着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

婚礼イメージ

和装で前撮り、安い方法はある?東京都内のおすすめロケーションも紹介

はじめに

前撮りは、結婚式より前に行う撮影のこと。和装での前撮りは、新郎新婦が結婚式当日とは異なる和装で、美しいロケーションでの写真撮影を楽しむことができます。和装前撮りの魅力は、結婚式当日にはないリラックスした雰囲気の中で、二人だけの時間を過ごしながら、美しい瞬間を切り取ることができる点にあります。また神社や庭園、自然風景あふれるスポットなど、さまざまな背景を自由に選べることも魅力の一つです。

和装前撮りの魅力とは?

和装前撮りの最大の魅力は、日本の伝統美を背景にしたロマンティックな写真を残せることです。桜や紅葉などの季節の花々、古き良き日本の建築物など、美しいロケーションでの撮影は、特別な記憶として一生残ります。

また、結婚式当日はなにかと忙しくゆっくり写真撮影の時間を取れないことも多いため、前撮りを利用することで、新郎新婦が時間を気にせず写真撮影を楽しめる機会を持てることも大きなメリットです。

予算内で叶える前撮りプランの選び方

予算内で理想の和装前撮りを実現するためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。

まず、撮影するロケーションを決める際には、移動費用や撮影許可にかかる費用を含めて検討する必要があります。また、フォトスタジオやフォトウェディングサービスなどを利用する場合にはプラン内容をよく確認し、衣装やヘアメイク、アルバム製作などご自身に必要なものがプラン内に含まれているかをチェックしましょう。

平日やオフシーズンを狙うことで、料金を安く抑えることが可能な場合もあります。事前にさまざまなプランを比較しつつ、自分たちの希望に最も合うプランを選ぶことが大切です。

まずは和装前撮りの概要と魅力、予算内で前撮りプランを選ぶための基本的なポイントを紹介しました。続いては、和装前撮りに適したロケーションの選び方について詳しく見ていきます。

和装前撮りに適したロケーションの選び方

和装前撮りを成功させるためには、ロケーション選びが非常に重要です。美しい和装が引き立つ場所を選ぶことで、一生の思い出に残る写真を撮影することができます。ここでは一例として、東京都内で人気の前撮りスポットを紹介し、合わせてロケーション選びのポイントも解説します。

東京都内の人気前撮りスポット紹介

首都であり国内随一の大都会である東京にも、和装前撮りにぴったりの美しいスポットがたくさんあります。その中でも人気のある場所を一例としてご紹介します。

  • 浜離宮恩賜庭園:都心にありながら、広大な池や緑豊かな庭園が魅力のスポットです。和装が映える風情ある景色が多く、四季折々の美しさを背景に撮影できます。
  • 明治神宮:結婚式場としても有名な明治神宮。都心にありながら厳かな雰囲気が漂う神社で、緑豊かな境内は和装との相性抜群です。神聖な雰囲気の境内で前撮りを行うことができます。
  • 旧芝離宮恩賜庭園:都心のビル街に囲まれたこの場所は、和装はもちろんドレスでの撮影にも適しています。水辺の美しい風景や都会のオアシス的なロケーションが、写真を引き立てます。

ロケーション選びのポイント

ロケーションを選ぶ際には、以下のポイントを考慮するとよいでしょう。

  • 季節と天候:撮影を予定している季節や天候を考慮し、その時期に最も美しいスポットを選びましょう。春なら桜が満開になる花見スポット、秋なら紅葉が美しい場所がおすすめです。
  • アクセスと混雑状況:撮影場所までのアクセスや、撮影当日の混雑状況も重要なポイントです。事前に混雑状況を調査し、必要であれば早朝や平日を狙うとよいでしょう。
  • 撮影許可と使用料:公共の場所や公園などでは、撮影許可が必要な場合や使用料がかかる場合があります。事前に確認し、必要な手続きを済ませておくなどトラブルがないようにしましょう
  • 撮影の雰囲気:和装の雰囲気に合ったロケーションを選ぶことが大切です。歴史的な建造物や自然豊かな場所など、衣装との調和を考えて選びましょう。

ロケーション選びは、和装前撮りの出来を左右する重大な要素です。事前にしっかりとリサーチを行い、二人の希望に合った最適な場所ですてきな写真を残せるようにしましょう。次は、前撮りプランを安く抑える方法について詳しく見ていきます。

