黒留袖 ヘアセット 髪型 イメージ

和装ウィッグの選び方ガイド!つけ毛で完璧な着物スタイルを!

はじめに:和装ウィッグの基礎知識

和装をより美しく見せるためには、髪型が非常に重要です。特に、着物に合った髪型をする場合に長さが足りないや、面倒を軽減するためにウィッグの使用が効果的です。この記事では、和装に適したウィッグの種類と特徴、および着物スタイルに適したウィッグの選び方について解説します。

和装ウィッグの種類と特徴

和装ウィッグは、着物や和服に合わせて、様々なスタイルを実現するために設計されています。以下は主な和装ウィッグの種類とその特徴です。

  • フルウィッグ:すっぽり被るタイプのウィッグになるため、好みの髪型にできます。
  • ハーフウィッグ:一般的に前髪は地毛で、後頭部をアレンジする場合に使用されます。
  • ポイントウィッグ:部分的にボリュームや長さを加えるために使われ、自然な髪の流れを作り出します。ポイントウィッグにはシニヨンウィッグやポニーテールウィッグがあります。
  • エクステンション:つけ毛の一種で、髪の長さやボリュームを増やすために使用されます。和装だけでなく、日常使いにも適しています。

これらのウィッグは、素材やカラー、耐熱性などの点で異なります。耐熱性のあるウィッグを選ぶことで、ヘアアイロンやコテを使ったアレンジが可能になります。

着物スタイルに合わせるウィッグの選び方

和装ウィッグを選ぶ際には、以下のポイントに注意してください。

  • 着物のスタイルとの調和:振袖、留袖、訪問着など、着る着物の種類に合わせてウィッグを選びます。そして、シーン毎にどのような髪型にしたいかによって決定します。例えば、フォーマルな場に適した伝統的なシニヨンにしたい場合、シニヨンウィッグが良いでしょうし、カジュアルな雰囲気の場合にはポニーテールウィッグやエクステンションが想定されます。
  • 色と質感の選定:ウィッグの色は自然な黒髪や、着物の色に合わせたものを選ぶと良いでしょう。また、自分の髪の質感に近いものを選ぶことで、ウィッグが目立ちにくくなります。
  • サイズとフィット感:ウィッグが頭にしっかりとフィットすることが重要です。サイズの調整が可能なウィッグを選んだり、試着してみたりすることをお勧めします。
  • 価格と品質のバランス:予算内で最適なウィッグを選ぶことは大切ですが、価格だけでなく品質も考慮に入れて選びましょう。長時間快適に着用できる高品質なウィッグを選ぶことが、結局はコストパフォーマンスにも繋がる場合もあります。

和装ウィッグの選び方を理解し、自分の着物スタイルに合ったウィッグを選ぶことで、和装の魅力を最大限に引き出しましょう。

和装ウィッグの種類とその魅力

和装ウィッグは、七五三や成人式、結婚式など、さまざまなフォーマルな場で活躍します。和装にぴったりのウィッグは、伝統的な髪型を簡単に再現できるだけでなく、着物や和服の雰囲気に合わせて選ぶことで、装い全体の印象を大きく変えることができます。

七五三や成人式に適したウィッグ

七五三や成人式などの特別な日には、伝統的な和装ウィッグが欠かせません。これらの行事では、特に以下のようなウィッグが選ばれます。

  • 七五三のお子さま用:現在、子供サイズ用のウィッグも多数販売されています。種類も豊富で、シュシュタイプのものもあります。大人用のお団子タイプのポイントウィッグなども、サイズによっては使える場合が多いです。
  • 七五三のママ用:七五三は正式な儀礼ですので、あまり派手過ぎない恰好がよろしいでしょう。クラシックなヘアスタイルで清潔感を出すようにしましょう。
  • 成人式用:成人式も式典ですので、本来はあまり過激なものは避けるべきです。ただ、近年は振袖の多くが総柄で髪飾りも派手なものもよく用いられますので、全体のバランスを見て決めると良いです。

葡萄色の壺垂れ紋様にブルーグレーの花紋様の七歳祝着」を着用した七五三の装いです。すっきりとまとめたアップスタイルに、華やかな髪飾りをあしらいました。葡萄色の着物に合わせて、髪飾りも紫色系でまとめています。

青磁色グラデーション辻が花の訪問着」を着用した、七五三のママの装いです。長い髪をコンパクトにまとめた、上品なアップスタイルです。清楚なデザインの髪飾りが、さりげなく華を添えています。

ブルーのぼかしに花々が総絞りで描かれた色振袖」を着用した、成人式の装いです。総手絞りの豪華な振袖に合わせて、ヘアスタイルもふんわりと華やかに。銀ビラが付いた艶やかな髪飾りで彩り、二十歳の若々しさを際立たせました。

