七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【初めての七五三】アンティークレンタル着物で個性的なスタイリングを!

目次

はじめに: アンティーク着物をレンタルする魅力

アンティーク着物のレンタルは、七五三などの晴れの日に、伝統美を供えた着物を手軽に身に付けることができる素晴らしい方法です。アンティーク着物は、時代を超えて受け継がれた美術品とも言える存在であり、それぞれがユニークな物語を紡ぎます。レンタルを通じて、手軽に、そして経済的に一日限りの特別な体験を実現することができます。

七五三でアンティーク着物を選択する重要性

七五三は、子どもたちの成長を祝う晴れの日です。3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子が七五三を祝う対象となります。この日、お子さまのためにアンティーク着物を選ぶことは、その独特の色柄が醸し出す雰囲気がお子さまを引き立て、お子さまが主役となることに貢献するでしょう。さらに、写真や映像にも映え、永遠の記憶として残すお手伝いをします。お子さまの個性に合ったアンティーク着物を選ぶことで、お子さまと共にご両親にとっても忘れられない一日を創り出します。

正絹のアンティーク着物が七五三に最適な理由

正絹のアンティーク着物は、その上品な光沢と滑らかな肌ざわりで、七五三の装いをいっそう特別なものにします。通気性が高く、長時間の着用でも快適性を保つ正絹は、お子さまのための最適な選択です。

フルセットレンタルで完璧な七五三を

七五三用の衣装のフルセットレンタルは、七五三に必要な着物や小物一式をまとめて準備できる便利なサービスです。これにより、準備にかかる手間を減らし、家族で過ごす大切な時間をより楽しむことができます。レンタルショップでは、専門スタッフが着付けや小物選びでの不安を解消し、お子さまが主役となる晴れの日をサポートします。レトロからモダンまで、さまざまなスタイルを取りそろえており、お子さまの個性に合わせて、最も適したアンティーク着物を見つけることができます。

サイズの選び方: 3歳、5歳、7歳の子供に合わせて

七五三のお祝いでは、お子さまが一日中快適に過ごせるようにするために、ぴったりのサイズの着物や袴を選ぶことが何よりも大事です。アンティーク着物はその美しさで特別な日を彩りますが、サイズ選びには特に注意が必要です。ここでは、3歳、5歳、7歳の各年齢に合わせたアンティーク着物のサイズ選びのコツを紹介します。お子さまが着る着物を選ぶときのために、着丈と裄丈の測り方、四つ身着物と袴セットの選び方、そして年齢ごとのサイズの注意点をわかりやすく解説します。

着丈と裄丈で合わせるアンティーク着物のサイズ

アンティーク着物を選ぶ上で最も大切なのは、お子さまの着丈裄丈を正確に測ることです。着丈は、まっすぐ立った状態で、首の付け根からくるぶしの中央までの長さを測ります。裄丈は、背中の真ん中から腕を伸ばした袖先までの長さです。これらをメジャーで正確に測定し、お子さまにぴったりの着物を見つけましょう。

四つ身着物と羽織袴の選択ガイド

七五三で7歳の女の子が着る四つ身着物は、並幅の反物を、身長の4倍の長さで裁ったものから作るためにその名がついています。3歳の時よりも落ち着いた色柄を選ぶことで、成長を感じる装いにすることができます。帯や小物も、大人と同じ種類のものを使用するので、トータルコーディネートを考えることで着姿がより引き立ちます。

羽織袴は、七五三で5歳の男の子が着る正装です。お子さまの肌色に合わせて色合いを選ぶことが大切です。羽織袴を着るには、そのほかにも、着物、長襦袢、兵児帯、羽織紐、その他さまざまな小物が必要なため、羽織や袴と小物類一式がセットになったものを選ぶのが効率的です。

年齢別サイズのポイント: 3才、5歳、7歳

各年齢に応じたサイズのポイントは以下の通りです。

  • 3歳の女の子は、被布を着用するのが一般的で、被布の丈が身長に合っていることが大切です。3歳の男の子が被布を着用する場合も同様です。
  • 5歳の男の子の場合は、羽織袴を着用します。袴丈が少し長めのものなら、着付けの位置で合わせることができます。動きやすいものを選びましょう。
  • 7歳の女の子は、四つ身着物の着丈と裄丈のサイズが特に重要になります。おはしょりをして着用するため、少し長さに余裕を持たせたサイズを選びましょう。

アンティーク着物の柄と色選び

七五三などの特別な日に着用するアンティーク着物を選ぶ際、着物の柄や色がそれぞれどういう意味を持っているかを理解しておくことが大事です。ここでは、幸福や繁栄、長寿などの意味が込められた代表的な柄や色について解説します。

