唐織の松に鶴、花々と御所車の色打掛一式【utk10】

【2024年最新版】白無垢か色打掛: 結婚式でどっちを選ぶべき?

はじめに

白無垢と色打掛についての基本的な知識

日本の伝統的なウェディングスタイルに興味のある方、あるいはこれから結婚式の準備を始める花嫁さんに向けて、今回は日本の伝統的な衣装である白無垢と色打掛に焦点を当て、その美しさや特徴、選び方などについて紹介したいと思います。

はじめに白無垢と色打掛とは何か、その違いについて説明します。白無垢とは文字通り「無垢」、つまり純粋無垢を象徴する真っ白な着物で、日本の結婚式で花嫁が着る伝統的な婚礼衣装です。白無垢は清らかさと純粋さを表現しており、室町時代から用いられてきたこの衣装は花嫁が嫁ぎ先の家族に対して「一人前の妻として家風に染まる」という意志を表す象徴でもあります。一方の色打掛は披露宴や色直しの際に花嫁が着ることの多い華やかな着物で、その多彩な色と模様が特徴です。白無垢が純白でシンプルなデザインなのに対して、色打掛は豊富な色彩と複雑な模様が魅力となっています。色打掛にはよく鶴や亀、松など縁起のいい模様が豊かな色彩の刺繍で描かれます。

白無垢と色打掛それぞれに魅力があり、どちらを選ぶかは自分の好みや結婚式のスタイル、場所、季節などによって変わります。結婚式の流れの中で、白無垢を挙式時に、色打掛を披露宴の色直し時に着るという方法もあります。また、前撮りやフォトウェディングであれば自分が着たいものを選べるので、一生に一度の特別な日にふさわしい衣装を選ぶようにしましょう。

結婚式の準備を進めていく上で、衣装選びは花嫁にとって重要なポイントの一つです。自分が主役の特別な日には、自分が一番美しく映える衣装を選びたいですよね。そのためには、自分がどんなスタイルの結婚式を挙げたいのか、どんなイメージでその日を迎えたいのかをしっかりとイメージすることが大切です。

自分の結婚式について考えるとき、どんなウェディングドレスを選ぶか、どんな場所で挙式を挙げるか、どんな振袖を選ぶか、どんな写真を撮るか、どんな髪型や小物を合わせるかなど、考えることはたくさんあります。そしてそれら一つ一つが結婚式を作り上げる大事な要素となります。

この記事では、白無垢と色打掛の基本的な知識からそれぞれの特徴、選び方、ウェディングドレスとの組み合わせ方まで、花嫁さんが知っておきたい白無垢と色打掛のお話をご紹介します。記事を読んだ花嫁さんに、特別な日を迎えるための準備の一助にしてもらえれば幸いです。どんな結婚式を挙げたいのか、どんな衣装を着たいのか、その選択は花嫁さん次第ですが、その選択をするためには適切な情報が必要です。

記事を読み進めて、自分にぴったりの白無垢と色打掛を見つけてみてください。それぞれの特徴と魅力を理解し、ご自身が一番輝く衣装は何なのかを見ていくことにしましょう。

白無垢の魅力

白無垢の特徴とその美しさ

まずは、白無垢の特徴とその美しさについてご紹介します。白無垢とはその名の通り「無垢(純粋)」を象徴する真っ白な婚礼衣装で、純粋さと清らかさを表しています。室町時代から続く伝統的な衣装であり、それ自体が格式高さの象徴となっています。

はじめに、白無垢の色、つまり「白」について注目してみましょう。白自体が純粋さ、清らかさ、神聖さを象徴する色として、西洋のウェディングドレスでも同様に使われています。しかし、日本の白無垢はウェディングドレスの白とは異なり、邪気を払う意味が込められているとも言われています。また、白無垢の白色は挙式の際の神聖な雰囲気をより一層引き立てます。

白無垢の特徴としては、まず何と言ってもその丈の長さが挙げられます。着物全体が床に着くほど長く、これが花嫁の華やかさと格式を引き立てます。また、白無垢には絵画のように美しい模様が描かれており、その豪華さが一層白無垢の魅力を引き立てています。白無垢の模様にはしばしば縁起物の鶴や亀が描かれ、長寿と幸福を祈る意味が込められています。

