着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

ピンクベージュに牡丹や桜、菊の七歳祝着【kod09】

【初心者向け】七五三 12月のお参りのメリット!と服装と着物の選び方

目次

はじめに

「七五三とは?12月の特別な意味とは」

七五三は、日本におけるお子さまたちの成長を祝う重要な年中行事です。通常11月15日に行われるこの行事は、3歳、5歳、7歳のお子さまたちが主役となり、家族一緒に神社へお参りして、お子さまたちの健やかな成長を願います

しかし、最近では11月15日以外の日にも行われることが増えており、特に12月にお参りを行う家族が増えています。今回は12月に行われる七五三について、その意味やメリット、注意点などを詳しく解説します。

七五三の基本と歴史

七五三はもともとお子さまの健康と長寿を願う行事として始まりました。数え年で3歳、5歳、7歳のお子さまたちが対象で、それぞれの年齢に特別な意味があります。3歳は「髪置き」といって、これまで剃っていた髪を伸ばし始める年齢を意味し、5歳は「袴着」と称して男の子が初めて袴を着る年齢を指します、そして7歳は「帯解き」といって、女の子が大人の着物のような帯を締めるようになる年齢を意味します。

七五三の現代的な意味

現代では七五三はお子さまの成長を祝う家族行事として定着しており、神社での祈祷や家族写真の撮影などが行われます。この日はお子さまたちが晴れ着として着物や袴を身につけ、家族一緒に神社でお参りをして、その後は家族や親戚が集まって食事を楽しむのが一般的な流れです。

12月の七五三の特徴

12月の七五三は、本来行われる11月15日を過ぎてから実施されるため、一般的な11月の七五三とはいくつか異なる点があります。まず12月は11月に比べて神社も混雑が少なく、ゆったりとお参りができる点が大きなメリットです。

また気温が低くなる12月は、着物や袴を着るお子さまたちにとっても寒さ対策が必要になります。さらに12月は一年の締めくくりの時期として、家族で過ごしやすい月でもあります。

七五三のお参りを12月に行う理由とメリット

「12月の七五三お参りのメリット」

七五三はお子さまたちの一大イベントであり、多くの家族にとって大切な日です。最近では12月にお参りを行う家族が増えています。そこで、12月に七五三を行うメリットについて詳しくご紹介します。

混雑を避ける

11月は七五三のシーズンとして知られており、神社は多くの家族で混雑します。しかし、12月になると混雑は比較的少なくなるので、落ち着いてお参りできるようになります。神社で過ごすゆったりとした雰囲気は、お子さまたちにとってもストレスが少なく、特別な体験を提供します。

撮影の自由度が高まる

混雑が少なくなるので、写真撮影にも大きなメリットがあります。特に神社の境内や庭園での記念写真撮影は、混雑しているとなかなか思うようにできないものです。

しかし、12月なら時間をかけて理想的な家族写真を撮ることができます。スタジオでの前撮りや後撮りも含めて、撮影の計画を立てやすくなります。

家族での特別な時間

12月は年末に向けて、家族で過ごす時間を大切にする時期です。七五三のお参りをこの時期に行えば、一年の終わりに家族が集まってお子さまたちの成長を共に祝えます

「時期外れの七五三がもたらす魅力」

12月の七五三はいわゆる「時期外れ」に行われますが、その時期だからこその魅力があります。そこで、12月に七五三のお参りを行う魅力についてご紹介します。

新しい年へのスタートとして

12月の七五三を新しい年へのスタートと位置づけることもできます。特に年末に近づくこの時期は新しい年への準備として、お子さまたちの成長を祝い、家族の絆を確認する良い機会といえます。

寒い季節の着物の魅力

寒い季節に着る着物は、暖かみのある素材や色合いが特徴です。冬にふさわしい装いは、七五三の写真撮影でも独特の雰囲気を演出します。また冬ならではのアクセサリーを加えれば、より一層特別感を出せます。

