卒園式イメージ

袴で卒園式はアリ?和装で卒園式を迎える意味と、選び方・着こなし術

はじめに

卒園式は、お子さまの大切な節目となる日です。この特別な日に、袴や着物を着用することで、格式高い日本の文化を体現した、記憶に残る卒園式となります。ここでは、卒園式における袴と和服の選び方と、和装で卒園式を迎える意味について解説します。

卒園式での袴と和服の選び方

卒園式において袴や着物を選ぶ際、いくつかのポイントを押さえる必要があります。まず、袴や着物のセットは、サイズが最も重要です。お子さまの成長を考えると、少し余裕のあるサイズを選ぶと良いでしょう。また、着付けが簡単なセットを選ぶことで、当日の準備がスムーズになります。色や刺繍のデザインも重要で、お子さまの好みや卒園式のテーマに合わせて選ぶと、より華やかな印象になります。黒、緑、赤、ネイビーなど、豊富な色から選べるので、お子さまにとって特別な一着を見つけることができます。

和装で卒園式を迎える意味

和装で卒園式を迎えることには、多くの意味が込められています。まず、伝統的な衣装を着用することで、日本の文化を身近に感じる機会となります。また、和装は格式高く、特別感を演出します。卒園式のような記念すべき日に、和装を選ぶことで、お子さまの成長を祝うとともに、家族の記憶に残る一日を過ごすことができます。

和装を選ぶ際には、適切な着付けが必要ですが、今は簡単に着られるセットも多く、初心者でも挑戦しやすくなっています。式を迎えるにあたり、お子さまと一緒に和装を選び、着付けの練習をすることも、親子の絆を深める貴重な時間となります。

卒園式での袴や着物の選び方と、和装で式を迎える意味を理解することで、お子さまの大切な一日をより特別なものにすることができます。伝統を守りつつも、現代のニーズに合った和装での卒園式は、お子さまにとって忘れられない思い出となるでしょう。

袴と和服の基本知識

卒園式や卒業式などの節目に和装を選ぶ際、多くの方が、どのような袴や着物を選べばよいか悩みます。和装にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。ここでは、和装の種類とその特徴、そして袴セットについての基礎知識をご紹介します。

和装の種類と特徴

和装といっても、成人式や結婚式などの正式な場に合わせたフォーマルな装いから、カジュアルな場にふさわしいものまで、その種類は多岐にわたります。は、もともと武士や身分の高い女性が着用していましたが、現在では卒業式や卒園式など、特別な日に着用されることが多くなっています。着物や袴の色彩は、黒、緑、赤、ネイビーなど豊富に用意されており、刺繍で装飾されたものも多く、特別な日の装いに華やかさを加えます。

袴セットとは何か?

袴セットは、卒業式や卒園式などで着用される、着物と袴を含むコーディネート一式を指します。通常、袴セットには、着物と袴のほかに、帯、半衿、足袋などが含まれ、一式揃えることで統一感のある装いを楽しむことができます。また、着付けが簡単なセットも多く、着物初心者やお子さまでも安心して着用することが可能です。

和装を選ぶ際には、お子さまの体型や好み、そして式の雰囲気を考え、適切なサイズやスタイルを選びましょう。

卒園式の袴選び

卒園式の袴は、伝統と現代の美しさを融合させたスタイルで、お子さまを一層輝かせてくれます。しかし、どのような袴を選べば良いのか、サイズやデザインについて迷われる方も多いかと思います。ここでは、特に女の子のための袴スタイルと、袴の丈とデザインについての基本的なポイントをご紹介します。

女の子のための袴スタイル

女の子の袴スタイルは、華やかでありながらも、子どもらしいかわいらしさを保つことがポイントです。色彩に関しては、黒やネイビーといった落ち着いた基調に、赤や緑といった鮮やかな色をアクセントとして取り入れることで、格式ある式典にふさわしい装いとなります。

袴の丈とデザイン

袴選びでは、袴の丈とデザインが重要なポイントです。袴の丈は、足の動きを妨げず、かつ美しい着姿が保てる長さが理想的です。具体的には、足首が隠れるくらいの長さが適切であり、動きやすさと見た目のバランスを考えることが大切です。デザインに関しては、卒園式というフォーマルな場にふさわしい品のあるものを選びましょう。シンプルながらも、細やかな刺繍や花柄や古典的な柄が入った袴は、上品でありながらも華やかさを演出してくれます。

適切な袴を選ぶことで、お子さまの卒園式の装いは一層引き立ちます。お子さまが快適に過ごせるよう、サイズ選びにも注意を払いましょう。

和装小物の選び方

卒園式の袴にさらなる華やかさと個性を加えるためには、適切な和装小物の選び方が重要です。和装小物は、単に装いを美しく見せるだけでなく、着物や袴との調和を考えた上で選ぶ必要があります。ここでは、卒園式におすすめの和装小物と、袴のコーディネートを引き立てるアクセサリーについてご紹介します。

