七五三イメージ

【七五三】3歳の子に履かせる草履選びの基本|素材や色柄、失敗例も

はじめに

3歳の七五三で、お子さまに和装を着せたいと思っている親御さんは多くいらっしゃるのではないでしょうか。和装では、着物だけではなく草履も大切な役割を持っています。草履を選ぶ際には、着物との調和を意識しながら、赤やピンクのような明るい色や、伝統的な桜や梅の文様が施された草履を選んでみてはいかがでしょうか。

ここでは、サイズ選びの重要性、適切な素材の選択について触れ、3歳のお子さまにとって最適な草履を見つけるための情報を紹介します。適切な草履を選ぶことで、お子さまの七五三の日がさらに華やかで快適なものになるはずです。

七五三の草履とは

3歳のお子さまにとって、七五三は初めて和装に挑戦する機会になるでしょう。着物を着ることが初めてなら、草履も初めてになるはずです。着物や草履はお祝いの装いを整えるための重要な要素です。また、草履は七五三の記念撮影で目立つ小物の一つであり、全体のコーディネートにとっても重要です。思い出に残る七五三の一日を過ごすためには、適切な草履選びが非常に大切です。

なぜ草履が重要なのか:3歳の七五三における役割

3歳の七五三において、草履はお祝いの日の装いを完成させるために重要なものです。草履を適切に選ぶことで、着物と調和し、祝いの装いをより一層引き立てることができます。また草履は、色や鼻緒のデザインだけではなく、素材や履き心地にも注意を払う必要があります。

草履は見た目の美しさだけではなく、小さなお子さまが一日中快適に過ごすための機能性も重要です。特に3歳のお子さまは活動的であり、長時間歩いたり走ったりすることが予想されるため、足にフィットし、歩きやすい草履を選ぶことが大切です。草履の底は滑りにくい素材であることが望ましく、お子さまが安全に歩けるように気を配りましょう。

七五三での草履の選び方:快適さと美しさのバランス

草履を選ぶ際には、3歳のお子さまが長時間履いても快適であることと、着物との調和が取れていることの両方を考慮する必要があります。このバランスをとるためには、草履のサイズ、形状、素材選びが重要です。この際、お子さまの足の成長を考慮して、適切なサイズを選びましょう。また、草履の鼻緒は柔らかい素材でできているものを選ぶことで、足への負担を軽減することができます。また、お子さまの足を支えるために十分なクッション性を持った草履を選ぶことで、長時間の歩行でも疲れにくくなります。

また、草履のデザインは、伝統的なものからモダンなものまでさまざまあり、着物のスタイルに合わせて選ぶことができます。着物と草履のコーディネートは、全体のバランスを見ながら選びましょう。鮮やかな色の着物には、控えめな色の草履を合わせることで、全体の調和を保つことができ、一方でシンプルな着物には、華やかな草履を合わせることで、装いに変化を加えることができます。

七五三という特別な日に、3歳のお子さまが楽しく、そして快適に過ごせるよう、草履選びには十分な注意を払うことが大切です。お子さまの個性や好みを尊重しつつ、着物とのバランスを考えた草履を選ぶことで、思い出に残るすてきな一日を演出できるはずです。草履は単なる装飾品ではなく、七五三の装いを完成させる重要なアイテムです。見た目の美しさと快適さのバランスを保ちながら、お子さまの成長に合わせた草履選びを心がけましょう。

サーモンピンクに扇・菊・牡丹の三歳祝着」サーモンピンク色の地に、檜扇や花々を描いた3歳の女の子用の祝着です。桜を織り出した黄色の被布にあしらわれた房飾りに呼応して、半衿や草履は赤色でまとめて愛らしく。

桃から黄へのぼかしに絵羽模様の一つ紋付三歳祝着」黄色から桃色へぼかしを施した地に、四季の花を色鮮やかに描いた3歳の女の子用の祝着です。鮮やかな朱色の被布が、祝着の艶やかさを引き立てます。祝着に合わせて、足元は黄色の鼻緒の草履でおしゃれな装いに。

草履選びの基本ポイント

七五三で3歳のお子さまに適した草履を選ぶ際には、見た目の美しさだけでなく、履き心地や素材の質にも注意を払う必要があります。お子さまが1日中快適に過ごせるよう、サイズ選びと素材の特性を考慮しながら選びましょう。そのため、華やかでありながらも、お子さまの足の健康を守るための機能性を兼ね備えている必要があります。ここでは、サイズの選び方と素材の違いに焦点を当て、3歳のお子さまに最適な草履選びのポイントを詳しく解説します。

