色打掛イメージ

【着物のプロが監修】結婚式用着物の持ち込み&レンタル衣装の選び方

はじめに

結婚式という一生に一度の特別な日に、自分らしさを表現する方法として、着物を選ぶ花嫁が増えています。特に、自分や家族が大切にしてきた着物を結婚式で着用することには、単なるファッションの選択を超えた、深い意味があるのです。本記事では、結婚式での着物の持ち込みについて、基本的な知識から具体的な準備方法、そして注意点まで、幅広く紹介していきます。

結婚式で着物を選ぶ理由

和装には、洋装にはない独特の魅力があります。着物は、その美しい柄や色使い、形状が、日本の伝統美を象徴しています。結婚式という人生の節目に着物を選ぶことは、日本の文化を重んじ、それを次世代に伝えていく意志の表れとも言えるでしょう。また、家族から受け継いだ着物を結婚式で着ることは、家族の絆を感じると同時に、新たな家庭を築く決意を象徴する行為です。着物を選ぶことには、花嫁自身の個性や思い出、そして家族の歴史が込められているのです。

この記事でわかること

この記事を通して、結婚式で着物を持ち込む際の全体的な流れや、レンタルと自前の着物のどちらを選ぶべきか、また、持ち込み可能な結婚式場の選び方や、着物に合わせるべき小物の選び方、着付けやヘアメイクの予約方法など、結婚式で着物を美しく着こなすために必要な情報を網羅的に提供します。さらに、当日までの準備プロセスや、式場との事前の確認事項、料金の相場など、結婚式をスムーズに、そして思い通りに進めるためのポイントを解説します。

結婚式で着物を選ぶことは、多くの準備と知識が必要ですが、その分、花嫁自身の個性や家族の歴史を形にする大切なプロセスです。和装での結婚式に興味がある方、自分や家族の着物を結婚式で着たいと考えている方にとって、この記事が有益な情報源となることを願っています。

結婚式での着物持ち込みの基本

結婚式で着物の持ち込みを検討する際、まず知っておくべき基本情報がいくつかあります。着物を結婚式に持ち込むことは、個性的で思い出深い式を創り上げる素晴らしい方法です。しかし、そのためには事前の準備と式場選びが非常に重要になってきます。着物を持ち込む際の流れ、式場の選び方、そして持ち込みにかかる費用と相場について、具体的に見ていきましょう。

持ち込み可能な式場の見つけ方

結婚式で着物を持ち込む際には、まず持ち込みが可能な式場を見つけることがスタート地点となります。多くの結婚式場では、持ち込みに対応していますが、持ち込み料が発生する場合や持ち込み自体が不可の場合もあります。適切な式場を見つけるためには以下のステップを踏むと良いでしょう。

  1. インターネットでの検索:結婚式場の公式サイトやウェディング情報サイトを利用して、持ち込みに関する情報を収集します。特に、「結婚式 着物 持ち込み」などのキーワードで検索すると、関連情報を提供しているサイトを見つけやすくなります。
  2. 結婚式場への直接問い合わせ:インターネットで情報を得た後は、気になる式場に直接連絡を取り、持ち込みに関する詳細を確認します。この際、持ち込み可能な着物の種類(振袖や留袖など)、持ち込み料の有無、着付けやヘアメイクの対応についても聞いておくと良いでしょう。
  3. ブライダルフェアの参加:実際に式場を訪れることで、その雰囲気やスタッフの対応を直接確認することができます。また、ブライダルフェアでは、持ち込みに関する具体的な相談が可能なことも多いです。

持ち込みにかかる費用と相場

結婚式で着物を持ち込む際には、いくつかの費用が関連してきます。大きく分けて、持ち込み料、着付けやヘアメイクの料金、そして小物のレンタルや購入費用が挙げられます。ここでは、それぞれの費用と相場について見ていきましょう。

