お宮参りイメージ

【2024年最新版】お宮参りでのレンタル着物:産着の選び方とコツ

はじめに

お宮参りは、日本の伝統的な行事であり、新生児が生まれて初めて神社にお参りする儀式です。赤ちゃんの健やかな成長と健康を祈るために、多くの家庭で行われています。この特別な日には、赤ちゃんに美しい着物を着せることが一般的です。本記事では、お宮参りの着物に関する基礎知識から、具体的な選び方、レンタルの方法まで、詳しくご紹介します。

お宮参りのための基礎知識

お宮参りの際に赤ちゃんが着用する祝い着は、「産着」と呼ばれ、赤ちゃんの成長を祝う大切な行事にふさわしい特別な衣装です。しかし、多くの方にとっては、産着の選び方やレンタルの方法は分かりにくいものです。ここでは、お宮参りにレンタルサービスを利用するメリットをご紹介したうえで、産着についての基礎知識をお届けします。

レンタルのメリットとデメリット

レンタルサービスには多くのメリットがありますが、いくつかデメリットも存在します。

メリット

  • コスト削減:産着の購入には高額な費用がかかりますが、レンタルならその一部の費用で済みます。お宮参りのように一度しか使わない場合には、特に経済的です。
  • 最新デザイン:レンタルショップはさまざまなデザインの産着を取り揃えています。流行に合ったスタイルを楽しむことができます。
  • メンテナンス不要レンタルの産着はクリーニングや保管の手間が省けます。使用後は返却するだけで良いため、手間がかかりません。

デメリット

  • 選択の制限:レンタルには在庫の都合で選べるデザインやサイズが限られることがあります。希望の柄や色が必ずしも見つかるとは限りません
  • 事前予約が必要:人気のシーズンや行事の際には、早めの予約が必要です。直前では希望のものが借りられない可能性があります。
  • レンタル期間の制約:使用期間が決まっているため、長期間の利用は難しいです。必要な期間をしっかり確認しておくことが重要です。

これらのメリットとデメリットを理解したうえで、次は具体的な産着の選び方について見ていきましょう。

お宮参り用の産着選び

ここではお宮参り用の産着選びにおける、基本的な知識を身につけておきましょう。以下に、産着選びの前提となる情報をご紹介します。

赤ちゃんの性別

  • 産着の色と柄:お宮参りでは、赤ちゃんの性別に合わせて産着選びが重要です。特に色や柄は、男の子か女の子かによって大きく異なるため、後ほど詳しくご紹介します。

素材の選択

  • 正絹(しょうけん):高級感があり、伝統的な素材です。肌触りが良く、赤ちゃんの肌に優しいですが、価格が高めです。
  • ポリエステル:手入れが簡単で、シワになりにくいのが特徴です。費用も比較的抑えられます

セット内容の確認

  • レンタルセットには、産着、よだれかけ、帽子などが含まれることが一般的です。フルセットを選ぶことで、必要なものが全て揃い、安心して準備が進められます。

早期予約

  • 早めの予約を心掛けましょう。特に人気のあるデザインやシーズンは、すぐに予約が埋まってしまうことがあります。フィッティングをしっかり行い、お子さまの着心地も確認しておくことが大切です。

クリーニングと返却の手順

  • 使用後のクリーニングは、レンタルショップが行うことが一般的です。返却の際には、汚れや破損がないかを確認し、規定の方法で返却します。

以上のポイントを押さえて、お宮参り用の産着を選ぶことで、特別な日を安心して迎えることができるでしょう。お宮参りの衣装レンタルに関する別の記事も合わせてご覧ください。

お宮参りの流れと、性別に応じた産着選び

お宮参りは、日本の伝統的な行事の一つで、新生児の健やかな成長を祈るために神社にお参りする儀式です。この特別な日のために、赤ちゃんにふさわしい産着を選ぶことが重要です。ここでは、お宮参りのお祝いの歴史や流れ、そして、男の子と女の子の産着の違いについて詳しく説明します。