お子さまの足に合わせる:サイズ選びのコツ

3歳のお子さまの草履選びは、サイズが非常に重要です。まず、正確な足のサイズを測定しましょう。お子さまの足は急速に成長するため、購入時には余裕を持ったサイズを選ぶことが望ましいです。適切なサイズの草履は、お子さまの足を優しくサポートし、安定した歩行ができます。例えば、草履の内部に柔らかい素材を用いたものは、長時間履いていても疲れにくくなります。また、滑りにくい底材を選ぶことで、お子さまが安心して歩けるようにすることも大切です。

草履を選ぶ際には、お子さまに履かせてみて、履き心地を確認させることも重要です。サイズが合っているか、足に痛みや不快感がないかをチェックし、お子さまが快適に感じる草履を選びましょう。さらに、草履のデザインや色をお子さまの好みに合わせて選ぶことで、特別なお祝いの日の気持ちをさらに高めることができます。

草履の素材とその影響:合皮とエナメル(本革)の違い

草履の素材は、合皮エナメル(本革)がよく選ばれますが、両者には明確な違いがあります。合皮の草履は、草履の中でもリーズナブルな素材で、気楽に履くことができます。合皮の草履は寿命が5年ほどとされていますが、七五三にしか履かないのであれば、コストパフォーマンスに優れた選択であると言えるでしょう。

一方エナメルの草履は、光沢感があり汚れに強く、お手入れが比較的簡単です。また、色のバリエーションが豊富で、お子さまの個性を表現するのに適しています。エナメルは耐久性が高く、活発なお子さまが履いても、滑りにくく形が崩れにくいという特徴があります。

素材選びの際は、合皮とエナメルのそれぞれの特性を理解し、七五三の行事の内容や時間に合わせて、最適な素材を選びましょう。また、お子さまの好みや個性も考慮に入れ、お子さま自身が喜ぶ草履を選ぶことも大切です。

3歳のお子さまに合う草履の選び方

3歳のお子さまの七五三で用いる草履は、和装小物の中でも特に重要なアイテムです。見た目の美しさと快適さを兼ね備えた草履を選ぶことで、お子さまはその日を楽しく過ごせるようになります。七五三で履く草履は、お子さまの足に合って、履き心地の良いものを選びましょう。ここでは3歳のお子さまが草履を選ぶ際のポイントをご紹介します。

色と柄で魅せる:女の子のための草履選び

草履選びにおいて、色と柄は大切な要素です。例えば、3歳の女の子には、ピンクや赤、紫などの鮮やかな色が人気です。黒の草履も、着物や帯の色と合わせることで、上品でエレガントな印象を与えます。花柄や動物柄など、お子さまが喜ぶかわいらしいデザインを選ぶのもおすすめ。着物や帯との調和を考えつつ、お子さまの好みや性格に合ったデザインを選ぶことが大切です。

七五三の草履は、単品で購入することもできますが、着物や帯とセットで購入するのもよいでしょう。セットで購入すれば、トータルコーディネートがしやすく、価格もお得になることがあります。

3歳の七五三のトータルコーディネートです。「アップルグリーンに羽子板、花手鞠の三歳祝着」雲取り模様を描いたアップルグリーンの地に羽子板や毬、花々を描いた3歳の女の子用の祝着です。祝着に使われている色を受けて、朱色の被布を合わせました。足元は、白の台に黄色と赤色の鼻緒をすげた草履です。歩くたびに鮮やかな赤色と細やかな刺繍がのぞき、足元から特別感のある装いを叶えます。

快適に一日を過ごすための草履の選び方

快適性を重視した草履選びは、お子さまが一日中楽しく過ごすために欠かせません。和装を着用する際、履物の履き心地が悪いと痛くなることがあるため、素材にもこだわりましょう。店頭で実際に試し履きをして、サイズが合っているか確認することをおすすめします。

子どもの足は成長が早いため、少し大きめのサイズを選ぶのも一つの方法です。ただし、あまりに大きすぎると歩きにくくなるので、1cmほどの余裕があれば十分でしょう。大きいサイズの草履は、長く使うことができるというメリットもあります。