  • 持ち込み料:式場によっては、衣装などの持ち込みに対して料金が発生する場合があります。持ち込み料は、一般的に数千円から数十万円程度の範囲で設定されていることが多いです。具体的な金額は式場やプランによって異なるため、事前に確認が必要です。
  • 着付け・ヘアメイク料金:着物を持ち込む場合、専門のスタッフによる着付けやヘアメイクが必要になります。これらのサービスには、通常、数万円(一式)の費用がかかります。式場や提携している美容院によって価格は異なるため、複数のオプションを比較検討することをおすすめします。
  • 小物のレンタル・購入費用:着物には帯、草履(ぞうり)、バッグなどの小物が必要になります。これらの小物は、レンタルすることも、新たに購入することも可能です。レンタルの場合は、セットで数千円からとなりますが、購入する場合は品質やデザインによって価格が大きく変わります。

結婚式での着物持ち込みを検討する際には、これらの費用を事前にしっかりと把握し、予算計画を立てることが重要です。また、式場やサービス提供者とのコミュニケーションを通じて、できるだけ明確な見積もりを取得するようにしましょう。

レンタル着物と持ち込み着物のメリットとデメリット

結婚式での和装選択において、レンタル着物と持ち込み着物はそれぞれ異なるメリットとデメリットを持っています。ここでは、それぞれの選択肢が花嫁にとってどのような利点や制約をもたらすのかを掘り下げていきます。レンタル着物の手軽さと持ち込み着物のオーダーメイドな魅力について、詳細にわたり考察していきましょう。

レンタルの利便性と限界

レンタル着物は、特に和装に関する知識や経験が少ない方にとって、非常に魅力的な選択肢です。レンタルの最大のメリットはその利便性にあります。多くのレンタルショップや結婚式場では、着物から小物一式までを一括でレンタルでき、一連の流れがパッケージ化されています。これにより、花嫁は準備の手間を大幅に省くことができます。

  • 利便性:レンタルは、選択から着付け、返却までのプロセスがシンプルで、忙しい準備期間においても負担が少ないです。
  • コストパフォーマンス:高価な着物を購入することなく、リーズナブルな料金で高級な和装を楽しむことができます。
  • 多様な選択肢:多くのレンタル店では、様々な種類の着物や色、デザインから選ぶことができ、希望に合った和装を見つけやすいです。

一方で、レンタル着物の利用にはいくつかの限界も存在します。特に、個性やオリジナリティを重視する花嫁にとっては、以下の点がデメリットとなる場合があります。

  • 個性の制限:レンタル着物は、選択肢が豊富であっても既製品に限られます。そのため、完全に自分の好みや体型に合わせたカスタマイズが難しいです。
  • 利用の競争:人気の高い着物やデザインは、予約が集中しやすく、希望する日に利用できない可能性があります。

持ち込み着物のこだわりと満足度

持ち込み着物を選択する花嫁は、自分だけの特別な和装を結婚式で実現したいと考えています。持ち込み着物の最大の魅力は、そのこだわりと満足度にあります。

  • オーダーメイドの美:自分や家族が持つ着物を持ち込むことで、完全にオリジナルな装いを実現できます。また、自分の体型にぴったり合わせた着物は、美しさと快適さの両方を提供します。
  • 思い出の価値:家族から受け継いだ着物や、特別な思い入れのある着物を結婚式で着用することは、その瞬間に特別な意味を加えます。

しかし、持ち込み着物を選ぶ際には、以下のようなデメリットも考慮する必要があります。

  • 準備の手間:持ち込み着物では、着物の準備から小物の選定、着付けの手配まで、すべて自分で行う必要があります。この過程は、時間と労力を要する場合があります。
  • コスト:特に、着物を新たに購入する場合や、オーダーメイドで調整する場合は、費用が高額になることがあります。

レンタル着物と持ち込み着物の選択は、個々の花嫁の価値観や結婚式に対するビジョン、予算に大きく左右されます。どちらの選択肢も、結婚式という特別な日において、花嫁を美しく彩るためのものであり、最終的には花嫁自身が最も満足できる選択をすることが最も重要です。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えています。結婚式での持ち込み着物についても、ぜひご相談ください。

組み合わせ自由な婚礼・白無垢・黒引き振袖プラン(新婦2着・新郎1着)【set04】
ご新婦様のお好きな白無垢(1点、綿帽子と打掛の下に着る掛下きものが含まれます)、お好きな黒引き振袖 (1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。

組み合わせ自由な婚礼・打掛・白無垢プラン(新婦2着・新郎1着)【set03】
ご新婦様のお好きな打掛(1点、打掛の下に着る掛下きものが含まれます)、お好きな白無垢(1点、綿帽子と打掛の下に着る掛下きものが含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。