ゆめやの取り扱う着物から、7歳用の祝着をご紹介します。ピンクベージュに牡丹や桜、菊の七歳祝着【kod09】は、ピンクベージュの正絹に牡丹や菊の花が大胆に描かれたアンティークの訪問着から仕立てた、7歳用の祝着です。重ね衿、裾回し、袖の振り、袖口から袂にかけては、薄いオレンジの絞りを足し、ボタン型のお花も添えています。帯、がま口のポシェット、髪飾りも揃いで誂えました。

12月の七五三での注意点とポイント

「12月の七五三お参りにおける注意点」

12月に七五三のお参りを行う場合、季節的な要素を考慮したいくつかの注意点があります。七五三はお子さまたちにとって特別な日であり、その日を快適に過ごすためには、細かな準備が欠かせません。そこで、12月の七五三で特に注意すべき点を挙げていきます。

寒さ対策を徹底する

12月は寒い季節です。そのため、お子さまたちが着る着物や袴は寒さを考慮して選ぶことが大切です。暖かい素材の着物や肌着の重ね着、防寒用のコートやストールを準備するなど寒さからお子さまたちを守る工夫が必要です。

予約は早めに

12月は年末に向けて多くの行事があり、神社や撮影スタジオも予約が取りにくくなりがちです。特に神社での祈祷や家族写真の撮影は、早めの予約が必要です。計画を立てる際は予約状況を確認して、早めに手配することをおすすめします。

時間の管理を忘れずに

12月は日が短く、暗くなるのも早いため、お参りや写真撮影のスケジュールを考える際には時間の管理に注意が必要です。特に屋外での写真撮影を考えている場合は、日中の明るい時間帯に行うことをおすすめします。

親子での健康管理

寒い季節は、風邪などの体調不良に注意が必要です。特にお参り前はお子さまだけでなく、家族全員で体調管理に努めることが大切です。健康な状態で七五三を迎えるためにも、十分な睡眠とバランスの取れた食事を心がけましょう。

「寒さ対策とお子さまの安心」

12月の七五三における寒さ対策は、お子さまたちの安心と快適さを保つために非常に重要です。特に着物や袴を着用する際、寒さとの戦いになることもあります。以下では、お子さまたちが寒さを感じることなく七五三を楽しめるような対策について詳しくご紹介します。

防寒対策をしっかりと

お子さまたちが着る着物や袴は、寒さ対策ができる素材やデザインを選びましょう。保温性の高い裏地がついた着物や、肌触りの良い暖かい肌着の使用がおすすめです。また、着物の上から羽織ることができる防寒用のコートや、首元を暖かく保つためのストールも効果的です。

室内での待機を考慮する

可能であれば、屋外での待機時間を最小限に抑え、室内での時間を多く取るように計画しましょう。特に神社での待ち時間が長くなる場合は、室内で待機できる場所を事前に確認しておくと良いでしょう。

熱源の活用

小さな熱源を活用するのも一つの方法です。使い捨てカイロを着物の内側に忍ばせたり、手袋を用意したりするなど様々な方法でお子さまたちを暖かく保つことができます。

七五三の撮影:12月の特別な記念撮影

「12月の七五三撮影のポイント」

七五三は、お子さまたちの成長を記録する大切な瞬間です。特に12月の七五三撮影は、その年の締めくくりとして、また新たな年へのスタートとして、特別な意味を持ちます。ここでは、12月の七五三撮影で重要なポイントをいくつかご紹介します。

撮影環境の選択

12月の撮影では、外気温を考慮して、屋内スタジオや暖かい場所での撮影を選択することが大切です。屋外での撮影を希望する場合は、日中の暖かい時間帯を選び、撮影時間を短めに設定することをおすすめします。

光の活用

冬の日差しは柔らかく、写真に温かみを与えます。自然光を上手く活用することで、より美しい写真を残すことができます。特に午前中から正午にかけての自然光は、お子さまたちの表情を柔らかく美しく映し出します。

