男性着物イメージ

【着物のプロが監修】東京での男性着物レンタルの決定版ガイド

はじめに

男性の皆さんは、着物を着てみたいと思ったことはあるでしょうか。

着物というと、ちょっと古い文化というイメージを持っている方もいらっしゃると思いますが、実は最新のトレンドを取り入れたりして、現代の若い方にもジワジワと注目を集めているのです。

着物を着ることで、男性の皆さんの新たな魅力を発見できれば、一目置かれる大人の男性への第一歩が踏み出せるかもしれませんね。

そこで、本記事では、主に東京という場での男性向け着物のレンタルにスポットライトを当て、選び方から着付け、そして特別な日の装いまで、詳しく解説していきたいと思います。

東京の着物レンタルマーケット:男性版

東京の着物レンタルサービスは、伝統的な魅力と現代的なセンスが融合した、男性向けの多様な選択肢を提供しています。

伝統的な和装から、洗練されたデザインまで、個性を反映させる幅広いスタイルが存在しており、男性が自身のスタイルを探求し、表現する絶好の場といえるでしょう。

この章では、東京での着物レンタルを通じて新しい自分を発見するきっかけと、その豊富な選択肢から理想の一着を探し出す楽しみについてご案内します。

新しい自分を発見する着物体験

東京で着物をレンタルする体験は、ただのファッション選び以上の価値を持っています。

それは、自己発見と自己表現の新たな道を開く旅のようなものです。着物一つを選ぶ過程でも、自分の好みや個性が反映され、素材の感触、色、柄の意味するところまで、深く考える時間となります。

また、東京の着物レンタル店では、着物をより深く、個人的に体験するための専門知識を持つスタッフがサポートしてくれます。着物選びの初心者でも、その人らしいスタイルを見つけられるように丁寧に案内してくれるでしょう。

例えば、落ち着いた色合いの着物に柄物の角帯を合わせる提案をしてくれたり、羽織紐などのアクセサリー選びで一歩踏み込んだ個性を引き出すアドバイスをしてくれます。

着物選びを通じて、多くの人は新たな自分の側面を発見することができるかもしれません。

着物を通じて自己表現の幅を広げ、内面から新しい自分を発見する機会に触れてみてはいかがでしょうか。

豊富な選択肢から理想の一着を

東京のレンタルショップでは、さまざまなシーンに対応した着物が揃っています。

特別な日のための格式高い着物から、日常的なお出かけ用のカジュアルな着物まで、目的や好みに応じて選ぶことができます。

着物の色や柄、素材に至るまで、自分の気分や目的に合わせた自由な選択が可能。

伝統を感じさせるクラシカルな着物から、現代的な感覚を取り入れたスタイリッシュな着物まで、幅広いバリエーションから選べます。

さらに、アクセサリーや小物を加えることで、自分だけの特別なスタイルを完成させることができるでしょう。

また、レンタルプランも多岐にわたり、一日から長期利用まで、予算に合わせて選択できるのも魅力の一つです。

東京での着物のレンタル体験は、男性にとって自分らしさを表現し、特別な日を彩るための理想的な選択肢を提供してくれます。

皆さんも、自分に合った着物を見つけ、新たな自己発見の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ここで、ゆめやで取り扱っている男性用着物のレンタルセットから、「紺色に細かな亀甲柄が織り出された大島紬のアンサンブル」をご紹介します。

こちらは、紺色に細かな亀甲が織り出された大島紬のアンサンブルです。光沢のある正絹地で、裏は綿で仕立てられています。定番の着物ですので、半衿を紺色にしたり、柄物にしたり、変わった帯や羽織紐を組み合わせたりと、コーディネートをお楽しみいただけます。

男性用着物レンタルの全プロセス解説

東京での男性用着物のレンタルは、特別な日を過ごすための魅力的な選択肢です。

この章では、予約から返却までの全プロセスを解説し、初めての方でもスムーズに着物レンタルを体験できるような情報をお届けします。

予約から返却までの流れ

着物のレンタルサービスは、店舗に来店して着物を選んで、その場で着付けをするのと、オンラインで着物一式を選んで、指定の場所に配送してもらうという2つのパターンがあります。

店舗に来店して着物を選ぶ場合

  1. 来店予約:着物をレンタルしたい日時を決め、電話やメール、オンラインで来店予約を入れましょう。
  2. 来店:予約した日時にレンタル店を訪れましょう。5分以上遅れる場合は店舗に連絡を入れることをおすすめします。
  3. 着物・小物選び:実物の着物・小物を確認しながら、自分に合う一着を見つけましょう。レンタル店には専門のスタッフがいるので、アドバイスをもらうのもおすすめです。
  4. 着付け:着物のレンタルプランに着付けがセットになっている、または、別途着付けの依頼をした場合は、プロの着付け師に着物を着付けてもらいましょう。
  5. 東京の街へ出発:着物の着付けが終わったら、東京の街にくり出しましょう。きっといつもと違う東京の魅力に気づけるはず。
  6. 返却:着物での東京ぶらり旅を楽しんだ後は、レンタル店に戻り、着物を返却しましょう。クリーニングはレンタル店でやってくれるので手間なしでそのまま帰ることが出来ます。

