ブルーやピンクに染め分けられた本紋に百花繚乱の色振袖【fui119】

【着物のプロ監修】レトロで可愛い!着物の選び方|レンタル・購入ガイド

はじめに

レトロ着物には、時代を超えた魅力があります。その独特の美しさと、着る人に合わせた多様なスタイルが、多くの人々を魅了してやみません。この記事では、レトロ着物の基本から、かわいい着物スタイルの作り方、さらには着物に関する豊富な知識をわかりやすく解説していきます。着物初心者の方でも楽しめる内容を心がけていますので、ぜひ最後までお読みください。

レトロ着物の魅力とは

レトロ」とは、「古いものを懐かしみ楽しむ」という意味が込められており、基本的に、レトロ着物は、昔に流行った色柄を取り入れた着物のことを指します。似たような着物として、アンティーク着物がありますが、こちらは戦前に作られたと言う意味で、真に古い着物のことを指します。ただ、アンティーク着物の柄はレトロ着物に使われる柄の元となっているものが多く、アンティーク着物のことも含めてレトロ着物と言う場合もあるようです。

レトロ着物が持つ最大の魅力は、その独特の色使いと柄にあります。レトロ着物に見られる古典的な色柄の美しさは、現代のファッションに落とし込まれ、多くの人の感性を揺さぶります。

レトロ着物は、大正ロマンを彷彿とさせるモダンな柄から、昭和初期のシンプルで洗練されたデザインまで、多種多様なスタイルが存在します。これらの着物を現代のファッションに取り入れることで、個性的でありながら上品な装いを楽しむことができます。

かわいい着物スタイルの基本

かわいい着物スタイルを作るための基本は、色と柄の選び方にあります。明るい色合いの着物や、花柄などのかわいらしい柄を選ぶことで、フレッシュで若々しい印象を与えることができます。

また、小物選びも重要です。帯や帯揚げ、草履などの小物を上手に組み合わせることで、より一層のかわいさを引き出すことが可能です。特に、帯の結び方一つで全体の印象が大きく変わるため、いくつかの結び方を学ぶことをおすすめします。

レトロ着物の選び方

レトロ着物を選ぶ際には、その美しさと個性を最大限に引き出すためのいくつかのポイントがあります。レトロな着物は、古典的な美しさと現代のファッションセンスが融合した魅力的なアイテムです。ここでは、柄と色の選び方、サイズと仕立ての重要性、そして単品からセットまでの着物選びの基礎知識について解説します。

柄と色で魅せるレトロ感

レトロ着物の魅力の一つは、その独特の柄と色合いにあります。古典的な柄である梅や桜、菊といった花柄や、大正ロマンを感じさせるモダンなデザインが特に人気です。色に関しては、落ち着いた色合いの中にも、鮮やかな赤や青といった色をポイントとして使用することで、レトロでありながらも華やかな印象を与えることができます。

選ぶ際には、自分の肌の色や好みに合わせて、柄や色を選ぶことが大切です。また、アンティーク着物特有の色褪せや柄のぼかしも、レトロ感を演出する大きな要素となります。

サイズと仕立てのポイント

着物を選ぶ際に最も重要なのが、サイズと仕立てです。着物のサイズは、身丈、裄丈、袖丈で決まります。これらのサイズが自分に合っていないと、着姿が美しく見えないだけでなく、着心地も悪くなってしまいます。特に、アンティーク着物を選ぶ場合は、当時の人たちのサイズと現代の人の体格が違うことから、サイズ感がかなり異なる場合があるので注意が必要です。

このように、サイズ感が異なる場合は、仕立て直しをすることで、より現代のファッションに合わせた着こなしが可能になります。仕立て直しを検討する際には、経験豊富な職人に相談することをおすすめします。

単品からセットまで、着物選びの基礎知識

着物を選ぶ際には、単品で選ぶか、帯や小物がセットになったものを選ぶかを考える必要があります。初心者の方は、コーディネートに悩むことなく、すぐに着用できるセット商品を選ぶと良いでしょう。