卒園式におすすめの和装小物

卒園式での和装には、以下のような小物がおすすめです。

  • 帯締めと帯揚げ:帯締めと帯揚げは、着物の色や柄に合わせて選びましょう。落ち着いた色合いのものを選ぶと、全体の印象を引き締め、上品な仕上がりになります。
  • 髪飾り:髪飾りは、袴のコーディネートで最も目を引くアイテムの一つです。花やリボンなど、華やかなものを選ぶことで、特別な日の装いを一層引き立てることができます。
  • 足袋:足袋は、和装の基本的な小物です。白色のものが一般的ですが、袴や着物の色に合わせて色足袋を選ぶのもおしゃれです。

袴のコーディネートを引き立てるアクセサリー

袴のコーディネートをさらに特別なものにするためには、以下のようなアクセサリーが効果的です。

  • 羽織紐:羽織を着用する場合、羽織紐はそのアクセントになります。色やデザインにこだわることで、全体の印象を華やかにします。
  • 草履:草履は、袴や着物の色に合わせて選ぶと、足元から統一感のある装いを楽しむことができます。特に、女の子には、歩きやすくデザイン性の高いものを選ぶと良いでしょう。
  • バッグ:小物を持ち歩くためのバッグも、和装に合わせたデザインのものを選びましょう。小さめの巾着やがま口バッグが、和装にはぴったりです。

これらの和装小物とアクセサリーを選ぶ際には、全体の色合いやデザインのバランスを考えることが大切です。また、お子さまが自分で選んだ小物を取り入れることで、より一層、卒園式の装いを楽しむことができるでしょう。和装小物一つ一つにこだわりを持つことで、卒園式の思い出がさらに色鮮やかなものになります。

着付けと準備

卒園式に袴を着用する際、多くの親御さんが、着付けの不安を感じるでしょう。ここでは、簡単で安心な袴の着付け方法と、卒園式当日の準備チェックリストをご紹介します。これらの準備を事前に行うことで、当日をスムーズに、そして何よりもお子さまと特別な瞬間を存分に楽しむことができるでしょう。

簡単で安心!袴の着付け方法

袴の着付けは、以下のステップで簡単に行うことができます。

  1. 着物を着る:まずは着物を正しく着ます。着物の衿元がきれいに整うように注意しながら、着丈や袖の長さを確認します。
  2. 帯を締める:着物の上から帯を締めます。子ども用の帯は、締めやすい作りのものが多いですが、しっかりと締めることがポイントです。
  3. 袴を着る:帯の上から袴をはきます。袴の紐を帯の上部にしっかりと結びつけることで、袴がずれるのを防ぎます。
  4. 最終確認:全体のバランスを見ながら、着崩れがないか最終確認します。特に、袴の丈や帯の位置が適切か確認しましょう。

卒園式当日の準備チェックリスト

卒園式当日を迎えるにあたり、以下のチェックリストで準備を整えましょう。

  • 着物と袴:事前にシワがないか確認し、必要に応じてアイロンをかけておきます。
  • 小物類:帯締め、帯揚げ、髪飾り、足袋など、和装小物を忘れずに準備します。
  • 着付け用具:着付けに必要なもの(腰紐、衿芯など)を準備します。
  • 化粧品・ヘアアクセサリー:お子さまのヘアスタイルに合わせたヘアアクセサリー、必要に応じて化粧品も準備します。
  • カメラやビデオカメラ:大切な瞬間を残すため、充電やメモリーカードの空きを確認しておきます。

これらの準備を整えることで、着付けが初めての方でも、卒園式当日の慌ただしさを減らし、お子さまの晴れ姿を余裕をもって楽しむことができます。

価格とレンタルオプション

袴姿での卒園式を考える際、袴セットの購入かレンタルか、価格や使いやすさを考えて選びましょう。ここでは、袴セットの価格帯と選び方、そしてレンタル袴のメリットと注意点について解説します。

袴セットの価格帯と選び方

袴セットの価格は、使用される素材やデザイン、セット内容によって大きく異なります。一般的に、購入価格は数万円から高価なものでは数十万円にも及ぶことがあります。価格帯を把握した上で、以下のポイントを考えて選びましょう。

  • 予算の設定:まずは予算を明確に設定しましょう。その範囲内で最適な選択を目指します。
  • 使用頻度:卒園式のみでの使用を考えている場合は、レンタルを考えましょう。将来的に着用する機会がある場合は、購入を検討する価値があります。
  • セット内容:袴セットに何が含まれているかを確認しましょう。必要なアイテムが全て揃っているか、追加で何か購入する必要があるか把握することが重要です。

レンタル袴のメリットと注意点

レンタル袴は、一度限りの使用の場合、メリットが大きいです。メリットとしては、以下が挙げられます。

  • コストパフォーマンス:購入に比べて低コストで、高品質な袴を着用できます。
  • 豊富な選択肢:レンタルショップでは多様なデザインやサイズの袴を取り揃えているため、理想に近いスタイルを見つけやすいです。

注意点としては、以下を考える必要があります。

  • 早めの予約:卒園式シーズンはレンタル袴が人気です。希望する袴を確実にレンタルするためには、早めの予約が必要です。
  • サイズと状態の確認:実際に着用する前に、サイズが合うか、傷や汚れがないかを確認しましょう。不備があった場合は、レンタルショップに相談が必要です。

