ターコイズブルーに檜扇、雲取紋様の色振袖【fui19】

【2024年最新】安い⁉結婚式に着ていく振袖レンタルガイド|東京の場合

はじめに

親しい友人や親族の結婚式に参列する機会、増えていませんか?そんな時、着物や和装の経験が少ない方にとって、振袖の準備は大変だと感じるかもしれません。

振袖を買うとなると高額ですし、着付けやヘアセットも自分ではなかなか難しいですよね。でも安心してください。東京にはたくさんのレンタルショップがあり、安くて便利に利用できるんです。

品揃えも豊富で、自分に合った一着が見つかるはず。レンタルなら、着付けやヘアセットのオプションサービスも利用できるので、和装初心者でも安心です。

とはいえ、振袖レンタルの流れや選び方のポイントって、意外と知らない方も多いのでは?

そこで今回は、東京で振袖をレンタルする方法について、基本的な流れや選び方のコツ、オプションサービスの内容まで、詳しくご紹介します。ぜひ参考にして、結婚式の参列準備に役立ててくださいね。

東京で結婚式に参列する際に振袖をレンタルするメリット

親族や友人の結婚式に着ていく振袖を購入するとなると、数十万円から百万円以上かかることもあります。いくら晴れの舞台とはいえ、出費がかさむのは悩ましいもの。

そこで、レンタルサービスを上手く利用することでコストを下げ、理想の振袖姿を実現してみてはいかがでしょうか。

ここでは、振袖をレンタルするメリットについて詳しく見ていきたいと思います。

買うより経済的で安心

振袖は一生に一度か二度しか着ない方も多いので、購入はなかなか難しいもの。

その点、レンタルなら、素材などによっても違いはありますが、5万円〜10万円程度の料金で、一式を借りられるのでとってもリーズナブルです。

さらに、レンタル料金には、着付けやヘアセット、足袋や草履などの小物一式のセットまで含まれていることが多いので、追加の出費はほとんどいりません

お値段以上の品質とサービスで、安心して振袖を着ることができるのは、レンタルならではの魅力ですね。

豊富な品揃えから選べる

「自分に似合う振袖が見つからない」なんて心配も無用。東京の着物レンタルショップの多くは、在庫数が500点以上あるなど、品揃えが豊富なんです。

定番の古典柄から、現代的でモダンな柄や色使いまで、さまざまなタイプの振袖を取り揃えています。

また、身長や体型に合わせて、サイズ展開も充実しているので、ピッタリの振袖をレンタルできます。

さらに、店舗によっては、プロのコーディネーターが、自分に似合う振袖選びをアドバイスしてくれるサービスもあるとか。

数ある着物の中から運命の一着を選ぶのは、ちょっぴりわくわくする体験かもしれませんね。

東京で振袖のレンタルサービスを選ぶポイント

東京で振袖のレンタルサービスを選ぶなら、まずは自分の予算と用途に合ったプランを探すことが大切です。レンタル内容や料金設定は店舗ごとに異なるので、事前に比較してみるのがおすすめ。

ここでは、予算に合わせたプラン選びの方法と、ちょっと他とは一味違うアンティーク振袖の選び方について詳しく見ていきたいと思います。

予算と用途に合わせたプラン選び

振袖レンタルのプランって、店舗によってすごく種類が豊富なんです。どんな内容で、いくらぐらいなのか、一般的なプランを表にまとめてみました。店舗によって、また、振袖の素材やデザインによっても異なるのであくまで参考に。

プラン内容料金目安
基本セット振袖、帯、帯締め、帯揚げ、長襦袢、襦袢5万円〜
トータルセット基本セット + 着付け、ヘアセット、小物一式8万円〜
フルセットトータルセット + アクセサリー、バッグ、草履10万円〜

「着物は着られるけど、自分で着付けは無理…」という人は、着付け付きのプランがおすすめ。ヘアセットまで付いていれば、当日は美容院に行く手間も省けて楽ちんです。

逆に、「着付けは自分でできるから、振袖だけ借りたい!」という人は、基本セットを選べば、コスパ良くレンタルできますよ。

同じ振袖でも、結婚式や成人式、卒業式で雰囲気を変えて着こなすのもすてきですよね。中には、シーン別のプランを用意してくれる店舗もあるので、利用予定の用途を伝えてみるのがポイント。

アンティーク着物のレンタルも人気

ちょっとレトロな雰囲気が好きな人は、アンティーク着物のレンタルにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

大正ロマンを感じさせる古風な柄や、モダンでキュートな昭和レトロなデザインの着物は、他の人とは一味違う個性的な装いが楽しめると人気なんです。

でも、アンティークならではの注意点もあります。生地の状態にムラがあったり、シミや糸のほつれがあったりすることも。レンタルする際は、以下の点をしっかりチェックしましょう。

