赤地に雲取、花薬玉の小振袖【hak17】

【2024年最新版】卒業式にぴったりの袴レンタル!満足度の高い選び方

はじめに:卒業式の袴に込められた意味とは

卒業式という人生の節目に、華やかな装いで新たな門出を祝う。日本には古くから、大切な日には特別な衣服を身にまとう文化があります。特に卒業式では、袴を選ぶ方が年々増えています。この章では、そんな袴の歴史的背景と、卒業式における役割について探っていきましょう。

袴とは:歴史と文化

袴は、日本の伝統的な衣服の一つです。平安時代から江戸時代にかけて、武士や高い身分の女性たちが着用しており、時代が下るにつれて庶民にも広がりました。明治時代から大正時代にかけては、女学生に袴姿が広がりました。現代では、卒業式をはじめとするフォーマルな場での着用が一般的になりました。

袴の形状や素材、色は時代や着用する人の社会的地位によって大きく異なりますが、現代の卒業式で好まれるスタイルは、華やかな振袖に合わせる、色とりどりの刺繍が施されたものが多いです。特に、女性の場合は、卒業式という一生に一度の大切な日に、美しく装いたいという願いを込めて、細部にまでこだわった袴を選ぶ傾向にあります。

卒業式での袴の役割

卒業式に袴を選ぶ理由は、ただ華やかだから、伝統的だからというだけではありません。袴には、成人への一歩を踏み出す者を祝福し、未来への希望と勇気を与える役割があります。

袴は、その豪華な装飾だけでなく、着る人のスタイルや個性を際立たせることができる衣服です。着物と合わせることで、より一層の華やかさと格調高さを演出することができ、特別な日の記憶を美しく彩ります。また、色や柄、帯の結び方一つ取っても、そのバリエーションは無限に広がっており、自分だけのオリジナリティを表現できます。

ここまで見てきたように、袴は単なる衣服ではなく、長い歴史と深い文化が息づいている特別な存在です。卒業式に袴を選ぶことで、一日がより記憶に残るものとなるでしょう。

袴セットの選び方:大学生と高校生のためのガイド

卒業式という一生に一度の大切な日には、自分らしい袴セットを選びたいものです。しかし、多種多様な選択肢から一つを選ぶのは、想像以上に難しいです。ここでは、大学生と高校生に向けて、袴セットを選ぶ際に女性用と男性用でそれぞれ気を付けるべき点をご紹介します。

女性用袴セットの基本

女性用の袴セットを選ぶ際には、まず振袖や着物の色と柄から考え始めるのが一般的です。華やかな振袖は、卒業式において主役となる衣装であり、袴はその振袖を引き立てる役割となります。以下のポイントを押さえて、自分にぴったりの袴セットを見つけましょう。

  • 色の選び方:振袖の色や柄とのバランスを考えます。振袖が華やかな場合は、シンプルな袴を選ぶと全体のバランスが取れます。振袖がシンプルな場合は、袴で華やかさを加えると良いでしょう。
  • 柄との調和:振袖の柄と袴の柄が互いに調和するように選びます。大胆な柄の振袖には、無地の袴やシンプルな縞模様の袴が適しています。
  • サイズの選び方:身長や体型に合った袴を選ぶことが重要です。袴の丈は足の甲が隠れるくらいが理想的です。
  • 小物のコーディネート:帯や草履、バッグなどの小物も全体の印象を大きく左右します。振袖や袴との色合いを考えながら、トータルコーディネートしましょう。

アンティークきものレンタルゆめやで取り扱う、袴を合わせるのにぴったりな小振袖をご紹介します。
「椿色に梅や菊、牡丹の小振袖【hak33】」は、椿色に牡丹、橘などの花が織り込まれた、大正から昭和初期の手描き友禅のアンティーク一つ紋付き小振袖です。椿色の地色に、梅、橘、菊、牡丹、蘭などが丁寧に手描きされています。

