卒業式袴イメージ

【小学生の卒業式】レンタル袴で華やかに彩る!美しい着こなしガイド

はじめに

小学生の女の子の卒業式は、家族にとっても記憶に残る大切な節目です。そんな一大イベントで、お子さまがどのような袴を選び、どのように着こなすかは、多くの親御さんにとって重要なポイントでしょう。

この記事では、袴の選び方からレンタルの利点、実際の着方に至るまで、詳しくご紹介します。また、卒業式をより華やかに演出するための小物選びやスタイリングのコツも解説しますので、ぜひ準備にお役立てください。

小学生の女の子:卒業式を袴で彩る

卒業式は、小学生の女の子にとって人生の中で忘れられない大切なイベントです。日本では、格式あるこの日にふさわしい装いとして、袴を着用する文化があります。着物と袴は、卒業式のフォーマルな装いとして、彼女たちを美しく彩ります。ここでは、なぜ小学生の卒業式で袴が選ばれるのか、どのようなスタイルが存在するのかを、詳しくご紹介します。

小学生の女の子に人気の袴姿

最近では、大学生の卒業式で見られる袴スタイルが、小学生の間でも流行しています

元々、袴は大学の卒業式で着用されることが多い伝統的な服装ですが、その美しさと格式が小学生の卒業式にも取り入れられるようになりました。この流れは、特に女の子の間で主流となっており、小さなお子さまが大人びた装いを楽しむ機会として注目されています

親御さんたちは、お子さまの一生に一度の大切な節目を、より特別感のあるスタイルで迎えられることを望んでいます。袴を選ぶ理由としては、その格式高いデザインと、お子さまたちを一段と成長した姿で見せることができる点が挙げられるでしょう

さらに、袴は色や柄のバリエーションが豊富で、鮮やかな色合いや繊細な刺繍が施されたものから選べるため、お子さまの個性や好みに合わせて選ぶことができるのです。

卒業式を、華やかで特別な一日に:袴の魅力

卒業式は、小学生の女の子にとって一生の思い出になる特別な日です。この日のために選ぶ袴スタイルは、その記念すべき瞬間をより美しく、華やかに彩る役割を持っています

袴の魅力の一つに、色彩豊かな生地と独特のシルエットがあります。これらは、卒業式というフォーマルなシーンに華を添えるだけでなく、写真においても主役たる存在感を放ちます。たとえば、明るい色の袴や大胆な柄は、自然光の下で特に美しく映り、その日の雰囲気を鮮明に残すことができます。また、袴の広がる裾が動くたびに生み出す優雅なドレープは、歩く姿やポーズをとった瞬間の写真に動きと美しさを加えます。

さらに、袴という伝統的な装いは、家族や親戚が集まる卒業式のアルバムにとっても、価値あるものとなります。これらの写真は、後に見返したときに、その日の感動や達成感を色鮮やかに思い出させてくれるでしょう。

このように、卒業式において、袴はただの衣装以上の意味を持ち、お子さまたちの新たな門出を祝福する素晴らしい選択であり、特別な日を最高のものにするための重要な要素なのです。

ここで一つ、伝統的な雰囲気を醸し出す、ゆめやでおすすめの袴スタイルをご紹介しましょう。合わせた着物は、赤地に白、グレーの銀泥で現された雲取が印象的な大正時代の小振袖です。薬玉とは、五月五日の瑞午の節句に魔よけのために飾った中国の風習をまねて、薬や香料を錦の袋に入れたもので、菖蒲、蓬、よもぎなどの造花を摘んで五色の糸を長く垂らした薬玉を紋様化しています。かわいい印象の一着で、卒業式の袴以外にもさまざまなシーンで着ていただける、応用範囲の広いおしゃれな着物です

袴レンタルのメリット

袴のレンタルは、小学生の女の子の卒業式において多くのメリットを提供します。ここでは、袴のレンタルがなぜ多くの家族に選ばれているのか、その理由を詳しくご紹介します。

コストを抑えて便利に利用できる

袴レンタルの最大のメリットは、何と言ってもコストパフォーマンスの高さです。新品の袴一式を購入する場合、価格は10万円以上にも及ぶことが多く、特に高品質な素材やデザインを選ぶとさらに高額になります。しかし、レンタルであれば、おおむね10,000円から30,000円の範囲で利用可能です。この価格差は、特に経済面を考慮する家庭にとって大きなメリットとなります。

