深緋色にオレンジの雲取、四季の花薬玉の産着【kod124】

【着物のプロ監修】お宮参りの掛け着レンタルの全て|選び方・予算計画

はじめに

お宮参りは、赤ちゃんが生まれて初めて社会に顔を見せ、健やかな成長を願う大切な日本の伝統的な行事です。この特別な日に、多くの家族は赤ちゃんにとって人生初の正装、すなわち「掛け着(産着)」を着せます。しかし、着物や和装に詳しくない方にとって、掛け着の準備は少し戸惑いのあるものになるかもしれません。そこで、レンタルサービスの利用が非常に便利です。レンタルを選ぶことで、手頃な価格で、正絹の美しい着物を選ぶことが可能になります。また、クリーニングや保管の手間も省けます。

この記事では、お宮参りで着用する掛け着のレンタルについて、初心者さん向けに、基礎知識から選び方、予約方法、当日までの流れなどをわかりやすく解説していきます。赤ちゃんのお宮参りを控えているお母様方が、安心して準備を進められるように、またこの特別な日がより思い出深いものになるように、心を込めてご紹介していきます。

お宮参り用掛け着のレンタル入門

着物レンタルサービスは、伝統的な着物からモダンなデザインまで、幅広い選択肢を提供してくれます。お子さまのお宮参りにふさわしい着物を選ぶことは、一生の記念となる特別な瞬間をさらに美しく演出してくれることでしょう。この章では、お宮参りで着用する掛け着のレンタルサービスを初めて利用する方に向けて、レンタルの基本について解説していきます。

お宮参りにおけるレンタルのいろは

お宮参りにおけるレンタルのいろはを理解することは、赤ちゃんの大切な日を迎える上で非常に重要です。以下では、レンタルのメリット、レンタルする際のポイント、レンタルプロセスの基本的な流れ、レンタル時の注意事項、そしてスムーズなレンタル体験のためのヒントについて詳しく解説します。

  • レンタルのメリット: レンタルを選ぶ最大のメリットは、コストパフォーマンスの高さと利便性です。高価な着物を購入する代わりに、レンタルサービスを利用することで、一定期間使用後に返却するだけで済みますので、特に一度しか使用しない可能性が高いお宮参りには理想的です。さらに、レンタルサービスの多くは、着物のクリーニングや保管を代行してくれるため、手間を省くことができます
  • レンタルで掛け着を選ぶ際のポイント: レンタルプランを選ぶ際には、予算だけでなく、着物の種類、色、柄、アクセサリーの有無など、さまざまな要素を検討する必要があります。伝統的な柄や色合いを好む方もいれば、少し現代的なデザインや色使いを好む方もいます。また、お宮参りの時期や場所によっては、季節に合わせた着物を選ぶことも大切です。これらの選択を通じて、お子さまのお宮参りをより華やかで記憶に残るものにすることができます。レンタルサービスを利用する際には、専門のスタッフが着物選びのアドバイスを提供してくれることも多く、初めての方でも安心して選択を進めることが可能です。
  • レンタルの流れ: レンタルプロセスは基本的に、オンラインまたは店舗での予約、着物の選択、使用日の確定、着物の受け取り、そして使用後の返却、という流れになっています。オンラインでの予約の場合、豊富な写真や詳細情報が提供されており、自宅にいながらにしてさまざまな選択肢から理想の着物を見つけることができます。
  • その他注意すべきポイント: レンタル時に考慮すべき重要なポイントとして、着物のサイズや色、柄の好みはもちろん、レンタル期間や価格、返却方法などの契約条件をしっかりと理解することが挙げられます。また、予約する時期によっては、希望する着物が既に予約済みである可能性があるため、特に人気の高い時期には早めの予約が推奨されます。
  • スムーズなレンタル体験のためのヒント: 事前にレンタルショップのレビューや評判をチェックすること、着物レンタルに含まれるアイテムのリストを確認し、必要に応じて追加アクセサリーをレンタルするか購入すること、そして当日に備えて着物の着付け方法を事前に学ぶかプロの着付けサービスを利用することがあります。

