相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式【utk17】

【2023年最新版】白無垢と角隠し: 和風花嫁の正しい選び方

はじめに

結婚式における花嫁の装いと言えば、一般的には白無垢や打掛などの伝統的な和装が思い浮かびます。その中でも特に白無垢は、清楚で上品なイメージがあり、日本の結婚式でよく見かけます。そして、白無垢には「角隠し」というアイテムが密接に関連しています。角隠しとは、文字通り新婦の「角」を隠すための装飾品で、新婦が鬼にならないよう、または鬼から身を守るようという意味が込められていると言われています。

「角隠し」は頭を覆うように巻く白い正絹の布そのものを指しますが、現在では「角隠し」を装着した髪型そのものを指すようになりました。

日本髪の結い方やかつらの形、かんざしのデザインによっても、角隠しの見え方や印象は大きく変わります。結婚式のスタイルによって、どのような角隠しを選べば良いのか、というのは多くの花嫁が頭を悩ませる問題の一つかもしれません。

本記事では、「白無垢と角隠し」をテーマに、角隠しの選び方からその由来、さらにはおすすめの角隠しスタイルについて詳しく紹介します。また、ブライダルヘアメイクサービスでの角隠しの取り扱いについても触れていきます。結婚式の準備で悩んでいる花嫁の方、角隠しについて詳しく知りたいという方、ぜひこの記事を最後までお読みください。

その他にも、角隠しをつける際の注意点や、角隠しを選ぶ際のポイント、さらにはどのような角隠しが市場に出ているのか、その商品一覧などもご紹介します。また、最新のトレンド情報や、結婚式場での角隠しの扱いなど、今月の情報もピックアップしてご紹介します。

本記事を読んで、あなたの結婚式がより一層特別なものになることを願っています。では、早速「白無垢と角隠し」について詳しく見ていきましょう。

角隠しとは?

角隠しとは、日本の伝統的な結婚式で花嫁が日本髪を結った頭に巻く、帯状の装飾品のことを指します。名前のとおり、「角」を「隠す」という役割がありますが、その由来や意味にはさまざまな説があります。

角隠しの由来と意味

角隠しの一番の特徴はその名前にもある「角を隠す」という意味です。これは、角が鬼を表すという古い言い伝えに基づいており、新婦が鬼にならないよう、または鬼から身を守るようにという意味が込められています。また、新婦の前髪を覆い、気がつけばいつの間にか隠れている「角」を示しています。

「角を隠して嫁ぎ先に従う」という意味合いで、昔の女性は嫉妬深かったこともあり、嫉妬の感情から嫁ぐ女性が鬼に変わらないようにという願いも込めて花嫁に被したとも言われています。

角隠しは帯状の布になっており、日本髪「文金高島田」と呼ばれる髪型に合わせることが多く、地毛で日本髪を結いたいと希望される方もいらっしゃいますが、日本髪を結える人が限られていますので、かつらを利用する人が増えています。

角隠しは新婦の姿をより一層美しく見せる役割も果たしています。高さと立体感を持たせることで、全体のバランスを整え、新婦の顔立ちを引き立てます。そして、白無垢や打掛などの華やかな衣装と共に、新婦の美しさを最高に引き立てるアイテムとなっています。

ゆめやでは、上質な正絹の輝きに満ちたアンティーク白無垢をたくさんご用意しています。中でも、「羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式」は圧巻です。オフホワイトのような絹独特の白に、無数の鶴が織り出され、鶴の羽にはグレーやシルバーの加色がほどこされた逸品です。

角隠しを被る際のポイント

角隠しを選ぶ際には、角隠し自体の素材や装飾、白無垢や色打掛、引き振袖の色や柄とのバランスをみて選ばれることをおすすめいたします。

一般的に、角隠しは日本髪の上部に着けることが多いですが、位置によって印象が変わるので注意が必要です。頭の上に高く着けると、全体のバランスが良く、より一層新婦らしさを引き立てます。逆に、頭の後ろに低く着けると、可憐で落ち着いた印象になります。また、顔の形によって角隠しの位置や形状を調整することで、最も美しく見えるスタイルを追求することが可能です。

角隠しの色については、伝統的には白が一般的です。しかし、最近では色付きの角隠しもあり、結婚式のテーマカラーや、打掛の色と合わせるなど、自分の好みに合わせて選ぶことができます。

