七五三イメージ

【753着物レンタル】初心者向け!選び方とおすすめ紹介 | 絹100%の美

1. はじめに

子供の成長はあっという間ですね。特に、日本の伝統的な行事である七五三は、子供たちの健やかな成長を祝う大切な節目です。この特別な日には、伝統的な和装を身にまとい、家族揃って神社へお参りをします。しかし、和装や着物に詳しくない方にとって、準備は少し大変に感じられるかもしれません。特に、着物を所有していない家庭では、「どのように準備を進めればよいのか?」という疑問が生じます。

ここで、着物レンタルのサービスが大きな役割を果たします。レンタルなら、高価な着物を購入する必要はありませんし、サイズやデザイン、アクセサリーまでトータルでコーディネートしてくれるため、準備がぐっと楽になります。また、専門のスタッフが着付けからお手入れの方法まで、細かなアドバイスを提供してくれるので、和装に不慣れな方でも安心して当日を迎えることができます。

この記事では、七五三の着物レンタルについて、基礎知識から選び方、準備の流れまで、初心者の方にも分かりやすく解説していきます。1985年創業の当店では、絹100%の正絹アンティーク着物を中心に、約800点の着物を取り揃えております。手から手へと受け継がれてきた着物たちは、それぞれに物語を持ち、特別な日の装いにふさわしい温もりと美しさを提供します。七五三の準備を始めるにあたって、少しでもお役に立てれば幸いです。

2. 七五三レンタル着物の基礎知識

七五三は、子供たちの成長を祝う大切な日本の伝統行事です。この特別な日には、子供たちが華やかな着物を身に纏い、家族と共に神社へお参りに行きます。しかし、着物は購入すると高価であり、サイズアウトも早いため、レンタルサービスが非常に重宝されています。レンタル着物は、経済的でありながら、多様なデザインやサイズから選べる手軽さが魅力です。今回は、七五三レンタル着物の基礎知識として、七五三の意味とレンタル着物のメリットについて詳しくご紹介します。

2.1 七五三とは?子供の大切な節目

七五三は、3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子の成長を祝う日本の伝統的な行事です。この行事は、子供たちの健やかな成長を願い、家族で神社に参拝することで知られています。特に、この日には正絹の着物を着用することが一般的で、子供たちにとって人生で初めて着物を着る特別な機会となります。しかし、着物とその小物一式を揃えることは、知識がないと難しく、また高価な投資となるため、多くの家族がレンタルサービスを利用しています。レンタルなら、専門店がセットで用意してくれるため、準備が簡単で、当日は子供たちの晴れ姿を存分に楽しむことができます。

2.2 レンタル着物のメリットとは?手軽さと経済性

レンタル着物の最大のメリットは、その手軽さと経済性にあります。購入する場合、着物一式には数十万円がかかることも珍しくありませんが、レンタルならば一式数千円から利用可能です。また、サイズやデザインの選択肢が豊富で、専門店のスタッフが丁寧にサイズ合わせをしてくれるため、子供にぴったりの着物を選ぶことができます。さらに、レンタル着物はクリーニング済みで提供されるため、使用後の手入れの心配がなく、当日をより楽しむことに集中できます。予約から返却までの流れも簡単で、忙しい家族にとっても大きな負担になりません。このように、レンタル着物は七五三を迎える家族にとって、経済的かつ便利な選択肢として、大きな価値を提供しています。

アンティークきものレンタルゆめやでは、貴重なアンティークの祝着や被布をレンタルでご用意しています。高度な染色技術や繊細な手刺繍など、今では再現できない職人技の粋を極めたアンティーク着物は全て貴重な1点ものです。周りのお子さまと被ることなく、とっておきの装いで七五三に臨んでいただけます。

3. 年齢別レンタル着物ガイド

七五三は、子供たちの健やかな成長を祝う大切な日です。この特別な日には、伝統的な和装を身にまとい、家族で神社へお参りします。しかし、着物選びは初めての経験という方も多く、どのように選べば良いのか迷われることでしょう。年齢に応じた着物の選び方や、レンタルの流れについて詳しく解説していきますので、ご安心ください。

