七五三イメージ

【初心者向け】七五三はレンタル着物で!選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに

日本の伝統文化を代表する着物は、特別な日に身につけるにふさわしい一着です。中でも子どもたちの成長を祝う「七五三」では、未来への幸せの祈りを込めた特別な着物が用いられます。しかし、着物の選び方や着方は複雑に感じるかもしれません。そこで、この記事では七五三における着物レンタルに焦点を当て、色やデザインの選び方レンタルの手順必要な小物についてわかりやすく解説していきます。親子で一緒にすてきな思い出を作る準備を始めましょう。

三歳の女の子の七五三の着物レンタル

三歳の女の子にとって、初めて迎える七五三は大切な行事です。中には、人生で初めて着物を着るお子さまもいらっしゃることでしょう。この特別な日には、華やかで心を込めた着物が選ばれます。ここでは、三歳の女の子の七五三にぴったりの着物の色被布セットについてご紹介します。レンタルサービスを利用することで、美しい着物を手軽に楽しむことができますので、その選び方のポイントおすすめの色彩について詳しく解説していきます。

三歳の女の子に選ばれる色は?赤やピンク、白の魅力

三歳の女の子七五三の着物には、さまざまな色があります。色によって印象が変わるため、色選びは非常に重要です。その中でも赤、ピンク、白は、明るく温かみのある色合いのために多く選ばれる色です。これらの色は、お子さまの健やかな成長と幸福を願う気持ちを象徴し、お祝いの場に明るい印象を与えます。

  • :赤は元気で活発なイメージがあり、日本の伝統的なお祝いや魔除けの色としても広く用いられます。七五三のようなお祝いの場では、赤い着物が非常に目を引くとともに、お祝いの気持ちを表現することができるでしょう。赤は子どもの生命力や健康を願う色としても知られ、お祝い事に最適な色です。
  • ピンク:ピンクは優しさや愛らしさを表す色で、女の子に非常に人気があります。ピンクの着物は、柔らかさと温かみを感じさせ、お子さまの無邪気さや純粋さを際立たせます。さらに、ピンクは親しみやすさも感じさせるため、家族や親族にも好印象を与えます。
  • :白は清潔感と純粋さを象徴する色で、新しい始まりを意味することから、七五三にも適しています。白い着物は地色がシンプルなため、その上に施される色とりどりの刺繍や装飾が一層際立ちます。また、白はどんな色とも調和しやすく、小物選びでさまざまなアクセントを加えることができます。このため、白は多くの場面で選ばれ、上品で落ち着いた雰囲気を演出します。

被布セットってどんなもの?三歳の女の子のための基本ガイド

被布セットは、三歳の女の子の七五三で特に好まれる着物です。被布セットとは、着物の上に羽織る被布という短い上着の他、着物や長襦袢など着付けに必要なもの一式がセットになっているものです。被布は主に白や赤で作られ、金や銀の糸で縁取りされており、かわいらしさの中にも伝統的な格式を感じさせられます。

  • 素材とデザイン:被布セットの着物や被布は通常、柔らかい絹やポリエステルで作られ、着心地が良いです。デザインには桜や菊といった日本の伝統的な花がよく用いられます。
  • 色と柄の組み合わせ:被布は着物に比べて比較的シンプルで白や赤が基調です。一方で着物は花柄や古典的な模様が入ることで華やかさが増します。着物と被布との色と柄のバランスを考えることで、一層目を引く装いが完成します。
  • 小物類の選び方:小物類も重要で、草履や髪飾りを選ぶ際は着物と被布の色や柄に合わせて選びます。明るい色の髪飾りは特におすすめで、全体の印象を華やかにします。

三歳の男の子の七五三の衣装選び

七五三は、日本の伝統的な節目のお祝いです。三歳の男の子にとっても、初めて着物を体験する機会になるかもしれません。ここでは、三歳の男の子に適した色衣装のスタイルの選び方のポイントを詳しくご紹介します。

三歳の男の子に人気の色は?青や黒、紺の特徴

三歳の男の子の七五三では、女の子と同じ被布の他、が選ばれることもあります。被布や袴に好まれる色には、青、黒、紺があります。これらの色はお子さまの成長を祝う七五三にふさわしく、落ち着きと凛とした雰囲気を演出します。

  • :青は清潔感と知性を象徴し、爽やかな印象を与えます。明るい青は、元気で活発な子どものイメージに合い、袴や被布に使われると、一層の明るさを加えます。
  • :黒は非常に格式高く、正式な場にも適しています。黒い袴や被布は、他の色とのコントラストで美しく映え、お祝いの場で特に格調高い装いになります。
  • :紺は青よりも深みがあり、落ち着いた印象を与えます。袴や被布に用いられる紺色は、知的で優雅な雰囲気になり、格式ある行事にふさわしいです。

これらの色は、七五三での装いを引き立て、お子さまの大切な節目をより特別なものにしてくれるでしょう。

袴と被布のどちらを選ぶ?

