婚礼イメージ

【初心者向け】打掛と角隠しの違いって何?白無垢との関係も徹底解説!

はじめに

和装結婚式は、日本の伝統美を感じさせる華やかな装いと、格式高い儀式が魅力です。特に花嫁の衣装は、その美しさと独特の意味合いで多くの人を魅了します。中でも「打掛」と「角隠し」は、和装結婚式において重要な役割を果たすアイテムですが、これらのアイテムについて詳しく知っている方は意外と少ないかもしれません。ここでは、打掛と角隠しの基本的な知識、それらが和装結婚式でどのように用いられるかについて紹介します。

打掛と角隠しとは?

打掛は、和装結婚式における花嫁の主要な衣装の一つです。長い裾と豪華な刺繍や柄が特徴で、結婚式の挙式や披露宴で着用されます。打掛の色やデザインは多種多様で、花嫁の個性や結婚式のテーマに合わせて選ばれます。

一方、角隠しは、打掛と共に花嫁が頭に着用する伝統的なかつらの一種です。角隠しは、文字通り花嫁の「角」、つまり島田かつらの角を隠すための布で、花嫁の純潔と美しさを象徴します。角隠しは白無垢と合わせて着用されることが一般的ですが、打掛と組み合わせることもあります。

左から白打掛、色打掛、角隠しです。

和装結婚式の基礎知識

和装結婚式は日本の伝統的な結婚式の形式で、新郎新婦が和装を身にまとい日本古来の婚礼の儀式を行います。和装結婚式では衣装だけでなく、髪型やアクセサリーも伝統に基づいて選ばれ、全体のバランスが非常に重要になります。特に花嫁の衣装は、打掛や白無垢、角隠しや綿帽子など多くのパーツで構成され、それぞれに独特の意味が込められています。

和装結婚式の髪型には、島田かつらや文金高島田など、伝統的な日本髪が用いられます。これらの髪型は、和装の衣装とのバランスはもちろん、花嫁の顔立ちや印象にも合わせて選ばれます。また、メイクも和装に合わせた落ち着いた色使いで、しとやかさと上品さを演出します。

和装結婚式では衣装や髪型だけでなく、挙式の場所や形式も伝統に則って選ばれます。神前式や仏前式など、さまざまな挙式スタイルがあり、それぞれに合わせた和装の装いが求められます。また、前撮りやロケーションフォトなど、結婚式以外の場面でも和装を楽しむカップルが増えています。

このように、和装結婚式は多くの伝統的要素を取り入れながらも、現代の花嫁の個性や好みを反映させることができる非常に魅力的な結婚式スタイルです。打掛や角隠しをはじめとする和装の各アイテムに込められた意味や歴史を知ることで、より深い満足感を得られるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは100年以上の歴史がある、白無垢・色打掛・引振袖などさまざまな婚礼衣装をご用意しています。高度な染色技術や繊細な手刺繍など、今では再現できない職人技の粋を極めたアンティークの婚礼衣装は全て貴重な一点ものです。正絹の着物ならではの柔らかさ軽やかさに身を包み、一生に一度の花嫁姿を心ゆくまでお楽しみください。

打掛と角隠しの基本的な違い

和装結婚式における花嫁の装いは、伝統と格式を重んじる日本文化の美しさを象徴しています。特に打掛と角隠しは、その装いの中心となるアイテムですが、これら二つのアイテムには、それぞれに独自の意味合いと役割があります。ここでは、打掛と角隠しの色とスタイルの違い、そして結婚式の中でのそれぞれの使われ方について掘り下げていきます。

色とスタイルで見る違い

  • 打掛: 花嫁の最も華やかな装いの一つで、外套として着用されます。伝統的には、豪華な刺繍や染めが施された色打掛が一般的で、結婚式の挙式や披露宴で着用されることが多いです。色打掛の色彩は、赤や金、緑など多彩で、花嫁の幸福と繁栄を象徴しています。スタイルに関しては、長い裾が特徴的で、豪華な柄が全体に施され、花嫁を一層引き立てるデザインになっています。
  • 角隠し: 花嫁が島田かつらを結った際に、その上からかぶる布のことを指します。主に白色が用いられ、純潔や清らかさを象徴しています。角隠しのスタイルはシンプルで、打掛ほど華やかさはありませんが、花嫁の顔立ちを優しく引き立てる効果があります。角隠しは、主に白無垢と合わせて着用され、挙式中に新婦の「角」を隠すことで、平和と家庭内の調和を願う意味が込められています。