3.1 3歳女の子・男の子の着物選び

3歳の七五三では、女の子は被布(ひふ)セット、男の子は羽織袴を着用します。この年齢の子供たちはまだ小さく、着物を着るのが初めてという場合がほとんどです。そのため、着心地の良さと動きやすさを重視することが重要です。

  • 女の子の被布セットは、色鮮やかで華やかなデザインが多く、小物使いでさらに可愛らしさを演出できます。ピンクや赤、水色など明るい色の着物に、花や鞠、蝶などの柄が人気です。
  • 男の子の羽織袴では、勇ましい鷹や獅子、鯉の滝登りなどの柄が好まれます。色は青や緑、黒などが一般的で、男の子らしい凛とした姿を引き立てます。

レンタルを選ぶ際は、子供が着用する際の快適さを最優先に考えましょう。また、着付けが簡単なセットや、クリーニング不要で返却できるプランも便利です。サイズ選びは特に重要で、成長が早い子供たちのために、少し余裕を持たせたサイズを選ぶと良いでしょう。

3.2 5歳と7歳の子供たちにぴったりの着物スタイル

5歳の男の子は羽織袴を、7歳の女の子は着物に帯を結ぶスタイルが一般的です。この年齢になると、子供たちも自分の好みを持ち始めるため、デザイン選びには子供の意見を取り入れると喜ばれます。

  • 5歳の男の子は、3歳の時よりもさらに凛々しい袴スタイルを楽しめます。伝統的な柄はもちろん、モダンなデザインのものも増えてきています。色や柄にこだわりを持つことで、一層特別感のある装いになります。
  • 7歳の女の子には、より成長した姿を美しく見せる着物が選ばれます。古典的な美しさを持つ紋付きの着物や、現代的なデザインが施されたものまで、幅広い選択肢があります。帯の結び方一つで印象が大きく変わるため、ここにも工夫を凝らしてみてください。

この年齢では、着物を着ること自体にも慣れてきているため、少し挑戦的なデザインや色に挑戦しても良いでしょう。また、家族で統一感のある色や柄を選ぶのも、七五三の記念になります。レンタルショップでは、事前の試着や相談が可能な場合が多いので、ぜひ利用してみてください。

七五三の着物選びは、子供たちの成長を祝う大切な儀式の一部です。年齢に合わせた選び方を心がけ、この特別な日を家族で楽しんでください。

4. 着物レンタルの流れと準備

七五三のお祝いに着物をレンタルする際、事前の準備と流れを知っておくことは非常に重要です。特に、着物や和装に詳しくない方にとっては、どのように進めれば良いのか戸惑うこともあるでしょう。このセクションでは、レンタル着物の予約から当日までのステップと、必要な小物の一覧と準備ポイントをご紹介します。これらの情報を押さえておけば、当日をスムーズに迎えることができます。

4.1 予約から当日までのステップ

七五三の着物レンタルを検討する際、まずは予約からスタートします。ピークシーズンは特に予約が集中するため、早めの行動が推奨されます。以下は、予約から当日までの一般的な流れです。

  1. レンタル店舗の選定:評判やレンタル品の種類、価格を比較して、信頼できる店舗を選びます。
  2. 予約:希望する着物の種類、サイズ、レンタル期間を決めて予約します。この際、子供の身長や年齢、性別を伝え、最適なサイズの着物を相談しましょう。
  3. 試着と最終決定:可能であれば、事前に試着をして着心地やデザインを確認します。特に、着物はサイズ感が大切なので、このステップは重要です。
  4. 当日の準備:レンタルした着物と小物を受け取り、着付けの予約が必要な場合は確認しておきます。
  5. 当日:予約した時間に着付けをしてもらい、七五三のお参りや写真撮影を楽しみます。

この流れに沿って準備を進めることで、七五三の日をスムーズに迎えることができます。

4.2 必要な小物一覧と準備ポイント

着物をレンタルする際、着物だけでなく必要な小物も一緒にレンタルすることが多いです。以下は、七五三で必要となる主な小物の一覧です。

  • 足袋:着物の下に履く靴下のようなものです。足のサイズに合ったものを選びましょう。
  • 草履(ぞうり):着物に合わせる履物です。子供用のものは歩きやすいデザインのものが多いです。
  • :着物を固定するためのベルトのようなものです。子供用は簡単に結べるタイプのものが便利です。
  • 髪飾り:髪を飾るアクセサリーで、七五三の装いを華やかにします。
  • 袴(男の子用):7歳の男の子が着用する場合があります。着物とセットでレンタルすることができます。
  • 被布(3歳女の子用):着物の上に羽織るコートのようなもので、特に3歳の女の子が着用します。

