相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式2

白無垢メイク: 結婚式と前撮りで使える!花嫁必見の和装メイクテク

はじめに

白無垢メイクとは何か?

"メイク"と聞くと、日常の化粧を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、ここで言う"白無垢メイク"とは、普段のメイクとはまた少し違った特徴を持つ化粧のことを指します。白無垢とは文字通り「白く無垢」な日本の伝統的な花嫁衣装で、その名のとおり真っ白な着物が特徴です。白無垢メイクとは、この衣装に合わせたメイクアップのことを指します。

その特徴を一言で表すのであれば「白塗り」です。その名のとおり肌を白く塗り上げることで和装の雰囲気と調和させつつ、花嫁の美しさを引き立てるのが白無垢メイクのポイントです。しかし、ただ単に白く塗れば良いわけではありません。白塗りは「平面的」に見せがちな効果があるため、しっかりと「立体感」を出すためのテクニックが求められます。

具体的には、ベースメイクでは自然な白さを出すために、一般的には水化粧を使用します。そして、白い肌に映えるように、アイメイクや口紅はくっきりとした黒系や赤系の色を用いることが多いです。特に目元は、アイシャドウやマスカラ、アイライナーを用いてしっかりと際立たせ、顔の中でも最も印象的な部分となるよう意識します。

その一方で、チークは控えめに。自然な血色感を出すために少しだけピンクや赤を入れますが、あくまでも控えめに、全体の白さを損なわないようにします。また眉はキリッと濃く、しっかりと形を描くことで白い肌に映える印象的な眉を作り上げます。

白無垢メイクは一見シンプルながら奥が深く、伝統的な美しさを現代の花嫁の姿にもしっかりと投影させるためには、専門的な知識と技術が求められます。そのため、普段自分でメイクをするときとは違い、プロのヘアメイク担当者に任せるのがベターかもしれません。

この記事の目的とは?

この記事の目的は、白無垢メイクについて理解を深め、白無垢メイクを成功させるためのポイントを知ることです。結婚式という特別な日、せっかく白無垢という特別な衣装を着るのであれば、それに相応しいメイクをしっかりと仕上げたいものです。しかし何も知らない状態から始めるとなると、どのようなメイクが良いのか、どのような準備をすれば良いのか、といった疑問が湧いてきてしまうものです。

そこで、この記事では白無垢メイクについての基本的な知識から、実際に白無垢メイクをする際のポイント、さらには成功例や失敗例の紹介まで、白無垢メイクについての情報をまとめてご紹介します。そのほか、和装や洋装との組み合わせについても触れていきます。

記事の最後には紹介した内容をまとめ、白無垢メイクを成功させるためのチェックリストも掲載しています。読者の皆さんがご自身で白無垢メイクを計画する際、またはプロのヘアメイクの担当者さんと打ち合わせをする際に参考になればと思います。

結婚式は一生に一度の特別な日です。花嫁さんが一番輝く白無垢メイクについての知識と技術を、ぜひこの記事を通して身につけてください。この記事が素敵な一日を迎えるための一助となることを願っています。

白無垢メイクの基本とその特徴

白無垢メイクと普段のメイクの違い

皆さんの中には、普段から化粧を楽しむ方もいらっしゃるでしょう。特に女性は自分の好みやその日の気分、ファッションに合わせてメイクを変えて楽しむのは日常的なことです。しかし今回ご紹介する白無垢メイクは、そのような普段のメイクとは一線を画すものです。それは一体なぜでしょうか。

まず大前提となるのが、そのシチュエーションです。白無垢メイクは、結婚式という特別な日のためのもの。一生に一度の大切な時間を美しく彩るためのメイクです。普段のメイクがその人の好みやトレンドを反映するのに対して、白無垢メイクは花嫁さんの美しさを最大限に引き立てる、さらに日本の伝統的な和装である白無垢と調和するための技法が求められます。

普段のメイクでは自然な肌の色を活かしつつ、自分の個性や好みを表現するためにさまざまな色彩を使います。しかし白無垢メイクでは、特徴的な白塗りが基本となります。そのため、ベースメイクをしっかりと施した上で、肌は平面的に白く塗り上げられます。これが、白無垢メイクの最も大きな特徴と言えるでしょう。

また、普段のメイクで重要視される「自然さ」は白無垢メイクでは少し控えめになり、その代わりに「華やかさ」が重視されます。そのため、アイメイクや口紅には、白い肌に映える黒や赤といった強い色が用いられます。

普段のメイクと白無垢メイクの違いは、その目的と求められる美しさの違いに由来します。いつもと勝手の違う白塗りメイクですが、そのシチュエーションに合った美しさを引き出すためのメイクであるということを理解することが大切です。