松竹梅に舞鶴遊亀紋様刺繍の打掛一式」鶴亀や松竹梅といった婚礼の吉祥模様を、全て手刺繍で表現した豪華絢爛なアンティーク色打掛です。アンティークならではの精緻な手仕事と大胆な柄ゆきが、角隠し姿を引き立てます。

金色の輝きの中で孔雀・鳳凰・鶴が羽ばたく色打掛一式」橙色の地に鳳凰や孔雀、有職文様を織り出した色打掛です。光を受けると金色に煌めき、角隠しの花嫁を華麗に彩ります。

マゼンダからグレーのぼかしに鶴が羽ばたく色打掛一式」濃いピンクから紫へ変化するグラデーション地に、鶴や花を織り出した色打掛です。現代的な美意識が盛り込まれたデザインにより、洋テイストの結婚式にお召しいただいても違和感がありません。柄ゆきに白色が多用されているため、角隠しとも好相性です。

いつどう使う?式の流れでの役割

  • 打掛の役割:結婚式の挙式や披露宴の際に中心的な役割を果たします。特に披露宴では、新郎新婦がゲストの前で初めて披露する衣装として、多くの場合色打掛が選ばれます。色打掛の華やかさは、祝福の場である結婚式の雰囲気を一層盛り上げ、特別な日の記憶を色鮮やかに残します。また、前撮りやロケーションフォトなどで着用されることもあり、その際は特に風景やテーマに合わせた色打掛が選ばれることが一般的です。
  • 角隠しの役割:挙式の際に特に重要な役割を果たします。白無垢と共に着用されることが多く、花嫁の純潔と美しさを際立たせるアイテムとして重宝されています。角隠しをかぶることで、花嫁は自身の内面の美しさや清らかさを外に表現し、結婚によって新たな人生を歩み始める準備が整ったことを示します。また、角隠しは、花嫁が新しい家庭を築く際の調和と平和を象徴するアイテムでもあります。

このように、打掛と角隠しは、和装結婚式における花嫁の装いの中でも特に重要な役割を持つアイテムです。それぞれのアイテムが持つ色やスタイル、結婚式における役割を理解することで、和装結婚式の深い意味や美しさをより一層感じることができるでしょう。

綿帽子との組み合わせ

和装結婚式において、花嫁の装いは多くの伝統的要素を含み、その一つ一つが特別な意味を持っています。打掛とともに、綿帽子は花嫁の純潔と美しさを象徴する重要なアイテムです。ここでは、綿帽子を被るタイミングと、打掛と綿帽子の組み合わせについて解説します。

綿帽子を被るタイミング

綿帽子は、伝統的に白無垢と合わせて着用されることが多いですが、打掛と組み合わせることもあります。綿帽子を被る具体的なタイミングは、結婚式の流れや花嫁の個人的な好みによって異なりますが、一般的には以下のような場面で着用されます。

  • 挙式中: 神前式や仏前式など、挙式の際には花嫁の純潔と尊厳を象徴するために綿帽子を被ります。特に、厳かな雰囲気の中での挙式では、綿帽子が花嫁の装いを一層引き立てます。
  • 前撮りやロケーション撮影: 結婚式前に行われる前撮りやロケーション撮影では、綿帽子を合わせた和装でさまざまなシーンを演出します。この際、綿帽子は花嫁の美しさを際立たせるアクセントとして重宝されます。

打掛と綿帽子のベストマッチ

打掛と綿帽子を組み合わせる際には、以下のポイントを考慮することが大切です。

  • 色とデザインの調和: 打掛の色や柄と綿帽子のシンプルさが調和するように選びます。打掛が華やかな場合は、綿帽子のシンプルさが花嫁の顔立ちを引き立て、全体のバランスを美しく見せます。
  • 髪型との相性: 綿帽子を被る際は、島田かつらや文金高島田などの伝統的な髪型が選ばれることが多いです。髪型と綿帽子がしっかりと合わさることで、統一感のある和装スタイルが完成します。
  • 結婚式のテーマとの一致: 結婚式全体のテーマや雰囲気に合わせて、打掛と綿帽子を選ぶことが重要です。和装をメインにした結婚式では、伝統的な要素を取り入れつつ、現代的な感性を反映させた組み合わせが好まれます。

綿帽子は白無垢だけに許される、特別な装いです。一方、角隠しは白無垢はもちろん、色打掛や引き振袖にもご着用いただけます。ゆめやの婚礼衣装から、晴れの日を彩る白無垢をご紹介します。

