紫の縮緬地に扇と花々の五つ紋付三歳祝着【kod112】

三歳の七五三は何を準備したらいい?着物選びと携行品、写真撮影など

はじめに

日本の伝統的な行事の一つである、七五三。七五三は三歳の女の子にとって、人生で初めて本格的な着物を身につける日です。そのため、この日は家族にとっても大切な記念日となることでしょう。しかし、その準備の中で、多くの疑問や不安が湧いてくるかもしれません。「どんな着物を選べばいいのか」「着付けは難しくないか」「写真はどう撮ればいいのか」。これらの疑問に答えるべく、三歳の女の子のための七五三の準備について解説していきます。絹100%の正絹の着物から、家族で楽しむ着付けのコツ、思い出に残る撮影方法まで、七五三を迎える全ての家族へ向けた実用的なガイドとなっています。この記事を通じて、三歳の七五三が、お子さまにとっても、ご家族にとっても、忘れられない輝く一日となることを願っています。

七五三では三歳の女の子が主役に

七五三は、ただ単に美しい着物を着るだけではなく、お子さまの健やかな成長に感謝し、これからの健康と幸せを願い、家族の絆を深める日本の大切な伝統行事です。三歳で迎える七五三は、お子さまが社会の一員として認められる重要なステップでもあります。

三歳の七五三の意味:「髪置き」から現代版のお祝いへ

三歳の七五三は、平安時代頃に成立した「髪置き」という儀式がルーツになっています。昔は男女問わず三歳までは髪を剃っていました。そして、三歳になってから髪を伸ばし始めていたのです。この風習は、子どもの健やかな成長と長寿、そして無病息災を願う意味合いを持っています。

時代が変わり、現代の三歳の七五三は、子どもの成長を祝う家族中心のイベントへと進化してきました。今日では、この行事は子どもの成長を祝い、個性やかわいらしい姿を記録に残す絶好の機会となっています。華やかな衣装に身を包み、家族が集まって記念写真を撮ることは、七五三の最も象徴的な風景の一つです。

現代の三歳の七五三では、伝統的な「髪置き」の儀式の内容はほとんど見られませんが、その精神は継承され、子どもの成長を家族が一丸となって祝う美しい習慣として引き継がれています。子どもにとっては、人生の中で初めて迎える特別なお祝いの日となり、家族にとっては子どもの成長を祝い、将来への願いを込める大切な時となります。

このように、三歳の七五三は、過去から現在に至るまでの間に形式は変わってきたものの、子どもたちの健やかな成長と家族の絆を祝う日本の貴重な文化の一つであり続けています。

三歳の女の子の着物スタイルガイド

三歳の女の子の七五三では、華やかな着物や、着物と一緒に着る被布が選ばれます。明るい色彩の着物は、お子さまの純粋さと未来への無限の可能性を表すことができます。また、着物の色や柄は、親御さんがお子さまに対して抱く希望や願いを反映することができるため、衣装選びを通して、お子さまへの深い愛情を込めることができます。

正絹の着物を選ぶ場合、滑らかな質感と輝きで、お祝いの日をより華やかに演出することができます。このような特別な衣装を着ることで、お子さま自身も自分が特別な存在であると感じ、自信と誇りを持つことができるでしょう。また、親御さんにとっては、この日のための準備自体が、お子さまの成長を祝い、未来への希望を一緒に分かち合う大切なプロセスとなります。

ゆめやでは三歳の七五三にぴったりの、高品質な正絹の着物を取り扱っています。正絹の着物は肌触りがいいため、お子さまが快適に一日を過ごすことができるでしょう。

サーモンピンクに扇・菊・牡丹の三歳祝着【kod108】
牡丹、七宝、雲取りなど、たくさんの絵柄が織り出されたサーモンピンクの正絹地に、扇と菊や牡丹の花が手描きされた、三歳用の祝い着です。肩上げ、腰上げをして、かわいらしく着ていただけます。

三歳の七五三は、単に伝統的な行事を祝うだけでなく、子どもの健やかな成長を祝福し、お子さまの未来に対する明るい希望を願う貴重な機会なのです。

着物選びの極意

三歳の七五三での着物選びは、お子さまの成長を祝うための重要な一歩です。現代のトレンドを取り入れた着物は、お子さまの明るい未来と個性を表現する素晴らしい方法と言えるでしょう。一方、アンティークの着物は、過去から現代へ、そして未来へと続く文化の橋渡しをする貴重な着物です。これらの着物は、見た目の美しさだけではなく、着物一つ一つに込められた意味を通して、お祝いをより特別なものにしてくれます。

