【初心者向け】貸衣装で楽しむ和装の結婚式!振袖レンタル完全ガイド

【初心者向け】貸衣装で楽しむ和装の結婚式!振袖レンタル完全ガイド

はじめに

結婚式は、一生に一度の特別な日。式の主役である新郎新婦だけではなく、参列するゲストにとっても大切な日です。そのような日に着る衣装は、多くの方にとって重要な選択となるでしょう。結婚式にゲストとして参列する時、ふさわしいとされる衣装はたくさんあります。その中でも振袖は、未婚女性の晴れ姿を象徴する和装で、結婚式にもぴったりです。しかし、和装に詳しくない方にとって、振袖選びや貸衣装を利用する手順は難しいかもしれません。この記事では、結婚式で振袖を着用する際の基本的な知識や選び方、そして貸衣装で振袖を利用する際のポイントについてご紹介します。お手頃な価格で、色々な種類から選べる貸衣装の振袖は、式典に華を添えてくれるはずです。

結婚式での貸衣装の振袖を利用するには

振袖は、華やかな和装の象徴です。振袖は比較的高価な着物であるため、購入することはハードルが高いと思う方もいらっしゃることでしょう。そこで、貸衣装の振袖を利用することで、手軽に振袖を手にすることができます。また、貸衣装には多様な選択肢があるため、理想の一着を見つけることもできるでしょう。ここでは、貸衣装を利用する基本的な流れ振袖の選び方サイズの確認方法など、知っておくべきポイントを紹介します。

貸衣装で振袖を利用する流れと予約方法

貸衣装の振袖は以下の手順で利用することができます。

  1. プランの選択: 貸衣装の振袖は、基本のプランから、小物や着付けを含むフルセットまで、さまざまなプランが用意されています。自分のニーズや予算に合わせて適切なプランを選びましょう。
  2. サイズの確認: 結婚式で振袖を美しく着こなすためには、サイズ選びが重要です。事前に自分の身長や体型に合ったサイズを測定し、それに合った振袖を選びましょう。
  3. 振袖の選択: 振袖は、色や柄のバリエーションが豊富です。結婚式のテーマや自分の好みに合わせて、最適な一着を選びます。ピンクなど明るい色から、落ち着いた色合いの青や紺まで、幅広い選択肢があります。
  4. 予約: 人気のある振袖は特に早く予約が埋まることがあります。理想の振袖を確保するためにも、早めに予約をすることをおすすめします。
  5. 着付けとリハーサル自分で着付けを行う場合には、: 結婚式当日を迎える前に、振袖の着付け方法を確認し、リハーサルを行っておきましょう。また、プロの着付け師に依頼する場合には、予約を忘れずにしておきましょう。
  6. 当日の準備: 結婚式当日には、振袖の他にも必要な小物を忘れずに準備しましょう。小物は振袖とのコーディネートを考慮して選んでください。

結婚式用の振袖の種類と選び方

結婚式用の振袖選びでは、以下のポイントを考慮してみてください。

  • 色の選択: 振袖の色は、結婚式の雰囲気に合わせて選ぶことが大切です。明るい色は華やかさを演出し、落ち着いた色は上品な印象を与えます。
  • 柄の選択: 振袖の柄にはさまざまな種類があり、花や古典的な文様が人気です。季節や式のテーマに合わせた柄を選ぶことで、より印象深い装いになります。
  • スタイルの選択: 古典的なスタイルからモダンなレトロスタイルまで、自分の個性に合ったスタイルを選びましょう。
  • セット内容: 振袖だけでなく、帯や草履、バッグなどの小物も重要です。全体のコーディネートを考えて選ぶことで、和装の魅力を引き立てます。
  • 価格とレンタル期間: 予算に合わせて、レンタル期間や価格を考慮することが重要です。結婚式のスケジュールに合わせて、適切なレンタル期間を選びましょう。

ここでアンティークきものレンタルゆめやの振袖をご紹介しましょう。
左端「荒波に船出する乙女心が描かれた五つ紋付色振袖」とても華やかな赤の振袖は成人式にも結婚式にもおすすめの1着です。五つ紋つきですので、丁寧に仕立てられたアンティーク着物です。中央「大胆な松に鶴が羽ばたく五つ紋付黒振袖」レトロな色使いに大胆な柄の五つ紋付き黒の振袖は、とても豪華で上品さがあります。成人式はもちろん、松と鶴というおめでたい柄ですので花嫁衣装としても最適です。右端「花丸紋に七宝紋様と鳳凰の黒振袖」ロケーションの撮影では少し明るく見えていますが、黒地の振袖です。七宝紋様が大きくインパクトがあります。花嫁衣装としてもお召しいただけます。