服装の工夫

寒い季節の撮影では、防寒対策としてのアクセサリーを活用することができます。暖かいショールや可愛らしい手袋などを取り入れることで、撮影の魅力を高めることができます。また、着物や袴の色合いを冬らしい暖色系にすることも、季節感を出す一つの方法です。

表情の大切さ

お子さまたちの自然な表情を引き出すことは、撮影で最も重要なポイントの一つです。リラックスした雰囲気を作り出し、お子さまたちが楽しく撮影に参加できるようにしましょう。家族が一緒に撮影に参加することも、お子さまたちの自然な笑顔を引き出す良い方法です。

「家族で選ぶ撮影スタイル」

七五三の撮影は、単にお子さまたちの姿を記録するだけでなく、家族の絆を映し出す機会でもあります。12月の七五三撮影では、家族全員で楽しめるスタイルを選ぶことが、よりすてきな思い出を作る秘訣です。以下では、家族で選ぶ撮影スタイルのポイントを紹介します。

家族全員での撮影

七五三の撮影は、家族全員が参加することで、その年の家族の記念となります。家族全員で着物を着用することで、統一感のある美しい写真を撮影することができます。また、カジュアルな服装での家族写真も、温かみのある雰囲気を演出します。

テーマを設定する

撮影のテーマを設定することで、より楽しい撮影が可能です。例えば、「和モダン」や「冬の魔法」などのテーマを設定し、それに合わせた衣装や小道具を用意することで、撮影が一層楽しいものになります。

自然な雰囲気を大切に

撮影では、家族らしい自然な雰囲気を大切にしましょう。ポーズを取るのも良いですが、会話を楽しむ様子や、自然な笑顔、親子のふれあいの瞬間など、日常の温かいシーンを捉えることで、心に残る写真を撮ることができます。

撮影場所を選ぶ

スタジオでの撮影も良いですが、家庭のリビングやお庭、近くの公園など、身近な場所での撮影も特別な思い出となります。家族にとって意味のある場所での撮影は、より感慨深いものになるでしょう。

12月の七五三:服装と着物の選び方

「12月に適した七五三の服装」

12月の七五三には、季節に合わせた服装選びが非常に重要です。寒い季節の特性を考慮し、お子さまたちが快適に過ごせるような服装を選ぶことが大切です。ここでは、12月の七五三に適した服装のポイントについて解説します。

寒さに対応した着物や袴

12月の七五三では、保温性に優れた素材の着物や袴を選ぶことが重要です。暖かい裏地がついた着物や、重ね着がしやすいデザインのものを選びましょう。また、袴の下には保温性の高い肌着を着用することで、お子さまたちが寒さを感じにくくなります。

防寒アクセサリーの活用

着物や袴と合わせて、防寒アクセサリーを活用することも大切です。例えば、暖かい素材のストールやショール、手袋などを取り入れることで、ファッション性を保ちながら寒さからお子さまたちを守ることができます。

色とデザインの選択

12月の七五三では、季節感を反映した色やデザインを選ぶこともポイントです。冬らしい深みのある色合いや、季節のモチーフを取り入れた着物は、12月の七五三にぴったりです。また、お祝いの場にふさわしい華やかなデザインを選ぶことで、お子さまたちの特別な日をさらに彩ります。

「寒い時期の着物選びのコツ」

12月の寒い時期に着物を選ぶ際には、いくつかのコツがあります。特に七五三では、お子さまたちが着物を着ることが多く、寒さ対策と着心地の良さが重要となります。以下では、寒い時期の着物選びのコツをご紹介します。

保温性に優れた素材の選択

寒い時期の着物選びでは、保温性に優れた素材を選ぶことが重要です。例えば、ウールや重めの織物など、暖かく肌触りの良い素材を選びましょう。これらの素材は、寒さを防ぎながらも、着物特有の美しさを保つことができます。

重ね着がしやすいデザイン

お子さまたちが着る着物では、重ね着がしやすいデザインを選ぶことも大切です。例えば、裾が広がりすぎず、中に暖かい肌着を着用しやすいデザインのものを選びます。また、腰回りが締め付けすぎず、動きやすさを考慮したデザインも重要です。