お宮参りの歴史と伝統

お宮参りは、日本の古くからの伝統行事であり、新生児の健やかな成長と健康を祈るために行われます。

お宮参りの起源と変遷

  • 平安時代:お宮参りの起源は平安時代にさかのぼります。この時代には、産後30日前後に神社へ参拝し、お子さまの健康と長寿を祈る風習がありました
  • 江戸時代:江戸時代になると、産後30日目に行うことが一般的となり、特に武家や商家では盛大に行われました。この時代から、産着という特別な産着を着せる習慣が始まりました
  • 現代:現在では、地域や家庭の事情により、30日前後に限らず、都合の良い日に行うことが多くなりました。参拝後には、家族での写真撮影や食事会を行うことも一般的です。またお宮参りとは別に、100日を迎えたタイミングで百日祝いと呼ばれる行事も行われます。

お宮参りの流れ

  1. 神社への参拝:家族で神社を訪れ、祈祷を受けます。
  2. 記念撮影:参拝後には、家族写真を撮影します。プロのカメラマンによる写真撮影を依頼する家庭も増えています。近年ではお宮参りはしないで撮影のみ行う家庭もあるようです。
  3. 食事会:参拝と撮影を終えた後、家族で食事会を開くことが一般的です。お祝いの席で、赤ちゃんの健やかな成長を祈ります

お宮参りの歴史と伝統を理解することで、この儀式の重要性を再認識し、心から祝うことができるでしょう。

男の子と女の子の産着の違い

お宮参りの際に着用する産着は、男の子と女の子で異なります。

男の子の産着の特徴

  • :男の子用の産着には、鷹や龍、松などの勇ましい柄がよく使われます。これらの柄は、強さや健やかな成長を象徴しています。
  • :色は黒や紺、水色などの落ち着いた色合いが一般的です。特に、黒は格式を表し、紺や水色は清潔感と爽やかさを演出します。

たとえばこちらは、ゆめやでレンタル可能な、お宮参り用の男の子のアンティーク掛け着物です。正絹の薄いベージュ色の地に、菱型の中にもう一つ菱型が入った入子菱紋様が地織りされています。背中から袂にかけて、一枚の絵のように龍と雲が手描きされ、九曜紋の五つ紋が入ったダイナミックな着物です。40年ほど前の作品ですが、2~3度しかお召しになっていないので、目立つほどの汚れはありません。お宮参りにはぜひ掛けておでかけください。

女の子の産着の特徴

  • :女の子用の産着には、桜や菊、牡丹などの華やかな柄がよく使われます。これらの柄は、可愛らしさや華やかさを表現しています。
  • :色は赤やピンク、黄色などの明るい色合いが一般的です。特に、赤は祝いの色として好まれ、ピンクや黄色は可愛らしさを引き立てます。

レンタルの産着を選ぶ際には、これらのポイントを参考にして、赤ちゃんにぴったりの一着を見つけましょう。

お宮参りのコーディネート例

お宮参りは、新生児のお祝いとして非常に大切な行事です。この特別な日に赤ちゃんが着る産着のコーディネートは、季節や記念写真を意識して選ぶことが重要です。そこで本章では、季節ごとの産着の選び方と、記念撮影のためのコーディネートについて、詳しくご説明しましょう。

季節ごとのコーディネート

春は、新しい生命が芽吹く季節であり、お宮参りに非常におすすめの時季です。この季節は、桜や梅など、春の花をモチーフにした柄の産着が人気です。もちろん、ゆめやにもご用意がございます。

こちらの写真は、裾のピンクから肩の黄色にかけてぼかしがほどこされ、梅・菊・牡丹・桜の花などが手描き・手刺繍された3歳の祝い着です。手描き・手刺繍に加え、金泥もほどこされた豪華な祝い着です。ところどころ葉に配色されたブルーが効果的で、甘すぎず、しっかりとしたお家柄がしのばれるデザインです。お宮参りの掛け着物としてもお召しいただけます。

