グリーンのぼかしに菊と牡丹の総絞りの色振袖【fui122】

【2024年版】結婚式参列者のための振袖レンタルガイド!選び方から着付けまで

はじめに

未婚女性が着用することで知られる振袖は、華やかで格式高く、結婚式という特別な日にふさわしい選択とされています。しかし、購入には高額な費用が発生するため、昨今では振袖のレンタルサービスを利用する方が増えています。本記事では、参列者が結婚式で振袖をレンタルする方法やメリットをご紹介します。

結婚式における振袖レンタルのメリット

結婚式における振袖レンタルのメリットは、主に以下の三つの点に集約されます。

  • 経済性:高品質な振袖一式を購入するには相当な金額が必要ですが、レンタルであれば一定期間の使用で済むため、コストを大きく抑えることができます。
  • 多様性:レンタルサービスを利用することで、色や柄、デザインの幅広い選択肢から自分に合った振袖を選ぶことが可能になります。特定の結婚式のテーマやカラーコードに合わせた選択も容易です
  • 利便性:レンタルサービスには、振袖だけでなく帯、草履、バッグなどの小物や、着付けサービスが含まれている場合が多く、準備の手間を省くことができます。

参列者として知っておきたい基本知識

結婚式に振袖で参列する際、前提として以下のポイントを押さえる必要があります。

  • 立場と装い参列者の立場(親族か友人か)によって、選ぶべき振袖の種類や格が異なります。親族であればより格式高い装いが求められ、友人であれば少し華やかでモダンなデザインのものが選ばれることが多いです。
  • 色と柄の選び方:結婚式に参列する場合、明るく祝福の気持ちを表す色や、縁起の良い柄を選ぶことが望ましいとされています。黒や白の振袖は、一般的には避けられる傾向にあります。
  • 着付けとマナー振袖を美しく着こなすためには正しい着付けが必要です。また、和装特有の所作やマナーも学んでおくことで、振る舞い全体に品格をもたらすことができます。

ここでは、結婚式における振袖レンタルのメリットと、振袖着用において大前提となる基礎知識をお伝えしました。ここからはいよいよ、参列時におすすめの振袖スタイルや、レンタル方法など、結婚式に振袖で参列するための具体的な方法をご紹介していきましょう。

結婚式参列時の振袖の選び方

結婚式に振袖で参列することは、日本の伝統的な美しさを表現する素晴らしい方法です。振袖は未婚女性の正装として知られていますが、その選び方にはいくつかのポイントがあります。

未婚と既婚で異なる振袖のスタイル

  • 未婚女性の振袖:未婚女性が結婚式に振袖を着用する際、一般的には華やかな色合いと繊細な柄が特徴的なものを選びます。長い袖が特徴で、若々しさと華やかさを象徴しています。
  • 既婚女性の振袖:既婚女性が振袖を着る機会は少なく、一般的には色無地や訪問着が選ばれることが多いです。しかし、特定の地域や家庭によっては既婚女性が特別な振袖を着る習慣もありますので、事前に確認することが大切です。

色や柄で伝えるメッセージ

  • 色の選び方振袖の色は、その日の主役である新郎新婦を引き立てるように選ぶことが望ましいです。明るい赤やピンク、淡いブルーや緑など、お祝いの気持ちを表現できる明るく華やかな色が好まれます。一方で、白や黒などは避けた方が無難です。
  • 柄の意味:振袖の柄にはそれぞれ意味が込められており、たとえば鶴は長寿、松は不老長寿や繁栄、桜は美しい人生の始まりなど、吉祥を象徴するデザインが多く用いられます。結婚式に参列する際は、縁起の良い柄を選ぶと良いでしょう。

結婚式に振袖を着用する際は、未婚・既婚の立場、色や柄の選び方に気を付けることで、より一層その場を華やかに演出することができます。振袖レンタルサービスを利用する際には、これらのポイントを踏まえつつ、自分に合った振袖を選び、結婚式をよりすてきに彩りましょう。

振袖レンタルの流れと予約のコツ

結婚式に振袖で参列する際、レンタルは非常に便利で経済的な選択肢です。しかし、理想の振袖を確保するためには、レンタルの流れを理解し、予約のコツを知っておく必要があります。この章では、振袖レンタルのプロセスと、下見や試着を最大限に活用するコツを紹介します。