牡丹と鶴: 幸福と長寿を象徴する柄

七五三に選ばれるアンティーク着物の中でも、牡丹と鶴の柄は特に人気があります。牡丹は「王者の風格」を持つ花とされ、豊かな生命力と繁栄、富貴を象徴します。一方、鶴は「千年の寿命」を持つとされ、長寿と幸運、良縁を意味しています。これらの柄を着物に取り入れることで、子どもたちの健やかな成長と幸せな未来を願う気持ちが込められています。アンティーク着物に描かれる牡丹や鶴は、繊細な手仕事によるものが多く、見る人を魅了する美しさを持っています。

色彩で伝える願い: 赤、桃色、水色の意味

着物の色にはそれぞれ慣例的な意味があるので、七五三にふさわしい色を選ぶことが大事です。赤は魔除けと子どもの健康を願う色として古くから親しまれています。また、桃色は愛らしさと若々しさを、水色は清らかさと新しい始まりを象徴しています。これらの色を着物に取り入れることで、子どもたちへのさまざまな願いを込めることができます。

昭和初期のアンティーク着物が持つ伝統と格式

昭和初期に作られたアンティーク着物は、日本の伝統と文化を今に伝える貴重な存在です。これらの着物は、細部にわたる職人技と、当時の社会や文化が反映されたデザインが特徴です。例えば、昔の着物には家紋を入れる習慣があり、家族の歴史や身分を示す重要な役割を担っていました。また、使用される柄や色合いにも、その時代の流行や価値観が反映されています。アンティーク着物を選ぶことは、これら伝統や文化を身にまとうことになり、特別な日の装いに深い意味を加えます。

「ゆめや」がご用意した、七五三のお子さま2人、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、ご兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。着物はご自由にお選びいただけます。 ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。せっかくの参詣ですので、ぜひ和装でお出掛けになり、記念に残してください。

アクセサリー選びの細かいポイント

七五三では、アンティーク着物をさらに美しく見せるアクセサリー選びがとても大切です。これらの小物一つ一つが、子供たちの晴れの日を華やかに彩り、思い出深いものにします。筥迫(はこせこ)から巾着足袋草履、そして髪飾りまで、それぞれを心を込めて選ぶことで、七五三の装いは完璧なものになります。これらのアイテムを選ぶ際の心構えと具体的なアドバイスを以下に紹介します。

筥迫と巾着セットで完成する七五三スタイル

筥迫(はこせこ)と巾着セットは、着物の華やかさをいっそう引き立てるアイテムです。筥迫というのは紙入れの一種で、小物入れなどに使いますが、七五三では飾り小物として用います。着物の色や柄、そしてお子様の個性に合わせて選ぶことが肝要です。巾着は、小さな手でも持ちやすく、着物の色と調和するものを選びましょう。機能性も大切ですが、この日だけの特別感を出すために、少し派手めで華やかなものを選んでも良いでしょう。子供が自分で選んだアクセサリーを持つことで、さらに七五三の日の思い出が深まります。

足袋から草履まで: 和装小物の選び方

足袋と草履は、見た目の美しさだけでなく、機能性にも注目して選びましょう。足袋は着物に溶け込む白やクリーム色が基本ですが、七五三ならではの特別感を出すために、小さな刺繍が入った足袋を選んでも素敵です。草履は、お子さまが一日中快適に過ごせるよう、サイズとフィット感を重視して選びます。子供の足にやさしい素材の鼻緒を選ぶことで、長時間のお出かけも安心です。

髪飾りの選択: 七五三での髪型を華やかに

髪飾りは、七五三の装いに最終的な華やかさを加えるアクセサリーです。大きな花飾りや色とりどりの簪(かんざし)は、子供たちを主役にするすてきなアイテムです。また、お子様の好きな色や形の髪飾りを選ぶことで、お子さま自身も七五三の準備を楽しむことができます。

アンティーク着物のフルセットレンタルのメリット

アンティーク着物のフルセットレンタルは、七五三や特別な日にお子さまを美しく装うための優れた選択肢です。フルセットレンタルのメリットとして、コストパフォーマンスの高さや、最高品質の着物体験ができることなどが挙げられます。

フルセットで得られるコストパフォーマンスとは

七五三のアンティーク着物のフルセットレンタルは、経済的な観点から見ても大変魅力的です。晴れ着一式を個別にそろえるよりも、フルセットでレンタルすることで、大幅なコスト削減が可能になります。フルセットには、着物や袴、帯、さらには小物類まで全て含まれており、別々にアクセサリーを探す手間も省けます。これにより、家族との貴重な時間を確保でき、より多くお子さまと過ごすことができるようになります。

正絹フルセットで体験する最高の品質

アンティーク着物の多くは、シルク100%の正絹で仕立てられているものが多く、一つ一つに職人の手仕事が生きています。これをフルセットでレンタルすることにより、プロによってトータルコーディネートされた上質な着物を身にまとうことができ、お子さまに最高の体験をさせることが可能です。正絹の着物は、見た目の美しさだけでなく着心地も良いのが特徴です。

アンティーク着物レンタルのフルセットは、お子さまの七五三という特別な日を美しく、そして経済的に彩るための最適な選択肢です。これらのメリットを理解し、お子さまにとって最も適したセットを選ぶことで、忘れられない思い出作りができます。