いずれのウィッグも、着物の色や柄、帯のデザインとの調和を考えて選ぶことが重要です。また、子供用のウィッグは、軽量で装着しやすいタイプを選ぶと、子供も快適に過ごすことができます。

結婚式やフォーマルな場のためのウィッグ

結婚式やフォーマルなお茶会など、大人の和装には、エレガントで洗練されたスタイルのウィッグが求められます。特に以下のタイプのウィッグが適しています。

  • 花嫁の場合:角隠しを被る場合はかつら一択ですが、その他の場合は様々な選択肢があります。足りない部分を補うのであれば、エクステでも済むでしょうし、地毛の長さによって調整します。
  • 結婚式の両親の場合:母親らしい落ち着きがありながらも気品のある髪型が求められます。色味や光沢感にまで気を配りましょう。
  • お呼ばれのお茶会の場合:お茶会の格によって着物が変わるように、髪型も変わります。初釜のように格が求められる場合は、派手になり過ぎないよう意識します。対して、ちょっとした集まり程度であれば、気取らない程度のおしゃれで良いでしょう。

相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式」相良刺繍で全ての絵柄を表現した白打掛を着用した、清純な花嫁の装いです。花嫁だけに許される文金高島田のかつらをかぶり、べっ甲調の髪飾りを挿した古式ゆかしいスタイルです。

唐草に花束のカメオのような黒留袖」を着用した、結婚式に参列する親族の装いです。エレガントなアップスタイルに上品な簪が映え、正礼装にふさわしい品格を醸し出します。

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着」を着用した、お茶会の装いです。格式次第ではシンプルなアップスタイルのまま、気軽な集まりなら髪飾りを加えておしゃれを楽しんでもよいでしょう。

和装ウィッグを選ぶ際には、着物のスタイルや自分の顔立ち、そしてイベントの性質を考慮することが大切です。また、フルウィッグなどは蒸れやすいといった個々の性質も把握して選ぶことも重要です。

ウィッグの選び方:色とスタイルに着目

和装を引き立てるウィッグの選び方は、色とスタイルに特に注意を払うことが重要です。ウィッグの色とスタイルは、和装の全体的な印象を大きく左右するため、適切な選択が求められます。ここでは、和装に合わせるウィッグの色選びと、和装に映えるウィッグスタイルのアイデアについて解説します。

和装に合わせるウィッグの色選び

和装に合わせるウィッグを選ぶ際、色の選択は以下のポイントに注意しましょう。

  • 自然な色合いを選ぶ:和装には、基本は自然な黒色やダークブラウンなどの落ち着いた色合いのウィッグが最適です。髪色が自然であればあるほど、着物や和服の美しさが際立ちます。
  • 着物の色との調和:着物の色や柄に合わせてウィッグの色を選ぶことも大切です。特に、明るい色や華やかな柄の着物には、控えめな色のウィッグが好バランスを生み出します。
  • イベントの性質に合わせる:七五三や成人式などの華やかなイベントには、少しボリュームのある黒髪のウィッグが適しています。結婚式やフォーマルなお茶会では、より自然な色合いのウィッグが求められることが多いです。

ウィッグの色を選ぶ際には、和装の全体的な印象との調和を意識することが重要です。

和装に映えるウィッグスタイルのアイデア

和装に映えるウィッグスタイルを選ぶためのアイデアは以下の通りです。

  • 伝統的なスタイルを取り入れる:シニヨン(団子)スタイルなどの伝統的な和装に合うウィッグスタイルは、格式高い場に適しています。これらのスタイルは、和装の優雅さを一層引き立てます。
  • モダンなアレンジを加える:カラーエクステンションを使用して、少しモダンな要素を加えるのも一つの方法です。たとえば、フィッシュボーンなどに取り入れたスタイルは、和装に新鮮さを与えます。
  • 小物を活用する:リボンや花飾りなどのヘアアクセサリーをウィッグに加えることで、個性的で華やかなスタイルを作り出すことができます。特に、結婚式やパーティーなどの特別な場では、ヘアアクセサリーを使ったアレンジが映えます。

