着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

婚礼前撮りイメージ

和装フォトウェディングの魅力!東京での前撮り・結婚式写真撮影ガイド

はじめに

フォトウェディングとは、実際には挙式などを行わずに結婚の記念に写真を残すスタイルを言います。混同されやすいのが、結婚式の最中の写真撮影や前撮り、後撮りをするウェディングフォトです。後者は、言葉通り結婚式の記念として撮影する写真のことを指します。近年、このフォトウェディングや前撮りに和装が注目されています。この記事では、伝統とモダンの融合した和装フォトウェディング、ウェディングフォトについて紹介していきます。

和装フォトウェディングの魅力とは?

前述の通り、結婚式は挙げないものの二人の門出の記念として、あるいは家族や将来の子どもたちに残す貴重な思い出として和装フォトウェディングを行うカップルが増えています。

和装フォトウェディングの最大の魅力は、結婚式を挙げるよりもずっと低予算で済むことにあります。低予算であるから質も低いのかと言えばそうではなく、衣装やロケーションに多くのコストや時間を集中できるため、満足のいく形で最高の瞬間を迎えられます。

2024年の和装フォトウェディングトレンド

2024年の和装フォトウェディングでは、以下のようなトレンドが見られます。

  • ロケーションの多様化
    伝統的な神社や日本庭園だけでなく、自然豊かな海辺や山間部での撮影が人気を集めています。これにより、和装の美しさと自然の豊かさが組み合わさった、独特の雰囲気を演出できます。
  • カスタマイズされた衣装
    伝統的な和装にモダンな要素を取り入れるといった、格式にとらわれ過ぎないカスタマイズが流行しています。例えば、伝統的な色打掛に現代的なデザインを取り入れたり、アクセサリーで個性を出したりすることが増えています。
  • ヘアメイクの革新
    和装に合わせたヘアスタイルやメイクも進化しています。より自然体でありながら、和装の美しさを引き立てるスタイルが好まれています。
  • デジタル技術の活用
    VRなどの最新技術を使った撮影が注目されています。これにより、実際には行けない場所での撮影や、特別なエフェクトを加えた写真が可能になっています。

和装フォトウェディングは、新しいトレンドを取り入れつつも、日本の伝統と文化を大切にする素晴らしい方法です。2024年も、多くのカップルがこの特別な体験を通じて、結婚の記念を美しく残していくことでしょう。

和装ウェディングフォトの基本

和装ウェディングフォトは、結婚を控えたカップルにとって特別な記念となるイベントです。前述の通り、結婚式前後の撮影も含め結婚式の最中の写真を指します。落ち着いた空間を写真に収められます。ここでは、結婚式の前撮りを中心に解説していきます。

和装ウェディングフォトの魅力

和装ウェディングフォトの魅力は、何と言っても自由度の高さにあるでしょう。結婚式本番は、神前式などの細かな作法やその後の披露宴の移動や進行、お色直しなど精神的にも時間的にも制約を受けます。

しかし、前撮りは忙しい結婚式から切り離された自然な二人の姿をカメラに収めることができます。

また、結婚式では進行上着れない衣装を着る機会になる他、招待状や披露宴の演出に活用することも可能です。特に、和装の場合はドレスよりもお色直しに時間がかかることや、着慣れていないことによる不安がある場合に、前撮りで着用していると練習になり結婚式本番が安心です。

ゆめやきものでも前撮りプランを用意しています。

着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)【set08】
「一生残る婚礼写真」だから、きものにこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)が含まれます。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。ご試着からお申し込みください。※本プランは衣装レンタルのみとなります。撮影は含まれません。ご注意下さい。

フォトウェディングとウェディングフォトの共通点

フォトウェディングとウェディングフォトの魅力と目的の違いは、それぞれ見えてきたと思います。しかし、それ以外の大まかな流れは共通していると言えます。以下に、一般的な流れを示します。