さらに色彩という意味でも、白無垢の白という色は他の色とのコントラストを大いに作り出します。挙式場の背景、花婿の衣装、装飾品、そして挙式を祝福する人々の衣装との対比を楽しむことができます。特に新緑や紅葉の季節には、自然の色との対比がより際立ち、美しい写真を撮影することができます。

このように、白無垢はその白色、長さ、模様、そして他の色とのコントラストといった特徴を持っており、これらが一層、花嫁の美しさを引き立てます。

ゆめやのアンティーク白無垢を見てみましょう。菱形に四季の花丸紋様白鶴刺繍の打掛一式です。

東京の高齢の女性から譲り受けた白無垢です。アンティークの正絹は上質な絹糸100%で織られていますので、たいへんやわらかく、体のラインや動きにすんなりと馴染みます。こちらの白無垢は、菱紋や亀甲の地紋様に、鶴や菊などの吉祥の絵柄が、全て織りで表現されています。しっとりとした中に絵柄がゆらゆらと輝き、上品で厳かな雰囲気の逸品です。

 

白無垢を引き立てる和装小物と髪型

白無垢を着る際には、その衣装をより一層美しく見せる小物選びと髪型が重要となります。小物には、伝統的な日本のアイテムである綿帽子や末広(扇子)、そして髪飾りを用いることが一般的です。綿帽子は白無垢にふさわしい神聖さを加え、末広は格式を高めます。髪飾りは、一般的には縁起物の意味を持つデザインのものが用いられます。

また、髪型についても考える必要があります。伝統的な日本の結婚式では、花嫁は上品な日本髪で髪を結い上げます。これは花嫁の顔立ちを引き立て、全体的な装いを一層華やかに見せるためです。ただ近年では捉え方も自由になり、白無垢に洋髪を結うスタイルなども好んで選ばれるようになっています。

小物選びや髪型については、着物の専門店や美容院、挙式を行う会場のスタッフと相談しながら決めていくのが一般的です。どんな小物や髪型が自分に似合うのか、どのようにすれば白無垢を一層引き立てることができるのか、専門家の意見を参考にしながら、自分自身のこだわりを持つことが大切です。

また、白無垢を引き立てるもう一つの要素として、メイクがあります。メイクによって白無垢の美しさを際立たせ、花嫁の顔立ちをより引き立てます。白無垢の特徴である純白の色を生かすためには、自然な肌色を基調としたメイクがおすすめです。さらに、目元や口元には控えめながらも華やかさを加えることで、全体のバランスを保ちながらも印象的なビジュアルを作り出すことができます。

このように、白無垢の美しさを演出するためには、衣装だけでなく、小物選び、髪型、そしてメイクにも注意を払うことが重要です。そして何よりも、花嫁さんご自身が自信を持って大切な日を迎えることが一番のポイントです。花嫁さんご自身が自分の美しさを信じることで、最高の一日を迎えることができるでしょう。

色打掛の魅力

色打掛の特徴とその豊かな色彩

色打掛も白無垢と同じく日本の伝統的な婚礼衣装であり、披露宴や色直しの際に花嫁が着用する豪華な着物です。白無垢が純白の色で一種のシンプルさを持っているのに対し、色打掛はその名の通り多彩な色と洗練されたデザインを有します。

色打掛の最大の特徴は、やはりその豊かな色彩と繊細な刺繍、そして複雑な模様にあります。色打掛の色彩は非常に豊富で、伝統的には赤が多く用いられますが、青、緑、ピンク、黒など様々な色があります。色打掛の色はその華やかさから、披露宴の場で花嫁がよく目立つ衣装となっています。

色打掛に施される刺繍や模様は、一般的に縁起のよい意味を持つものが選ばれます。鶴や亀、松などの縁起物が多く描かれ、豊かな色彩で描き出されます。これらの模様は、花嫁と花婿の新しい人生に幸運をもたらす象徴とされています。

その豪華さから披露宴や色直しの場面で着用されることが多い色打掛ですが、その色やデザインは結婚式の全体的なテーマや雰囲気によっても選ばれます。単に自分の好きな色やデザインというだけでなく、結婚式全体のコンセプトに合った色打掛を選ぶことも場合として求められます。