いつから予約をすべきか

振袖のレンタルにおいて最も重要なのは、タイミングです。特に結婚式シーズンや卒業式シーズンは、需要が高まります。理想の振袖を確実にレンタルするためには、以下の点を考慮しましょう。

  • 早めの予約:結婚式の日程が決まったら、できるだけ早めにレンタルの予約を行います。理想とする振袖が他の誰かに予約されてしまうリスクを避けるため、少なくとも3カ月前、可能であれば半年前には予約を済ませるのが望ましいです
  • 繁忙期を避ける:結婚式や卒業式など、和装が多く求められるシーズンには、特に予約が集中します。繁忙期はレンタル料金が高騰することもありますので、余裕を持ったスケジュールでの予約が推奨されます。

下見と試着を上手に活用する方法

振袖レンタルでは、下見と試着が非常に重要です。これらを効果的に活用することで、当日のトラブルを避け、満足のいく振袖を選ぶことができます。

  • 下見のポイント:下見では、まず多くの振袖を見て回り、色や柄、素材の好みを確認しましょう。店舗によって取り扱っている振袖の種類が異なりますので、複数の店舗を訪れることがおすすめです。また、レンタル料金やサービス内容(着付けや小物の有無など)もこの段階で確認しておきましょう。
  • 試着のコツ:実際に振袖を試着することで、サイズ感や着心地を確認することができます。試着では、立ったり座ったりといった基本的な動作を行い、振袖のフィット感をチェックしましょう。また、帯の結び方や小物とのコーディネートも試着時に相談できると良いです。

振袖レンタルの流れを把握し、予約のタイミングや下見、試着を効果的に活用することで、結婚式での振袖姿をより美しく、より快適に楽しむことができます。理想の振袖で、特別な一日をさらに印象的なものにしましょう。

立場別:結婚式の振袖ガイド

結婚式において、振袖は特に未婚女性の華やかな装いを象徴しますが、参列者の立場によって選ぶべき振袖のスタイルや色柄が異なります。ここでは、それぞれの立場に応じた振袖の選び方を解説します。

親族として参列する場合の振袖

結婚式において、新郎新婦の親族は式の主要な役割を担うため、その装いも重要です。親族として参列する場合は、以下の点を考慮して振袖を選ぶことが望ましいです。

  • 格式を重んじる:親族として参列する場合、一般的には格式を重んじた装いが求められます。伝統的な柄や落ち着いた色合いの振袖を選び、家族としての威厳を示すことが大切です。
  • 紋付き振袖の選択:特に新郎新婦の直接の親族の場合、紋付きの振袖を選ぶことが多いです。家紋を入れることで、格式高い装いとなり、家族としての結束も表現されます。

友人や同僚としての選び方

友人や同僚として結婚式に参列する場合、もう少し自由度が高まります。以下のポイントに注意して振袖を選びましょう。

  • 華やかさと個性を:友人や同僚としての参列では、華やかさや個性を表現することができる振袖を選んでも良いでしょう。明るい色やモダンなデザインの振袖を選ぶことで、祝福の気持ちを表現できます。
  • 適度な控えめさを保つ:ただし、主役である新郎新婦を引き立てるという点を忘れずに、過度に派手な装いは避けるようにしましょう。結婚式のテーマやカラーコードに合わせた選択が理想的です。

ここで、ゆめやで取り扱いのある二着の振袖をご紹介します。まず左側は、グリーン系のぼかしに、菊や牡丹の花が総絞りで描き出された振袖です。30~40年ほど前のレトロな振袖です。袖丈が101cmですので、中振袖としてお召しいただけます。着物の色柄が淡いので、しっかりとした龍村の帯を合わせました。牡丹の織りの袋帯です。帯締め・帯揚げ・重ね衿も帯に合わせてしっかりとした色を選びました。半衿は着物のイメージに合わせて、やわらかな手刺繍のものを合わせています。

次に右側は、入子菱が織り出された正絹をベビーピンク色に染め、工霞紋様と手毬が手描きされたアンティーク中振袖です。工霞紋様は、白いものと、金泥で小花や亀甲が描かれたものがあります。手毬は淡い色の吉祥紋様で埋め尽くされています。亀甲の地紋様に花丸紋様が描かれたエンジ色の袋帯を文庫結びにしました。白と赤の小花が描かれた絞りの帯揚げに、帯締めと重ね衿は紫ですっきりとまとめています。

