着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

成人式ロケーション撮影プラン-1024x683

【専門家監修】成人式前撮りのおすすめ時期!いつレンタル?

はじめに

成人式の前撮りの意義とは?

成人式。大人への門出としての特別な一日です。この大切な節目を美しい振袖姿で迎えることができるのは、一生に一度だけ。だからこそ、この美しい姿を写真に残したいと考える方が多いのです。では、成人式の前撮りとは一体どのようなものなのでしょうか。

成人式の前撮りは、成人式当日の着物やメイク、ヘアスタイルで事前に写真撮影を行うことを指します。当日は友達や家族との写真をたくさん撮ると思いますが、スタジオでの写真撮影や屋外でのロケーション撮影では、さらに自分の魅力を引き出して撮ることができます。

季節や気候によって背景や風情が変わるため、4月の桜や11月の紅葉など、自分が好きなシーズンに合わせて撮影を行うのもおすすめ。その時期ならではの美しい背景や光の加減を利用して、一生の思い出となる写真を撮ることができます。

本記事で紹介する情報

この記事では、成人式の前撮りに関するあらゆる情報を紹介していきます。撮影におすすめの時期や、振袖のレンタル、着付けに関するアドバイス、撮影プランの選び方、そして前撮りのメリットやデメリットなど、成人式の前撮りに関する情報をたっぷりとまとめています。

また前撮りをする際の注意点や、おすすめのスタジオ、撮影地、そして費用に関する情報などもしっかりと解説しています。成人式の前撮りを考えている方はもちろん、成人式を迎えるご家族がいらっしゃる方にも、この記事を通して成人式の前撮りに関する多くの情報を知っていただければ幸いです。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインで扱うレンタルショップで、成人式の前撮りやロケーション撮影も手掛けています。この記事では、レンタルにするか購入するか、また、前撮りをするかしないか、など、成人式に向けての準備を始めようとなさる皆さまに向けて、たくさんの情報を発信していきたいと思います。

どのように前撮りを行えばいいのか、何を準備すればいいのかわからないという方は、ぜひこの記事を参考にして一生の思い出となる写真を残してくださいね。

まずは、気持ちを盛り上げるために、ゆめやの振袖を1着ながめてみてください。「綸子に揚羽蝶の手描き友禅、色振袖」です。光沢に満ちた綸子地に、手描き・手刺繍などで揚羽蝶や桜が描かれたアンティーク色振袖です。今年はヌードカラーやアースカラーの振袖が人気のようですね。アンティークの正絹は、真っ白ではなく、少し生成り色をしています。思いがけず、今、流行の色合いといっしょです。

前撮りとは?

そもそも前撮りとは何?

皆さんは成人式の前撮りと聞いて、具体的にどのようなものを想像なさるでしょうか。前撮りとは、イベントや式の前に撮影を行うことを指す言葉です。特に成人式や結婚式などの大切なイベントでは、当日の写真だけでなく、事前にスタジオやロケーションでの写真撮影を行うことが増えてきました。

成人式は一生に一度しかない大切なイベント。その記念として、多くの方が振袖を着て写真を撮ります。ですが、当日は友達との再会やさまざまなプログラム、そして何より多くの人たちと同じ場所での撮影となるため、落ち着いて自分の好きな場所や時間で写真を撮るのが難しいことも。そこで、成人式の前にゆっくりとした時間を持ち、自分の理想の場所や背景で撮影をするのが、前撮りの魅力です。

前撮りは、スタジオでの撮影だけでなく屋外でのロケーション撮影も人気。桜の下や紅葉の中、海辺や都会のビル群といった背景で、晴れやかな気持ちでの撮影が可能です。振袖やヘアメイク、そしてカメラマンとの相性もチェックしながら、最良の写真を追求することができるのです。

成人式の前撮りのメリット

前撮りの魅力をもう少し深掘りしてみましょう。成人式の前撮りには、以下のようなメリットが考えられます。

時間を気にせずじっくり撮影:成人式当日は忙しさや天候、そして多くの人たちとの時間調整などがあり、思うように写真撮影ができないことも。しかし前撮りならば時間を気にすることなく、ゆっくりと撮影ができます。