季節感を取り入れた色合いとデザイン

冬の季節感を表現する色合いとデザインを選ぶことで、12月の七五三に合った着物を選ぶことができます。深みのある色合いや、冬の花や雪の結晶などのモチーフを取り入れたデザインは、季節感を演出するのに適しています。

アクセサリーで防寒と装飾を兼ね備える

着物の防寒対策として、アクセサリーの活用もおすすめです。例えば、暖かい素材のショールや、色合いの美しい手袋を合わせることで、防寒と装飾を兼ね備えることができます。これらのアクセサリーは、着物の美しさを引き立てると同時に、お子さまたちを寒さから守ります。

七五三のお祝い:12月における家族の過ごし方

「12月の七五三での家族の過ごし方」

七五三はお子さまたちの成長を祝う大切な日であり、家族で過ごす時間は特に価値があります。12月の七五三では、冬の季節感を活かした家族での過ごし方が求められます。以下では、12月の七五三での家族の過ごし方についていくつかのアイデアを紹介します。

神社でのお参り

七五三の中心的なイベントは、やはり神社でのお参りです。12月の七五三では、混雑が少ないため、ゆったりとした雰囲気の中で祈祷を受けることができます。家族揃って、お子さまたちの健やかな成長と幸せを願いましょう。

家族写真の撮影

お参りの後は、記念写真を撮影するのが一般的です。12月ならではの温かみのある背景や、季節感を演出する小道具を使って、家族全員での撮影を楽しむことができます。家族写真は、後に大切な思い出となります。

特別な食事を楽しむ

七五三の日は、家族で特別な食事を楽しむこともおすすめです。自宅で手作りのごちそうを準備するも良し、お子さまたちが好きなレストランでお祝いするも良し、家族での時間を大切にしましょう。

お子さまへのプレゼント

七五三のお祝いとして、お子さまたちへのプレゼントを用意するのもすてきなアイデアです。成長を祝う意味を込めて、記念に残るような特別なアイテムを選びましょう。

「七五三お祝いのアイデアとサービス」

七五三をさらに特別なものにするためには、お祝いのアイデアとサービスを上手く活用することが大切です。特に12月の七五三では、季節に合わせたユニークなアイデアが求められます。ここでは、七五三お祝いのアイデアと利用できるサービスについて紹介します。

季節感を活かしたデコレーション

家庭でのお祝いでは、冬の季節感を反映したデコレーションを行うことで、特別な雰囲気を作り出すことができます。例えば、冬の花や雪の結晶をモチーフにした装飾や、暖色系の照明を使って温かみのある空間を演出しましょう。

ケータリングサービスの利用

家族での食事の準備には、ケータリングサービスを利用するのも一つの方法です。特別な日にふさわしい豪華な料理を自宅に届けてもらうことで、手間をかけずにお祝いの食事を楽しむことができます。

プロの写真撮影サービス

家族写真の撮影には、プロの写真撮影サービスを利用することをおすすめします。特に12月の七五三では、プロのカメラマンによる撮影で、季節感あふれる美しい写真を残すことができます

オンラインでの共有

遠く離れた家族や友人とのお祝いは、オンラインでの共有を考えると良いでしょう。ビデオ通話やSNSを通じて、特別な日の様子をリアルタイムで共有することで、遠くにいる人たちも一緒にお祝いを楽しむことができます。

七五三後の撮影:時期をずらしての撮影のススメ

「七五三後の撮影とそのメリット」

七五三の日が過ぎた後に撮影を行うことは、多くのメリットをもたらします。特に12月やそれ以降の時期に撮影を行うことで、様々な利点を享受できます。以下では、七五三後の撮影のメリットについて詳しく説明します。

混雑を避けた撮影

七五三の本来の時期は、神社やスタジオが混雑することが多いです。しかし、時期をずらすことで、混雑を避けてゆったりとした環境で撮影を行うことができます。これにより、家族やお子さまたちもリラックスして撮影に臨むことが可能になります。