安く抑える前撮りプランの選び方

特に和装での前撮りについては、費用が気になるカップルも多いでしょう。ここでは予算を抑えつつすてきな前撮りを実現するためのコツと、オフシーズンの活用法、オプション料金などについて解説します。

料金を抑えるコツとオフシーズンの活用法

和装前撮りの費用を抑えるために、以下のコツを押さえておきましょう。

  • 平日やオフシーズンを狙う:土日や祝日、春や秋など人気のシーズンはやはり料金が高くなる傾向にあります。平日やオフシーズンに撮影日を選ぶことで、スタジオやロケーションの使用料も安くなる場合があります。
  • パッケージプランを利用する:スタジオやフォトウェディングサービスが提供しているパッケージプランを利用すると、個別にサービスを申し込むよりも総額を安く抑えられることがあります。衣装、ヘアメイク、撮影料などがセットになっているプランを選びましょう。
  • 必要なオプションのみ選ぶ:アルバム製作や追加の衣装など、必要なオプションのみを選択することで、余計な費用を抑えることができます。最初から全てのオプションを含むプランを選ぶより、必要なサービスを選んでカスタマイズする方が結果的に安くなることも多くあります。

オプション料金とその必要性

前撮りプランを選ぶ際には、オプション料金にも注意が必要です。オプションには、例えば以下のようなものがあります。

  • 追加の撮影カット:基本プランに含まれるカット数を超えて撮影したい場合、追加料金が必要になります。
  • アルバムや台紙:撮影した写真をアルバムにまとめる場合や、上質な台紙に収めたい場合などは、相応の費用がかかります。
  • ロケーションの変更や移動:複数のロケーションで撮影を行いたい場合や、撮影場所までの移動が必要な場合は、その分の料金が加算されることがあります。

オプション料金は、前撮りの質や満足度を高めるためにも外せないという方もいらっしゃるでしょう。事前にどのようなオプションがあるのか、それぞれの料金はいくらかを確認し、自分たちにとって本当に必要なオプションかどうかを検討しましょう。

ゆめやの取り扱う商品から、着物とロケーション撮影がパックになった「着物を自由に選べるフォトウェディングプラン(ロケーション撮影)【set11】」のご紹介です。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。 プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、そのほか筥迫、末広、抱え帯、草履、かんざしなどすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)のほか、カメラマン・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が含まれます。 ゆめや提携先のカメラマンと事前にしっかり打ち合わせ。ご希望の場所や撮影リクエストにも対応します(東京都内限定・要相談)。「着物専門店ならでは」のこだわりの品揃えから、お好きな組み合わせをお選びください。 実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。

和装前撮りを安く抑えるためのコツと、オフシーズンの活用法、オプション料金の必要性について解説しました。次は、撮影スタジオとフォトグラファーの選び方について詳しく見ていきます。

撮影スタジオとフォトグラファーの選び方

和装前撮りにおいて、撮影スタジオとフォトグラファー選びも、撮影の質と満足度を大きく左右します。ここではスタジオ撮影とロケーション撮影の違いを解説したのち、プロのフォトグラファーに依頼するメリットもご紹介します。

スタジオ撮影とロケーション撮影の違い

和装前撮りには、大きく分けてスタジオ撮影ロケーション撮影の二つの方法があります。

  • スタジオ撮影:背景や照明を完備した施設内で撮影を行うため、天候に左右されずに撮影が可能なのがスタジオ撮影です。プライベートな空間での撮影なので、他人の目を気にせずリラックスして撮影できるメリットも。ただし、自然光や自然の背景を使用したいという方には不向きです。
  • ロケーション撮影:公園や歴史的建造物、自然豊かな場所など、特定のロケーションで行う撮影方法です。自然光や四季の風景を背景に撮影できるため、よりドラマチックな写真を残すことができます。しかし天候やロケーションの混雑状況などに影響されるため、撮影日や時間帯などの計画性が求められます。

プロのフォトグラファーに依頼するメリット

プロのフォトグラファーに前撮りの撮影を依頼することには、以下のメリットがあります。

  • 専門的な技術と経験:プロのフォトグラファーは、照明や構図、被写体のポージングなど、美しい写真を撮影するための専門的な技術と経験を持っています。また、和装特有の美しさを引き出す撮影技術も備えています。
  • 高品質な機材の使用:プロのフォトグラファーは高品質なカメラやレンズ、照明機材を使用するため、素人撮影では難しい高品質な写真を撮影することができます。
  • 撮影プランの提案:経験豊富なフォトグラファーは、カップルの希望や個性に合わせた撮影プランも提案してくれます。天候やロケーションの事情に応じて柔軟に対応してもらうことも期待できます。