一方で、着物や和装に少し慣れてきた方は、単品で着物や帯を選び、自分だけのコーディネートを楽しむのも一つの醍醐味です。また、着物を購入する際には、着付けの方法やお手入れの方法も学ぶことが大切です。これらの基礎知識を身につけることで、着物生活がより豊かなものになります。

ここで、ゆめやで取り扱っているお着物のレンタルプランから、かわいい色合いでおすすめの、「ブルーやピンクに染め分けられた本紋に百花繚乱の色振袖」をご紹介します。

こちらは、雲取紋様で染め分けられた本紋の正絹地に、手描き・手刺繍の花々が咲き乱れる、アンティーク色振袖です。華やかな地色に、華やかな花々が咲き、まさしく百花繚乱という振袖です。帯は、ベージュ色の地に大きな蜀江や小さな亀甲が織り出され、蜀江の中の大きな花はインパクトがあります。前身頃に手刺繍された紫色のダリアに合わせて、帯揚げは紫色の絞り、帯締めはブルーと濃紺ですっきりとコーディネートしました。

かわいい着物コーディネート術

レトロな着物は、その独特の魅力で多くの女性を魅了します。しかし、ただレトロな着物を選ぶだけではなく、どのようにコーディネートするかが、その着物をより一層引き立てる鍵となります。

ここでは、柄と色の組み合わせ方、アクセサリーの選び方、そして季節ごとの着こなしポイントを紹介します。これらのポイントを押さえることで、レトロ着物の魅力を最大限に引き出し、かわいらしさを演出することができます。

柄と色の組み合わせ方

レトロ着物を選ぶ際に最も大切なのが、柄と色の組み合わせです。レトロな着物には、大胆な柄や落ち着いた色合いのものが多く、これらを上手く組み合わせることで、洗練された大人のかわいらしさを表現できます。

例えば、淡い色の着物には、はっきりとした色の帯を合わせることで、コントラストを生み出し、着物の柄をより際立たせることができます。また、小紋や格子などのシンプルな柄の着物には、大きな花柄や古典的な柄の帯を合わせることで、レトロな雰囲気を一層強調できます。

アクセサリーで加えるひと工夫

着物コーディネートにおいて、アクセサリーは重要な役割を果たします。帯留めや帯締め、髪飾りなど、小さなアクセサリー一つで全体の印象が大きく変わります。レトロ着物には、アンティークの帯留めや、和モダンなデザインの髪飾りを選ぶと、より一層のかわいらしさを演出できます。

また、季節感を取り入れたアクセサリーを選ぶことで、着こなしに深みを加えることができます。例えば、春なら桜の花びらをモチーフにした髪飾りや、秋なら紅葉の形をした帯留めなど、季節に合わせたアクセサリー選びがポイントです。

季節ごとの着こなしポイント

レトロ着物の魅力を最大限に引き出すためには、季節ごとの着こなしを心がけることが大切です。春や秋は、淡い色合いの着物に色鮮やかな帯を合わせることで、季節の移り変わりを感じさせるスタイリングがおすすめです。夏は、涼しげな色の紗や麻の着物に、涼し気な小物を合わせることで、暑い季節でも快適に過ごせます。冬は、暖かみのある色合いの着物に、重厚感のある帯を合わせることで、季節感を演出することができます。また、季節に合わせた帯結びをすることで、さらに季節感を強調することが可能です。

着物の基本的な着付け方

着物を着ることは、日本の伝統文化を直に感じることができる素晴らしい体験です。しかし、多くの方が着物の着付けに不安を感じるかもしれません。ここでは、初心者でも簡単に着物を着る方法をステップバイステップでご紹介します。着物の美しさを最大限に引き出すためのポイントもお伝えするので、ぜひチャレンジしてみてください。