織り出された鶴が輝く白打掛一式」アイボリーがかった正絹地に、無数の鶴を織り出したアンティーク白打掛です。白一色のなかに羽ばたく鶴が浮かび上がり、正統派の花嫁姿を叶えます。

相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式」全ての絵柄を相良刺繍で表現した、豪華なアンティーク白打掛です。手刺繍ならではの繊細な立体感は、カメラのレンズを通しても美しさが際立ちます。挙式はもちろん、フォトウエディングにもおすすめの一着です。

打掛と綿帽子の組み合わせは、花嫁の美しさを際立たせるだけでなく、日本の伝統文化を現代の結婚式に取り入れる素晴らしい方法です。両者の組み合わせによって、花嫁はその日だけの特別な美を放ち、忘れられない印象をゲストに残すことができるでしょう。

角隠しとブライダルスタイルの関係

結婚式の日、花嫁はその美しさと品格で全ての視線を集めます。特に和装ブライダルにおいては、伝統的な要素を取り入れつつ、現代的なセンスを加えることで、独自のブライダルスタイルを創り出すことができます。角隠しは、このような和装ブライダルスタイルにおいて、モダンと伝統を融合させる上で重要な役割を果たします。

角隠しを取り入れたモダンなブライダルルック

角隠しは、そのシンプルながらも深い意味を持つアイテムで、花嫁の純潔と美を際立たせます。近年では、伝統的な意味合いを尊重しつつも、より現代的な解釈を加えたブライダルルックが注目されています。

  • デザインの革新: 伝統的な白色の角隠しに加え、さりげないパターンや色味を加えたものが登場しています。これにより、角隠しは単なる伝統的アイテムではなく、ブライダルルックのアクセントとしての役割も果たすようになりました。
  • スタイリングの多様化: 角隠しを、打掛や白無垢だけでなく、よりカジュアルな和装と組み合わせることで、新しいスタイルのブライダルルックが生まれています。また、髪型やアクセサリーとの組み合わせ方にも工夫が見られ、よりパーソナライズされた装いが可能になっています。

角隠しと和装アクセサリーの調和

角隠しを和装ブライダルスタイルに取り入れる際、和装アクセサリーとの調和が非常に重要です。アクセサリー選びにおけるポイントをいくつか紹介します。

  • 伝統的なアクセサリーの選択: 珠のかんざしや金属製の髪飾りなど、伝統的な和装アクセサリーを選ぶことで、角隠しの持つ純粋さと調和し、品格あるブライダルルックを完成させます。
  • モダンアクセサリーとの組み合わせ: シンプルなデザインのイヤリングやネックレスなど、モダンなアクセサリーを取り入れることで、伝統と現代のバランスを取りながら、個性的なブライダルスタイルを創出することができます。

角隠しを取り入れた和装ブライダルスタイルは、花嫁の内面の美しさを象徴し、結婚式の日をより特別なものにします。伝統的な要素とモダンなセンスを融合させることで、時代を超えて愛されるブライダルルックを創り出すことができるでしょう。

髪型とメイクで和装を際立たせる

和装結婚式において、花嫁の髪型とメイクは、その装い全体の印象を大きく左右します。特に、角隠しや打掛といった伝統的な衣装を引き立てるためには、適切なヘアスタイルとメイクが不可欠です。ここでは、角隠しに合う髪型と、和装に映えるメイクポイントについて探求します。

角隠しに合う髪型:島田や高島田

角隠しを着用する際のヘアスタイル選びは、和装の美しさを最大限に引き出す鍵です。以下に、特に相性の良い髪型を紹介します。

  • 島田髪型: 島田髪型は、その複雑な結い方と華やかさで知られており、角隠しとの組み合わせによって、花嫁の優雅さと品格を際立たせます。島田髪型は、特に白無垢や色打掛との相性が良く、伝統的な和装の美しさを強調することができます。
  • 高島田髪型: 高島田髪型は、その高さとボリュームで知られ、角隠しと合わせることで、花嫁の顔立ちを美しく見せる効果があります。この髪型は、挙式や披露宴での正式な場にふさわしく、格式高い印象を与えます。

これらの髪型は、専門のヘアメイクアーティストによって作り上げられることが多く、花嫁の和装に合わせて細部までこだわりが見られます。また、簪(かんざし)などのアクセサリーを加えることで、さらに華やかな雰囲気を演出することができます。

