【結婚式への参列】東京で振袖レンタル!注意点と基本的な流れを徹底解説

【結婚式への参列】東京で振袖レンタル!注意点と基本的な流れを徹底解説

はじめに

結婚式に参列する際、着物や和装の経験が少ない方にとって、振袖のレンタルは最適な選択肢です。東京には数多くのレンタル店舗があり、豊富な種類の振袖から自分に合った1着を見つけることができます。この記事では、結婚式で振袖レンタルを利用する際の基本的な流れや、自分に合った振袖の選び方、料金プランの比較など、振袖レンタルに関するさまざまな情報をご紹介します。初めての方も、ぜひ参考にしていただき、自分に合った振袖レンタルで、結婚式に華を添えてください。

結婚式への参列:振袖レンタルが人気の理由

結婚式に招待されたゲストにとって、服装選びは大切なポイントです。特に女性ゲストの場合、自前の振袖を持っていない方も少なくありません。そんな時、振袖のレンタルサービスを利用することで、手軽に豪華な和装姿を楽しめます。

振袖購入に比べ、お手頃価格で和装美人に

振袖は非常に高価な衣装で、購入となると数十万円から百万円以上するものもあります。一方、レンタルなら、1回の利用において数万円程度で済むことが多く、お手頃価格で和装美人になれるのが、大きな魅力です。

レンタル価格には振袖だけでなく、帯や小物類、着付けやヘアセットなども含まれているプランが多いので、トータルでも予算を抑えられます。結婚式への参列のために高価な振袖を購入するのはハードルが高いという方にも、レンタルなら気軽に利用できるでしょう。レンタルなら、購入するよりも、より豪華で高級感のある振袖を選ぶことができるのもうれしいポイントです。東京の振袖レンタル店では、有名ブランドの最新作から、人気の古典柄まで、幅広いデザインの振袖を取り揃えています。

豊富な選択肢から、自分好みの1着を見つける

振袖購入では、自分の好みや予算に合う1着を見つけるのに苦労することもありますが、レンタルなら種類が豊富なので見つかりやすいことも魅力です。東京の振袖レンタル店では、数百点から千点以上の振袖を取り揃えているところも多く、最新トレンドのモダンなデザインから、古典的な雰囲気の柄まで、バリエーション豊かに選べます。また、同じ店舗でも、シーズンごとに新しい振袖が入荷するので、何度訪れても新鮮な出会いがあるのも魅力。自分に似合う色や柄、デザインを見つけるのが楽しくなりますよ。

さらに、レンタル店のスタッフは振袖のプロなので、自分に似合う振袖を選ぶためのアドバイスももらえます。体型や肌の色に合わせたコーディネートの提案など、購入時にはない手厚いサポートも魅力の一つです。

アンティークきものレンタルゆめやでは大正から昭和にかけて作られた、希少なアンティーク振袖をレンタルでご用意しています。刺繍や絞りなど贅を尽くしたアンティーク振袖は、今では作ることができない逸品です。ゆめやのレンタルなら、貴重なアンティーク振袖をリーズナブルな価格でお召しいただけます。お選びいただいた振袖に合わせて、着物に精通したスタッフが帯や小物のコーディネートを提案して着こなしをサポートいたします。センスが問われる振袖のコーディネートから面倒な後片づけまで、レンタルならではの気軽さで振袖をお楽しみいたたげます。

花嫁の親族か、ゲストか:立場別の振袖レンタル事情

結婚式に参列する際の振袖は、自分が花嫁側の親族なのか、友人知人のゲストとして招待されたのかによって、選び方が異なります。ここでは、それぞれの立場に合わせた、振袖レンタルの選び方のポイントを見ていきましょう。

両家の親族:格のある黒振袖で品良く

花嫁のお母さまや姉妹、また親戚として結婚式に参列する場合は、格式高い黒振袖の着用がマナーとされています。黒振袖には、家紋の入った紋付けや、金銀の糸で織られた豪華な礼装用の帯など、付属する小物にもこだわりが必要です

