着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

橙色に菊と破れ立涌の小振袖【hak35】

【2024年最新版】レンタル袴で小学生の卒業式を華やかに|選び方ガイド

はじめに:小学生の卒業式に袴を選ぶ理由

卒業式は、小学校生活の終わりを祝う大切な節目です。この特別な日に、最近では多くの女の子たちが、伝統的な日本の衣装である「袴」を選択しています。袴は、式典の格式を高め、お子さまたちにとって一生の記憶に残る瞬間をさらに特別なものにします。では、なぜ袴がこれほどまでに小学生の卒業式に選ばれているのでしょうか。

まず、袴はその美しさと格式で、卒業生を一段と引き立てます。伝統的な着物の上に袴を合わせることで、和の美を現代的な感覚で表現することができます。この日だけの特別な装いは、お子さまたちに自信と誇りを与え、新しい門出を祝うにふさわしい姿となります。

また、袴を選ぶもう一つの理由は、豊富なデザインと色彩です。レトロモダンから伝統的な柄まで、さまざまなスタイルがあり、自分の好みや個性に合わせて選ぶことができます。こうした選択肢の多さは、卒業式をより個性的で思い出深いものにするための鍵となります。

卒業式での袴の意味とは?

袴は、かつては男性の正装として用いられていましたが、現在では女性の卒業式などのフォーマルな場においても広く用いられています。特に小学生の卒業式では、新たなスタートを切るお子さまたちの成長と進歩を象徴する衣装として、親から子への愛情や期待を込めて選ばれることが多くなっています。

女の子に人気の袴スタイル

女の子に人気の袴スタイルは、その年ごとにトレンドがありますが、クラシックな柄からモダンなデザインまで幅広い選択肢があります。特に、桜や菊、梅などの花柄をあしらった袴や、鮮やかな色合いのものは、卒業式の華やかな雰囲気にぴったりです。また、紫や水色、ピンクなどの優しい色合いも人気があり、小学生らしいかわいらしさと上品さを兼ね備えています

さらに、フルセットでレンタル可能なサービスも多く、着物、袴、小物一式を一度に揃えることができるため、準備がとても簡単です。サイズも身長や体型に合わせて選べるため、どのお子さまにもぴったりの袴を見つけることができます。

卒業式という一生に一度の大切な日に、袴を選ぶことは、お子さまたちの新たなスタートを華やかに、そして心に残る形で祝福する素晴らしい方法です。それぞれの個性が光る袴を選び、記憶に残る卒業式を迎えましょう。

ここで、ゆめやが取り扱っているお着物から、卒業式の袴スタイルにも合わせやすい「薄紅色に水仙、牡丹、菊の花丸紋の小振袖」をご紹介します。

こちらは、大正時代から昭和にかけての一つ紋付きアンティーク小振袖です。御簾、桐、橘の花が織り出された正絹の地が薄紅色に染められ、丸紋の中には水仙、菊、牡丹などが手描きされています。

袴レンタルのプロセス解説

卒業式に向けて、袴のレンタルを検討する際には、事前の準備とプロセスの理解が重要です。この章では、袴レンタルの流れ、予約から返却までの手順、そしてサイズ選びのポイントについて詳しく説明します。

予約から返却までの流れ

袴レンタルのプロセスは、以下のようなステップを踏むことが一般的です。この流れを事前に把握しておくことで、スムーズにレンタルを進めることができます。

  1. レンタルサービスの選定: 袴レンタルを提供するショップやオンラインサービスは数多くあります。価格、デザインの豊富さ、サービス内容、口コミなどを比較して、自分のニーズに合ったレンタルサービスを選びましょう。
  2. 事前予約: 卒業式のシーズンはレンタルの需要が高まります。希望する袴を確実にレンタルするためには、数カ月前には予約を完了させることが重要です。
  3. サイズ選びとデザインの決定: 身長、体型に合ったサイズ選びが重要です。また、デザインや色、柄もこのタイミングで選びます。
  4. 試着と最終確認: 可能であれば、実際に着物や袴を試着してみましょう。オンラインでのレンタルの場合は、サイズ表やカスタマーサポートを利用して確認します。
  5. レンタル期間の確認: レンタル期間はサービスによって異なります。卒業式の日程に合わせて、余裕を持ったレンタル期間を選びましょう。
  6. 受け取り: 店頭での受け取りまたは宅配サービスを利用します。宅配の場合は、卒業式の数日前には手元に届くよう手配されます。
  7. 卒業式当日: 予め練習しておいた着付けを行うか、着付けサービスを利用し、袴姿で卒業式に臨みます。
  8. 返却: 使用後は、指定された方法で袴セットを返却します。クリーニング不要で返却できるサービスが一般的です。