色打掛の色と模様は、花嫁の個性や美しさを引き立てる意味でも重要な要素です。特に写真撮影の際には、色打掛の豊かな色彩と複雑な模様が花嫁の美しさを一層際立たせます。また、豪華絢爛な色打掛を着用することで自分自身が主役であることを一層感じられ、その特別な日をより一層楽しむことができます。

ゆめやの色打掛は大正時代から昭和初期にかけてのアンティークがほとんどですが、数十年前に仕立てられた現代物もいくつかございます。現代物とはいえ、正絹や手仕事の品質はしっかりと見極めておりますので、どうぞご安心ください。

ご紹介するのはアンティークの「唐織の松に鶴、花々と御所車の色打掛一式」です。波打ち際を鶴が群れ飛び、松・梅・菊・牡丹・御所車などの慶びの絵柄で埋め尽くされています。室町時代には将軍やその側近にだけ身に着けることが許されていたという唐織は、どのように豪華な会場でも、見劣りすることはございません。

 

色打掛を美しく着こなすポイント

色打掛を美しく着こなすためには、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。

まず色打掛の選び方については、自分の好みと結婚式のテーマを考慮に入れるようにしましょう。また、色打掛の色が自分の肌色と相性がよいかどうかを確認することも重要です。伝統的には赤がよく用いられますが、青や緑、ピンクなど自分の肌色に合った色を選ぶことで、より美しく着こなすことができます。

色打掛を引き立てるための小物や髪型もポイントの一つです。色打掛の華やかさを際立たせるためには、小物はシンプルに抑えることが一般的です。髪型については色打掛の華やかさと調和するような優雅な日本髪が伝統的である一方、シルエットを踏襲した新日本髪やアレンジがしやすい洋髪も選ばれています。

また、色打掛の豊かな色彩や複雑な模様とのバランスをとるためのメイクも重要です。メイクは自然で上品なものが好ましく、肌のトーンや色打掛の色と調和するような色味を選ぶのがベターです。

このように、色打掛を美しく着こなすためには、色打掛自体の選び方から、それを引き立てる小物や髪型、メイクまで、それぞれ大切な役割を果たすポイントを押さえる必要があります。花嫁さんが主役の特別な日、色打掛を身にまとって輝く自分自身を想像しながら準備を進めてみてはいかがでしょうか。

白無垢と色打掛、どちらを選ぶべきか?

どっちがあなたにぴったり?自分らしい衣装の選び方

日本の伝統的な結婚式での花嫁の衣装である白無垢と色打掛。どちらもその美しさと格式高さから、現代の挙式や披露宴でも多く着用されています。しかし、白無垢と色打掛のどちらを選ぶべきか迷う方も多いのではないでしょうか。

白無垢は、その名の通り真っ白な衣装で、純粋無垢な花嫁を象徴します。一方、色打掛は、その豊かな色彩と模様で華やかさを表現します。どちらもそれぞれ異なった魅力を持っているため、選ぶのが難しいと感じるのは自然なことです。

まずは、自分がどのようなイメージで結婚式を挙げたいか、どのような雰囲気を出したいかを考えてみてください。伝統的で厳かな雰囲気を好むのであれば、白無垢がおすすめです。華やかで色彩豊かな雰囲気を好むなら、色打掛がよいでしょう。

また、自分の肌色や体型に注目してみるのもよいかもしれません。白無垢は、肌色が白い方や細身の方が特に美しく見えます。色打掛は豊かな色彩があるため肌色を選ばず着ることができるほか、その華やかさから体型をカバーする効果もあります。

挙式のスタイルも考慮に入れてみてください。神前式や仏前式のような伝統的な形式の結婚式では、白無垢が選ばれるのが一般的のようです。一方、人前式や披露宴での色直しでは、華やかな色打掛がよく選ばれます。

「両方を着る」というのも、もちろんアリです。ゆめやでは、白無垢と黒引き振袖や、色打掛と黒振袖、白無垢と色打掛など、二つの花嫁衣裳を選んでいただけるプランをご用意しています。ご新郎さまの黒紋付羽織袴などのお衣装もセットになっています。東京店の無料試着では、実際に着物を見て触ってお選びいただけますし、バッグや草履などの小物も見ていただくことができます。どうぞ楽しんでお選びください。

 