撮影スタジオやフォトグラファーを選ぶ際には、過去の実績やポートフォリオ、口コミや料金体系などもしっかりと確認し、ご自身の希望をかなえてくれそうなところを選ぶことが大切です。

次は、和装と小物の選び方について詳しく見ていきます。

和装と小物の選び方

和装前撮りでは、和装と小物の選び方も撮影の雰囲気を大きく左右します。前撮りのテーマや個性を反映させた和装選びと、撮影を彩る小物の選び方について、こだわりたいポイントを紹介します。

前撮りに合わせた和装の選び方

前撮りのテーマやロケーション、新郎新婦の個性などを反映させることで、一層特別感のある和装を選ぶことができます。

  • テーマに合わせた和装:前撮りが伝統的な建造物や寺社をバックに行われるなら、古典的な柄の白無垢黒引き振袖を選ぶとマッチするでしょう。カジュアルやモダンな雰囲気を求めるのであれば、カラフルでモダンなデザインの色打掛を選ぶのも一つの方法です。
  • カラーの統一:前撮りの背景に合わせて和装や小物の色を選ぶことで、統一感のある雰囲気を演出できます。例えば、前撮りのロケーションが紅葉の中であれば、赤やオレンジの小物を取り入れると違和感なく溶け込みます。
  • 新郎新婦の個性を反映:二人の趣味や好みを取り入れた和装を選ぶことで、より思い出深い前撮りになります。自然が好きなカップルは、季節の花を柄にあしらった和装を選んでみてはいかがでしょうか。

撮影を彩る小物の選び方とこだわりポイント

和装の印象を左右する小物選びには、以下のポイントにも注目しましょう。

  • 撮影テーマに合った小物選び:撮影のテーマやロケーションに合わせて小物を選ぶことが大切です。自然豊かなロケーションであれば、季節感のある花かんざしや扇子を取り入れると、より季節感が引き立ちます。
  • カラーコーディネート:和装の色や柄と小物の色をトータルでコーディネートすることで、洗練された印象に。和装がシンプルなデザインであれば、小物で色を加えることでアクセントにもなります。
  • こだわりの一品をプラス:特別な思い入れのある小物や、手作りの小物を取り入れることで、撮影に深みとオリジナリティを加えることができます。

「一生残る婚礼写真」だから着物にこだわりたい、という方におすすめの「着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)【set08】」をご紹介します。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。 プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)が含まれます。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。ご試着からお申し込みください。※本プランは衣装レンタルのみとなります。撮影は含まれません。ご注意下さい。

和装と小物を選ぶ際には、前撮りのロケーションや雰囲気との調和を考えつつ、新郎新婦の個性やこだわりを表現することが大切です。すてきな和装と小物で、忘れられない前撮りを実現しましょう。続いては、前撮りのための準備と心構えについて詳しく見ていきます。

前撮り撮影のための準備と心構え

和装前撮りは、結婚の記念に残る大切な一瞬を捉えるためのものです。撮影当日をスムーズに進めるためには、適切な準備と心構えが必要になります。ここでは撮影当日の流れと必要な準備物、さらに天候や体調の変化に対応するための方法について解説します。

撮影当日の流れと必要な準備物

撮影当日の流れとしては、まず和装の着付けから始まります。その後、ヘアメイクを整え、スタジオやロケーションでの撮影に移ります。撮影は数時間にわたることが多く、ポーズの指示に従いながらさまざまなシーンを撮影します。

撮影当日に必要な準備物は以下の通りです。

  • 和装一式:事前にレンタルしておいた和装や小物をご自身で持ち込むか、フォトスタジオで着物をレンタルすることも可能です。レンタルの場合は事前に受け取り方法を確認しておきましょう
  • 常備薬やカイロ:体力勝負の撮影で体調を崩さないためにも、普段飲んでいる薬などは用意しておきましょう。寒い時期にはカイロも役立ちます。
  • 飲み物や軽食:長時間の撮影になる場合、水分補給や軽食を取るための飲み物や食べ物を持参するとよいでしょう。

天気や体調の変更への対応方法

特にロケーション撮影は天候に大きく左右されます。また、体調の変化にも対応する必要があります。

  • 天気の変化に対する対応:撮影日の天候が悪い場合、撮影スケジュールの変更や屋内での代替撮影などを検討します。撮影プランには、天候不順時の対応策などを事前に確認しておきましょう。
  • 体調管理:撮影日前日は十分な休養をとり、体調を整えるようにしましょう。万が一、体調不良の場合は無理をせず、撮影の延期を検討する勇気も必要です。