着物のサイズとコーディネート

結婚式など特別な日に振袖を着用する際、サイズとコーディネートは着姿を大きく左右します。また、振袖選びでは、見た目の美しさだけでなく、着心地の良さも重要です。ここでは、着物のサイズ選びコーディネートのポイントについて詳しくご紹介します。

サイズの重要性と測り方

着物を選ぶ際、自分に合ったサイズを選ぶことが重要です。自分に合っていないサイズの振袖は、見た目の美しさや、着心地に大きく影響します。そのため、結婚式のような特別な日に着用する振袖は、自分に合ったサイズを選ぶことが必須です。なおサイズを測定するには、身丈、裄丈、前幅と後幅の4つの主要な寸法があります。

  • 身丈: 着物の縦の長さのことで、一般的に自分の身長と同じです。痩せ型または普通体型の人は、自分の身長の前後5センチくらいの着物であれば問題なく着こなすことができます。
  • 裄丈: 首の中心から手首のくるぶしまでの長さのことです。まっすぐ立ち、脇の下の空間を45度にするよう手を上げた状態で測ります。
  • 前幅と後幅: 着物の幅を選ぶ基準の長さです。前幅の2倍と後幅の2倍を合計した数字が、ヒップのサイズになります。

サイズ測定の際には、柔らかい布製のメジャーを使用し、体に優しくフィットさせながら測定を行いましょう。また、自分で測定することに不安がある場合は、プロに測定してもらうことをおすすめします。

コーディネートのポイントと注意事項

振袖の試着は、単にサイズが合っているかどうかを確かめる以上に大切なことがあります。それは、サイズの確認とともに、全体のコーディネートを確認することです。ここでは、いくつかのポイントと注意事項をご紹介します。

  • 正しい着付け: 着物の着付けは、正しく行うことが大切です。特に、帯の結び方は、全体の印象に大きく影響します。着物の中でも振袖は着付けが難しいため、プロに任せることをおすすめします。
  • 小物の選択: 振袖を着用する際には、帯締め、帯揚げ、草履、バッグなどの小物が大きな役割を果たします。これらの小物は、振袖と調和し、全体の装いを引き立てるよう選ぶことが重要です。
  • 体型に合わせた調整: 体型によっては、適宜補正をして、着姿を美しく整える必要があります。これにより、どんな体型の人でも美しく振袖を着こなすことができます。

着付けとコーディネートは、振袖を美しく、快適に着るために必要不可欠なものです。自分が選んだ振袖に最適なコーディネートを選びましょう。

和装小物の選び方

和装小物は、振袖姿を一層引き立てる重要な要素です。結婚式などの特別な日に振袖を着る際には、どのような小物を選び、どのようにコーディネートするかが、全体の印象を大きく左右します。ここでは、和装小物の基本的な知識とコーディネートのコツをご紹介します。

和装小物の基本と種類

和装小物は、振袖に欠かせないアイテムで、選び方一つで振袖の印象が大きく変わります。ここでは、和装小物の基本とその種類について詳しく解説します。

帯締めは、帯を美しく固定するためのアイテムで、素材や色によってさまざまな表情を見せます。シルク製のものから、季節感を出すための麻製のものまで、用途や季節に応じて選ぶことができます。

帯揚げは、帯締めとセットで用いることが多く、帯の上から少し見せることで振袖の装いに深みを加えます。色の選び方には、帯や振袖との色のバランスを考え、全体の調和を意識しましょう。

草履は和装の足元を飾る重要なアイテムです。振袖の色やスタイルに合わせて選ぶことで、足元から統一感のある装いを完成させることができます。草履の選び方一つで、全体の雰囲気が変わるため、慎重に選びましょう。

バッグは、草履と同じ素材や色で揃えることが一般的です。振袖に合わせた上品なデザインを選ぶことで、よりフォーマルな印象を与えることができます。草履とセットで選ぶことにより、和装の統一感を出すことが重要です。

髪飾りは、振袖を着る際の最も華やかなアクセントとなります。振袖の色やデザイン、さらには着用するシーンに合わせて、さまざまな髪飾りから選ぶことができます。花をモチーフにしたものから、モダンなデザインのものまで、自分のスタイルに合ったアイテムを選びましょう。

