黒紋付に仙台平袴のアンサンブル 五歳祝着【kod87】

【着物のプロ監修】七五三で男の子が着る袴のレンタル完全ガイド

はじめに

七五三は、お子さまの健やかな成長を祝う大切な日です。特に、男の子が5歳になると、伝統的な袴を着用してその成長を祝います。この節目に、適切な衣装を選ぶことは、親御さんにとってもお子さまにとっても、忘れられない思い出となります。

しかし、着物や袴に詳しくない方にとっては、その準備が大変に感じられるかもしれません。そこで、この記事では、七五三の袴のレンタルサービスに関する基礎知識から、袴の選び方、着付けのポイント、さらには写真撮影のコツまでをわかりやすく解説していきます。

七五三で袴をレンタルする際の基礎知識

七五三における袴のレンタルは、多くの家族にとって魅力的な選択肢と言えます。レンタルなら、高品質な着物や袴を手頃な価格で利用でき、サイズやデザインの幅も広がります

また、専門店では、着付けや小物一式がセットになったフルセットのレンタルも可能です。これにより、当日の準備がぐっと楽になります。レンタルを選ぶ際は、お子さまの身長や体型に合ったサイズ選び、本人に希望の色や柄があるかどうかを確認しましょう。

なぜ七五三で袴を選ぶのか

七五三で袴を選ぶ理由は、伝統的な装いを通じて、お子さまの成長と健康を祝うという意味が込められています。特に5歳の男の子は、「羽織袴」を着用することで、一人前の男性への第一歩を踏み出すことを象徴します。

袴は、武士の子どもたちが着用していた歴史があり、勇ましさや誇りを表現する衣装として、今もなお多くの家族に選ばれています。また、袴を着ることで、特別な日の記憶がより鮮明に残り、家族の絆を深める機会にもなります。

七五三で着用する袴の選び方

七五三において、男の子の袴選びは特別な意味を持ちます。伝統的な和装を通じて、お子さまの成長を祝うこの行事では、適切な袴の選択が重要です。

袴選びにおいては、サイズ、色、柄、そして着付けのしやすさが、見た目だけでなく、当日の快適さにも大きく影響します。以下では、これらの要素を踏まえた袴の選び方をご紹介します。

年齢別・身長別サイズの選び方

七五三での袴選びでは、まずお子さまの年齢と身長に合ったサイズを選ぶことが基本です。5歳の男の子の場合、身長に応じた袴サイズを選ぶことで、見た目の美しさだけでなく、動きやすさも保証されます。

サイズ選びの際には、レンタル店のサイズ表や、事前の試着を利用して、ぴったり合うサイズを見つけましょう。身長が標準よりも小さめ、または大きめの子供の場合、特に注意が必要です。小さめサイズや大きめサイズを豊富に取り揃えているレンタル店を選ぶと良いでしょう。

ここで、ゆめやで取り扱っているお子さま用の羽織袴レンタルセットから、七五三にもぴったりの「黒紋付に仙台平袴のアンサンブル五歳祝着」をご紹介します。

こちらのセットでは、正絹の黒紋付に、仙台平の袴を合わせました。基本のアンサンブルですので、サイズを6種類作りました。五歳の七五三から、十二歳の小学校卒業式まで、あらゆる年齢の男の子に着ていただくことができます。紋入れ(貼り付け紋)のご注文も承っています。

色や柄で表現するお子さまの個性

袴の色や柄は、お子さまの個性や家族の好みを表現する素晴らしい手段です。伝統的な黒や紺の袴から、モダンなデザインのものまで、選択肢は豊富にあります。また、鷹や兜、松などの吉祥柄は、お子さまの健やかな成長を願う意味を込めて選ばれることが多いです。

色に関しては、お子さまの肌の色に合わせて、最も映える色を選ぶことがポイントです。柄については、大胆なものからシンプルなものまで、お子さまの性格に合わせて選ぶと良いでしょう。

着付けが簡単なフルセットの魅力

七五三の当日は、親子ともに忙しいもの。そんな中で、着付けが簡単なフルセットの袴は大変便利です。フルセットには、袴の他に羽織、着物、小物が全て含まれており、準備がとても簡単になります。

また、着付け方法が簡略化されているセットも多く、着物に不慣れな方でも安心して着用できます。レンタル店によっては、着付けのデモンストレーションや説明書を提供しているところもありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。簡単に着られることで、七五三の日をより一層楽しむことができます。

男の子のための袴スタイルガイド

七五三は、お子さまの健やかな成長を祝う大切な日です。特に男の子にとって、袴を着るこの日は、一生に一度の特別な瞬間となります。ここでは、伝統的なスタイルからモダンなスタイルまで、男の子の袴選びのポイントに加えて、羽織と袴の組み合わせ方や、アクセサリーの選び方についても詳しく解説していきます。

