濃紺の縦絽に川辺の景色の夏用五つ紋付色留袖【tom30】

絽の訪問着で夏も涼しく上品に|魅力と着用シーン、お呼ばれコーデ術

はじめに

夏の暑い季節にぴったりの絽(ろ)の訪問着は、涼しげな見た目と通気性の良さが特徴です。しかし、どのように選べば良いのか、どのように着こなせば良いのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、絽の訪問着の選び方や着こなし術について詳しく解説します。

この記事を読むことで分かること

  • 絽の訪問着の特徴と魅力:絽の訪問着がどのような特徴を持ち、どのような魅力があるのかを理解できます。
  • 絽と紗(しゃ)の違い:絽と紗の訪問着の違いについて詳しく解説し、それぞれの特徴を理解できます。
  • 絽の訪問着の選び方:用途やシーンに合わせた絽の訪問着の選び方について具体的なアドバイスを提供します。
  • 絽の訪問着の着こなし術:結婚式やお茶会などのフォーマルな場面でのコーディネート例を紹介し、実際にどのように着こなせば良いのかを学べます。
  • レンタルガイド:絽の訪問着をレンタルする際の注意点や、信頼できるショップの選び方についても紹介します。

この記事を読むことで、絽の訪問着の選び方や着こなし術についての知識を深め、夏のフォーマルな場面で自信を持って絽の訪問着を着こなすことができるようになります。

それでは、絽の訪問着の魅力と選び方について詳しく見ていきましょう。

絽の訪問着とは?特徴と紗(しゃ)との違いも解説

絽(ろ)の訪問着は、夏のフォーマルな場面で活躍する着物の一種です。絽は、通気性が高く、涼しげな見た目が特徴で、特に暑い季節に適しています。

絽の訪問着は、結婚式やお茶会などの正式な場面で用いられることが多く、その美しいデザインと高い品質が多くの女性に支持されています。

以下では、絽の訪問着の特徴や魅力に加えて、夏の着物素材として絽と同じく有名な紗(しゃ)との違いついて詳しく解説します。

絽と紗の訪問着の違いとは?

はどちらも夏の着物に用いられる生地ですが、その特徴や用途にはいくつかの違いがあります。ここでは、絽と紗の訪問着の違いについて詳しく解説します。

絽の特徴

絽は、平織りとからみ織り(もじり織)を組み合わせた織物で、「絽目(ろめ)」と呼ばれる細かい穴が縞状に入っているのが特徴です。このため、通気性が良く、見た目にも涼しげです。

絽の訪問着は、結婚式やお茶会などのフォーマルな場面でよく用いられます。絽の生地は、以下のような特徴があります。

  • 通気性の高さ:絽目があることで風通しが良く、夏でも快適に過ごせます。
  • 涼しげな見た目:透け感があり、見た目にも涼しげで夏のフォーマルな場面に適しています。
  • 多様なデザイン:古典柄や現代的なデザインなど、さまざまな柄があり、好みに合わせて選ぶことができます。

紗の特徴

一方、は絽よりもさらに透け感が強い生地です。紗は、からみ織という手法で織られており、全体的に目が開いているため、通気性が非常に高いのが特徴です。

紗の訪問着は、カジュアルからセミフォーマルな場面で用いられることが多いです。紗の生地は、以下のような特徴があります。

  • 強い透け感:全体的に目が開いているため、絽よりも透け感が強く、非常に涼しげです。
  • 通気性の高さ:紗の生地は通気性が非常に高く、盛夏でも快適に過ごせます。
  • カジュアルな印象:紗はカジュアルからセミフォーマルな場面で用いられることが多く、フォーマルな場面では絽の方が適しています。

絽と紗の使い分け

絽と紗の訪問着は、それぞれの特徴を活かして使い分けることが重要です。以下に、絽と紗の使い分けのポイントをまとめます。

  • フォーマルな場面:結婚式やお茶会などのフォーマルな場面では、絽の訪問着が適しています。絽の生地は、透け感がありながらも上品で、フォーマルな場面にふさわしいです。
  • カジュアルな場面カジュアルからセミフォーマルな場面では、紗の訪問着が適しています。紗の生地は、強い透け感と通気性の高さが特徴で、涼しげな印象を与えます。