ただし、既婚か未婚かによって、帯や小物の選び方に違いがあるので注意が必要です。未婚の場合は、明るい色の帯を合わせるのが一般的ですが、既婚の場合は金銀の帯を選ぶのがマナーとされています。

また、草履やバッグなどの小物も、上品な黒や金銀、白を基調としたものを選ぶと良いでしょう。レンタル店のスタッフに相談すれば、TPOに合わせた適切なコーディネートをアドバイスしてもらえます

東京の振袖レンタル店では、親族向けの黒振袖を多数取り揃えており、品格のある装いを演出できるセットプランも用意されています。小物や着付け、ヘアセットまで含めたフルセットでのレンタルがおすすめです。

縞の波に松竹梅の 黒振袖」雲のようなぼかしを施した深い黒地に、松竹梅や吉祥紋様を艶やかに描いたアンティーク黒振袖です。90年以上前に作られたとは思えない美しい色柄が、特別感のある振袖姿に導きます。金地に竹を織り出した帯に、帯揚げ・帯締めは赤色でまとめて主役の親族にふさわしい品格のある装いに。

豪華絢爛な檜扇の五つ紋付黒振袖」波間を進む小舟に重なり合った檜扇、松を描いた豪華なアンティーク黒振袖です。ふっくらとした手刺繍や金駒刺繍でたっぷりと加飾され、より華やかに存在感を高めています。黒地に鶴を織り出した帯、金銀糸で刺繍した赤色の帯揚げと丸ぐけの帯締めの格調高い装いです。

ゲスト:趣向を凝らした個性的な柄の振袖も

一方、友人知人として結婚式にゲスト参加する場合は、振袖選びの幅が広がります。黒振袖のような格式ばった装いは必要なく、自分の好みに合わせてデザインや柄を選べるのが魅力です。今トレンドの古典柄をモダンにアレンジした振袖や、レトロでポップな雰囲気の振袖など、個性的なデザインも取り入れやすいのがポイントです。

また、ヘアスタイルや小物使いでも、遊び心を加えると良いでしょう。クラッチバッグや巾着など、洋風なバッグを合わせたり、レトロモダンな簪を飾ったりと、楽しみ方はいろいろです。振袖美人を目指して、自分らしいコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ただし、ゲストとはいえ、華美になりすぎてはいけません。花嫁に配慮して、白や黒の無地に近い振袖は避けるのがマナーと考えましょう。柄や色使いに、さりげない個性を取り入れるのが上品な装いのコツです。

本紋に花薬玉が描かれた小振袖」本紋を織り出した桃色の綸子地に、童子を乗せた花薬玉や源氏車、花々を色鮮やかに描いたアンティーク小振袖です。黄色地に蜀江紋を織り出した帯に、重ね衿と帯揚げは黄色、白色と水色の帯揚げを合わせてレトロモダンな印象に。装う方の若々しさを引き立て、お祝いの席に華を添えます。

赤地に大きな梅と雲取紋様の五つ紋付色振袖」鮮やかな赤地に大きな檜扇を配し、梅や波、丸紋を描いたアンティーク色振袖です。随所に手刺繍や金駒刺繍、金彩が用いられ、光を受けると豪華な立体感が際立ちます。巻物や花をデフォルメしたカラフルな帯を締め、七宝紋様の赤色の帯揚げに桃色の帯締めで個性を表現して。

振袖選びで迷ったら:自分に合う色柄とサイズの選び方

振袖レンタルで、たくさんの種類の中から自分に合う1着を選ぶのは、なかなか難しいもの。特に、振袖選びが初めての方にとっては、何を基準に選んだら良いのか分からず、迷ってしまうこともあるでしょう。そんな時は、自分の顔映りや体型に合った色柄、サイズ選びを意識してみるのがおすすめです。ここでは、振袖選びのポイントとして、色柄の選び方とサイズ選びのコツを詳しく解説します。

顔映りの良い色と、TPOに合わせた柄選びのコツ

振袖選びで重要なのは、自分の顔映りに合った色を選ぶこと。肌の色や髪の色に合わせて、顔色を明るく見せてくれる色を選びましょう。一般的に、肌の色が明るい人は暖色系の赤やピンク、肌の色が濃い目の人は寒色系の青や紫がおすすめです。