白無垢メイクの特徴とその意味

それでは、白無垢メイクの具体的な特徴について詳しく見ていきましょう。

先ほども触れましたが、白無垢メイクの最も大きな特徴は「白塗り」です。これは白無垢という名のとおり、真っ白な着物を着る花嫁さんがその衣装に合うように肌を白くするためのものです。白い肌は清純で美しい花嫁のイメージを象徴し、また和装にもよく合います。

その白い肌に映えるように、アイメイクや口紅には黒や赤などの強い色が用いられます。特に目元と唇は白い肌とコントラストを出すよう、しっかりと色をつけることがポイントです。目元には黒や茶色のアイシャドウとアイライナーを使用し、眉も白い肌に映えるように太くしっかりと描きます。そして唇には、目元とバランスを取るために真っ赤な口紅が塗られます。

白無垢メイクはこのように、その基本的なテクニックとして「白塗り」を採用し、それに合わせて強い色のアイメイクや口紅を使用します。しかしただ白く塗り、色をつければ良いわけではありません。それぞれのパーツにその役割と意味があります。

例えば白塗りは清純さを表現するだけでなく、顔全体をキャンバスのようにして、その上に色をのせるための基盤となります。強い色のアイメイクや口紅は、白い肌に映えて顔に動きをつけ、花嫁の美しさを一層引き立てる役割を果たします。

白無垢メイクは、和婚のシチュエーションに合わせた特別なメイクであり、その特徴と意味を理解することで、その美しさをより深く理解することができます。またそれぞれのパーツの役割を理解することで、白無垢メイクの全体像を把握し、より良い仕上がりに繋げることができます。

白無垢メイクの手順とポイント

ベースメイクのやり方と必要なアイテム

白無垢メイクの最初のステップは、肌をきれいに整えるベースメイクから始まります。この時点で肌をしっかりと整えておくことで、その後のアイメイクやリップなどが映え、全体のメイクの完成度がぐっと上がります。

まずはじめに、ベースメイクのアイテム選びについてご説明します。通常のメイクでは自分の肌色に合わせたファンデーションを使いますが、白無垢メイクの場合は、おしろいや白いファンデーションを使用します。水で溶かして使用するおしろい(水化粧)や、液状の白いファンデーションなどが一般的です。また、しっかりと肌をカバーするためにプライマーなどの化粧下地も大切です。

それでは、具体的な手順について見ていきましょう。まずはクレンジングと洗顔を行い、肌をきれいにします。次に、化粧水と乳液で肌を整えます。これらのスキンケアは、メイクのノリを良くするために欠かせません。

その後は、プライマーを全体に薄く塗ります。これは肌とメイクの間に薄い膜を作り、メイクを肌になじみやすくしてくれます。プライマーを塗ったら、次は白いファンデーションを塗ります。ファンデーションは、スポンジやブラシを使って全体に均一に伸ばします。また、頬の部分は少し厚めに塗ることで、立体感を出すことができます。

白いファンデーションを塗った後は、おしろいを塗ります。これは白さをより強調し、肌をマットに見せるためのものです。おしろいを塗る際は、大きめの刷毛を使って軽く払うようにします。目元や鼻の周りなどの細かい部分は小さめの刷毛を使うと塗りやすいでしょう。

最後に、薄いピンクのチークを頬の高い部分に軽くのせます。これは血色感を出すためのもので、自然な感じに仕上がります。あくまで控えめに、そして均一にのせることがポイントです。

アイメイク・リップの色選びとそのコツ

白無垢メイクの次のステップは、アイメイクとリップの色選びです。白い肌に映える色選びは、全体のメイクの完成度を左右します。

アイメイクについては、黒や茶色を基本とし、アイライナーとアイシャドウで目元を強調します。白い肌に映え、また和装にも合う色味です。ただし色味が極端に強すぎると印象が硬くなるため、濃さは控えめにします。アイシャドウは目のくぼみに沿って塗り、目元に深みを出すのがポイントです。

リップについては、口紅の色は真っ赤が基本です。これも、白い肌に映え、華やかな印象を与える役割があります。ただしこちらもあまりに濃いと浮いてしまうので、程よい濃さに調整します。

これらの色選びのポイントは、「白い肌に映える色を選ぶ」ことと、「全体のバランスを見る」ことです。白い肌に映える色を選ぶことで、目元や唇が引き立ちます。また全体のバランスを見ることで、強すぎず弱すぎない、ちょうど良い印象のメイクに仕上げることができます。