男性用袴セットのポイント

男性用の袴セットは、女性用ほど種類は多くありませんが、それでも自分のスタイルに合ったものを選びたいものです。以下のポイントに注意して、適切な袴セットを選んでください。

  • 色と素材:男性用の袴は、一般的に落ち着いた色合いが多く、黒や紺、濃い緑などが人気です。素材は季節や着物の素材に合わせて選びます。
  • スタイルと着こなし:袴には、馬乗り袴と行灯(あんどん)袴があります。どちらも正式な袴として考えられています。自分の着たいスタイルに合わせて選びましょう。
  • 着付けのポイント:男性用の袴の着付けは比較的シンプルですが、帯の結び方や長襦袢の扱い方など、注意すべき点もあります。事前に練習しておくと安心です。

卒業式は、学生生活の集大成として、特別な思い出にしたいものです。袴セットを選ぶ際には、これらのポイントを参考にしながら、自分らしさを表現できる一着を見つけてください。

小学生のための袴:かわいさと快適さを重視

小学校の卒業式は、子供たちにとって初めての大きな節目です。この特別な日には、かわいらしくも快適な袴を選んで、子供たちの晴れ姿をさらに輝かせたいものです。小学生の袴選びは、大人とは異なるポイントがいくつかあります。ここでは、小学生の女の子と男の子それぞれの袴や和服の選び方について、動きやすさと式の華やかさを両立させるコツをご紹介します。

小学生女の子の袴スタイル

小学生の女の子にとって卒業式は、お姫様のようになれる特別な日です。袴を選ぶ際には、以下のポイントに注目してみましょう。

  • 色と柄の選び方:明るい色やかわいらしい花柄など、子供らしいデザインのものを選びましょう。ピンクや水色、黄色などのパステルカラーが特に人気です。
  • サイズと着心地:成長期の子供たちのサイズに合わせ、着心地の良い素材を選びましょう。動きやすさを考え、あまり長すぎない袴が適しています。
  • 小物の選び方:髪飾りや小物も袴スタイルを彩る大切な要素です。かわいらしい髪飾りや、持ちやすい小さな巾着袋などを合わせると、全体のコーディネートが引き立ちます。
  • 着付けの簡略化:子供たちが自分で着られるように、または保護者が簡単に着せられるように、簡単に着付けできる袴セットを選ぶのがおすすめです。

小学生男の子の和服選び

男の子の卒業式の装いは、凛とした和装が多く見られます。男の子の和服選びでは以下のポイントを押さえましょう。

  • 和服のスタイル:男の子の場合、袴だけでなく羽織や着物も重要です。伝統的な柄や、男の子らしいシンプルなデザインのものを選びましょう。
  • 色の選び方:紺や黒、グレーなど落ち着いた色を選ぶ傾向にあります。しかし、子供らしい明るい色や、派手すぎない柄物も卒業式にはふさわしいでしょう。
  • 着心地と動きやすさ:一日中快適に過ごせるよう、肌触りの良い素材を選びましょう。また、動きやすさを考えて、余裕のあるサイズを選ぶことが大切です。
  • 小物の選び方:足袋や草履などの履物も、子供が歩きやすいものを選ぶことが重要です。また、羽織紐や帯などの小物も、シンプルで着付けやすいものを選びましょう。

小学生の卒業式は、子供たちにとって新しいスタートの象徴です。袴や和服を選ぶ際には、彼らがその日を心から楽しめるよう、快適さとかわいらしさ、そして少しのかっこよさを兼ね備えた装いを選んであげましょう。

レンタル袴の利点と選び方

卒業式に袴を着る文化は、年々人気が高まっています。しかし、袴や着物を購入するとなると、高価であることや保管の手間など、いくつかの課題があります。そこで注目されているのが、レンタルサービスです。レンタル袴には多くのメリットがあります。