理想の背景やロケーションでの撮影:前述したように、桜や紅葉、海や市街地など、自分の好きな背景での撮影が可能。成人した姿を特別な場所で残すことができます。

ヘアメイクや振袖の試し着:前撮りは当日のリハーサルのようなもの。ヘアスタイルやメイク、振袖の合わせや着付けの検討も同時に行えます。もちろん、撮影した写真は家族や友人との思い出の一部として、アルバムに残すことも可能です。

予算やプランをしっかりと考えられる:前撮りを利用することで、予算やプランを事前にしっかりと考えることができます。レンタルの振袖や、スタジオ・ロケーションの料金など、自分の希望に合わせて選ぶことができます。

ここまで、前撮りとは何か、そして前撮りのメリットについて解説しました。成人式は大人への第一歩。その特別な日を前撮りを通してさらに豊かに、そして思い出深く残すことができるでしょう。次の項目では、前撮りのおすすめのスタジオやロケーション、そして撮影のポイントなどについて詳しく紹介していきます。

成人式の前撮りにおすすめの時期

いつがベストなタイミング?

成人式の前撮りは、特別な日を迎える準備としても重要です。前撮りの時期選びも、その後の気持ちを左右する大切なポイントとなります。成人式は1月に行われることが多いですが、前撮りは何カ月前に行ったらいいのでしょうか?

前撮りの撮影は成人式の1年前から考え始めることをおすすめします。というのも、1年前の段階であればスケジュールが空いている日に予約が取りやすく、料金面でもキャンペーンなどを利用してお得に撮影ができる可能性が高まるからです。メイクやヘアスタイルの試行錯誤にも時間を十分にかけられるため、自分らしい最高の姿を残すことができます。

4月や6月の撮影の特徴

多くの方が4月や6月に前撮りを選ぶ理由とは何でしょうか。4月は言うまでもなく桜の季節。桜の花が満開の中での撮影がとても人気です。桜の花と振袖が合わさることで、日本の春の美しさを背景に特別な思い出写真を撮ることができるのです。

6月は新緑の季節。鮮やかな緑と振袖のコントラストが映える時期です。また、6月はまだ夏の暑さが本格的に始まる前なので、屋外撮影でも比較的快適に過ごせるのが魅力。ただ梅雨の時期とも重なるため、撮影日の天気や湿度には注意が必要です。

タイミングによるコスパや撮影条件の違い

前撮りのタイミングは、料金や撮影条件に大きく影響します。例えば成人式直前の11月や12月は、多くの人が前撮りを考えるためスタジオが混み合います。混み合う時期は、料金が高くなる場合もあります。また、人気のスタジオやカメラマンの予約が取りにくくなることも。

一方で、早めに前撮りを計画することでシーズンオフの特典やキャンペーンを利用して料金をお得にする方法もあります。4月や6月などの比較的空いている時期は料金面でもメリットがあり、ゆっくりと自分のペースで撮影を進められるのも魅力です。

また、前撮りの際にはレンタルする振袖やアクセサリー、ヘアメイクや場所の選び方も大切です。早めに計画を立てることでより多くの選択肢から自分の好きなものを選ぶことができ、撮影日になって焦ることなく最高の一枚を撮影することができます。

ここまでをまとめると、前撮りのタイミングは1年前から考えるのがベスト。そして、混み合う時期を避けた4月や6月などの季節を利用して、自分らしい撮影を楽しんでください。早めの予約や計画をすることで、料金面や撮影条件のメリットを享受することもできます。大切な日を迎える準備として、しっかりと前撮りの計画を立てましょう。

ゆめやでも2月~12月に「ロケーション撮影プラン」をご提供しています。1月をのぞく全ての期間で均一の料金設定です。曜日のしばりもございません。平日でも土日祝日でも同じ料金です。