サイズ選びのポイント

袴のレンタルにおけるサイズ選びは、見栄え良く着こなすために最も重要な要素の一つです。以下に、サイズ選びの際のポイントを紹介します。

  • 身長と体型に合わせる: 身長に合った袴の長さを選ぶことが重要です。袴の裾は、くるぶしの少し上あたり理想的です。また、着物は体型によって選ぶサイズが異なりますので、詳しいサイズ表を確認しましょう。特に、小学生の場合、数か月で身長がグンと伸びることもあるので成長を考慮したサイズ選びも大切です。
  • 試着を利用する: 可能であれば試着をしてみることをおすすめします。特にオンラインでレンタルする場合は、サイズ交換が可能かどうか事前に確認しておくと安心です。
  • アドバイスを参考にする: 専門スタッフのアドバイスを参考にすることも一つの方法です。サイズ選びで不安がある場合は、経験豊富なスタッフに相談してみましょう。

卒業式という特別な日に、最適な袴を選び、すてきな思い出を作るためにも、レンタルのプロセスやサイズ選びのポイントを押さえておくことが大切です。次の章では、袴セットの内容と選び方について詳しくご紹介します。

袴セットの内容とは

卒業式における袴のレンタルを考えた際、多くの方がどのようなアイテムが含まれるのか、またフルセットレンタルのメリットについて疑問を持つことでしょう。この章では、袴のレンタル時に必要となるアイテム一式と、フルセットレンタルを選択するメリットについて詳しく解説します。

必要なアイテム一式の紹介

袴のレンタルセットには、以下のアイテムが一般的に含まれます。

  • 着物: 卒業式に着用する主要な衣装。色や柄は豊富にあり、自分の好みや卒業式のテーマに合わせて選ぶことができます。
  • : 着物の上に重ねて着用するスカートのような衣服で、色や柄を着物と合わせることが多いですが、コントラストを楽しむ選択も可能です。
  • 袴下帯: 着物に使用される一般的な帯と異なり幅が半分ほどの帯です。袴の下に着用して袴の上1~3cmほどにチラリと見える形で、装いにアクセントを加えます。
  • 草履: 袴に合わせる伝統的な履物。足元のおしゃれを演出し、全体のコーディネートを引き締めます。
  • 足袋: 草履を履く際に必要となる白い靴下。足元の清潔感を保ちます。
  • 小物セット: 着物をより美しく見せるためのアクセサリー類。これらの小物が全体の印象を大きく左右します。
  • 巾着: 手元に持つ小さな袋で、必要最小限の荷物を入れるために使用します。デザインは着物や袴と合わせることが一般的です。

フルセットレンタルのメリット

袴のレンタルをする際にフルセットレンタルを利用することは、多くのメリットがあります。

  • 手間が省ける: フルセットであれば、着物から小物に至るまで全てが揃っているため、個別にアイテムを選ぶ手間が省けます
  • 統一感のあるコーディネート: 専門のスタイリストがセットを組むことが多いため、全体のバランスが取れた、統一感のあるコーディネートが可能です。
  • コストパフォーマンス: 個別にレンタルするよりもセットで借りた方が、トータルでのコストを抑えることができる場合が多いです。
  • 準備の簡略化: 卒業式の準備は忙しいもの。フルセットであれば、着付けに必要な全てが揃っているため、準備がずっと楽になります。
  • 安心のサポート: 多くのレンタルショップでは、フルセットレンタルのお客様には、着付けの方法や小物の使い方など、細かなサポートを提供しています。

袴のフルセットレンタルは、卒業式という特別な日を迎える上での大きなサポートとなります。必要なアイテムが一式揃っており、準備から当日の装いまで、スムーズで心地よいものにするために、ぜひフルセットレンタルの利用を検討してみてください。

着付けの基礎知識

着付けは、袴や着物を美しく着こなすために欠かせない技術です。自宅で簡単に行える着付けの方法から、特別な日のためにプロの着付けサービスを利用するメリットまで、ここでは着付けに関する基礎知識を詳しく解説します。卒業式を迎える小学生の女の子たちが、自信を持って袴姿を楽しめるように、基本的なポイントを押さえておきましょう。