レンタルのメリット:簡単かつ経済的

レンタル袴を選ぶ最大のメリットは、何と言ってもその経済性にあります。着物や袴、帯、小物などの袴一式を購入するとなると、かなりの高額になることが少なくありません。しかし、レンタルであれば、一式をまとめて手に入れることができ、しかも購入する場合に比べて大幅にコストを抑えることが可能です。

また、レンタル袴は、予約から返却までの流れが簡単で便利です。多くのレンタル店舗では、オンラインでの予約が可能であり、事前にサイズやデザインを選んだ後、指定した日に届けてもらえます。使用後は、汚れてもクリーニングの必要がなく、そのまま返送するだけです。これにより、卒業式の準備と後片付けの手間が大幅に削減されます。

どう選ぶ?レンタル袴のポイント

レンタル袴を選ぶ際には、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

  • デザインと色選び:まず、自分の好みや卒業式のテーマに合ったデザイン、色を選びます。レンタル店舗によっては、和装の専門家がコーディネートを提案してくれるサービスもあります。
  • サイズの確認:オンラインで予約する際にも、正確なサイズを測っておくことが重要です。不安な場合は、店舗での試着や、サイズ調整をしてくれる店舗を選ぶと良いでしょう。
  • アクセサリーと小物:袴セットに含まれるアイテムを確認し、必要に応じて追加のアクセサリーや小物のレンタルも検討します。一式揃ったセットを選ぶことで、統一感のある装いを完成させることができます。
  • 着付けと返却サービス:着付けサービスがセットになっている場合や、返却時の送料が無料の店舗もあります。サービス内容を事前に確認し、自分にとって最も便利なオプションを選びましょう。

レンタル袴を上手に活用することで、卒業式をもっと手軽に、そして経済的に楽しむことができます。自分にぴったりの袴を見つけて、思い出に残る卒業式を迎えましょう。

自分でできる!簡単着付けとスタイリングのコツ

卒業式の袴や着物は、見た目の美しさだけでなく、着る人の心も豊かにしてくれます。しかし、伝統的な和装の着付けは難しく感じるかもしれません。そこで、この章では、自宅で簡単にできる着付けの基本ステップと、スタイリングを一層引き立てるアクセサリーや小物の選び方についてご紹介します。これらのコツを押さえれば、卒業式の準備がより楽しく、そしてスムーズになるでしょう。

簡単着付けガイド:基本のステップ

着物や袴の着付けは、基本のステップを覚えることから始めましょう。以下の手順は、特に初心者の方にも分かりやすく、簡単に実践できる方法です。

  1. 長襦袢を着る:まずは肌着の上に長襦袢を着ます。衿元がきれいに整うように心がけましょう。
  2. 着物を着る:着物を身にまとう際は、右前になるように注意してください。着物の裾は床から約15cmの位置が理想的です。
  3. 帯を締める:帯は着物のウエストよりやや高い位置でしっかりと締めます。帯結びにはさまざまな種類があるので、さまざまな結び方を試してみましょう。
  4. 袴を履く:袴の紐をしっかりと結び、袴の丈が足首くらいになるように調整します。袴の裾が床につかないようにすることがポイントです。
  5. 最終チェック:全体のバランスを見て、必要に応じて衿や袖の位置を微調整します。

アクセサリーと小物でスタイルアップ

袴や着物のスタイリングには、アクセサリーや小物が欠かせません。適切に選び、コーディネートすることで、トータルの印象が大きく変わります。

  • 髪飾り:卒業式の袴スタイルには、華やかな髪飾りがよく合います。花やリボン、ビーズなどを使ったもので、着物や袴の色に合わせて選びましょう。
  • バッグと草履:バッグはできるだけシンプルで、草履と色を合わせると統一感が出ます。小さめのものを選ぶと、着物や袴とのバランスが取りやすくなります。
  • 帯締め・帯揚げ:帯締めや帯揚げは、帯結びのアクセントになります。着物や袴の色とのコントラストを楽しむのも良いでしょう。