指定の場所に配送してもらう場合

  1. 着物選び・予約:レンタルショップがオンライン上で紹介している着物を、自分の好みに合わせて選びましょう。お気に入りの一着が見つかったら、着物を利用したい日付、配送してもらいたい場所を決め、予約を入れましょう。オンラインだけでは不安という場合は、無料で試着を行っている場合もあるので、試着の予約をして、予約日に店舗を訪れましょう。
  2. 指定の場所へ着物を配送:予約時に指定した着物の利用日の2日前(店舗によって異なります)に指定した場所に着物が配送されます。
  3. 利用日当日:レンタルした着物を着て、東京の街を楽しみましょう。自分で着物を着るのが不安という場合は、あらかじめレンタル店で着付けが可能かどうかも確認し、当日は着付け師に着物を着つけてもらいましょう。
  4. 返却:着物の利用日の翌日までに、レンタルした着物を梱包し、発送しましょう。クリーニングや補修などは不要である場合がほとんどですが、大きく汚損したような場合は店舗に速やかに連絡をいれましょう。

ストレスフリーなレンタル着物の返却

着物レンタルの終了時には、返却プロセスが待っています。

レンタルした着物は、指定された返却日までに店舗に持ち帰る、または、発送手続きにより店舗に返却しましょう。

多くの店舗では、返却時の手続きを簡単にするためのマニュアルを用意しているので、それにしたがって手続きをすすめればOKです。

着物やアクセサリーは、特に汚れや破損がないように注意して梱包し、指定された時間内に返却することが求められます。

大きく汚損した場合は、店舗に連絡を入れ、指示を仰ぎましょう。汚損時の賠償などについては予約時に規約をしっかり確認しておくことをおすすめします。

多くの店舗では、返却前のクリーニング不要のプランを提供しており、利用者は着用後のクリーニングを自分で行う必要がありません。このようなサービスは、特に忙しいスケジュールを持つ人々にとって、着物レンタル体験をさらに快適にしてくれます。

予算とスタイルに応じたプラン選び

東京で男性用着物のレンタルを検討する際、料金相場と着物スタイル選びは二つの重要な要素です。

理想の着物を見つけるためには、これらの要素を考慮して適切なレンタルプランを選択することが必須となります。

メンズ着物レンタルの料金相場

東京での男性用着物のレンタル料金は、着物の種類やレンタルの期間、さらには必要なアクセサリーやサービスの選択によって異なります。

基本的な一日レンタルの料金は、およそ5,000円から始まりますが、特定のイベントや高級アンティーク着物のレンタルでは、50,000円以上になることも珍しくありません。