快適な草履選びのコツは以下の通りです。

  • サイズの正確さ:お子さまの足に合うサイズを選びましょう。足の成長を考慮して少し余裕を持たせることも大切です。
  • 素材の選定:柔らかく肌触りの良い生地は、お子さまの足にやさしく、長時間履いても痛くなりにくいです。また、鼻緒がなるべく太いものを選ぶと痛くなりにくいため、そのような草履を選ぶことをおすすめします。

これらのコツに注意して、お子さまが快適に過ごせる草履を選ぶことで、七五三の一日をさらに楽しく過ごすことができるでしょう。草履選びにおいては、見た目の美しさと快適性の両方を考慮し、お子さまが一日中楽しく過ごせるように心がけてみてください。

七五三の草履を長持ちさせるコツ

せっかく七五三のために草履を準備したのであれば、なるべく長く愛用したいですよね。草履を長持ちさせるには、日常的なお手入れと適切な保管方法が不可欠です。ここでは、草履の寿命を延ばし、次世代へと受け継ぐための具体的なコツを紹介します。

草履のお手入れ方法

草履を長持ちさせるためには、ちょっとしたお手入れで大きく変わります。まず、使用し終わったら草履の表面を乾いた柔らかい布で優しく拭いて汚れを落とすことが基本です。もし草履に頑固な汚れがある場合には、濡れ雑巾で拭いてください。ただし、草履は湿気に弱いため、濡れた雑巾を使うときはしっかりと絞るようにしましょう。

保管のポイント:草履を長持ちさせる方法

草履を長持ちさせるには、適切な保管方法が欠かせません。草履は湿度に敏感です。特に草履の裏には気をつけてください。草履の台に湿気が入ることで、傷んでしまいやすくなります。そのため、収納する前には壁に立てかけるなどして、台の裏や台の中を乾燥させるようにしましょう。なお、皮やエナメル素材は直射日光に弱いため、陰干しするようにしてください。そして、直射日光を避け、湿度が低く風通しの良い場所で保管しておきましょう。これらのポイントを守ることで、草履の美しさと機能性を長く保つことができるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、着物の仕入れからお直しまですべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。被布や草履といった衣装小物もこだわりの品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。ゆめやのレンタルなら、着用後のお手入れや保管の心配もありません。着物を脱いだら、お店に返却していただくだけでお片づけ完了です。レンタルならではの手軽さで、心ゆくまでお子さまの祝着姿をお楽しみいただけます。

草履と合わせる和装小物

七五三で3歳のお子さまの和装を準備する際には、草履と和装小物の調和を考慮することが非常に重要です。例えば、水色や赤色の文様が施された小物は、緑や白色と組み合わせることで、装いに華やかさと品を添えることができます。お子さまの足にフィットする草履選びと、動きやすさを考慮して和装小物を選びましょう。

和装小物の選び方:草履との調和

和装小物と草履との調和は見た目の印象を大きく左右します。3歳の七五三では、お子さまのかわいらしさを引き立てるために、色や文様が重要です。例えば、水色の着物には赤やピンクの草履を合わせることで、明るく元気な印象を与えることができます。また、草履の素材選びも重要で、お子さまの足に優しい、柔らかな素材を選ぶことで、一日中快適に過ごせるようにするべきです。

さらに、小物選びにおいては、お祝いの雰囲気を高めるために、金や銀の糸を使用した高級感のあるものを選ぶとよいでしょう。その際、見た目の美しさだけでなく、機能性にも優れているものを選びましょう。例えば、小さな手にも持ちやすいサイズの巾着や、動きやすいデザインの髪飾りなどが適しています。

着物と草履、小物の組み合わせ例

着物、草履、小物の組み合わせを考える際には、全体のバランスが重要です。例えば、水色の着物には赤色の草履と白色の小物を組み合わせることで、清潔感と華やかさを演出することができます。また、小物の色を統一することで、より洗練された印象を与えることが可能です。

また、季節に応じた着物のコーディネートも重要です。春は桜や梅の花柄、秋は紅葉や銀杏の文様が施された着物を選ぶことで、季節感を演出することができます。それに合わせて草履や小物を選ぶことで、統一感のある装いになります。

錦紗縮緬に花々が踊る五つ紋付き三歳祝着」朱色から桃色にぼかしを施した地に、百花を描いた3歳の女の子用の祝着です。絞りで白梅を表現した華やかな被布で、より一層華やかに。祝着・バッグ・草履は桃色でまとめて、色の統一感を大切にしています。