  1. プランの選定
    まずは、プランを選びます。スタジオ撮影か、ロケーション撮影か、または両方を含むプランかを決めましょう。プランには、衣装、ヘアメイク、撮影時間、アルバムの有無などが含まれます。
  2. 衣装の選定
    次に、和装の衣装を選びます。主に白無垢、色打掛、引き振袖から選ぶことができ、試着をしてみることをお勧めします。衣装に合わせて、小物やヘアスタイルも決めましょう。
  3. 撮影日の予約
    撮影日を予約します。特に人気のあるロケーションや季節、土日祝日は早めの予約が必要です。撮影日は、天候や季節を考慮して選ぶと良いでしょう。
  4. 事前打ち合わせ
    撮影の数週間前には、フォトグラファーやスタジオと事前打ち合わせを行います。撮影の流れ、希望する写真のスタイル、特に撮影してほしいショットなどを伝えましょう。
  5. 当日の流れ
    撮影当日は、まずヘアメイクと着付けから始まります。その後、撮影スタジオやロケーションで撮影が行われます。撮影は、カップルの自然な表情や雰囲気を大切にしながら進められます。
  6. 写真の選定とアルバム作成
    撮影後は、撮影された写真からお気に入りのカットを選び、アルバムを作成します。デジタルデータの提供がある場合もあります。

撮影ロケーションの選び方

撮影において、ロケーションの選び方が非常に重要です。東京には、美しい自然、伝統的な建築、モダンな都市景観など、さまざまな背景を提供する撮影スポットが豊富にあります。ここでは、東京の人気撮影スポットを紹介し、季節ごとのロケーションの魅力を掘り下げていきます。

東京の人気撮影スポット紹介

東京には、和装での撮影にぴったりのロケーションが数多く存在します。以下は、特に人気のあるスポットの一部です。

  • 浅草寺と仲見世通り:伝統的な日本の雰囲気が漂う浅草寺は、和装に映える背景を提供します。仲見世通りの賑やかな風景も、写真に活気を与えます。
  • 新宿御苑:四季折々の自然が楽しめる新宿御苑は、緑豊かな背景が魅力的。特に桜や紅葉の季節は、絶好の撮影タイミングです。
  • 東京タワー周辺:モダンな東京の象徴である東京タワーを背景に、和装の美しさを際立たせることができます。
  • 明治神宮:広大な森に囲まれた明治神宮は、神聖な雰囲気の中で、厳かな和装写真を撮影するのに最適です。

これらのスポットは、和装の美しさを引き立てるだけでなく、写真に特別なストーリーを加えることができます。

季節ごとのロケーションの魅力

季節によって、撮影ロケーションの魅力は大きく変わります。四季がはっきりとしている日本は、季節ごとにそれぞれ独特の美しさを持ち、和装での撮影に異なる雰囲気をもたらします。

  • 春(桜の季節):桜の下での撮影は、日本らしさが強調される美しい瞬間。浅草や新宿御苑など、桜が美しいスポットでの撮影は特に人気です。
  • 夏(新緑の季節):新緑が眩しい夏は、自然の生命力を感じさせる背景が魅力。明治神宮の緑豊かな森などがおすすめです。
  • 秋(紅葉の季節):紅葉の美しい秋は、和装との相性が抜群。新宿御苑や日本庭園など、紅葉が楽しめるスポットでの撮影がおすすめです。
  • 冬(雪景色の季節):雪が降ることは少ない東京ですが、冬の清々しい空気感は、和装の凛とした美しさを引き立てます。

和装での撮影は是非このあたりも参考にすると良いでしょう。

衣装とスタイルの決め手

和装での撮影ですので、まずは衣装を知ることが必要です。一生の思い出となる大切な日です。和装選びのポイントとヘアスタイル、ヘアメイクのコツについて、詳しくご紹介します。

和装の種類と選び方のポイント:色とデザイン

花嫁衣装は主に以下のものがあります。

  • 白無垢:室町時代にルーツを持つ純白の衣装。その色は、新婦の純粋さや神聖さを象徴していると言います。
  • 色打掛:安土桃山時代に武士の衣装が豪華になっていったのに合わせて、白無垢を豪華絢爛に仕立てたものとされます。金糸や銀糸の刺繍、複雑な絞り染めなど高度な技術が施された色鮮やかな衣装です。
  • 引き振袖:江戸時代に城内にお仕えする女性たちの「お引きずり」の優雅さを再現したもので、長い袖と裾が特徴的な衣装です。昭和初期には庶民の花嫁衣装としてブームとなりました。