結婚式場での着物持ち込みの注意点

結婚式での着物持ち込みを検討する際、いくつかの重要な注意点があります。特に、式場との確認事項や契約内容を事前にしっかりと把握しておくこと、そして持ち込み着物でのコーディネートを計画する上でのポイントを理解しておくことが、スムーズな準備と当日の成功への鍵となります。

式場との確認事項と契約内容

結婚式場で着物を持ち込む際には、以下の点を事前に確認し、契約時に明記しておくことが非常に重要です。

  • 持ち込みが可能かどうか:まず基本的ですが、選んだ式場が持ち込み可能な場所であるかどうかを確認する必要があります。持ち込み不可の場合や、特定の条件下でのみ可能な場合がありますので、事前に式場側としっかりと確認しましょう。
  • 持ち込み料:持ち込みが可能であっても、追加で持ち込み料が発生する場合があります。この持ち込み料の有無や金額について、事前に確認し、予算計画に組み入れておくことが重要です。
  • 着付けとヘアメイク:着物の持ち込みにあたり、式場内での着付けやヘアメイクが可能かどうかも重要なポイントです。式場によっては、外部の着付け師や美容師の持ち込みが許可されていない場合がありますので、確認が必要です。
  • 小物の持ち込み:着物に合わせる小物(帯、草履、バッグなど)も持ち込む予定がある場合、これらの持ち込みに関しても事前に確認しておくと良いでしょう。
  • 当日のスケジュール:着付けには時間がかかるため、式場でのスケジュールとどのように合わせるかを事前にプランニングしておくことが大切です。

持ち込み着物でのコーディネートのポイント

持ち込み着物での結婚式を成功させるためには、コーディネートが鍵となります。以下に、美しいコーディネートを実現するためのポイントをいくつか紹介します。

  • 全体のテーマやカラーを決める:結婚式のテーマや色合いに合わせて、着物や小物のカラーコーディネートを考えることが重要です。和装でもモダン、クラシック、ポップなど、様々なスタイルがありますので、自分たちのイメージに合ったスタイルを選びましょう。
  • 季節感を取り入れる:着物は季節感を表現するのに最適な衣装です。春なら桜、秋なら紅葉など、季節に合った柄や色を選ぶことで、より一層美しい和装になります。
  • 小物でアクセントを加える:帯締めや帯揚げ、草履やバッグなどの小物を上手に使うことで、着物コーディネートに深みと個性を加えることができます。また、ヘアアクセサリーに和装用のものを選ぶと、ヘアスタイルとの一体感も生まれます。
  • 写真映えを意識する:結婚式は写真に残る大切なイベントです。そのため、写真映えするようなコーディネートを心がけることも大切です。特に、色のバランスや柄の大きさなどは、写真で見た時の印象が変わることがありますので、試着時に写真を撮って確認すると良いでしょう。

結婚式で着物を持ち込む際には、事前の準備と計画が非常に重要です。式場との確認事項をしっかりと把握し、コーディネートにもこだわることで、忘れられない美しい結婚式を実現することができます。

結婚式の着物着付けと美容サービス

結婚式において和装を選ぶ花嫁は、自身の美しさを最大限に引き出すために、着物の着付けと美容サービスに特別な注意を払う必要があります。着物はその繊細な美しさで知られていますが、正しく着こなすには専門的な技術と知識が必要です。また、和装に合わせたヘアスタイルやメイクも、トータルの印象を左右する重要な要素です。ここでは、結婚式のための着物選びから、着付け師や美容院の選び方、そして事前準備と当日の流れについて、花嫁が知っておくべき情報を提供します。

着付け師と美容院の選び方

結婚式での和装における着付けとヘアメイクは、その日の花嫁の美しさを最大限に引き出すために欠かせない要素です。適切な着付け師と美容院を選ぶことは、満足のいく結婚式を迎えるために非常に重要です。

  • 着付け師の選び方:着付け師を選ぶ際には、その人の経験や専門性を確認することが大切です。特に結婚式用の着物着付けに慣れているかどうか、また過去の作品やポートフォリオを確認すると良いでしょう。口コミやレビューも参考になります。
  • 美容院の選び方:ヘアメイクに関しては、和装に特化した美容院やスタイリストを選ぶと、より満足のいく結果になります。美容院選びも、着付け師と同様に、過去の作品や実績をチェックし、事前にカウンセリングを受けることが重要です。