三歳の男の子の七五三で迷うのが、袴と被布どちらを選ぶかです。どちらもお子さまの成長を祝うこの特別な日にふさわしいもので、それぞれにかわいらしさやかっこよさがあります。

  • :袴は元々男性の武士が着用していた服装です。羽織袴は大人の和装としてもフォーマルな場面で用いられるため、お祝いごとにぴったりです。足元までしっかり覆うため、動きやすくて元気なお子さまにおすすめ。袴はお祝いの写真に映えるため、特別感が出ます。
  • 被布:被布は着脱が簡単で、小さなお子さまでも着やすいのが特徴です。柔らかくて軽いので、リラックスした七五三を楽しみたい場合や、家族でお祝いの小さなパーティーをする場合に向いています。かわいらしいデザインが多く、優しい雰囲気を出すことができます。

どちらを選ぶかは、以下のように考えてみましょう:

  • お祝いの場の雰囲気:公式なお祝いには袴が良く、リラックスした雰囲気のお祝いの場では被布が適しています。
  • お子さまの快適さ:お子さまが一日中楽しく過ごせるように、快適で動きやすい方を選びましょう。被布は着心地が良く、袴は動きやすいのが特徴です。

どちらを選んでも、七五三にふさわしい衣装です。お子さまが楽しく、その日を過ごせるように、最適な選択をしてあげてください。

五歳の男の子の七五三の着物レンタル

五歳の男の子の七五三は、「羽織袴」を着用する伝統的な機会です。五歳の七五三のルーツになっているのは、袴着と呼ばれる儀式で、男の子はこれを機に袴を身につけることができました。現代では、三歳の七五三にも袴を着ることがありますが、五歳での七五三は、さらに成長した姿を家族や親類に見せることができます。五歳の着物と袴の選び方には、お子さまの成長と健やかな未来への願いが込められています。ここでは、五歳の男の子に最適な着物のスタイル色選びについて詳しくご紹介します。

五歳の男の子におすすめの色は?紺や緑、白の魅力

五歳の男の子の着物としておすすめの色には、紺、緑、白があります。これらの色は、お子さまをより立派に見せ、格式ある場にふさわしい雰囲気を演出します。

  • :紺色は落ち着きがあり、威厳を感じさせる色です。七五三のようなフォーマルな場に最適で、他の小物との調和も取りやすいです。
  • :緑は自然を象徴する色で、生命力あふれる五歳のお子さまにピッタリです。特に明るい緑は、活発で元気な印象を与えます。
  • :純白は清潔感と神聖さを象徴し、特別な日の装いに清らかな印象を加えます。白は他のどんな色とも組み合わせやすく、お祝いの場にふさわしいです。

袴を選ぶときのポイント

五歳の男の子の七五三に袴を選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮することが重要です。袴はお子さまの体型や好み、さらには式の場の雰囲気に合わせて選ぶ必要があります。

  • サイズ選び:袴のサイズはお子さまの体型に合わせて選びます。大きすぎず小さすぎないものが、動きやすく、また見た目にも美しく映ります。
  • 素材とデザイン:素材は動きやすく、肌触りの良いものを選ぶとよいでしょう。デザインについては、伝統的な柄やモダンなデザインが混在していますので、家族の好みや、その日のイベントに合わせて選んでみましょう。
  • 色の選択:色については上述の通り、紺や緑、白がおすすめですが、その他の色も検討する価値があります。色はお子さまの個性を表現する重要な要素です。

このように、五歳の男の子の七五三の着物と袴は、適切な色とスタイルの選択によって、この特別な日をより記念深いものにすることができます。

七歳の女の子の七五三の着物レンタル

七歳の七五三は、女の子が初めて本格的な着物を着る大切な節目です。この年齢での着物選びは、お子さまの成長を祝うとともに、家族にとっても記念すべきイベントとなります。ここでは、七歳の女の子に人気の色小物の選び方に焦点を当てて詳しく解説します。

七歳の女の子に人気の色は?紫や青、ピンクの特徴

七歳の女の子に選ばれる着物の色は、紫、青、ピンクがあります。これらの色は、七五三のお祝いにふさわしく、お子さまの明るい未来と健やかな成長を願う意味が込められています。