角隠しを選ぶ際には、自分の好みや結婚式のスタイルはもちろん、ドレスやヘアスタイルとの相性も考えて選ぶと良いでしょう。そして何よりも、角隠しをつけた時に自分が一番輝けるものを選びましょう。

角隠しについて知れば知るほど、その深い意味や美しさに引き込まれることでしょう。

白無垢と角隠しの組み合わせ

花嫁の美しさを引き立てるための装いとして、白無垢と角隠しは絶妙な組み合わせを作り出します。その魅力と、髪型と角隠しの相性について詳しく見ていきましょう。

角隠しと白無垢の組み合わせの魅力

白無垢は、その名のとおり真っ白な装束で、純潔や清らかさを象徴する日本の伝統的な花嫁衣裳です。一方、角隠しは新婦の「角」を隠す役割を果たしながら、新婦の顔立ちを美しく見せる効果があります。この二つが組み合わさることで、洗練された伝統的な美しさが引き立つ一方、新婦自身の個性や魅力も最大限に活かされます。

白無垢と角隠しを組み合わせる際の最大の魅力は、その独特のバランス感です。白無垢は全体が白で統一されているため、一見シンプルに見えますが、刺繍や染め物による細かな装飾が施されています。この繊細な装飾と、角隠しの存在感が絶妙なバランスを作り出します。

角隠しは頭の上に被るため、その存在感が一段と際立ちます。それにより、全体的に見たときに新婦の顔立ちが引き立てられ、その美しさを一層際立たせることができます。また、角隠しは顔の形を整える役割もあるため、新婦の印象をより美しく見せることが可能です。

白無垢と角隠しを組み合わせることで、新婦の優雅さと清楚さが一段と引き立ちます。それぞれが持つ意味や役割が重なり合い、新婦の美しさを最高に引き立てることができるのです。

髪型と角隠しの相性について

髪型と角隠しの相性も、白無垢と角隠しの組み合わせの魅力を最大限に引き立てる重要なポイントです。角隠しを選ぶ際には、髪型とのバランスを考慮することが重要です。

伝統的には、角隠しと一緒に「島田髷」や「文金髷」などの日本髪が組み合わされます。これらの髪型は角隠しと相性が良く、一緒にすることで美しさが引き立ちます。

角隠しの形状や大きさ、位置によっても、髪型とのバランスが変わるため注意が必要です。一般的には、角隠しは頭の上部に着けることが多いですが、髪型や顔の形、全体のバランスによって位置を調整することがあります。

角隠しを選ぶ際には、髪型との相性だけでなく、自分の好みや結婚式のスタイルに合ったものを選ぶことが大切です。また、髪型と角隠しの組み合わせによって、新婦の個性や魅力を最大限に引き立てることが可能です。

白無垢と角隠しの組み合わせは、新婦の美しさを引き立てるための最高の組み合わせです。その魅力と相性を理解し、自分自身に最も合った組み合わせを選ぶことで、一生の思い出となる結婚式をさらに特別なものにすることができるでしょう。

角隠しには欠かせないかんざしのおすすめ3選

角隠しは、結婚式の中でも新婦の印象を大きく左右する要素の一つです。そのため、選ぶ際には自分の好みや、白無垢との相性を考慮に入れることが大切です。ここでは、角隠しの中でも特におすすめの3つのスタイルを紹介します。

べっ甲かんざし

べっ甲は、熱帯に生息するウミガメ・すっぽんの甲羅から作られた工芸品の材料です。日本では江戸時代の頃から、かんざし・メガネのフレーム・櫛・ブローチの材料として使用されています。現在のべっ甲はプラスチックで作られべっ甲柄をあしらったものもありますが、本物のべっ甲は高価なものでもあります。

日本髪に角隠しを巻いたヘアスタイルにはこうした高価な「べっ甲のかんざし」をあしらい上品な雰囲気に仕上げます。今、流行の角隠しや「べっ甲のかんざし」を見てみましょう。

角隠し, 花嫁, ウェディング (pinterest.jp)

地毛で結う日本髪

もちろん、ゆめやにも「べっ甲のかんざし」をご用意しています。本物のべっ甲ではなく、べっ甲調の練り物ですが、しっとりとした色合いと、職人の手作業による彫りが美しいかんざしです。