3つのポイント:眉、ヘアメイク、ヘッドドレス

白無垢メイクにおいてほかに3つのポイントを挙げるとすれば、「眉」「ヘアメイク」「ヘッドドレス」です。

眉は顔の印象を大きく左右します。白塗りに映えるよう、眉はくっきりと濃いめに描きます。形もしっかりと描くことで、印象的な眉を作り出します。白塗りとのバランスがポイントです。

ヘアメイクは、全体のスタイルと調和することが大切です。白無垢の場合、髪型は伝統的な日本髪が一般的ですが、近年は洋髪をアレンジしたスタイルも増えています。どちらにせよ、メイクと調和し、また和装の雰囲気を壊さないようにしたいものです。

ヘッドドレスもまた、全体のスタイルと調和することが大切です。伝統的な和装の場合は、簪(かんざし)や冠などを用います。洋髪の場合は、ヘアアクセサリーを用いることもあります。

ゆめやでご用意している髪飾りやかんざしは、たくさんございますので、伝統的にも、ちょっとカジュアルにもお使いいただけます。いくつか見てみましょう。

丸い菊と小菊のべっ甲調花嫁かんざし

左の画像は、山吹色のべっ甲調の花嫁かんざしです。菊の花が艶々と輝き、花芯にはパール調の細工が施してあります。黄色いべっ甲は独身女性が身に着けるものとされており、結婚後は茶色や黒のべっ甲を着けることが推奨されています。こんなにたくさんの黄色いべっ甲を着けるのは、独身最後の日だからでしょうか。ほかにも花嫁かんざしはたくさんありますので、ぜひご覧ください。

眉・ヘアメイク・ヘッドドレス、これら3つのポイントを押さえて全体のメイクと調和することも、白無垢メイクの成功への道しるべとなるでしょう。

白無垢メイクの成功例と失敗例

成功例の紹介とそのポイント

白無垢メイクの成功の秘訣としては、第一には肌の美しさが挙げられます。美しく整えられた白い肌は、白無垢メイクの要となる部分です。白い肌は清純な美しさを表現し、また着物の色や柄が引き立つ基盤となります。

白無垢メイクが成功した花嫁さんの実例を見ると、まずベースメイクがしっかりと施されています。肌がしっかりと整えられていることで、その後のメイクもうまくのり、持続性も高まります。おしろいは均一に塗られ、肌は平面的に美しく仕上がっています。

アイメイクも成功のための大きなポイントです。黒や茶色のアイライナーとアイシャドウが適度に使用され、目元に深みと強調が加えられています。また、眉もくっきりと描かれ、全体のバランスを保っています。

口紅についても、きれいに完成した人はしっかりと色がのっています。白い肌に映える真っ赤な口紅が、華やかさを引き立てています。色むらがなく美しく塗られていることも成功のポイントです。

また、全体のバランスも大切な要素です。目元、眉、口元、そして肌、全てが調和し、一つ一つが適度に強調されているのが、成功例の特徴です。

失敗例の紹介とその避け方

一方、失敗例としてよく見られるのは、肌のトーンが不均一になってしまっているケースです。白無垢メイクの醍醐味である白い肌がまばらな色合いになってしまうと、全体の美しさが損なわれてしまいます。また、白いファンデーションやおしろいが厚塗りされてしまうと、肌がパサついたり化粧が浮いて見えたりする可能性もあります。このような問題を避けるためには、ベースメイクを丁寧に行うことが大切です。

また、アイメイクやリップが強すぎる、あるいは弱すぎるケースも失敗例と言えます。強すぎると全体が重たく見えてしまい、逆に弱すぎると白い肌に映えず、顔全体がくすんで見える恐れがあります。これを避けるためには、適度な色味と濃さを心掛け、全体のバランスを見ることが重要です。

さらに、顔だけでなく全身のバランスも考慮することが大切です。髪型やヘッドドレス、着物とのバランスが取れていないと全体の調和も崩れてしまいます。特にメイクと髪型のバランスは顔全体の印象を大きく左右します。事前にヘアメイクの担当さんとも打ち合わせを行い、全体のイメージを共有するようにしましょう。

難しいイメージのある白無垢メイクも、その手順やポイントを押さえることで美しく成功させることが可能です。失敗しがちな点を学び、その回避法を知っておくことで、本来の白無垢メイクの美しさを引き出すことができるはずです。

あわせて読みたい関連情報と記事

白無垢メイクに関連するおすすめのブログとコラム

白無垢メイクについてさらに詳しく知りたい方、自分のスタイルを探している方には、さまざまなブログやコラムの記事をご覧いただくことをおすすめします。実際の花嫁の体験談やプロのメイクアップアーティストによるアドバイス、そして最新のトレンドなど、多くの情報が紹介されています。

