淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに

お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。

そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。

以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。

  • お宮参りの着物の種類や選び方がわからない
  • 着物のレンタルの流れや予約方法が知りたい
  • 着付けの方法や当日の準備について知りたい
  • レンタル料金の相場を知りたい
  • レンタルのメリットや注意点を知りたい

この記事では、お宮参りの着物レンタルについて、プロの視点から詳しく解説します。

お宮参りの着物の種類や選び方から、レンタルの流れ、着付けの方法まで、お宮参りの着物レンタルに関する情報満載でお届けします。

この記事を読むことで、お宮参りの着物レンタルに関する知識が深まり、自信を持って着物選びができるようになるでしょう。

また、レンタルの流れや着付けの方法を理解することで、お宮参り当日を安心して迎えられるはずです。

それでは、お宮参りの着物とレンタルサービスについて、一緒に学んでいきましょう。

お宮参りの着物レンタルの流れと予約方法

お宮参りの着物レンタルは、初めての方にとっては少し複雑に感じるかもしれません。

しかし、レンタルショップの多くは、お客様に合わせたサポートを提供しているので安心です。

ここでは、お宮参りの着物レンタルの一般的な流れと、予約方法について詳しく説明します。

お宮参りの着物レンタルの流れ

お宮参りの着物レンタルの流れは、一般的に以下のようになります。

  1. レンタルショップの選択と予約
  2. 着物の選択と採寸
  3. お宮参り当日の着付け(サービスを依頼している場合)
  4. お宮参りへ
  5. 返却

まず、お宮参りの日程が決まったら、早めにレンタルショップを選び、予約を取ります。

予約の際には、お宮参りの日程、お子さまの性別、予算などを伝えましょう。

次に、実際にレンタルショップを訪問し、お子さまの着物や、お母さまの着物、小物などを選びます。この際、お子さまの採寸も行われます。

着付けサービスを依頼している場合は、お宮参り当日、レンタルショップで着付けをしてもらいます。

着物を着付けたら、お宮参り本番です。

最後に、着物を返却して、レンタルの流れは完了です。

お宮参りの着物レンタルの予約方法

お宮参りの着物レンタルの予約方法は、以下の通りです。

  • 電話予約
  • WEB予約
  • 店頭予約

多くのレンタルショップでは、電話やWEBでの予約を受け付けています。

WEB予約の場合は、24時間いつでも予約が可能です。予約の際は、以下の情報を伝えましょう(ショップによって異なるので要確認)。

  • お宮参りの日程
  • お子さまの性別
  • 予算
  • レンタルする着物の種類(産着、初着、祝着など)
  • レンタルする小物の種類(帽子、よだれかけ、扇子など)
  • お母さまの着物(訪問着など)のレンタルの有無
  • 着付けサービス利用の有無

予約が完了したら、レンタルショップから確認のメールや電話がありますので、内容を確認しましょう。

なお、人気のレンタルショップは予約が埋まりやすいので、お宮参りの日程が決まったら、早めに予約を取ることをおすすめします。

お宮参りの着物の種類と選び方

お宮参りの着物は、赤ちゃんとお母さまが羽織る産着と、お母さまが着る着物の2種類があります。

それぞれの着物の種類や特徴を理解することで、お宮参りにふさわしい着物を選ぶことができます。

ここでは、赤ちゃんの産着とお母さまの着物の種類と選び方について詳しく説明します。

赤ちゃんの産着の選び方

お宮参りで赤ちゃんが着る産着(掛け着物)は、男の子と女の子で異なります。

それぞれの特徴や選び方について詳しく説明します。

【男の子の掛け着物の選び方】

  • 素材:季節に合った素材を選びましょう。夏は薄手の絽や紗、冬は厚手の羽二重や縮緬がおすすめです。
  • 色柄:男の子の掛け着物は、黒や紺などの濃い色が人気です。柄は、鷹や兜、龍などの勇ましいものがおすすめ。
  • 家紋:家紋の有無を確認しましょう。家紋がない場合は、レンタルショップで付けてもらえるか確認が必要です。
  • サイズ:赤ちゃんの体型とお母さまの体型に合ったサイズを選びましょう。
  • 小物:帽子や襦袢、よだれかけなどの小物も一緒にレンタルすることができます。赤ちゃんの体型に合ったものを選びましょう。