和装に映えるメイクのポイント

和装に合わせたメイクは、自然な美しさを引き立てつつ、衣装の色彩と調和することが重要です。和装メイクのポイントをいくつか紹介します。

  • ナチュラルなベースメイク: 和装には、清潔感と透明感のあるベースメイクが最適です。肌のトーンを均一にし、自然なツヤを出すことで、衣装の美しさを引き立てます。
  • 控えめなアイメイク: 和装には派手すぎないアイメイクが適しています。アイシャドウは控えめな色を選び、アイラインは細く引くことで、上品な目元を演出します。また、まつげにはマスカラを軽く塗ることで、自然な印象に仕上げます。
  • 色味を抑えたリップ: リップメイクは、和装の色と調和するように選ぶことが大切です。淡いピンクや赤など、自然な血色感を出す色を選び、和装の雰囲気に溶け込むメイクを心掛けましょう。

和装結婚式における髪型とメイクは、花嫁の美しさを一層引き立てる重要な要素です。伝統的なヘアスタイルと、衣装に合わせたナチュラルなメイクを選ぶことで、花嫁はその日にしか見せない特別な魅力を放つことができるでしょう。

前撮りとロケーション撮影での活用

結婚式の前撮りやロケーション撮影は、特別な瞬間を美しく残すための大切な機会です。和装を選ぶカップルにとって、これらの撮影は、伝統的な装いを現代的な感性で表現する絶好のチャンスとなります。ここでは、フォトジェニックな和装での前撮りと、絶景ロケーションでの和装撮影の魅力について探ります。

フォトジェニックな和装で前撮り

前撮りは、結婚式当日の忙しさから解放され、ゆっくりとした時間の中で撮影を楽しむことができます。和装を選ぶ際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  • 和装の選択: 打掛や白無垢、角隠しをはじめとする和装は、その色彩の美しさや繊細なデザインで、写真に深みと格調を与えます。打掛や白無垢は、それぞれが持つ色や柄の意味を理解し、カップルの願いや個性を反映させることができます。
  • ヘアスタイルとアクセサリー: 島田髪や文金高島田などの伝統的なヘアスタイルは、和装の美しさを一層引き立てます。また、かんざしやビーズのヘアアクセサリーを加えることで、モダンながらも伝統を感じさせるスタイルを創出することができます。
  • シーンの選択: 日本庭園や神社、古民家など、和装と調和する背景を選ぶことで、より雰囲気のある写真を撮影することが可能です。自然光を活用した撮影は、和装の素材や色を美しく映し出し、幻想的な雰囲気を演出します。

絶景ロケーションでの和装撮影の魅力

絶景ロケーションでの撮影は、和装の魅力を最大限に引き出し、忘れられない写真を残すことができます。

  • 季節の風景との調和: 桜の下での春の撮影、紅葉を背景にした秋の撮影など、季節の風景と和装が織りなすコントラストは見る者を魅了します。特に、日本の四季を象徴する風景は、和装の美しさを際立たせます。
  • 歴史的建造物での撮影: 古城や歴史的な建造物を背景に撮影することで、和装の格式高い美しさを一層強調することができます。これらの場所は、日本の伝統と文化を感じさせ、写真に深みと物語を加えます
  • 自然との一体感: 海辺や山など、大自然の中での撮影は和装の自然な美しさと調和し、圧倒的なスケール感を写真に与えます。自然の中での撮影は、和装の素材感や色彩が際立ち、唯一無二の写真を残すことができます。

和装での前撮りやロケーション撮影は、カップルの大切な瞬間を美しく切り取る絶好の機会です。和装の伝統的な美しさと、撮影場所の魅力が融合した写真は、結婚式の思い出として、一生大切にされることでしょう。

ゆめやの「和装レンタル前撮りプラン」では、洋髪はもちろん日本髪風のヘアセットにも対応いたします。花嫁だけに許される文金高島田を結い、綿帽子や角隠しを被った清純な花嫁姿を写真に残していただけます。着付けやヘアメイクに精通した介添えが撮影に同行し、思い出に残るウェディングフォトをサポートします。

和装選びで迷ったときのポイント

結婚式における和装選びは、多くの花嫁にとって大きな決断の一つです。白無垢と打掛は、日本の伝統的な結婚式で花嫁が着用する二大衣装であり、それぞれが異なる美しさと意味を持っています。和装選びに迷ったときに考慮すべきポイントを紹介し、和装選びの際の注意点と楽しみ方を探ります。

白無垢と打掛、どちらが花嫁に合う?