また、柄選びの際は、TPOに合わせるのがマナーです。結婚式の披露宴なら、華やかな古典柄や、モダンな柄行きの振袖が良いでしょう。一方、結婚式の二次会などカジュアルなシーンでは、ポップな柄や派手すぎない小柄の振袖もすてきです。

レンタル店で実際に振袖を見たり試着したりしながら、自分に合った色と柄を探してみてください。店舗によっては、顔映りをシミュレーションできるライトを用意していたり、色柄の組み合わせを提案してくれたりするので、ぜひ活用してみましょう。

季節感を意識した色柄選びも、おしゃれ上級者の選び方です。春夏なら爽やかな淡い色合い、秋冬なら深みのある色合いを選ぶと、季節に合った装いになります。

背の高い人、ぽっちゃりさんも安心のサイズ選び

振袖選びで、もう一つ重要なのがサイズ選びです。振袖は、背の高い人向けのサイズ、ぽっちゃりさん向けのサイズなど、体型に合わせたさまざまなサイズ展開があります。自分に合ったサイズを選ばないと、着崩れや窮屈さの原因となります

背の高い人は、身丈の長い振袖を選ぶのがおすすめです。標準サイズの身丈では短く見えてしまうことがあるので、身長に合った身丈の振袖を選びましょう。一方、ぽっちゃりさんは、ゆとりのあるサイズ感の振袖がおすすめです。体型カバーができるAラインのシルエットや、ボリューム感のある袖のデザインも良いでしょう。また、トールサイズやぽっちゃりさん向けのサイズ展開がある店舗を選ぶのもポイントです。専門店なら、より自分に合ったサイズが見つかるはずです。

試着の際は、実際に歩いたり座ったりしながら、窮屈感や着崩れがないかをチェックします。長時間の着用でも疲れにくいサイズ感を選ぶのが上手な選び方です。お店の人に相談しながら、ベストなサイズ選びを目指しましょう。

背が高い方におすすめの振袖です。「鹿の子模様の傘と扇、雲取の黒振袖」上前・左肩・右肩に大きく傘を配し、雲取り模様や檜扇を描いたアンティーク黒振袖です。上前の傘はおはしょりを多くとってしまうと隠れてしまうため、背が高い方にお召しいただくと美しい絵柄を余すことなくお楽しみいただけます。

ぽっちゃりさんにおすすめの振袖です。「緋色に菊の花薫る振袖」緋色地にさまざまな白菊を縦ラインに描いた、大正時代の着物を復刻した色振袖です。縦長効果を得られる柄ゆきにより、スッキリとした着姿を叶えます。

初めての振袖レンタル:失敗しないための下見と予約方法

振袖レンタルが初めての方にとって、どの店舗でレンタルするのが良いのか、いつ予約をすべきなのかなど、分からないことも多いのではないでしょうか。せっかくの晴れの舞台にふさわしい振袖姿を楽しむためにも、事前の下調べと計画的な予約が大切です。ここでは、振袖レンタルの失敗を避けるための、店選びのポイントと予約方法、さらには当日までの段取りについて解説します。

自分に合う店選び

振袖レンタルで失敗しないためには、自分に合ったレンタル店選びが何より大切です。東京には数多くの振袖レンタル店がありますが、取り扱っている振袖の種類や在庫数、付帯サービスなどは店舗によってさまざまです。

まずは、自分の希望条件に合う店舗をいくつかピックアップし、実際に下見に行ってみましょう。下見の際は、振袖の品揃えをチェックするだけでなく、スタッフの対応や店内の雰囲気なども確認します。振袖選びのアドバイスが丁寧で、試着の要望にも親身に対応してくれる店舗が理想的です

また、着付けやヘアセットなどのオプションサービス、前撮り写真の有無なども、この機会に確認しておくと安心です。振袖のサイズ展開や、料金プランの種類なども、事前にチェックしておくことをおすすめします。