  • シミや汚れ、糸のほつれなどがないか
  • 生地に痛みがなく、着用に耐えられる状態か
  • サイズが自分に合っているか

こんな風に、実際に手に取って状態を確認してから選ぶのが安心です。

アンティーク振袖は正絹という高級素材を使っていることが多いので、レンタル料金は通常の振袖よりも少し高め。

それでも、現代では出会えないような希少なデザインの着物を、お手軽に着こなせるのは嬉しいポイントです。

いつもと違う自分を演出できる、運命の一着に出会えるかもしれません。ワクワクしながら、お店めぐりを楽しんでみてくださいね。

ここで、ゆめやで取り扱っているアンティーク振袖から、大胆な色柄が個性を際立たせてくれること間違いなしの、「ターコイズブルーに檜扇、雲取紋様の色振袖」をご紹介します。

こちらは、大正から昭和時代に作られた五つ紋付き、アンティーク色振袖です。この時代には珍しいターコイズブルー地に、優美な桧扇、橘などが数多く手刺繍されており、爽やかで豪華な仕上がりになっています。

地のターコイズブルー色がたいへん鮮やかで、色白な方に似合いそうな色振袖です。帯は鶴と梅が織り出された正絹の丸帯を合わせました。

振袖レンタルの流れと準備

東京で振袖のレンタルサービスを利用するなら、まずは下見に行くのがおすすめ。「百聞は一見に如かず」とも言いますが、実際に店舗で振袖を手に取ってみると、自分に合う一着が見つかるはず。

ここでは、下見と予約のコツと、当日の流れについて見ていきます。

下見と予約のコツを押さえよう

振袖レンタルで失敗したくないなら、事前の下見と予約は絶対に外せません。

週末や祝日のレンタルショップは、まるでデパートの初売りのような混雑ぶり。
理想の振袖に出会えるチャンスを逃さないためにも、平日の下見がおすすめです。

下見の際は、以下の点を店舗スタッフにしっかりと伝えておきましょう。

  • 利用日程
  • 予算の上限
  • 好みのデザインや色
  • 身長や体型

これらの情報を事前に伝えておけば、スタッフが的確に振袖をセレクトしてくれるはず。
「これは私にぴったり!」という一着との運命の出会いがグッと近づきます。

ただし、人気シーズンは予約が取りにくいのが現状。レンタルしたい振袖は、早めに予約を入れておくのが賢明です。

友人の結婚式に参列予定の方は、招待状をもらったその日のうちに行動開始。
理想の振袖を着て、最高の一日を迎えられるよう、万全の準備を整えましょう。

当日は着付けも美容室も任せられる

振袖レンタルの当日は、着付けやヘアセット、メイクまで、すべてプロの手に委ねられるので、着物初心者でも安心です。

中でも着付けは、振袖専門店ならではの本格仕上げ。帯結びのリクエストにも柔軟に対応してくれるので、イメージ通りのスタイルがかないます。

そして、華やかな振袖姿にぴったりのヘアメイク。プロの技で、いつもの自分が劇的に変身するのを実感できるはず。

当日の嬉しい変身を、存分に楽しむためにも、時間に余裕を持った行動がマスト。基本的な一日の流れは、以下の通りです。

  1. 予約時間の30分前に店舗へ
  2. 振袖や小物の最終確認
  3. 着付け(1時間〜1時間半程度)
  4. ヘアセット、メイク(30分~1時間程度)
  5. 式場へ

特に、着付けには1時間以上かかることも珍しくありません。ヘアメイクの時間も加味すると、トータルで2時間近くかかると思っておいた方が無難

「着付けが長引いて、列席時間に遅れてしまった…」なんて悲劇は避けたいですよね。
一生の思い出に残る一日。ゆとりを持った準備で、最高の思い出を作りましょう。

レンタル振袖選びのポイントと和装マナー

東京の振袖レンタル店は、星の数ほどあると言っても過言ではありません。どのショップも、すてきな振袖を豊富にそろえているのですが、意外と見落としがちなのがレンタル条件

振袖をレンタルする前に、事前に確認しておくべきポイントを抑えておきましょう。

また、レンタルした振袖を着た後、忘れてはいけないのが和装のマナー。「良い着物を着ているのにマナーがダメね」なんて思われないためにもしっかり確認しておきたいですよね。

