婚礼イメージ

結婚式前に、前撮りで美しい和装を写真に残す|プランや撮影方法の選び方

はじめに

和装での前撮りは、結婚式前の一大イベントとして多くのカップルに選ばれています。この記事では、そんな和装での前撮りについて詳しくご紹介します。はじめに、和装での前撮りの魅力と、結婚式前に選ぶ理由について探ります。

和装での前撮りの魅力とは

和装での前撮りの魅力は、時代を超えた美しさと、日本の文化や伝統を感じられる点にあります。衣装からロケーション、撮影スタイルに至るまで、多彩な選択肢があり、カップルの個性やこだわりを表現できます。

また、専門のフォトスタジオやロケーション撮影では、プロのフォトグラファーがカップルの魅力を最大限に引き出してくれます。撮影された写真は、結婚式当日とは異なり、リラックスした雰囲気の中での自然な姿を捉えたものとなり、一生の記念に残ります。

結婚式前の特別な瞬間を残す理由

結婚式前に前撮りを行う理由は多岐にわたりますが、最も大きな理由は、結婚という人生の大イベントを前に、二人だけの時間を大切にするためです。二人だけの静かな時間を過ごし、互いの愛を確かめ合うことで、精神的な絆を深めます。

また、前撮りを通じて、和装の着方やポージングに慣れることで、当日の撮影がスムーズに行えるというメリットもあります。そして、前撮りの美しい写真は、結婚式の招待状や会場の装飾、記念アルバムなど、さまざまな場面で活用でき、結婚式を一層彩ります。

和装での前撮りは、結婚式という一生に一度のイベントをより特別なものにするために重要です。カップルにとって忘れられない思い出を作るこの機会を、ぜひ最大限に活用してください。

和装の前撮りプランの選び方

和装の前撮りでは、理想の撮影を実現するためのプランやパッケージ、追加オプションの理解が必要になります。これから、和装の前撮りプランを選ぶ際に考えるべき点を詳しく解説します。撮影の質と満足度を最大化するために重要な点を、しっかり把握しましょう。

理想をかなえるプランの選定基準

和装の前撮りプランを選ぶ際、最も重要なことは、自分たちの理想とする撮影スタイルを明確にすることです。ロケーション撮影を希望するか、スタジオ撮影を希望するか、またはその両方を組み合わせたいかなど、撮影のスタイルを決定することが第一歩です。

さらに、使用する和装の種類、ヘアメイクのスタイル、撮影にかける時間、そして撮影するシーンの数など、細部にわたって希望をリストアップしましょう。これらが明確になればなるほど、自分たちにぴったりなプランを選びやすくなります。具体的なイメージを持つことで、スタジオとの打ち合わせがスムーズに進み、理想の撮影がかないやすくなります。

パッケージ内容とオプションの理解

多くのフォトウェディングスタジオでは、さまざまなパッケージプランを用意しています。基本プランに含まれる内容と、追加できるオプションを理解しましょう。基本プランには、衣装レンタル、ヘアメイク、撮影時間、撮影した写真などが含まれていることが多いですが、スタジオによって異なります。

また、ロケーション撮影の場合、撮影場所までの交通費や入場料が別途必要になる場合があります。オプションとして、追加の衣装やヘアチェンジ、アルバムや大判プリントなどもあります。パッケージの内容とオプションを事前に確認し、予算内で最も理想に近いプランを選びましょう。明確な予算設定と、その範囲内で最大限の価値を得られるプラン選択が重要です。

アンティークきものレンタルゆめやで取り扱う、和装での前撮りプランをご紹介します。

「着物を自由に選べるフォトウェディングプラン(ロケーション撮影)【set11】」は、「一生残る婚礼写真」だから、着物にこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、そのほか筥迫、末広、抱え帯、草履、かんざしなどすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎様のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)のほか、フォトグラファー・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が含まれます。

ゆめや提携先のフォトグラファーと事前にしっかり打ち合わせ。ご希望の場所や撮影リクエストにも対応します(東京都内限定・要相談)。「着物専門店ならでは」のこだわりの品揃えから、お好きな組み合わせをお選びください。 実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずはご試着をお申し込みください。

撮影スタジオとロケーションの選定

和装での前撮りでは、撮影場所が写真の雰囲気を大きく左右します。撮影スタジオと自然光あふれる屋外では、それぞれ異なる魅力があります。撮影場所を選ぶ際は、季節やアクセスの便、撮影にかかる時間など、さまざまなポイントを考えましょう。

スタジオ撮影vsロケーション撮影

スタジオ撮影とロケーション撮影は、それぞれ異なるメリットがあります。スタジオ撮影は、プロの照明と背景を使って、細部まで計算された美しい写真を撮ることができます。一方、ロケーション撮影は、自然光と美しい風景を背景に、より自然な雰囲気の写真を撮ることができます。

