青磁色グラデーション辻が花の訪問着【hou03】

【着物のプロ監修】訪問着の魅力とレンタル完全ガイド|試着の秘訣

はじめに

訪問着は、華やかな日本の伝統衣装として、特別な日の装いに欠かせません。結婚式への参列や七五三、成人式など、フォーマルなイベントを彩るために選ばれることが多く、その美しさと格式が魅力です。

しかし、着物の準備と管理は簡単ではなく、特に普段着物を着ない方にとっては、大きなハードルが立ちはだかります。そんな時に便利なのが、レンタルサービスによって訪問着をレンタルするという選択肢です。

この記事では、訪問着のレンタルを検討している方々に向けて、レンタルの基本から始め、どのようにして自分にぴったりの一着を選ぶのか、試着についてのポイント、そして美しく着こなすための着付けの流れまで、わかりやすくご紹介します。

レンタルにおける選択肢の豊富さや、試着を通じての楽しみ方、着物を着る喜びを最大限に引き出すためのヒントもあわせてお伝えしていきます。

訪問着をレンタルする際の基本知識

訪問着を着たいといった時には、レンタルサービスを利用することで、特別な日にふさわしい装いを手軽に実現できます。しかし、初めてレンタルを利用する場合、何から始めればいいかわからない方も多いでしょう。

ここでは、訪問着のレンタルサービスを利用する際の基本的な流れと、予約から当日のプロセスについて詳しく説明します。

初心者でも安心!訪問着をレンタルする時の流れ

訪問着をレンタルをする際の流れは、以下のようになっています。

  1. 事前リサーチ: レンタルサービスを提供している店舗のウェブサイトを閲覧し、取り扱っている訪問着の種類や価格、レンタルプランを確認します。特に、結婚式や成人式、七五三など、どのようなシーンで着用するかによって選ぶべき訪問着が異なるため、事前に情報を集めることが大切です。口コミやレビューなども参考にすることをおすすめします。
  2. 試着・予約: 事前に店舗を訪れて、実際に訪問着を見て、デザインや質感を確認することをおすすめします。多くの店舗では試着サービスを無料で提供しているので、可能であれば試着をしてサイズ感を確かめることをお忘れずに。この時、小物や帯、ヘアスタイルについても相談できます。試着を通じて、最終的な調整を行い、完璧なコーディネートを完成させましょう。お気に入りの一着を見つけ、試着でサイズ感も確認できたら、着用予定日の空き状況を確認し、予約を行います。
  3. 当日: 当日はイベントに間に合うように早めに準備を開始しましょう。自分で着付けをする場合は、事前に着付け方法をYouTubeなどで調べたり、着付けの教科書などを参考に着付けをします。レンタルプランに含まれている場合もありますが、別途着付けサービスを依頼している場合は、事前に予約した時間に店舗へ行き、着付けをしてもらいます。

忘れずにチェック!レンタル時の重要な注意点

レンタルをスムーズに進めるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 予約は早めに: 特に結婚式や成人式などのシーズンには、レンタルの需要が高まります。希望する訪問着を確保するためにも、できるだけ早めに予約することが重要です。
  • サイズを正確に伝える: 着物は美しさだけでなくフィット感もとても大切です。事前に自分のサイズを正確に測定し、店舗に伝えましょう。不明点があれば、店舗のスタッフに相談することも大切です。
  • 返却に関するルールを確認: レンタルした訪問着は、指定された日時に返却する必要があります。遅延が発生すると追加料金がかかる場合があるため、返却に関するルールは事前にしっかり確認しておきましょう。

レンタルを利用することで、美しい訪問着を身にまとう喜びを手軽に体験できます。初心者でも安心して利用できるよう、事前のリサーチや予約、試着を丁寧に行い、特別な日を美しく彩りましょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、大正から昭和にかけて作られたアンティーク訪問着を多数ご用意しています。刺繍や絞りなど贅を尽くした正絹の訪問着は、今では作ることができない希少な一点ものです。伝統的な古典柄はもちろん、現代に通じる感覚でお召しいただけるデザインも取り揃えています。まずはご試着にて「本物の着物の素晴らしさ」をご堪能ください。

訪問着の種類と選び方

訪問着を選ぶ際には、その種類と特徴を理解することが重要です。訪問着は、日本の伝統的なフォーマルウェアであり、結婚式やお茶会、成人式といった特別な場面で着用されます。