【女の子の掛け着物の選び方】

女の子の掛け着物の選び方のポイントは以下の通りです。

  • 素材:季節に合った素材を選びましょう。夏は薄手の絽や紗、冬は厚手の羽二重や縮緬がおすすめです。
  • 色柄赤やピンクなど明るい色が好まれます。古典柄や花柄など、華やかな柄を選びましょう。
  • サイズ:赤ちゃんの体型とお母さまの体型に合ったサイズを選びましょう。
  • 刺繍金や銀の刺繍が施された豪華な掛け着物を選びましょう。刺繍の質や量によって、価格が異なります。
  • 小物:帽子や襦袢、よだれかけなどの小物も一緒にレンタルすることができます。赤ちゃんの体型に合ったものを選びましょう。

掛け着物選びのポイントは、赤ちゃんの性別や季節、家紋の有無などを考慮することです。

特に、体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。

また、レンタルショップによって、取り扱っている掛け着物の種類や価格が異なります。

予算や好みに合わせて、複数のショップを比較検討することをおすすめします。

レンタルショップのスタッフに相談しながら、赤ちゃんに合った掛け着物を選びましょう。お宮参りの思い出に残る、すてきな掛け着物を選ぶことができるはずです。

お母さまの着物の種類と選び方

お母さまが着る着物は、以下の3種類が一般的です。

  • 訪問着(ほうもんぎ):結婚式や披露宴など、フォーマルな場面で着用する正装の着物です。
  • 色無地(いろむじ):訪問着よりもカジュアルな着物ですが、紋を入れることで準礼装となり、フォーマルな場でも重宝します。お宮参りや七五三など、お子さまの行事に適しています。
  • 付け下げ(付け下げ)色無地よりもカジュアルな着物ですが、小紋(小紋)ほどカジュアルではありません。お宮参りや七五三など、お子さまの行事にも適しています。

お母さまの着物を選ぶ際は、以下の点に注意しましょう。

  • 自分の体型に合ったサイズを選ぶ
  • 赤ちゃんの産着と色を合わせる
  • 季節に合った素材を選ぶ(夏は絽や紗、冬は羽織を合わせるなど)
  • 小物(帯、帯揚げ、帯締め、草履など)とのコーディネートを考える
  • レンタル期間や料金を確認する

お宮参りの着物選びは、赤ちゃんとお母さまの着物のバランスを考えることが大切です。

レンタルショップのスタッフに相談しながら、自分らしい着物を選びましょう。

ここで、ゆめやで取り扱っている訪問着のレンタルセットから、お宮参りにもぴったりの、「青磁色グラデーション辻が花の訪問着」をご紹介します。

こちらは、久保田一竹作、辻が花の訪問着です。

金糸が織り込まれた白生地に、絞っては染め、絞っては染めの、手間の掛かる手仕事が繰り返され、見事なグラデーションに。

さりげなく小花が浮かび上がっています。帯も辻が花の帯で揃えました。ブルーとグレーの2色からお選びいただけます。

どんなお席でお召しになっても、人目を引く着物と帯です。

お宮参りの着物レンタルの料金相場

お宮参りの着物レンタルは、赤ちゃんの産着とお母さまの訪問着が中心となります。

それぞれの料金相場は異なりますが、レンタルショップやプランによっても価格が変わってきます。

ここでは、お宮参りの着物レンタルの料金相場について、赤ちゃんの産着とお母さまの訪問着に分けて詳しく説明します。

赤ちゃんの産着のレンタル料金相場

赤ちゃんの産着のレンタル料金は、以下のような相場となっています。

  • リーズナブルな基本的な産着セット3,850円~10,000円程度
  • 一般的な産着セット10,000円~30,000円程度
  • 正絹やアンティークなどの高級な産着セット50,000円~