このように、レンタルのいろはを把握することで、準備がスムーズになり、赤ちゃんのお宮参りをより特別なものにすることができます。

なぜ選ばれる?お宮参りでの着物レンタル

近年、お宮参りで着用する掛け着を購入ではなく、レンタルで利用するという家族が増える傾向にあります。理由としては、経済的な問題や、一度しか使わない着物に高額な費用をかけることへの抵抗感などが挙げられます。さらに、伝統的な着物から現代的なデザインまで、多様な選択肢があるため、個々の好みやニーズに合わせて着物を選べるということも、レンタルサービスが選ばれる理由となっています。

また、サステナビリティへの関心の高まりとともに、着物のレンタルは環境に優しい選択としても注目されています。一度購入した着物が長期間使われることは少なく、レンタルを利用することで資源の有効活用になると考えられているというわけです。

お宮参りでの着物のレンタルは、伝統を大切にしながらも現代のライフスタイルに合わせた形で進化しています。このような変化は、お宮参りのような伝統的な行事を未来に向けてどのように受け継いでいくか、という問いに対する一つの答えとなっているのです。

性別と季節に応じたレンタル着物ガイド

お宮参りの着物選びは、赤ちゃんの性別と行事を行う季節によって異なるアプローチが必要です。伝統的な価値観と現代の感性を踏まえつつ、赤ちゃんにとっても親御さんにとっても快適で記憶に残る選択をすることが大切です。この章では、男の子と女の子のための掛け着の違い、そして季節に合わせた着物の選び方を詳しく解説します。

男の子用と女の子用の掛け着の違い

お宮参りの際、男の子と女の子で掛け着の選び方は大きく異なります。この違いを理解することは、赤ちゃんにふさわしい最適な選択をするために重要です。

  • 色彩と柄の選択: 男の子用の掛け着では、伝統的に落ち着いた色合いが選ばれがちです。濃紺や緑、そして黒を基調とし、力強い印象を与える柄が好まれます。一方、女の子用の掛け着は、明るく華やかな色使いが特徴で、ピンクや赤、淡い黄色などが人気です。花柄や蝶など、繊細で愛らしいデザインが一般的に選ばれます。
  • 文化的意味合い: 着物の選択は、単に見た目の美しさだけでなく、文化的な意味合いを含む場合があります。たとえば、特定の柄や色が、幸運や健康、長寿を象徴することがあり、これらはお宮参りの着物を選ぶ際に考慮すべき要素です。

お宮参りの掛け着を選ぶ際には、これらの違いを念頭に置くことで、赤ちゃんにとって最も適した、意味深い選択をすることができます。着物は単なる衣装ではなく、家族の願いや希望を表現する手段であることを忘れずに。

ここで、ゆめやで取り扱っているお宮参り用の掛け着から、「流水に松竹梅の産着」をご紹介します。

こちらは、平織りの絹の羽二重に、梅、笹、波が手描きされた、男の子用のアンティーク掛け着物です。お宮参りでお子さまに掛けて、抱いている方の後ろで紐を結ぶ着物です。上がベージュ、中ほどが黒、裾がまたベージュという変わったデザインです。丸に稲穂の染め抜きの三つ紋が印され、裏には重ねの着物が縫い付けられています。たいへん凝った造りの掛け着物です。

夏にお宮参り?季節別掛け着の選び方

夏の暑い季節にお宮参りを行う際は、赤ちゃんが快適に過ごせるよう特別な配慮が必要です。高温多湿の条件下でのお宮参りでは、赤ちゃんに適した掛け着の選択が重要となります。ここでは、夏にふさわしい素材、色、デザインの選び方を中心に解説し、さらに春、秋、冬の季節に応じた掛け着の選び方についても見ていきます。