ここで見た目も涼しげな夏用「ブルーグリーンの横絽に白鷺の夏用五つ紋付色留袖◆」をご紹介しましょう。絽の着物は通常縦に入っていることが多いのですが、こちらは横絽という珍しい仕立てですね。鮮やかなブルーですので夏を感じることができる涼しげな雰囲気です。絽の訪問着より格の高い色留袖ですので親族様の結婚式などに着用していただけます。

絽と紗の訪問着は、それぞれの特徴を理解し、適切な場面で使い分けることで、夏の着物をより楽しむことができます。

夏にぴったり!絽の訪問着のサイズ選びのポイント

夏の暑い季節にぴったりの絽の訪問着は、涼しげな見た目と通気性の良さが特徴です。しかし、快適に着こなすためには、適切なサイズ選びが重要です。

ここでは、絽の訪問着のサイズ選びのポイントについて詳しく解説し、適切なコーディネート方法も紹介します。

絽の訪問着のサイズ選びの基本

絽の訪問着を選ぶ際には、まず自分の体に合ったサイズを確認することが重要です。以下のポイントを参考に、適切なサイズを選びましょう。

  • 身丈の確認:身丈は、着物の縦の長さのことを指します。身丈は、肩から足元までの長さを測り、自分の身長に合ったものを選びます。一般的には、身丈は身長と同じか、少し長め(5cm〜10cm程度)に設定するのが良いとされています。
  • 裄丈の確認:裄丈は、肩から手首までの長さを測ります。裄丈が短すぎると袖が上がってしまい、長すぎると袖がだらしなく見えてしまいます。自分の腕の長さに合った裄丈を選びましょう。
  • 袖丈の確認:袖丈は、袖の長さを決める要素です。絽の訪問着は、夏の着物として涼しげな印象を与えるため、袖丈も適切に選ぶことが重要です。一般的には、袖丈は50cm前後が適切とされています。

絽の訪問着のコーディネートポイント

絽の訪問着を着る際には、コーディネートも重要です。以下に、いくつかのコーディネートポイントを紹介します。

  • 帯の選び方:絽の訪問着には、涼しげな色合いの帯を合わせると良いでしょう。例えば、ブルーや淡いピンクなどの帯は、夏らしい爽やかな印象を与えます。また、帯の柄も重要で、牡丹や菊などの花柄は華やかさを演出します。
  • 小物の選び方:小物もコーディネートの重要な要素です。帯揚げや帯締めには、涼しげな色合いのものを選びましょう。また、草履やバッグも、全体のコーディネートに合わせて選ぶと良いでしょう。
  • 長襦袢の選び方:絽の訪問着には、透け感のある長襦袢を合わせると良いでしょう。長襦袢も、涼しげな色合いのものを選ぶと、全体のコーディネートが引き立ちます。

絽の訪問着を着るシーン|結婚式やお茶会での活用法

絽の訪問着は、夏のフォーマルな場面で活躍する着物です。結婚式やお茶会など、特別なシーンでの着用に最適です。

ここでは、絽の訪問着を着るシーンとその活用法について詳しく解説します。適切なコーディネートやマナーを知ることで、より一層美しく着こなすことができます。

結婚式での絽の訪問着の選び方

結婚式は、絽の訪問着を着る最も代表的なシーンの一つです。特に夏の結婚式では、涼しげで上品な絽の訪問着がぴったりです。

以下に、結婚式での絽の訪問着の選び方を紹介します。

色の選び方

  • 避けるべき色:白や黒は避けましょう。白は花嫁の色、黒は親族の色とされているため、ゲストとしては適していません。
  • おすすめの色:淡いブルーやピンク、クリーム色など、明るく華やかな色が結婚式には適しています。

柄の選び方

  • 避けるべき柄:派手すぎる柄や花嫁の衣装とかぶるような柄は避けましょう。
  • おすすめの柄:四君子、松竹梅、鶴亀、扇や貝桶などの吉祥文様は祝福の気持ちを表現できるためおすすめです。

帯の選び方

  • 帯の種類:格調高い袋帯がふさわしいです。亀甲、七宝、蜀江、扇面、瑞雲や波などの祝意を含む文様が良いでしょう。
  • 帯の色:絽の訪問着に合わせて、涼しげな色合いの帯を選びましょう。金銀の刺繍が施された帯は華やかさを引き立てます。