種類によって、装いの印象が大きく変わるため、シーンに合わせて適切な訪問着を選ぶことが求められます。

訪問着の種類とその特徴

訪問着は、材質やデザイン、色柄でさまざまな顔を見せ、特別な日の装いに華を添えてくれます。訪問着には主に、正絹のもの、染め、織りといった材質や技法によって異なる種類が存在します。それぞれの特徴を理解することで、シーンに合わせた適切な選択が可能になります。

  • 正絹の訪問着: 正絹(絹100%)の訪問着は、その光沢と手触り、流れるようなドレープが特徴です。結婚式や重要なお茶会など、フォーマルな場に最適で、その上質な素材感が高級感を演出します。
  • 染めの訪問着: 染め技法による訪問着は、多彩な色使いと繊細な柄が特徴です。伝統的な染め技法により、自然の美しさや季節感を表現したデザインが多く、個性的な着こなしを楽しみたい方におすすめです。
  • 織りの訪問着: 織り技法で作られた訪問着は、布地自体に柄が織り込まれているため、立体感のあるデザインが楽しめます。光の当たり方によって見え方が変わるものも多く、上品で深みのある表情を見せてくれます。

これらの訪問着を選ぶ際は、帯や帯締め、帯揚げなどの小物選びもコーディネートの決め手となります。シンプルな色柄の訪問着には、例えば派手めの帯を合わせることで華やかさを加えることができ、派手めな色柄の訪問着にはシンプルな帯でバランスを取ることができます。シーンや自身の好みに合わせて、最適な訪問着を選びましょう。

あなたにぴったりの訪問着の選びのポイント

訪問着を選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

  • シーンの理解: 着用する場面を明確にし、そのシーンに合った訪問着を選びましょう。例えば、結婚式には華やかな柄物の訪問着が、お茶会には控えめながら上品な色柄の訪問着が適しています。
  • 自分のスタイルを知る: 体型や好みのスタイルに合わせて訪問着を選ぶことで、より美しく着こなすことができます。小柄な方は繊細な柄が、背が高い方は大きめの柄が似合う傾向があります。
  • コーディネートを楽しむ: 訪問着だけでなく、帯や小物を含めたトータルのコーディネートを考えることで、一層個性的な装いを楽しめます。アクセサリーやヘアスタイルにもこだわりを持つと、より完成度の高いスタイルが完成します。

左「白地にオシドリと青い鳥の訪問着」仲良し夫婦の象徴とされるオシドリを描いた、結婚式の参列にピッタリの訪問着です。二人の幸せな将来を願う気持ちを装いに込めて。右「ドラブ色の紬に牡丹の一つ紋付き付け下げ」紬ならではの張りのある肌触りが魅力的な、正絹の付け下げです。背中に一つ紋を施した上品な色柄で、気軽なお茶会におすすめです。

左「薄紅色に雪輪、菊、松の訪問着」光沢のある綸子地を上品な朱色に染め、小花や雪輪を描いた訪問着です。繊細かつ上品な絵柄が、小柄な方の魅力を引き立てます。右「濃藍色に葡萄の葉の付け下げ」深い藍色に葡萄の弦や葉を伸びやかに描いた、現代物の付け下げです。背が高い方にお召しいただくと、大胆な絵柄が一層引き立ちます。

訪問着のレンタルサービスを利用することで、多様な種類から自分に合った訪問着を選び、特別な日を彩ることができます。自分だけのスタイルを見つけて、訪問着を通じて日本の美しい伝統文化を楽しみましょう。

試着と下見の重要性

訪問着をレンタルする際、多くの方が直感的にデザインや色に目が行きがちです。しかし、見た目だけでなく、実際に着てみた時の感触やフィット感、動きやすさも非常に重要です。

