メイクイメージ

ナシ婚でも結婚式の思い出を!写真だけで叶えるウェディングプラン

はじめに:ナシ婚とは?写真だけで残す結婚式の新しい形

結婚式と聞くと、多くの人が豪華な会場での挙式や披露宴、多数の親族や友人を招いた大規模なイベントを思い浮かべるかもしれません。しかし、最近では「ナシ婚」という選択をするカップルが増えています。ナシ婚とは、文字通り「結婚式を挙げない」という選択を指しますが、そんなカップルの間では特に「写真だけで結婚の記念を残す」というスタイルが注目を集めています。

この新しい形の結婚式、すなわちフォトウェディングは、結婚の記念を美しい写真として残しながら、伝統的な結婚式の形にとらわれない自由度の高さが魅力です。フォトウェディングでは、和装やドレスなどの衣装を着てプロのカメラマンによる撮影を行いますが、その規模や形式はカップルの希望によって自由に決めることができます。結婚式場やロケーション撮影、スタジオでの撮影など、様々なスタイルが可能です。

今回はそんなナシ婚について詳しく見ていきたいと思います。

ナシ婚を選ぶ理由:なぜカップルは結婚式を挙げずに写真だけを選ぶのか

結婚という人生の大きな節目を迎える際、多くのカップルが直面するのが「どのようにしてこの特別な瞬間を祝うか」という問題です。近年、結婚式を伝統的な形で挙げる代わりに、写真だけを残す「ナシ婚」を選ぶカップルが増えています。この選択が人気を集める背後には、経済的なメリット、シンプルでストレスフリーな準備、そして家族や親しい友人との小さな集まりを重視するという理由があります。

経済的なメリット

結婚式と一言で言っても、その規模やスタイルはさまざまですが、一般的にはかなりの費用がかかることが知られています。特に、衣装、会場、食事、装飾など、細部にわたる準備とそれに伴う費用は、多くのカップルにとって大きな負担となります。ナシ婚を選ぶ最大の理由の一つが、この経済的な負担を軽減できる点にあります。フォトウェディングなら、必要となるのは衣装とカメラマン、場合によってはロケーションの費用のみ。これにより、数百万円ともなり得る結婚式の費用を大幅に削減でき、その分を新生活のスタートや将来のために貯蓄することが可能になります。

シンプルでストレスフリーな準備

結婚式の準備は、時間も労力も要する大仕事です。招待状の作成からゲストリストの管理、会場選び、メニュー決定に至るまで、細かな作業が山積みになります。これに対し、ナシ婚では、衣装を選び、好みのカメラマンを予約し、撮影場所を決めるだけで良いため、準備の手間が格段に少なくなります。特に、忙しい日々を送るカップルや、結婚式の準備に多くの時間を割けないカップルにとって、このシンプルさは大きな魅力となります。また、準備の過程で生じがちなストレスや疲れも少なく、結婚に対する前向きな気持ちを保ちやすくなります。

家族や親しい友人との小さな集まり

多くのカップルにとって、結婚式は家族や親しい友人と喜びを分かち合う大切な機会です。しかし、大規模な結婚式では、ゲスト一人ひとりと深く交流することが難しくなることもあります。ナシ婚を選ぶカップルの中には、このような大規模なイベントよりも、より親密な形で大切な人たちとの時間を過ごしたいと考える人も多いです。写真撮影を中心とした小さな集まりなら、家族や友人との絆を深める特別な時間を持つことができます。また、撮影を通じて残される写真は、その日の幸せな瞬間をいつまでも鮮明に伝える貴重な記録となります。

ナシ婚を選ぶカップルが増えている今、経済的なメリット、準備のシンプルさ、そして家族や友人との質の高い時間を重視する選択は、多くの人にとって魅力的なオプションとなっています。結婚式の形は一つではなく、それぞれのカップルにとって最適な方法でこの特別な日を祝うことが大切です。ナシ婚という選択が、これから結婚を考えるすべての人にとって、一つの素晴らしい選択肢となるでしょう。