着物の着方ステップバイステップ

着物を着る際の手順を以下に示します。

  1. 足袋と肌着の着用: 着物を着た後に足袋を履くのは難しいことが多いので、まずは足袋を履きましょう。続いて、肌襦袢や裾除けなどの肌着を着用します。これらの肌着は肌に直接触れるものなので、肌触りが良く汗を吸収しやすい素材を選ぶことが重要です。肌着は着物のシルエットを美しく見せるためにも必要です。
  2. 体型の補正: 必ずしも必要ではありませんが、タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用: 長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。長襦袢には色や柄が付いているものもあり、袖口や振りからチラリと見せることによって、おしゃれ感をアップさせることができます。
  4. 着物の着用: 長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。さらに、衿元を整えましょう。女性の場合、首筋が美しく見えるように衿を拳一つ分くらい後ろに引くのが一般的です。
  5. 帯の締め方: 帯を着物の腰部分に巻きつけ、一度しっかりと結びます。その後、帯を美しく整え、帯結び(お太鼓結びなど)をします。帯締めを使用して帯がずれないように固定し、全体のバランスを整えます。
  6. 最終的な調整: 着物と帯の位置を最終的に調整し、全体のシルエットが美しく見えるようにします。衿元や袖の長さなど、細部にわたってチェックし、必要に応じて微調整を行います。

帯の基本的な結び方

帯の結び方にはさまざまな種類がありますが、初心者におすすめなのは「お太鼓結び」です。以下の流れに従って帯を締めましょう。

  1. 帯を準備する: 帯を広げ、しわがないか確認します。帯の長さを調整し、体に巻き付ける準備をします。
  2. 帯を体に巻きつける: 帯の「て先」を肩にかけ、先端が伊達締めの下あたりに来るように位置を決め、胴に一周巻きます。続いて、肩にかけていた「て先」を外し、帯板を当て、さらにひと巻きします。
  3. たれを折り上げる: 仮紐やクリップなどを使って、帯のたれを折りあげましょう。
  4. 帯結びを行う: お太鼓結びや文庫結びなど、希望やシーンに合わせた帯結びをします。初心者の場合は、簡単な結び方から始めると良いでしょう。
  5. 帯揚げと帯締めを使う: 必ずしも必要ではありませんが、帯を結ぶ際には、帯揚げまたは帯締めも着用してみましょう。帯揚げは帯の上からチラリと見える色柄が装いのアクセントになります。帯締めは、帯揚げ同様、装いのアクセントになることに加えて、帯がずれるのを防ぎ、整った形を保つことにも役立ちます。

初心者でもできる簡単アレンジ

着物の着付けに慣れてきたら、小物を使ったアレンジにも挑戦してみましょう。帯締めや帯揚げ、帯留めを変えるだけで、着物の印象は大きく変わります。また、季節に合わせた小物を選ぶことで、年間を通して着物を楽しむことができます。初心者の方でも、簡単にできるアレンジ方法を身につけることで、着物ライフがより豊かになります。

これらのステップとポイントを押さえることで、着物の着付けは決して難しいものではありません。初めての方でも、少しずつ慣れていくことで、着物の魅力を存分に楽しむことができるでしょう。

レトロ着物で出かけよう!イベント別スタイルガイド

レトロ着物は、その独特の魅力で多くの人を惹きつけます。特別な日に着物を選ぶことは、日常から少し離れた特別な時間を過ごすための素晴らしい方法です。この章では、さまざまなイベントに合わせたレトロ着物の着こなし方をご紹介します。お茶会やパーティー、お花見、そしてフォーマルな場面での着こなし方を学び、あなたのスタイルを一層引き立てましょう。

お茶会やパーティーにぴったりの着こなし

お茶会やパーティーに出席する際は、上品で落ち着いた色合いのレトロ着物を選ぶと良いでしょう。小紋や紬などの柔らかな柄が入った着物は、和やかな雰囲気を演出します。

帯は、着物の色と柄を引き立てる落ち着いた色や、少し華やかなデザインを選ぶと、全体のバランスが取れます。小物選びも重要で、シンプルながらも一点豪華主義で、着物の色や柄に合わせた帯締めや帯揚げを選ぶと、さりげなくおしゃれを楽しむことができます。

