着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

岩と流水に松と鷲の五つ紋付黒留袖【tom23】

【着物のプロが監修】比翼仕立てって何? 由来と留袖に施される意味

はじめに

着物は日本の伝統的な衣服であり、その中でも留袖非常に格式高いフォーマルウェアとされています。特に結婚式などの重要な式典では、主役である花嫁の母親や親族の女性が留袖を着用することが一般的です。留袖には、主に黒留袖色留袖の2種類があり、黒留袖は黒地に五つの家紋が入った最も格式が高い着物とされています。

そして「比翼」は、留袖の裾や衿の部分に追加される二重の布のことを指します。この比翼仕立ては、着物をよりフォーマルな印象にし、着物自体の美しさを引き立てる役割を果たしています。

本記事では、留袖と比翼仕立ての基本から、その魅力や正しい着用方法、さらにはメンテナンス方法について詳しく解説していきます。着物に詳しくない方でも理解しやすいよう、基本的な知識から応用まで幅広くカバーし、留袖と比翼仕立ての世界を楽しんでいただける内容となっています。

着物を着る際には、その種類やシーンに合わせた正しい選び方が必要です。特に留袖は、結婚式などの特別な日に着用されることが多いため、その格式やマナーを理解しておくことが大切です。また、比翼仕立てには、着物の美しさを一層引き立てる効果がありますが、その構造や特徴を知ることで、より一層着物を楽しめます。

本記事を通じて、留袖と比翼仕立ての知識を深め、着物をより美しく、正しく着こなすためのポイントを掴んでいただければ幸いです。

留袖の基本知識

留袖は、着物の中でも特に格式高い着物とされており、ルールに則って着用しなくてはいけません。留袖は、主に結婚式やお祝いの席で着用され、一般的には既婚女性が着用することが多いとされています。未婚女性が留袖を着ることもありますが、その際には黒留袖ではなく、色留袖を選ぶことが一般的です。

この章では、留袖の基本知識を紹介するので、着物に興味がある人や、留袖を着るタイミングに悩んでいる人は参考にしてください。

着物の中での留袖の位置付け

左が黒留袖、右が色留袖。

留袖の中にもさまざまな種類がありますが、最も格式高いのは黒留袖で、全体が黒色の生地に豪華な柄が施されています。黒留袖は主に結婚式の主役である新郎新婦の母親や親族が着用し、その装いはその場の格式を高めます。一方で、色留袖は柄が全体に施され、より華やかな印象を与えるため、結婚式の招待客などが着用することが一般的です。

留袖の特徴とは

留袖の最大の特徴はそのフォーマルな印象と、豪華な柄が施されている点です。特に黒留袖は、黒色の生地に金や銀で繊細な柄が描かれており、その豪華さは他のどの着物にも勝るといえます。また、黒留袖には五つの家紋が入ることが一般的で、これも留袖の格式を象徴しています。

留袖の裾や衿には比翼仕立てが施されており、これが留袖の美しさを一層引き立てています。比翼仕立ては二重の布でできており、着物の裾や衿に縫い付けることで、よりフォーマルな印象を与えると共に、着物のシルエットを美しく見せる効果があります。

留袖を着用する主なシーン

留袖は、主に結婚式やお祝いの席で着用されます。特に黒留袖は、新郎新婦の母親や親族が着用することが一般的で、その格式高い装いは結婚式という特別な日を彩ります。また、親族以外の招待客も留袖を着用することがありますが、その際には色留袖を選ぶことが一般的です。

留袖を着用する際には、そのシーンや立場に応じた正しい選び方が求められます。例えば、新婦の母親であれば黒留袖を、友人であれば色留袖を選ぶといった具体的なルールが存在しています。これにより、結婚式という特別な日の格式を守ると共に、着用者自身の立場を正しく表現することとなります。