撮影場所は、カップルの希望する雰囲気やテーマ、そして撮影にかけられる時間や予算を考えて選びましょう。スタジオ撮影はコントロールが容易で、天候に左右されず計画的に撮影が進められますが、ロケーション撮影は天候や季節によって撮影条件が変わるため、より柔軟な対応が求められます。

和装の選び方とコーディネート

着物や打掛などの和装は、その豊富な種類と色彩、文様によってさまざまな雰囲気を演出し、写真の印象を大きく左右します。特に、結婚式や前撮りなどの特別な日には、自分たちの個性や挙式のテーマに合った和装を選ぶことが重要です。また、和装ではヘアメイクや小物使いにこだわることで、魅力を最大限に引き出すことができます。この章では、着物と打掛の選び方と、和装を引き立てる美容のポイントについて解説します。

着物と打掛の違いと選び方

着物と打掛は、見た目が似ているため混同されがちですが、実は用途やデザインに違いがあります。着物は一般的にフォーマルな場でもカジュアルな場でも着用される多目的な和装の総称です。一方、打掛は結婚式などの特別な場に着用されるため、より華やかで豪華です。

選び方のポイントとしては、着物は自分の体型や好みの色、柄に合わせて選び、打掛は挙式のテーマや場の雰囲気に合わせて選ぶと良いでしょう。また、季節や挙式の時間帯に合わせて素材や色を選ぶことも大切です。例えば、春や秋の挙式には淡い色や柔らかい素材の着物がぴったりです。

アンティークきものレンタルゆめやで取り扱う衣装レンタルプランをご紹介します。「着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)【set08】」は、「一生残る婚礼写真」だから、着物にこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。

プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎様のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)が含まれます。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。ご試着からお申し込みください。

和装美容のこだわりポイント

和装では、ヘアメイクや小物使いが非常に重要です。特に、髪型は和装の印象を大きく左右するため、着物や打掛の雰囲気に合ったスタイルを選ぶことが大切です。伝統的な日本髪からモダンなアレンジまで、幅広いスタイルがあるので、自分の顔立ちや和装のテイストに合ったヘアスタイルを選びましょう。

また、簪(かんざし)や帯締めなどの小物使いもポイントです。これらの小物は和装のアクセントとなり、装いに華やかさや個性を加えます。和装は、これらを総合的に考え、バランスの取れたトータルコーディネートを心がけましょう。

フォトグラファーとの打ち合わせ

フォトグラファーとの打ち合わせは、和装での前撮りに欠かせません。この段階で、撮影のビジョンや具体的な要望を共有し、計画を練り上げます。撮影は、フォトグラファーとのコミュニケーションに大きく左右されるため、この時間を最大限に活用することが重要です。具体的なイメージの共有から、当日のスケジュールに至るまで、細部にわたる打ち合わせを行うことで、撮影がスムーズに進行し、理想の写真を残すことができます。

撮影のイメージ共有とコミュニケーション

和装の前撮りでは、撮りたい背景やポーズ、表情などの具体的なイメージを共有しましょう。参考画像やイメージボードを用意しておくと、撮影スタイルの細かなニュアンスをフォトグラファーに伝えやすくなります。

衣装やアクセサリー、ヘアメイクのディテールについてもこのタイミングで共有し、トータルコーディネートを確認することが大切です。細部にわたる打ち合わせを行うことで、当日のイメージギャップを防ぎ、自分たちの望む撮影ができます

撮影の流れと当日のスケジュール

撮影当日のスケジュールをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに撮影できます。フォトグラファーとは、移動時間、各ロケーションでの撮影時間、ポーズのバリエーションなど、撮影の細かな流れについて詳しく打ち合わせしましょう。

また、天気や体調不良など予期せぬ状況に対応できるよう、フレキシブルなスケジューリングを心がけることも重要です。希望通りの写真を残すために、十分な準備と計画を立て、リラックスして撮影に臨めるようにしましょう。

前撮り撮影の費用と予算の考え方

前撮りの費用は、計画前に考えましょう。和装での前撮りは、衣装レンタルや撮影場所選び、ヘアメイク、写真の編集など、それぞれに対して適切に予算を配分する必要があります。この章では、和装前撮りにかかる平均的な費用と、予算を賢く配分する方法、さらには予期せぬ追加料金に対処するためのポイントについて詳しく説明します。

和装前撮りの平均費用と予算配分

和装での前撮りの費用は、選択した撮影プランやロケーション、衣装の種類、ヘアメイクのスタイル、フォトグラファーの技術レベルなどによって大きく異なります。平均的には数十万円からとなりますが、より高額なプランもあります。

予算を決める際には、希望する撮影のスタイルや撮影内容を明確にし、それぞれに具体的な費用を割り当てることが重要です。衣装やアクセサリーのレンタル料金、撮影地への移動費や食事の費用など、想定外の出費も考える必要があります。