トレンドを取り入れた着物の選び方

七五三において着物を選ぶ際、トレンドを意識して選ぶことは、伝統と現代の美を融合させる素晴らしい方法です。ここでは、最新の流行を取り入れながらも、着物としての伝統的な魅力を失わないバランスのとれた選び方をご紹介します。トレンドを反映させるポイントとしては、色彩の選択、柄の大きさや種類、そして着物のスタイルが挙げられます。

  • 色彩: 最新のトレンドでは、パステルカラーやビビッドな色合いが人気ですが、七五三では、お子さまの年齢や性格に合わせて、落ち着いた色から明るい色まで幅広く選ぶことができます。また、季節感を表す色を選ぶことで、より季節に合った着物を選ぶことができます。
  • : 着物の柄には多様な種類がありますが、最近ではモダンなデザインやお子さまが好むキャラクターを取り入れた着物も登場しています。また、伝統的な柄に現代のエッセンスを加えることで、お子さまの個性を表現することができます。
  • 素材とスタイル: 素材にも注目しましょう。軽くて動きやすい素材を選ぶことで、お子さまが一日中快適に過ごせます。また、スタイルに関しても、従来の着物だけでなく、着付けが簡単なデザインや、現代的なアレンジが施されたものを選ぶことがトレンドです。

アンティーク着物の個性と魅力

アンティーク着物には、過去の職人技術と美意識が詰まっており、それぞれが独自の物語を持っています。これらを選ぶ際の魅力とは、一言で言えばその「唯一無二」の存在感です。アンティーク着物を選ぶことで、お子さまの七五三が他にはない特別なものになるでしょう。

  • 歴史と物語: アンティーク着物を手に取るとき、何十年、何百年と受け継がれてきた歴史を感じることができます。それぞれの着物には、かつてそれを纏った人々の物語があり、そのストーリーを家族で共有することは、世代を超えた絆を深める素晴らしい機会です。
  • 独自性と美しさ: アンティーク着物は、現代のものとは異なる独特の風合い、色合い、柄が特徴です。それらは現代では再現できない独特の美しさを持ち、お子さまをより一層引き立てます。
  • 文化と伝統の伝承: アンティーク着物を選ぶことは、日本の文化や伝統を次世代に伝える行為でもあります。お子さまにアンティーク着物を着せることで、日本の美意識や価値観を教え、大切な文化的遺産を守っていくことに繋がります。

ゆめやでは、三歳の七五三におすすめのアンティーク着物を取り揃えています。特別な一着を選んで、記憶に残る七五三をお過ごしください。

紫の縮緬地に扇と花々の五つ紋付三歳祝着【kod112】
紫色の縮緬地に、扇と、牡丹・百合・芍薬・菊などの花々が手描きされた、アンティークの三歳用祝い着です。袖口から袂や、裾から見える赤が印象的なきものです。黄色がかった絞りの帯に、赤い帯揚げを結びました。被布は、クリーム色にピンクの花が絞られています。

トレンドを取り入れた着物とアンティーク着物、それぞれが持つ魅力を理解し、お子さまの七五三をより彩り豊かなものにする選択をすることが、この特別な日を最高の思い出に変える鍵となります。

七五三準備の全て

三歳の七五三のための準備は、家族の絆を深める特別なプロセスです。七五三の準備には多くの要素が含まれますが、その中心となるのはやはり着物選びです。これに加えて、髪飾り、被布、足袋などの小物選びも大切なポイントとなります。ここでは、七五三の準備に必要なアイテムとその選び方、そして被布から足袋までの完全ガイドを提供します。

必須アイテムとその選び方

七五三の準備で最初に考えるべきは、やはり着物です。着物選びでは、お子さまの好みはもちろん、季節や式場の雰囲気に合った色や柄を選ぶことが重要です。そして、着物だけでなく、以下のアイテムも準備リストに入れておきましょう。

  • 髪飾り: 髪飾りは、お子さまの着物をさらに華やかに見せる重要なアクセサリーです。色やデザインは着物に合わせて選びましょう。
  • 被布: 三歳の女の子の場合、着物に加えて被布を着用することがあります。被布は着物とセットで選ぶと統一感が出ます。
  • 足袋: 着物に合わせる足袋は、サイズが合っていることが最も大切です。足袋の色は基本的に白を選ぶとよいでしょう。
  • 草履: お子さまが歩きやすいよう、サイズとフィット感を確かめて選びます。

これらのアイテムを選ぶ際には、お子さまの快適さと動きやすさを最優先に考え、可能な限り事前に試着を行うことをおすすめします。

被布から足袋までの完全ガイド

七五三での着物スタイルを完成させるためには、被布の選び方も重要です。被布は、基本的には着物と色を合わせることが一般的ですが、アクセントとして異なる色を選ぶのも一つの方法です。また、草履や足袋も被布や着物に合わせて選びましょう。