例えば、シンプルながら品質の高いメンズ着物セット(着物、帯、足袋)の一日レンタルであれば、平均的には8,000円から10,000円程度が相場です。

これに着付けサービス(平均3,000円から5,000円)を加えると、総額は11,000円から15,000円程度となります。

また、成人式や結婚式など特別なイベント向けの豪華な袴セットや羽織袴セットのレンタル料金は、一日あたり20,000円から50,000円程度となることが一般的です。

これらのセットには、特に装飾が施された帯や小物が含まれており、トータルコーディネートを提供してくれます。

自分だけのスタイルを演出するアイテム選び

着物をレンタルする際には、帯や羽織、足袋といった小物を選択することで、個性的なスタイルを創出することができます。

これらのアイテムは、着物の魅力を引き立てるだけでなく、着用者の個性やその日のムードを表現する重要な役割を持ちます。

結婚式の参列など、フォーマルな場にふさわしい着こなしを目指す場合、小物選びは特に慎重に行う必要があるでしょう。

例えば、結婚式に参列する場合、落ち着いた色合いの着物に金糸や銀糸を織り交ぜた豪華な帯を選ぶことで、格式高い装いを実現することができます。

足袋は白を基調としつつ、羽織を加えることで、さらに格式高い雰囲気を演出することが可能です。

また、小物選びにおいては、扇子や数珠といった伝統的なアイテムを加えることで、洗練された印象を与えることができます。

着物の色や柄、素材選びにおいては、結婚式の場では控えめで上品なデザインを選ぶのが一般的です。

しかし、個性を強調したい場合は、伝統的な柄にモダンな要素を取り入れた着物を選ぶことで、他の参列者とは一線を画するスタイリングを楽しむこともできます。

サイズ選びに関しては、自分の体型に合った着物を選ぶことが、美しい着姿を保つ上で最も重要です。

着物のレンタルでは、多くの場合、プロの着付け師がサイズ調整を含めたフィッティングを行ってくれるため、事前に相談しておくと良いでしょう。

着物をもっとオシャレに楽しむコツ

着物はその豊富な色、柄、素材で知られており、日本の伝統的な装いを現代に伝える素晴らしい手段です。

特に東京では、着物をカジュアルな集まりから格式高い式典まで、あらゆるシーンで着用する機会があります。ここでは、着物をもっとオシャレに、そして楽しく着こなすためのコツを紹介します。

男性の着物初心者でも簡単にできるコーディネート術

着物のコーディネートで最も基本的なのは、着物と帯の色合いを上手に組み合わせることです。

ここでは、初心者でも簡単に取り入れられる、着物と帯の色のマッチング例をいくつか紹介します。

  • 深緑の着物に黄金色の帯:深緑の着物は落ち着きがありつつも深みのある色合いで、フォーマルな場でも使えます。これに黄金色の帯を合わせることで、豪華さと華やかさが加わり、特別な日の装いにぴったりです。
  • 紺色の着物に銀色の帯:紺色の着物は、男性に人気の色でどんな場面にも合わせやすい万能色です。銀色の帯を合わせることで、シンプルながらも洗練された雰囲気を演出できます。結婚式の参列やちょっとしたパーティーにも適しています。
  • 灰色の着物に深紅の帯:灰色の着物は控えめで上品な印象を与えます。この着物に深紅の帯を合わせることで、落ち着いた中にも情熱的な印象をプラスでき、冬の季節に特におすすめのコーディネートです。

これらの組み合わせは、季節やシーンに応じてさまざまにアレンジすることができます。

アクセサリーで差をつける

着物スタイルをさらに際立たせるには、アクセサリーの選び方が鍵となります。例えば、羽織紐は、羽織を着た際に前で結ぶ紐のことで、単なる実用品ではなく、ファッションのアクセントとしても機能します。

ここでは、羽織紐の選び方についての具体例をいくつか紹介します。

  • シンプルな羽織には華やかな羽織紐:無地やシンプルなデザインの羽織を選んだ場合、金糸や銀糸を織り込んだ華やかな羽織紐を選ぶことで、着こなしにアクセントを加えることができます。特に、フォーマルな場では、このような組み合わせが洗練された印象を与えます。
  • カジュアルな着こなしには革製の羽織紐:よりカジュアルなスタイルを目指す場合、革製の羽織紐がおすすめです。ブラウンやブラックなどの落ち着いた色味を選ぶことで、現代的な雰囲気の着こなしを楽しむことができます。
  • 季節感を取り入れた羽織紐:春夏には爽やかな色合いや素材の羽織紐を、秋冬には温かみのある素材や色合いの羽織紐を選ぶことで、季節感を表現することができます。例えば、夏には涼しげなガラス製や藍色の羽織紐、冬にはウールや暖色系の羽織紐を選ぶと良いでしょう。

さりげないアクセサリー選びが、着物スタイルを一層引き立てる秘訣となります。

特別な日におすすめの着物スタイル

東京で着物をレンタルし、特別な日に着用することは、日本の伝統美を現代に伝える素晴らしい方法です。

ここでは、カップルでの着物デートや成人式などに最適な男性用着物スタイルについてご紹介します。

カップルで楽しむ着物デート

着物デートは、特別な日に二人の絆を深めるロマンチックな選択肢です。

男性はシンプルながらも格調高い色の着物を選び、女性は華やかで色鮮やかな着物を選ぶことで、互いを引き立て合うスタイルが完成します。季節の花や風景に合わせた着物を選ぶと、デートがより思い出深いものになります。

例えば、春なら男性は淡いグレーや落ち着いたパステルカラーの着物を選び、これに深緑や紺色の羽織を合わせることで、シンプルながらも洗練されたスタイルを実現します。

女性は、春の代表である桜柄や梅、菜の花などの花柄が施された色鮮やかな着物を選ぶと良いでしょう。ピンクや薄い黄色、明るい緑など、春らしい明るい色合いの着物は、女性の魅力を引き立て、デートをさらにロマンチックなものにします。

ここで、ゆめやで取り扱っている男性用着物のレンタルセットから、着物デートに着ていくのもおすすめの、「藍色地に絣柄の大島紬アンサンブル」をご紹介します。

こちらは、藍色に縦型の絣柄が織り出された、アンティークの大島紬のアンサンブルです。着物と羽織が共に正絹地になっています。たいへん細かい柄ですので、長襦袢の衿と帯は大柄のものを組み合わせ、羽織の紐は赤やピンクの珊瑚の細工ものにいたしました。