お花見やお出かけにおすすめのスタイル

春のお花見や気軽なお出かけには、明るい色合いや花柄が特徴のレトロ着物がおすすめです。レトロながらもポップな色使いの着物は、春の陽気にぴったり合い、周囲の景色とも調和します。

帯は、着物とは対照的な色を選ぶことで、アクセントになり、より一層着物が映えるでしょう。カジュアルな場面では、草履よりも履きやすい下駄を選ぶと、長時間のお出かけも快適に過ごせます。

成人式や卒業式などのフォーマルな場面での着こなし

成人式や卒業式など、一生に一度のフォーマルな場面では、振袖や訪問着のレトロ着物を選ぶことで独特の華やかさを演出することができます。中でも、アンティーク着物の中には、豪華な柄や色使いのものが多く、正絹の素材が高級感を演出してくれます。

帯は、着物に合わせた重厚感のある袋帯を選び、華やかな帯結びを加えると、よりフォーマルな印象になります。小物も重要で、細かな部分までこだわりを持つことで、全体の印象がぐっと引き締まります。

レトロ着物のお手入れと保管方法

レトロ着物は、古き良き時代を現代に蘇らせた独特の魅力を持つアイテムです。適切なお手入れと保管方法を実践することで、長年にわたってその美しさを保つことができます。この章では、日常のお手入れ方法、正しい保管方法、そしてよくあるトラブルとその対処法について解説します。

日常のお手入れ方法

レトロ着物の日常的なお手入れは、着物の美しさと寿命を延ばす上で非常に重要です。まず、着用後は必ず着物を風通しの良い場所で陰干しし、汗や湿気を取り除きましょう。特に、正絹の着物は湿気に弱いため、この工程が重要です。

また、汚れが付いた場合は、早めに専門のクリーニング店に相談することが望ましいです。自宅での汚れ落としは、素材を傷める原因になりかねません。小さな汚れであれば、柔らかい布で優しくたたくようにして取り除くことができます。

正しい保管方法で着物を長持ちさせる

着物を長持ちさせるためには、保管方法にも気を配る必要があります。着物は折りじわがつきやすいため、長期保管の際は専用の着物用ハンガーにかけるか、適切に畳んで桐箱など専用の着物箱やたとう紙に入れて保管しましょう。

また、直射日光や湿気を避けるために、通気性の良い暗所で保管することをおすすめします。防虫剤を使用する場合は、着物に直接触れないようにし、定期的に入れ替えることが重要です。これにより、カビや虫食いのリスクを最小限に抑えることができます。

これらの方法を実践することで、レトロ着物を長く美しく保つことができます。大切な着物を次世代にも受け継ぐために、日々のお手入れを怠らないようにしましょう。

レトロ着物の購入とレンタルガイド

レトロ着物を手に入れる方法としては、購入とレンタルの二つがあります。どちらを選ぶかは、着物をどのように楽しみたいか、予算や保管スペース、着る頻度など、さまざまな要因によって異なります。

この章では、レトロ着物を購入するメリットと注意点、レンタルのメリットと選び方、初めての着物におすすめのショップとサービスの選び方について解説します。

購入するメリットと注意点

レトロ着物を購入する最大のメリットは、所有する喜びと自分だけの一着を長く大切にできることです。特に、アンティーク着物は、その一点物の魅力と歴史的価値があります。購入時には、着物の状態をよく確認し、色あせや傷みがないか、柄や色が自分の好みに合っているかを見極めることが重要です。

また、着物だけでなく、帯や小物もセットで考える必要があります。これらのアイテムを合わせることで、より一層レトロでかわいい着こなしが可能になります。

レンタルのメリットと選び方

レンタルの最大のメリットは、特別な日だけレトロ着物を楽しめることと、予算を抑えられる点です。また、レンタルならではの多様な選択肢から、イベントに合わせて最適な一着を選べます。

レンタルを選ぶ際は、レンタル期間、価格、レンタルセットの内容(着物以外に含まれている帯、小物など)を確認しましょう。また、着付け方法や返却方法についても事前に理解しておくと安心です。レトロ着物をレンタルする際は、自分の体型に合ったサイズがあるか、事前に試着が可能かどうかも重要なポイントです。

