黒振袖イメージ

成人式におすすめ!振袖レンタルで叶えるとっておきのレトロモダンスタイル

はじめに

成人式は、一生に一度の大切な節目です。特に女性にとって、この日を彩る振袖選びは、夢とロマンが詰まった瞬間であり、その準備は何ヶ月も前から始まります。最近では、伝統的なデザインだけでなく、「レトロモダン」というスタイルが若い女性たちの間で注目を集めています。レトロモダンは、古典的な美しさに現代的な感覚を融合させたスタイルで、個性を際立たせたい成人式を迎える方々にぴったりです。

この記事では、レトロモダン振袖の魅力に迫り、成人式を迎える皆さんが、自分に合った振袖を見つけるための情報を提供致します。

レトロモダンな振袖の魅力とは?

レトロモダンな振袖は、日本の伝統的な古典柄や美しさを現代的に解釈した革新的なデザインの和洋折衷なスタイルで、成人式を迎える若い女性たちにとって特別な選択肢となっています。

時代を超えるレトロモダンの美しさ

レトロモダンな振袖の最大の魅力は、その時代を超える美しさにあります。例えば、日本では古くから吉祥柄とされてきた梅、菊、牡丹などの柄をモダンな色合いやデザインで再解釈したものや、伝統的な赤や白、黒を基調としながら、発色の良い青や紫、グレーなどの現代的な色を加えるなど様々な試みがされています。また、無地の振袖にモダンな小物を合わせることで、シンプルながらも洗練された印象を与えることができます。このように、レトロモダン振袖は、個々の好みや個性に合わせて無限にアレンジが可能であり、自分だけの特別なスタイルを創出する楽しみを提供してくれます。

成人式で注目される理由

レトロモダン振袖が注目される理由は、そのユニークな魅力によって、成人式の日に自分らしさを完璧に表現できるからです。レトロモダンスタイルは、伝統的な和装の美しさを尊重しつつ、現代の感覚を取り入れることで、周りとは一線を画す個性的な装いを実現します。

アンティークきものレンタルゆめやでは、200点以上の振袖からとっておきの一枚をフルセットでお選びいただけます。着物文化がもっとも輝いた大正から昭和に生まれたアンティーク振袖は、すべて希少価値が高い一点ものです。高度な染色技術や繊細な手刺繍など、今では再現できない職人技の粋をまとえるのはアンティーク振袖ならではの魅力です。周りの振袖と被ることなく、自分らしい着こなしで思い出深い成人式を迎えていただけます。

成人式振袖レンタルの流れ

成人式の振袖の準備には、レンタルが最適です。ここでは、レンタルの流れと、特に注意すべきポイントについて解説します。

スムーズなレンタルプロセス

振袖レンタルのプロセスは、まず店舗選びから始まります。振袖サイズ価格も広く豊富に取り扱う店舗を選ぶことが重要です。次に、予約を行い、実際に店舗を訪れて試着をします。この時、色や柄、小物のコーディネートについても相談できるので、自分の好みや成人式のテーマに合わせた選択を心がけましょう。

試着後は、レンタル契約を結び、成人式の日程振袖の受け取り・返却方法について確認します。早い方だと、成人式の数年前から予約を開始するため、早めの行動が推奨されます。また、レンタルプランには、振袖本体だけでなく、帯、草履、バッグなどの小物も含まれていることが多いですが、店舗によって異なるため、詳細は事前に確認しましょう。

注意点とおすすめの予約時期

重ねて書きますが、振袖レンタルにおいて最も重要なのは、予約時期です。成人式の大半の方が1年以上前から予約を開始します。そのため、人気のデザインや色は早期に予約が埋まってしまうことが多いのです。ここ数年注目されているレトロモダンな振袖を希望する場合は、尚更予約は埋まっていくので、理想の振袖を見つけたら迷わず予約を入れましょう。

また、価格についても注意が必要です。レンタル料金は店舗やプランによって大きく異なります。予算内で最適な振袖を選ぶためには、複数の店舗を比較検討することが大切です。さらに、キャンセルポリシーについても確認しておくと安心です。万が一の場合に備え、キャンセル料が発生する条件を事前に把握しておくことで、トラブルを避けることができます。