下見は、レンタル予約の1〜2カ月前に行うのが良いでしょう。ただし、成人式や卒業・入学式などの繁忙期にあたる場合、より早めの下見が必要です。これにより、振袖の在庫状況も豊富となります。じっくりと比較検討して、自分に合う1着を見つけられます。

事前確認:当日までの手順と段取り

下見を済ませたら、いよいよ予約の段階です。人気のレンタル店舗では、希望の振袖が予約で埋まってしまうこともあるため、余裕をもって早めの予約をおすすめします。レンタル予約の際は、利用日時や希望プランなどを伝え、きちんと予約内容を確認しましょう。

予約後は、当日までの段取りを確認します。レンタル料金の支払い方法や、前撮り写真の撮影日程など、事前に済ませておくことをチェックしましょう。着付けやヘアセットの時間も、余裕をもって予約を入れておくと安心です。

また、小物合わせや足袋選びなども、前もって済ませることが肝要です。レンタル店舗によっては、小物や足袋のレンタルも可能なので、相談してみると良いでしょう。当日は、肌着や髪飾りなど、自分で用意するものを忘れずに持参します。

振袖レンタルの当日は、着付けに1時間以上かかることもあるので、時間に余裕をもって行動します。レンタル店への行き方や所要時間も、事前に確認しておくとスムーズです。終了時間の目安もレンタル店に確認し、返却時間に遅れないよう気をつけましょう。

結婚式の参列に振袖をレンタルするなら、2月~12月限定の特別プラン「振袖レンタルプラン」がおすすめです。お選びいただいた振袖に合わせて帯・帯締め・帯揚げ・重ね衿・草履・バッグなどの衣装小物を、着物に精通したゆめやのスタッフがトータルコーディネートしてお届けいたします。ご指定の住所への配送料と、レンタル一式の返送料込みの安心価格です。

振袖レンタルの「こんな不安」を解消する方法

振袖レンタルを利用する際、料金やサービス内容、着付けなどについて不安を感じる方も多いことでしょう。特に、振袖レンタルが初めての場合は、何を基準に選んだら良いのか分からず、不安が大きいものです。そこで、ここでは料金プランの比較方法や、着付けが不安な人向けのサービス選びのポイントなどを詳しく解説します。自分に合ったプランを選び、安心して振袖レンタルを利用しましょう。

プラン料金を比較して、賢く予算内でレンタルを

振袖レンタルの料金プランは、店舗によってさまざまです。振袖のグレードや付属品の内容、付帯サービスによって金額が変わってきます。

安く抑えたい人には、振袖単体レンタルのプランがおすすめです。小物や着付けは自分で用意・手配する分、料金を抑えられます。一方、トータルでコーディネートしてもらいたい人は、小物や着付け、ヘアセットまで含んだフルセットプランがおすすめです。

プラン内容を店舗間で比較して、自分の予算内で最もお得なプランを選ぶことも、賢い選び方の一つです。早割や平日割引などのキャンペーンを利用することでも、お得に振袖レンタルをすることができます。

振袖のグレードによる価格差も、事前にチェックしておくと良いでしょう。レンタル料金は、振袖の生地や柄、ブランドなどのグレードによって大きく異なります。自分の予算に合った振袖グレードを選ぶことで、お財布にも優しいレンタルプランが見つかるはずです。

また、料金プランによっては、前撮り写真の有無や、着付け・ヘアセットの時間なども異なるので、そういった付帯サービスの内容も十分に確認しておきましょう。自分に必要なサービスがセットになったプランを選ぶのが、賢く振袖レンタルをする秘訣なのです

着付け・ヘアセット付きのフルサポートプラン

振袖の着付けは、慣れていない方にとってはハードルが高いもの。「1人で着付けができるか不安…」という方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、着付け・ヘアセットがセットになったフルサポートプランです。

プロの着付け師に、振袖の着付けからヘアセットまでをお任せできるので、当日の準備も安心ですし、自分で着付けする手間も省けるので、結婚式当日の負担を大幅に減らせます。また、着崩れのしにくい着付け技術はもちろん、自分の顔立ちに合ったヘアスタイルもプロにお任せできるのも、うれしいポイントです。

