振袖イメージ

【2024年最新版】和装結婚式のスタイルと演出!披露宴での色直しのコツ

はじめに

結婚式という人生の大きな節目を、古来より受け継がれる日本の伝統である和装で彩ることを選ぶカップルが年々増加しています。

和装での挙式や披露宴、一般に「和婚」と称されるこの選択は、新郎新婦はもちろんのこと、参列する親族や友人たちにも忘れがたい美しい思い出を提供します。

ここでは、和装結婚式の魅力と、和装結婚式が多くのカップルに選ばれる理由をご紹介します。

和装結婚式の魅力とは

和装結婚式の最大の魅力は、その圧倒的な美しさと格式の高さにあります。白無垢、色打掛といった伝統衣装は、着用する人の魅力を最大限に引き出し、荘厳な雰囲気の中で進められる挙式は、日本の伝統美を存分に感じさせます。

和装には色や柄にさまざまな意味が込められており、それらを理解することで結婚式の意義がより深まります。加えて、和装の美しさは結婚式での写真や映像でも際立ち、後に振り返る際も美しい記憶として輝き続けます

和装を選ぶことは、ただ伝統を守るということ以上の意味を持ちます。それは、日本の美意識や文化を尊重し、自身の結婚式に取り入れることで、新たな家族の歴史を創造する試みでもあります。

特に、花嫁の衣装として選ばれる白無垢や色打掛は、その豪華さと繊細なデザインで、花嫁を一段と引き立てます。こうした衣装を選ぶ過程では、色や柄だけでなく、素材や着こなし方にもこだわり、一生の記憶に残る装いを目指しましょう。

和装での結婚式が選ばれる理由

多くのカップルが和装での結婚式を選ぶ理由には、その独特の雰囲気や伝統を尊重する深い願いがあります。特に、神社で行われる神前式を選ぶカップルにとって、この伝統的な形式は、家族の絆を深め、先祖への敬意を表す大切な儀式となります。

また、自分たちのルーツや文化を大切にし、それを未来に伝えていく手段として和装を選ぶことは、多くの人にとって意義深い選択となります。和装での結婚式では、小物使いや色直しを含むさまざまな演出が可能で、カップルのオリジナリティを際立たせることができる点も、大きな魅力の一つです。

さらに、和装結婚式は、ゲストに対するおもてなしの精神も体現しています。伝統的な料理や式の流れは、参加するすべての人に日本の文化を身近に感じさせ、特別な体験を提供します。このようにして、和装での結婚式は、単なるイベントではなく、生きた文化の継承としての役割も果たしています。

和装での結婚式の準備や費用、演出には多くの工夫やこだわりが必要ですが、それを通じて得られる満足感や幸福感は計り知れません。本記事を通して、和装での挙式、披露宴の深い魅力と、その背後にある意義を理解し、より特別な一日を迎えるための参考にしていただければと思います。

和装結婚式の基本スタイル

和装での結婚式は、日本の美しい伝統と文化を反映しています。特に、挙式での衣装選びは、その日の雰囲気を大きく左右する要素の一つです。ここでは、和装結婚式における二つの基本的な衣装、白無垢と色打掛の違い、そして色直しのタイミングとスタイルについて詳しく解説します。

白無垢と色打掛の違い

白無垢と色打掛は、和装結婚式の挙式(または披露宴)で花嫁が着用する代表的な衣装ですが、それぞれに特徴と意味があります。

白無垢は、その名の通り「純白」を意味し、新婦が新しい生活を始める際の純潔と誠実を象徴しています。一方、色打掛は色彩豊かで、豪華な模様が施された衣装で、祝福と豊かな生活を願う意味が込められています。

  • 白無垢: 主に神前式や伝統的な式場での挙式に適しており、新郎新婦が共に日本の伝統美を重んじる場合に選ばれることが多いです。この衣装は、新婦を清らかで神聖な存在として際立たせ、厳かな挙式にふさわしい雰囲気を作り出します。挙式だけでなく、もちろん披露宴で着用してもOKです。
  • 色打掛: 色直しや披露宴でよく選ばれ、華やかな雰囲気を演出します。多様な色やデザインがあり、新婦の個性や結婚式のテーマに合わせて選ぶことができます。色打掛を選ぶ際は、会場の装飾や季節、式の時間帯なども考慮して、最も映える色や柄を選びましょう。こちらも白無垢同様、神前式など格式高い挙式で着用してもOKです。