  • :紫は高貴で神秘的な印象を与え、格式高いイベントにぴったりの色です。七五三において紫の着物は、特別な日の装いとして非常に好まれ、お子さまの成長を祝う豊かな装飾が施されています。
  • :青は清涼感と穏やかさを感じさせる色で、落ち着いた印象を与える一方で、子どもらしい明るさもあります。特に七五三のような明るいお祝いの場には、青の着物が爽やかな印象を与えてくれます。
  • ピンク:ピンクはかわいらしさと若々しさを象徴する色で、人気です。七五三でピンクの着物を選ぶことで、明るく楽しい雰囲気を演出でき、華やかなお祝いの日にぴったりです。

これらのいろいろな着物は、それぞれに特有の魅力があります。選ぶ色によって、お子さまの個性や家族の希望を表現することができ、記念撮影にも美しく映えるため、思い出に残る一日にするために適した色を選びましょう。

七五三に必要な小物:草履や帯、髪飾りの選び方ガイド

七五三の着物を引き立てるために、草履、帯、髪飾りの選び方が重要です。これらの小物は、見た目の美しさだけでなく、機能性や快適さにも配慮して選びましょう。適切な小物を揃えて、七五三の装いを完成させましょう。

  • 草履:草履は着物のスタイルを完成させる重要なアイテムで、足元の印象を大きく左右します。子ども用の草履は、デザインだけでなく、安定感があり歩きやすいものを選ぶことが重要です。また、着物の色や柄との調和を考え、全体のバランスを美しく保つための色選びが求められます。
  • :帯は特に女の子が着物を着る際に最も目立つ部分の一つであり、選び方が全体の雰囲気を大きく左右します。七五三では、色鮮やかで華やかな柄の帯が好まれますが、お子さまが動きやすいように、柔らかく結びやすい素材を選ぶことも大切です。また、帯の結び方一つで全体の印象が変わるため、事前の準備と練習が重要となります。
  • 髪飾り:髪飾りは着物の華やかさをさらに引き立てる小物です。色と形のバリエーションが豊富な中から、その日の着物に合わせたものを選びます。大きめの花や蝶などのモチーフが人気で、特に七歳の女の子の場合は、髪量に合わせたサイズ感が重要です。また、髪飾りを選ぶ際には、着用する時間が長いことを考え、お子さまが快適に感じる軽さや固定方法も考慮する必要があります。

これらの小物を選ぶ際には、お子さまの快適さと着物との調和を重視することが大切です。そうすることで、七五三を快適に過ごすことができるでしょう。

七五三の着物レンタルの手順とポイント

七五三には、適切な着物を選ぶことが非常に重要です。ここでは、七五三の着物レンタルの手順と、着付けについての重要なポイントを詳しく説明します。

七五三の着物レンタル、予約の方法と手順

七五三の着物をレンタルする際の手順は以下の通りです。

  1. 事前のリサーチ:使用する日の数ヶ月前にはリサーチを始め、お子さまに合ったスタイルや色を考えましょう。Webサイトや店舗を訪れて、どのレンタルショップに依頼するかを決めましょう。
  2. サイズの確認:レンタルショップが決まったら、試着をしに行きます。お子さまのサイズに合わせた着物を選んでみましょう。
  3. 予約:人気のシーズンは特に混み合うため、試着が終わったら早めに予約を入れることが重要です。オンラインまたは電話で予約ができます。
  4. 小物の選定:帯や髪飾りなどの小物も同時に選びます。これらがトータルコーディネートを引き立てます。

ゆめやでは、七五三のお子さまとその兄弟姉妹が一緒に着物を楽しめるレンタルプランを用意しています。このプランでは、小物も合わせて選ぶことができます。プロの助言を聞きながら、ぜひお気に入りの着物を兄弟姉妹一緒に楽しんでみてください。

七五三のお子さま2人、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、ご兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。着物は自由に選ぶことができます。

レンタル着物の着付け、当日の流れと注意点

当日の流れと注意点は以下の通りです。

  1. 早めの準備:当日は予想外に時間がかかることもあるため、予定より早めに準備を始めることをおすすめします。
  2. 着付け:専門のスタッフが着付けを行いますが、自宅で着付けることもできます。本番前に練習をしておくと、当日を安心して迎えることができます。
  3. 撮影:七五三は家族にとって特別な記念日です。着付けが完了したら着崩れる前に写真撮影を行うとよいでしょう。
  4. イベント後のケア:着物はデリケートな素材でできているため、使用後はレンタルショップの指示に従って返却します。