  • 夏用の素材選び: 夏のお宮参りには、通気性が良く軽やかな素材が最適です。絽(ろ)や麻などの素材は、風通しが良く汗を素早く吸収・発散してくれるため、赤ちゃんが快適に過ごせます。また、これらの素材は、涼しげな印象を与えるため、視覚的にも夏に適しています。
  • 色とデザインの選択: 夏の着物は、明るく清涼感のある色使いを選ぶことが一般的です。淡い色調や爽やかな青、緑などは、暑い季節にふさわしい選択肢です。柄に関しては、夏の自然を思わせるデザインや、涼やかな印象のある花柄が好まれます。
  • 春、秋、冬の着物選び: 春や秋のお宮参りでは、季節の変わり目に適した素材と色を選びます。柔らかな色合いや落ち着いた色の組み合わせが好まれ、季節の花をあしらったデザインが人気です。冬には、赤ちゃんを暖かく保つために裏地付きの着物や、暖かい素材を選び、必要に応じて防寒用の小物を合わせることが重要です。

夏にお宮参りを行う際は、赤ちゃんの快適性と安全性を最優先に考えることが重要です。適切な素材と色、デザインを選ぶことで、赤ちゃんも家族も快適で思い出深いお宮参りを迎えることができます。季節ごとに異なる着物の選び方を理解することで、どの季節においても最適な選択が可能となります。

レンタル予約から当日までの完全ガイド

お宮参りのための着物のレンタルは、計画的に進めることで、当日をスムーズかつ特別なものにすることができます。ここでは、予約の段階から当日の流れまで、必要な準備と心構えについて詳しく説明します。

スムーズな予約方法と準備スケジュール

お宮参り用の掛け着をスムーズにレンタルするためには、予約方法の理解と入念な計画が鍵となります。事前に計画を立て、余裕をもって準備を進めることで、当日を迎える際のストレスを大きく軽減できます。ここでは、レンタル予約のプロセスと、お宮参りまでの準備スケジュールについて詳しく見ていきましょう。

予約プロセスの理解

着物のレンタルサービスは、オンラインまたは店頭での予約が可能です。オンライン予約では、利用可能な掛け着の種類、サイズ、レンタル期間などを確認し、事前に選択しておくことが重要です。また、人気の期間やデザインは予約が埋まりやすいため、可能であれば数カ月前には予約を完了させておきましょう。

準備スケジュールの計画

お宮参りの日程が決まったら、その日を起点として準備スケジュールを立てます。具体的には、以下のようなタイムラインを設定することが推奨されます。

  1. 3~4カ月前: 着物レンタルの予約を開始。希望するスタイルや色、サイズの選定を行う。
  2. 2カ月前: 着物の最終選定と予約確定。必要なアクセサリーの選択もこの時期に。
  3. 1カ月前: 着物の受け取り方法や当日のスケジュールについて、レンタルショップと最終確認を行う。
  4. 2週間前: 着物の着付け練習やプロによる着付けサービスの予約確認。必要な場合は、この時期に調整を行う
  5. 1週間前: お宮参り当日に必要な物品のチェックリストを作成し、準備を開始する。
  6. 前日: 着物、アクセサリー、その他必要な物品をチェックし、当日のために準備を整える。

このように、お宮参りの準備は計画的に進めることで、スムーズなレンタル経験を実現できます。事前準備と確認を丁寧に行うことで、赤ちゃんの大切な日を安心して迎えられるでしょう。

お宮参り当日の心構えと持ち物リスト

お宮参り当日は、準備と計画が成功の鍵となります。この特別な日をスムーズに、そして楽しく過ごすために、事前に心得ておくべきことと、忘れずに持って行くべきアイテムのリストを以下でご紹介します。

当日の心得

  • 早めの出発: 予期せぬ遅延を避けるため、神社へは余裕を持って出発しましょう。特に公共交通機関を利用する場合は、時間帯に注意してください。
  • 赤ちゃんの機嫌を整える: お宮参りは赤ちゃんにとっても疲れるものです。お宮参りの前後で適切な休憩を取り、必要に応じて授乳やおむつ替えができるよう準備しておきましょう。
  • 撮影の準備: 大切な瞬間を残すために、カメラやスマートフォンのバッテリーをフルチャージしておくことを忘れずに。