フォトウェディングの魅力:写真で残す結婚の思い出

結婚は人生の大きな節目です。多くのカップルにとって、この特別な瞬間を形に残すことは、後々まで大切な思い出となります。最近では、伝統的な結婚式を挙げる代わりに、フォトウェディングを選ぶカップルが増えています。この選択がなぜ人気を集めているのか、その魅力に迫ります。

フォトウェディングプランの多様性

フォトウェディングの最大の魅力の一つは、その多様性にあります。結婚式場やスタジオ、自然豊かなロケーションなど、撮影場所の選択肢は無限大です。また、和装から洋装、伝統的なスタイルからカジュアルなスタイルまで、衣装の選択肢も豊富にあります。カップルは自分たちの好みや憧れを反映させた撮影を行うことができ、その結果、一生の記念に残る唯一無二の写真を手に入れることができます。

例えば、白無垢や色打掛を着用し、日本庭園や古い神社で撮影を行うことで、時間を超えた美しさを写真に残すことが可能です。また、海外のようなロケーションで洋装のウェディングドレスを着て撮影するプランもあり、まるで海外挙式をしたかのような写真を残すことができます。

パーソナライズされた撮影スタイル

フォトウェディングのもう一つの魅力は、撮影スタイルを完全にパーソナライズできる点です。カップルは、自分たちの物語や個性を反映させた撮影を企画することができます。これには、撮影のテーマ設定、小物の選択、ポーズや背景のアイデアなど、細部にわたるこだわりが反映されます。

撮影にあたっては、プロのカメラマンがカップルの希望を丁寧に聞き取り、それを形にするための提案をしてくれます。例えば、趣味を共有するカップルなら、その趣味にちなんだ小物を使った撮影を行うことができますし、特定の映画や文学作品をテーマにしたロマンチックな撮影も可能です。また、カップルだけでなく、家族や親しい友人を撮影に参加させることもでき、より多くの大切な人との思い出を写真に残すことができます。

フォトウェディングでは、撮影のプロセス自体も楽しむことができます。撮影当日は、ヘアメイクから衣装選び、撮影地への移動など、特別な体験が待っています。これらの準備と撮影の過程を通じて、カップルは結婚に対する実感を深め、ふたりの絆をより強く感じることができるでしょう。

フォトウェディングは、結婚式という一日に全てを賭けるのではなく、結婚という新たな人生のスタートを、自分たちらしい形で記念する方法です。撮影された写真は、家族が集まる場所や、ふたりの新しい家に飾られ、これからの人生を共に歩むふたりの愛の証となります。フォトウェディングは、ただの写真撮影以上の意味を持ち、カップルにとって忘れられない価値ある体験となるでしょう。

ゆめやきものでも様々なプランをご用意しています。

着物を自由に選べるフォトウェディングプラン(ロケーション撮影)【set11】
「一生残る婚礼写真」だから、きものにこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、そのほか筥迫、末広、抱え帯、草履、かんざしなどすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)のほか、カメラマン・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が含まれます。ゆめや提携先のカメラマンと事前にしっかり打ち合わせ。ご希望の場所や撮影リクエストにも対応します(東京都内限定・要相談)。「きもの専門店ならでは」のこだわりの品揃えから、お好きな組み合わせをお選びください。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずはご試着をお申し込みください。

撮影前の準備:成功するフォトウェディングのための事前リサーチ

フォトウェディングが成功するかどうかは、入念な準備にかかっています。ここでは、撮影前の準備として、特に重要な「撮影場所の選定」と「衣装とアレンジの計画」に焦点を当てて解説します。

撮影場所の選定

撮影場所を選ぶ際には、カップルの個性や撮影のテーマ、そして何よりもふたりの思い出に残る場所が適しています。ロケーション撮影は、自然光の下での撮影が可能で、より自然体でリラックスした写真を撮ることができます。一方で、スタジオ撮影は、天候に左右されず、様々な背景や照明を使って理想のシーンを演出できるメリットがあります。