これらの小物は、着物と一緒にレンタルすることで、色やデザインが統一され、より美しく着こなすことができます。また、レンタルする際には、子供が当日快適に過ごせるよう、サイズや素材にも注意して選びましょう。

着物レンタルの流れを把握し、必要な小物を事前にチェックすることで、七五三の準備をよりスムーズに進めることができます。この大切な日に、子供たちが着物を美しく着こなし、家族で素敵な思い出を作るための準備を楽しみましょう。

ゆめやでは家族構成や年齢に合わせてお選びいただける、お得な七五三プランをご用意しています。「七五三・兄弟姉妹プラン お子さま2人のセット(計2点)」七五三のお子さま2人、合計2着のプランです。「七五三・親子プラン お子さま1人とお母様のセット(計2点)」七五三の祝着1着と、お母さまの訪問着1着のプランです。どちらのプランもお子さまの性別を問わず、七五三のどの年齢の祝着でも自由にお選びいただけます。やわらかく体に沿う正絹の祝着に身を包み、思い出に残る晴れの日を迎えていただけます。

5. 着物スタイルと選び方

七五三のお祝いには、子供たちが主役です。この特別な日に、彼らが着る着物は、見た目の美しさはもちろん、着心地や動きやすさも重要です。着物選びは、一見複雑に思えるかもしれませんが、基本を押さえれば、子供たちにとっても親御さんにとっても楽しい準備の一つになります。ここでは、古典からモダンまでの着物スタイルの種類と、年齢や性別に合わせた選び方をご紹介します。

5.1 古典からモダンまで、着物スタイルの種類

着物にはさまざまなスタイルがあり、その中でも「古典」と「モダン」は大きな分類となります。古典的な着物は、伝統的な柄や色合いが特徴で、菊や牡丹、鶴といった日本の自然や文化を象徴するモチーフが用いられます。これらの着物は、七五三のような格式高いお祝い事にふさわしい選択とされています。

紫の縮緬地に扇と花々の五つ紋付三歳祝着」濃紫色の縮緬地に、柄杓や花々を描いた3歳の女の子用のアンティーク祝着です。格式高い五つ紋と古式ゆかしい絵柄が、特別感のある祝着姿を叶えます。柔らかなクリーム色の被布を合わせて、色のコントラストを楽しむ装いに。

朱色に扇、花薬玉、花丸紋の五つ紋付七歳祝着」桐の花を織り出した朱色の地に、檜扇や花薬玉、花丸紋を色鮮やかに描いた7歳の女の子用のアンティーク祝着です。古典美に満ちた晴れやかな色柄が、子どもらしい愛らしさを引き立てます。

一方、モダンな着物は、伝統的な要素を残しつつも、色使いやデザインに現代的な感覚を取り入れたものです。明るい色彩やシンプルな柄、洋服のような感覚で選べるデザインが特徴で、特に若い親御さんや、伝統的なものよりもカジュアルなスタイルを好む方に人気があります。

赤地にピンク色の雲取と、御所車や四季の花の三歳祝着」赤色とピンク色のコントラストが美しい、3歳の女の子用のアンティーク祝着です。松竹梅や牡丹、青海波や扇などのおめでたい絵柄が細やかに描かれ、レトロモダンな雰囲気に満ちています。梅を白く染め抜いた赤い被布を合わせて、この時期だけの可愛らしさを際立たせました。

オレンジ色に絞りのドット柄の七歳祝着」菊の花を織り出した橙色の地に、白菊をすっきりと染め抜いた7歳の女の子用の祝着です。白菊が大きな水玉模様にも見えるモダンな一枚。通常の祝着では物足りないお嬢さまにもご満足いただける、個性を反映した装いです。