ここで、ゆめやで取り扱っている結婚式向けの和装レンタルセットプランから、「組み合わせ自由な婚礼・打掛・白無垢プラン(新婦2着・新郎1着)」をご紹介します。

挙式で白無垢を着用し、色直しで色打掛に召しかえるといった演出に最適かと思います。

こちらのセットは、ご新婦様のお好きな打掛(1点、打掛の下に着る掛下着物が含まれます)、お好きな白無垢(1点、綿帽子と打掛の下に着る掛下着物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。

実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

色直しのタイミングとスタイル

色直しは、披露宴中に新婦が衣装を変える日本の結婚式独特の演出です。このタイミングは、ゲストに新たな印象を与える絶好の機会であり、披露宴のハイライトとも言えます。

通常、色直しは披露宴の途中、食事が一段落した後や、ケーキカットの前に行われることが多いです。この時、新婦は白無垢から色打掛など、ガラッと印象の違う衣装へと変えることで、会場内に新鮮な驚きを提供します。

色直しのスタイルは、カップルの個性や結婚式のテーマによって異なります。例えば、伝統的なスタイルを好むカップルは、白無垢から色打掛への変更を選ぶことが多いですが、よりモダンなアプローチを求める場合は、西洋風のドレスへの変更を選ぶこともあります。

重要なのは、色直しを通じて新婦がさまざまな面を魅せることができるという点です。各衣装で異なる髪型やアクセサリーを選ぶことで、ゲストに異なる印象を与え、披露宴を一層楽しませることができます。

和装結婚式の基本スタイルと披露宴での色直しのタイミング、スタイルについてご紹介しました。和装での結婚式は、日本の美しい伝統を体現するとともに、新婦が自身の魅力を最大限に発揮できる機会を提供します。各カップルにふさわしい衣装選びと色直しの演出を通じて、忘れられない結婚式を実現しましょう。

披露宴での色直しの工夫

結婚式の披露宴における色直しは、新婦が異なる衣装に身を包み、再び会場へ登場するという、日本の結婚式特有の華やかな瞬間です。この演出は、ゲストにとって予期せぬサプライズであり、披露宴の盛り上がりをさらに高めるための絶好の機会となります。

色直しの成功は、準備とタイミング、そして創造的な演出にかかっています。ここでは、時間を有効に使うための色直しの流れと、披露宴をさらに盛り上げる演出アイデアについて掘り下げていきます。

時間を有効に使う色直しの流れ

色直しの間、ゲストが退屈しないように、その時間を有効に活用する工夫が重要です。新婦が退場している間に、新郎がゲストに向けて心からの感謝を伝えるスピーチを行うのは、この時間を利用する一つの方法です。

また、友人や親族からの事前に録画されたビデオメッセージを上映することで、感動的な雰囲気を作り出し、ゲストの心を温めることができます。生演奏やプロのダンサーによるパフォーマンスなど、視覚的にも楽しめるエンターテインメントを提供することも、待ち時間を有意義なものに変える効果的な手段です。

さらに、新婦の色直し中にゲスト同士で楽しめる小さなゲームやクイズを用意することで、会場全体の交流を深めることができます。これは、特にゲスト同士が互いに知り合いではない場合に、和気あいあいとした雰囲気を作り出すのに役立ちます。

盛り上がる色直しの演出アイデア

色直しの際の新婦の再登場は、ただ新しい衣装を見せるだけでなく、工夫を凝らした演出を加えることで、ゲストに強烈な印象を残すことができます。例えば、新婦が再登場する瞬間を、劇的に演出するために、会場の照明を一時的に落とし、スポットライトのみで新婦を照らす方法があります。

これにより、映画のようなドラマチックな雰囲気を演出し、その瞬間の特別感を高めることができます。また、新婦の登場に合わせて特別な音楽を流すことで、ゲストの感情を揺さぶり、感動を誘うことも可能です。

新婦が変更した衣装に関連した小物をゲストに配ることも、演出の一つとして考えられます。色打掛の柄を模したオリジナルのハンカチや扇子を記念品として配ることで、ゲストにも結婚式のテーマや新婦の衣装に対するこだわりをより深く感じてもらうことができます。