試着と下見は、レンタルプロセスにおいて必須とも言えるステップであり、特に着物や訪問着に慣れていない方にとっては、満足いく選択をするための鍵となります。

なぜ試着は必要?レンタル前の準備

訪問着の試着は、ただサイズが合うかどうかを確認するだけではありません。

訪問着一式は帯や小物との組み合わせによって全体の印象が大きく変わるため、これらを含めてトータルでのコーディネートを確認する機会です。

また、実際に着用してみることで、着心地や動きやすさ、素材の質感まで体感することができます。

特に着物は、洋服とは異なり、着る人の体型に合わせて調整する必要があるため、プロの着付け師によるアドバイスを受けながら最適な一着を選ぶことが可能になります。

下見を活用するメリット

下見では、実際にレンタルを検討している店舗を訪れ、訪問着の品質や種類、色や柄のバリエーションを直接確認できます。

これにより、ウェブサイトやカタログでは伝わりにくい細かなディテールや色の鮮やかさを自分の目で確かめることができます。

また、店舗スタッフと直接会話することで、自分のニーズや好みを伝え、専門的なアドバイスを受けることも大きなメリットです。

さらに、着用予定のイベントに合わせたスタイリングの提案や、着付けサービスの流れ、当日のスケジュールなど、レンタルに関する疑問や不安を解消する絶好の機会にもなります。

訪問着レンタルにおける試着と下見は、ただ単にサイズやデザインを選ぶ以上の価値があります。自分に合った訪問着を見つけるための大切なプロセスであり、着物をより深く理解し、楽しむための第一歩です。

特別な日を迎えるにあたり、訪問着選びを一つの楽しみとして、ぜひ試着と下見を活用してみてください。

ゆめやでは着物に精通したスタッフが、お客様の魅力を最大限に引き出す訪問着コーディネートをご提案いたします。お選びいただいた訪問着に合わせて、帯・帯揚げ・帯締め・重ね衿・草履・バッグなどの衣装小物をお見立ていたします。格調高い伝統的な装いから、現代的な要素を取り入れたモダンな装いまで、お客様のお好みに合わせて着こなしをサポートします。着物にあまりなじみがない方や、コーディネートが不安な方も安心してお任せください。ご来店いただくことが難しい方や遠方の方には「自宅で下見プラン」をご用意していますので、ぜひご活用ください。

レンタルした訪問着の着付け

訪問着のレンタルサービスを選択する際、着付けはそのプロセスで最も重要な部分の一つです。特に、訪問着は正式な場にふさわしい装いであり、その着こなしは多くの場合、専門の技術を要します。

レンタルサービスを利用することで、専門家による着付けサービスを受けることが可能です。この章では、着付けサービスを賢く選ぶ方法と、自宅での着付けに挑戦する際のポイントについて解説します。

完璧な着姿を実現!着付けサービスの賢い選び方

訪問着のレンタルサービスを利用する際、着付けサービスを提供する店舗を選ぶことは、美しく正確な着姿を実現するために欠かせません。以下のポイントを考慮して、サービスを選びましょう。

  • 実績と評判: 店舗が提供する着付けサービスの実績や顧客からの評判をチェックしましょう。口コミやレビュー、SNSの投稿などから、着付けの仕上がりやサービスの質を事前に確認できます。
  • 着付け師の経験: 着付け師の経験や資格も重要な選択基準です。長年の経験を持つプロによる着付けは、安心して任せることができます。
  • サービス内容の確認: 着付けだけでなく、ヘアセットや小物のコーディネートも含まれるサービスがあるかどうかを確認しましょう。トータルでのスタイリングサービスがあると、手間を省くことができ、より一層、満足度の高い結果を得られます。
  • 料金とプラン: サービスの内容と料金を比較し、自分の予算に合ったプランを選ぶことが大切です。隠れた追加料金がないかも確認しておきましょう。

あなたもできる!自宅での着付けのポイントと実際の流れ

レンタルした訪問着を自宅で着付ける場合、事前の準備と基本的なポイントを押さえておくことが重要です。まずは、以下のポイントに注意しながら、自宅での着付けに挑戦してみましょう。

  • 基本の流れを学ぶ: 着付けの基本的な流れをビデオや書籍で学びましょう。また、着付け教室でのワンデーレッスンもおすすめです。
  • 必要な道具を準備: 着付けに必要な道具(腰紐、帯枕、衿芯など)を事前に準備しておきます。これらはレンタルセットに含まれている場合もありますが、自分で用意する必要がある場合もあります。
  • 時間に余裕を持つ: 初めての自宅での着付けは時間がかかることが予想されます。余裕を持ったスケジュールで挑戦しましょう。
  • 小物のコーディネートを楽しむ: 着姿をさらに美しく見せるために、帯締めや帯揚げ、草履とバッグのセットなど、小物のコーディネートにもこだわってみましょう。