基本的な産着セットには、産着、帽子、よだれかけ、お守り袋などが含まれています。レンタル期間は通常3泊4日から7泊8日程度です。

高級な産着セットは、正絹素材やアンティークなどのより豪華な産着や、有名ブランドの産着が含まれています。

また、刺繍や金糸が施された産着は、価格が高くなる傾向にあります。

レンタル料金には、往復の送料が含まれていることが多いですが、店舗によっては別途送料がかかる場合もあります。

事前にしっかりと確認することをおすすめします。

また、クリーニング料金が含まれているかどうかも確認しておきましょう。

お母さまの訪問着のレンタル料金相場

あくまで相場ですが、お母さまの訪問着のレンタル料金は、以下のような相場となっています。

  • 基本的な訪問着セット:10,000円~30,000円程度
  • 高級な訪問着セット:30,000円~100,000円程度

基本的な訪問着セットには、訪問着、帯、帯揚げ、帯締め、草履、バッグなどが含まれています。レンタル期間は通常2泊3日から7泊8日程度です。

赤ちゃんの産着同様に、正絹やアンティークなどの高級な訪問着セットは、利用料金が高めの設定となってることが多いです。

また、金糸や刺繍が施された訪問着は、価格が高くなる傾向にあります。

訪問着のレンタル料金には、着付けやヘアセットの料金が含まれていないこともあるので、別途料金がかかることを考慮しておく必要があります。

着付け料金は5,000円~10,000円程度、ヘアセット料金は10,000円前後が相場です。

予算に合わせて選択しましょう。

以上のことから、お宮参りの着物レンタルは、赤ちゃんの産着とお母さまの訪問着を合わせると、基本的なセットで15,000円~40,000円程度、高級なセットで40,000円~130,000円程が相場となります。

レンタルショップやプランによって料金は異なるので、複数のショップを比較検討することをおすすめします。

お宮参りの着物の着付けと当日の準備

お宮参りの着物の着付けは、初めての方にとっては少し難しく感じるかもしれません。

しかし、事前の準備と練習を怠らなければ、当日はスムーズに着付けができるはずです。

ここでは、お宮参りの着物の着付け方法と、当日の準備について詳しく説明します。

お母さまの訪問着の着付け

訪問着を自分で着付ける際の流れを以下でご紹介します。

  1. 足袋と肌着の着用:着物を着た後に足袋を履くのは難しいことが多いので、まずは足袋を履きましょう。続いて、肌襦袢や裾除けなどの肌着を着用します。これらの肌着は肌に直接触れるものなので、肌触りが良く汗を吸収しやすい素材を選ぶことが重要です。肌着は着物のシルエットを美しく見せるためにも必要です。
  2. 体型の補正:必ずしも必要ではありませんが、タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用:長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。長襦袢には色や柄が付いているものもあり、袖口や振りからチラリと見せることによって、おしゃれ感をアップさせることができます。
  4. 着物の着用:長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。さらに、衿元を整えましょう。女性の場合、首筋が美しく見えるように衿を拳一つ分くらい後ろに引くのが一般的です。
  5. 帯の締め方:帯を着物の腰部分に巻きつけ、一度しっかりと結びます。その後、帯を美しく整え、帯結び(お太鼓結びなど)をします。帯締めを使用して帯がずれないように固定し、全体のバランスを整えます。
  6. 最終的な調整:着物と帯の位置を最終的に調整し、全体のシルエットが美しく見えるようにします。衿元や袖の長さなど、細部にわたってチェックし、必要に応じて微調整を行います。

以上の流れを押さえて、着物を着付けてみてください。

自分で着付けるのが不安と言う場合は、レンタル店に在籍しているプロの着付け師に頼むというのもおすすめです。

プロの着付け師であれば、一日中着崩れしない、美しい着姿を保つことが可能です。

ここで、ゆめやで取り扱っている訪問着のレンタルセットから、「淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着」をご紹介します。