持ち物リスト

  • 赤ちゃんの必需品: おむつ、おしりふき、替えの服、おくるみ、授乳用品、赤ちゃんの飲み物など。
  • 着物とアクセサリー: 予約した着物一式と、必要に応じたアクセサリー。着付け小物も忘れずに。
  • 撮影用品: カメラやスマートフォン、必要なら追加のバッテリーや充電器
  • 神社への供物: ご祈祷を依頼している場合は「初穂料」が必要になります。相場は5,000円から10,000円ですが、金額を指定している神社もあるので、あらかじめ確認した上で準備しておきましょう。
  • 非常用品: 簡易救急セット、ティッシュ、ウェットティッシュ、手指消毒液など。
  • 季節に応じたアイテム: 夏なら日焼け止めや帽子、冬なら赤ちゃんを暖かく保つためのアイテムを。

お宮参り当日を快適に過ごすためには、これらの心得と持ち物リストを事前にチェックし、準備することが大切です。準備万端であれば、家族みんなでこの特別な日を存分に楽しむことができるでしょう。

レンタルのフルセットについて

お宮参りで着用する掛け着のレンタルを検討する際、フルセットの内容を理解することは非常に重要です。以下ではフルセットに含まれる内容を見ていきます。

何が含まれる?フルセットの解説

お宮参り用の着物レンタルフルセットには、赤ちゃんがこの特別な日に必要とするあらゆるアイテムが含まれています。フルセットを選ぶ際には、どのようなアイテムが提供されるのかを事前に理解しておくことが重要です。ここでは、一般的にフルセットに含まれるアイテムの詳細と、それぞれのアイテムの役割について解説します。

  • 産着(うぶぎ): お宮参り用の主役である赤ちゃんの正装。男の子用と女の子用でデザインが異なります。
  • 襦袢(じゅばん): 産着の下に着用する下着。肌に直接触れるため、赤ちゃんの肌に優しい素材で作られています。
  • 足袋(たび): 赤ちゃんの足を覆うための靴下。お宮参り用のセットには、装飾的な意味合いを持つものが含まれることもあります。
  • よだれ掛け: 産着を汚れから守るために使用します。式中に赤ちゃんがよだれをたらしたり、ミルクをこぼしたりした場合に備えています。
  • 帽子: 季節やセットによって異なり、夏場には日除け用の帽子、冬場には防寒用の帽子が含まれることがあります。
  • お守り袋: 神社からいただくお守りを入れる袋。赤ちゃんの健康と成長を祈願する意味が込められています。
  • 小物セット: ハンカチ、抱き布団、着替え袋など、当日必要となる可能性のある小物類がセットに含まれています。

フルセットを利用することで、お宮参り当日に必要となるほぼ全てのアイテムを一括で準備することができ、親御さんの負担を軽減してくれます。重要なのは、レンタルするフルセットが赤ちゃんにとって快適であり、かつ家族のニーズに合っていることを確認することです。

記念撮影のためのプロのアドバイス

お宮参りは、赤ちゃんの大切な節目を祝う行事です。この特別な日を美しく記録するために、記念撮影は欠かせません。ここでは、プロのカメラマンや着物レンタル専門家からのアドバイスを基に、着物での撮影テクニックと家族写真におすすめのスポットとポーズについて解説します。

お宮参りでの記念撮影テクニック

着物はその豊かな色彩と繊細な柄で、記念撮影を特別なものにしてくれます。着物を着た赤ちゃんや家族の写真は、一生に一度の貴重な記念となります。以下では、着物での記念撮影をより美しくするためのテクニックについてポイントを解説します。