  • 自然の中で撮影する場合:海辺、森林、公園など、自然豊かな場所は、ロマンティックな雰囲気を演出します。季節の花や紅葉など、自然の美しさを背景にすることで、写真に深みと物語性を加えることができます。
  • 歴史的建造物で撮影する場合:古城や神社、歴史的建築物は、格式高い雰囲気を写真に反映させます。これらの場所は、特に和装での撮影に適しており、日本の伝統美を背景にした写真を残すことができます。
  • スタジオで撮影する場合:スタジオでは、背景や照明を自由に選ぶことができ、想像力に限界はありません。プロのカメラマンと相談しながら、ふたりだけのオリジナルな世界観を創り上げることが可能です。

衣装とアレンジの計画

フォトウェディングでは、衣装選びも大切な要素です。和装か洋装か、またはその両方を撮影に取り入れるかは、カップルの個性や好みによります。和装では、白無垢や色打掛など、伝統的な選択肢の中から選ぶことができます。洋装のウェディングドレスも、色やデザインのバリエーションが豊富です。

  • 和装を選ぶメリット:日本の伝統的な美しさを表現できること、そして、特別な日本式の結婚式の雰囲気を写真に残せることです。
  • 洋装を選ぶメリット:西洋的な雰囲気を演出できること、また、モダンなデザインの中から自分たちに合ったスタイルを見つけられることです。

衣装選びにおいては、撮影場所との調和も考慮する必要があります。自然の中での撮影なら、よりフリーフォームなドレスや、動きやすい和装が適しています。一方、格式高い場所での撮影なら、豪華な装飾のドレスや伝統的な和装が映えるでしょう。

衣装だけでなく、ヘアメイクや小物選びも大切です。ヘアスタイルは衣装とのバランスを考え、小物は撮影テーマに合わせて選びましょう。事前にプロのスタイリストやカメラマンと相談し、トータルでのコーディネートを決めることが重要です。

撮影当日の流れ:ナシ婚フォトウェディングの一日

ナシ婚フォトウェディングを快適に過ごすためには、撮影当日の流れを知ることが重要です。以下に、撮影スケジュールの管理と当日を快適に過ごすためのアドバイスを紹介します。

撮影スケジュールの管理

撮影当日のスケジュールは、前述の通り、事前の準備と計画が成功の鍵を握ります。以下のステップで、撮影日を無事に迎えましょう。

  1. 事前打ち合わせを重ねる
    カメラマンやスタジオとの事前打ち合わせでは、撮影の流れ、必要な撮影機材、衣装の選定、ロケーションの確認など、細かな点まで話し合います。この時、自分たちの希望をしっかり伝えることが大切です。
  2. タイムスケジュールを作成する
    撮影当日のタイムスケジュールを作成し、カメラマンや関係者全員で共有します。撮影の順番、場所の移動時間、衣装替えの時間などを考慮に入れ、余裕を持ったスケジュールを組み立てましょう。
  3. 衣装と小物の最終確認
    和装やドレスなど、当日着用する衣装と小物は前日までに最終確認を行います。忘れ物がないよう、リストアップしておくと安心です。
  4. ヘアメイクのタイミングを確認
    撮影前のヘアメイクは、撮影のスタート時間に間に合うようにスケジュールを組みます。ヘアメイクの所要時間も考慮に入れ、余裕を持って準備を始めましょう。
  5. 撮影場所の最終チェック
    屋外でのロケーション撮影を行う場合は、天候や撮影場所の状況を前日、当日の朝に再確認します。万が一の天候不順に備え、代替のロケーションやプランを用意しておくと安心です。