現在のところ東京都内だけの撮影となりますが、サイトに表示された価格だけで、カメラマン・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配はすべてゆめやが対応させていただきます。

また、東京以外の方で、成人式の前撮りを希望なさる場合には、たいへんお得な「成人式前撮りプラン」をご用意しています。振袖に25万円の表示があっても、2月~12月の前撮りなら10万円ほどでレンタルしていただけるプランです。

振袖の準備

撮影に必要な着物やアクセサリー

撮影で美しい振袖の姿を残すためには、きちんとした準備が必要です。写真を通してその美しさや気品を伝えるため、どんな小物やアクセサリーを選ぶかという点も大切になります。

まず、振袖をまとう際に必要となるのが帯。着物と同じくらい帯の選び方もたいせつなポイントです。振袖との相性や帯の柄、そしてどんな結び方をするかを事前に考え、スタジオやカメラマンと相談しながら最適なものを選びましょう。帯締めや帯揚げなどの小物も忘れずに。これらの小物は、振袖の全体的な雰囲気を引き締めてくれます。

次にヘアアクセサリー。ヘアメイクとともに、ヘアアクセサリーもしっかりと選びましょう。簪(かんざし)や髪飾りを振袖の色や柄に合わせて選ぶのがおすすめです。特に簪は昔ながらの日本の美を感じることができるアイテムですので、ぜひ取り入れてみてください。

足元も忘れずに。足袋や草履は、写真撮影の際にもしっかりと映ります。適切なサイズやデザインを選び、足元からも美しさを感じることができるようにしましょう。

レンタルの振袖と自前の振袖、どちらがいい?

では成人式の前撮りにおいて、振袖はレンタルするのか、自前のものを持っていくのか、どちらが良いのでしょうか。

レンタルのメリットは、多くの種類から自分の好きなデザインや色を選べること。最新のデザインや人気の柄が多く取り揃えられている店舗もありますので、自分の理想の振袖を見つけやすいでしょう。またレンタルの場合は、撮影後の手間や保管の心配がないのも大きなポイントです。成人式当日やその後に振袖を着る機会が少ないと思われる場合は、レンタルがおすすめです。

ゆめやの振袖をもう1着見てみましょう。こちらも、今年大人気の無地の振袖「グリーンの色無地に手刺繍の三つ紋の色振袖」です。青緑色というのでしょうか。この色は、成人式会場でもなかなか見ないと思います。裾周りのカラシ色と、三つ紋になったカラフルな手刺繍の家紋が、粋な色振袖です。

一方で自前の振袖のメリットは、家族から受け継いだ思い出深い振袖を着ることができる点です。お母さまやお祖母さまから受け継いだ振袖はただの衣装ではなく、ご家族の絆や歴史を感じることができるはずです。また自前の振袖なら、撮影だけでなく家族のイベントなどさまざまな場面で着用することができます。

京都など特定の場所での撮影時のポイント

京都といえば、古都の美しい風景や伝統的な建物が魅力。前撮りのロケーションとして、遠方から京都を訪れる方も少なくありません。そんな京都での撮影時のポイントを紹介します。

まずは、季節を意識すること。春は桜、秋は紅葉と四季折々の風景が楽しめる京都。振袖とともにその季節の風景を背景に撮影することで、一層特別な写真になります。

次に、混雑を避けるための計画を立てることが大切です。特に桜のシーズンや紅葉の時期は多くの観光客で賑わいます。そんな時期には、撮影スケジュールを早めの時間にする、または混雑が少ない場所を選ぶなどの工夫が必要です。

また、屋外での撮影は天候に左右されるため、雨の場合の代替プランも考えておくと良いでしょう。あらかじめスタジオの予約を入れておく、屋根のある場所での撮影を検討するなど、柔軟に対応できるようにしておくことがおすすめです。