例えば「白無垢メイクで心掛けたい○つのポイント」といった内容のブログ記事などでは、白無垢メイクを成功させるための具体的なポイントが紹介されています。肌のケアから眉の形、アイメイク、口紅の選び方、そして全体のバランスまで詳しく解説されています。こうした記事を読むことで、白無垢メイクについての基本的な流れを理解したり、真似してみたいアイデアも得られるかもしれません。

ウェディング関連のコラムサイトなどでも、白無垢メイクについての特集記事が掲載されています。最新のメイクトレンドや、季節に合わせたメイクの提案、さらにはメイクアップアーティストのインタビューなどに合わせて、白無垢メイクについても学ぶことができます。

こうしたネット上のブログやコラムを活用することで白無垢メイクに対する理解を深め、自分に合ったスタイルを見つけることができます。

pinterestなどの人気の白無垢メイク画像ギャラリー

また、pinterestなどの画像共有サイトにも、白無垢メイクの実例がたくさん掲載されています。花嫁さん自身やメイクアップアーティストなどが白無垢メイクのスタイルをシェアしており、豊富な画像からインスピレーションを得ることができます。

pinterestでは、全国から投稿された美しい白無垢メイクの画像を見ることができます。伝統的なスタイルから斬新なスタイルまで多くのバリエーションがあり、それぞれのメイクに独自のアイデアやテクニックが盛り込まれています。こうした画像を見て、自分の理想のメイクを具体化させることが可能です。

結婚式場やメイクアップアーティスト、美容院などのウェブサイトでも、結婚式のメイクについての画像がシェアされています。白無垢メイクのほかに色打掛や洋装のメイクも見ることができ、和装と洋装のメイクの違いを比較することもできます。花嫁さんが自分の結婚式の準備過程を綴っているブログなどもあるため、メイクだけでなくヘアスタイルや衣装選びなど、結婚式全体の準備についても詳しく知ることができます。

これらのサイトを利用することで、白無垢メイクの画像が豊富に見つかり、自分の理想とするメイクをより具体的にイメージすることができます。ほかの花嫁さんの経験やアイデアを学び、自分だけの白無垢メイクに昇華させることもできるかもしれません。

白無垢と和装、洋装のウェディングドレスとの組み合わせ

白無垢と和装の組み合わせの特徴とスタイル

日本の伝統的な結婚式では、白無垢と白無垢以外の和装の組み合わせもよく見られます。一日の中で2種類の衣装を着用するという形で行われることが多く、その一つが白無垢で、もう一つが色打掛というパターンです。

白無垢は日本の伝統的な結婚式でも最もフォーマルな衣装であり、花嫁が一生に一度だけ着ることを許される特別な衣装です。一方、色打掛は色鮮やかで美しい刺繍や柄が特徴的な衣装です。これら二つの衣装を結婚式に取り入れることで、結婚式の中に異なる雰囲気を取り入れることができます。

ゆめやでは、白無垢と黒引き振袖や、白無垢と色打掛など、二つの花嫁衣裳を選んでいただけるプランをご用意しています。サイトに掲載された、どの衣装でも均一料金ですし、東京店に無料試着に来ていただければ、実際の着物を試着したうえで、小物も選んでいただけます。ぜひ試着をご予約ください。

和装のメイクは、白無垢に合わせたメイクから少しアレンジを加えることで、色打掛にもマッチします。白無垢メイクが落ち着いた雰囲気を持つ一方で、色打掛メイクではより華やかさも演出できます。色打掛を着る際にはアイシャドウや口紅の色を少し濃くするなど、全体のバランスを考えながら変化をつけると良いでしょう。

先述のとおり、和装メイクは洋装メイクとは異なり特に白塗りが必要な場合があります。そのため、プロの化粧師にメイクを任せるのが一般的です。結婚式の中で白無垢と色打掛を着替える場合、衣装の着替えと同時にメイクを整えてもらう必要があります。

白無垢と洋装のウェディングドレスの組み合わせの特徴とスタイル

一方、白無垢と洋装のウェディングドレスを取り入れるスタイルも人気があります。このスタイルは、伝統的な和装とモダンな洋装を一日の中で楽しめるという魅力があります。

白無垢とウェディングドレスの組み合わせでは、メイクもそれぞれの衣装に合わせて変化させなければいけません。白無垢メイクは先ほど説明した通りですが、ウェディングドレスのメイクでは、より自然な肌の色を活かしたメイクが基本となります。