そこで、ここでは振袖をレンタルする際に気を付けたいポイントと和装マナーについて解説します。

レンタル期間とサイズはしっかり確認

振袖レンタルの期間設定は、まるでジェットコースターのよう。1泊2日の短期レンタルから、1週間以上の長期レンタルまで、ショップによってバラバラなんです。

さらに、「結婚式当日に返却してね」なんて条件のお店もあるから驚き。自分のスケジュールに合ったレンタル期間を提示してくれる店舗選びが、とっても大切ですね。

サイズ選びにも要注意。

振袖だけじゃなく、着物選びでは身丈、裄丈、袖丈がしっかり合っていることが必須条件

特に、裄丈が合ってないと見栄えがとても悪くなるので、しっかりと自分のサイズに合ったものを選ぶようにしてくださいね。

事前にお店に相談してみれば、きっとピッタリの振袖が見つかるはず。

「理想のサイズがなくて、当日ガッカリした…」なんて悲劇を避けるためにも、レンタル前の入念なサイズチェックは必須ですよ。

和装マナーを知って安心して参列

初めて振袖を着て結婚式に参列するなら、和装特有のマナーにも注目。
例えば、黒留袖に近い濃い色の振袖は、花嫁のお母様とかぶってしまうかも。

せっかくの晴れ舞台、華やかな色柄の振袖を選んで、新郎新婦とのメリハリをつけるのがオススメです。

ただし、新婦さんよりも目立つ色柄はNG。新婦さんと連絡が取れるなら、衣装の感じをあらかじめ教えてもらったりして、新婦さんよりも目立たないながらも、華やかで式に彩を添えられるような装いを心がけましょう。

式場内でも、振袖ならではのマナーがあります。

  • 歩くとき: 小股で歩いて、姿勢は背筋ピン!右手を着物の端にそえて内股で歩くと裾が広がりにくいですよ。
  • 座るとき: 座る際は、帯が崩れないように浅く腰掛けましょう。袖は引きずらないように膝の上に畳んで手をおきます。足は投げ出さず揃えて座りましょうね。

普段はパンツスタイルという方も、和装の所作はこれでバッチリ。

ここで紹介したのはほんの一例なので、レンタルショップで教えてもらったり、マナー本をチェックしたりして式当日は完璧な和装美人を目指してみてくださいね。

ステキな振袖に身を包んだら、所作もエレガントに。そんな晴れやかな一日は、きっと一生の思い出になるはずです。

東京で安く振袖をレンタルするなら

東京で振袖レンタルを利用するなら、できるだけ安く済ませたいのが本音。でも、せっかくの晴れの日に「安かろう悪かろう」の振袖じゃ、ガッカリしちゃいますよね。

そこで、お得に振袖レンタルを利用するなら、立地や在庫数など、店舗選びのポイントを押さえることが大切。コツをつかめば、あこがれの振袖美人に、リーズナブルな価格で変身できるはずです。

特に狙い目なのが、種類が豊富な老舗の振袖レンタル店。そんな穴場的なお店をチェックすれば、安く振袖をレンタルできるかもしれません。

店舗の立地と料金を比較検討

振袖レンタル店の料金設定、実は立地で大きく変わってくるんです。

東京の一等地にあるお店だと、家賃や人件費などのコストがかさむから、レンタル料金も高めになりがち。

でも、ちょっと郊外のお店なら、それだけコストを抑えられる分、料金設定も安めというわけですね。

とはいえ、安さ重視で遠方まで行くのは本末転倒。交通費や移動時間を考えたら、トータルでは高くつくことも。

だから、料金の安さとアクセスの良さ、両方のバランスが取れたお店選びが大事なんです。

どのランクの店舗にするか、予算と相談しながら決めていくのがベスト

でも、知る人ぞ知る穴場のお店なら、都心でもお手頃価格だったりするんです。
口コミサイトを活用して、お得情報をゲットするのもアリですよ。

種類が豊富な老舗店は要チェック

振袖のデザインや色柄がとにかく豊富なのが、老舗の振袖レンタル店の魅力。
長い歴史の中で厳選してきた、時代を超えて愛される名品振袖がズラリ

この豊富な品揃えがあるからこそ、レンタル料金をリーズナブルに抑えられるんですね。

老舗店なら、めったにお目にかかれないアンティーク振袖や、レトロでモダンな振袖など、個性的な一着に出会えるチャンス大。

予算に合わせて選びやすいよう、料金プランも臨機応変に対応してくれるのが嬉しいところです。

予算と自分の好みを明確にして、老舗のレンタル店に要望を伝えてみてください。きっと、あなたにぴったりの最高の振袖を紹介してくれはずですよ。

ここで、創業1985年の老舗、当店「ゆめや」で取り扱っているアンティーク振袖から、「葡萄色に鼓の五つ紋付き十三参り小振袖」をご紹介します。

こちらは、葡萄色の正絹地に、花丸紋様のような印象で飾り鼓が描かれた十三参り用のアンティーク小振袖です。なめらかで艶のある生地に、手描き、手刺繍で描かれています。

五つ紋が手刺繍で入れられており、上質な着物です。着物の色に馴染む袴を合わせてみました。

東京の振袖をレンタルする時よくある疑問

初めての振袖レンタル、ワクワクもするけど不安もいっぱい。

そもそも予約はいつからできるの?
着付けとかヘアセットって、自分でやるの?