着付けの心配をゼロにできるフルサポートプランは、振袖レンタル初心者の方にもおすすめのサービスです。振袖に詳しくないからこそ出てくる、「着付けがうまくできるか心配」という不安が、フルサポートを利用することで簡単に取り払えます。当日は、プロにお任せでラクラク・キレイな振袖姿を楽しみましょう。ぜひ、着付け・ヘアセット付きのプランを検討してみてください。

振袖レンタルで後悔しない:契約時の確認ポイント

振袖レンタルを利用する際は、料金プランや付帯サービスの内容だけでなく、契約内容についても十分に確認しておくことが大切です。ここでは、振袖レンタルの契約時に確認しておきたいポイントを詳しく解説します。

キャンセル料と追加費用:契約の落とし穴に注意

振袖レンタルの契約時には、まずキャンセル規定を確認しておきましょう。予約をキャンセルする場合のキャンセル料の有無や、料金の発生時期などを事前に把握しておくことが大切です。

また、契約プランに含まれるサービス内容と、追加費用が発生するオプションサービスの範囲についても明確にしておく必要があります。レンタル料金に含まれない追加費用が、後から高額になってしまうことを避けるためです。振袖のサイズ直しや、小物の単品レンタルなども、追加費用が発生するケースが多いので注意が必要です。お店によっては、前撮り写真や当日の写真データの料金が別途かかる場合もあります。

契約書にサインする前に、料金体系についてしっかり確認し、疑問点は必ず質問しておきましょう。安心して振袖レンタルを利用するためにも、契約内容は曖昧にせず、しっかり把握することが大切です。

写真撮影から美容室の予約まで

振袖レンタルの契約の際は、付帯サービスの内容についても確認が必要です。特に、写真撮影や美容室の予約など、外部委託されるサービスは、しっかりチェックしておきたいポイントです。「写真撮影は外部の写真スタジオを利用する必要がある」など、振袖レンタルとは別に手配しなければいけない場合もあります。

一方で、「写真撮影や美容室の予約まで全てお任せ」という、ワンストップサービスを提供しているレンタル店舗もあります。そういった店舗なら、面倒な手配も不要で、当日の準備もスムーズに行えるでしょう。ヘアメイクから写真撮影、お支度までを一貫して行ってくれるので、安心感も抜群です

美容室やスタジオとの行き来も必要なく、レンタル店舗内で全てが完結するので、当日のタイムスケジュールも立てやすいこともメリットの一つです。「移動時間が読めない…」なんて心配もありません。契約時に付帯サービスの範囲をしっかり確認し、安心して振袖レンタルを利用しましょう。

ゆめやの「成人式・振袖を自由に選べる前撮りプラン」は2月~12月にご利用いただける、振袖レンタルとロケーション撮影がセットになったお得なプランです。成人式以外にも、特別な振袖姿を美しい景色を背景に写真に残していただけます。撮影場所は都内限定となりますが、お好みのロケーション指定や撮影リクエストにも柔軟に対応いたします。プランには肌着・髪飾り・草履・バッグなどの衣裳小物も含まれるため、当日は手ぶらでお越しください。カメラマン・着付け・ヘアメイクといったロケーション撮影に必要なものは全てゆめやが手配いたしますので、安心して撮影に臨んでいただけます。

まとめ

結婚式に参列する際、振袖のレンタルを利用して、手軽に、そしてお得に振袖を楽しんでみませんか?東京には数多くの振袖レンタル店があり、豊富な種類の振袖から、自分に合ったデザインや色柄、サイズを選ぶことができます。この記事を参考に、ぜひ東京で、自分に合った振袖レンタル店を見つけてください。初めての振袖選びも、きっと楽しい思い出になるはずです。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ

【初心者向け】七五三で輝く!レンタル着物の選び方とおすすめ紹介

はじめに 七五三のお祝いは、日本の伝統的な成長の節目を祝う大切な行事です。具体的には、5歳の男の子、3歳と7歳の女の子の成長を、毎年11月15日に近い日にお祝いします。 この特別な日、お子さまたちは華やかな着物を身にまと […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!