、額縁、ガーランドなどを使うとモダンな印象の写真に仕上がります。
  • その他:撮影に際して、お子さまのお気に入りのおもちゃを使うのもいいアイデアです。自然な笑顔を引き出すのにはもちろん、撮影が長丁場になるとお子さまも機嫌が悪くなりがちですが、気晴らしにおもちゃで遊べば、スッキリまた撮影に臨んでくれますよ。

まとめ

七五三の着物は、ただの伝統的な衣装選びを超え、お子さまの成長と家族の絆を祝う意義深いものです。この記事は5歳の七五三に焦点を当て、着物と袴の選び方から、レンタルプロセスの詳細、さらには記念撮影に至るまで、親御さんが直面する様々な疑問や決断を支援するための豊富な情報を提供しました。お子さまの七五三が生涯の記憶に残る素晴らしい体験となるよう、心から願っています。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅と菊の花に檜扇の黒振袖【fuk28】

【初めてでも安心】成人式の黒振袖レンタル完全攻略マニュアル

はじめに 成人式は日本の若者にとって人生の大きな節目です。女性がその重要な日を華やかに彩るには、振袖選びは大切なポイントです。そんな振袖の中でも、特に黒の振袖は、古典的かつ現代的な美しさの両方を兼ね備えていることから、多 […]

ひとつ前の記事

アップルグリーンに羽子板、花手鞠の三歳祝着【kod50】

3歳の七五三の準備を被布セットで便利に!着付けとレンタル活用法

はじめに 七五三は、子どもの成長を祝う日本の伝統的な行事です。通常、男の子が3歳と5歳、女の子が3歳と7歳の年齢で行われます。子どもに祝い着を着せて家族で神社に参拝し、子どもが無事に成長したことを、感謝を込めて土地の神様 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!