このように、披露宴での色直しは、単なる衣装替え以上の意味を持ちます。それは、結婚式という一生に一度のイベントを、新婦とゲストが共に楽しむための大切な瞬間です。色直しの際には、時間管理と創造的な演出を心がけることで、忘れがたいすてきな思い出を作り出すことができるでしょう。

ここで、ゆめやで取り扱っている結婚式向けの和装レンタルセットプランから、「着物を自由に選べる婚礼・黒引き振袖&色振袖の2点プラン(新婦2着・新郎1着)」をご紹介します。

格式ある黒引き振袖で挙式を終えた後、お色直しで色振袖を着用して印象をガラッと変えるといった演出におすすめのセットプランとなっています。

こちらは、ご新婦様のお好きな黒引き振袖(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)、お好きな色振袖(1点、すべての小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

和婚の挙式と披露宴の流れ

和婚は、その伝統的な美しさと精神性で多くのカップルから選ばれています。和装での挙式から披露宴への移行、そして色直しにおける新婦の退場と入場のタイミングは、この美しい日の流れをスムーズにし、記憶に残るものにするための重要な要素です。

和婚の挙式と披露宴の流れを慎重に計画することで、カップルとゲストにとって忘れられない一日を創出することができます。

挙式から披露宴へのスムーズな進行

和婚の挙式は、多くの場合、神社での神前式や式場内の神殿で行われる和風の式が中心です。挙式と披露宴の間の流れは、ゲストにとって快適であり、かつ時間的にも効率的であることが望ましいです。

挙式が終わった後、ゲストを披露宴の会場へと誘導する際は、わかりやすい案内やスタッフのサポートを用意しておくことが大切です。

また、挙式と披露宴の間に少し時間を設け、ゲストがリラックスできるような茶話会やウェルカムドリンクの提供もおすすめです。

挙式から披露宴への移行をスムーズにするためには、事前にタイムスケジュールを明確にし、ゲストにもそれを周知しておくことが重要です。また、会場間の移動が必要な場合は、移動手段を事前に手配し、ゲストが不便を感じないように配慮することが求められます。

披露宴での新婦の退場と入場のタイミング

披露宴での新婦の退場と入場は、特に色直しを伴う場合に、披露宴のハイライトとなります。新婦が一度退場して別の衣装に着替え、再び入場するこのタイミングは、披露宴の中盤から後半にかけて設定されることが多いです。

色直しの前には、新郎によるスピーチやゲストからのメッセージ、エンターテインメントのパフォーマンスなどを挟むことで、新婦の準備時間を上手くカバーし、ゲストの注目を集めることができます。

新婦の再入場は、披露宴の雰囲気を一新させる効果があり、特に新しい衣装を身にまとった新婦の姿は、ゲストにとって新鮮な驚きとなります。この瞬間をさらにドラマティックにするために、新婦の入場時には特別な音楽を流したり、会場の照明を調整するなどの工夫を凝らすと良いでしょう。

和婚の挙式から披露宴への流れ、そして新婦の退場と入場のタイミングは、結婚式全体の印象を左右する重要なポイントです。これらの瞬間を丁寧に計画し、実行することで、カップルとゲストにとって忘れがたい、美しい記憶を作り上げることができるでしょう。

和装選びで迷った時のポイント

結婚式における和装選びは、多くの新郎新婦にとって重要な決断の一つです。特に和婚を選んだカップルにとって、和装は結婚式の雰囲気を大きく左右する要素であり、伝統と現代の美を融合させた装いを選びたいものです。

しかし、豊富な選択肢の中から自分たちにぴったりの一着を選ぶのは簡単なことではありません。ここでは、和装選びで迷った時に考慮すべきポイントをいくつか紹介します。

体型やテーマに合わせた和装の選び方

まず、和装を選ぶ際には、新郎新婦の体型や結婚式のテーマを考慮することが重要です。

  • 体型に合わせた和装選び: 体型に合わせて和装を選ぶことで、より美しく、また快適に式を進めることができます。例えば、背が高い方やスリムな方には、直線的なデザインの白無垢やシンプルながらも存在感のある色打掛がおすすめです。一方で、ふくよかな体型の方は、締め付けが少なく、体のラインを美しく見せることができるデザインを選ぶと良いでしょう。
  • 結婚式のテーマに合わせた和装選び: 結婚式のテーマも和装選びにおいて大きな要素です。伝統的な神前式や和風の式場での結婚式には、古典的な美しさを持つ白無垢や豪華な色打掛がふさわしいでしょう。一方、よりカジュアルでリラックスした雰囲気の結婚式では、モダンなデザインの和装や、少しカラフルな色打掛を選ぶことで、和装ならではの華やかさを演出することができます。