小物の選び方

  • 帯揚げ・帯締め・草履・バッグ:帯揚げや帯締めには、涼しげな色合いのものを選びましょう。また、草履やバッグは白や淡い色のものが適しています
  • 長襦袢:絽の訪問着には、同じく絽の長襦袢を合わせると良いでしょう。透け感があるため、長襦袢の色や柄もコーディネートの一部として考慮します。

結婚式での絽の訪問着は、適切な色や柄、帯、小物を選ぶことで、より一層美しく華やかに着こなすことができます。上記のポイントを参考にして、自分にぴったりの絽の訪問着を見つけてください。

お茶会での絽の訪問着の選び方

お茶会は、日本の伝統文化を楽しむ場であり、絽の訪問着はその場にふさわしい装いです。涼しげで上品な絽の訪問着は、夏のお茶会で特に重宝されます。

ここでは、お茶会での絽の訪問着の活用法について詳しく解説します。

色の選び方

  • 落ち着いた色:お茶会では、派手すぎない落ち着いた色が好まれます。淡いブルーやグレー、クリーム色などが適しています。
  • 季節感を意識:季節感を大切にするお茶会では、夏らしい涼しげな色合いを選ぶと良いでしょう。

柄の選び方

  • 控えめな柄:お茶会では、控えめで上品な柄が好まれます。菊や竹、桜などの古典柄が適しています。
  • 季節の花:季節の花をモチーフにした柄もおすすめです。例えば、夏には朝顔や撫子などの柄が涼しげですてきです。

帯の選び方

  • シンプルな帯:お茶会では、シンプルで上品な帯を選びましょう。無地や控えめな柄の帯が適しています。
  • 涼しげな素材:絽や紗の帯を合わせると、全体のコーディネートが涼しげにまとまります。

小物の選び方

  • 帯揚げ・帯締め・草履・バッグ:帯揚げや帯締めには、涼しげな色合いのものを選びましょう。白や淡い色の草履やバッグが適しています。
  • 長襦袢:絽の訪問着には、同じく絽の長襦袢を合わせると良いでしょう。透け感があるため、長襦袢の色や柄もコーディネートの一部として考慮します。

お茶会での絽の訪問着は、適切な色や柄、帯、小物を選ぶことで、より一層美しく上品に着こなすことができます。

濃紺の縦絽に川辺の景色の夏用五つ紋付色留袖」こちらは藍色お絽に川が流れる涼しげな五つ紋の色留袖です。夏用の着物は季節が限定されていますので、季節感のある柄があしらわれているのが特徴でもあります。

絽の訪問着の着こなし術|着付けのポイント解説

絽の訪問着は、夏のフォーマルな場面で活躍する着物です。涼しげな見た目と通気性の良さが特徴ですが、正しく着こなすためにはいくつかのポイントがあります。

ここでは、絽の訪問着の着こなし術と着付けのポイントについて詳しく解説します。適切な着付けを行うことで、より美しく快適に過ごすことができるでしょう。

絽の訪問着の着付けの注意点

絽の訪問着を美しく着こなすためには、いくつかの注意点を押さえることが重要です。以下に、絽の訪問着の着付けの際に注意すべきポイントを紹介します。

  • 透け感の対策:絽の訪問着は透け感があるため、下着や長襦袢が透けて見えないように注意が必要です。特に、衿元や袖口など、細部に注意を払いましょう。透け感を楽しむために、あえて色のついた長襦袢を選ぶこともありますが、フォーマルな場面では白や淡い色の長襦袢を選ぶと良いでしょう。
  • サイズの確認:絽の訪問着は、体にぴったりと合うサイズを選ぶことが重要です。特に、身丈や裄丈などのサイズを確認し、自分に合ったものを選びましょう。サイズが合わないと、着崩れしやすくなります。
  • 帯の選び方:帯は、絽の訪問着に合わせて涼しげな色合いのものを選びましょう。例えば、ブルーや淡いピンクなどの帯は、夏らしい爽やかな印象を与えます。帯の柄も重要で、牡丹や菊などの花柄は華やかさを演出します。
  • 小物の選び方:小物もコーディネートの重要な要素です。帯揚げや帯締めには、涼しげな色合いのものを選びましょう。また、草履やバッグも、全体のコーディネートに合わせて選ぶと良いでしょう。