京都での撮影は、伝統とモダンが融合した美しい風景の中で振袖の美しさを一層引き立ててくれます。計画的に準備をして、思い出深い一枚を残しましょう。1

東京での撮影でしたら、ゆめやの成人式前撮りプランにおまかせください。お好きなアンティーク振袖を1着選んで、撮影の手配はぜんぶゆめやにおまかせして、撮影に出掛けましょう。候補地は、浜離宮恩賜庭園、肥後細川庭園、小石川後楽園、東京国立博物館庭園、東京都庭園美術館、神宮外苑銀杏並木、代々木公園などを考えています。どこかご希望の撮影場所があられましたら、どうぞお知らせください。撮影が可能かどうか、検討させていただきますね。

撮影プランの選び方

前撮りを考える際にどのような撮影プランを選ぶかも、その後の成人式の思い出に大きく影響します。振袖姿の美しい写真を残すため、撮影の場所やスタイルも確認しておく必要があります。

スタジオ撮影と出張撮影の違い

スタジオ撮影とは、撮影スタジオでの写真撮影を指します。スタジオ撮影は、光の条件や背景、気候の影響を受けることなく、最適な環境下で撮影を行うことが可能です。さまざまな背景やセットを用意しているスタジオも多いため、好きな雰囲気やテーマでの撮影が楽しめます。

一方の出張撮影は、屋外や特定のロケーションでの撮影を指します。自然光や四季折々の風景を交えて、リアルな雰囲気の中で撮影を行うことができます。桜や紅葉、青空といった自然の美しさを背景に振袖姿を映し出せるのが醍醐味です。

それぞれのメリット・デメリット

スタジオ撮影のメリットは、まず安定した環境で撮影ができること。雨風や気温といった外部の要因に左右されることなく、快適に撮影を進めることができます。またスタジオならではの多種多様な背景やセットを利用することで、一度の撮影で多彩な写真を撮ることができます。スタジオ内はプライベートな空間となるため、人目を気にすることなくリラックスして撮影に臨むことができるのも長所となります。

ただスタジオの雰囲気はどうしても人工的になるため、自然な表情や雰囲気を出すのが難しいことも。またスタジオの予約や料金、利用時間などの制約も考慮する必要があります。

出張撮影のメリットは、やはりその場の雰囲気や背景の美しさ。四季の移ろいやその土地の風情を生かした写真は、スタジオでは再現できない魅力を持っています。また家族や友達と一緒にお気に入りの場所での撮影を楽しめるのも魅力です。

ですが、出張撮影は天候や人混みなどの外部要因に影響されやすいこと、また移動時間や準備、着付けの場所などの細かい調整が必要となることがデメリットとして挙げられます。

どのプランが自分に合っているかのチェックポイント

撮影プランを選ぶ際にまず考えるべきなのは、どのような写真を残したいかということ。自分の好きな風景や場所での撮影を望むなら、出張撮影がおすすめです。また家族写真や友達と一緒の撮影を希望する場合も屋外での撮影が向いています。

一方で安心して撮影を行いたい、さまざまな背景やセットでの写真を残したいという場合はスタジオ撮影が最適です。

撮影の時期や料金、撮影場所のアクセスなど、多くのポイントを考慮しながら最適なプランを選びましょう。

費用のポイント

成人式の前撮りはいくらかかる?

成人式の前撮りに関する費用は、多くの方にとって気になるポイントでしょう。前撮りの価格は、選ぶスタジオやプラン、さらに撮影する時期やレンタル振袖の有無などによっても大きく変動します。

一般的に、スタジオでの撮影は出張撮影よりも安価になることが多いです。スタジオでの撮影には照明や背景がしっかりと整えられており、特定のセットアップの中での写真撮影となるため費用も抑えやすくなります。一方でロケーション撮影は移動時間や場所による料金が加算されるため、少し高めになることが考えられます。

撮影だけではなく、振袖のレンタルや購入、ヘアメイクや着付けの料金も忘れてはいけません。振袖のレンタルは店舗やプランによって異なりますが、一般的には数万円から十数万円となっています。購入の場合は数十万円から数百万円と、大きな幅があります。