  • 赤ちゃんの機嫌に注意: 赤ちゃんの生活リズムによっては撮影の時間帯に機嫌が悪くなってしまうこともあります。そこで、記念撮影は授乳の時間やお昼寝の時間を避けるようにしましょう。特に、着物を着た状態での授乳は困難なので、撮影前には授乳を済ませておくことをおすすめします。
  • 光の使い方に注意する: 着物の色と柄を最も美しく見せるには、自然光の利用が鍵となります。室内で撮影する場合は、窓からの柔らかな光を利用し、直射日光は避けるようにします。また、赤ちゃんの顔に光があたると表情がこわばったものになりがちなので、被写体であるご家族の後ろから太陽光があたる「逆光」または、斜め後ろから太陽光があたる「半逆光」での撮影をおすすめします。屋外では、曇りの日や朝晩の柔らかな光が最適です。
  • 表情を大切にする: 着物がもたらす格式高い雰囲気とは別に、赤ちゃんや家族の自然な笑顔や表情が、写真に温かみと生命力を吹き込みます。リラックスした雰囲気の中で、自然な表情を引き出すよう努めましょう。

これらのテクニックを駆使して、着物での記念撮影を成功させ、家族の大切な思い出を美しく残しましょう。準備と心遣いが、素晴らしい写真を生み出す鍵となります。

家族写真におすすめのスポットとポーズ

お宮参りは家族の新しいスタートを祝う大切な日です。この特別な機会に撮る家族写真は、一生の宝物となります。ここでは、記憶に残る家族写真を撮るためのおすすめのスポットとポーズについて解説します。

おすすめのスポット

  • 神社の境内: お宮参り自体が神社で行われるため、境内や鳥居の前は家族写真にふさわしい場所です。神社の荘厳な雰囲気が写真に格式と伝統を加えてくれます。ただし、神社によっては撮影禁止の場所もあるのであらかじめ確認しておくようにしましょう。
  • 日本庭園: 和服や着物が映えるのは、自然豊かな日本庭園です。四季折々の植物や池、小道などが和やかな雰囲気を演出します。
  • 家の中の和室: 家族の日常を感じさせる和室での撮影もおすすめです。畳や障子、和の装飾品が温かみのある家族写真を作り出します。

おすすめのポーズ

  • 抱っこポーズ: 赤ちゃんを中心に家族が優しく抱きしめるポーズは、絆を感じさせます。親御さんの笑顔と赤ちゃんの無邪気な表情が、幸せな家族の姿を映し出します。
  • 階段ポーズ: 神社の階段や庭園の小道で、家族が階段状に並ぶポーズもすてきです。高低差を利用して、全員の顔がはっきりと見えるように配置します。
  • 自然体ポーズ: 特に決めポーズを取らず、家族が自然に過ごす様子を捉えるのも一つの方法です。会話を楽しむ姿や、赤ちゃんと目を合わせる瞬間など、自然な表情が魅力的な写真を生み出します。

記念写真を撮る際は、家族全員がリラックスして楽しむことが大切です。おすすめのスポットとポーズを参考にしながらも、家族らしい自然体でいることが、最も美しい写真を残す秘訣となるでしょう。

予算に応じたレンタルサービスの選び方

お宮参りで着用する掛け着をレンタルする際、予算は重要な要素の一つです。無理のない予算設定で最適なレンタルプランを選ぶことが、家族にとっての幸せなお宮参りの実現につながります。この章では、予算に応じた着物レンタルサービスの賢い選び方を紹介します。

賢く!お宮参り用掛け着のレンタル予算計画

お宮参り用の掛け着をレンタルで利用する選択は、赤ちゃんの大切な一日を祝うためのものですが、予算計画も重要なポイントです。適切な予算計画により、賢く節約しつつ、赤ちゃんに最適な着物を選ぶことができます。ここでは、レンタルのための予算計画についてのアドバイスをご紹介します。