このように留袖は、着物の中でも特にフォーマルな位置付けをされ、その着用にはさまざまなルールが存在しています。留袖の美しさを引き立てる比翼仕立てと合わせて理解することで、留袖をより美しく、正しく着こなせるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、着物に精通したスタッフが留袖の着こなしをサポートいたします。お選びいただいた留袖に合わせて、熟練のスタッフが帯や小物をコーディネートしてフルセットでお届けいたします。着物に不慣れな方もコーディネートに悩むことなく、安心して晴れの日に臨んでいただけます。

比翼仕立ての特徴

比翼仕立ての着物は、日本の装いの一つであり、その独特な造りとフォーマルな印象から、特別な場面で選ばれることが多いです。この章では、比翼仕立ての起こり、通常の仕立てとの違い、そして比翼仕立てが選ばれる背景や理由について詳しく掘り下げていきます。

比翼仕立ての起こりとは

比翼仕立ては、明治時代に西洋からブラックフォーマルが伝えられたことがきっかけで登場しました。当時は、黒留袖の下に白羽二重の下着を着用していましたが、時代とともに簡略化され、袖や衿まわりに白い布がつけられるようになったようです。

また、比翼仕立ては、礼装としての地位も高く、格式高いイベントにふさわしい装いとされています。この仕立て方は、「祝いを重ねる」という意味があることから、多くの人々に愛され続けています。

比翼と通常の仕立ての違い

比翼仕立ての着物は、通常の仕立ての着物と比較して、いくつかの明確な違いがあります。まず、最も顕著な違いは、比翼仕立ての着物には、外側の生地とあるいは異なる生地の裏地が付けられている点です。これにより、着物がより豪華で立体的な印象を持つようになっています。

また、比翼仕立ての着物は、袖から裏地が覗くデザインになっています。豪華でフォーマルな印象を与えることができ、特別な日の装いとして選ばれることが多いです。

比翼仕立てが選ばれる背景や理由

比翼仕立ての着物が選ばれる背景や理由は多岐にわたります。まず、その豪華でフォーマルな印象から、結婚式や成人式などの特別なイベントで着用されることが多いです。特に結婚式では、「祝いを重ねる」ことから、新郎新婦の親族の衣装として選ばれることが一般的です。

また、比翼仕立ての着物は、礼装としての格式が非常に高いため、着用者自身の格を高め、周囲に対して敬意を表せます

さらに、比翼仕立ての着物は、見た目の美しさや着付けのしやすさから、着物愛好家にも非常に人気があります。

以上のように、比翼仕立ての着物は、その豪華さ、フォーマルな印象から、多くの人々に選ばれ続けています。その特別な存在感は、これからも日本の着物文化を彩り続けるでしょう。

着物の色や文様の意味

着物はその色や文様に深い意味が込められており、時と場所、また着る人の年齢や立場によって選ばれます。ここでは、特に留袖黒留袖に焦点を当てて、色や文様の意味について掘り下げていきます。

黒留袖の背景と魅力

黒留袖は結婚式などのフォーマルな場で着用される代表的な着物の一つです。黒留袖の最大の特徴は、黒い地色に豪華な柄が入っていることです。地色が黒いため、柄が引き立ち、非常に華やかな印象を与えます。

黒留袖は結婚式で新婦の母親が着ることが多い着物です。これは、黒が格式高い色とされ、また落ち着いた印象を与えるためです。さらに、黒は汚れが目立ちにくいため、長時間の行事でも安心して着用できます。

黒留袖にはさまざまな文様が使われますが、その中でも「鶴」「亀」「松」などの縁起が良いとされる吉祥文様が一般的です。これらの文様は長寿や幸福を象徴しており、結婚式というお祝いの場にふさわしい意味を持っています。

吉祥文様と留袖の関係

留袖に使われる文様には、縁起の良い吉祥文様が多く使われます。これは、結婚式やお祝いの場で着用されることが多い留袖が、幸せを願う気持ちを表現しているからです。

例えば、「松竹梅」は縁起が良いとされ、めでたさを象徴しています。また、「扇」は開運や繁栄を意味し、「鶴」は千年生きるとされる長寿の象徴です。これらの文様は、特に新郎新婦の親御さんが着用する留袖によく使われます。