5.2 年齢や性別に合わせた着物の選び方

七五三では、年齢や性別によって着るべき着物のスタイルが異なります。例えば、3歳の女の子は主に被布(ひふ)セット、7歳の女の子は振袖や袴を着用します。男の子の場合、3歳と5歳では袴セットが一般的で、特に5歳の時は羽織も合わせて着用します。

青海波に帆船、折鶴の三歳祝着」青海波を背景に折り鶴を描いた、3歳の男の子用の祝着です。大きな絞りの帯を締め、初めて着物に袖を通すお子さまも心地よくお召しいただけます。

黒紋付に仙台平袴のアンサンブル モノトーンの五歳祝着」黒紋付きに仙台平の袴を合わせた、5歳の男の子の祝着です。着物は黒とグレーの縞模様で、羽織を脱いでもおしゃれ。正統派の装いにさりげなくおしゃれ心を加えています。

着物を選ぶ際は、子供の年齢だけでなく、成長に合わせたサイズ選びも重要です。また、性別によって選ぶ色や柄にも違いがあります。女の子の着物は、ピンクや赤、水色など明るく華やかな色が好まれることが多く、男の子の場合は、青や緑、黒など落ち着いた色合いが選ばれることが多いです。しかし、最終的にはお子様の好みや、その日のお祝いの雰囲気に合わせて選ぶことが最も大切です。

七五三の着物選びは、子供たちにとっても親御さんにとっても、記憶に残る楽しい経験の一つになります。古典的なものからモダンなものまで、幅広いスタイルの中から、お子様にぴったりの一着を見つけてください。

6. 着付けとアクセサリー

七五三のお祝いでは、お子様が主役です。その大切な日に、着物を美しく着せることは親としての喜びの一つでしょう。しかし、着物や和装に慣れていない方にとって、着付けやアクセサリー選びは少し難しく感じるかもしれません。ここでは、自宅でできる簡単な着付けテクニックと、着物に合わせるアクセサリーの選び方をご紹介します。これらのポイントを押さえることで、お子様をより一層輝かせることができるでしょう。

6.1 自宅でできる簡単着付けテクニック

着物の着付けは、基本的な流れを理解することから始めましょう。まず、着物を着る前に必要なものを準備します。これには、着物、襦袢(じゅばん)、帯、足袋、そして補正用の小物などが含まれます。着付けを始める前に、これらのアイテムを整理し、手元に用意しておくことが大切です。

着付けの基本ステップは以下の通りです:

  1. 襦袢を正しく着る
  2. 着物を身につけ、左前が右前にくるようにする(女の子の場合)
  3. 腰紐で着物の位置を調整し、裾丈を整える
  4. 帯を締める
  5. 最終的な調整をして、着崩れないようにする

これらのステップを踏むことで、基本的な着付けが完成します。着付けに自信がない場合は、動画やイラストが豊富にあるガイドを参考にすると良いでしょう。また、着付け教室での事前学習もおすすめです。

6.2 着物に合わせるアクセサリー選び

着物に合わせるアクセサリーは、その日の装いを一層引き立てる重要な要素です。特に七五三では、子供たちがより華やかに、そして特別な気持ちでお祝いできるよう、アクセサリー選びにも気を配りたいものです。

アクセサリー選びのポイントは以下の通りです:

  • 髪飾り:花やリボン、髪かざりは七五三の着物に華やかさを加えます。年齢や着物の色柄に合わせて選びましょう。
  • 草履(ぞうり)とバッグ:足元の草履は、着物の色や柄と調和するものを。バッグは小さめで、草履とセットで揃えると統一感が出ます。
  • 帯締めと帯揚げ:帯締めと帯揚げは、着物のアクセントになります。色合いを着物や帯と合わせるか、あえてアクセントカラーを選ぶのもおすすめです。

アクセサリーを選ぶ際は、全体のバランスを考えながら、お子様の好みや個性を反映させることが大切です。また、七五三のお祝いでは、伝統的なアクセサリーを取り入れることで、より一層の特別感を演出することができます。