自宅でできる簡単着付け方法

袴の着付けは、一見複雑に思えるかもしれませんが、基本的なステップを抑えておけば自宅でも挑戦できます。以下に、シンプルな着付け方法を紹介します。

  1. 下着の準備: 肌襦袢・長襦袢などの下着を着用します。
  2. 着物の着用: 着物を身につけ、衿を右前にし、左衿が上になるように着用します。
  3. 袴下帯の結を結ぶ: 袴下帯を腰に巻き、好みの結び方で固定します。初心者でも簡単にできる帯結びから始めると良いでしょう。
  4. 袴の着用: 袴を足に通し、腰でしっかりと紐で結びます。この時、袴下帯が袴の上2~3cm程度出る位置に合わせます。袴の裾は、足のくるぶしより少し上にくる程度が適切です。
  5. 最終調整: 着物と袴の位置を整え、全体のバランスを確認します。肩や腰のしわを整え、帯や袴の紐が緩まないように確認しましょう。

着付けサービスの利用について

特別な日には、プロの着付けサービスの利用を検討するのも一つの選択肢です。以下に、着付けサービスを利用するメリットをいくつか紹介します。

  • プロの技術: 着付け師は、着物や袴を美しく着こなすための専門的な技術を持っています。プロの手による着付けは、姿勢を美しく見せ、一日中快適に過ごせるようにしてくれます。
  • 時間の節約: 着付けには時間がかかるものですが、プロに任せればスムーズかつ迅速に準備を完了させることができます。
  • 安心感: 特別な日の準備は緊張するものですが、着付けをプロに任せることで、その他の準備に集中することができます

多くのレンタルショップや美容院では、着付けサービスを提供しており、事前に予約をすることで当日のサービスを受けることが可能です。卒業式のような特別な日には、プロの着付けサービスを利用して、最高の状態で迎えることをおすすめします。

着付けは、袴を美しく着こなすための重要なスキルです。自宅での練習を積んだり、特別な日にはプロのサービスを利用したりすることで、卒業式をより一層特別なものにすることができます。

袴のデザインと選び方

卒業式における袴の選び方は、その日の装いを左右する重要な要素です。袴のデザインは多岐にわたり、レトロモダンから伝統的な柄まで、さまざまなスタイルが存在します。

この章では、袴のデザインの選び方と、色や柄を通じてお子さまの個性を表現する方法について掘り下げていきます。

レトロモダンから伝統的な柄まで

袴のデザインには、古典的な美しさを現代風にアレンジしたレトロモダンスタイルから、桜や菊、梅といった伝統的な日本の花をモチーフにした柄まで、幅広い選択肢があります。

レトロモダンな袴は、伝統的な着物文化に現代的な感覚を取り入れたデザインが特徴で、若い世代からの支持が高いです。これらの袴は、色使いが豊富で、洋服のような感覚で着こなすことができます。

一方で、桜や菊、梅などの伝統的な柄を取り入れた袴は、日本の四季を感じさせる美しさがあります。これらの柄は、卒業式という節目の日にふさわしい格式高い装いを演出してくれます。また、これらの柄は、長い時間を経ても色褪せることのない、普遍的な美しさを持っています。

色や柄で表現するお子さまの個性

袴を選ぶ際には、色や柄を通じて、お子さまの個性や好みを表現することも大切です。明るい色の袴は、元気で活発な印象を与え、落ち着いた色の袴は、品格を感じさせる落ち着きある装いを提供します。

例えば、明るいピンクや水色の袴は、明るく朗らかな性格の女の子にぴったりです。また、深みのある紺や緑の袴は、落ち着いた雰囲気を醸し出し、内面の美しさを引き立てます。

柄に関しても、大胆な花柄は個性的で華やかな印象を、小花柄や無地に近いデザインは上品で控えめな美しさを表現します。お子さま自身が好む色や、性格を反映させた柄を選ぶことで、卒業式の日に自信を持って袴を着こなすことができるでしょう。

袴の選び方一つで、卒業式の日の印象は大きく変わります。お子さまの個性や好みに合わせて、最適な袴を選ぶことで、卒業という新たな始まりを祝う特別な一日を、より一層輝かせることができます。袴選びは、単なるファッション選びを超え、お子さまたちの自己表現の一形態となり得るのです。