ここでアンティークきものレンタルゆめやの振袖におすすめのかんざしをご紹介しましょう。
左端「金色の菊・竹・梅・折り鶴に珊瑚調の玉の花嫁かんざし」こちらのかんざしは日本髪にも最適なアンティークな雰囲気のかんざしです。お色直しで引き振袖を着られる際にいかがでしょうか?中央「シックな赤いダリアとポップな小花のかんざし」大きめダリアの花かんざしは、成人式にも婚礼にも使用していただけます。インパクトのある大きめです。右端「牡丹や菊が組紐でつながったビラビラかんざし」可愛らしい雰囲気ならこちらのかんざしを。牡丹や菊の小花を紐でつなげ様々なヘアスタイルに対応できます。

これらの和装小物を選ぶ際には、振袖の色や柄、さらには着用するシーンを考慮し、全体のバランスを考えることが重要です。和装小物一つ一つが、振袖を豊かに表現するための大切な要素となります。自分だけのスタイルを追求しつつ、伝統的な和装の美しさを表現してみましょう。

振袖コーディネートのコツ

振袖と和装小物のコーディネートには、いくつかのコツがあります。以下でそのコツを詳しく解説します。

まず、色合わせは最も基本的なコーディネートのポイントです。振袖の基調となる色や、振袖に描かれている柄の色を小物に取り入れることで、統一感のある装いを作り出すことができます。また、振袖が持つ季節感と小物の素材や色を合わせることで、より季節に合った装いを楽しむことができます。

次に、季節感の演出も重要です。春夏には爽やかな素材や色の小物を、秋冬には温かみのある素材や色を選ぶことで、季節に合った和装を楽しむことができます。特に、帯締めや帯揚げは季節感を出しやすいアイテムですので、季節に応じて工夫を凝らしましょう。

また、アクセントとしての小物の活用もポイントの一つです。全体が同じ色調でまとめられている場合には、帯締めや髪飾りで異なる色を取り入れることで、コーディネートにメリハリをつけることができます。特に、鮮やかな色の小物を一点加えるだけで、全体の印象が大きく変わります。

最後に、バランスを意識することが大切です。振袖の柄が大きくて華やかな場合は、小物は控えめなデザインのものを選ぶことで、全体のバランスをとることができます。逆に、シンプルな振袖の場合は、小物で華やかさを加えるとよいでしょう。

これらのコツを活かして、振袖と和装小物のコーディネートを楽しみましょう。自分だけのスタイルを見つけ、特別な日にふさわしい美しい装いを完成させてみてください。

貸衣装での立場とマナー

結婚式などの特別な日には、多くの人が貸衣装を利用しています。特に振袖は、成人式や結婚式などの華やかな場にふさわしい和装であり、適切なマナーを守ることが求められます。貸衣装を選ぶ際は、ただ美しいだけでなく、その場の立場や役割に合った選び方をすることが大切です。

貸衣装でのマナーと振る舞い

結婚式や特別な行事で貸衣装を利用する際には、マナーが求められます。また、和装を着る上では、その文化を尊重し、適切に振る舞うことが大切です。

  • 予約時の注意: まず、貸衣装を選ぶ際には、事前に予約をすることが一般的です。この時点で、イベントの性質、自分の役割、そして希望するスタイルについて相談をします。人気のある時期やデザインは早くから予約が埋まるため、早めに行動しましょう。
  • 適切な衣装の選択: 結婚式に参列する際には、その場の雰囲気に合った衣装を選ぶことが求められます。例えば、友人の結婚式においては華やかな振袖が選ばれることが多いですが、親族として参加する場合には、控えめな色合いの着物が適していることもあります。また、貸衣装ショップのスタッフと相談しながら、最適な一着を選びましょう。
  • 着付けと振る舞い: 和装を着る際は、正しい着付けが必要不可欠です。貸衣装ショップによっては、プロの着付け師によるサービスを提供している場合もありますので、確認してみましょう。また、和装を着用する際は、立ち振る舞いにも気を配る必要があります。静かで落ち着いた動作、美しい所作は和装の魅力をより一層引き立てます。

アンティークきものレンタルゆめやでは、写真だけでも残したいという方のための「着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)」「成人式・振袖を自由に選べる前撮りプラン(ロケーション撮影)」や当店まで試着に来るのが難しいという方のために「自宅で下見プラン 成人式向け」をご用意しています。さまざまなプランがありますので、お気軽にご相談ください。