事前準備と当日の流れ

結婚式当日をスムーズに迎えるためには、事前準備が非常に重要です。着物や小物を選ぶ段階から、着付けと美容サービスの予約まで、計画的に進めましょう。

  • 事前準備:着物や小物は、結婚式の数ヶ月前には選定を完了させておきたいものです。また、着付け師や美容院の予約も早めに行うことが大切です。特に人気のサービス提供者は予約が埋まりやすいため、余裕をもって行動しましょう。
  • 当日の流れ:結婚式当日は、着付けに始まり、ヘアメイク、写真撮影と続きます。着付けとヘアメイクにはそれぞれ時間がかかるため、式のスケジュールを考慮して、十分な時間を確保することが重要です。また、当日は想定外の事態が発生することもあるため、余裕をもったスケジューリングを心がけましょう。

結婚式での和装は、日本の伝統美を象徴する華やかなスタイルで花嫁を輝かせます。適切な着付け師と美容院の選択、丁寧な事前準備を通じて、その特別な日を最高の状態で迎えるための準備をしましょう。

持ち込み着物のコスパを最大化するコツ

結婚式で自分の着物を持ち込むことは、特別な日に個性と伝統を反映させる素晴らしい方法です。しかし、この選択が経済的に少しでもも賢明であるようにするためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

コスパ良く持ち込むためのポイント

  • 早期計画と予約:着付け師や美容院の予約は、早めに行うことで、早割り料金となる場合があります。また、希望の日に確実に予約を取るためにも重要なポイントです。
  • 持ち込み料金の確認:式場によっては、着物や小物の持ち込みに追加料金がかかることがあります。事前に確認し、必要であれば持ち込み料が低い別の場所を検討したり、交渉してみましょう。
  • 小物は賢く選ぶ:新しい小物を購入する代わりに、家族や友人から借りたり、中古品を購入することで費用を抑えることができます。また、将来的に再利用する機会があるかどうかも考慮しましょう。
  • 自分でできる準備をする:着物の基本的な扱い方や小物の着け方を自分で学ぶことで、当日の準備にかかる時間とコストを節約できます。

着物レンタルとの比較

持ち込み着物とレンタル着物を比較する際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  • コスト:レンタルの場合は、使用する日数や必要な小物に応じて料金が変動します。一方、持ち込みの場合は、事前に購入または借りた着物のコストと、当日の着付けや美容院の費用を考慮する必要があります。
  • 利便性:レンタルは全てがセットになっているため、準備が楽な反面、自分で選べる自由度は低くなります。持ち込みの場合は、自分のスタイルに合わせたカスタマイズが可能ですが、準備には時間と労力がかかります。
  • 思い出の価値:自分や家族の着物を結婚式で着ることには、特別な思い出や意味が込められます。レンタル着物にはこのような個人的な価値はありませんが、手軽さや経済性を重視する場合には適しています。

結婚式での着物選びは、個人の価値観や経済的な考慮に大きく依存します。持ち込み着物のコスパを最大化するためには、上記のポイントを踏まえた上で、計画的に準備を進めることが重要です。

特別な日のための特別な着物選び

結婚式は、人生の中で最も美しく、記憶に残る日の一つです。この大切な日には、花嫁を最も美しく見せる特別な着物を選びたいものです。和装を選ぶことは、その日の雰囲気を一層豊かにし、伝統的な美しさを際立たせます。結婚式にふさわしい着物の種類を理解し、自分だけの個性を生かしたコーディネートを考えることで、忘れられない一日をさらに特別なものにすることができます。ここでは、結婚式での着物選びのポイントと、個性を活かしたコーディネートの提案について掘り下げていきます。

結婚式にふさわしい着物の種類

結婚式で選べる着物には、いくつかの種類があります。各種類は特有の意味や美しさを持ち、式のスタイルや花嫁の個性に合わせて選ぶことができます。

  • 白無垢:白無垢は結婚式で最も伝統的に選ばれる着物で、純白の色が新しい始まりと純潔を象徴します。豪華な装飾が施され、花嫁を一段と美しく見せてくれます。
  • 色打掛:色鮮やかな色打掛は、華やかな結婚式にぴったりの選択肢です。多彩な色と繊細な柄が特徴で、個性的な花嫁に選ばれがちです。
  • 振袖振袖は若い女性の晴れ着として知られており、結婚式でも人気があります。色直しで使用することで、結婚式の雰囲気を変えることができます。