より良い天候と光の条件

12月やその後の時期は、天候が安定している日が多く、撮影に適した光の条件を得やすいです。特に冬の柔らかい日差しは、写真に温かみを与え、お子さまたちの表情をより美しく引き立てます。

撮影スタイルの多様化

七五三の本来の時期を外れると、着物以外の衣装での撮影も選択肢として増えます。季節に合わせたカジュアルな服装や、クリスマスなどのイベントを意識した撮影など、創造的なアイデアを取り入れることができます。

時間と予算の柔軟性

時期をずらすことにより、撮影に関する時間と予算の柔軟性が増します。特に予算面では、オフシーズンの撮影プランを利用することで、コストを抑えることも可能です。

「家族で残す特別な写真」

七五三後の撮影は、家族で残す特別な写真を作る絶好の機会です。以下では、家族で特別な写真を残すためのポイントについて説明します。

家族の絆を表現する

七五三後の撮影では、家族の絆を表現することに重点を置きましょう。例えば、親子で手をつないだり、抱き合うポーズを取ったりすることで、温かみのある家族の姿を捉えることができます。

季節感を生かした撮影

撮影時期が12月やそれ以降であれば、冬の季節感を生かした撮影を行うことができます。雪景色や冬の装飾をバックにすることで、季節を感じさせる美しい写真を残すことができます。

個性を活かした撮影

家族それぞれの個性を活かした撮影を行うことも重要です。お子さまたちの趣味や特技、好きなものを取り入れた撮影を行うことで、より個性的で意味のある写真を残すことができます。

プロの撮影を活用する

特別な写真を残すためには、プロのカメラマンに撮影を依頼するのも良い選択です。プロならではの技術で、家族の自然な表情や、美しい背景を捉えることができます。

まとめ

「12月の七五三を成功させるための秘訣」

12月の七五三は、お子さまたちの成長を祝う特別な行事です。この時期ならではの挑戦と機会を乗り越え、家族にとって思い出深い一日にするためには、いくつかの秘訣があります。以下では、12月の七五三を成功させるためのポイントをまとめてご紹介します。

丁寧な計画と準備

  • 日程の調整: 12月の七五三は、予約が必要な神社やスタジオが混雑していないため、事前の予約と計画がスムーズに進みます。
  • 寒さ対策の準備: 冬の寒さに対応した着物や袴の選択、防寒アクセサリーの用意は欠かせません。

撮影の工夫

  • 光の利用: 12月の柔らかい日差しを活かした撮影で、温かみのある美しい写真を残しましょう。
  • 家族写真: 家族全員での撮影は、七五三の記念写真として大切な要素です。家族の絆を表現するポーズや表情に注意を払いましょう。

特別な日の演出

  • 季節感あるデコレーション: 家庭でのお祝いには、冬の装飾を取り入れ、暖かく特別な雰囲気を作り出しましょう。
  • 思い出の共有: 家族だけでなく、親戚や友人とのビデオ通話やSNSを通じて、特別な日の様子を共有するのも良いでしょう。

柔軟な対応

  • 天候の変化への対応: 冬の天候は変わりやすいため、屋外でのイベントは天候を考慮して計画しましょう。
  • お子さまたちの体調管理: 寒い季節は特に、お子さまたちの体調管理に注意し、健康な状態で七五三を迎えられるようにしましょう。

七五三は、日本の伝統的な行事として、お子さまたちの一生に残る大切な思い出を作ります。12月の七五三を通じて、家族の絆をより一層深め、お子さまたちの成長を心から祝福しましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

色打掛イメージ

【着物のプロが監修】色打掛のレンタルの相場は?結婚式準備のヒント

はじめに 挙式の日、花嫁はまさにその場の主役です。華やかな衣装を身に纏い、みんなの注目を浴びます。特に、和装姿の花嫁の美しさは、深い伝統と日本の美意識が息づいています。今回は、和装の中でも特に人気のある「色打掛」について […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!