  • 草履と足袋: 草履は、お子さまが安心して歩けるように、フィット感を重視して選びます。足袋は着物の色や被布と調和する白やクリーム色が一般的です。
  • その他の小物: 着物スタイルをさらに美しく見せるためには、帯や髪飾りなどの小物も忘れずに。これらは着物や被布の色に合わせて選ぶと、統一感のある装いになります。

シンプルで美しい着付けとヘアスタイル

七五三は、お子さまが主役の特別な日です。シンプルかつ美しい着付けとヘアスタイルで、お子さまの魅力を最大限に引き出しましょう。ここでは、着付けとヘアスタイルをより簡単で楽しいものにするコツを紹介します。親子で一緒に準備を進めることで、七五三の日はもちろん、その準備自体も貴重な思い出になるでしょう。

親子で挑戦!簡単着付け術

七五三では、親子で一緒に着付けを行うことが、一生の思い出となる特別な経験です。ここでは、着付けのプロセスを楽しく、かつお子さまにとっても快適にするためのコツを紹介します。

  • 肌着の選択: 着付けの最初のステップは、適切な肌着を選ぶことです。お子さまの肌に優しく、動きやすい素材を選びましょう。肌着は着物の下に直接触れるものなので、肌触りが良く、季節に合ったものを選ぶことが重要です。
  • 衿元の整え方: 着物の美しさを左右する重要なポイントの一つが衿元です。衿元は清潔感とバランスを意識して整えることが大切です。
  • 帯の締め方: お子さまが一日中快適に過ごせるよう、帯はしっかりと締めつつも、苦しくない程度の締め加減が大切です。特に小さなお子さまには、柔らかい兵児帯を選ぶとよいでしょう。

流行りの髪飾りとセットの秘訣

七五三のヘアスタイルを考える際、流行りの髪飾りを取り入れることで、お子さまの着物スタイルをさらに華やかにすることができます。以下のポイントを参考にして、お子さまのヘアスタイルを彩りましょう。

  • 着物に合わせた髪飾りの選択: お子さまの着物の色や柄に合わせた髪飾りを選ぶことで、全体のコーディネートに統一感をもたらします。例えば、着物が華やかな柄の場合はシンプルな髪飾りを、着物がシンプルな場合は華やかな髪飾りを選ぶとバランスが取れます。
  • 簡単なヘアアレンジ: お子さまが一日中快適に過ごせるよう、複雑で時間のかかるヘアスタイルは避け、簡単なアレンジにすることが重要です。髪飾りをワンポイントとして使い、ヘアスタイルを華やかに見せましょう。
  • 親子でのコラボレーション: お子さまと一緒にヘアスタイルを選ぶことで、親子のコミュニケーションが深まります。お子さまの好みや個性を尊重しながら、一緒にスタイリングを楽しんでください。

これらのコツを活用して、お子さまの七五三をより特別な日にしましょう。親子で共に準備を進める過程から、大切な思い出を作っていくことができます。

七五三写真撮影のコツ

三歳の七五三は、お子さまの大切な成長の節目を祝うイベントです。この記念すべき日の写真は、一生の宝物となるでしょう。素晴らしい写真を残すためには、撮影のアイデアとテーマの選定、そして撮影テクニックを理解しておくことが欠かせません。ここでは、お子さまの七五三をより特別なものにする写真撮影のコツをご紹介します。これらのコツを活用することで、お子さまの自然な魅力を引き出し、家族の愛情が感じられる写真を残すことができます。

撮影のアイデアとテーマ

七五三の撮影では、アイデアとテーマが全体の印象を大きく左右します。より心に残る写真を残すために、以下のアイデアを参考にしてください。

  • お子さまの興味や個性を反映: お子さまの好きな色、動物、または趣味をテーマに取り入れることで、自然な笑顔や楽しんでいる姿を捉えることができます。また、お子さまが興味を持つものをテーマにすることで、撮影もスムーズに進みやすくなります。
  • 季節感のある撮影: 季節を意識した撮影は、その時期ならではの美しさを写真に残すことができます。例えば、七五三のハイシーズンである秋ならば紅葉といった自然の美しさを背景にすると、写真に深みと物語性が加わります。
  • ロケーション選び: 撮影場所は、テーマによって大きく変わります。自宅でのリラックスした雰囲気から、公園や神社など、お子さまが活き活きと遊べる場所まで、テーマに合ったロケーション選びを心がけましょう。

写真撮影初心者でも使える撮影テクニック

以下の撮影テクニックを参考にして、七五三の思い出を美しく残しましょう。

どんな構図で撮ればいい?