ここで、ゆめやで取り扱っているお着物から、卒業式で着る袴にも合わせやすい「橙色に菊と破れ立涌の小振袖」をご紹介します。

こちらは、破れ立涌に菊や梅の花が大きく華やかに咲き誇ったアンティーク小振袖です。橙色の地色が印象的です。模様はすべて手描きで施され、職人の柔らかな気質が表れた一着です。肩や袖に十分な柄がありますので、袴用にぴったりの着物です。

アクセサリーと小物で差をつける

卒業式における袴スタイルは、アクセサリーや小物の選び方によって、さらに個性を際立たせることができます。足袋や草履、巾着から始まり、髪飾りや帯のコーディネートに至るまで、細部にわたる選択が、トータルのコーディネートを豊かに彩ります。ここでは、小物を選ぶ際のポイントと、それらを上手にコーディネートする方法について解説します。

足袋や草履、巾着の選び方

  • 足袋: 足袋は、袴の装いを清潔に見せるための重要なアイテムです。白色の足袋が一般的ですが、装いのアクセントとして色足袋を選ぶのもおすすめです。サイズは足にぴったり合うものを選び、快適に過ごせるようにしましょう。
  • 草履: 草履は、袴姿の重要なポイントです。袴や着物の色、柄との調和を考えて選びましょう。また、長時間履いていても疲れにくい、足に合ったサイズの草履を選ぶことが大切です。
  • 巾着: 巾着は、小物を入れるだけでなく、装いのアクセントとしても機能します。袴や着物と同系色で統一感を出すか、意図的に色を変えてアクセントにするか、装い全体とのバランスを考えて選びましょう。

髪飾りや帯のコーディネート

  • 髪飾り: 卒業式の袴スタイルをより華やかにする髪飾りは、選ぶ際の大きな楽しみの一つです。花やリボンなどのモチーフを選び、髪型とのバランスを考えましょう。また、髪飾りの色は袴や帯の色と調和させると、全体のコーディネートが引き締まります
  • 袴下帯: 袴下帯は袴スタイルの印象を大きく左右するアイテムです。伝統的な色柄のものからモダンなデザインまで幅広くありますので、袴や着物のスタイルに合わせて選びましょう。

アクセサリーや小物を選ぶ際は、全体のバランスを常に意識することが大切です。袴や着物の色、柄だけでなく、アクセサリーの素材感や色合いも装い全体に溶け込むように選ぶことで、より洗練された印象になります。小物一つひとつにこだわりを持って選ぶことで、卒業式の特別な日にふさわしい、自分だけのスタイルを完成させましょう。

卒業式当日の準備と注意点

卒業式は、小学生にとって大切な節目の日です。袴を美しく着こなし、一日を快適に過ごすためには、事前の準備と当日の注意点をしっかりと把握しておくことが重要です。この章では、袴着用のポイントとマナー、快適に過ごすためのアドバイスを詳しく解説します。

袴着用のポイントとマナー

  • 着付けの確認: 自宅で着付けをする場合、卒業式の数日前には、一度自宅で袴の着付け練習を行うことをおすすめします。また、着付けサービスを予約している場合は場所と日時の確認を忘れずに。当日慌てないためにも、早めの確認が大切です。
  • 時間に余裕を持つ: 卒業式当日は、着付けに思った以上に時間がかかることがあります。余裕をもって準備を始めることで、ゆったりとした気持ちで一日を迎えられます。
  • マナーを守る: 袴を着用する際は、和装のマナーを意識することが大切です。例えば、着物の衿元は清潔に見せ、帯はきちんと締め、袴の丈は足首が隠れるくらいが適切です。また、公共の場では大きな声を出さない、礼儀正しく行動するなど、服装だけでなく行動にも気を配りましょう

快適に過ごすためのアドバイス

  • 適切な下着の選択: 肌襦袢・長襦袢など、和装用の下着を着用することで、着物や袴が体にフィットし、美しい着姿を保つことができます。
  • 動きやすい靴を選ぶ: 草履は見た目が美しいですが、長時間歩くと足が疲れることがあります。式典以外の時間は、履き替え用の靴を用意しておくと良いでしょう。
  • 持ち物を最小限に: 巾着や小さなバッグには、必要最低限のものだけを持っていくようにしましょう。卒業証書や記念品を受け取る場合のスペースも考慮する必要があります。
  • 天候に備える: 卒業式当日の天候は変わりやすいこともあるため、折り畳み傘や羽織ものを準備しておくと安心です。特に早春の卒業式では、朝晩の冷え込みに対応できるよう、ショールや羽織るものを用意しておくと良いでしょう。