挙式のスタイルと着物選びの関連性

結婚式のスタイルと花嫁の衣装選びは密接に関係しています。結婚式の形式や場所、雰囲気は、どのような衣装を選ぶかに大きな影響を与えます。

先に述べた通り、神社での神前式やお寺での仏前式では白無垢が一般的に選ばれます。これは、白無垢が純粋無垢な花嫁を象徴し、神聖な場での結婚式にふさわしいとされているためです。また挙式では白無垢を着用し、その後の披露宴や二次会で色打掛やウェディングドレスに衣装替えをするというスタイルも多く見られます。

色打掛はその豪華さから、楽しく華やかな披露宴にふさわしいとされています。また色打掛は色直しの際に着用されることも多く、挙式で白無垢を着用した後に色打掛に着替えることで、一日で二つの異なる雰囲気を楽しめるという利点もあります。

最近ではウェディングドレスを着用する結婚式も増えてきています。ウェディングドレスも色打掛と同じく華やかさを表現でき、自由なスタイルやデザインが選べるため、自分らしさを表現したい方や洋装にこだわりのある方に選ばれます。

以上のように、結婚式のスタイルや自分の好み、体型などによって選ぶべき衣装が変わってきます。最終的には、花嫁さんご自身が一番美しく感じられる衣装を選ぶことが大切です。

ウェディングドレスとのコーディネート

和装とウェディングドレス、どちらも取り入れたいときのポイント

結婚式は一生に一度の特別な日。その日に向けて、花嫁さんは多くの選択を迫られます。その一つが、これまでお話ししてきた結婚式での衣装選びです。多くの女性が憧れるウェディングドレスと、日本の伝統を感じさせてくれる和装、どちらも魅力的で選ぶのが難しいですよね。なかには両方の要素を取り入れたいと考える方もいらっしゃるでしょう。そこで、ここでは和装とウェディングドレスのどちらも取り入れたいときのポイントについて考えてみましょう。

まず大切なのは、どのように両方を取り入れるかです。結婚式では一日に複数回の衣装替えが可能なため、挙式では白無垢や色打掛を着用し、披露宴ではウェディングドレスを着用する、という方法が一般的です。これによって、一日の中で和装と洋装の異なる雰囲気をどちらも楽しむことができます。

和装とウェディングドレスを組み合わせる際には、両者に統一感を持たせることもポイントです。たとえば挙式で使用する和装の色や柄をウェディングドレスや装飾品にも取り入れることで、全体として一貫性のあるスタイルを作ることができます。

和装とウェディングドレスの間には、リラックスタイムや色直しの時間を十分に設けるとスムーズです。和装はウェディングドレスに比べて着付けに時間がかかるため、余裕を持ったスケジュールを組むとよいでしょう。

ブライダルネイルと衣装のバリエーションについて

結婚式の衣装選びと同じくらい重要なのが、ブライダルネイルの選び方です。ブライダルネイルは手元を美しく見せるだけでなく、全体のコーディネートを引き立てる大切な要素となります。特に和装とウェディングドレスの両方を取り入れる場合は、どちらの衣装にも合うデザインを選ぶ必要があります。

まず考慮すべき点は、ベースのカラーです。結婚式の場では一般的にパステルカラーが好まれますが、特に和装に合わせる場合は、淡いピンクやベージュなどの自然な色味がおすすめです。一方、ウェディングドレスに合わせるなら、白やクリーム色などの明るいカラーが無難です。

デザインについても考えておきましょう。ブライダルネイルのデザインは個性を表現するため自由に選ぶことができますが、和装とウェディングドレスの両方に合わせることを考えると、シンプルで上品なデザインがおすすめです。その代わりに、一部の指にだけ特別なデザインを施すなどで個性をアピールするのもよいでしょう。

ただやはり何より大切なのは、自分自身が好きなものを選ぶことです。一生に一度の特別な日に、自分が一番輝けるような自分らしい選択をすることが最も重要です。ブライダルネイルも、和装も、ウェディングドレスも、すべてがあなた自身を最高に美しく見せるためのもの。自信を持って、花嫁さんご自身が一番美しいと思える選択をするようにしましょう。