黄色いべっ甲調の菊の花に珊瑚調の花芯の花嫁かんざし

丸い菊と小菊のべっ甲調花嫁かんざし

色かんざし

色かんざしは、パールやシルバー・ゴールドの素材を使用した華やかな雰囲気のかんざしです。モチーフには「鶴」「鳳凰」「梅」「菊」など結婚式にふさわしいおめでたいモチーフが使用されることが多いです。また、お色も赤やピンク、白を基調としたお花のモチーフのものも白無垢だけでなく、色打掛や引き振袖に合わせることで花嫁の美しさを引き立てます。

白無垢や打掛に合わせたモチーフを選ばれることをおすすめいたします。インスタグラムでは、以下のような色かんざしが人気です。

カツラの花嫁 | Instagram

和装花嫁✨ | Instagram

ゆめやで人気のある色かんざしを二つご紹介しましょう。一つは蒔絵の漆塗り風の赤いかんざしです。昭和初期のものだと思われます。扇型の土台に、梅や竹が浮き出たように細工されています。色打掛や色振袖・黒振袖にお似合いでしょう。

べっ甲調に金や赤の蒔絵の漆塗り風、花嫁かんざし

もう一つご紹介させてください。金色の土台に七宝焼きの小花の細工が輝く、花嫁かんざしです。チェーンや三連ビーズなど、たくさんの下がりものがあしらわれ、喜びに満ちた軽やかな雰囲気です。色振袖や黒振袖のほか、白無垢でもお使いいただけるでしょう。

七宝焼きとゴールドやビーズが輝く花嫁かんざし

かんざしの代わりの髪飾り

独特なデザインの角隠しは、個性を大切にしたい新婦におすすめです。この種の角隠しは、伝統的なデザインから一歩踏み出した、個性的なデザインが特徴です。色使いや形状、装飾など、他の角隠しとは一線を画したものが多く、新婦の個性を最大限に引き立てます。

独特なデザインの角隠しを選ぶメリットは、自分だけのオリジナリティを表現できることです。自分の好きな色や形、装飾を選ぶことで、他の新婦とは違ったスタイルを表現することができます。

Pinterestでは、これら独特なデザインの角隠しも多く紹介されています。さまざまなデザインがあるため、自分の好みに合ったものを見つけるのが楽しいです。また、自分だけのスタイルを追求する新婦からの評価も高く、個性を大切にしたい新婦には特におすすめのスタイルです。

https://i.pinimg.com/originals/44/fb/7c/44fb7c743cc455c9e113461a5fdf796a.jpg

 

ゆめやでもお花の髪飾りをたくさんご用意しています。生花とは違いしおれることがありませんし、本物の花にはないくすみ感が、たおやかな雰囲気をかもし出していて、白無垢はもちろん、今、流行っているヌードカラーの花嫁衣裳にもぴったりと合います。

以上、3つの角隠しに合わせたかんざしを紹介しました。それぞれのスタイルには、それぞれの魅力と特徴があります。自分の好みや結婚式のスタイルに合わせて、最適なかんざしを選ぶことが、一生の思い出となる結婚式をさらに特別なものにすることでしょう。

角隠しの正しいつけ方と位置

結婚式での花嫁の装いに欠かせない角隠しですが、正しいつけ方や位置が分からないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、その正しいつけ方と位置について詳しく紹介します。

角隠しの正しいつけ方の紹介

角隠しは、その名のとおり新婦の「角」を隠すためのものです。この「角」とは、頭頂部のこめかみにあたる部分を指し、ここに綿帽子や布をかぶることで、新婦の怒りや嫉妬の感情を隠すという意味があります。

角隠しをつける際は、まず髪をしっかりとまとめることが大切です。角隠しは、その上から被る形になるため、基本的に髪型は島田髷や文金高島田など、結婚式に適した日本髪にします。しかし、ショートヘアの場合や、洋髪を選ぶ場合などは、ヘアスタイルに合わせてアレンジが可能であるか、事前に相談することをおすすめいたします。