こちらは、現代物の手描き友禅の訪問着です。まだ新品です。

梅、桐、竹などの草花紋様が織り出された正絹の淡いピンクベージュの地に、菊、牡丹、菖蒲などが咲き、背中から肩にかけては桜が描かれています。

帯は、デフォルメされた桜が地紋様と手刺繍で織り出されたピンクの袋帯を二重太鼓に結びました。

帯揚げ、帯締めは着物に馴染む若葉の色にして、帯留め、帯締めの中心のライン、重ね衿に、ポイントとなるオレンジを配しています。

お宮参りの産着の着付け方法

お宮参りの産着の着付けは、以下の手順で行います。

  1. 赤ちゃんに下着を着せる
  2. 襦袢を着せる
  3. 産着を羽織る
  4. 帽子とよだれかけを付ける

まず、赤ちゃんに下着を着せます。次に、襦袢を着せますが、この時、襦袢の紐を袖の中に通しておくと、後の手順がスムーズになります。

続いて、産着を羽織ります。産着の紐も同様に袖の中に通しておきましょう。最後に、帽子とよだれかけを付けて完成です。

着付けの際は、赤ちゃんが苦しくないように、衿元や袖口を調整することが大切です。また、産着や襦袢のシワを伸ばしながら着せることで、きれいに仕上がります。

お宮参り当日の準備

お宮参り当日は、慌てずに準備ができるよう、前日までにできることは済ませておきましょう。

  • 訪問着や産着や襦袢のシワを伸ばす
  • 産着と襦袢の紐を袖に通す
  • 小物の準備をする
  • 着付けの練習をする

前日までに、産着や襦袢をハンガーに吊るしてシワを伸ばしておきます。

また、産着と襦袢の紐を袖に通しておくことで、当日の着付けがスムーズになります。

帽子やよだれかけ、お守り袋などの小物も、前日までに準備しておきましょう。

着付けの練習は、本番前に一度はしておくことをおすすめします。

練習することで、当日の手順を確認でき、スムーズに着付けができます。

当日は、赤ちゃんのご機嫌に合わせて、ゆっくりと着付けを進めましょう。慌てずに、一つ一つの手順を丁寧に行うことが大切です。

お宮参りの着物の着付けは、事前の準備と練習があれば、当日は問題なくできるはずです。

赤ちゃんにとって、お宮参りは人生の節目となる大切な行事。

赤ちゃんの健やかな成長を願いながら、心を込めて着付けをしてあげましょう。

お宮参りの着物レンタルのメリットと注意点

お宮参りの着物をレンタルすることには、購入する場合と比べていくつかのメリットがあります。

一方で、レンタルする際には注意すべき点もあるので、事前に確認しておくことが大切です。

ここでは、お宮参りの着物レンタルのメリットと注意点について詳しく説明します。

お宮参りの着物レンタルのメリット

お宮参りの着物をレンタルするメリットは、以下の通りです。

  • 費用を抑えられる購入する場合と比べて、レンタル料金は安く済みます。
  • 手間が省ける:レンタルなら、着物の準備や後片付けにかかる手間を省くことができます。
  • 多様な選択肢:レンタルショップには、さまざまなデザインの着物が揃っているので、好みに合った着物を選べます。
  • 保管の必要がない:レンタルした着物は返却すればよいので、自宅で保管するスペースが不要です。
  • クリーニング不要:レンタル着物は、返却時にクリーニングが必要ないので、その手間も省けます。

特に、一度しか着ない可能性が高いお宮参りの着物は、レンタルすることでコストを大幅に抑えられるでしょう。

また、自宅での保管やメンテナンスにかかる手間を考えると、レンタルのメリットは大きいと言えます。

お宮参りの着物レンタルの注意点

お宮参りの着物をレンタルする際の注意点は、以下の通りです。

  • サイズ選び:赤ちゃんとお母さま、両方の体型に合ったサイズの着物を選ぶ必要があります。
  • 予約時期:人気のレンタルショップは予約が埋まりやすいので、早めの予約が必要です。
  • レンタル期間:レンタル期間が限られているので、お宮参りの日程に合わせて余裕をもったスケジュールで予約する必要があります。
  • 汚れや破損:レンタル中の着物の汚れや破損には十分注意が必要です。
  • 追加料金:小物や着付けなどのオプションを追加すると、料金が高くなる場合があります。