袴の購入またはレンタルを検討する際には、これらの情報を参考にしてください。予算内で最高の一日を迎えられるよう慎重に選びましょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、大正から昭和に作られたアンティークを中心に多彩な訪問着をご用意しています。着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。帯や草履、バッグといった小物類もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。お子さまと一緒にお父さま・お母さまも着物をお召しいただくことで、より一層思い出深い卒園式となるでしょう。

和服と袴でのスタイリングのコツ

和服と袴のスタイリングには、エレガントからレトロまで、さまざまなスタイルがあります。ここでは、多様なスタイルの作り方と、流行の袴コーディネート例をご紹介します。これらのコツを押さえることで、お子さまの個性を引き立てるスタイリングを完成させることができます。

エレガントからレトロまで、多様なスタイルの作り方

和服と袴のスタイリングは、以下のポイントを考えることで、さまざまな雰囲気を演出できます。

  • 色合いの選択:エレガントなスタイルを目指す場合は、落ち着いた色合いの着物と袴を選ぶと良いでしょう。一方、レトロな雰囲気を出したい場合は、古典的な柄や鮮やかな色の組み合わせがぴったりです。
  • 柄の選び方:着物や袴の柄もスタイリングに大きな影響を与えます。小花柄や細かな文様は上品で優雅な印象を、大胆な柄や色彩は個性的で華やかな印象を与えます。
  • 小物の使い方:帯締め、帯揚げ、髪飾りなどの小物を上手に使うことで、スタイリングに深みが加わります。アクセントとなる色や素材を選ぶことで、さらに個性的なスタイルを楽しめます。

流行の袴コーディネート例

現在流行の袴コーディネートには、以下のような特徴があります。

  • モダンな色使い:伝統的な色合いにモダンな要素を加えたコーディネートが人気です。例えば、クラシックな紺や黒の袴に、ビビッドな色の着物を合わせるスタイルがあります。
  • レトロモダン:古典的な柄に現代的なデザインを融合させた着物や袴も注目されています。古典美と現代美の融合は、見る人を魅了します。
  • アクセサリーの活用:髪飾りや帯締めなどのアクセサリーを工夫して使用することで、より一層個性的なコーディネートを楽しむことができます。特に、ヘアスタイルに合わせた大きめの髪飾りは、現在非常に人気があります。

これらのスタイリングのコツを活用し、お子さまの卒園式での袴姿を一層引き立てましょう。エレガントからレトロまで、多様なスタイルを試しながら、お子さまに最も似合うスタイルを見つけてください。

まとめ

卒園式は、お子さまの大切な節目となる一日です。袴選びから着付け、そして当日の準備に至るまで、多くのポイントを心得ておくことが大切です。ここまで、卒園式の袴選びと和装で迎える卒園式のポイントについてお伝えしました。最後に、これらのポイントを簡潔にまとめましょう。

卒園式の袴選びのポイント

  • 袴と着物のセット選び:色合いや柄、サイズをお子さまに合わせて選びましょう。予算内で最適な選択を心掛け、レンタルするか購入するか検討してください。
  • 和装小物の選定:帯締め、帯揚げ、髪飾りなどの小物を適切に選び、全体のコーディネートを考えましょう。
  • 着付けの練習:事前に着付けの練習を行い、当日に備えておきましょう。簡単な方法を身につけることが重要です。

和装で卒園式を迎える心得

  • 事前準備の徹底:着付けに必要なアイテムの確認や、当日のスケジュールを事前に確認しましょう。
  • スタイリングの工夫:お子さまの個性を引き立てるスタイリングを心掛け、エレガントからレトロまで、さまざまなスタイルを楽しみましょう。
  • 特別な日の記録:卒園式はお子さまにとって一生の思い出となります。カメラやビデオカメラでその瞬間をしっかりと記録しましょう。

卒園式での袴と和服は、お子さまの成長を祝うとともに、家族にとっても忘れられない思い出となります。準備から当日の対応まで、本記事が皆さまのお役に立てば幸いです。和装で迎える卒園式を通じて、お子さまの新たな門出を温かく、そして華やかに祝福してください。

〈参考記事〉
https://hakama-bijin.com/teacher/knowledge01/
https://kashikimono.com/content/753_5sai_kisekata

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

赤地に雲取、花薬玉の小振袖【hak17】

【小学生の親御さん必見】小学校卒業式での袴選びとレンタル活用法

はじめに 小学生の卒業式は、一生の思い出に残る大切なイベントです。特に女の子にとっては、袴を着て華やかに装うことが楽しみの一つとなっています。しかし、初めての袴レンタルには多くの疑問や不安がつきものです。本記事では、小学 […]

ひとつ前の記事

卒業式イメージ

【初心者必見】卒業式の袴とブーツをレンタルで準備!着こなしのコツを伝授

はじめに 卒業式に袴を着たいけれど、どんなブーツを合わせれば良いのか分からないという方いらっしゃいませんか?袴とブーツの組み合わせは、卒業式の着こなしを大きく左右する重要なポイントです。 この記事では、卒業式の袴に合うブ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!