伝統的なスタイルとモダンなスタイル

伝統的な袴スタイルは、紋付羽織袴が中心となります。紋付は家紋が入った羽織で、格式高い場面での着用が一般的です。一方、モダンなスタイルでは、色や柄に現代的な要素を取り入れた袴が選ばれます。

例えば、鮮やかな青や緑、またはキャラクターが描かれたものなど、子供が喜ぶデザインが多く見られます。どちらのスタイルも、七五三のお祝いにふさわしい選択肢となりますが、お子さまの好みや家族の伝統に合わせて選ぶことが大切です。

羽織と袴の組み合わせ方

羽織と袴の組み合わせは、七五三での男の子の装いを決定づける重要な要素です。羽織は、袴と同じ素材や色で統一感を持たせることが一般的ですが、対照的な色を選んでアクセントをつけることもあります。

例えば、黒や紺の袴に、白やグレーの羽織を合わせると、洗練された印象になります。また、袴の柄に合わせて羽織の裏地を選ぶと、さりげないおしゃれを楽しむことができます。

アクセサリー選び:足袋から兜まで

七五三の装いをより一層引き立てるアクセサリー選びも見逃せません。足袋は、袴の色や柄に合わせて選ぶと統一感が出ます。また、兜や刀の小物は、男の子らしさを強調し、写真撮影の際にもすてきなアクセントになります。

さらに、お守り袋や扇子など、伝統的なアクセサリーをプラスすることで、より格式高い装いを完成させることができます。アクセサリー選びには、お子さまの好みを反映させることで、七五三の日をより特別なものにすることができます。

着付けと準備のポイント

七五三でレンタルする袴の着付けは、お子さまにとっても親御さんにとっても特別な体験です。しかし、和装に慣れていない方にとっては、着付けや準備が少し心配なポイントかもしれません。

この章では、初心者でも安心して挑める簡単な着付け方法から、当日スムーズに進めるための準備の方法、さらにはトラブルを回避するための事前準備について詳しくご紹介します。

初心者でもできる簡単着付け方法

七五三の袴着付けは、初めての方でも簡単にできる方法があります。まず、着物を着る前に、子供が動きやすいように肌着と足袋を着用します。次に、着物を身につけ、右の衿が左の衿よりも下にくるように調整しましょう。袴は、着物の上から履かせ、紐でしっかりと固定します。最後に、羽織を肩にかけ、適宜、懐剣や末広(扇子)を飾り、羽織紐を装着します。ポイントは、お子さまが動きやすく、かつ着崩れしないようにすることです。簡単なステップで、お子さまをすてきな七五三の衣装に変身させることができます。

当日の準備

七五三当日を迎えるにあたり、スムーズに準備を進めるための方法をご紹介します。まず、着物、袴、羽織、足袋、小物類が全て揃っているか確認しましょう。また、着付けに必要な小道具(腰紐、衿芯など)も忘れずに準備してください。さらに、お子さまが快適に過ごせるよう、着替えや飲み物、軽食なども用意しておくと安心です。チェックリストを事前に準備しておくことで、当日の準備がぐっと楽になります。

トラブル回避のための事前準備

七五三当日を迎えるにあたり、トラブルを回避するための事前準備も重要です。例えば、着付けの練習を事前に行っておくことで、当日の着付けがスムーズに進みます。また、レンタルした着物や袴がお子さまにピッタリ合うか、事前に試着をしておくことも大切です。さらに、当日の天候や交通状況を確認し、余裕を持ったスケジュールを組むことで、心にも余裕を持たせることができます。事前準備をしっかりと行うことで、七五三当日をより楽しく、そして安心して迎えることができます。

レンタルサービス選びのコツと注意点

七五三のお祝いでは、お子さまたちが主役となります。特に男の子の場合、袴はその日の思い出をより特別なものにします。そんな特別な日のために、レンタルサービスを選ぶ際は、質の高い衣装を選ぶこと、予約と下見の計画、そして隠れたコストに気をつける必要があります。これらのポイントを押さえることで、七五三の準備をスムーズに、そして楽しく進めることができます。

質の高いレンタル衣装を見分ける方法

質の高いレンタル衣装を選ぶことは、七五三の記念撮影やお参りにおいて、お子さまが最高の姿でいられるようにするためにとても大切になってきます。質を見分けるポイントとしては、まず素材を確認することが挙げられます。