吉祥文様を着ることで、結婚式という特別な日に幸せと繁栄を願う気持ちを表現し、また親御さんからお子さまへの祝福の気持ちを伝えることができます。

ゆめやから、吉祥紋様が描かれた黒留袖をご紹介します。「色とりどりの鶴舞う黒留袖」縁起の良い赤い鶴や流水、竹や梅を描いた大正時代のアンティーク黒振袖です。随所に金泥や手刺繍で加飾され、より豪華に存在感を高めています。

鹿の子紋様と古典柄の檜扇と菊の黒留袖」深い黒地の錦紗縮緬に、緻密な筆致で檜扇や鼓、菊を描いた昭和初期のアンティーク黒振袖です。裾に向かってぼかしを入れ、金銀泥や手刺繍で彩った華やかな絵柄は、晴れの日の装いふさわしい品格があります。

色の選び方とシーンにふさわしい配色

着物を選ぶ際に重要なのが色選びです。色にはそれぞれ意味があり、シーンや着る人の年齢によって適した色があります。

一般的に、若い女性は明るい色やパステルカラーが似合います。ピンクや水色、黄緑などがおすすめです。逆に、年配の女性は落ち着いた色が似合います。紫やネイビー、グレーなどが良いでしょう。

左「波間に松、藤丸紋様のベビーピンクの色留袖」はお若い方へ、右「消炭色に若松と丸紋の色留袖」はご年配の方へおすすめの色留袖です。色留袖は色柄によって雰囲気が大きく変わるため、黒留袖よりも自分らしい装いが叶います。

また、シーンによっても色の選び方は変わります。フォーマルな場では、黒や紫、紺などの落ち着いた色を選ぶのがおすすめです。カジュアルな場では、明るい色や柄物を選んでも問題ありません。

留袖の場合、黒留袖は最もフォーマルな場で着用されますが、訪問着や比翼仕立てではない色留袖は、パーティーなど少しカジュアルな場で着用されることが多いです。色留袖はさまざまな色があり、華やかな柄が特徴です。

着物の色選びは難しく感じるかもしれませんが、意味を理解し、場に合った色を選ぶことで、より着物を楽しめます。

留袖と比翼仕立ての適切な着用方法

留袖は日本の伝統的なフォーマルウェアであり、結婚式やお祝いの席での装いとして非常に重要な役割を果たします。比翼仕立てはその着こなしをさらに美しく見せるための工夫の一つです。この章では、和装の基本的な礼装としての留袖のポイント、留袖を美しく着こなすためのポイント、そして比翼仕立ての際の注意点について詳しく解説していきます。

和装の基本的な礼装としての留袖のポイント

留袖は日本の伝統的な礼装であり、その着用には一定のルールがあります。まず留袖自体の格を確認しましょう。結婚式で新婦の母親が着るものとして最も格式高いのは黒留袖であり、その他のフォーマルな場では色留袖や訪問着が適しています。留袖を着る際は、帯や帯締め、帯揚げなどの小物もフォーマルなものを選びましょう。

次に、着物の色や柄にも注意が必要です。基本的には落ち着いた色合いのものを選び、柄も格式高いものを選ぶことが大切です。また、黒留袖には家紋が入っていることが一般的です。家紋の数や配置にもルールがあり、これを正しく守ることが重要です。

留袖の着用には長襦袢という下着が必要です。これは留袖の汚れを防ぎ、着崩れを防ぐ役割を果たします。礼装用の長襦袢は、白のものを選び、正しく着用することが大切です。

留袖を美しく着こなすポイント

留袖を美しく着こなすためには、正しい着付けが必要不可欠です。まず、裾の長さや袖の長さを適切に調整し、バランス良く着ることが重要です。また、衿の形や帯の結び方にも注意を払いましょう。特に帯は留袖の印象を大きく左右するため、格式高い結び方を選び、きちんと整えることが大切です。