  • 複数のレンタル会社を比較する: 価格だけでなく、サービスの内容、レビューや評判も比較検討しましょう。高いコストパフォーマンスを提供するレンタル会社を見つけるために、オンラインの口コミやレビューサイトも参考になります。
  • レンタルプランの比較: 市場にはさまざまなレンタルプランがあります。基本的なレンタルセットから、アクセサリーが全て含まれたフルセットまで、ニーズに応じて選択できます。各プランの内容と価格を比較し、必要なアイテムが全て含まれているか確認しましょう。
  • 早期予約割引の活用: 早期に予約することで割引を受けられる場合があります。レンタル予約はお宮参りの数カ月前に行うと、より多くの選択肢の中から選び、コストを抑えることができるかもしれません。
  • 必要なアイテムの絞り込み: レンタルするアイテムの中で、本当に必要なものだけに絞り込むことも予算を節約するコツです。例えば、自宅に既にあるアクセサリーを活用することで、レンタル費用を抑えることができます。
  • 追加料金に注意: レンタル期間の延長や、汚損・破損時の追加料金が発生する可能性があるため、契約時には細かい条件を確認しておきましょう。

お宮参りの着物をレンタルする際、予算計画は非常に重要です。事前にしっかりとプランニングを行い、無駄な出費を避けることで、特別な日を心から楽しむことができます。適切な予算配分により、赤ちゃんのお宮参りを最高の思い出にしましょう。

ここで、ゆめやで取り扱っているお宮参り用の掛け着から、「深緋色にオレンジの雲取、四季の花薬玉の産着」をご紹介します。

こちらは、赤い正絹地に、オレンジの雲取り紋様と、菊、牡丹、梅が手描きされた、お宮参り用のアンティーク掛け着物です。3歳の七五三までお召しいただけるサイズです。表は柔らかくて軽い錦紗縮緬(きんしゃちりめん)、裏は紅絹、裾回しは赤い縮緬、裾の比翼は綿入りで仕立てられています。

まとめ

この記事では、お宮参り用の掛け着レンタルに関するさまざまなポイントを取り上げ、親御さんがこの特別な日を無事に、そして美しく迎えられるような情報を扱ってきました。まとめとして、以下のポイントを振り返っていきましょう。

  • 計画的に進める: お宮参りの掛け着をレンタルする際は、事前にしっかりと計画を立てて進めることが大切です。予約は早めに行い、予算やスタイル、季節感を考慮して選びましょう。
  • レンタルセットの内容を確認: レンタルする際は、何が含まれているかを確認し、必要なアクセサリーがあれば追加でレンタルするか、自前で用意する必要があるかを検討しましょう。
  • 記念撮影を忘れずに: お宮参りは一生に一度のイベントです。プロのアドバイスを参考に、記念撮影では赤ちゃんの自然な表情や着物の美しさを引き立てるように心がけましょう。
  • 予算に応じた選び方を: 賢いレンタルの選び方を心がけ、予算内で最適なプランを選ぶことが重要です。コスト削減のポイントを活用し、無理なく準備を進めましょう。

この記事によって、お宮参りの掛け着を賢く選び、ご家族皆さまの特別な日をさらに輝かせる一助となれば幸いです。

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/shrine-visit-for-birth/omiyamairi-howto/
https://kimono-rentalier.jp/column/shrine-visit-for-birth/omiyamairi-fukusou/
https://kashikimono.com/content/omiyamairi
https://kimono-rentalier.jp/column/shrine-visit-for-birth/omiyamairi-kimono-shita/
https://kyotokimono-rental.com/omiyamairi-column/omiyamairi_onnanoko.html
https://kimono-rentalier.jp/column/shrine-visit-for-birth/omiyamairi-fukusou-summer/
https://kashikimono.com/content/ubugikisekata
https://hugkum.sho.jp/156507
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/omiyamairi/column/detail18.html
https://cuicui-photo.com/omiyamairi-kotsu/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

綸子に揚羽蝶の手描き友禅、色振袖【fui63】

可愛い白の振袖完全ガイド!成人式のヘアースタイルと合わせて徹底解説!

1. はじめに:白色振袖の魅力を知ろう 白色振袖の基本的な魅力 成人式の振袖と聞くと、多くの方が色鮮やかなデザインを思い浮かべますよね。白色の振袖はその独特の魅力で、多くの人々を魅了しています。白色は清潔感や清楚な印象を […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!