流行りと定番の和装スタイル

和装選びにおいては、流行りのスタイルと定番のスタイルの両方を考慮に入れることが大切です。

  • 流行りの和装スタイル: 現代のファッションセンスを取り入れたデザインや色使いが特徴で、若いカップルや個性を重視するカップルにおすすめです。
  • 定番の和装スタイル: 古典柄などを用いた時代を超えて愛され続ける古典美が魅力であり、格式高い結婚式や伝統を重んじるカップルにぴったりです。

和装選びで迷った場合は、専門のスタイリストや和装コーディネーターに相談するのも一つの手です。プロフェッショナルのアドバイスを受けながら、自分たちのイメージに合った和装を選ぶことで、結婚式の準備をよりスムーズに、そして楽しく進めることができるでしょう。

披露宴での演出と交流の工夫

和婚の披露宴は、新郎新婦とゲストが共に楽しむ、結婚式のハイライトの一つです。この時間を特別なものにするためには、工夫された演出とゲストとの深い交流が不可欠です。

以下では、披露宴をさらに盛り上げ、ゲストとの交流を深めるための演出アイデアについて詳しくご紹介します。

盛り上げるための演出アイデア

披露宴での演出には、ゲストの期待にこたえるサプライズが効果的です。たとえば、新郎新婦からの心のこもった手紙の朗読や、遠方から参加できなかった家族や友人からのビデオメッセージのサプライズ上映があります。これらの演出は、披露宴に感動的な一幕をもたらし、ゲストの記憶に深く刻まれます。

また、ゲスト全員が参加できるフラッシュモブやダンス、カップルの共通の趣味を生かしたパフォーマンスなども、披露宴のムードを一気に盛り上げることができます。さらに、新郎新婦が披露宴の途中で衣装を変える色直しの際に、劇的な演出や効果音を用いることで、ゲストの注目を集めることができます。

ゲストとの交流を深める演出

ゲストとの交流を深めるためには、参加と体験を促せるようなアクティビティが有効です。例えば、テーブルごとに異なるテーマの話題カードを用意し、ゲスト同士の会話を促すことで、親密な雰囲気を作り出すことができます。

また、披露宴会場内に設置された和装や小物を使ったフォトスポットでは、ゲストが自由に記念撮影を楽しむことができ、後日、写真を共有することで再びその日の思い出を振り返るきっかけにもなります。

ゲストの名前やエピソードを取り入れたクイズゲームを行うことで、新郎新婦とゲストとの間にある共通の記憶や絆を深めることができます。さらに、結婚式の最後には、全員で参加する記念のグループフォトタイムを設けることで、結婚式の終わりを美しい形で締めくくることができます。

和婚の披露宴での演出と交流の工夫は、ゲストにとっても新郎新婦にとっても忘れられない思い出を作るための重要な要素です。心温まる演出や参加型のアクティビティを通じて、ゲスト一人一人との深いつながりを築き、生涯忘れられない一日を実現しましょう。

このような演出は、結婚式を通じて新郎新婦とゲストが共有する喜びや感動を、より豊かなものにします。

和装結婚式の費用と準備に必要な時間

和装での結婚式は、その格式高い雰囲気と伝統的な美しさで、多くのカップルから選ばれています。しかし、理想の和装結婚式を実現するには、具体的な費用の見積もりと準備期間の計画が不可欠です。ここでは、和装結婚式にかかる費用相場と、準備に必要な時間及びスケジュールの立て方について解説します。

和装結婚式の費用相場

和装結婚式の費用は、式場の選択、衣装の種類、披露宴の規模によって大きく変動します。一般的に、和装での挙式と披露宴を含む結婚式全体で、200万円から500万円程度が相場とされています。この中には、式場の使用料、食事や飲み物の費用、衣装レンタルや美容師の手配費用などが含まれます。

和装特有の費用として、白無垢や色打掛などの衣装レンタルがあります。高品質な衣装を選ぶと、レンタル料だけで数十万円に上る場合もあります。また、和装に合わせたヘアセットやメイク、アクセサリーのレンタルも必要となるため、これらの費用も考慮に入れる必要があります。