撮影の相場や値段の変動要因

成人式の前撮りの相場は通常10万円から30万円程度となっていますが、これは大まかな数字であり、以下のような要因によって変動します。

時期: 人気のある季節や月には、価格が高騰することがあります。特に桜の季節や紅葉の時期は撮影を希望する方が多く、予約が混み合います。反対に暑い夏や梅雨の時期は撮影の予約が空いていることもあり、キャンペーンなどのお得なプランが提供されることも。

レンタル・購入: 振袖を自分で持っているか、レンタルするか、新たに購入するかによって費用が大きく異なります。レンタルの場合は、スタジオや店舗によるキャンペーンをチェックすることで料金を抑えることができます。

撮影場所: スタジオ撮影とロケーション撮影とで費用が変わってきます。またロケーション撮影の場合は、選ぶ場所によっても料金が変動します。

付帯サービス: ヘアメイクや着付け、写真の枚数やアルバムの種類など、付帯するサービスによっても料金が異なります。

予算に合わせたおすすめの方法

成人式の前撮りを予算内で楽しみたい方のために、いくつかのおすすめ方法を紹介します。

早めの予約: 予約を早めに行うことで、早割などの特典を受けられることがあります。特に1年前の春頃から夏にかけてはキャンペーンが行われることが多いため、この時期を狙って予約するのもおすすめです。

オフシーズンを狙う: 上記でも触れたとおり、夏や梅雨の時期は撮影の予約が比較的空いているため料金もお得になることが多いです。

フォトプランの比較: 多くのスタジオや店舗がさまざまなフォトプランを提供しています。自分の希望に合ったプランをしっかりと比較し、最適なものを選ぶことで、無駄な出費を抑えることができます。

家族や友達と一緒に: 複数人での撮影を行うことで、1人あたりの料金を抑えることも可能です。家族写真や友達との撮影は、成人式の思い出としてもとても価値があります。

ゆめやの「ロケーション撮影プラン」は、こちらからどうぞ。撮影は東京都内だけとなりますが、1月をのぞく全ての期間で均一の料金設定です。曜日のしばりもございません。平日でも土日祝日でも同じ料金です。東京以外の方で、成人式の前撮りを希望なさる場合には、たいへんお得な「成人式前撮りプラン」をご用意しています。振袖に25万円の表示があっても、2月~12月の前撮りなら10万円ほどでレンタルしていただけるプランです。

予約・相談の際の注意点

予約のタイミングや注意すべきこと

成人式の前撮りに関しての予約や相談は、一見簡単なようで意外と注意が必要です。成人式の準備には多くの手間がかかりますが、その中でも写真撮影の予約は特に計画的に行う必要があります。多くの人が同じ時期に前撮りの予約をしようとするため、希望の日にちや時間、場所が取りづらくなることがあるからです。

撮影スタジオや写真館には、さまざまな撮影プランや着付け、ヘアメイクのサービスがあります。その中で、自分が何を求めているのか、どんな雰囲気の写真を希望しているのかを明確にし、それを元に予約の時期や日にちを決めることが大切です。撮影場所によっては、特定の季節や気候での撮影がおすすめとされることもあります。桜を背景にした撮影を希望する場合は、撮影場所の開花時期を逃さないようしっかりとスケジュールを考える必要があります。

予約の際には撮影スタジオや写真館のサイトを参考にしつつ、利用者の声や写真のサンプルもチェックしてみると良いでしょう。撮影の際に何を持っていくのか、どんな服装で行くと良いかなど、細かな点も問い合わせておくと安心です。

6か月前や前年からの予約のメリット

「前もって予約しておく」、これが成人式前撮りの鉄則とも言えます。特に1年前からの計画あるいは予約には多くのメリットがあります。

早めの予約によって、多くの日程や場所の選択肢が広がります。特に人気のある場所やスタジオは早めに予約をしないと希望の日にちが取れないことがしばしば。早い段階での予約によって、十分な下見や打ち合わせの時間を持つことができます。撮影当日になって焦ることなく、自分らしい写真を残すことができるでしょう。

