明治神宮 三の鳥居

【憧れの結婚式場】明治神宮・明治記念館で実現!挙式&披露宴ガイド

はじめに

明治神宮で執り行う結婚式は、日本の伝統と自然の美しさを背景にした厳かな挙式を求める新郎新婦にとって理想の選択肢となっています。都心の喧騒を忘れさせる豊かな緑と歴史的な建造物が、特別な日をさらに際立たせてくれます。

この記事では、そんな明治神宮での結婚式とその伝統的な神前式のイメージについて、その魅力と意義などを探っていきます。

明治神宮での結婚式の魅力

明治神宮で行う結婚式は、日本の伝統文化を大切にしたいと願う新郎新婦にとっての憧れの的となっています。広大な敷地内に自然に囲まれた挙式会場があり、都会の中心にいながら豊かな自然の中で結婚式を挙げることができます。明治神宮の挙式は、一生に一度の大切な瞬間を、歴史と自然が織り成す美しい背景の中で祝福してくれるのです。

伝統的な神前式のイメージ

神前式は日本古来の結婚の形式であり、明治神宮における挙式もこの伝統に則って行われます。神前式では、新郎新婦が神前で結婚を誓います。厳かな神前式は日本の美しい伝統衣装である和装を身に纏い、古式ゆかしい儀式を通じて二人の絆を深めるものです。明治神宮ではこうした伝統的な神前式を大切にしながら、現代のカップルのニーズにも応えるさまざまなウエディングプランを提供しています。

明治神宮の挙式を選ぶ理由

明治神宮で結婚式を行うことは、東京都心にある静謐な空間で伝統的な神前式を行いたいと考える新郎新婦にとって理想的な選択となります。ここでは、明治神宮での挙式を選ぶ大きな理由となりうる、その厳かな雰囲気自然に囲まれたロケーションの魅力に焦点を当ててお話しします。

厳かな雰囲気の中でかなう結婚式

明治神宮での結婚式は、神聖な雰囲気の中で二人の新しい人生の起点を刻む場所として多くの新郎新婦に選ばれてきました。神社の神職によって執り行われる神前式では、古来伝わる日本の伝統に根差した形式を取り入れています。挙式では和装に身を包んだ新郎新婦が、家族や親族、友人などに見守られながら誓いを新たにします。神聖な空気の中で行われるこうした厳かな儀式が、参列者にとっても忘れられない感動的な瞬間となります。

自然豊かなロケーションとその魅力

明治神宮は、東京の喧騒からは想像もつかないほど豊かな自然に囲まれています。結婚式を挙げる新郎新婦は、樫や椎の木々が織り成す緑豊かな景色の中で挙式を行うことができます。明治神宮外苑・元赤坂にある「明治記念館」での挙式も同様に美しい庭園を楽しめます。これらの緑豊かな風景は、結婚式のロケーションフォトでも絶好の背景となります。

このように明治神宮での結婚式は、都心にありながらも荘厳な大自然の中で行われる、まるで別世界にいるかのような特別な体験を新郎新婦や参列者にもたらしてくれます。

明治神宮での結婚式は、日本の伝統と自然の美しさを尊重し、厳かな雰囲気の中で結婚の誓いを立てたい新郎新婦にとって最適な選択といえるでしょう。自然と歴史が織りなす神聖な場所での挙式は、結婚という新たな人生の門出にふさわしい、生涯忘れられない瞬間となるはずです。

明治神宮での挙式プランと費用

その神聖な雰囲気と美しい自然環境で、多くの新郎新婦にとって憧れの場所となっている明治神宮での結婚式。明治神宮や明治記念館で提供されるウエディングプランには、伝統と現代のエッセンスを融合させた多彩な選択肢が挙式から披露宴まで用意されています。ここではそうしたプランの種類と内容、挙式や披露宴の費用について詳しく見ていきます。

結婚式のプランの種類と内容

明治神宮での結婚式は、主に神前式の儀式が中心となります。神前式では和装を身に纏った新郎新婦が、厳かな雰囲気の中で結婚の決意を誓います。こうした伝統的な挙式スタイルは、日本の美しい文化と儀式を経験したい新郎新婦にぴったりの選択といえます。

明治神宮では挙式のみのシンプルなプランから、披露宴や会食を含むトータルプランまで、新郎新婦のニーズに合わせた多様なウエディングプランを用意しています。神宮の杜に新しく誕生した「フォレストテラス明治神宮」や外苑・明治記念館では洗練された披露宴や会食のプランも多数用意されており、美しい庭園や建造物を背景にしたロケーションフォトの撮影も可能です。

挙式と披露宴の費用

明治神宮での結婚式の費用は、選択するプランやサービスによって大きく異なります。以下に参考として、記事執筆(2024年2月)時点で公式サイト上に案内されているプランの一例を表にまとめてみました。