七五三での草履選びの失敗例とその対策

七五三のお祝いは、お子さまにとって一生に一度の大切なイベントです。そのため、草履選びは見た目だけでなく、快適さや機能性も考慮しましょう。適切な草履を選ぶことで、お子さまは一日中快適に過ごし、よい思い出を作ることができます。以下では、七五三での草履選びにおけるよくある失敗例と、これらを回避する方法について説明します。

よくある失敗例とその回避方法

七五三の草履選びでよくある失敗は、見た目だけで判断することです。鮮やかな絞りや愛らしいピンク色の草履は目を引きますが、お子さまが一日中快適に過ごすためには、歩きやすさが最も重要です。そのため、シンプルで無地のデザインや、足に優しい素材を選ぶことが肝心です。また、日本製の草履は品質が高く、お子さまの足に合うように作られているため、選択肢の一つとして考慮してみてください。

草履を選ぶ際には、お子さまに試着させ、歩かせてみることが重要です。このとき、草履がお子さまの足にしっかりとフィットしているか、足の甲やかかとに圧迫感がないかを確認する必要があります。また、長時間の着用を考え、鼻緒が太いものなど、痛くなりにくい設計のものを選ぶことが大切です。

さらに、かかとが高い草履は見た目が華やかである一方で、歩きにくくなるため、転倒のリスクが高くなります。ほどよい高さのかかとの草履を選ぶことで、お子さまは安定して歩くことができ、七五三の日を快適に過ごすことができるでしょう。草履選びでは機能性と安全性が、美しさと同じくらい重要です。お子さまにとって最適な草履を選びましょう。

お子さまが草履で痛くならないために

お子さまが草履で痛みを感じないようにするためには、正しいサイズ選びが欠かせません。足のサイズに合った草履を選ぶことで、足の圧迫感や痛みを軽減することができます。また、柔らかい素材の草履を選ぶことも、痛みを防ぐために重要です。無地のものやシンプルなデザインの草履は、足に優しく、長時間履いていても快適です。

草履の内側にクッション性のある素材を選ぶことも、足の痛みを軽減するために効果的です。さらに、お子さまが安定して歩けるように、底面が滑りにくい素材でできている草履を選びましょう。そうすることで、お子さまは安心して動き回ることができます。

最後に、草履選びでは、お子さまの意見を聞くことも大切です。お子さま自身が心地よく感じる草履を選ぶことで、七五三の日をより楽しむことができるでしょう。お子さまの足の健康を守りながら、美しい和装を完成させるために、適切な草履選びを心がけましょう。

まとめ

3歳のお子さまの七五三にふさわしい草履選びは、美しさと快適さを兼ね備えたものを選ぶことが重要です。伝統的な柄や、温もりのある色合いの草履は、お子さまが気に入るかもしれません。また、お子さまの足のサイズに合った大きさと適度な高さの草履を選ぶことで、一日中楽しく過ごせる履き心地になります。古きよき伝統と現代の機能性が調和した草履で、お子さまの晴れの日を彩りましょう。

〈参考記事〉
https://uedakaichirou.co.jp/753_zouri_howto.html
https://www.getaya.org/faq/zouriq3.html
https://kimono-amanoya-online.com/blogs/新着情報-news/草履のお手入れ-収納方法-お気に入りの草履を長持ちさせるために

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

藍色地に絣柄の大島紬きものと羽織に縞袴【men14】

【2024年最新版】男性の袴スタイル完全ガイド!着こなしと選び方

はじめに 袴は、日本の伝統的な装いとして、現代の重要なセレモニーでも中心的な役割を果たしています。特に男性が成人式や結婚式などの節目で選ぶ衣装としては、その格式の高さと美しさが重視されています。 本記事では、袴の基本から […]

ひとつ前の記事

婚礼イメージ

【男性向け】結婚式での羽織袴の選び方|新郎の婚礼衣装&男性ゲスト

はじめに 結婚式における男性の装いは、新郎はもちろんのこと、参列する親族にとっても慎重に選ぶべき特別な意味を持ちます。日本の伝統衣装である羽織袴は、結婚式では新郎以外にも、両家の父親や仲人の男性、それ以外の親族の男性、ま […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!