訪問着や産着をレンタルする際は、体のサイズを正確に測り、ゆとりのあるサイズを選ぶことが大切です。

また、人気のレンタルショップは予約が埋まりやすいので、お宮参りの日程が決まったら早めに予約しましょう。

お宮参りの日程に合わせて余裕を持ったスケジュールを組んで予約する必要があります。

万が一、レンタル中の着物を汚したり破損したりした場合は、弁償が必要になることもあるので注意が必要です。あらかじめ利用規約などをよく確認しておきましょう。

レンタル着物セットにはどのようなものが含まれているか確認し、追加で必要となる小物などでかかる料金がないか確認しておくことも大切です。

お宮参りの着物レンタルは、購入に比べて費用を抑えられ、手間も省けるなどのメリットがある一方で、サイズ選びやレンタル期間など、注意すべき点もあります。

メリットと注意点をよく理解した上で、レンタルするかどうかを検討しましょう。

お宮参りの着物レンタル店舗の選び方

お宮参りの着物レンタル店舗を選ぶ際は、価格だけでなく、着物の種類や品質、レンタル期間、サービス内容など、さまざまな点を総合的に考慮する必要があります。

ここでは、お宮参りの着物レンタル店舗を選ぶ際の重要なポイントと、実際の選び方について詳しく説明します。

レンタル店舗選びの重要ポイント

お宮参りの着物レンタル店舗を選ぶ際は、以下のようなポイントに注目しましょう。

  • 着物の種類と品質:赤ちゃんの性別に合った着物が揃っているか、着物の生地や仕立ての質が良いかを確認します。
  • レンタル期間:お宮参りの日程に合わせて、十分なレンタル期間が設定されているかを確認します。
  • サービス内容:着付けや小物のレンタル、送料など、付帯するサービスの内容を確認します。
  • 価格:レンタル料金が予算に合っているか、追加料金がかかるかを確認します。
  • 口コミ評価:他の利用者の口コミを参考に、店舗の評判を確認します。

これらのポイントを踏まえて、自分たちのニーズに合った店舗を選ぶことが大切です。

実際の選び方

お宮参りの着物レンタル店舗を実際に選ぶ際は、以下のような手順で進めると良いでしょう。

  1. 予算を決める:着物のレンタル料金や付帯するサービスの料金を含めて、予算を決めます。
  2. 候補店舗をリストアップ:インターネットや口コミを参考に、候補となる店舗をリストアップします。
  3. 店舗の情報を収集:候補店舗の公式サイトやSNSを確認し、着物の種類や品質、レンタル期間、サービス内容などの情報を収集します。
  4. 店舗に問い合わせる:不明な点があれば、メールや電話で店舗に問い合わせます。
  5. 比較検討する:収集した情報を基に、候補店舗を比較検討し、最終的に利用する店舗を決定します。

店舗選びの際は、複数の候補を比較検討することが大切です。

また、実際に店舗を訪問して、着物を手に取って確認できるのであれば、より安心して選ぶことができるでしょう。

可能であれば、試着をしてみることをおすすめします。

試着時には見栄えだけでなく、動きやすさなどもしっかりと確認しましょう。

お宮参りの着物レンタル店舗選びは、赤ちゃんとご家族にとって重要なポイントです。

じっくりと時間をかけて、自分たちのニーズに合った店舗を選ぶことで、お宮参りの思い出作りに役立てましょう。

まとめ

この記事では、お宮参りの着物レンタルについて、以下の点を詳しく解説してきました。

  • お宮参りの着物の種類と選び方
  • お宮参りの着物レンタルの流れと予約方法
  • お宮参りの着物レンタルの料金相場
  • お宮参りの着物の着付けと当日の準備
  • お宮参りの着物レンタルのメリットと注意点
  • お宮参りの着物レンタル店舗の選び方

お宮参りの着物レンタルは、購入に比べて費用を抑えられ、手間も省けるなど、多くのメリットがあります。

一方で、サイズ選びやレンタル期間など、注意すべき点もあるので、しっかりと理解した上で利用することが大切です。

この記事で紹介した内容を参考に、皆さんのニーズに合ったレンタル店舗を選び、お宮参りの着物レンタルを活用してみてください。

赤ちゃんの健やかな成長を願いながら、家族みんなですてきなお宮参りの思い出を作りましょう。

〈参考記事〉
https://www.happilyphoto.jp/column/656993/
https://sakuto.jp/kimono-column/ubugi-choice-photo/
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/omiyamairi/column/detail03.html
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/omiyamairi/column/detail06.html
https://news.yumeyakimono.jp/news/8963
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/omiyamairi/column/detail07.html
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/omiyamairi/column/detail18.html
https://kashikimono.com/content/ubugirental
https://www.studio-mario.jp/event/omiya/article/039/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2025年最新版】七五三の日本髪に合う髪飾りレンタルの秘訣

はじめに 七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。中でも、7歳の女の子が、伝統的な日本髪と美しい着物を身にまとい、華やかな髪飾りで装う姿は、まさに日本の美の象徴と言えるでしょう。しかし、7歳の女の子の七五三を迎える […]

ひとつ前の記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!