絽の訪問着の着付けのステップ

絽の訪問着を美しく着付けるためには、基本的なステップを押さえることが重要です。以下に、絽の訪問着の着付けの基本的なステップを紹介します。

  1. 足袋と肌着の着用:着物を着た後に足袋を履くのは難しいことが多いので、まずは足袋を履きましょう。続いて、肌襦袢や裾除けなどの肌着を着用します。特に夏場は汗をかきやすいので、肌触りが良く汗を吸収しやすい素材を選ぶことが重要です。
  2. 長襦袢を着る:続いて、絽の長襦袢を着ます。長襦袢は、透け感があるため、色や柄にも注意が必要です。正絹の長襦袢を選ぶことで、より上品な仕上がりになります。
  3. 絽の訪問着を羽織る:次に、絽の訪問着を羽織ります。衿元や袖口がきれいに整うように注意しながら、体にフィットさせます。
  4. 帯を結ぶ:帯は、絽の訪問着に合わせて涼しげな色合いのものを選びます。帯の結び方にも注意が必要で、プロの着付け師に依頼するのも一つの方法です。帯の位置や結び目がきれいに整うように注意しましょう。
  5. 小物を整える:最後に、帯揚げや帯締め、草履やバッグなどの小物を整えます。全体のコーディネートに合わせて、小物の色やデザインを選びます。

絽の訪問着は、適切な着付けを行うことで、より美しく快適に過ごすことができます。基本的なステップを押さえながら、細部に注意を払い、美しい着こなしを楽しんでください。

絽の訪問着のレンタルガイド|失敗しないショップの選び方

絽の訪問着は、夏のフォーマルな場面で活躍する着物です。レンタルを利用することで、高価な絽の訪問着を手軽に楽しむことができます。しかし、失敗しないためには、信頼できるショップを選ぶことが重要です。

ここでは、絽の訪問着をレンタルする際の注意点と、失敗しないショップの選び方について詳しく解説します。

絽の訪問着のレンタルの注意点

絽の訪問着をレンタルする際には、いくつかのポイントを押さえることが重要です。以下に、レンタルの際に注意すべきポイントを紹介します。

  • サイズの確認:絽の訪問着は、体にぴったりと合うサイズを選ぶことが重要です。特に、身丈や裄丈などのサイズを確認し、自分に合ったものを選びましょう。サイズが合わないと、着崩れしやすくなります。
  • 色と柄の選び方:レンタルする際には、用途やシーンに合わせた色や柄を選ぶことが大切です。結婚式には華やかな色や柄、例えば牡丹や桜の花柄が適しています。一方、お茶会などでは落ち着いた色や古典柄が好まれます。
  • 帯と小物の選び方:帯や小物も重要なポイントです。絽の訪問着には、涼しげな色合いの帯や、季節感のある小物を合わせると良いでしょう。例えば、ブルーや淡いピンクの帯、白や淡い色の草履やバッグが適しています。
  • レンタル条件の確認:レンタルする際には、返却期間やクリーニングの有無など、レンタル条件をしっかりと確認しましょう。特に、人気の高いシーズンや日にち(結婚式や卒業式、入学式のシーズンなど)は早めに予約をすることが肝心です。

信頼できるレンタルショップの選び方

信頼できるレンタルショップを選ぶためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。以下に、失敗しないショップの選び方を紹介します。

  • 口コミや評判の確認:まず、インターネット上の口コミや評判を確認しましょう。実際に利用した人の感想や評価を参考にすることで、信頼できるショップを見つけることができます。特に、サイズや色、柄の選び方についてのアドバイスが充実しているショップは信頼性が高いです。
  • 品揃えの豊富さ:絽の訪問着の品揃えが豊富なショップを選びましょう。多くの選択肢があることで、自分にぴったりの訪問着を見つけやすくなります。特に、古典柄や現代的なデザインなど、さまざまな柄が揃っているショップはおすすめです。
  • 試着サービスの有無:試着サービスを提供しているショップを選ぶと安心です。実際に試着することで、サイズや色、柄の確認ができ、失敗を防ぐことができます。特に、初めて訪問着をレンタルする場合は、店舗で直接相談することで不安を解消できます
  • レンタル条件の明確さ:レンタル条件が明確に記載されているショップを選びましょう。返却期間やクリーニングの有無、キャンセルポリシーなど、重要な情報が分かりやすく記載されていることが大切です。