これらの基本ステップとスタイリングのコツを押さえれば、初めての和装も難しくありません。自分で着付けを行い、お気に入りのアクセサリーや小物で飾り付けることで、卒業式の装いをより一層特別なものにできるでしょう。

色と柄で選ぶ袴スタイル:女性のためのアドバイス

卒業式の袴選びは、色や柄によって大きく印象が変わります。特に女性にとって、自分に似合う色や柄を選ぶことは、卒業式の装いを一層特別なものにする重要なポイントです。流行の色や柄を取り入れつつ、自分らしさを表現するためのアドバイスをご紹介します。

流行の色:紫、緑、赤の魅力

  • :紫は高貴で華やかな印象を与え、卒業式にふさわしい色です。淡いラベンダーから濃いプラムまで、幅広い色合いがあり、振袖や袴に取り入れることで、上品なスタイルを演出できます。
  • :緑は自然と調和し、新しい始まりを象徴する色です。卒業という新たなステップへの期待感を表現するには最適な色でしょう。淡いミントグリーンから深いフォレストグリーンまで、多様なシェードがあります。
  • :赤は情熱や活力を象徴する色で、目を引く華やかさがあります。明るい朱赤から深いワインレッドまで、幅広い範囲の赤を振袖や袴に取り入れることで、印象的なスタイルを作り出すことができます。

柄の意味と選び方:桜、菊、幾何学模様

  • :桜は日本の春を代表する花であり、美しさと儚さを象徴します。卒業式に桜の柄を取り入れることは、学生生活の終わりと新しい始まりを祝福する意味があります。桜の柄は可憐で華やかな印象を与え、特に女の子に人気です。
  • :菊は長寿と幸福を象徴する花であり、格式高い柄として知られています。菊の柄を振袖や袴に取り入れることで、上品で落ち着いた印象を演出でき、卒業式の格調を高めることができます。
  • 幾何学模様:幾何学模様はモダンで洗練された印象を与えます。伝統的な花柄とは異なる個性を出したい場合にぴったりです。矢羽根や麻の葉など、さまざまな形の幾何学模様があり、ユニークなスタイルを追求できます。

色や柄を選ぶ際には、自分の好みはもちろん、着る場面や季節、そして自分の個性に合ったものを選ぶことが大切です。流行を取り入れつつも、自分らしさを大切にすることで、卒業式の袴選びはもっと楽しく、意味のあるものになるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやで取り扱う、大胆な柄がかわいらしい一着をご紹介します。
「赤地に雲取、花薬玉の小振袖【hak17】」は、赤地に白、グレーの銀泥で現された雲取が印象的な大正時代の小振袖です。薬玉とは、五月五日の瑞午の節句に魔よけのために飾った中国の風習を真似て、薬や香料を錦の袋に入れたもので、菖蒲、蓬、よもぎなどの造花を摘んで五色の糸を長く垂らした薬玉を紋様化しています。卒業式に袴を合わせるのにぴったりです。

袴用ブーツと足元のコーディネート

卒業式の袴スタイルを完璧に仕上げるためには、足元のコーディネートも非常に重要です。近年、袴にブーツを合わせるスタイルが流行しており、見た目の美しさだけでなく、快適さや実用性も兼ね備えています。ここでは、袴に合うブーツの選び方と、足元の快適さを保つためのコツをご紹介します。

袴に合うブーツの選び方

袴とブーツの組み合わせは、和と洋の融合という新しいスタイルを生み出します。選び方のポイントをいくつか挙げてみましょう。

  • カラーマッチング:まず、袴や着物の色と調和するブーツを選びます。紺や黒などの基本的な色はどんな色の袴にも合わせやすいですが、袴の色に合わせた赤や緑などのカラーブーツも魅力的です。
  • デザインの選択:シンプルなデザインのブーツは袴との相性が良く、スタイルを引き締めてくれます。また、少し装飾が施されたブーツも、全体のコーディネートにアクセントを加えることができます。
  • ヒールの高さ:ヒールがある程度あるブーツを選ぶと、姿勢が良く見え、足元がすっきりとします。しかし、長時間の着用を考えて、歩きやすいヒールの高さを選ぶことが大切です。