また、お子さまたちは成長が早いため、一度しか着用しない可能性が高い衣装に多くの費用を掛けるのは経済的ではありません。レンタルならば、必要な日だけ必要な衣装を選び、手軽に利用できるため、親御さんの負担を大きく軽減してくれます

さらに、袴レンタルサービスの多くは、着付けや小物一式をセットで提供しています。これにより、着物に詳しくない親御さんも、専門のスタッフに全てを任せて安心して準備を進めることができます。

また、クリーニングや保管の手間も不要で、卒業式が終われば簡単に返却するだけで済むため、忙しい親御さんにとっては時間の節約にもなります。

このように、袴レンタルは多くの利点を持ち合わせていることから、卒業式の衣装選びにおいて非常に合理的な選択肢と言えるでしょう。

豊富な選択肢で、小学生の女の子にぴったりのスタイルを

袴レンタルのもう一つのメリットは、スタイルの多様性です。レンタルショップでは、さまざまな色や柄の袴が揃っているため、お子さまの好みや個性に合わせて最適なものを選べます。たとえば、伝統的な紺や赤の袴から、モダンなデザインやパステルカラーのものまで、選択肢は非常に広がっています。

加えて、各レンタルセットには、袴に合わせた着物や小物が含まれており、一式そろえる手間が省けます。これにより、卒業式の日のお子さまのトータルコーディネートを、スムーズかつ効果的に完成させることが可能です。小学校の卒業式という一生に一度のイベントにおいて、お子さまが一番輝くスタイルで参加できるよう、レンタルサービスは大きな支援となるでしょう。

このように、袴レンタルはコスト、便利さ、スタイルの面で多くのメリットを提供しており、小学生の卒業式をより特別なものにするために、非常に有効な選択肢と言えます。

袴の選び方

袴は、小学生の卒業式において注目される衣装です。適切な袴を選ぶことで、お子さまの大切な一日をより記念深いものにすることができます。この章では、ぴったりのサイズの袴を選ぶコツと、色や柄を選ぶ際のポイントを詳しく解説します。

ぴったりサイズを見つけるコツ

袴のサイズ選びは、見た目の美しさだけでなく、お子さまの快適さにも大きく影響します。正しいサイズの袴を選ぶには、以下の点に注意してください。

  • 身長と袴の丈:袴の裾がくるぶし辺りにくることが理想的です。長すぎるとつまずきやすく、短すぎるとスタイルが損なわれます。
  • ヒップサイズ袴はウエストではなく、ヒップで支える衣装です。ヒップサイズを合わせることで、袴がずり下がることなく快適に過ごせます。
  • 試着の重要性可能であれば、実際に試着をしてみることが重要です。オンラインでの注文も便利ですが、袴のサイズは履物によっても変わるので、サイズ感を確かめるためには履物も併せて、実際に着てみることが最良です。

これらのポイントを押さえることで、袴のサイズ選びに失敗することなく、卒業式当日を快適に過ごすことができるでしょう。

色や柄で、卒業式を明るく彩る

袴の色や柄の選び方は、卒業式の雰囲気を左右する重要な要素です。以下のように選ぶと良いでしょう。

  • 季節感を考慮:春に行われる卒業式では、パステルカラーや明るい色の袴が人気です。桜や花柄など、季節を感じさせるデザインがおすすめです。
  • 個性を表現:お子さまの個性や好みに合わせて選ぶことも大切です。好きな色や、好みの柄を選ぶことで、より自分らしさを表現できます
  • 全体の調和:着物との調和も考えて選びましょう。袴と着物が同じ色調でまとまっていると、洗練された印象になります。

たとえばこちらは、ピンクの着物にオフホワイトの袴を合わせた、春にぴったりの袴スタイルです。珊瑚色の錦紗縮緬には地模様が織り出され、芍薬、水仙、梅などの花々が染めで描かれています。やさしい雰囲気に合わせて、帯も紗綾型に花丸紋のやさしい絵柄を結びました。袴の下に着ても可愛らしいアンティーク小紋です。この写真の袴はLサイズですが、色柄もサイズも、どうぞご相談ください。

ここでご紹介したポイントを意識することで、袴選びがより楽しくなるだけでなく、写真のような卒業式の日にふさわしい華やかな装いを完成させることができます。袴は単なる衣装ではなく、卒業という節目を彩る大切な役割を果たします。そのためにも、色や柄の選び方には、特に心を配ることが推奨されます。

袴の上に着る着物の選び方

卒業式での袴スタイルを完璧にするためには、袴の上に着る着物の選び方も非常に重要です。適切な着物を選ぶことで、袴との調和が取れ、全体の印象が引き立ちます。ここでは、袴に合わせる着物の選び方について、具体的なアドバイスを提供します。

どんな着物が袴に合う?