「ゆめや」が提供する、七五三のお子さま2人とお母さま、合計3着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、ご兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。着物はご自由にお選びいただけます。ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。お母さまは訪問着フルセットの1着となります。草履やバッグなどの小物も付属しています。

アンティーク着物の状態チェック

アンティーク着物を選ぶ際には、その状態を細かくチェックすることが不可欠です。100年以上の歴史を持つ着物は、時代を超えた美しさや魅力がありますが、長い年月がもたらす変化や劣化の兆候にも注意が必要です。ここでは、品質のチェックポイントから、破れや染みのチェック方法、さらには古典とモダンのアンティーク着物の違いまで、上手な選択をするためのポイントを紹介します。

100年以上の歴史を持つ着物の品質評価

アンティーク着物の魅力は、越えてきた年月を感じさせる独特の風合いにあります。しかし、100年以上の長い時間を経てきた着物は、自然な摩耗や経年変化が見られることにも注意を払う必要があります。品質評価の際には、生地の強度や色あせ織りの細かさなどに注目しましょう。細やかな手仕事による縫製や染色の状態を確認することで、着物の本当の価値を見極めることができます。

着物の破れや染みをチェックするポイント

アンティーク着物を選ぶ上で避けて通れないのが、破れや染みのチェックです。特に、着物の脇下背中心袖の付け根などは破損が生じやすい箇所です。また、染みに関しては、光の当たり方を変えながら細かく確認すると見落としがなくなります。これらのダメージがあっても、その歴史やデザインの価値を認めて選択するのは、アンティーク着物ならではのことと言えるでしょう。

古典的なアンティークとモダンなアンティーク

アンティーク着物には、大きく分けて「古典的」なものと「モダン」なものという違いがあります。古典的なアンティーク着物は、伝統的な柄や技法が特徴で、日本の歴史や文化を色濃く反映しています。一方、モダンなアンティーク着物は、大正ロマンや昭和初期のモダニズムを感じさせるデザインが魅力となっています。用途や好みに応じて、時代背景やデザインの違いを楽しみながら選ぶことが、アンティーク着物を選ぶ醍醐味です。

アンティーク着物を選ぶ際には、これらのポイントを押さえることで、より深い理解が得られ愛着を持つことができます。着物一つ一つに込められた物語を感じ取りながら、お子さまやご自身に最適な一着を見つけてください。

七五三におけるアンティーク着物のスタイリング

七五三は、子供たちの健やかな成長を祝う大切な日です。この特別な日にアンティーク着物を選ぶ際には、女の子と男の子のスタイルの違いレトロとモダンの違い、そして帯結びやアクセサリーの選び方などが重要なポイントになります。

女の子と男の子のアンティーク着物スタイル

女の子のアンティーク着物は、豊かな色彩と繊細な柄が特徴です。ピンクや赤などの明るい色合いに、花や鳥など自然をモチーフにした柄が一般的です。一方、男の子のアンティーク着物は、羽織と共に落ち着いた色合いのものが多く、シンプルながらも力強いデザインが好まれます。袴との組み合わせで、より凛々しい印象を与えることができます。

レトロとモダンの融合で個性を表現

アンティーク着物のスタイリングでは、レトロな魅力とモダンな感覚を融合させることで、個性的な装いを楽しむことができます。例えば、伝統的な色柄のアンティーク着物に現代的なデザインのアクセサリーを加えることで、新しいスタイルを生み出すことが可能です。また、色使いや柄の組み合わせによっても新しい表現が創り出せます。

スタイリングに合わせた帯結びとアクセサリー選び

アンティーク着物のスタイリングを完成させるには、帯結びとアクセサリー選びが重要になります。帯の選び方や結び方によって着物の印象は大きく変わるため、あらかじめ試着して、しっかり確認することをおすすめします。また、髪飾りや帯留め、草履やバッグなどの小物類も、細部にわたって吟味する必要があります。これらのアイテムを適切に選ぶことで、より洗練されたアンティーク着物スタイルが完成します。

まとめ: アンティーク着物で際立つ七五三

七五三は、子どもたちの健やかな成長を祝う日本の伝統的な行事です。お子さまを主役として引き立てるために、この晴れの日の衣装にアンティーク着物を選ぶことは優れた選択と言えます。アンティーク着物は、その一点ものの貴重さと、時を経ても色あせない優れた手仕事の芸術性によって、お子さまを晴れの日にふさわしく際立たせてくれるでしょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

七五三・兄弟姉妹プラン お子さま2人のセット(計2点)【set20】

【プロ監修】七五三にアンティーク着物を着せたい!レンタルの活用法

はじめに 七五三は、お子さまがその年齢まで無事に成長できたことを家族で祝い、その先を変わらず健康で幸せに暮らしていけるよう願う、大切な日本の伝統行事です。このようにお子さまにとって特別な意味を持つ日に、伝統衣装である着物 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!