ウェディングドレスにはナチュラルメイクやソフトなメイクが一般的です。ただドレスのデザインや花嫁さんの好みによっては、ボールドなアイメイクやビビッドなリップカラーを取り入れるのも良いでしょう。

白無垢とウェディングドレスの2種類を着用するフォトウェディングのポイント

白無垢とウェディングドレスの両方を着用するフォトウェディングも人気があります。このスタイルは、一つの場所で異なる2つの衣装とメイクを楽しめるという特徴があります。

フォトウェディングの場合もそれぞれの衣装に合わせてメイクを変化させる必要がありますので、無理なくスムーズに移行できるメイクを考えておくことが重要です。白無垢メイクの基本的な部分はそのままに、リップカラーやアイシャドウを変えることで洋装のウェディングドレスに合ったメイクにするなどの工夫が求められます。

撮影のスケジュールも考慮に入れる必要があります。白無垢からウェディングドレスへの衣装替え、そしてメイクの色直しにはまとまった時間を要するため、撮影スケジュールを立てる際には十分な時間を確保しておくことが大切です。

以上のように、白無垢と和装、洋装のウェディングドレスの組み合わせはそれぞれに特徴があります。一日の中でさまざまな衣装とメイクを楽しむことで、自分だけの特別なウェディングスタイルを創り上げることができます。それぞれの衣装のスタイルに合ったメイクが、その特別な日を一層輝かせてくれるでしょう。

まとめ

白無垢メイクを成功させるための最終チェックリスト

これまでに説明してきた通り、白無垢メイクは伝統的な技法と現代のメイクに関する技術や知識が組み合わさった、非常に繊細なメイクです。以下に、白無垢メイクを成功させるための最終チェックリストをまとめてみました。

1. プランニング:メイクは結婚式の当日だけでなく、事前の準備も欠かせません。どのようなメイクにしたいか、どのようなイメージを持つかを明確にすることが必要です。事前に美容師やプロのメイクさんと話し合って、自分の好みやイメージをしっかりと伝えることも大切です。

2. ベースメイク:白無垢メイクの基本である白塗りは、肌にしっかりと密着させることが大切です。また、白塗りが厚塗りにならないように注意しましょう。

3. アイメイクとリップ:アイメイクは目元を引き立て、リップは口元を美しく見せる重要な要素です。色選びや塗り方にも注意が必要です。

4. 眉メイク:白無垢メイクでは、眉メイクが非常に重要です。眉は顔の印象を大きく左右しますので、しっかりと形を整え、色を調整しましょう。

5. メイクのチェック:メイクが完成したら、全体のバランスをチェックします。全体の雰囲気や、それぞれのパーツが自然に見えるか確認しましょう。

これらのポイントを押さえ、自分のイメージに合ったメイクを作り上げることで、一生の思い出に残る結婚式をより美しい姿で迎えることができるでしょう。

白無垢メイクをより美しく演出するためのサービスや情報

白無垢メイクに関して、美容室をはじめとする各所で提供されているサービスや情報をいくつかご紹介します。

メイクアップレッスン:一部の美容室では、白無垢メイクのレッスンを行っています。自分でメイクをすることに自信がない方や、より深く知りたい方は、このようなレッスンを利用してみてはいかがでしょうか。

プロによるメイクアップサービス:また、美容室やブライダルサロンでは、結婚式当日のメイクをプロのメイクさんが担当するサービスを行っています。このようなサービスを利用すれば、プロの技術による美しいメイクで安心して式本番に臨むことができます。

ウェディングメイク商品の特価販売:ウェディングシーズンには、ウェディングメイクの専門商品が特価で販売されることがあります。自分でメイクをする際には、ウェディングメイクに特化した商品を使うのが良いかもしれません。

このようなサービスや情報の活用により、白無垢メイクをより美しく、より魅力的に見せることができるでしょう。特別な一日のために、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事:

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ベージュと茶色のまだら模様のショール【swl018】

【2024年最新】成人式用ファーショール単品レンタルの完全ガイド

はじめに 成人式は、若者にとって一生に一度の特別な節目です。この日、多くの方が着物や振袖を着用し、その装いをさらに美しく見せるために、ファーショールやアクセサリーを選ぶことが一般的です。 特にファーショールは、その豪華さ […]

ひとつ前の記事

おしゃれな白無垢の選び方とコーディネート方法を徹底解説

はじめに 白無垢とは何か 白無垢(しろむく)とは、文字通り「純白の無垢なるもの」を意味します。日本の伝統的な結婚式、特に神前式で花嫁が着用する、真っ白で美しい和装の一種です。その「白」は花嫁の純潔と清らかさを象徴し、また […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!