これらの着物を選ぶ際には、結婚式の場所や季節、テーマを考慮することが重要です。また、自分自身が最も美しく感じるスタイルを選ぶことが大切です。

個性を生かした着物コーディネートの提案

結婚式の和装では、着物だけでなく、小物選びも非常に重要です。以下のポイントを参考に、個性を生かしたコーディネートを考えてみましょう。

  • 小物の選び方:帯締めや帯揚げ、草履やバッグなどの小物は、着物の印象を大きく左右します。結婚式のテーマや着物の色に合わせて、小物を選ぶことで、統一感のある美しいスタイルを完成させることができます。
  • ヘアスタイルとの調和:和装に合わせたヘアスタイルも重要なポイントです。伝統的な髪型やモダンなアレンジまで、着物に合わせてヘアスタイルを選ぶことで、全体のバランスを整えることができます。
  • 色使いに注意:着物や小物の色使いは、全体の印象を決定づける要素です。自分の好みだけでなく、季節感や式場の雰囲気に合わせた色選びを心がけましょう。

結婚式の着物選びは、自分だけの特別なスタイルを追求する素晴らしい機会です。伝統的な美しさを尊重しつつ、個性を表現する工夫をすることで、記憶に残る美しい結婚式を実現させましょう。

まとめ

結婚式での着物選びと持ち込みは、花嫁にとって大変重要なプロセスです。この美しい伝統を自分の結婚式に取り入れることは、特別な一日をさらに記憶に残るものにします。ここでは、結婚式で着物を持ち込む際の最終チェックリストと、着物選びのアドバイスをまとめてご紹介します。

結婚式で着物を持ち込む際の最終チェックリスト

結婚式当日を迎える前に、以下のポイントを再確認しましょう。

  • 着物と小物の最終確認:着用する着物、帯、草履(ぞうり)、バッグなどの小物がすべて揃っているか、汚れや傷がないかをチェックしてください。
  • 着付けとヘアメイクの予約確認:着付け師と美容院(ヘアメイク)の予約日時と場所を再確認し、必要であれば連絡先をメモしておきましょう。
  • 持ち込み料の支払い:式場やホテルで持ち込み料が発生する場合は、事前に支払いを済ませておくと安心です。
  • 当日のスケジュール:結婚式当日のタイムスケジュールを再確認し、着付けやヘアメイクに十分な時間を確保していますか?時間に余裕を持たせて計画しましょう。

あなたの結婚式を彩る着物選びのアドバイス

  • 自分らしさを大切に:伝統的な着物でも、モダンなスタイルでも、最も大切なのは花嫁が自分らしくいられることです。そのために、自分の好きな色や柄、スタイルを選びましょう。
  • 式のテーマに合わせて選ぶ:結婚式のテーマや会場の雰囲気に合わせて、着物を選ぶことで全体の調和が取れます。季節感を取り入れるのもおすすめです。
  • 試着を重ねる:実際に着物を試着し、自分の体型に合うスタイルを見つけましょう。また、動きやすさも確認しておくことが大切です。
  • プロの意見を参考に:着物専門の店舗やスタイリストのアドバイスを参考にすることで、より洗練されたコーディネートが可能になります。

結婚式での着物選びと持ち込みは、事前の準備と注意が必要ですが、このプロセス自体を楽しむことも大切です。自分だけの特別な着物選びを通じて、人生の新たな章の始まりを華やかに彩りましょう。

〈参考記事〉

https://zexy.net/article/app002004004/
https://wedding.mynavi.jp/premium/contents/special_contents/wasou/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

黒留袖イメージ

【2024年最新版】留袖で黒を着る母親へ!帯の選び方とマナーを徹底解説

1. はじめに 着物は、日本の伝統的な民族衣装として多くの人々に親しまれてきました。中でも、結婚式などフォーマルな場で着用する「留袖」は、その美しさや格調の高さから、多くの女性たちにとって特別な存在となっています。 留袖 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!