正絹や上質な織物で作られた袴は、見た目の美しさだけでなく、着心地も良いものが多いです。次に、衣装の縫製をチェックします。細部まで丁寧に仕上げられているか、糸のほつれがないかなど、手仕事の質にも注目しましょう。

また、クリーニングやメンテナンスが行き届いているかも重要なポイントです。レンタルショップを訪れた際には、これらの点をぜひチェックしてみてください。

予約と下見の重要性

七五三のシーズンは、レンタル衣装の需要が高まります。理想の袴を確実にレンタルするためには、早めの予約が必須です。特に人気のデザインやサイズはすぐに予約が埋まってしまうため、計画的に行動しましょう。

また、下見をすることで、実際に衣装を見て触れることができ、お子さまに合ったサイズやデザインをじっくり選ぶことができます。下見の際には、お子さまを同伴することで、実際に試着をして着心地や動きやすさも確認できるため、おすすめです。

隠れたコストに注意

レンタル衣装を選ぶ際には、表示されているレンタル料金以外にも、追加でかかる費用に注意が必要です。例えば、クリーニング料金や保険料、長期レンタルになると発生する追加料金などがあります。

また、アクセサリーや小物をレンタルする場合も、別途料金が必要になることが多いです。レンタル契約を結ぶ前に、総費用をしっかりと確認し、予算をオーバーしないように計画を立てましょう。これらのポイントを押さえることで、予期せぬ出費を避けることができます。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用のお着物レンタルセットから、「忍者ブルーの三歳祝着(男の子用)」をご紹介します。

こちらは、三歳~四歳くらいでお召しいただける、男の子用の着物です。正絹のブルーの反物と黒の反物から、ゆめやで仕立てました。ベストと袴は黒です。袴のウエストはゴムになっています。

七五三の写真撮影のためのヒント

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。この特別な日の記憶を美しく残すために、写真撮影は欠かせない要素の一つとなります。ここでは、記念撮影のためのポーズや表情、最適なロケーション選び、そして撮影に適した時間帯や天候についてのヒントをご紹介します。

記念撮影のためのポーズと表情

七五三の撮影では、お子さまがリラックスして、楽しんでいる様子を表現することが一番重要です。ポーズについては、堅苦しくなりがちな正式な立ち姿よりも、自然体でいる姿を選ぶと良いでしょう。

例えば、お子さまが好きなおもちゃを持っているショットや、親御さんと手をつないで歩いている様子など、日常の幸せが感じられるシーンがおすすめです。また、お子さまが最も輝いている瞬間を捉えるために、撮影中は常に会話をして、自然な笑顔を引き出しましょう

ロケーション選びのアドバイス

ロケーションは写真の雰囲気を大きく左右します。七五三の撮影には、自然光が豊富にある屋外が最適です。神社の境内や、美しい庭園、紅葉が美しい公園など、季節の風景を背景にすることで、和装の美しさが一層引き立ちます。

また、お子さまが普段遊んでいる公園など、親しみやすい場所を選ぶことでも、リラックスした表情を引き出すことができるでしょう。事前にロケーションを下見して、撮影に最適な場所や背景を選んでおくことが大切です。

撮影に最適な時間帯と天候

写真撮影に最適な時間帯は、いわゆる「ゴールデンアワー」、つまり日の出の直後や日没の直前です。この時間帯は、柔らかく温かみのある自然光が得られ、お子さまの和装を美しく映し出します。

晴れた日はもちろん理想的ですが、曇りの日でも柔らかな光が得られるため、表情や衣装のディテールを際立たせることができます。天候によっては撮影計画を変更する必要があるかもしれませんが、その場合でも、屋内であれば窓際など光が入る場所を選ぶと良いでしょう。

七五三当日の流れとマナー

七五三は、お子さまたちの成長を祝う大切な日です。この特別な日には、準備から当日の流れ、参拝時のマナー、そして家族での過ごし方まで、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。ここでは、七五三当日をスムーズに、そして心に残る一日にするためのガイドをご紹介します。

当日のスケジュール例

七五三当日は、朝からバタバタと忙しくなりがちです。事前にスケジュールを立てておくことで、当日をよりスムーズに過ごすことができます。一般的には、以下のような流れになります。

  1. : 起床後、朝食を済ませ、着付けを始めます。着付けは時間がかかるため、余裕をもってスタートしましょう。着付けを着付け師に依頼している場合は、予約した美容院などに遅れずに訪れましょう。
  2. 午前中: 着付けが終わったら、家族写真を撮影。その後、神社へ移動をします。
  3. 正午前後: 神社に到着し、参拝。七五三のお参りをします。
  4. 午後: 参拝後は、家族で食事を楽しんだり、記念撮影をしたりします。この時間は、子供たちの成長を祝い、家族の絆を深める大切な時間です。
  5. 夕方: 自宅に戻り、着物から普段着に着替え、一日の疲れを癒します。