結婚式に振袖を着用して参列する際は、自分の立場や式の雰囲気を考慮しながら適切な振袖を選ぶことが重要です。親族としての参列ならば格式を重んじた装いを、友人や同僚として参列するならば華やかさと個性を大切にしつつ、適度な控えめさを忘れないようにしましょう。振袖選びにおいては、レンタルサービスを活用することで、幅広い選択肢から理想の一着を見つけることができます。

振袖レンタルにおけるサイズ選び

結婚式に振袖を着用する際、正しいサイズの選択は見た目の美しさだけでなく、着心地にも大きく影響します。振袖レンタルにおけるサイズ選びは、特に注意を要する部分です。ここでは、振袖レンタルのためのサイズ選びのポイントと、サイズが合わない場合の対応方法について解説します。

サイズ選びのポイント

振袖のサイズ選びでは、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • 身長と裄丈:振袖を選ぶ際の最も基本的なサイズは、身長と裄丈(肩から手首までの長さ)です。これらが適切でないと、振袖の着崩れの原因になります。特に、裄丈が短すぎると袖の長さが足りなくなり、長すぎるとたるみが出てしまいます。
  • 身丈の確認:身丈も重要なサイズの一つで、床に着物の裾がつかない程度の長さが理想的です。長すぎると歩く際に不便で、短すぎると着物としてのバランスが損なわれます。
  • ヒップサイズ:振袖はヒップサイズが大きめに作られていることが多いですが、人によってはサイズが合わないこともあります。試着時には、ヒップ周りのフィット感も確認しましょう。

大きいサイズや小さいサイズの対応方法

振袖レンタルでサイズが完全に合わない場合は、以下の対応を検討しましょう。

  • 調整可能な着付け:多少のサイズ不一致は、着付けの工夫で調整可能です。たとえば、裄丈が長い場合は、少し袖を内側に折り込むことで調整できます。また、身丈が長い場合は、腰の部分で適切に折り畳むことで調整することが一般的です。
  • 専門の着付け師に相談サイズ調整が必要な場合は、専門の着付け師に相談するのが最適です。着付け師は、サイズの微調整を行いながら、美しい着姿を作り出すことができます。
  • オーダーメイドの利用:極端にサイズが合わない場合や、特別な要望がある場合は、オーダーメイドサービスを利用するのも一つの選択肢です。追加料金が発生する場合がありますが、完璧なフィット感を得られます。

振袖レンタルにおけるサイズ選びは、美しい着姿を作るために非常に重要です。サイズ選びのポイントを把握し、必要に応じて専門家のアドバイスを受けながら、最適な振袖を選びましょう。サイズが合わない場合でも、適切な対応をとることで、問題なく結婚式に参列することができます。

振袖レンタルにおける便利なオプション

結婚式での振袖レンタルには、単に美しい振袖を選ぶだけでなく、利用できる便利なオプションが数多くあります。特に、着付けサービスやアクセサリー、小物のレンタルは、結婚式に参列する際の振袖姿をさらに華やかにするための重要な要素です。この章では、これらのオプションサービスについて解説します。

着付けサービスの利用

  • プロの着付けが重要な理由:振袖は和装の中でも特に着付けが複雑で、美しい着姿を作るためにはプロの技術が必要です。着付けサービスを利用することで、結婚式の当日に安心して準備を進めることができます。
  • 予約のポイント:結婚式シーズンは特に着付け師の予約が混み合うため、早めに予約を入れることが大切です。また、式場や自宅での着付けを希望する場合は、出張着付けサービスを提供しているか事前に確認しましょう。

アクセサリーや小物レンタルの選択肢

  • コーディネートの完成度を高める:振袖に合わせる帯、帯締め、帯揚げ、草履、バッグなどの小物は、コーディネート全体の印象を大きく左右します。これらの小物もレンタルできることが多く、振袖との相性を考えて選ぶことができます。
  • 選び方のコツ:小物選びでは、振袖の色や柄との調和はもちろん、結婚式の場や時間帯、自分の役割(親族か友人か)に合わせて選ぶことが重要です。また、全体のバランスを考え、派手すぎず地味すぎないアイテムを選ぶことがポイントです。

振袖レンタルを利用する際には、これらのオプションサービスを上手に活用することで、より一層美しい振袖姿を完成させることができます。特に、結婚式のような特別な日には、小物一つ一つにもこだわり、全体のコーディネートを計画的に考えることが大切です。プロの着付けサービスと、センスの良いアクセサリーや小物のレンタルを利用して、忘れられない一日を迎えましょう。