前撮りでの白無垢・色打掛の活用

フォトウェディングでの着物の魅力とは

最近、ウェディングドレスに代わって着物を選ぶカップルも増えてきました。とりわけ、前撮りで着物を選ぶカップルの増加が特に顕著です。では、なぜこれほどまでにフォトウェディングでの着物が人気なのでしょうか。その魅力を見ていきましょう。

一番の魅力は、その美しさと華やかさです。白無垢や色打掛は、素材の豪華さ、職人の手仕事による繊細な刺繍、深い色彩など、その美しさは和装だからこそ。日本人ならではの風格と格式を感じさせてくれます。また、着物一つで日本の四季や自然を表現することができるのも魅力の一つです。たとえば秋の前撮りなら、紅葉を思わせる色彩の打掛を選ぶことで季節感を演出できます。

着物を選ぶことで、前撮りのロケーション選びも楽しくなります。伝統的な日本庭園や古い建物など、和装ならではの風情を感じることができる場所で撮影すると、日本の美を引き立てることができます。一方、都会的な背景に和装を持ってくることで、新旧のコントラストを楽しむことも可能です。

まとめ

白無垢と色打掛、どちらも魅力的な選択

結婚式の準備は楽しくも大変なものです。特に衣装選びはその中でも重要なポイントとなります。今回の記事で紹介した白無垢と色打掛は、どちらも日本の伝統的な美を感じさせる婚礼衣装です。それぞれが持つ独特の魅力を理解し、自分たちのスタイルや個性に合ったものを選ぶことが大切です。

白無垢は神聖さと清らかさを象徴する衣装で、花嫁の純粋さと美しさを際立たせます。色打掛はその華やかさと豊かな色彩が魅力的で、和装の中でも特に華やかな印象を与えます。それぞれに適した小物やヘアスタイルを選ぶことで、それらの魅力をさらに引き立てることができます。

どちらを選ぶべきかは、花嫁さん自身の個性や挙式のスタイル、一番心に響くものはどれかという観点によります。どちらも魅力的な衣装なので、自分たちが一番気に入ったものを選ぶことが最も重要です。時間をかけて選んだ衣装が、一生の思い出をより美しく彩ってくれるでしょう。

アンティークきものレンタル ゆめや の 婚礼衣装プラン

婚礼衣装イメージ

あわせて読みたい関連記事の紹介

和装に興味を持ったら、他の関連記事も読んでみてください。「日本の伝統的な結婚式の流れ」、「挙式から披露宴までの時間配分のコツ」、「前撮りでのロケーション選びのポイント」などの記事では、結婚式の準備や進行に役立つ情報を紹介しています。

「和装の選び方とコーディネートのコツ」、「ウェディングドレスと和装、どちらを選ぶべきか」、「色直しの衣装選びのポイント」などの記事も、衣装選びの参考になります。衣装の具体的な選び方やコーディネートのアイデア、トレンドなどを紹介しています。

「着物のクリーニングと保管の方法」、「着物のリメイクアイデア」などの記事もぜひ読んでみてください。結婚式が終わった後の着物の扱い方についての情報が詰まっています。

和装に関する情報を探す際は、これらの記事も含めなるべく多くの記事を読み、自分たちのスタイルに合った衣装探しをしてください。結婚式は一生に一度の特別なイベントです。その準備期間も含めて、最高の思い出になることを願っています。

〈参考記事〉
https://wedding-sawaragi.com/history-of-shiromuku/
https://wakon-style.jp/iroha/6320/
https://rental.madoi.co.jp/wedding/knowledge/color/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

赤地に雲取、花薬玉の小振袖【hak17】

【小学生の親御さん必見】小学校卒業式での袴選びとレンタル活用法

はじめに 小学生の卒業式は、一生の思い出に残る大切なイベントです。特に女の子にとっては、袴を着て華やかに装うことが楽しみの一つとなっています。しかし、初めての袴レンタルには多くの疑問や不安がつきものです。本記事では、小学 […]

ひとつ前の記事

相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式2

白無垢メイク: 結婚式と前撮りで使える!花嫁必見の和装メイクテク

はじめに 白無垢メイクとは何か? “メイク”と聞くと、日常の化粧を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、ここで言う”白無垢メイク”とは、普段のメイクとはまた少し違った特徴を持つ化粧のことを指します。白無垢とは文字通り「白 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!