快適に過ごすためのアドバイス

撮影当日を快適に過ごし、美しい写真を残すためには、以下のポイントを心掛けましょう。

  • 十分な休息をとる
    撮影前日は、早めに就寝し、十分な休息をとることが重要です。疲れた表情ではなく、自然で明るい笑顔が最高の写真を残します。
  • 軽食や水分を用意する
    長時間にわたる撮影では、小腹を満たす軽食や水分補給が必要になります。体調を崩さないよう、当日は適宜休憩を取りながら、水分や軽食をとるようにしましょう。
  • 緊張をほぐす
    撮影が始まる前に、深呼吸をしてリラックスする時間を持つと良いでしょう。カメラマンとのコミュニケーションを取りながら、リラックスした雰囲気で撮影に臨みます。
  • 撮影のポーズや表情にこだわる
    事前に撮影のイメージやポーズについてリサーチしておくと、当日スムーズに撮影を進めることができます。カメラマンからの指示にも耳を傾け、様々な表情やポーズに挑戦しましょう。
  • 感情を表現する
    写真は、その瞬間の感情を捉えるものです。愛情や幸せ、家族や友人への感謝の気持ちを思い浮かべながら、心からの笑顔や表情をカメラに向けてください。

ナシ婚カップルのフォトウェディング当日が、有意義な一日になるかどうかはちょっとした心の持ちようかもしれません。

後悔しないために:フォトウェディングでよくある失敗とその対策

フォトウェディングは、結婚の記念を美しく残す素晴らしい方法です。しかし、事前の準備や計画に不備があると、後悔につながることも。ここでは、フォトウェディングでよくある失敗と、それを避けるための対策を紹介します。

不安を解消する打ち合わせの重要性

フォトウェディングを成功させるためには、カメラマンやスタジオとの事前打ち合わせが非常に重要です。打ち合わせを通じて、以下のポイントを確認しましょう。

撮影のスタイルとテーマ

  • 失敗例:撮影のスタイルやテーマを決めずに、カメラマンに任せてしまった。結果、自分たちのイメージと違う写真になってしまった。
  • 対策:撮影のスタイルやテーマについて、事前にふたりで話し合って、具体的なイメージを持っておきましょう。また、カメラマンの作品や口コミをチェックして、自分たちの好みに合うかどうかを確認しましょう。

撮影場所の選定

  • 失敗例:撮影場所を事前に下見せずに、当日になってから現地に行った。結果、撮影に適した場所が見つからなかったり、人混みや工事などで撮影ができなかったりした。
  • 対策:撮影場所は、事前に下見をして、撮影に適した場所や時間帯を確認しましょう。また、許可が必要な場所では、事前に申請や予約をしておきましょう。天候に左右される場所では、雨天や強風などの場合に備えて、代替プランを用意しておきましょう。

衣装と小物の選択

  • 失敗例:衣装の種類や色、スタイルを事前に確認せずに、当日になってから選んだ。結果、自分に合わない衣装を着てしまったり、小物が足りなかったりした。
  • 対策:衣装は、事前に試着をして、自分の体型や肌色に合うものを選びましょう。また、撮影場所やテーマとのバランスも考えましょう。小物は、衣装との相性や色合いをチェックして、必要なものを準備しましょう。

撮影当日のスケジュール

  • 失敗例:撮影当日のスケジュールを事前に確認せずに、当日になってから慌てた。結果、撮影時間が足りなかったり、撮影中に疲れてしまったりした。
  • 対策:撮影当日のスケジュールは、事前にカメラマンやスタッフと確認し、余裕を持って組みましょう。また、ヘアメイクや衣装替えには時間がかかることを想定して、早めに準備を始めましょう。撮影中に水分補給や休憩をとることも忘れずに。

事前の打ち合わせで不安を解消し、当日を迎えることが、後悔しないフォトウェディングへの第一歩です。

撮影プランの見直しと調整

フォトウェディングのプランは、撮影前に再度見直しを行うことが重要です。以下のポイントをチェックし、必要に応じて調整しましょう。

撮影リストの作成

  • 失敗例:撮りたいショットやポーズを事前にリストアップせずに、撮影中に思いついたり、カメラマンに任せたりした。結果、撮り忘れたり、撮りたくなかったりする写真ができてしまった。
  • 対策:撮りたいショットやポーズは、事前にふたりで話し合って、リストアップしておきましょう。また、カメラマンにもそのリストを見せて、撮影の順番や方法を確認しましょう。特に重要なショットがある場合は、その旨をカメラマンに伝えて、優先的に撮ってもらいましょう。