参拝時のマナーと心得

七五三の参拝は、お子さまの健やかな成長を祈願する重要な儀式です。以下のマナーを守りましょう。

  • 服装: 神社には、正装で訪れるのが基本です。レンタルした着物や袴で、きちんとした態度で参拝しましょう。
  • 参拝の作法: 二礼二拍手一礼の作法で、心を込めてお参りします。小さなお子さまでも、この日のために練習しておくと良いでしょう。
  • 写真撮影: 神社の境内では、他の参拝者の迷惑にならないように配慮しながら撮影しましょう。特に、本殿や拝殿の前では、撮影を控えるのが無難です。

家族で楽しむ七五三の過ごし方

七五三は、お子さまだけでなく家族全員にとって特別な日です。以下に、七五三を家族で楽しむためのアイデアをご紹介します。

  • 家族写真: 七五三の記念に、プロのカメラマンに家族写真を撮ってもらうのはいかがでしょうか。お子さまの成長を家族全員で共有する素晴らしい記念になります。
  • 特別な食事: 参拝後には、お子さまの好きなレストランで食事をする、または家で特別な食事を用意することで、一日を祝います。
  • 感謝の気持ちを伝える: 七五三の日は、お子さまがこれまで育ててくれた家族や周りの人々に感謝の気持ちを伝える良い機会です。小さなプレゼントや手紙を用意するのもすてきです。

まとめ

レンタルサービスで七五三の袴を選ぶ際には、多くのポイントを考慮する必要があります。この記事では、七五三での袴をレンタルする際に重要な情報を提供し、お子さまの大切な日をより特別なものにするためのアドバイスを行いました。以下にまとめとして、再確認しておきたいポイントをご紹介します。

七五三でのレンタル袴選びの最終チェックポイント

レンタルサービスで七五三袴を選ぶ前に、以下のポイントを再確認してください。

  • サイズ: お子さまの現在の身長や体型に合ったサイズを選び、成長を見越して少し余裕を持たせることが大切です。
  • デザインと色: お子さまの好みはもちろん、七五三の写真撮影にも映える色やデザインを選びましょう。伝統的な柄からモダンなデザインまで、幅広い選択肢からお選びいただけます。
  • 着付けの簡単さ: 着付けが簡単なフルセットのレンタルを選ぶと、当日の準備がスムーズに進みます。また、事前に着付けの練習をしておく、またはプロに依頼すると安心です。
  • アクセサリー: 足袋や羽織紐などの小物も忘れずにチェック。お子さまの装いを一層引き立てるアイテムを選びましょう。
  • 予約状況: 人気のシーズンは予約が混み合うため、早めの予約が推奨されます。また、下見をして実際の衣装を確認、または試着することも大切です。

七五三の思い出をより豊かにするために

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。この特別な日をより思い出深いものにするために、以下の点を心がけてください。

  • 写真撮影: 七五三の日だけでなく、前撮りを利用して家族写真を残すのもおすすめです。自然光の下での撮影は、特に美しい写真を残すことができます。
  • 家族での参加: 七五三は家族みんなでお祝いする行事。可能であれば、祖父母も一緒に参拝し、家族の絆を深める良い機会にしましょう。
  • お参りの後のお祝い: 参拝後は、お子さまの好きなレストランで食事をするなど、お祝いを続けると喜ばれます。お子さまの成長を家族みんなで祝いましょう

この記事のおさらい

この記事を通じて、レンタルサービスでの七五三用袴選びに役立つ情報を提供できたことを願っています。最適な袴選びから着付けのコツ、当日の過ごし方まで、七五三を迎えるにあたっての準備は万全です。お子さまの七五三が、家族にとって忘れられない美しい思い出となるように、今回の情報がお役に立てば幸いです。

〈参考記事〉
https://news.yumeyakimono.jp/news/11353
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/sichigosan-kimono-namae/
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/pillar06.html
https://shichi-go-san.com/mame/009.html
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail44.html
https://pinto.style/detail/1138

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。 そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。 以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。 この記事では、 […]

ひとつ前の記事

マゼンダからグレーのぼかしに鶴が羽ばたく色打掛一式【utk12】

【2024年最新版】結婚式に映える色打掛で一生記憶に残る披露宴の作り方

はじめに:披露宴での色打掛の魅力 披露宴で新婦が着る色打掛は、日本の結婚式における伝統と現代の美的感覚が融合した、独特の美しさを醸します。当店が誇る絹100%の正絹アンティーク着物は、その独特の魅力で、披露宴を一生の記憶 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!