プラン名料金備考
明治神宮での神前挙式プラン694,830円挙式のみ。初穂料や衣装レンタル各1点、写真等含む
明治神宮挙式+会食プラン727,130円料飲、衣装各1点、着付け等含む
明治神宮挙式+披露宴(60名様)プラン2,872,648円料飲、衣装各1点、着付け、装花、音響照明、ケーキ、引出物等含む

上記の通り挙式のみのプランは比較的リーズナブルで、基本的な儀式や衣装レンタルは含まれています。一方で会食や披露宴を含むトータルプランでは、参列する人数分の料理や飲み物なども関わってくるためそのぶん料金に上乗せされます。また、例えば同じ披露宴プランの名目でも時期や最大人数、会場や料理の種類などによって費用は上下します。

新郎新婦は予算に応じて挙式や披露宴の規模を選ぶことができますが、いずれを選ぶにしても明治神宮や明治記念館のスタッフが細やかなサポートを行ってくれます。事前の相談や見学を通じて、理想の結婚式を実現するための計画を立てることが大切です。

明治神宮での結婚式は、日本の伝統的な神前式の美しさと、自然豊かな環境の中での厳かな儀式が魅力です。挙式から披露宴までさまざまなプランとオプションから選ぶことができ、新郎新婦の希望に応じたウエディングが実現可能です。事前の準備と計画を怠らず、忘れられない一日を演出できるようにしましょう。

明治記念館での披露宴

港区元赤坂に所在する明治記念館。明治神宮から東に2kmのこの場所で行われる披露宴は、美しい自然と日本の近代化を象徴する建築美を併せ持つ神宮外苑の特別なロケーションで行われるのが魅力となっています。

ここでは、明治記念館の歴史と提供されるサービス、披露宴会場の選び方や料理の特徴について掘り下げていきます。

明治記念館の歴史とサービス

明治記念館は、明治期に「赤坂仮皇居御会食所」として建設された、日本の近代化の象徴的な建築物を本館に有します。昭和22年に明治神宮外苑の一角で総合結婚式場として開館し、その豪華な造りと歴史的な背景から、令和の今もなお由緒ある結婚式会場として人気を集めています。

広大な神宮外苑の緑に囲まれたこの場所は、都心にありながらも自然を感じさせる唯一無二のロケーションです。明治記念館では挙式後の披露宴だけでなく、結納や会食など結婚にまつわるさまざまな儀式に対応しています。プロのスタッフによる丁寧なサポートと、伝統と格式を重んじたサービスは、新郎新婦やゲストにとって忘れられない時間を提供してくれます。

披露宴会場の選び方と料理について

明治記念館内には明治憲法草案審議の御前会議が開かれた「金鶏」「エミール」をはじめ大小さまざまな披露宴会場があり、披露宴の規模やゲストの参加人数、そのほか新郎新婦のニーズに応じて最適な空間を選ぶことができます。

会場はどれも伝統的な日本建築の美しさと洗練された現代の設備が融合しており、モダンな雰囲気を感じられるところばかり。会場選びの際は庭園の眺望や会場内の装飾、収容人数やプライベートテラスの有無などさまざまな要素を比較してみましょう。

明治記念館で提供される料理も、その質の高さと美しさで知られています。伝統的な日本料理から洗練されたフレンチやイタリアンまで幅広い料理が用意されており、カップルの希望に合わせたカスタマイズも可能です。料理はいずれも季節の食材を活かし、目にも美しい逸品が並びます。披露宴の料理を選ぶ際には近しいゲストの好みや季節感、結婚式のテーマなどに合わせたメニューを考え、特別な日にふさわしい食事を提供できるようにしましょう。

格式高い空間で伝統とモダンが融合した披露宴を行いたいカップルに、明治記念館はぴったりの選択といえます。長い歴史と自然に抱かれた神宮外苑で人生の新たな門出を祝うことは、新郎新婦にとっても参列するゲストにとっても忘れられない体験となることでしょう。

結婚式場の予約と準備

明治神宮や明治記念館を舞台とする結婚式は、多くの新郎新婦にとっての憧れ。だからこそ、このような人気の結婚式場で理想のウエディングを実現するには計画的な予約と入念な準備が欠かせません。ここでは式場予約のタイミングや必要な手続き、そして結婚式準備のステップとチェックリストについて解説します。

予約のタイミングと必要な手続き

明治神宮や明治記念館に限らず、挙式会場や披露宴会場は週末や祝日に予約が集中します。そのため、希望する日程での挙式を確保するには早めの予約が必須です。

一般的には挙式希望日の1年半前くらいから予約が可能となる式場が多いため、計画を立てる際にはこの点を考慮する必要があります。予約の手続きには挙式や披露宴の日程、参列人数の概算、基本的なウエディングプランの選択などが含まれます。