予算の再確認

  • 失敗例:撮影プランの見直しをせずに、当日になってから追加の撮影や衣装、小物のレンタルをした。結果、予算を大幅に超えてしまった。
  • 対策:撮影プランの見直しは、事前にカメラマンやスタッフと相談し、追加料金が発生する可能性があるかどうかを確認しましょう。また、予算に余裕がない場合は、プランに含まれるもので満足するようにしましょう。

コミュニケーションの確認

  • 失敗例:撮影当日にカメラマンやスタッフとの連絡が取れなかった。結果、撮影の開始時間や場所が分からなかったり、トラブルが発生したりした。
  • 対策:撮影当日の連絡手段は、事前にカメラマンやスタッフと確認し、電話番号やメールアドレスなどを交換しておきましょう。また、緊急時の対応も事前に打ち合わせておき、万が一の場合に備えましょう。

撮影プランの見直しと調整を行うことで、より自分たちの希望に沿ったフォトウェディングを実現できます。また、事前の準備と計画が、後悔しない美しい写真を残すための鍵となります。

フォトウェディングは、結婚の記念を形に残す大切な瞬間です。事前の準備と計画によって、その特別な日を最高の思い出にしましょう。

ゆめやきものでは、シンプルなプランも提案しています。

着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)【set08】
「一生残る婚礼写真」だから、きものにこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)が含まれます。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。ご試着からお申し込みください。※本プランは衣装レンタルのみとなります。撮影は含まれません。ご注意下さい。

ナシ婚後の選択肢:写真だけの結婚式後にできること

ナシ婚を選んだカップルにとって、結婚式は挙げなくても、フォトアルバムの作成や共有、記念日やハネムーンの計画など、さまざまな選択肢があります。これらの選択肢を通じて、結婚の喜びをさらに深め、大切な人との絆を強化することができます。

フォトアルバムと共有の仕方

フォトウェディングの後、撮影した写真をどのように残し、共有するかは非常に重要な問題です。美しい瞬間を捉えた写真は、家族や友人と共有することで、その喜びをさらに広げることができます。フォトアルバムの作成は、これらの写真を整理し、物理的な形で残す素晴らしい方法です。アルバムを作る際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • アルバムのスタイル選び:トラディショナルなアルバムから、モダンなデザインまで、アルバムのスタイルは多岐にわたります。カップルの個性やウェディングのテーマに合ったスタイルを選びましょう。
  • 写真の選定:撮影した全ての写真から、特に思い出深いものや感動的な瞬間を捉えた写真を選び出します。家族や友人との写真も忘れずに含めると、より豊かな内容のアルバムになります。
  • コメントやキャプションの追加:写真にコメントやキャプションを加えることで、その瞬間の感情や背景を後世に伝えることができます。結婚式を挙げなかった理由や、その日のエピソードを添えると良いでしょう。

また、デジタル時代においては、オンラインでの写真共有も一般的です。専用のウェブサイトを作成したり、ソーシャルメディアで共有したりすることで、遠方にいる家族や友人とも瞬時に写真を共有することが可能です。オンライン共有の際には、プライバシー設定に注意し、共有する範囲を適切に設定しましょう。

記念日やハネムーンのアイデア

ナシ婚を選んだカップルでも、結婚記念日やハネムーンは特別な意味を持ちます。フォトウェディングで撮影した写真を活用して、記念日やハネムーンをより特別なものにするアイデアはたくさんあります。

  • 記念日のお祝い:結婚記念日には、フォトウェディングで撮影した写真を見返しながら、その日の思い出を振り返るのはいかがでしょうか。また、写真を基にしたギフトを互いに交換するのも素敵なアイデアです。
  • ハネムーンの計画:ハネムーンでは、新たな思い出を作る絶好の機会です。フォトウェディングで訪れた場所や、撮影で使用した小物をハネムーンで再び使うことで、結婚式とハネムーンを繋げることができます。また、ハネムーン先での2回目のロケーションフォトを撮るのも、新しい思い出を残す素晴らしい方法です。