地毛での日本髪が難しい場合には、日本髪のかつらを利用する方法があります。頭の大きさに合わせたかつらにはサイズもありますので、必ず試着してお選びください。

角隠しを被る際には、前後左右のバランスを意識することが大切です。角隠しは顔を包むように被るため、左右のバランスが取れていないと不自然に見えてしまいます。また、角隠しは頭のてっぺんよりやや前方、眉間くらいの位置に来るように調整します。この位置に来ることで、顔全体を優しく包むことができ、新婦の美しさを一層引き立てることができます。

角隠しを横から見て、前が水平で後ろ上がりになるよう弓形の線を描くことが美しいラインと言われています。また、後方から見ると、「入」の文字のように右端が重なり、日本髪の鬢(びん)が上下左右のバランスよく見えるのがポイントです。鬢(びん)とは耳のきわの左右側面の髪のことを言います。

角隠しの位置の重要性

角隠しの位置は、新婦の印象を大きく左右します。角隠しを被る位置が高すぎると、新婦の顔が長く見えてしまう可能性があります。逆に、低すぎると顔が丸く見えてしまうこともあります。

また、角隠しを正しく被ることで、顔全体のバランスが整い、顔立ちが引き立ちます。特に、白無垢との組み合わせでは、新婦の清楚な美しさを引き立てることができます。

さらに、角隠しの位置が正しくないと、頭部に違和感を感じることもあります。不快感があると、新婦自身がリラックスできず、結婚式を楽しむことが難しくなります。そのため、角隠しの位置は快適さの観点からも重要となります。

以上のように、角隠しのつけ方と位置は新婦の印象を大きく左右します。結婚式は人生の一大イベントです。自分に最も合った角隠しのつけ方と位置を見つけて、最高の一日を迎えましょう。

神社挙式など和婚での角隠し選び

和婚・和装専門店での角隠しの選び方

結婚式の準備には多くの項目がありますが、その中でも花嫁の装いは非常に重要なポイントとなります。特に、和婚を選ぶ場合の、白無垢や打掛、そして角隠しの選び方は、専門の衣装店を利用して確認することが一般的です。ここでは、ブライダルサービスを活用して角隠しを選ぶ際のポイントを紹介します。

まず、角隠し選びの基本として、自分の顔型や髪型、そして着る予定の衣装とのバランスを考えることが重要です。角隠しは結婚式の印象を大きく左右しますので、自分に最も似合うデザインを選びましょう。そのためには、サービス提供者とのしっかりとしたコミュニケーションが不可欠です。

和装専門店では、専門のスタッフが対応してくれるため、自分の希望をしっかりと伝え、相談することが大切です。また、実際に角隠しを試着し、自分の顔立ちや衣装とのバランスを確認することもおすすめです。

さらに、貸衣装店など和婚専門店を利用する際は、提供されるサービス内容を確認することも重要です。角隠しのレンタルだけでなく、ヘアメイクや衣装の準備、さらには当日の着付けまで対応してくれる場合もあります。自分のニーズに合ったサービスを提供してくれるかどうかを、しっかりと確認しましょう。

白無垢と角隠しを選ぶ際の注意点

角隠しのサイズ選びのポイント

結婚式の白無垢と角隠しを選ぶ際に、角隠しのサイズ選びは非常に重要なポイントとなります。自分の頭の形や大きさに合った角隠しを選ぶことで、美しく自然な形で着用することができます。

まず、角隠しを選ぶ際は、自分の頭のサイズをしっかりと測ることが大切です。それにより、角隠しが頭にピッタリとフィットし、結婚式中にズレる心配がなくなります。

次に、角隠しの高さも確認しましょう。角隠しは顔の印象を大きく左右しますので、自分の顔の形や特徴に合わせて、高さを選ぶことがおすすめです。たとえば、顔が丸みを帯びている方は高さのある角隠しを選ぶと、全体的なバランスが良くなります。

また、角隠しの素材にも注目が必要です。布質によっては肌に合わず、結婚式中に肌荒れを引き起こす可能性もあります。そのため、敏感肌の方は、肌に優しい素材の角隠しを選ぶことをおすすめします。

和装と角隠しの色やデザインの組み合わせについて

和装と角隠しの組み合わせは、結婚式の印象を大きく左右します。特に、白無垢と角隠しの色合わせは非常に重要なポイントとなります。

白無垢には白無地の角隠しのほか、金糸や銀糸・白色の刺繍があしらわれたものもあり、白無垢のデザインに合わせて選ぶのも良いでしょう。また色打掛に角隠しを合わせる場合は、白を基調としたものを合わせるのはもちろん、淡い色目の角隠しや、表が白で裏地が赤の角隠しを組み合わせても個性が出ます。