ゆめやでも成人式の振袖のご予約は、1年前からがもっとも活発になります。早めにご予約いただくことで、心から気に入った振袖で成人式を迎えていただけます。2025年の成人式に向けてのご予約なら、まずは店舗にお越しいただきアンティーク振袖の世界をご体感ください。試着にて正絹のなめらかな肌触りや、手仕事の美しさを体感することで、アンティーク振袖の醍醐味を最大限に感じていただける機会となります。遠方の方には「自宅で下見プラン」をご用意していますので、お気軽にご相談ください。

レトロモダン振袖の価格帯

美しい振袖を選ぶ際には、価格帯も重要な考慮事項です。ここでは、予算に応じたレンタルプランの選び方と、予算を立てる際に考慮すべき隠れたコストについて解説します。

予算別レンタルプランの選び方

レンタルで振袖を選ぶ際、まずは自身の予算を明確に設定することが大切です。予算が決まったら、次はレンタルプランを比較検討しましょう。多くの店舗では、振袖本体だけでなく、小物一式を含めたフルセットでのレンタルを提供しています。また、撮影やヘアメイク、当日の着付けサービスを含むプランもあります。

予算内で最適なプランを選ぶポイントは以下の通りです。

  • プラン内容の確認: レンタルに何が含まれているかを確認し、必要なサービスが全て含まれているかをチェックします。
  • デザインの豊富さ: 予算内で選べる振袖の種類が多いかどうかも重要です。
  • 追加費用の有無: 後述する隠れたコストがないかも事前に確認しておくことが重要です。

ゆめやでは、2種類のお得な振袖レンタルプランをご用意しています。どちらも振袖のオフシーズンである、2月~12月にご利用いただける特別プランです。アンティーク振袖を中心に、着物専門店ならではのこだわりの振袖をお得な価格でお楽しみいただけます。

隠れたコストに注意

振袖レンタルを検討する際には、表面上のレンタル料金だけでなく、追加で発生する可能性のあるコストにも注意が必要です。例えば、以下のようなコストが考えられます。

  • 小物の追加レンタル費用: レンタルプランに含まれていない小物が必要になる場合、追加でレンタル料金が発生することがあります。
  • 当日の着付けやヘアメイク費用: これらのサービスがプランに含まれていない場合、別途料金が必要になります。
  • キャンセル料: 急な予定変更でレンタルをキャンセルする場合、キャンセル料が発生することがあります。

予算を立てる際には、これらの隠れたコストも考慮に入れておくことで、後から予想外の出費に悩まされることがなくなります。振袖をレンタルする際は、事前にしっかりとプラン内容を確認し、総コストを把握しておくことが大切です。

レトロモダンな振袖を取り扱う店舗を求めて

成人式を控えた多くの方々が、自分にとって一生の思い出となる振袖選びに真剣です。しかし、どの店舗で振袖を選べば良いのか、特に和装に詳しくない方にとっては難しい選択となります。ここでは、レトロモダンな振袖を取り扱うおすすめの店舗選びのポイントと、お住まいの地域にある店舗オンライン店舗についてご紹介します。

信頼できる店舗の見分け方

信頼できる店舗の見分け方に、「これ」という明確なものがあるわけではなく、個人的な感覚でしたためます。まず、呉服屋目線で見た良い店舗とは、お客様のお話をしっかり「聴いてくれる」お店だと思います。信用の置けないお店は、お客様の周辺情報などプライベートには平気で土足で踏み入る印象があります。そういうお店はお客様の話を「聴く」のではなく、「聞く」のです。

また、着物だけでなく小物の価格の幅も広く種類も豊富なお店は、比較的良心的な呉服屋な気がします。種類が豊富ということは、お客様に細かな違いを説明する必要があるため、そういった店舗は着物への理解が深く商品知識があるスタッフが多い可能性が高いということです。また、実際の接客でも、金額的に安い足袋などの小物でも丁寧な接客をしてくれる店舗は着物の販売後も誠実です。

当然、これらのことはレンタルに関しても当てはまる内容です。あからさまにレンタルよりも販売を勧めてくる店舗は、一度退店して伝えられた情報を精査するべきです。呉服屋は決して怖い所ではありません。しかし、一部のマナーのない店舗によって偏見を持たれていることは悲しいものです。