etc…疑問が次から次へと湧いてきますよね。

そこで今回は、東京の振袖レンタルについて、みんながよく訊くアレコレをまとめてみました。
レンタルの流れから予約のコツ、当日の身支度まで、疑問を一挙に解決しちゃいます。

予約のベストなタイミングは?

振袖レンタルは、早め早めのご予約が鉄則

運命の1着に袖を通すチャンスを逃さないなら、遅くとも半年前からのアクションが肝心です。

特に春や秋の結婚式シーズンは、人気の振袖を巡る予約合戦が熱を帯びること必至。
狙っているデザインがあるなら、出遅れ厳禁ですよ。

とはいえ、急遽参列が決まって時すでに遅し…なんてハプニングも、結婚式あるあるですよね。

でも諦めないでください。意外と直前の予約でも対応してくれるお店はあるんです。
在庫状況次第とはいえ、「タイミングが合えば即日レンタルも可能」なんて、神対応のお店も。

まずは思い切って電話やメールで相談してみましょう。
ギリギリでもご縁があれば、理想の振袖をゲットできるチャンスはありますよ。

着付けやヘアメイク、その他のオプションは?

憧れの振袖は着たいけど、着付けなんてできるわけない…

そんな和装初心者さんも、ご安心を。
今どきの振袖レンタル店なら、着付けやヘアメイク、小物のセットなど、何でもお任せのオプションサービスが充実しています。

プロの手で美しく着飾れば、当日の支度は完璧。
鏡の前で、自信に満ちた笑顔を見られるはずです。

でも、肝心のオプション内容は、店舗ごとに十人十色。
レンタル料金に含まれていたり、別料金の場合もあるから要チェック。
事前の確認、お忘れなく

あくまで目安ですが、気になるオプションの価格帯はこんな感じです。

  • 着付け: 5,000円〜10,000円
  • ヘアセット: 5,000円〜10,000円
  • メイク: 3,000円〜5,000円
  • 小物一式: 3,000円〜5,000円

振袖のグレードによっては、プラス料金になることも。

「着付けはお母さんに頼もう」
「ヘアメイクは行きつけの美容院で」

など、オプションはあなたのスタイルに合わせてセレクトしてくださいね。

まとめ

東京で結婚式に参列するなら、ぜひ振袖のレンタルサービスを活用しましょう。
レンタルなら、購入するよりもグンとお得に、そして手軽に憧れの振袖美人になれちゃいます。

種類豊富な品揃えの中から、運命の1着を選ぶのも楽しみの一つ。
着付けやヘアセットなどのオプションを利用すれば、振袖デビューも安心ですよ。

お店選びの肝は、ここ。

  • レンタル期間やサイズ展開をチェック
  • 料金プランを比較検討
  • 種類が豊富な老舗店も要チェック

自分の予算と好みに合わせて、じっくり吟味しましょう。
「安かろう悪かろう」では、せっかくの晴れ舞台が台無しに。
でも、賢く選べば、お得に理想の振袖をゲットできるはず。

予約のベストタイミングは半年前
でもご安心を。直前でもタイミング次第ではレンタル可能。
まずは希望の店舗に、思い切って相談してみましょう。

ぜひ、振袖のレンタルサービスを活用して、一生の宝物になる装いを目指してくださいね。
あなたの"最高にかわいい"が詰まった、思い出の1ページを、ぜひ振袖美人の姿で飾ってください。

きっと、結婚式が100倍楽しくなるはず。

〈参考記事〉
https://furisode-ichikura.jp/magazine/how-to-choose-furisode-what-is-point/
https://www.haregino-marusho.co.jp/contents/furisode/98.html
https://labliss.net/search/column/time-required-for-kimono/
https://yumekirara.com/furisode/guide/manner/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。 そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。 以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。 この記事では、 […]

ひとつ前の記事

七五三・家族プラン お子さま2人とお母様のセット(計3点)【set21】

【初心者向け】七五三でアンティークの着物をレンタルする方法

はじめに 七五三は、子どもたちの成長を祝う大切な日本の伝統行事です。この特別な日に、アンティークの着物を選ぶ親御さんが年々増えています。アンティーク着物は、ただ古いだけではなく、長い時間を経て受け継がれた職人の技術と、時 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!