また、角隠しのデザインにも注目しましょう。伝統的な模様の角隠しは、結婚式の格式を高めます。一方で、シンプルなデザインの角隠しは、モダンで洗練された雰囲気を演出します。結婚式のテーマや自分の好みに合わせて、適したデザインを選びましょう。

さらに、角隠しと髪型の相性も忘れてはなりません。たとえば、高い位置で結った髪型には、高さのある角隠しを合わせると、バランスがとれます。また、髪飾りと角隠しの組み合わせも考えると良いでしょう。全体のコーディネートを考え、最適な角隠しを選んでください。

白無垢と角隠し選びは、花嫁の美しさを引き立てる大切な要素です。自分にぴったりのアイテムを見つけ、一生の思い出となる結婚式を演出しましょう。

アンティークきもの ゆめや の婚礼衣装 も、ぜひご覧ください。

まとめ

記事の要点の再確認

本記事では、結婚式で花嫁が被る「角隠し」について解説しました。角隠しは、その形と色、そして身につける位置によって、花嫁の美しさを引き立てる重要なアイテムです。

初めに、角隠しの由来と意味を紹介しました。角隠しは、花嫁の頭上の角を隠し、人間の欠点や悪魔から身を守る役割を持つとされています。角隠しを被る際のポイントとしては、日本髪に合わせて適切な位置につけることが重要です。

次に、角隠しと白無垢の組み合わせについて説明しました。角隠しは白無垢のシンプルな美しさを引き立て、全体のバランスを整えます。また、髪型と角隠しの相性も重要で、自身の顔の形や印象に合わせた髪型を選ぶことで、角隠しも引き立ちます。

そして、おすすめの角隠しに合うかんざしを3つ紹介しました。べっ甲かんざし・色かんざし・花などをあしらったかんざし以外の装飾。それぞれの特徴やメリットを理解し、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

角隠しの正しいつけ方と位置についても触れました。角隠しのつけ方は、自身の頭の形に合わせて適切な位置につけることで、美しく見えるだけでなく、結婚式中も安定した装いを保つことができます。

神社挙式や和婚専門店での角隠しの選び方についても紹介しました。自身の好みや結婚式のテーマに合わせて角隠しを選び、和装専門の衣装店が提供する試着の機会を活用することで、最適な角隠しを見つけることができます。

最後に、白無垢と角隠しを選ぶ際の注意点について解説しました。角隠しのサイズ選びや、和装と角隠しの色やデザインの組み合わせについての知識は、自分にぴったりの角隠しを選ぶ際に役立ちます。

読者へのメッセージ

結婚式は一生に一度の特別な日です。その日のために選ぶ白無垢と角隠しは、花嫁を最高に美しく見せるための大切な要素です。この記事が、皆様が自分にぴったりの角隠しを見つける一助となれば幸いです。

角隠し選びは、自身の好みや体型、そして結婚式のスタイルやテーマによって変わります。まずは、自分自身がどんな花嫁になりたいのか、どんな印象をゲストに持ってもらいたいのかを明確にし、そのイメージに合った角隠しを選ぶことが大切です。

一生に一度の特別な日、その美しさを最高に引き立てる角隠し選びを、ぜひ楽しんでください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ベージュと茶色のまだら模様のショール【swl018】

【2024年最新】成人式用ファーショール単品レンタルの完全ガイド

はじめに 成人式は、若者にとって一生に一度の特別な節目です。この日、多くの方が着物や振袖を着用し、その装いをさらに美しく見せるために、ファーショールやアクセサリーを選ぶことが一般的です。 特にファーショールは、その豪華さ […]

ひとつ前の記事

色とりどりの鶴舞う黒留袖【tom11】

留袖レンタル実績300件以上!相場と選び方の最適解

はじめに 留袖と言えば、日本女性の正装であり、結婚式やお宮参り、式典などのフォーマルな場で着用されることが多い着物です。ですが、留袖を自宅に保有している方は少なく、また高価なため購入をためらう方も多いでしょう。そこで便利 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!