これらの衣装のいずれにするかは二人の意見によるところでしょうが、色や柄の持つ意味にも注目すると良いでしょう。

色の選び方

  • 白無垢:白無垢にもいくつか種類があり、全身純白で仕立てられたものと裏地や襟、裾に赤が使われている「赤ふき」や「紅裏」と呼ばれるものもあります。白無垢に限らず、白は太陽の光を象徴しており神聖な色であることと、何色にも染まることから「新郎の家に染まる」という意味合いがあると言います。
  • 色打掛:伝統的な色として「赤」、「白」、「黒」があり、これらの色は特に格が高いとされています。「赤」は鳥居にも用いられるように魔除けの意味合いと、赤ん坊から「始まり」を意味すると言います。「黒」は高貴な色であり、また、何色にも染まらないことから貞操を守るという意味があります。これらの生地色をベースに華やかな柄が施されます。近年は様々な色の色打掛が作られており、そちらは比較的モダンな印象になります。
  • 引き振袖:色打掛同様、様々な色の衣装がありますが、最も格が高いとされるのが「黒引き振袖」です。昔は結婚後に黒引き振袖の袖を切って縫い留めて着ていたと言い、その着物を「留袖」というようになりました。

柄の特徴

  • 古典柄:有職文様や吉祥文様と呼ばれる、古くから縁起が良いとされる柄です。これらの柄の着物は、他の着物よりも格が高いとされます。
  • モダン柄:幾何学模様や洋花がモチーフであったりと、現代的な感性を取り入れた柄です。
  • レトロモダン柄:古典柄を現代的な解釈でリデザインした柄で、比較的ポップな印象が多いです。

ヘアスタイルとヘアメイクのコツ

ヘアスタイルとヘアメイクは、和装の美しさを一層引き立てる要素です。以下のコツを押さえて、最高の一日を迎えましょう。

ヘアスタイルの選び方

  • 和装に合うスタイル:伝統的な日本髪やモダンなアレンジがあります。現在、角隠しを被りたい場合は選択肢は日本髪のみですが、そうでない場合の髪型、髪色は比較的自由な風潮です。
  • 小物の使用:かんざしなどの髪飾りで、華やかにするのも素敵です。

ヘアメイクのポイント

  • 自然な肌作り:和装に映える、清楚なメイクアップが基本です。
  • 目元の強調:着物の色や柄に合わせたアイメイクを意識すると全体的に整った印象になります。
  • 口元の仕上げ:落ち着いた色味で、上品な印象を忘れないようにしましょう。

とっておきの衣装を選ぶのはとても充実した時間です。最高のコーディネートを探してみましょう。

プランの選び方

和装での撮影を計画する際、最も重要なのは、自分たちにぴったりのプランを選ぶことです。プランの選択は、撮影の成功を左右する鍵となります。ここでは、プランの種類と特徴、さらにオプションとセット内容について詳しく解説します。

プランの種類とそれぞれの特徴

和装での撮影には、さまざまなプランがあります。主に、スタジオ撮影、ロケーション撮影、そしてその両方を組み合わせたプランが一般的です。それぞれのプランの特徴を理解し、自分たちの希望に合ったものを選びましょう。

スタジオ撮影プラン

  • 特徴:完全なプライベート空間で、天候に左右されず撮影可能。
  • メリット:照明や背景がコントロールされ、美しい写真が撮れる。
  • デメリット:自然光や自然の背景を活かした撮影は難しい。

ロケーション撮影プラン

  • 特徴:公園や神社、歴史的建造物など、外のロケーションで撮影。
  • メリット:自然の美しさや季節感を写真に反映できる。
  • デメリット:天候や周囲の状況によって撮影が左右される。