足元の快適さを保つコツ

袴とブーツのコーディネートでは、見た目の美しさだけでなく、足元の快適さも非常に重要です。一日中快適に過ごすためのコツをご紹介します。

  • サイズ選び:ブーツは、適切なサイズを選ぶことが最も重要です。足のサイズに合わないブーツは、長時間の着用で足を痛める原因になります。購入前には必ず試着し、歩きやすさを確認しましょう。
  • クッション性のあるインソール:ブーツの中にクッション性のあるインソールを入れることで、足への負担を軽減できます。また、インソールは足の形に合わせて調整できるものを選ぶと、より快適に過ごせます。
  • 適切な靴下の選択:ブーツの中で足が滑らない靴下を選ぶことも大切です。通気性の良い素材でできた靴下を選ぶと、長時間の着用でも快適です。

袴とブーツの組み合わせによって、伝統的な和装にモダンな要素を加えることができます。ブーツ選びのポイントと足元の快適さを保つコツを押さえて、卒業式の日を美しく快適に過ごしましょう。

まとめ:卒業式を彩る袴で特別な一日を

袴を着ることは、卒業式という特別な日をさらに記憶に残るものにします。最後に、袴選びの最終チェックリストと、卒業式を最大限に楽しむためのアドバイスをまとめました。

袴選びの最終チェックリスト

袴を選ぶ際には、以下のポイントを再確認しましょう。

  • 色とデザイン:自分の好みや卒業式のテーマに合った色とデザインを選んでいますか?
  • サイズとフィット感:袴と着物は自分の身体にぴったりとフィットしていますか?動きやすさは確認しましたか?
  • アクセサリーと小物:全体のコーディネートに合った帯、髪飾り、バッグなどの小物を揃えていますか?
  • 足元のコーディネート:袴に合わせる靴やブーツは、見た目と快適さを兼ね備えていますか?
  • 着付けの準備:着付けの方法を予習し、当日スムーズに準備できるようにしていますか?

記憶に残る卒業式のために

卒業式は、人生で一度きりの特別なイベントです。以下のアドバイスを参考に、この大切な日を最大限に楽しみましょう。

  • 早めの準備:袴やアクセサリーの選定、レンタルの予約は早めに行い、当日に備えましょう。
  • リハーサル:着付けの練習や、全身のコーディネートを事前に行っておくと安心です。
  • 写真撮影:この特別な日の思い出を残すために、友人や家族との写真撮影の時間を設けましょう。
  • 心の準備:新しいステージへの期待と感謝の気持ちを胸に、卒業式を迎えましょう。

袴を選び、準備する過程は、卒業式に向けてわくわくする時間でもあります。最終チェックリストを活用し、記憶に残る素晴らしい卒業式を迎えてください。

〈参考記事〉
https://hakama-bijin.com/teacher/knowledge01/
https://www.maimu.co.jp/contents/hakama/42327/
https://www.maimu.co.jp/contents/hakama/42122/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

結婚式の写真だけ撮りたい!フォトウェディングの準備・選び方ガイド

はじめに 結婚式という一生に一度のイベントに対するカップルの価値観は多様であり、それぞれが理想とする形式を追求しています。中でも、「写真だけ撮りたい」というニーズを反映したフォトウエディングは、そのシンプルさと経済性、そ […]

ひとつ前の記事

卒業式イメージ

【卒業式完璧ガイド】袴一式のレンタルで思い出に残る一日を!選び方からコツまで

はじめに 袴レンタルの基本知識 袴レンタルは、卒業式を迎える小学生や大学生にとって、重要な役割を果たすサービスです。レンタルを利用することで、伝統的な着物や袴を手軽に、かつ経済的に着用することが可能となります。袴レンタル […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!