結婚式での和装の役割と立場

結婚式における和装は、日本の伝統と文化を象徴するものであり、参列者やその場の雰囲気を考慮した選択が求められます。特に、振袖は未婚女性の華やかな晴れ着として、特別な存在感があります。

  • 未婚女性の振袖: 未婚の女性は結婚式に振袖を着用することができます。振袖の色や柄は、個人の好みや式のテーマに合わせて選ぶことができ、その選択には大きな自由度があります。しかしながら、色選びには注意が必要です。新婦が着用する和装に用いられることが多い、白、赤、黒は避けた方が無難です。
  • 役割に応じた和装: 結婚式における自分の立場や役割に応じて、和装を選ぶことが大切です。例えば、新婦の母や姉妹など、親族の女性は黒留袖や比較的落ち着いた色の色留袖や振袖を選ぶことが多いです。このように、和装の選択はその人の立場や結婚式における役割を反映するものです。
  • マナーとエチケット: 結婚式での和装着用には、適切なマナーとエチケットが伴います。着物を着る際は、礼儀正しく振る舞うことが求められ、式場内での適切な行動や、他の参列者への配慮が不可欠です。また、和装を着ることで、結婚式という一生に一度の特別な場をより美しく、かつ厳かに演出することができます。

これらのマナーとエチケットを守ることで、貸衣装を通じて和装の美しさを最大限に引き出し、結婚式という特別な日をさらに彩ることができます。

貸衣装の振袖の魅力と利点

結婚式に振袖を選ぶという選択は、特別な日に華を添える意味合いを持ちます。その際、貸衣装で振袖を利用することで、経済的なメリットはもちろん、多彩な選択肢から理想の一着を見つけることができます。ここでは、貸衣装の振袖が持つ経済的な利点と、その多様性について詳しく解説します。

貸衣装の振袖の経済的なメリット

貸衣装の振袖を利用することの最大の魅力は、その経済性にあります。結婚式などの特別な日に、美しい振袖を着ることは多くの方の夢ですが、振袖一式を新調するとなると、そのコストは決して低くはありません。振袖本体に加え、必要となる小物一式やクリーニング、保管にかかる費用を考えると、総額は数十万円にも及ぶことがあります。しかし、貸衣装の振袖を利用する場合、これら全てがセットになっていることが一般的であり、購入する場合の費用の一部で済むため、経済的負担を大きく軽減することができます

また、貸衣装の振袖の多くは、専門のスタッフによる着付けサービスや、式当日のサポートを含んだプランが用意されています。これらを個別に手配する場合と比較しても、貸衣装を利用する方がコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

項目購入の場合貸衣装の場合
振袖本体数十万円含まれる
小物一式数万円含まれる
クリーニング費用数万円不要
保管費用年間数千円不要
着付け・当日サポート別途数万円多くの場合含まれる

この表からも分かるように、貸衣装を利用することで、振袖を着用するために必要な全てのコストを把握し、予算内で最適なプランを選択することができます。さらに、貸衣装ならではのフルセットプランには、小物の選択に迷うことなく、トータルコーディネートを楽しめるというメリットもあります。結婚式という一生に一度の特別な日に、経済的な負担を減らしつつ、夢に描いた振袖姿で参列できることは、大きな魅力です。

貸衣装の振袖の多様性とその魅力

貸衣装の振袖の魅力は、経済面だけではありません。多様な選択肢から自分に合った振袖を選べる点も、大きなメリットの一つです。結婚式のテーマや会場、季節に合わせて、最適な振袖を選べることは、貸衣装ならではの利点と言えます。貸衣装ショップには、古典的なデザインから現代的なスタイルまで、さまざまな振袖が揃っています。色彩豊かな柄入りの振袖から、シックで落ち着いた色合いのものまで、自分の個性に合った選択が可能です。

  • 色のバリエーション: 青、ピンク、紫、緑など、結婚式にふさわしい華やかな色から、控えめで上品な色まで選べます。
  • 柄の種類: 花柄、古典柄、抽象的なデザインなど、多種多様な柄から自分の好みに合った振袖を見つけられます。
  • スタイルの多様性: 伝統的な紋付き振袖から、モダンなデザインの振袖まで、さまざまなスタイルが用意されています。

これらの豊富な選択肢から、自分だけのスタイルを見つけることができるのは、貸衣装の振袖の大きな魅力です。また、サイズの心配も無用で、ほとんどの貸衣装ショップでは、さまざまな体型に合わせたサイズの振袖が揃っています。専門スタッフのアドバイスを受けながら、自分にぴったりの一着を選ぶことができるのも、貸衣装サービスの大きな利点です。