早めに予約をすることで、キャンペーンや特別な割引が適用されることもあります。成人式の前撮りは思い出をかたちに残す大切なイベントですが、それにかかる費用は決して安くはありません。そんな中で、少しでもお得に撮影を行いたいと思う方には、早めの予約がおすすめです。

問い合わせや予約の際のポイント

成人式の前撮りを予約する際のポイントをいくつか紹介します。

撮影内容の確認: 自分がどんな撮影を希望しているのかを具体的に伝えることで、スムーズな打ち合わせが可能となります。

料金の確認: 予算内での撮影を希望する場合は、明確にその旨を伝えることで、後でトラブルが起こることを避けられます。

打ち合わせの日程: 撮影前に数回の打ち合わせが必要となることが多いので、その日程も合わせて確認しておくと良いでしょう。

キャンセルポリシー: 万が一の予定変更に備えて、キャンセル料や変更にかかる費用を事前に確認しておくことも大切です。

以上、成人式の前撮りをスムーズに進めるための予約や相談の際の注意点について解説しました。大切なイベントを無事に成功させるためにも、計画的に準備を進めてくださいね。

まとめ

成人式の前撮りを成功させるためのポイント一覧

成人式の前撮りは、多くの方にとって一生の思い出となる大切な場。特別なイベントを最高の瞬間として残すために、いくつかのポイントをしっかりと押さえておきましょう。

撮影のタイミング: 4月や6月は比較的撮影に適している月とされています。紅葉や桜の季節もロケーション撮影として人気があります。気候やシーズンに合わせて撮影の時期を選ぶと、背景や自分の振袖が映える写真が撮れるでしょう。

振袖の選び方: 購入するか、レンタルするか。どちらの方法も良いのですが、自分の好みや予算に合わせて検討することが大切です。撮影のテーマや背景と合わせた振袖の色やデザインを選ぶことで、さらに素敵な写真が撮れます。

撮影場所の選び方: スタジオでの撮影と屋外でのロケーション撮影、どちらも魅力があります。

ヘアメイクと着付け: しっかりとしたヘアメイクと着付けで、撮影当日の自分を最高に美しく見せることができます。メイクや髪型も自分の好きなスタイルや振袖に合わせて選んでくださいね。

新成人の大切な瞬間を残す価値とその理由

成人式の前撮りは、新成人という特別な瞬間を記念するためのもの。大人への一歩を踏み出す大切なステージでもあります。そうした意味で、成人式の前撮りはただの写真撮影以上の価値があります。

成人式の前撮りは家族との絆を深める絶好の機会です。家族写真を撮ることで家族の絆を感じ、これからの人生を支え合う大切な存在を改めて感じることができます。また友達と一緒に撮影することで、これからも続く友情の証としても写真を残すことができるでしょう。

前撮りは自分自身を美しく見せるチャンスでもあります。普段着物を着る機会が少ない中、振袖を着てヘアメイクをし、一日を晴れやかな姿で過ごすことができます。この瞬間をアルバムに残し、あるいは部屋に飾っておくことで、いつまでも自分を励ましてくれるものとなります。

成人式の前撮りについて解説してきました。新成人という大切な瞬間をしっかりと記念に残し、一生の思い出にしてくださいね。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【2024年最新】初心者安心!東京のお茶会用着物レンタル完全ガイド

はじめに 東京でのお茶会は、都会の喧騒を離れ、日本の伝統美に心を寄せる貴重な瞬間です。本記事では、東京での着物レンタルがいかにしてお茶会の体験を豊かにし、参加者に深い満足感をもたらすかを紐解きます。 東京で着物をレンタル […]

ひとつ前の記事

スイートグレー地に鳳凰や橘の一つ紋付色留袖【tom35】

結婚式での兄弟姉妹の服装ガイド:年代別の選び方からマナーポイントまで完全解説

はじめに 結婚式における兄弟姉妹の服装の重要性 結婚式は人生の中で特別な場です。新郎新婦はもちろん、親族や友人もお祝いの気持ちを胸にこの日へ向けて準備を進めます。特に親族として結婚式に参列する際は、服装選びが大変重要です […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!