着物とアクセサリーを選ぶ過程も、家族での楽しい思い出作りの一つになるでしょう。お子様が主役の七五三。準備を通じて、この特別な日を一緒に楽しんでください。

7. 七五三の写真撮影と記念のアイデア

七五三は、子供の成長を祝う大切な日です。この特別な日には、家族で楽しむ写真撮影が欠かせません。着物を着たお子様の姿を美しく残すためのコツや、記念に残る撮影アイデアをご紹介します。着物の美しさを引き立てるポーズや、家族みんなで楽しめる撮影のアイデアを取り入れて、七五三の思い出をより豊かなものにしましょう。

7.1 家族で楽しむ七五三写真撮影のコツ

七五三の写真撮影では、お子様が主役ですが、家族みんなで楽しむことが大切です。まず、撮影場所を選ぶ際には、自然光がたっぷり入る場所や、お子様がリラックスできる環境を選びましょう。公園や庭園、神社の境内などがおすすめです。また、着物の色や柄が映える背景を意識することもポイントです。季節の花や緑豊かな景色の中で撮影すると、和装の美しさが一層引き立ちます。

撮影のポーズについては、自然体で笑顔のお子様の姿を捉えることを心がけましょう。お子様が楽しく遊んでいる瞬間や、家族と手をつないで歩いているシーンなど、自然な表情が魅力的な写真になります。また、お子様の趣味や特技を取り入れた撮影も、個性を引き立てる素敵な記念になります。

7.2 記念に残る撮影アイデアとポーズ

七五三の撮影では、伝統的なポーズだけでなく、オリジナリティ溢れるアイデアを取り入れることで、記念に残る写真を撮ることができます。例えば、お子様が大好きなおもちゃや絵本を小道具として使用することで、リラックスした表情を引き出すことができます。また、家族全員で和装をして撮影することで、世代を超えた家族の絆を感じられる写真になります。

ポーズに関しては、お子様一人で堂々と立つ姿や、お参りをする姿など、七五三らしい伝統的なポーズも素敵です。さらに、お子様が自然に笑顔を見せる瞬間を捉えたり、家族みんなで抱き合うシーンなど、温かみのあるシーンもおすすめです。撮影する際には、お子様のペースに合わせて、無理をさせずに楽しむことが大切です。このようにして、七五三の日を家族みんなで楽しみながら、美しい着物姿を残しましょう。

8. まとめ

七五三の節目にお子様に着せる着物は、ただの衣装ではありません。それは、成長を祝う大切な儀式の一部であり、家族の絆を深める貴重な機会です。この記事を通じて、七五三の着物レンタルに関する基本的な知識から選び方、着付けのポイントまでをご紹介しました。レンタル着物を選ぶ際には、子供の年齢や性別、さらには式典の場所や季節に合わせたデザインや色を選ぶことが重要です。また、着付けや小物選びにも注意を払い、お子様が一日中快適に過ごせるよう配慮することが大切です。

レンタル着物は、購入するよりも経済的であり、特に着物を普段着用しない家庭にとっては、賢い選択肢と言えるでしょう。しかし、レンタルするからといって、その品質や美しさが劣るわけではありません。多くのレンタル店では、正絹のアンティーク着物からモダンなデザインの着物まで、幅広い選択肢を提供しています。また、クリーニングや保管の手間を省けるのも、レンタルの大きなメリットです。

着物をレンタルする際には、事前の予約が必須です。特に七五三のシーズンは需要が高まるため、早めの予約が推奨されます。また、着用するお子様のサイズに合った着物を選ぶためにも、事前に身長や体重などの詳細を確認しておくことが大切です。着物レンタル店を選ぶ際には、その品揃えやサービスの質、レビューや評判も参考にすると良いでしょう。

最後に、七五三の着物選びや準備は、お子様の成長を祝う大切なイベントです。準備の過程を楽しみながら、家族で協力して素敵な一日を迎えることができるよう、この記事がお役に立てば幸いです。七五三の日は、お子様だけでなく、家族にとっても忘れられない特別な思い出となるはずです。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ

【2024年最新】七五三の髪飾り選び方ガイド|付け方のコツも!

はじめに 七五三は、子どもの健やかな成長を願う日本の伝統行事です。3歳や7歳の女の子にとって、晴れ着に身を包み、かわいらしい髪飾りをつけることは、とても特別な経験ですよね。 リボンやつまみ細工の花飾りなど、色とりどりの髪 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!