結婚式に振袖を着ることは、多くの女性にとって夢の一つです。貸衣装サービスを利用することで、経済的なメリットとともに、多様な選択肢から自分に合った振袖を選び、特別な日をさらに華やかに彩ることができます。

結婚式における和装の華やかな演出

結婚式は、人生で最も特別な日の一つです。結婚式を彩る衣装の中で、特に着物は、その色や柄、素材に込められた意味があり、着用することで特別な日の記憶をより美しく、意味深いものにします。結婚式における和装の選択は、結婚式の雰囲気をより豊かなものにしてくれます。

結婚式の和装とその歴史的背景

結婚式での和装は、日本の長い歴史と伝統文化を象徴しています。例えば、江戸時代には黒引き振袖が上流階級の女性たちの間で流行しました。戦後には色打掛や鮮やかな色の引き振袖も流行します。これらの時代を経て、現代の結婚式における和装は、古典的な美しさと現代のモダンな美しさを融合させた形で受け継がれています。

和装に込められた意味は、色や柄によって異なります。白は新たな始まりと清らかさを象徴し、赤は魔除けと縁起の良さを表します。これらの色は、結婚式という人生の新しいスタートにふさわしいと言えます。また、柄にも意味が込められており、牡丹や桜は美しさと華やかさを、鶴は長寿と幸福を象徴しています。

結婚式における和装の選択は、単に美しいだけでなく、結婚という節目において二人の願いや希望を象徴的に表現するためのものです。伝統的な着付け方法や、正式な場にふさわしい所作も、和装の美しさを引き立て、特別な日の雰囲気をより一層高めます。

和装がもたらす結婚式の特別な雰囲気

結婚式での和装は、見る人の心に強い印象を残し、式全体の雰囲気を格上げします。着物と帯の組み合わせ、小物の選び方一つをとっても、それぞれが結婚式のテーマや季節感を表現し、個性を際立たせます。

  • 色彩の選択: 和装で使用される色は、結婚式の雰囲気を左右します。春には桜のようなピンクや淡い色合いを、秋には紅葉を思わせる温かみのある色を選ぶことで、季節感を演出できます。
  • 柄とデザイン: 柄一つにも、たくさんの意味が込められています。例えば、長寿を願う鶴や亀の柄、夫婦円満を象徴する相生の松など、結婚式にふさわしい吉祥の柄を選ぶことで、特別な日の祝福の気持ちを表現できます。
  • 小物の役割: 草履や帯、帯締め、帯揚げなどの小物は、和装のコーディネートにおいて重要な役割を持っています。これらのアイテムを選ぶ際には、和装全体との調和はもちろん、結婚式のテーマや色合いに合わせることが大切です。

和装を通じて、結婚式は単なるイベントではなく、日本の豊かな文化と伝統を感じさせる貴重な体験へと変わります。伝統的な美しさを尊重しつつ、自分たちの個性を表現することで、忘れられない一日を作り出すことができるでしょう。

まとめ

結婚式で貸衣装の振袖を利用することは、特別な日を彩る重要な方法です。一式購入することが難しい振袖も、貸衣装サービスを利用することで、予算内で理想の振袖を選び理想の一着を手にすることができます。また、振袖を選ぶ際には色や柄、小物のコーディネートに至るまで、細部にわたって気を配ることで、結婚式の一日をより記憶に残るものにしてくれるでしょう。

貸衣装の振袖は経済的メリットだけでなく、多様な選択肢を提供し、着用者に合ったサイズやスタイルを見つける機会を提供しています。ゆめやは、東京と山梨で正絹のアンティーク着物の貸衣装サービスを行っています。一つ一つの着物が持つ物語と美しさを大切に、歴史の中で受け継がれた振袖をたくさん取り揃えてお待ちしています。結婚式用の振袖を選ぶ際は、その歴史的背景と文化的価値を理解し、この特別な日を最大限に楽しんでみてください。

〈参考記事〉
https://ichiru.net/column/kimono-size/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

男性着物イメージ

【着物のプロが監修】東京での男性着物レンタルの決定版ガイド

はじめに 男性の皆さんは、着物を着てみたいと思ったことはあるでしょうか。 着物というと、ちょっと古い文化というイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、実は最新のトレンドを取り入れたりして、現代の若い方にもジワジ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!