多角的な視点から考察して、最適なウィッグを選び出しましょう。

ウィッグの装着方法

ウィッグを自然に見せるための装着方法について説明します。

シニヨンや盛り髪スタイルの作り方

シニヨンや盛り髪スタイルは、和装にぴったりのクラシカルで上品な髪型です。これらのスタイルをウィッグで再現する際の基本的なステップは次の通りです。

  1. ウィッグの準備:シニヨンや盛り髪スタイル用のウィッグを選びます。適切なサイズと色を確認し、必要に応じてネットやピンで固定できるように準備します。
  2. 地毛のセット:まず、地毛を適宜丁度良い位置にまとめて、ウィッグを装着しやすくします。髪が短い場合は、髪をしっかりとネットで固定します。
  3. ウィッグの装着:被せるタイプのウィッグであれば頭にのせ、前から後ろへ優しく引き下げて固定します。側面や後頭部にピンを差し込み、ウィッグが動かないようにしっかりと固定します。挟みこむタイプであれば、地毛の間に固定し包んでいきます。
  4. スタイルの調整:シニヨンや盛り髪の形を整えます。

これらのステップにより、和装に合わせたエレガントな髪型を作り出すことができます。

ウィッグを自然に見せるポイント

ウィッグを自然に見せるためには、前述のようにサイズや色が自分に合っているかが大切です。もう一点、重要な点として素材が挙げられます。そんな素材の特徴を以下にまとめます。

  • 人工毛:化学繊維で作られたウィッグで、色が豊富なことと耐熱性に優れているという特徴があります。ただし、人工的な光沢感と静電気、耐久性に欠けるという欠点もあります。
  • 人毛:言葉通り、人の髪の毛です。天然のものなので、地毛に近い光沢感、髪質を持っています。グレードによっても価格は違いますが、一般的に人工毛よりも高価です。人の髪なのでお手入れが不可欠ですが、しっかりと管理すれば長く使える耐久性を持ちます。
  • ミックス毛:人工毛と人毛をミックスした製品です。それぞれの欠点を補った形なので、初心者にはおすすめと言われます。

ウィッグの素材にも注目することで、和装の魅力を最大限に引き出し、特別な日をより美しく彩ることができます。

和装ウィッグのアレンジ方法

和装ウィッグは、単に伝統的な髪型を再現するだけでなく、さまざまなアレンジを加えることで、より個性的で魅力的な着物姿を演出することができます。ここでは、簡単にできるウィッグのアレンジテクニックと、和装ウィッグに合うヘアアクセサリーの選び方について解説します。

簡単にできるウィッグのアレンジテクニック

和装ウィッグのアレンジは、以下のような方法で行えます。

  • ウィッグの髪の長さを調整する:ウィッグの髪の長さをお好みの長さにカットすることで、顔の形に合わせたスタイリングが可能です。
  • 複数のウィッグを使う:ポイントウィッグやエクステを複数使って、特定の部分にボリュームや長さを加えることができます。例えば、サイドやバックにエクステを加えることで、より豪華な印象に。ただし、エクステの重量やバランス、またそれぞれのエクステの髪質に気を付ける必要があります。
  • ヘアアクセサリーを使用する:リボンや花飾りなどのヘアアクセサリーをウィッグに加えることで、華やかさを演出できます。特に結婚式やお茶会などのフォーマルな場では、和装に合ったエレガントなアクセサリーを選ぶと良いでしょう。

これらのアレンジテクニックを駆使すれば、シンプルな和装ウィッグでも、様々な表情を見せることができます。

和装ウィッグに合うヘアアクセサリーの選び方

和装ウィッグに合うヘアアクセサリーを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • アクセサリーの種類を選ぶ:かんざし、ヘアピンなど和装に合う種類のアクセサリーを選びます。伝統的な和装には、かんざしを中心に、モダンな和装にはシンプルなヘアピンやリボンなどが適しています。
  • 着物の色や柄に合わせる:アクセサリーの色やデザインを着物の色や柄に合わせることで、統一感のあるスタイリングが可能です。特に、着物のアクセントカラーを取り入れたアクセサリーは、全体の印象を引き締めます。
  • イベントの性質に応じて選ぶ:フォーマルな場では、控えめで上品なアクセサリーを、カジュアルな場ではもう少し遊び心のあるアクセサリーを選ぶと良いでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、着物姿を彩るこだわりの髪飾りをご用意しています。髪飾りを存分に活用することで、より自分らしい装いを実現できます。

和装ウィッグのアレンジは、個性を表現するだけでなく、和装の魅力をより一層引き立てます。適切なアレンジとアクセサリーの選び方で、和装を楽しむ幅を広げましょう。

ウィッグの手入れと保管方法

和装ウィッグは、適切な手入れと保管を行うことで、長持ちさせることが可能です。ウィッグの品質を維持し、美しい状態を保つためには、正しいお手入れ方法と保管方法を知ることが重要です。ここでは、和装ウィッグのお手入れ方法と長持ちさせるための正しい保管方法について詳しく解説します。