夏は、涼しげな色合いと素材を選ぶことがポイントです。通気性の良い素材で、赤ちゃんが快適に過ごせるよう配慮します。

秋は、深みのある色合いや季節の花柄を取り入れると良いでしょう。紅葉や菊の柄が人気です。

冬は、暖かみのある素材と色合いを選ぶことが大切です。鶴や松竹梅の柄も、季節感を提供してくれます。

ぜひ季節感を考慮した産着選びで、お子さまを美しく彩ってみてはいかがでしょうか

記念写真のためのコーディネート

記念写真は、お宮参りの大切な思い出として残ります。写真映えするコーディネートを選ぶことで、より一層すてきな写真を撮ることができます。

  • 色の選び方明るい色やコントラストのある色を選ぶことで、写真に映えるコーディネートになります。赤やピンク、青など、鮮やかな色を基調とするとよいでしょう。
  • 柄の選び方:大きな柄や華やかな柄は、写真に映える効果があります。鷹や龍、桜や牡丹など、コントラストのはっきりした柄を選ぶことで、写真に華やかさをプラスできます。
  • 小物の活用:帽子やよだれかけ、髪飾りなどの小物を活用することで、コーディネートにアクセントを加えます。特に、刺繍や装飾の入った小物は、写真映えするポイントになります
  • 家族とのコーディネート:家族全員のコーディネートを統一することで、写真全体のバランスが良くなります。お母さまの訪問着やお父さまのスーツなどとの調和を考えて、赤ちゃんの産着を選ぶと良いでしょう。お宮参りにおける男性用の服装の記事もご覧ください。
  • 撮影場所の選び方:神社や庭園など、伝統的な場所での撮影は、産着の美しさを引き立てます。背景に自然の風景や神社の建物を取り入れることで、より写真に深みが増すことでしょう

お宮参りのコーディネートは、季節や写真のための工夫を取り入れることで、より一層すてきなものになります。これらのポイントを参考に、赤ちゃんにぴったりのコーディネートを見つけてください。

赤ちゃんのコーディネートについてご理解いただけたら、次はレンタルについて詳しく見ていきたいと思います。プランの選択や予約時の注意点など幅広くご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

フルセットレンタルの内容と利点

お宮参りのために産着をレンタルする際、フルセットレンタルを利用することが人気を集めています。ここでは、フルセットレンタルとはどういうものかについてと、その利点について詳しく解説します。

フルセットレンタルとは?:含まれるアイテム

フルセットレンタルには、お宮参りに必要なすべてのアイテムが含まれています。具体的には以下のようなものがセットに含まれることが一般的です。

  • 産着:先述したように、産着は、赤ちゃんが着る伝統的な着物です。お宮参りのメインアイテムと言えます。
  • よだれかけ:よだれかけは、産着の上から付けることで、産着がよだれで汚れるのを防ぎます。通常、刺繍や華やかな装飾が施されています。
  • 帽子:帽子は、赤ちゃんの頭を保護し、寒さから守るために使用します。産着とセットでデザインされたものが多いです
  • おくるみ:おくるみは、赤ちゃんを包むための布です。移動中や待機中に赤ちゃんを暖かく保ちます。

フルセットレンタルの利点

フルセットレンタルには多くの利点があります。ここでは、その主な利点をいくつか紹介します。

  • 手軽な準備:フルセットレンタルでは、お宮参りに必要なすべてのアイテムが揃っているため、個別にアイテムを購入したり、揃えたりする手間が省けます。時間と労力を節約でき、他の準備に集中することができます
  • コストパフォーマンス:フルセットレンタルは、購入するよりもコストが抑えられる場合が多いです。高品質な産着や小物全般を、手頃な価格で利用できるのも大きな魅力です。
  • プロのサポート:レンタルショップでは、プロのスタッフが産着の選び方やコーディネートについてアドバイスしてくれます。初めてのお宮参りであっても、安心して準備を進めることができます。フィッティングや着付けのサポートも提供されることが多いです。

フルセットレンタルを利用することで、お宮参りの準備がスムーズに進み、当日を安心して迎えることができます。家族全員で素晴らしい思い出を作るために、フルセットレンタルを検討してみてはいかがでしょうか。