振袖着用時のマナーと所作

結婚式で振袖を着用する際には、美しい着姿を保つためのマナーと所作が求められます。これらを守ることで、礼節を重んじる和装の精神を表現し、結婚式という特別な場にふさわしい振る舞いができます。この章では、振袖を着用する際の正しい所作と注意点について解説します。

正しい着物の所作とは

着物を着るときには、日常の動作とは異なる特別な所作が必要です。以下の点に注意して、品のある所作を心掛けましょう。

  • 立ち居振る舞い:着物を着ているときは、背筋を伸ばして立つことが基本です。座る際には、足を横にそろえて膝をつけ、足を横に滑らせるようにして座ります。
  • 歩き方:歩く際には、小股で歩き、足元を意識して静かに歩くようにします。また、階段の昇降時には裾を軽く持ち上げることで、着物の美しさを保ちます。
  • 袖の扱い振袖の長い袖は、特に注意を要する部分です。物を取るときや、手を振るときなどは、袖が邪魔にならないように気を付けます。

結婚式における振袖着用時の注意点

結婚式において振袖を着用する際には、以下のような特別な注意点があります。

  • 礼装としての振袖:結婚式に振袖を着用する際には、礼装としての意識を持つことが大切です。過度なアクセサリーやメイクは控えめにし、振袖本来の美しさを引き立てるようにします。
  • 食事のマナー:結婚式の披露宴などで食事をする際には、袖を汚さないように注意し、おしぼりで手を清潔に保つことが重要です。また、お箸の使い方にも気を配ります。
  • 写真撮影:結婚式では多くの写真撮影があります。写真撮影の際には、振袖の袖を美しく見せるポーズを取ることで、より良い写真になります

振袖を着用する際には、これらのマナーと所作を守ることで、結婚式に華を添えることができます。美しい振袖姿で、結婚式をより一層特別なものにしましょう。

まとめ

振袖レンタル選びと結婚式での振袖コーディネートは、特別な日を彩る重要な要素です。最後に、振袖レンタル選びのポイントを振返り、結婚式で輝くためのコーディネートのコツをまとめました。

振袖レンタル選びのポイント

振袖レンタルを決定する前に、以下のポイントを再確認しましょう。

  • サイズとデザイン:自身の身体に合ったサイズの振袖を選び、デザインが結婚式の雰囲気や自分の好みに合っているか確認します。
  • レンタルセットの内容:振袖一式が含まれているか、必要な小物やアクセサリーが全てセットに含まれているかをチェックします。
  • 着付けサービス:着付けサービスが含まれているか、または追加で予約する必要があるかを確認しましょう。
  • 返却条件と料金:レンタルの料金体系を確認し、返却時の条件やクリーニングの必要性についても理解しておきます。

結婚式で輝くための振袖コーディネートのコツ

結婚式で振袖を着用する際には、以下のコーディネートのコツを押さえておくことで、より一層魅力的に映えます。

  • 色合いと柄の選択:結婚式の場や自身の役割に合わせて、色合いや柄を選びましょう。明るく華やかな色は祝福の気持ちを表現し、繊細な柄はエレガントな印象を与えます。
  • 小物でアクセント:帯締めや帯揚げ、バッグなどの小物を上手に選ぶことで、コーディネートに深みを与えることができます。振袖との色のバランスに注意しつつ、アクセントになる小物を選びましょう。
  • ヘアスタイルとメイク和装に合わせたヘアスタイルとメイクも、トータルコーディネートの一部です。シンプルながらも華やかさを演出できるヘアアレンジを選び、メイクは振袖の色に合わせて調整しましょう。

振袖レンタルとコーディネートにおいては、細部にまで気を配ることが大切です。これらのポイントを参考に、結婚式での振袖姿を最大限に美しく見せ、特別な一日をさらに輝かせましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

抹茶色×黒縞模様の振袖【fui25】

【東京/全国】結婚式に参列する際の着物はレンタルの利用が便利!

はじめに 女性の皆さんが結婚式に招待された際に直面するのが、「何を着て行けばいいのか」という問題ではないでしょうか。 特に和装での参列を考えている場合、着物選びとなるとさらに難易度が上がるもの。結婚式という主役にとっての […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!