ゆめやではお好みや仕上がりのイメージを丁寧にヒアリングして、理想の振袖スタイルをご提案いたします。「着物一枚に帯三本」といわれるほど、合わせる帯や小物によって振袖の印象は大きく変わります。着物に精通したスタッフが振袖に合わせて色や柄をお見立てし、自分だけの振袖コーディネートをお楽しみいただけるようサポートいたします。

地域店舗とオンライン店舗

お住まいの地域にもそれぞれ呉服屋はあるかと思います。しかし、都会と地方とではその特性も変わってきます。都会は店舗数も多く、また種類も金額帯も豊富な上、サービスも多岐に分かれますが、地方はどうしても店舗数が限られるため、価格競争が起き辛く、また選択肢も狭いです。一方で、地域に根ざしたサービスやで風習を理解したサービス展開が行われるため、一長一短があることが分かります。

ただ、それでも理想の振袖が見当たらない場合は、オンライン店舗を利用するのも手です。実店舗でないため、顔が見ないことに不安を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、オンライン店舗もピンキリです。信頼できるオンライン店舗は、実店舗同様に相談もできて、試着も可能です。レンタルから返却まで自宅で出来るので利便性はよく、また多くの場合、店舗を持たないことで経費が安いため、高品質な着物を低価格で提供できます。こういったことからも、多角的な視点でお店を選ぶと良いでしょう。

振袖選びで大切なポイント

成人式に自分に合った振袖を選ぶことは、一生の思い出に残る特別な日をさらに彩ることに繋がります。ここでは、振袖選びの際に重視すべきポイントをご紹介します。

あなたに合う振袖の選び方

振袖を選ぶ際には、まず自分の体型や好みの色、柄を考慮することが重要です。体型に合わせて選ぶことで、着姿が美しく見え、自信を持って成人式を迎えることができます。また、好みの色や柄を選ぶことで、自分らしさを表現することが可能です。例えば、同じ黄色でも、肌の色に合う色は違います。ですので、パーソナルカラーを意識した色選びが大切になってきます。

柄選びは梅や牡丹などの古典柄や、洋花や幾何学的なデザインといったモダンな柄で印象が変わります。この辺りは、自分のイメージに合った柄で良いと思います。ただ、柄の配置や大きさにも気を配ると良いです。例えば、長身の方は柄も大きいものが素敵ですし、小柄な方は柄も小さく密なものの方がバランスよく見えます。このように、柄で体型カバーもできるのでスタッフに相談すると良いでしょう。

背が高い方におすすめのレトロモダンな黒振袖です。「鹿の子模様の傘と扇、雲取の黒振袖」上前と右肩に傘、後裾と袖に扇を大きく描いたアンティーク黒振袖です。背が高い方にお召しいただくと、絵柄がおはしょりに隠れることなく着映えします。

小柄な方におすすめのレトロモダンな黒振袖です。「梅の花に檜扇、御所車の黒振袖」艶やかに咲き誇る紅梅を背景に、さまざまな絵柄の檜扇を描いたアンティーク黒振袖です。振袖全体に柄が施されているため、たっぷりおはしょりを作ってもイメージ通りに着こなしていただけます。

色や柄で表現する和風の美

振袖の色や柄は、和装の美しさを表現出来るという側面もあります。古くから色にはそれぞれ意味があり、例えば、赤は物事の始まりを祝う意味や魔除けの意味があります。他にも、白には純粋性の意味や神聖性の象徴も込められています。このような意味は、柄にも込められており、梅は早春を告げる花として、新しい始まりや若さの象徴とされています。牡丹は豪華で華やかな印象を与え、繁栄や富貴を象徴する花とされています。和風の美を表現するには、これらの色や柄をどのように組み合わせるかが鍵となります。

ブルーやマゼンダの染め分けの本紋地に、手描き・手刺繍で花車の色振袖」本紋を織り出した白地に牡丹や菊、藤や梅を色鮮やかに描いたアンティーク色振袖です。黒とシルバーの市松模様の帯を締め、艶やかな振袖の引き締め役に。重ね衿は黄色、帯揚げは紅色、帯締めはスカイブルーと色とりどりですが、全て振袖に使われている色を組み合わせているためまとまりがあります。古典美に現代的な要素を加わえた、レトロモダンのお手本のような装いです。