前撮り撮影では、計画的な準備と柔軟な対応が求められます。撮影当日を迎えるにあたり、これらのポイントを心掛け、すてきな一日を過ごしましょう。次は、撮影後の写真の活用方法について詳しく見ていきます。

撮影後の写真の活用方法

和装前撮りで撮影した写真は、結婚の記念だけでなく、さまざまな形で活用することができます。撮影後の写真選びのコツからアルバム作成のポイント、写真の活用アイデアまで紹介します。

撮れた写真の選び方とアルバム作成のコツ

  • 写真選びのポイント:撮影した写真から選ぶ際は、表情やポーズ、背景の美しさなど、納得のいく写真を選びましょう。二人の自然な姿や笑顔が映っている写真は、特に大切な思い出となるはずです。
  • アルバム作成のコツ:アルバムを作成する際は撮影日の時系列に沿って写真を配置すると、見る人にストーリーを感じさせることができます。またカップルのコメントや日付を入れると、よりパーソナルなアルバムに。

結婚式や年賀状など、写真の活用アイデア

  • 結婚式での活用:撮影した写真は、結婚式のウェルカムボードや席札、メニューカードなどの装飾にも使用できます。披露宴でのスライドショーの素材としても最適です。
  • 年賀状やあいさつ状:新年のあいさつや結婚の報告として、前撮りの写真を使用した年賀状あいさつ状を作成するのもよいでしょう。受け取った人にもきっと喜ばれるはず。
  • インテリアとしての活用:選んだ写真を大判プリントにして、自宅のインテリアとして飾ることもできます。日常の中で大切な記念の写真を眺めることで、前撮りのすてきな思い出をいつでも振り返ることができます。

和装前撮りの写真は、結婚生活のスタートを彩る大切な記録となります。撮影した写真をさまざまな形で活用し、美しい思い出を多くの人と共有しましょう。

次は今回の内容をまとめ、和装前撮りを成功させるための最終的なアドバイスをお伝えします。

まとめ

和装前撮りは、結婚の記念に残る大切な瞬間を切り取るための重要なイベントです。今回の記事では、前撮り撮影を成功させるための準備から撮影後の写真の活用方法までご紹介してきました。最後に、和装前撮りで後悔しないためのチェックリストと、前撮りを通じて得られる幸せと満足の秘訣についてまとめました。

和装前撮りで後悔しないための最終チェックリスト

  • 衣装と小物:和装と小物は事前に試着し、撮影に適したものを選んでおきましょう。
  • 撮影プラン:撮影スタジオやロケーション、プロのフォトグラファーを選定し、撮影プランを確定させておきましょう。
  • 天候と体調への備え:天候不順に備えて代替プランも考えておき、体調管理にも注意しましょう。
  • 撮影当日の持ち物:必要な衣装、和装小物、常備薬、飲み物など、撮影当日に必要となるものをリストアップし、忘れ物がないようにしましょう。
  • 撮影後の写真活用:撮影後は写真の選定を丁寧に行い、アルバム作成や結婚式の装飾、年賀状など、さまざまな形で活用しましょう。

前撮りを通じて得られる幸せと満足の秘訣

前撮り撮影は、ただ美しい写真を残すためだけではありません。撮影を通じて二人の絆を深め、結婚に向けての期待感を高める大切な時間にもなります。

撮影プロセスを楽しみ、二人だけの特別な思い出を作ることが、最大の幸せと満足につながるはずです。家族や友人と共有する写真は結婚式のすてきなプレリュードとなり、大切な人たちとの絆も深めてくれるでしょう。

和装前撮りは、計画的な準備と柔軟な心構えが成功の鍵です。この記事が、皆さんの前撮り撮影の参考になり、すてきな思い出作りのお手伝いとなれば幸いです。

〈参考記事〉
https://karan-maedori.jp/blog/waso-maedori/preparation-and-importantpoint/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

結納イメージ

【東京で探す】結婚式用着物レンタル完全ガイド!安心の着付けサービス付き

はじめに 東京での結婚式において、着物レンタルは特別な日をさらに華やかに彩る選択肢の一つです。東京には、伝統的な留袖や振袖、華やかな訪問着を始め、細やかな柄や色彩の違いを楽しめる多種多様な着物が揃っています。また、専門の […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!