留袖の着用には多くの小物が必要となりますが、これらの小物も留袖に合わせたフォーマルなものを選ぶことが重要です。帯締めや帯揚げ、草履やバッグなど、全ての小物が留袖と調和していることを確認しましょう。

また、留袖は重ね着のスタイルが一般的ですが、これには比翼仕立ての留袖が最適です。比翼仕立ての留袖は二重になっており、内側にもう一枚布が付いているため、外からは見えず、重ね着しているように見えるのが特徴です。

比翼仕立ての際の注意点

比翼仕立ては留袖をよりフォーマルに、美しく見せるための工夫の一つですが、これを選ぶ際にはいくつかの注意点があります。

比翼仕立ての留袖は生地が二重になっているため、通常の留袖よりも重いため、着物を着慣れない人にとっては、動作が大変になってしまう可能性があります。着物の重さが心配な人は、生地の軽い着物を選ぶなどの工夫が必要です。

比翼仕立ての留袖は高級品であり、価格も高くなります。しかし、その分、格調高い着こなしが可能となり、大切なイベントでの装いとして最適です。購入やレンタルの際には、しっかりと予算を考慮し、納得のいく選択をしましょう。

留袖のメンテナンスとクリーニング

留袖を購入した際、多くの方がその美しさと格式を長く保ちたいと思うことでしょう。留袖は日本の伝統的な衣装であり、大切な儀式やお祝いの場で着用されることが一般的です。そのため、留袖のメンテナンスは非常に重要です。この章では、留袖のメンテナンス方法とクリーニングの際の注意点を解説します。

着物の長持ちの秘訣

留袖の生地は主に正絹で作られており、その繊細な素材は適切なお手入れを必要とします。留袖を長持ちさせる秘訣の一つは、着用後にしっかりと手入れをすることです。着物は直接肌に触れることが少ないため、汚れが付きにくいですが、汗や汚れは避けられません。着用後は必ず留袖を陰干しして、湿気を取り除くことが大切です。

また、留袖は折り畳んで保管するため、折りジワができやすくなっています。これを防ぐためには、定期的に留袖をたたみ直し、折りジワを予防することが重要です。留袖をたたむ際には、専用のたとう紙を使用し、留袖が直接触れ合わないように注意しましょう。

さらに、留袖を美しく保つためには、適切な保管場所を選ぶことも大切です。留袖は湿度と温度の変化に弱いため、直射日光を避け湿度が低い場所で保管することをおすすめします。また、防虫剤を利用して虫害を防ぎ、留袖を長持ちさせましょう。

このようにして、留袖を適切にお手入れし、大切に保管することで、その美しさと格式を長く保ち続けられるでしょう。

クリーニングの際の注意点

留袖のクリーニングは非常に繊細な作業です。留袖は高価で繊細な素材を使用しているため、通常の洋服と同じようにクリーニング店に出すことは避けるべきです。着物専用のクリーニングサービスを利用することが最も安全で効果的な方法です。

留袖のクリーニングを依頼する際には、その店舗が着物専門のクリーニングを行っているかどうかを確認しましょう。着物専門のクリーニング店では、留袖の素材や構造を理解したプロフェッショナルが丁寧にクリーニングを行います。

また、クリーニングを依頼する前に、留袖に付いた汚れやシミの位置を確認し、クリーニング店に伝えることが重要です。特にシミや汚れがひどい場合は、事前にクリーニング店に相談し、適切な処置を施してもらうことをおすすめします。

クリーニング後は、留袖をしっかりと点検し、汚れやシミがきれいに落ちているか確認しましょう。万が一、汚れが残っている場合や留袖にダメージがある場合は、すぐにクリーニング店に連絡して対応を求めることが大切です。