準備にかかる時間とスケジュールの立て方

和装結婚式の準備には、一般的な西洋スタイルの結婚式よりも時間が必要とされることがあります。特に、衣装選びや式場の選定、神前式や和風の披露宴に適した会場探しには、時間を要することが多いです。準備期間としては、遅くとも6カ月から1年前には計画を開始することをおすすめします。

計画を立てる際には、まず結婚式の日程を決定し、式場や衣装の予約を最優先に行います。その後、招待状のデザインや送付、披露宴のメニューや演出の詳細を決めていくことになります。また、和装結婚式には、伝統的な儀式や演出を取り入れる場合が多いため、それらの準備にも特に注意を払う必要があります。

和装結婚式の計画にあたっては、プロフェッショナルのウェディングプランナーや和装コーディネーターのサポートを受けることも一つの選択肢です。専門家のアドバイスを取り入れながら、スムーズな準備を進め、理想の結婚式を実現しましょう。

和装結婚式は、その準備過程も含めて一生の思い出となります。費用の計画と準備スケジュールをしっかりと管理し、二人らしい美しい式を創り上げてください。

まとめ

和装での披露宴は、結婚式の中でも特に印象的な要素の一つであり、日本の伝統美を現代に伝える素晴らしい方法です。この大切な日を成功に導くためには、細部にわたる準備と綿密な計画が不可欠です。ここでは、和装披露宴を成功させるための重要なポイントと、最終的に心に留めておくべきことをまとめてご紹介します。

和装披露宴を成功させるためのポイント

  • 計画の早期開始: 和装選びや会場予約、式次第の計画など、早期に準備を始めることで、希望に沿った披露宴を実現しやすくなります。十分な準備期間を確保することで、選択肢も広がり、納得のいく決定が可能になります。
  • 予算の明確化と管理: 和装結婚式は伝統的な要素が多く、費用が高額になる傾向があります。事前に詳細な予算計画を立て、必要な項目ごとに費用を割り当てることが重要です。予算を超えないように注意しながら、効率的に予算配分をしましょう。
  • プロフェッショナルの活用: 和装や結婚式に関する専門知識を持つプロフェッショナルの意見を取り入れることで、準備をスムーズに進めることができます。特に、和装選びや式場装飾に関しては、専門家のアドバイスが非常に役立ちます
  • ゲストの経験を重視: 披露宴では、ゲスト一人ひとりが特別な体験をすることができるような演出を心がけましょう。ゲストとの交流を深める演出や、参加型のアクティビティを取り入れることで、記憶に残る一日になります。

最後に覚えておきたいこと

和装披露宴の準備は、時に大変な作業になることがありますが、それは二人の新しい門出を祝うためのものです。準備の過程で生じる困難やストレスも、二人の絆を深める貴重な経験となります。大切なのは、二人で支え合い、この特別な時を楽しむことです。

また、和装披露宴は、単に伝統を守るためだけではなく、二人の個性や愛を表現する場でもあります。伝統的な要素と現代的なアイデアを組み合わせることで、二人らしさが光る結婚式を創り上げましょう。

最終的に、和装披露宴は、新郎新婦だけでなく、参加するすべての人々にとって忘れがたい思い出となるはずです。準備のすべてを通じて、二人の愛と未来への期待を祝い、生涯の宝物となる一日を創造してください。

〈参考記事〉
https://wed-junbi.com/article/2020516-9268/
https://wakon-style.jp/iroha/6507/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/direction/idea/23/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

赤地に雲取、花薬玉の小振袖【hak17】

【小学生の親御さん必見】小学校卒業式での袴選びとレンタル活用法

はじめに 小学生の卒業式は、一生の思い出に残る大切なイベントです。特に女の子にとっては、袴を着て華やかに装うことが楽しみの一つとなっています。しかし、初めての袴レンタルには多くの疑問や不安がつきものです。本記事では、小学 […]

ひとつ前の記事

御簾に芙蓉と菊の大彦、五つ紋付黒留袖【tom45】

刺繍が魅力の黒留袖レンタル、失敗しないための選び方

はじめに 着物は日本の伝統文化を象徴する衣服であり、特別な日に身にまとうことで、その瞬間を一層華やかに、そして記憶に残るものにします。中でも、黒留袖は結婚式などの格式高い場において、新郎新婦のお母さまや親族の女性が着用す […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!