黒地に雪輪、菊、松、橘の総絞り色振袖」波しぶきや青海波を背景に雪輪を描いた、総手絞りのアンティーク色振袖です。ベージュ地に鼓や草花を織り出した帯を締め、重ね衿・帯揚げ・帯締めは紅白でまとめました。振袖と帯のシックな組み合わせに、鮮やかな赤色のコントラストが若々しさを際立たせます。動きに合わせて袖口や八掛にあしらわれた赤が覗き、周りと一線を画す粋な振袖姿を叶えます。

成人式を彩るレトロモダンな振袖のコーディネート

振袖は着物だけではなく、小物も含めてのトータルコーディネートで仕上がります。ここでは、小物やヘアスタイルに視点を向けたコーディネートについて解説していきます。

小物との組み合わせ

レトロモダンな振袖に合わせる小物選びは、その日の装いを一層特別なものにします。振袖の色や柄、そしてその日の気分に合わせて、以下のように小物を選ぶことをおすすめします。

  • : 成人式に使われる帯は礼装用の袋帯です。帯は、振袖とともにコーディネートの方向性を左右します。近年は豪華な色柄の振袖に合わせて、帯も煌びやかなものが好まれています。色数が増えれば増えるほどコーディネートが難しくなるので、テーマを一つ設けるようにすると良いです。
  • 帯締めと帯揚げ: 帯締めと帯揚げは、コーディネートの印象を大きく左右します。まとまりよく帯と同系色にするか、アクセントに使うか、センスが問われます。
  • バッグと草履: 振袖に合わせたバッグと草履も重要なアクセサリーです。レトロモダンな振袖に合わせた色柄のバッグと草履を選ぶことで、全体のバランスが取れます。

アクセサリー選びのポイントは、振袖との調和とバランスです。過度に派手になりすぎず、かといって地味になりすぎないよう、振袖の色や柄を生かすアクセサリーを選びましょう。

花丸紋に七宝紋様と鳳凰の黒振袖」を着用した、レトロモダンなコーディネートをご紹介します。古典紋様に彩られた大きな熨斗を背景に、鳳凰や花を丸紋で表現したアンティーク色振袖です。アイボリー地に鳳凰や桐を織り出した帯を締め、帯締め・帯揚げ・バッグは紅色でまとめて華やかに。黒い鼻緒に桜と紅葉を刺繍した厚底の草履を合わせて、レトロモダンな装いにさりげなくワンポイントを加えました。

ヘアスタイルとの調和

成人式の振袖に合わせるヘアスタイルは、アクセサリーと同様に大切な要素です。レトロモダンな振袖には、以下のようなヘアスタイルがおすすめです。

  • クラシックなアップスタイル: 古典的な美しさを引き立てるために、アップスタイルのヘアスタイルが適しています。低めの位置でまとめたシニヨンや、編み込みを加えたアップスタイルは、レトロモダンな振袖にぴったりです。
  • モダンなアレンジを加えたスタイル: より現代的な印象を求める場合は、クラシックなアップスタイルに小さなアレンジを加えると良いでしょう。例えば、サイドに流れるような髪の束を残したり、ヘアアクセサリーでアクセントをつけることで、モダンな雰囲気を演出できます。

ヘアスタイルを選ぶ際は、ヘアアクセサリーにも気を使うと最高の仕上がりとなります。かんざし一本でも、あるのとないのとでは雰囲気はガラッと変わります。全体の仕上がりを見て、是非最高の振袖姿を目指しましょう。

まとめ

レトロモダンな振袖は、古典的な美しさと現代的な感覚が融合したデザインで、成人式の日をより特別なものにしてくれます。色や柄の選び方小物のコーディネート、そしてレンタルのプラン価格に至るまで、様々な要素を考慮しながら、自分にとって最適な一着を見つけることが大切です。

振袖選びは、ただ単に美しい着物を選ぶこと以上の意味を持ちます。それは自分自身を表現する方法であり、成人としての新たなスタートを切る象徴的な行為です。レトロモダンな振袖を選ぶことで、伝統と現代の美を兼ね備えた、唯一無二のスタイルを完成させることができます。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

和装小物 白無垢 打掛

【着物のプロが監修】花嫁衣装に合わせる和装小物の選び方完全ガイド

はじめに 花嫁衣装の定番といえば、白無垢や色打掛などの美しい和装が思い浮かぶのではないでしょうか。純白の白無垢は清楚で凛とした印象を与え、鮮やかな色打掛は華やかで晴れやかな雰囲気を演出してくれます。 しかし、和装の美しさ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!