上記のポイントを確認したら、いよいよ自分で着付けにチャレンジしてみましょう。以下では、一般的な着物の着付けの流れを簡単にご紹介します。

  1. 足袋と肌着の着用: 着物を着た後に足袋を履くのは難しいことが多いので、まずは足袋を履きましょう。続いて、肌襦袢や裾除けなどの肌着を着用します。これらの肌着は肌に直接触れるものなので、肌触りが良く汗を吸収しやすい素材を選ぶことが重要です。肌着は着物のシルエットを美しく見せるためにも必要です。
  2. 体型の補正: 必ずしも必要ではありませんが、タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用: 長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。長襦袢には色や柄が付いているものもあり、袖口や振りからチラリと見せることによって、おしゃれ感をアップさせることができます。
  4. 着物の着用: 長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。さらに、衿元を整えましょう。女性の場合、首筋が美しく見えるように衿を拳一つ分くらい後ろに引くのが一般的です。
  5. 帯の締め方: 帯を着物の腰部分に巻きつけ、一度しっかりと結びます。その後、帯を美しく整え、帯結び(お太鼓結びなど)をします。帯締めを使用して帯がずれないように固定し、全体のバランスを整えます。
  6. 最終的な調整: 着物と帯の位置を最終的に調整し、全体のシルエットが美しく見えるようにします。衿元や袖の長さなど、細部にわたってチェックし、必要に応じて微調整を行います。

レンタルした訪問着の着付けは、準備と知識があれば自宅でも挑戦できます。専門のサービスを利用することで完璧な仕上がりを目指すも良し、自宅でのチャレンジを通じて和装の楽しさを体験するも良し、自分に合った方法で訪問着を楽しみましょう。

レンタルした訪問着でお出かけ!シーン別ガイド

訪問着は日本の伝統文化を体現するフォーマルな衣装です。結婚式、七五三、入学式など、人生の特別な瞬間を彩るために選ばれます。ここでは、異なるシーンでの訪問着の選び方と着こなしのポイントをご紹介します。

結婚式やパーティーでの着こなし

結婚式やパーティーでは、華やかな訪問着を選ぶことが一般的です。特に、結婚式に招待された場合、新郎新婦への敬意を表すためにも、格式高い装いを心がけたいものです。色とりどりの花柄や伝統的な模様が入った訪問着は、このような華やかなシーンに最適です。

  • 色選び: 明るい色の訪問着は結婚式に適していますが、白や黒といった色は避けましょう。白は新婦の色であり、黒は喪服を連想させるためです。また、あくまで主役は新郎新婦なので、新郎新婦よりも目立つ色柄は控えましょう。
  • 小物とのコーディネート: 訪問着の色や柄に合わせて、帯や帯揚げ、草履とバッグのセットを選びます。華やかなシーンでは、金や銀の小物を取り入れると一層の華やかさを演出できます。

松井青々作、花車の手描き友禅訪問着」柔らかな桃色の地に、百花の花車を描いた松井青々作の京友禅です。日本の美意識を表現した、品格に満ちた華やかな装いです。

藤紫色と中紅色のぼかしに春秋花柄の訪問着」はんなりとぼかしを施した地に、四季の花を描いた現代物の訪問着です。結婚式に華を添える艶やかなデザインで、季節を問わずお召しいただけます。

七五三や入学式などフォーマルな場面でのポイント

七五三や入学式などの場面では、控えめながらも上品な訪問着を選ぶと良いでしょう。

お子さまが主役の行事では、お子さまに合わせた柔らかい色合いの訪問着を選ぶことが多いです。

  • 色選び: 淡い色やパステルカラーの訪問着は、優しく穏やかな雰囲気を醸し出し、家族行事に適しています。落ち着いた色味でも、柄があると華やかさをプラスできます。
  • 小物とのコーディネート: お子さまが主役の場合、自分の装いは控えめにすることも大切です。帯や小物はシンプルながらも質感の良いものを選び、全体のバランスを考慮しましょう。

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着」淡いピンクベージュの地に牡丹や菖蒲、桜や菊を描いた手描き友禅の訪問着です。七五三の付き添いにおすすめの清楚な装いです。

青磁色グラデーション辻が花の訪問着」金糸を織り込んだグラデーションの地に、辻が花染めを施した久保田一竹作の訪問着です。精緻な手仕事が紡ぎ出した上質な着物と、お子さまの祝着とのリンクコーディネートを楽しんで。