卒業式当日を快適に過ごすためには、事前の準備が重要です。袴の着用方法をしっかりとマスターし、当日に備えることで、卒業式を存分に楽しむことができます。また、小物選びやマナーの守り方にも気を配ることで、より一層の満足感を得ることが可能です。卒業式は、小学生活の集大成として、忘れられない一日になるはずです。その特別な日を迎えるにあたり、以下のポイントも心に留めておきましょう。

  • 体調管理を徹底する: 卒業式前日は早めに休むようにして、十分な睡眠を取ることが大切です。体調を整え、最高の状態で卒業式に臨めるようにしましょう。
  • ヘアスタイルの事前準備: 卒業式のヘアスタイルも事前に考え、必要であれば美容院でセッティングをお願いするか、自宅でのスタイリングを練習しておきましょう。髪飾りや帯とのコーディネートも忘れずに。
  • 非常用の小物を準備する: 靴擦れ防止のテープや絆創膏、安全ピンなど、小さなトラブルに対応できるアイテムを巾着に忍ばせておくと安心です。

これらの準備と心構えがあれば、卒業式当日はよりスムーズに、そして心から楽しむことができるでしょう。小学校の卒業は、お子さまたちにとって新たなスタートの日。この日の経験が、彼らの自信と成長の糧となることを願っています。

まとめ:レンタル袴で思い出に残る卒業式を

卒業式は、小学生の大切な節目として、お子さまたちにとっても保護者にとっても忘れられない一日です。袴のレンタルはこの特別な日をさらに彩り豊かにするための素晴らしい選択肢です。この記事を通して、袴のレンタルプロセスや準備のポイント、そして袴を選ぶ際のアドバイスについてご紹介してきました。ここでは、袴のレンタルを選択する際に考慮すべきことと、卒業式を彩る袴の魅力について再確認します。

袴レンタルのポイント

レンタルで袴を選ぶ際には、以下の点を考慮することが重要です。

  • サイズとフィット感: お子さまの身長や体型に合ったサイズを選ぶことで、見た目の美しさだけでなく、一日中快適に過ごすことができます。
  • デザインと色: お子さまの個性や好みに合わせたデザインや色を選び、卒業式の思い出をより特別なものにしましょう。
  • レンタル期間と価格: 卒業式の日程に合わせて適切なレンタル期間を選び、予算に合った価格のプランを選択することが大切です。
  • アクセサリーと小物: 袴スタイルを完成させるためのアクセサリーや小物も重要です。全体のコーディネートを考え、選びましょう。

卒業式を彩る袴の魅力

袴は、卒業式という節目の日に、お子さまたちの成長と新たなスタートを象徴する衣装です。袴の魅力を再確認してみましょう。

  • 伝統と格式: 袴は日本の伝統的な衣装であり、卒業式というフォーマルな場にふさわしい格式高い装いを提供します。
  • 個性の表現: 豊富なデザインや色から選ぶことで、お子さまたちの個性や好みを表現することができます。
  • 特別な記憶: 特別な衣装を身にまとうことで、卒業式の日を一生の思い出として心に刻むことができます。

袴レンタルを通じて、卒業式を迎える小学生たちは、自信を持って新たなステップに進むことができるでしょう。袴はただの衣装ではなく、お子さまたちの未来に向けた希望と期待を込めた、特別な意味を持つアイテムです。この一日を最大限に楽しみ、素晴らしい記憶として残すために、袴レンタルは大変有効な選択と言えるでしょう。

〈参考記事〉
https://hakama-bijin.com/column/20180727_dressing31/
https://hakama-bijin.com/column/20181101_kids01/
https://kakehi.co.jp/elementaryhakama/
https://kimono-haregi.com/hakama-content/obi/
https://kimono-rentalier.jp/column/hakama/hakama-kitsuke-item/
https://blog.kimonomachi.co.jp/life_event/graduation_ceremony/12906/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

婚礼前撮りプラン

【婚礼】白無垢を綿帽子なしで着るのはNG?シーンとスタイリング例

はじめに:「白無垢を綿帽子なしで着用」すること 結婚式は人生の大切な節目です。特に花嫁の衣装選びは、その日の印象を大きく左右します。日本の伝統的な花嫁衣装である白無垢は、その美しさと格式で多くの女性の憧れとなっています。 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!