和装ウィッグのお手入れ方法

和装ウィッグのお手入れは、以下のステップで行います。

  1. ブラッシング:ウィッグは使用前後にしっかりブラッシングをして、絡まりを取り除きます。ウィッグを長く大切に使うのであれば、ウィッグ専用のブラシを使うことがおすすめです。ウィッグの弱点である静電気などの対策が施されていますので、こういったブラシで、毛先から根元に向かって優しくブラッシングしてください。
  2. 洗浄:ブラシ同様にウィッグ用のシャンプーを使用するのが好ましいです。静電気の原因にもなるホコリや雑菌による臭いの除去をしてくれます。洗う時のポイントは、ウィッグを優しく扱うことです。また、ぬるま湯をつかうこと、そして、すすぎは念入りに行います。強くこすったり、絞ったりしないように注意してください。その他、洗いすぎも劣化を進めますので、メーカー推奨頻度に則って行いましょう。
  3. 乾燥:洗った後は、ウィッグをタオルでやさしく押さえ、水分を取り除きます。その後、通気性の良い場所で自然乾燥させます。
  4. スタイリング:乾燥したウィッグは、再度ブラッシングしてスタイルを整えます。必要に応じて、ウィッグ用のスタイリング剤を使って仕上げます。

定期的なお手入れは、ウィッグの寿命を延ばし、常に最高の状態を保つのに役立ちます。

長持ちさせるウィッグの正しい保管方法

ウィッグの保管方法は以下の通りです。

  • ウィッグスタンドの利用:使用しない時は、ウィッグスタンドや専用のマネキンヘッドにウィッグを置いて形を保ちます。これにより、ウィッグがくずれにくくなります。
  • 日光を避ける:直射日光はウィッグの色褪せや素材の劣化の原因になるので、保管する際は日光が当たらない場所を選びましょう。
  • 湿度を避ける:湿度が高い場所での保管は、カビや臭いの原因になります。湿気の少ない、涼しい場所で保管してください。
  • ほこりを避ける:ウィッグにほこりがつかないようにしましょう。ただし、密閉保管はカビやダニの原因になりますので、気を付けましょう。

ウィッグを適切に保管することで、その美しさを長く保つことができます。以上のお手入れと保管方法を実践して、いつでも最高の状態のウィッグを和装に合わせてお楽しみください。

まとめ:和装ウィッグで華やかな着物姿を

和装ウィッグは、特別な日の着物姿をより魅力的に見せるための重要なアイテムです。ウィッグを適切に選び、装着することで、理想の髪型を叶えることができます。最後に、和装ウィッグで叶える理想の髪型と、和服をより美しく演出するためのポイントについてまとめます。

和装ウィッグで叶える理想の髪型

和装ウィッグを使用することで、以下のような理想の髪型を実現することができます。

  • 伝統的な髪型:シニヨンなどの伝統的な和装に合わせた髪型を簡単に再現できます。特に、結婚式や成人式などのフォーマルな場では、クラシカルな髪型が和装の美しさを引き立てます。
  • モダンなアレンジ:ポイントウィッグやエクステンションを活用して、モダンなアレンジを加えることが可能です。たとえば、サイドに流れるような髪型や、カジュアルなポニーテールなど、様々なスタイルが楽しめます。
  • アクセサリーの使用:リボンや花飾りなどのヘアアクセサリーを加えることで、さらに華やかな印象に。アクセサリーを使ったアレンジは、個性的でおしゃれな着物スタイルを演出します。

和装ウィッグで和服をより美しく演出

和装ウィッグを選ぶ際には、以下のポイントを意識してください。

  • 色とスタイルの調和:ウィッグの色は、着物の色や柄と調和させることが重要です。また、イベントや着物のスタイルに合わせたウィッグスタイルを選ぶことで、和服がより一層引き立ちます。
  • 適切なサイズとフィット感:ウィッグは頭の形に合ったサイズを選び、しっかりとフィットさせることで、自然な印象に仕上がります。
  • お手入れと保管:ウィッグの美しさを保つためには、適切なお手入れと保管が必要です。定期的な清掃と正しい保管方法を実践することで、長期間ウィッグを美しく保つことができます。

和装ウィッグを活用することで、着物姿はさらに華やかで美しいものになります。適切なウィッグの選び方、装着方法、お手入れ方法を心掛け、特別な日に和装の魅力を存分に楽しんでください。

〈参考記事〉
https://www.kimonomachi.co.jp/c/kamikazari/wig

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。 そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。 以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。 この記事では、 […]

ひとつ前の記事

婚礼イメージ

【結婚式】神前式と人前式の違いって? それぞれの特徴と準備の流れ

はじめに 神前式と人前式とは? 結婚式は、二人の新しい人生の始まりを祝う重要なイベントです。日本においては特に「神前式」と「人前式」が、結婚式の代表的なスタイルとして多くのカップルに選ばれています。 神前式は、神社などで […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!