予約の際には挙式料、会場使用料、料理や飲み物の料金など、基本的な費用の見積もりを確認し、予算計画にきちんと反映させることが重要です。

結婚式準備の流れとチェックリスト

式場の予約が完了したら、具体的な結婚式準備に入ります。準備は以下のような流れで進められます。

  1. 詳細プランの確定: 挙式と披露宴の詳細スケジュール、セレモニーの流れ、席次表の作成などをスタッフとともに進めます。
  2. 衣装選び: 新郎新婦の和装や洋装を選び、試着やフィッティングを行います。明治記念館にはお抱えの衣装室「レセイエ」があり、白無垢をはじめ色打掛や引き振袖、ドレスなどが多数用意されています。
  3. 装飾と演出の計画: 会場の装飾、装花、音楽や照明など、結婚式ならではの雰囲気を演出する要素の計画を行います。
  4. 招待状の作成と発送: 招待状のデザインを決定し、ゲストに発送します。
  5. 式当日の流れのリハーサル: 挙式と披露宴の流れを確認するためにリハーサルを行い、当日スムーズに進行できるようイメージします。

これらを一つひとつ経て、明治神宮や明治記念館での理想的な結婚式を実現するための準備が整います。計画的な準備と確実な用意で、忘れられない一日を創り上げましょう。

ゆめやのレンタル商品から、新郎新婦セットを2つご紹介します。ご新婦様のお好きな打掛(1点、打掛の下に着る掛下きものが含まれます)、ご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の2点に加え、
「組み合わせ自由な婚礼・打掛・黒引き振袖プラン(新婦2着・新郎1着)【set02】」はお好きな黒引き振袖 (1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)、「組み合わせ自由な婚礼・打掛・白無垢プラン(新婦2着・新郎1着)【set03】」はお好きな白無垢(1点、綿帽子と打掛の下に着る掛下きものが含まれます)を合わせた計3点のお得なセットプランです。
明治神宮や明治記念館における会場への衣装持ち込みの可否(別途支払いで可となるか、など)は、必ず事前に確認をお願いします。

まとめ

明治神宮における結婚式の魅力は、日本の伝統と自然風景の美しさを背景にした厳かな儀式にあります。静謐な空間での神前式は新郎新婦にとっても、また参列者にとっても長く記憶に残る瞬間となることでしょう。

この記事を通じて、明治神宮での挙式や明治記念館での披露宴に関する内容をお伝えしてきました。ここで明治神宮における結婚式の要点を再確認し、これから挙式を計画している新郎新婦の皆さんに向けたアドバイスもさせていただきます。

明治神宮における結婚式の要点

  • 伝統的な神前式: 明治神宮での結婚式は、日本の伝統的な神前式を基本としています。厳かな神前式では和装を着用し、神職による祝詞や和楽器の演奏などによって神聖な雰囲気を醸し出します。
  • 自然豊かなロケーション: 明治神宮の広大な緑地は、都心にありながら自然を感じられる貴重な場所。美しい環境が挙式にも荘厳さを与えてくれます。
  • 明治記念館での披露宴: 神宮外苑に立つ明治記念館は、披露宴や会食にふさわしい華やかな会場を大小揃えています。伝統とモダンが融合したこの場所で、おいしい料理とともに華やかな披露宴を開催することができます。

明治神宮での結婚式を考えている方へ

  • 早めの準備を: 新春の初詣では日本一の参拝者数を誇る明治神宮。結婚式場としても高い人気を有するため、希望する日に挙式を行うためにはとにかく早めの予約と計画が必要です。特に挙式や披露宴の会場は、できれば一年以上前に予約するのが理想的です。
  • 衣装とロケーションにこだわる: 和装は自然豊かな明治神宮の環境を考慮しつつ、季節感や式のスタイルなどにもマッチするものを選びましょう。ロケーションフォトでは、明治神宮の境内や明治記念館の歴史的建造物、庭園の緑を生かした撮影などがおすすめ。
  • 細部にまで注意を払って: 挙式や披露宴の細かな部分一つひとつにも注意を払い、ゲスト一人ひとりが特別な時間を過ごせるように心がけましょう。料理のチョイスや装飾、演出方法など、細部にわたるこだわりが一層印象深い結婚式を創り上げます。

豊かな伝統と自然を擁する明治神宮で新たな人生の門出を祝うことは、新郎新婦にとっても参列者にとっても意義深く、忘れられない経験となるものです。計画と準備を丁寧に進め、歴史ある明治神宮での結婚式を心から楽しみましょう。

〈参考記事〉
https://www.meijijingu.or.jp/
https://www.meijikinenkan.gr.jp/
https://smakon.jp/guide/170630/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

ストロー色に藤の花尽くしの訪問着【hou139】

【2024年最新】東京でアンティーク着物を楽しむ!着付け&レンタル完全ガイド

はじめに アンティーク着物は、その独特の風合いと豊かな歴史が魅力の一つです。特に東京では、アンティーク着物に関するさまざまなサービスが充実しており、着物愛好家にとって楽しむべき場がたくさんあります。本記事では東京でアンテ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!