白無垢と打掛を選ぶ際には、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  • 白無垢: 白無垢は、その名の通り「純白」を意味し、花嫁の純潔と新たな始まりを象徴する衣装です。全体が白で統一されており、金彩や刺繍で装飾されていることが多いです。白無垢は、伝統的な日本の結婚式にふさわしい、格式高い選択とされています。
  • 打掛: 打掛は、白無垢に比べて色彩が豊かで、さまざまな色や柄があります。打掛は、華やかな披露宴やパーティーに最適で、花嫁の個性や結婚式のテーマを表現するのに適しています。

花嫁の好みや結婚式のコンセプト、会場の雰囲気に合わせて選ぶことが大切です。また、髪型やアクセサリー、新郎の衣装との調和も考慮することが重要です。

和装選びの際の注意点と楽しみ方

和装を選ぶ際には、以下の点に注意しながら、選び方を楽しむことが大切です。

  • 体型や肌色に合った色選び: 自分の体型や肌色に合った和装を選ぶことで、より美しく魅力的な花嫁姿を演出できます。試着を重ね、自分に最も似合う色やデザインを見つけましょう。
  • 伝統とモダンの融合: 伝統的な要素を大切にしつつ、現代的なアレンジを取り入れることで、個性的な和装スタイルを創出することができます。例えば、伝統的な打掛にモダンなアクセサリーを合わせることで、新しい魅力を引き出すことができます。
  • レンタルと購入の選択: 和装はレンタルと購入のどちらも可能です。予算や今後の使用頻度を考慮し、最適な選択をしましょう。レンタルであれば、高価な和装も手軽に着用することができます。

和装選びは、結婚式の準備過程の中でも特に楽しい時間の一つです。さまざまな和装を試着し、自分にとって最適な一着を見つける過程を存分に楽しんでください。最終的に選んだ和装は、結婚式の日の素晴らしい記憶とともに、一生の宝物となるでしょう。

まとめ

この記事を通して、和装結婚式の重要な要素である打掛と角隠しについて、その意味や美しさ、そしてどのようにして花嫁の個性を引き立てるかについて深く掘り下げてきました。和装はただの衣装ではなく、日本の伝統と文化、そして花嫁自身の物語を語る重要な要素です。ここでは、和装結婚式での個性を活かすポイントをまとめてみましょう。

打掛と角隠しの理解を深めて

打掛と角隠しは、それぞれが持つ独特の美しさと伝統的な意味合いにより、和装結婚式をより際立たせるアイテムです。打掛の豊かな色彩と柄は、祝福と喜びを象徴し、角隠しは花嫁の純潔と尊厳を表します。これらのアイテムを選ぶ際には、その歴史的背景と意味を理解し、自分たちの結婚式にどのように取り入れるかを考えることが大切です。

和装結婚式での個性を活かすポイント

和装結婚式で花嫁の個性を活かすためには、以下のポイントが重要です。

  • 自分に合った和装の選択: 自分の体型、肌色、そして個性に合った和装を選ぶことで、自然でありながらも印象的な花嫁姿を実現できます。
  • 伝統と現代の融合: 伝統的な和装に現代的な要素を取り入れることで、個性的かつ時代を超えたスタイルを創出できます。アクセサリーや髪型、メイクに工夫を凝らすことで、自分だけの和装スタイルを完成させましょう。
  • 撮影での表現: 前撮りやロケーション撮影を通して、和装の美しさを最大限に引き出し、二人の物語を美しい写真に残すことができます。撮影場所やポーズ、表情のバリエーションにこだわることで、より豊かな表現が可能になります。

和装結婚式は、日本の美しい伝統を現代に伝える大切な機会です。打掛や角隠しをはじめとする伝統的な衣装を通して、自分たちの個性と物語を表現し、忘れられない一日を創り出しましょう。この記事が、和装結婚式を控える花嫁やカップルにとって、有益な情報となり、素敵な一日の実現に役立つことを願っています。

婚礼

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

黒留袖 ヘアセット 髪型 イメージ

和装ウィッグの選び方ガイド!つけ毛で完璧な着物スタイルを!

はじめに:和装ウィッグの基礎知識 和装をより美しく見せるためには、髪型が非常に重要です。特に、着物に合った髪型をする場合に長さが足りないや、面倒を軽減するためにウィッグの使用が効果的です。この記事では、和装に適したウィッ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!