追加料金と注意点

特にロケーション撮影で予期せぬ追加料金が発生する場合があります。撮影許可料や移動費、撮影時間の延長、特別なレタッチや追加のプリント、アルバム製作などのオプションサービスを利用した場合、当初の見積もりを超える費用がかかる可能性があります。契約を結ぶ前に、見積もりの詳細をしっかりと確認し、追加料金が発生する可能性のある項目を明確にしておきましょう。

和装での前撮りで美しい写真を撮るコツ

和装での前撮りには、いくつかのコツがあります。季節や時間帯の選び方と、ポーズや表情の工夫が写真の美しさを左右します。この章では、最高の写真を撮影するためのポイントをご紹介します。

ベストな季節と時間帯の選び方

和装での前撮りの日程を決める際、特にロケーション撮影では、季節と時間帯が非常に重要です。日本の四季はそれぞれに美しさがあります。例えば、春は桜の下での撮影が人気ですが、この時期は人出も多く、予約が必要な場合もあります。秋の紅葉は、和装の温かみと調和します。

時間帯に関しては、「ゴールデンアワー」と呼ばれる日の出前後日没前後の時間は、柔らかく美しい光が差し、和装の質感や色彩を際立たせます。特に、朝の穏やかな光は、和装の優雅さを引き立て、神聖な雰囲気を演出します。

ポーズや表情のバリエーション

ポーズや表情は、写真の印象を大きく左右します。和装での撮影は、自然体で落ち着いたポーズが基本ですが、少しの工夫で写真に深みを加えることができます。例えば、着物の袖を使った動きのあるポーズや、二人が見つめ合うロマンティックなシーンは、特別な瞬間を演出します。また、笑顔だけでなく、優しい微笑みや凛とした表情も、和装の雰囲気に合わせて試してみてください。

フォトグラファーとの事前の打ち合わせで、どのようなポーズや表情が望ましいかを話し合うことも重要です。プロのフォトグラファーは、和装の特性を活かしたポーズを提案してくれるでしょう。また、撮影中はフォトグラファーの指示に従いつつも、自分たちらしい自然な表情を心がけることが、美しい写真への鍵となります。

ここまで紹介したコツを活かして、二人だけの特別な思い出を、美しい写真として残しましょう。

まとめ

和装での前撮りは、結婚式の一環として、伝統的な美しさで二人の物語を形にする、特別な意味を持つイベントです。最後にまとめとして、和装での前撮りでかなえるウェディングストーリーと、大切な一日を美しく残すための最終チェックリストについて紹介します。

和装での前撮りでかなえるウェディングストーリー

和装での前撮りは、単なる写真撮影では終わらず、二人の絆を深めてくれます。伝統的な和装を身にまとい、選ばれたロケーションで撮影を行うことで、二人だけのウェディングストーリーが生まれます。撮影プランの選定から衣装の選び方、フォトグラファーとの打ち合わせに至るまで、すべての過程が、二人の物語を紡ぐ重要な要素です。

大切な一日を美しく残すための最終チェックリスト

和装を選ぶ際には、季節やロケーション、個人の好みに合わせた衣装を選びましょう。また、撮影のイメージを共有し、フォトグラファーと密接に協力することで、理想の前撮りとなります。和装前撮りでは、自然な表情やポーズが美しい写真の鍵となるので、リラックスして楽しみましょう。

和装での前撮りの前に、以下のチェックリストを確認してください。

  • 衣装とアクセサリーの最終確認:着物、帯、小物など、当日必要なすべてのアイテムを準備し、状態をチェックしてください。
  • 美容とメイクの予定:ヘアメイクの予約を確認し、必要な美容用品を準備してください。
  • 撮影ロケーションと交通手段:撮影場所へのルートを事前に確認し、必要であれば交通手段を手配してください。
  • 撮影スケジュールの再確認:撮影のタイムラインを確認し、余裕を持ったスケジュールを立ててください。
  • 緊急連絡先のリスト:フォトグラファー、美容師、撮影場所の連絡先など、必要な緊急連絡先をリストアップしておきましょう。

和装での前撮りは、二人の愛を祝福し、結婚式の美しい前奏となる特別な時間です。ここまで紹介した内容とチェックリストを活用して、大切な一日を最大限に美しく残し、忘れられない思い出を作りましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

赤地に大きな梅と雲取紋様の五つ紋付色振袖【fui105】

【成人式】振袖の「ヴィンテージ」や「アンティーク」って?魅力は?

はじめに 振袖は、日本の伝統的な文化に根付いた美しい衣装です。特に、ヴィンテージ振袖はその中でも特別な存在で、古典的なデザインとアンティークな魅力を持っています。この記事では、ヴィンテージ振袖について詳しく探求し、その魅 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!