袴に合わせる着物を選ぶ際には、色、柄、素材が重要な要素です。着物の選び方は袴のデザインによって異なります。例えば、以下のように色別に具体的な選び方を考えてみるもの良いでしょう。

  • 赤の着物:赤色の着物は非常に目を引く色です。無地の赤い着物は、黒や紺色のシンプルな袴と組み合わせると、非常にエレガントで落ち着いた印象を与えます。
  • 青の着物:青色の着物は爽やかで清涼感があり、春の卒業式に適しています。特に、水色や空色のような明るい青は、白や薄いグレーの袴と合わせて、穏やかで優しい雰囲気を作り出します。
  • 黄色の着物:黄色は明るく活発な印象を与える色で、小学生の元気なイメージに合います。柔らかな黄色の着物に、花柄や春を象徴する柄が施されていると、さらに季節感を強調できます。シンプルなデザインの袴と合わせることで、着物の明るさも際立ちます。

袴とバランスよく合わせる着物の選び方

袴と着物の組み合わせで初心者が押さえるべきポイントは、色と柄のバランスを理解することです。先ほど具体的な色味は示しましたが、以下にはバランスのとり方などの大切なポイントについても、詳しくご紹介しましょう。

  • 色のバランス:袴の色が明るい場合、着物は落ち着いた色を選び、逆に袴がダークトーンの場合は着物に明るい色を選ぶと良いです。このシンプルなルールは、美しいコントラストを生み出し、スタイリッシュな印象を与えます
  • 柄の取り合わせ:袴に大きな柄がある場合は、着物は無地か控えめな柄を選びます。これにより、主役となるアイテムが定まり、全体の調和が取れます。もし袴が無地であれば、着物で柄を取り入れても良いですが、大胆すぎない柄を選ぶことが重要です。
  • 素材の選び方着物の素材は、季節やシーンに合わせて選ぶことが重要です。春の卒業式には、軽やかで通気性の良い素材が適しています。たとえば、正絹や綿の着物は春にぴったりで、快適さと見た目の美しさを兼ね備えています。
  • 体型や肌色に合わせる:着物は体型や肌色に合わせて選ぶと、より自然で美しく見えます。明るい肌色には暖色系の着物が映え、やや日焼けしている肌には、クールな色が似合います。

これらの基本を理解しておくことで、初心者でも自信を持って袴と着物を選ぶことができます。適切な組み合わせを選ぶことで、特別な日にふさわしい美しい和装が完成し、卒業式を華やかに彩ることができるでしょう。

袴に合わせる小物選び

卒業式の袴スタイルを完璧に仕上げるためには、小物選びも大切です。適切な小物を選ぶことで、袴との調和が生まれ、全体のコーディネートを一層引き立てることができます。この章では、小学生にも快適な草履と足袋の選び方と、おしゃれなヘアスタイルとアクセサリーのコーディネート方法について、詳しくご紹介します。

草履と足袋の選び方

草履と足袋は、袴スタイルに欠かせないアイテムですが、お子さまたちには美しさ以上に快適さが重要です。適切な草履と足袋を選ぶためには以下のポイントを考慮してください。

  • サイズの正確性草履は足のサイズに合わせて選ぶ必要があります。大きすぎると脱げやすく、小さすぎると足を痛める原因になります。足袋も同様に、足にぴったり合うサイズを選ぶことが重要です。
  • 素材の柔らかさお子さまたちの足には柔らかい素材が最適です。草履の鼻緒が柔らかい素材で作られているものを選ぶと、長時間履いていても痛くなりにくくなります。
  • 安定感のある履き心地:草履の底は滑りにくい素材を選ぶことで、お子さまたちが安心して歩けるようになります。また、クッション性のあるインソールがついていると、より快適に過ごせるでしょう。

これらのポイントを押さえることで、卒業式の日もお子さまたちは快適に過ごすことができ、安心して袴姿を楽しむことが可能となります。

おしゃれなヘアスタイルとアクセサリー選び

袴スタイルをさらに引き立てるためには、ヘアスタイルとアクセサリーの選び方も大切です。以下のようにコーディネートすることをおすすめします。

  • ヘアスタイルの選定:袴に合わせるヘアスタイルは、一般的にアップスタイルが伝統的です。しかし、お子さまたちの場合は、シンプルなポニーテールやハーフアップも可愛らしく映えます。
  • アクセサリーの選び方:ヘアアクセサリーには、花やリボンなどの装飾が施されたものを選ぶと、華やかさが加わります。色は袴や着物の色と調和するか、アクセントカラーとして機能する色を選ぶと良いでしょう。
  • その他の小物:手持ちのバッグや足元の草履も全体のコーディネートに合わせて選ぶことが重要です。色や素材感を統一することで、洗練された印象になります。