このように、七五三の着物レンタルと着付けには、しっかりとした準備と注意が必要です。事前の計画と準備をしっかりと行うことで、お子さまにとっても快適で、家族にとっても記念に残る一日を過ごすことができます。

また、ゆめやでは七五三を迎えるお子さまだけではなく、お母さまも一緒に着物を着ることができるセットプランを準備しています。せっかくの晴れの日です。お母さまと一緒に七五三の晴れ姿を楽しんでみてはいかがでしょうか。

七五三のお子さま1人とお母さま、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でもお選びいただけます。お母さまは訪問着フルセットの1着となります。着物は自由に選ぶことができ、草履・バッグ等の小物もセットになっているため、安心して依頼いただけます。

七五三のレンタル着物と一緒に揃えたい小物

七五三のお祝いにおいて、着物だけでなく、それを引き立てる小物の選び方も非常に重要です。適切な小物を選ぶことで、着物が一層美しく見え、お子さまの晴れ姿をより際立たせることができます。ここでは、七五三に必要な小物のリストとそれらの選び方レンタルのポイントについて詳しく説明します。

七五三に必要な小物リスト:襦袢、帯締め、帯揚げなどの準備

七五三の装いを完璧にするためには以下の小物が必要です。

  • 襦袢(じゅばん):着物の下に着る下着。肌に直接触れるため、素材や肌触りにこだわり、お子さまが快適に過ごせるものを選びましょう。
  • 帯締め:七歳の女の子が着物を着る際に、帯を固定するための紐。色や素材にもこだわり、着物の色と調和するものを選ぶとよいです。
  • 帯揚げ:七歳の女の子が着物を着る際に、帯の上から見える装飾的な布。色彩や素材で装いにアクセントを加えます。
  • 足袋:着物を着るときは必ず必要になります。サイズが合っているか、また歩きやすいものを選びましょう。
  • 草履(ぞうり):外履きとして用いる履物。お子さまが歩きやすいように軽い素材のものを選ぶことが大切です。

これらの小物は、着物の美しさを引き立てるだけでなく、お子さまの動きやすさを保ちつつ、格式高い装いを実現するために重要です。

小物の選び方とレンタル時のポイント

小物を選ぶ際のポイントは以下の通りです。

  • 全体の調和:小物は着物と調和する色やデザインを選びます。着物が華やかな場合はシンプルな小物を、シンプルな着物の場合は華やかな小物を選ぶと良いバランスになります。
  • お子さまの快適さ:特に足袋や草履は、お子さまが一日中快適に過ごせるよう、サイズや素材に注意を払って選びましょう。
  • レンタルのメリット:レンタルする場合、最新のトレンドに合わせた小物を手軽に選べる上に、購入するよりもコストを抑えられます。また、使用後のメンテナンスや保管の必要がないため、手軽です。

これらのポイントを押さえつつ、七五三のレンタル着物と合わせて、お子さまにとっても家族にとっても特別な日に、ふさわしい小物を選びましょう。

まとめ

この記事では、七五三の着物レンタルに関するさまざまなポイントを詳しく説明しました。お子さまの大切な日を迎えるための着物の選び方、小物の準備、着付けのコツまで触れています。七五三は、お子さまの成長を祝う美しい日本の行事です。この記事を参考にして、その特別な日を快適で思い出に残るものにしましょう。

また、レンタル着物は、好みのスタイルを見つけやすいので、特におすすめです。色やデザインの選び方、小物の合わせ方、当日の流れの計画を立てておくことで、家族全員が喜ぶ記念日を迎えることができるでしょう。家族全員で七五三の記念日を楽しんでみてください。

〈参考記事〉
https://hakama-bijin.com/teacher/knowledge01/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

抹茶色×黒縞模様の振袖【fui25】

【初心者向け完全ガイド】成人式の振袖|ストライプ柄の魅力と選び方

はじめに 振袖は、成人式などの特別なイベントで着用される、日本の伝統的な和装です。その中でもストライプ柄の振袖は、古典的な美しさとモダンなデザインが融合した独特な魅力を持っています。特に若い女性たちに人気があり、個性的で […]

ひとつ前の記事

縮緬に辻が花模様が描かれた、訪問着の中の小紋になります。2枚のきものを1枚に仕立て直した、ゆめやのオリジナルの片身替わりのきものです。

【2024年最新版】白色の訪問着レンタル|活用シーン&コーデ完全ガイド

はじめに 着物は、冠婚葬祭の特別な日に着用されることが多い、日本の伝統的な衣装です。着物にはさまざまな種類がありますが、中でも訪問着は、結婚式や入学式、お宮参りや七五三、入園式や卒園式、観劇やお茶会、各種パーティーなど、 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!