初めての着物におすすめのショップとサービスの選び方

初めてレトロ着物を手に入れる場合、どこで購入またはレンタルするかが大きな問題となります。信頼できるショップ選びは、満足のいく着物ライフの第一歩です。店舗での購入を考えている方は、スタッフの知識や対応をチェックし、アフターサービスや保証が充実しているかも確認しましょう。

オンラインショップを利用する場合は、商品の詳細写真や説明をよく読み、サイズや返品ポリシーをチェックすることが大切です。また、レンタルサービスを利用する際は、レビューや評判を参考にし、サポート体制が整っているかを確認してください。レトロ着物を楽しむためには、自分に合った方法で、信頼できるショップやサービスを選ぶことが重要です。

ここで、ゆめやで取り扱っているレトロなお着物から、「赤地に雲取、花薬玉の小振袖」をご紹介します。

こちらは、赤地に白、グレーの銀泥で現された雲取が印象的な大正時代の小振袖です。薬玉とは、五月五日の瑞午の節句に魔よけのために飾った中国の風習を真似て、薬や香料を錦の袋に入れたもので、菖蒲、蓬、よもぎなどの造花を摘んで五色の糸を長く垂らした薬玉を紋様化しています。帯は、菊の柄がかなり華やかに織られた丸帯を結びました。

まとめ

着物は、その美しさや独特の魅力で多くの人々を魅了し続けています。特にレトロ着物は、過去の時代の美意識を今に伝える貴重なアイテムであり、日常に彩りを加える素晴らしい手段です。

この記事では、レトロ着物の選び方から着こなし、お手入れ方法まで、着物を楽しむための基本的な知識をご紹介しました。着物初心者の方でも、この情報を基に、着物ライフを楽しんでいただけることを願っています。

レトロ着物で日常に彩りを

レトロ着物を日常に取り入れることで、特別な日だけでなく、日々の生活にも新たな楽しみが生まれます。例えば、友人とのお茶会や、週末のお出かけにレトロ着物を着用することで、普段とは違った自分を表現できます。

レトロ着物の魅力は、その独特の柄や色合いにあり、着るだけで周囲の注目を集めることができます。また、アンティーク着物を選ぶ楽しみは、歴史を感じさせる一点物を見つけることにもあります。

着物を楽しむための心得

着物を楽しむためには、いくつかの心得があります。まず、着物はその日の気分や行く場所に合わせて選ぶことが大切です。また、小物一つで全体の印象が変わるため、小物選びにもこだわりましょう

帯や帯締め、草履などの小物を変えるだけで、同じ着物でも異なる雰囲気を楽しむことができます。着物の着付けやお手入れ方法を学ぶことも、着物ライフをより豊かにするためには欠かせません。

これから始めるあなたへのアドバイス

着物ライフをこれから始める方への最大のアドバイスは、「まずは自分の好きな着物を見つけること」です。レトロ着物は種類が豊富で、初めての方でも自分のスタイルに合った一枚を見つけやすいです。また、着物を着ることに慣れていない方は、レンタルや着付け教室を利用するのも良いでしょう。最初は難しく感じるかもしれませんが、着物を着ることで得られる喜びや満足感は計り知れません。少しずつ着物の世界を楽しんでいきましょう。

〈参考記事〉
https://sakuto.jp/kimono-column/coordinate/retro-kimono-coordination/
https://www.buysellonline.jp/blog/retro-kimono-arange
https://kyoaruki.saganokan.com/column/retro-2/
https://sakuto.jp/kimono-column/coordinate/retro_kimono/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

ルビー色に四季の花薬玉の中振袖【hak02】

【次の卒業式に】袴の用意を便利に!ネットレンタルの活用法と選び方

はじめに:袴レンタルとは? 卒業式は、学生生活の大切な節目です。特に女性にとって、この日は晴れやかな和装で華やかに飾りたいもの。ここでは、そんな卒業式に欠かせない袴レンタルについて、基本的な知識からその魅力までをご紹介し […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!