スタジオ+ロケーション撮影プラン

  • 特徴:スタジオと屋外の両方で撮影を行う。
  • メリット:撮影のバリエーションが豊富。
  • デメリット:時間とコストがかかる場合がある。

オプションとセット内容の理解

プランを選ぶ際には、オプションやセット内容をしっかりと確認しましょう。これらは価格や内容を大きく左右します。

衣装オプション

  • 白無垢、色打掛、引き振袖などの和装の種類が豊富かどうか。
  • 着付けやヘアメイクもプランに含まれることが多いです。

撮影オプション

  • 撮影時間の延長、特定のカット数の追加などの可否を確認しましょう。
  • 店舗によってはフォトグラファーの指名が可能な場合もあります。

アルバム・写真セット

  • 完成した写真の提供方法で値段が変わります。アルバムを作るよりもデータのみの方が一般的には低コストで済みます。
  • また、特にアルバム作成の場合、写真の選択やレイアウトのカスタマイズがどの程度可能かも確認しておきましょう。

その他のオプション

  • ロケーション撮影の場合、場所によってはその土地の管理者等に撮影許可を事前にとっておく必要があります。その撮影許可を誰が取るのか、使用料に関しても予め確認が必要です。
  • 家族やペットとの撮影、ビデオ撮影などを希望する場合も事前に確認しましょう。

ゆめやきものでも和装フォトウェディングのプランを用意しています。

着物を自由に選べるフォトウェディングプラン(ロケーション撮影)【set11】
「一生残る婚礼写真」だから、きものにこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、そのほか筥迫、末広、抱え帯、草履、かんざしなどすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)のほか、カメラマン・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が含まれます。ゆめや提携先のカメラマンと事前にしっかり打ち合わせ。ご希望の場所や撮影リクエストにも対応します(東京都内限定・要相談)。「きもの専門店ならでは」のこだわりの品揃えから、お好きな組み合わせをお選びください。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずはご試着をお申し込みください。

二人の特別な一日ですので、金額なども含めてしっかり納得した形で行いましょう。

フォトグラファーとのコミュニケーション

撮影時、フォトグラファーとの良好なコミュニケーションは、理想の写真を実現するために不可欠です。ここでは、フォトグラファーとのコミュニケーションのコツと、適切なフォトグラファーの選び方についてご紹介します。

理想の写真を叶えるためのコミュニケーション術

事前の打ち合わせを大切に

撮影前には、必ずフォトグラファーとの打ち合わせを設けましょう。この時、あなたの希望やイメージを具体的に伝えることが重要です。例えば、「和装の色やデザインに合わせた背景で撮影したい」「自然光を活かした柔らかい雰囲気の写真がいい」など、具体的な要望を伝えることで、フォトグラファーも撮影の準備をしやすくなります。

参考になる写真を用意する

事前にインターネットや雑誌で、気に入った和装でのウェディング写真を集めておきましょう。これらの写真をフォトグラファーに見せることで、あなたの好みやイメージをより具体的に伝えることができます。

フォトグラファーの意見も尊重

フォトグラファーはプロフェッショナルです。彼らの意見や提案も積極的に聞き、撮影プランを一緒に作り上げましょう。例えば、ロケーションの選定や撮影のタイミングについては、フォトグラファーの経験に基づくアドバイスが非常に役立ちます。

フォトグラファー選びのポイント

ポートフォリオをチェック

個人のフォトグラファーに依頼する際などは特に、まず彼らのポートフォリオを確認しましょう。これまでに撮影した和装でのウェディング写真を見ることで、そのフォトグラファーのスタイルや技術を把握することができます。

コミュニケーション能力

撮影当日は、フォトグラファーとのコミュニケーションが頻繁に発生します。そのため、事前の打ち合わせでコミュニケーションがスムーズに行えるかどうかを確認することが大切です。

料金とオプション

撮影の料金プランやオプションも重要な選択基準です。撮影時間、写真の枚数、アルバムの有無など、料金に含まれるサービス内容を確認し、予算内で最適なプランを選びましょう。