絽の訪問着のレンタルを成功させるためには、信頼できるショップを選ぶことが重要です。上記のポイントを参考に、自分にぴったりの訪問着を見つけてください。

絽の訪問着のレンタル中の注意点

絽の訪問着は、夏のフォーマルな場面で活躍する着物です。レンタルを利用することで、高価な絽の訪問着を手軽に楽しむことができますが、レンタル中にはいくつかの注意点があります。

ここでは、絽の訪問着のレンタル中に気をつけるべきポイントについて詳しく解説します。

絽の訪問着のレンタル中の取り扱い注意点

絽の訪問着をレンタルする際には、取り扱いに注意が必要です。以下に、レンタル中に気をつけるべきポイントを紹介します。

  • 汚れやシミに注意:絽の訪問着は、正絹で作られていることが多く、汚れやシミが付きやすいです。特に、食事中や屋外での使用時には注意が必要です。万が一汚れが付いた場合は、すぐに拭き取るか、レンタル店に連絡して指示を仰ぎましょう
  • 着用時の動作に注意:絽の訪問着は繊細な生地でできているため、着用時の動作にも注意が必要です。急な動きや引っ張りは避け、丁寧に扱うよう心がけましょう。特に、帯や小物の取り扱いには注意が必要です。
  • 保管方法:レンタル中の保管方法にも注意が必要です。直射日光や湿気の多い場所を避け、風通しの良い場所で保管しましょう。特に、夏場は湿気が多いため、カビや虫害に注意が必要です。
  • 返却時の確認:レンタル終了後は、返却前に着物の状態を確認しましょう。汚れや破損がないかをチェックし、必要に応じてレンタル店に連絡して指示を仰ぎます。返却時には、元の状態に戻して返却することが求められます。

まとめ

この記事では、夏にぴったりの絽の訪問着について、その特徴や選び方、着こなし術、レンタルのポイントなどを詳しく解説しました。以下に、記事の内容を簡潔にまとめます。

絽と紗の違い

  • 絽は通気性が高く、涼しげな見た目が特徴。
  • 紗はさらに透け感が強く、カジュアルからセミフォーマルな場面で活躍する。

絽の訪問着の特徴と魅力

  • 絽の訪問着は、通気性が高く、涼しげな見た目が特徴。
  • 結婚式やお茶会などのフォーマルな場面で活躍する。

絽の訪問着の選び方

  • 用途に合わせた色や柄を選ぶことが重要。
  • サイズの確認が大切で、身丈や裄丈などをしっかり確認する。
  • 帯や小物とのコーディネートも考慮する。

絽の訪問着の着こなし術

  • 結婚式では華やかな柄と金銀の刺繍が施された帯を合わせる。
  • お茶会では落ち着いた色合いとシンプルな帯を選ぶ。
  • 夏のパーティーでは鮮やかな色とモダンなデザインの帯を合わせる。

レンタルガイド

  • サイズや色、柄の確認が重要。
  • 信頼できるショップを選ぶために、口コミや評判を確認する。
  • 試着サービスを提供しているショップを選ぶと安心。

絽の訪問着は、夏のフォーマルな場面で活躍する着物です。適切な選び方や着こなし術を身につけることで、より一層美しく快適に過ごすことができます。

この記事を参考にして、自分にぴったりの絽の訪問着を見つけ、夏のフォーマルな場面で自信を持って着こなしてください。

未来のあなたが、絽の訪問着を美しく着こなす姿を楽しみにしています。

〈参考記事〉
https://kouei-kimono.com/blog/natumono
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/rokimono/
https://kashikimono.com/content/houmonginoshurui
https://ichiru.net/column/ro-coordinate/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅と菊の花に檜扇の黒振袖【fuk28】

【初めてでも安心】成人式の黒振袖レンタル完全攻略マニュアル

はじめに 成人式は日本の若者にとって人生の大きな節目です。女性がその重要な日を華やかに彩るには、振袖選びは大切なポイントです。そんな振袖の中でも、特に黒の振袖は、古典的かつ現代的な美しさの両方を兼ね備えていることから、多 […]

ひとつ前の記事

ゆめやTOP画像_訪問着イメージ

単衣の訪問着をレンタルで|着用シーンや年代別の着物選びと着こなし術

はじめに 単衣の訪問着のレンタル利用を考えている方、特に初めての方に向けて、この記事ではサイズ選びや色選びに関する不安を解消し、単衣の訪問着を楽しむための基本的な知識をご紹介します。 本記事では主に以下のようなポイントを […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!