お宮参りレンタルの予約と注意点

お宮参りの産着をレンタルする際には、事前の予約と注意点を把握しておくことが大切です。スムーズな準備とトラブルの回避のために、以下の情報を参考にしてください。

予約の流れと事前準備

お宮参りの産着をレンタルするには、いくつかのステップがあります。まずは予約の流れと、必要となる情報についてご紹介しましょう。

  • レンタルショップの選定インターネットや口コミを活用して、信頼できるレンタルショップを選びます。価格やサービス内容、口コミ評価を比較して、自分に合ったショップを見つけましょう。
  • カタログの確認:レンタルショップのウェブサイトやカタログを確認し、レンタル可能な産着のデザインや柄をチェックします。男の子用、女の子用の産着の種類を確認し、希望のデザインを選びます。
  • 予約の申し込み:希望の産着が決まったら、レンタルショップの予約フォーム電話で申し込みます。希望の日時や産着のサイズ、必要な小物類も合わせて確認します。
  • 試着とフィッティング:レンタルショップで試着とフィッティングを行います。赤ちゃんのサイズに合わせて、産着の調整が必要かどうかを確認します。フィッティングは早めに行い、必要に応じて変更を依頼します
  • 契約と支払い:レンタル契約を締結し、料金を支払います。キャンセルポリシー返却方法についても確認しておきます。
  • 受け取りと着付け:レンタルの産着を受け取り、着付けを行います。自宅での着付けが不安な場合は、プロの着付けサービスを利用すると安心です。

また、予約時には以下の情報が必要です。

  • レンタル希望日時:お宮参りの日程を決めておきます。
  • 赤ちゃんのサイズ:身長や体重、年齢などの情報を提供します。
  • 希望のデザインや色:男の子用、女の子用などの具体的な希望を伝えます。
  • 必要な小物:よだれかけや帽子など、レンタルに含まれる小物を確認します。

レンタル時の注意点とトラブル対策

レンタルの産着を利用する際には、いくつかの注意点とトラブル対策を把握しておくことが重要です。

注意点

  • 予約は早めに人気のデザインやシーズン(春や秋)は予約が集中するため、早めに予約を行いましょう。特に休日や祝日は混雑することが多いです。
  • 契約内容の確認:レンタル契約の内容をしっかり確認します。特にキャンセルポリシーや延滞料金については事前に把握しておきます
  • 試着の大切さ:産着は赤ちゃんに掛ける形で着用しますので、サイズ感にはあまり問題が生じないと思われますが、大事をとって試着しておくこともおすすめです。素材感や、赤ちゃんの快適さに注目しましょう。
  • 小物のチェック:産着に合わせる小物(よだれかけ、帽子など)も忘れずにチェックします。全て揃っているか確認し、不足している場合は追加でレンタルするか、自前で準備します。

トラブル対策

  • 汚れや破損の対応:使用中に産着が汚れたり破損したりした場合の対応方法を確認しておきましょう。多くのレンタルショップでは、保険が適用されることがあります
  • 返却方法の確認:返却の際の手順を確認します。返却期限を守ることはもちろん、返却方法(郵送、店舗返却など)も確認しておきます。
  • トラブル時の連絡先:万が一のトラブルに備え、レンタルショップの緊急連絡先を控えておきます。緊急時には迅速に対応できるように準備しておきます。

レンタルの産着を利用する際には、これらの注意点とトラブル対策をしっかりと把握しておくことで、安心してお宮参りの準備を進めることができます。スムーズな予約と準備を行い、素晴らしい一日を迎えてください。

まとめ

お宮参りの産着レンタルは、特別な日の準備をスムーズに進めるための便利な選択肢です。産後間もないご家庭にとって、プロの手を借りられるレンタルサービスは、親御さんのご負担を軽減し、ご家族全員にとって福となるはずです。本記事を参考に、レンタルの産着を賢く活用し、お宮参りの準備をスムーズに進め、家族全員で素晴らしい思い出を作ってください。

<参考記事>
https://allabout.co.jp/gm/gc/71827/
https://sakuto.jp/kimono-column/ubugi-choice-photo/#i-16

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅と菊の花に檜扇の黒振袖【fuk28】

【初めてでも安心】成人式の黒振袖レンタル完全攻略マニュアル

はじめに 成人式は日本の若者にとって人生の大きな節目です。女性がその重要な日を華やかに彩るには、振袖選びは大切なポイントです。そんな振袖の中でも、特に黒の振袖は、古典的かつ現代的な美しさの両方を兼ね備えていることから、多 […]

ひとつ前の記事

若苗色に織り柄の一つ紋付色無地【hou81】

抹茶色の着物の魅力とコーディネート|色の特徴を生かした着こなし術

はじめに 抹茶色の着物は、その独特の落ち着きある色合いで広く愛されています。本記事では、抹茶色の色無地や無地の着物を用いたコーディネートの基礎から、さまざまな着用シーンにおける活用方法まで詳しく解説します。抹茶色の着物に […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!