ナシ婚を選んだからこそ、結婚式にかける費用を節約し、ハネムーンや将来の生活に充てることができます。このように、ナシ婚後の選択肢は無限にあり、カップルそれぞれの希望や夢を形にすることが可能です。大切なのは、ふたりで選んだ道を楽しむこと。フォトウェディングで残した写真は、これから始まる新しい生活の素晴らしいスタートとなるでしょう。

まとめ:ナシ婚とフォトウェディングで叶える最高の結婚式

ナシ婚とは、伝統的な結婚式や披露宴を行わず、婚姻届けだけを交わすスタイルのことです。この選択をするカップルが増えている今、写真撮影のみで結婚の記念を残すフォトウェディングというスタイルが、結婚の新たな形として注目されています。この記事では、ナシ婚カップルがフォトウェディングを選ぶ理由、その準備、そして実際の撮影に至るまでの流れを紹介してきました。ここでは、ナシ婚カップルがフォトウェディングで叶える最高の結婚式について、その魅力と満足度を高めるポイントをまとめます。

ナシ婚を選ぶ理由

ナシ婚を選ぶ最大の理由は、経済的な負担を減らし、結婚式の準備に伴うストレスを軽減できる点にあります。結果、よりパーソナルで意味深い結婚式を望むカップルにとって、フォトウェディングは、自分たちらしいスタイルを追求できる絶好の機会を提供します。家族や親しい友人との小さな集まりで、晴れ姿を写真に収めることで、結婚の記念をより深く刻むことができます。

フォトウェディングの準備

フォトウェディングの準備は、盛大な結婚式の準備とは異なりますが、それでも注意深い計画が必要です。ロケーション選びから衣装、ヘアメイク、撮影スタイルの決定に至るまで、細部にわたる選択が、撮影の成功を左右します。事前のリサーチとプロフェッショナルとの密な打ち合わせを通じて、理想のフォトウェディングを実現しましょう。

撮影当日の流れ

撮影当日は、計画通りに進むよう、事前にスケジュールをしっかりと立てておくことが大切です。また、撮影中は自然体でいることが重要です。プロのカメラマンは、カップルの自然な笑顔や動きを捉えることに長けています。リラックスして、この特別な日を楽しんでください。

フォトウェディングの魅力

フォトウェディングの最大の魅力は、結婚の瞬間を美しく、かつ永遠に残せることにあります。写真は、その日の感情や雰囲気を捉え、後々まで家族や友人と共有することができます。また、ナシ婚による経済的な節約は、新婚旅行や将来の生活資金に充てることができるため、賢い選択と言えるでしょう。

最後に

ナシ婚でのフォトウェディングは、結婚式の伝統的な形にとらわれない新しい選択肢を提供します。経済的なメリットだけでなく、より意味深い結婚式を実現したいカップルにとって、理想的な選択です。この記事を参考に、ふたりだけの特別な結婚式を計画し、最高の思い出を残してください。

〈参考記事〉
https://cordy.jp/features/RV0007/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅の花に檜扇、御所車の黒振袖【fuk02】

【初心者必見】黒の振袖の魅力解説|成人式での選び方とスタイリング

成人式は人生の大きな節目であり、この特別な日に選ぶ振袖の色やデザインは、その日の思い出をさらに華やかに彩ります。特に黒の振袖は、シックで大人っぽい雰囲気を持ち、その格式高い印象から多くの女性に選ばれています。 黒の振袖は […]

ひとつ前の記事

婚礼イメージ

和装フォトウェディングの魅力!東京での前撮り・結婚式写真撮影ガイド

はじめに フォトウェディングとは、実際には挙式などを行わずに結婚の記念に写真を残すスタイルを言います。混同されやすいのが、結婚式の最中の写真撮影や前撮り、後撮りをするウェディングフォトです。後者は、言葉通り結婚式の記念と […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!