フォトグラファーとの良好なコミュニケーションは、和装での撮影を成功させる鍵です。

特別な日を彩る小物とアイデア

撮影を特別なものにするためには、細部にまでこだわり、ふたりの個性を反映させることが重要です。ここでは、和装に合うアクセサリーや持ち物、そしてふたりの個性を引き立てる演出アイデアについてご紹介します。

小物の活用

撮影では、衣装だけでなく、小物も大切な役割を果たします。特に、二人の思い出の品などは個性的な写真撮影のキーポイントです。

額縁

二人の姿を額縁に収めるだけで、一つの作品に仕上がります。

趣味のアイテム

お互いの趣味のアイテムを持った写真もとても個性的な雰囲気を作ります。

和傘

より日本の雰囲気を強調するのに役立ちます。

習字

結婚式の招待状やその年の年賀状の写真に活用する場合に便利です。

ふたりの個性を引き立てる演出アイデア

ちょっとしたアイデアで、ふたりの個性やストーリーを反映させた演出が可能です。以下に、いくつか紹介します。

ロケーションの選択

撮影場所は、ふたりの思い出や好みに合わせて選びましょう。伝統的な神社や自然豊かな庭園、モダンなスタジオなど、ロケーションによって異なる雰囲気を楽しむことができます。

ドローンを使った撮影

動画も残す場合、ドローンを上手に活用すると躍動的な撮影が可能になります。

休憩時の撮影

撮影の合間のちょっとした休憩時間のような一枚も、柔らかな雰囲気で素敵です。

アングルを工夫したショット

遠近法を活用して少し砕けた一枚があっても良いですよね。

和装のウェディング撮影は、ふたりの大切な記念となる特別な日です。二人の個性が光る写真を残しましょう。

まとめ

和装でのフォトウェディング、ウェディングフォトは、一生に一度の特別な瞬間を美しく残すための素晴らしい方法です。最後に、和装での撮影についてまとめていきます。

和装で残すウェディング、一生の思い出

和装でのウェディング撮影は、結婚という新たな人生の門出を祝う特別な瞬間です。伝統的な和装を身に纏い、日本の美しい自然や歴史ある建物を背景に撮影することで、一生の思い出として残る写真が生まれます。和装は、白無垢や色打掛、振袖など多彩なスタイルがあり、花嫁の個性や美しさを際立たせます。また、ヘアメイクや小物選びも重要で、トータルコーディネートによって、より一層の華やかさと品格を演出できます。

以下の点を考慮すると良いでしょう。

  • 衣装選び:白無垢や色打掛など、多様な和装から選ぶことができます。自分に合った色やデザインを選びましょう。
  • ロケーション:日本庭園や神社、自然豊かな場所など、ロケーション選びが重要です。季節の風景を背景にすると、より美しい写真が撮れます。
  • ヘアメイクと小物:和装に合わせたヘアスタイルやアクセサリーで、トータルコーディネートを楽しみましょう。

2024年、和装でのウェディング撮影プラン

2024年の和装での撮影プランは、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • プランの選び方:撮影スタジオや店舗ごとに異なるプランが用意されています。料金や含まれる内容を比較し、自分たちの希望に合ったプランを選びましょう。
  • 予約のタイミング:人気のロケーションやスタジオは早めの予約が必要です。特に土日や祝日は予約が埋まりやすいので、早めに計画を立てましょう。
  • オプションの活用:ヘアセットやメイク、着付け、アルバム作成など、オプションサービスを活用することで、より充実した一日が実現します。

二人の新たな門出を最高の形で残しましょう。

〈参考記事〉
https://www.kagaenn.com/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

卒業式イメージ

【2024年最新版】卒業式の袴に合わせる刺繍半襟の選び方!初心者向けガイド

はじめに:卒業式と袴の半衿の重要性 卒業式は、学生生活の終わりと新たなスタートを象徴する大切な節目です。この特別な日に着る衣装として、女性に袴が選ばれることが多くあります。袴は、伝統的な和装の一つで、着物や振袖と組み合わ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!