  • 子どもと同じ高さで撮る: お子さまがいる高さにカメラを持っていくと、フレンドリーで親近感のある写真が撮れます。また、お子さまの顔だけや上半身をメインに撮ると、笑顔や目の輝きなど、大切な表情がよく映ります。

ピントはどう合わせればいい?

  • 目にピントを合わせる: 人物撮影の際は、目が最も表情を伝える部分です。特に笑顔や自然な表情の瞬間には、目にピントを合わせることで鮮明な写真になります。

自然な表情を撮るには?

  • リラックスさせる: 撮影前にお子さまと会話をしたり、遊んだりしてリラックスさせます。親しい人が近くにいると、お子さまはより自然な表情を見せてくれます。
  • シャッターチャンスを逃さない: お子さま自然な表情は一瞬のもの。カメラを構えて、その瞬間を逃さないように準備しておきましょう。

子どもが動いていてもブレない写真を撮るには?

  • 連写機能を活用: 連写機能を使うと、動きのあるシーンでも多くの写真を短時間で撮ることができ、最も良い瞬間を捉えることができます。

これらのテクニックを駆使して、七五三の日の貴重な思い出を鮮明に残しましょう。

三歳の七五三の当日の完全ガイド

三歳の七五三は、お子さまの一生の記憶に残る特別な日です。この節目を迎えるにあたり、当日をスムーズに過ごし、家族で最高の思い出を作るための準備と心構えが必要です。ここでは、七五三当日の流れと、家族で共有できる思い出作りのコツをご紹介します。

当日のスムーズな流れ

七五三当日は、計画的に一日を進めることが大切です。以下は、一般的な当日の流れの一例です。

  • 朝の準備: 朝食後、ゆっくりとお子さまを着付け、ヘアセットをします。この時間は写真撮影のチャンスでもあるので、カメラを準備しましょう。
  • お参り: お参りの時間には余裕を持って家を出発します。人気の神社では混雑が予想されるため、時間に余裕をもって行動することが重要です。
  • 写真スタジオでの撮影: 写真スタジオを事前に予約しておいた場合、参拝の前後に写真スタジオで記念撮影を行います。お子さまが疲れていない時間帯を選ぶと、より自然な表情を撮影できます。
  • 家族での食事: お参りや撮影の後は、家族で特別な食事を楽しみましょう。この時も、お子さまの疲れを考慮して、落ち着ける場所を選ぶことが大切です。

家族で作る最高の思い出

七五三の日は、家族で過ごす大切な時間です。以下のポイントを意識することで、家族全員にとって忘れられない一日となります。

  • 全員の参加: 家族全員がこの日の準備に参加することで、一体感を感じられます。お子さまの準備を手伝ったり、一緒にお参りをしたりすることが、絆を深める機会となります
  • 特別なサプライズ: お子さまにとって特別なサプライズを用意することで、当日をさらに特別なものにすることができます。例えば、好きなキャラクターのおもちゃをプレゼントしたり、お祝いのメッセージカードを読み上げたりすることが考えられます。
  • 感謝の気持ちを伝える: 七五三は、お子さまがこれまで健やかに成長してきたことへの感謝の気持ちを表す機会でもあります。家族や神様への感謝の気持ちを伝えることで、お子さまにも大切な価値観を教えることができるでしょう。

まとめ

七五三は、三歳のお子さまとその家族にとっての大切な節目です。この記事を通して、着物の選び方から当日の流れ、写真撮影のコツまで、七五三を成功させるための情報をお伝えしました。七五三は、準備から当日のお祝い、そして写真撮影に至るまで、家族で協力し合いながら楽しむことが何よりも大切です。この特別な日を通じて、お子さまの成長を祝い、家族の絆を深めてみてください。

〈参考記事〉
https://www.motoji.co.jp/blogs/reading/shichi-go-san
https://kashikimono.com/content/753_3sai_kisekata
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/753/1356/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

藍色地に絣柄の大島紬きものと羽織に縞袴【men14】

【2024年最新版】男性の袴スタイル完全ガイド!着こなしと選び方

はじめに 袴は、日本の伝統的な装いとして、現代の重要なセレモニーでも中心的な役割を果たしています。特に男性が成人式や結婚式などの節目で選ぶ衣装としては、その格式の高さと美しさが重視されています。 本記事では、袴の基本から […]

ひとつ前の記事

黒地に桜、菊、まっすぐ伸びた竹の七歳祝着【kod06】

七歳の七五三には何を準備する?着物や和装小物選び・レンタル活用法

はじめに 日本の伝統行事として知られる七五三は、子供の健やかな成長を祝い、健康と幸福な将来を祈願する儀式です。三歳の女の子と男の子、五歳の男の子、七歳の女の子が七五三の当事者になります。ことに七歳になる女の子にとっては、 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!