保存方法と季節の変わり目のケア

留袖を保管する際には、湿度と温度が安定している場所を選びましょう。クローゼットや押入れなど、直射日光が当たらない場所が適しています。

また、季節の変わり目には、留袖の保存状態を確認し、必要に応じて手入れを行うことが大切です。湿度が高くなる夏場には、留袖を定期的に取り出し、風通しを良くして湿気を取り除くことが重要です。逆に、乾燥する冬場には、傷みの原因となるため、留袖が乾燥しすぎないように注意しましょう。

留袖を長持ちさせるためには、これらのメンテナンスとクリーニング、保存方法に注意し、適切なケアを行うことが非常に重要です。

ゆめやのレンタルなら、着用後のお手入れや保管の心配もありません。着物を脱いだら、当日中に専用伝票で返送していただくだけでお片づけ完了です。格式高い留袖のコーディネートから面倒な後片づけまで、レンタルならではの気軽さで心ゆくまで着物をお楽しみください。

まとめ

留袖とは、着物の中でも非常に格式高い位置付けにあるもので、特に結婚式やお祝いの席で着用されることが多いアイテムです。黒留袖はその最たるもので、全体が黒色の地でありながら、裾に華やかな柄が描かれていることが一般的です。そして、その留袖の仕立て方として、比翼仕立てがよく選ばれます。比翼仕立ては、留袖にもう一重、白い布を重ねる方法であり、これによって着物がよりフォーマルな印象を与えられます。また、比翼仕立ての留袖は、裾や衿元が独特の美しさを見せられるので、着る人の格をさらに引き立ててくれます

留袖と比翼仕立てを選ぶ際には、柄や色の確認が必要です。柄や色によって印象が大きく変わるため、自分が着る用途に合わせて選ぶことが重要です。結婚式であれば、より華やかな柄が入った留袖を選ぶと良いでしょう。また、留袖は比翼仕立てとの組み合わせによって、よりフォーマルな印象を与えられるため、フォーマルな装いが必要な式典でも安心して着用できます。

さらに、留袖は正絹で作られていることが多いため、非常に繊細で丁寧な手入れが必要となります。留袖は汗や皮脂による汚れはつきにくいですが、ほこりなどから守るためにも、適切な保管方法を心がけることが大切です。留袖を長く美しく着続けるためには、これらのポイントを押さえておくことが重要です。

今後の着物ライフを豊かにするために

留袖や比翼仕立ての着物を着ることは、日本の伝統文化を身近に感じられる素晴らしい経験です。着物を着ることによって、日常では味わえない特別な時間を過ごせます。しかし、留袖や比翼仕立ての着物を着るためには、適切な知識と技術が必要です。着付けは一見複雑に見えますが、基本的な手順を覚えることで誰でも美しく着こなせます。また、着物を着る際には、下着や帯などの小物も重要な役割を果たします。これらの小物を適切に選び、着こなすことで、着物ライフはさらに豊かになるでしょう。

留袖や比翼仕立ての着物を着る機会は決して多くはありませんが、大切な日のために一枚は持っておくと良いでしょう。レンタルも一つの選択肢ですが、自分自身の留袖を持つことで、よりその日の記念が深まることでしょう。また、留袖は礼装としての格が非常に高いため、持っているだけで心強いアイテムとなります。

今後の着物ライフを豊かにするためには、留袖や比翼仕立ての着物について学び、正しく着こなすことが重要です。留袖は日本の伝統と文化を感じることができる特別な衣装であり、それを着ることで、自分自身もまた特別な時間を過ごすことができるのです。これからも着物とともに、日本の美しい文化を楽しみ、大切にしていきましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

エンジ色の縮緬に菊と桜の織り柄の色振袖【fui111】

【成人式】シンプルな振袖の特徴と、着物レンタルでの選び方のコツ

はじめに 成人式は、一生に一度の大切なイベントです。そんな特別な日に多くの女性が着用するのが、晴れ着の代表格にもなっている「振袖」です。 ですが、ほとんどの方にとって振袖選びは初めてのことのはず。どのように選べばよいのか […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!