成人式におすすめの男性用着物スタイル

成人式は、若者が大人の仲間入りをする重要な節目です。成人式で好まれる男性用着物スタイルには、伝統と現代の感性が融合したものがあります。

黒や紺の羽織袴は、成人式にふさわしい選択肢として定番です。

黒は格式を象徴し、紺は落ち着いた信頼感を演出します。これらの色の羽織袴は、新成人の新たなスタートを力強くサポートする象徴となり得ます。

また、羽織には、家紋を入れることで、家族の伝統や歴史を感じさせる一方で、現代的なデザインや色使いを取り入れることによって、若々しさと個性も表現できます。

成人式の着物スタイルを選ぶ際には、アクセサリー選びも重要です。

羽織紐や帯、足袋などの小物は、全体のコーディネートに大きな影響を与えます。

たとえば、シンプルな黒の羽織袴に、鮮やかな色の羽織紐を合わせることで、スタイルに華やかさを加えることができます。

また、伝統的な柄の足袋や帯を選ぶことで、格式高い印象を保ちつつ、細部にこだわりを見せることができます。

この特別な日には、自分だけのスタイルを大切にしつつ、伝統を尊重する着こなしを心がけましょう。

成人式の着物選びは、新成人の一生の記憶となるため、慎重に、しかし楽しみながら選ぶことが大切です。自分自身を表現し、新たな門出を祝う着物を選んで、記念すべき一日を彩りましょう。

東京で着物レンタル店舗を探すコツ

東京で着物をレンタルする際、最適な店舗を見つけることは、すてきな着物体験への第一歩です。

ここでは、着物レンタル店選びにおける重要なポイントを紹介します。

着付けをしてもらえる店舗か

着物をレンタルする際、特に初心者にとって重要なのは、着付けサービスの有無です。

着物は正しく着ることでその美しさが際立ちますが、適切な着付けは専門の技術を要します。そのため、レンタルと同時にプロの着付けサービスを提供している店舗を選ぶことが、快適で美しい着物体験への鍵となります。

着付けサービスがある店舗を選ぶメリットには、時間の節約、着崩れの心配がないこと、そして何よりも正統な日本の美を体験できることが挙げられます。

ショップ選びの決定版ガイド

最適な着物レンタル店を選ぶためには、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 品揃え:異なるシーンに合わせた着物の種類が豊富にあるか。成人式、結婚式、観光地巡りなど、目的に応じた着物を提供しているか
  • 料金プラン:透明性のある料金体系で、隠れた追加費用がないか。予算内で希望のスタイルをレンタルできるか
  • 立地:訪れやすい立地にあるか。特に観光で訪れる場合は、主要な観光スポットや交通機関からのアクセスの良さも重要です。
  • 口コミや評判:過去に利用した人のレビューは良いか。特にサービスの質やスタッフの対応に関する評価を参考にします。
  • 追加サービス:写真撮影サービスや荷物預かりサービスなど、レンタル以外にも利便性を高めるサービスが充実しているか

これらのポイントを基に、自分のニーズに最も合った着物レンタル店を選ぶことができます。

東京には多様な着物レンタルショップがありますが、事前のリサーチとこれらのポイントを参考にすることで、忘れられない着物体験が実現しましょう。

まとめ

東京での着物レンタル体験は、伝統的な日本文化を深く体験する絶好の機会です。

この記事では、着付けサービスが提供される店舗の選択、多様なイベントに対応した着物の選び方、そして小物とアクセサリーを用いた個性的なスタイリングのコツまで、幅広くご紹介してきました。

特別な日をより美しく、忘れられないものにするために、ここで紹介したポイントを活かし、最適な着物選びを楽しんでください。

〈参考記事〉
https://waraku-kimono.jp/blog/post-7753/
https://dorekau.com/45071
https://kimitan.jp/kimono-rental-price-kind/
https://ccep.jp/entrykimono-pattern-satoshi
https://waraku-kimono.jp/blog/post-7753/
https://kimonodo.jp/kimono/choose/
https://news.yumeyakimono.jp/news/27916
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/haorihimotoha/
https://ccep.jp/entrydanseikimono-haorihimo

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

色打掛イメージ

【初心者も安心】結婚式を彩る色打掛!魅力的な和装選びの完全ガイド

はじめに 結婚式は、人生で一度きりの特別な日。特に和装での挙式を選ぶことは、日本の美しい伝統を今に伝える素晴らしい選択です。色打掛はその中心となるアイテムで、色や柄に込められた意味があります。本記事では、色打掛の選び方か […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!