これらのアイテムを選ぶ際には、全体のバランスを考えながら、お子さまたちが自分らしく、かつ快適に過ごせるスタイルを目指すことが重要です。おしゃれなヘアスタイルとアクセサリーで、卒業式の袴姿を一層特別なものにしましょう。

卒業式当日の注意点:袴の着方

卒業式は、小学生の大切な節目です。特に、袴の着方はその日の印象を大きく左右します。この章では、袴の着付け方法と当日に役立つチェックポイントをご紹介します。正しい知識と準備をもって、お子さまが自信を持って式に臨めるようにサポートしましょう。

袴の着付けを一緒に学ぼう

袴の着付けは、見た目の美しさだけでなく、動きやすさにも影響するため、正確な方法で行うことが重要です。ここでは、基本的な袴の着付け手順を紹介します。

  1. 着物の着付け:まず、通常の着物と同様に着物を着ます。身丈や袖丈が調整された後、適切におはしょりを作ります。
  2. 腰紐の使用:着物を着た後、腰紐を数本使っておはしょりを固定します。これが袴を支える基盤となるため、しっかりと締めることが重要です
  3. 袴の装着:袴の後ろの紐を先に結び、前でクロスさせて背中に持っていきます。その後、前の紐を結びます。
  4. 袴の丈調整:袴の丈は、足のくるぶしより少し上にくるように調整します。動きやすさと見た目のバランスを考えましょう。
  5. 最終チェック:袴のずれがないか、着物が乱れていないかを確認します。

この手順に従うことで、袴の着付けがスムーズに行え、卒業式の日にお子さまが快適に過ごせます。もし着付けに不安のある場合は、ぜひプロの着付け師にご依頼ください。多くの場合、レンタルショップにて予約が可能です。

卒業式当日に役立つチェックリスト

当日の準備はとても重要です。以下のチェックリストを用意することで、忘れ物がなく、スムーズに当日を迎えることができるでしょう。

  • 必要なアイテムの確認:草履、足袋、袴、着物、腰紐、その他アクセサリーなど、必要なものを前日に準備し、当日慌てないようにします
  • 時間の確認とスケジュール調整:式の時間、着付けの時間、移動時間を再確認し、余裕を持ったスケジュールを組みます。
  • リラックスグッズの準備:長時間の式典に備えて、飲み物や軽食、ハンカチ、ティッシュなどを用意します。
  • 緊急キットの準備:小さなハサミ、セーフティピン、テープなど、何かと必要になる小物を準備しておきます

このチェックリストを参考に準備を進めることで、当日のトラブルを未然に防ぎ、お子さまも親御さんも安心して卒業式を楽しむことができます。これらの情報をもとに、袴の着方と卒業式当日の準備をしっかりと行い、思い出深い一日を迎えてください。

まとめ

卒業式は、小学生の重要な節目です。今回ご紹介した袴の選び方、小物のコーディネート、着付けの方法、そして当日の準備に関する情報が、皆さんの準備をサポートします。

袴を美しく着こなし、卒業式をより特別なものにするためのポイントを押さえて、この大切な日を心から楽しんでください。着物の美しさとともに、お子さまたちの成長を祝うこの日が、忘れられない素晴らしい思い出となることを願っています。

<参考記事>
https://ange-official.com/column/hakama-size/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ダイヤ柄にモノクロの菊紋様の小振袖【hak03】

オレンジ色の着物選びのお作法|季節ごとの選び方や振袖の着こなしテクまで

はじめに オレンジ色の着物は、その明るさと温かみで多くの人々に愛されています。特に成人式や結婚式などの晴れの日にふさわしい色として人気があります。 しかし、オレンジ色の着物を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すれば良い […]

ひとつ前の記事

アップルグリーンに羽子板、花手鞠の三歳祝着【kod50】

3歳の七五三にレトロ着物・アンティーク着物を選びたい!魅力と種類

はじめに 七五三は、子どもの健やかな成長を祝う日本の伝統的な行事です。特に3歳の女の子にとっては、初めて着物を着ることによって、日本の伝統的な文化を体験する貴重な機会です。3歳の女の子の七五三の祝い着は、被布(ひふ)と着 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!