訪問着レンタルを利用する際は、シーンに合わせた選び方をすることが大切です。事前にレンタルサービスのスタッフと相談し、自分にとって最適な訪問着を選び、特別な日をより一層美しく彩りましょう。

レンタルで訪問着の装いを楽しむコツ

訪問着を着るためにレンタルサービスを利用することは、特別な日に伝統的な美しさを手軽に身にまとう素晴らしい方法です。

しかし、ただ単にレンタルするだけではなく、そのプロセスを楽しむことで、着物文化への理解を深め、より豊かな体験にすることができます。

この章では、レンタルで和の美意識を体験するコツと、訪問着の装いをもっと楽しむためのアイデアをご紹介します。

レンタルで体験する和の美意識

訪問着を選ぶ過程は、日本の美意識や文化に触れる絶好の機会です。以下のポイントに注意しながら、訪問着選びを楽しんでみてください。

  • 歴史と文化を学ぶ: 訪問着や帯には、それぞれに歴史や意味が込められています。選ぶ際にその背景を学ぶことで、着物への理解が深まります。
  • 季節感を楽しむ: 訪問着は季節に応じて選ぶのが伝統的な美学です。春は桜、秋は紅葉など、季節の移り変わりを表現する柄を選ぶことで、日本の四季を身近に感じることができます。
  • 色彩の美を味わう: 訪問着の色合いは非常に豊富です。伝統的な色にはそれぞれ物語や季節があり、色を選ぶこと自体が一つの楽しみとなります。

訪問着の装いをもっと楽しむためのアイデア

レンタルした訪問着の装いをさらに楽しむために、以下のようなアイデアを試してみてはいかがでしょうか。

  • 写真撮影を楽しむ: 特別な着物を着た記念に、プロの写真家による撮影を予約するのも一つの方法です。また、友人や家族と一緒に写真撮影会を開くのも楽しい思い出になります。
  • 着物でのお出かけプランを立てる: 訪問着を着て、日本庭園の散策やお茶会、美術館訪問など、文化的な活動を楽しむことで、着物での一日をより特別なものにすることができます。
  • 着物友達を作る: 着物や和装に興味があるコミュニティに参加することで、同じ趣味を持つ友人を作ることができます。着物に関する情報交換や、一緒にイベントに参加することで、着物ライフをより楽しむことができます。

レンタルした訪問着の着物体験を通じて、日本の伝統文化や美意識に触れることは、単なるファッションのレンタル以上の価値を持っています。これらのコツやアイデアを活用して、訪問着の装いを最大限に楽しんでください。

まとめ

訪問着をレンタルして楽しむことは、特別な日に日本の伝統美を手軽に身にまとう素晴らしい選択肢です。

本記事を通じて、訪問着レンタルの流れ、種類と選び方、試着の重要性、着付けのコツ、さらにシーン別の着こなし方までを学びました。

訪問着のレンタルサービスを上手に活用し、和の美意識を体験することで、あなたの大切な日をさらに特別なものにしましょう。この情報が、訪問着のレンタルを検討している方々の参考になれば幸いです。

〈参考記事〉
https://kitsuke-school.jp/basic/7/
https://kyotokimono-rental.com/homongi-column/homongi_souba.html
https://yourstyle.net/column/houmongi/04/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-mama-kimono/
https://www.buysellonline.jp/blog/graduation-ceremony-houmongi
https://kimono-kaitori-okami.com/basic-knowledge/houmongi/
https://www.haregino-marusho.co.jp/contents/graduate/1065.html
https://ec.luxe-nikko.com/column/?p=815

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ダイヤ柄にモノクロの菊紋様の小振袖【hak03】

オレンジ色の着物選びのお作法|季節ごとの選び方や振袖の着こなしテクまで

はじめに オレンジ色の着物は、その明るさと温かみで多くの人々に愛されています。特に成人式や結婚式などの晴れの日にふさわしい色として人気があります。 しかし、オレンジ色の着物を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すれば良い […]

ひとつ前の記事

若苗色に織り柄の一つ紋付色無地【hou81】

色無地の基礎知識|着物の格を示す紋なし・紋ありって?地紋とは別?

はじめに 着物は日本の伝統美を体現する衣装です。ひとくちに着物といっても多彩な種類がありますが、今回はその中の一つ、そのシンプルさで多くの人を魅了する「色無地」についてご紹介していきたいと思います。 色無地はその名の通り […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!