着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

浴衣イメージ

【初心者向け】安い着物: 本当におすすめなのは?賢い選び方

はじめに

着物の美しさ、その風雅さを取り入れて日常を華やかに彩りたいと思っている方は多いのではないでしょうか。特に、2023年にはさまざまな新しいトレンドや着物関連の商品が増え、ますますその魅力に取りつかれる人が多くなっています。しかしながら、着物にはさまざまな種類や用途があり、初めての方にとっては、どれを選ぶべきか、どのように楽しむべきか難しいと感じることもあるでしょう。

そんな方のために、この記事では「安い着物」にフォーカスして、2023年のトレンドや選び方、おすすめのポイントなどをご紹介します。暑い夏にぴったりの浴衣や、華やかな訪問着、振袖などの正式な場での着物まで、さまざまなシチュエーションでの選び方をお伝えします。

2023年、安くて素敵な着物を探す魅力

2023年も残すところあと3カ月。七五三やお正月などの行事もあるこれからの季節に向けて新しい着物を着て出かけたいと考える方も多いでしょう。安い価格帯のものから、高品質な正絹のものまで、さまざまな商品が販売されています。

トレンドとしては、夏の涼しげなポリエステルの浴衣や、古典的な柄を取り入れた小紋、そして華やかな花柄の振袖などが登場。特に今年のトレンドカラーとして、ベージュや黒を基調としたデザインが多く見られます。また、商品の通販サイトや店舗でも、新品のアイテムやセール情報がどんどん更新されているので、お得に購入することもできるでしょう。

通販のサイトでは、詳細なサイズや素材、着用方法などが掲載されているため、自分に合った商品を安心して選ぶことができます。また、商品の価格帯もさまざま。安いものから高価なものまで幅広く取り扱われているので、自分の予算や用途に合わせて選べます。さらに、送料無料のサービスや返品・交換サービスも提供されている店舗が多いので、通販での購入も安心です。

記事で学べる着物の基本情報と選び方

着物選びは、まずその用途を考えることが大切です。日常で気軽に着るためのものであれば、浴衣やポリエステル製のカジュアルな小紋がおすすめ。正式な場には、訪問着や色無地、そして振袖や留袖といった格式の高いものを選びましょう。また、帯や小物とのコーディネートも楽しみの一つ。名古屋帯や草履、帯締めや帯揚げなど、さまざまなアイテムを合わせて、自分らしいスタイルを楽しむことができます。

この記事では、そんな着物の基本情報や選び方、さらには通販サイトや店舗での購入のポイントも詳しくご紹介します。初めての方でも、この記事を読めば安くて素敵な着物を選ぶことができるようになるでしょう。どのような商品が2023年のトレンドなのか、また、どのようにしてお得に購入することができるのか、そのすべてをこの記事で学べます。

安い価格でありながら、品質の良い着物を見つけるためのポイントや、自分のサイズに合った商品を見つけるための方法など、着物選びの基本から応用までを網羅しています。これからの季節、新しい着物を購入しようと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

安くておすすめの着物タイプ

浴衣と単衣の違いとは?

夏の訪れと共に多くの女性が浴衣や単衣の購入を考え始めます。そもそも、浴衣と単衣って何が違うのでしょうか。初めて着物を買う時、この疑問にぶつかる方も少なくないでしょう。

浴衣は夏の和装の代表ですね。綿やポリエステルなどの軽い素材で作られ、通気性がよく、汗をかきやすい夏の時期に適しています。人気の柄はポップでカジュアルなものが多く、祭りや花火大会などのイベントでよく見かけます。長襦袢を着ないで、浴衣だけで着用できるので、気軽に始めたい方や学生さんにもおすすめです。また、コーディネートは半幅帯を使用し、下駄と合わせるのが一般的です。

一方、単衣は初夏や初秋に適した着物で、一重の生地で作られています。素材は正絹や紬など、浴衣よりも少し上品なものが多いです。また、柄も浴衣よりは落ち着いたものが多いですね。帯は名古屋帯や袋帯といったものを合わせ、足元は草履がおすすめです。また、着物の下に長襦袢を着るので、半衿でのおしゃれも楽しめます。

プレタと既製品のメリット

着物の世界にはさまざまな種類や選び方がありますが、初心者にとっては「プレタ」と「既製品」が気軽に始められる選択肢として人気です。

プレタは「準備された」という意味で、着付けやすく調整された着物のことを指します。サイズも豊富で、体型に合わせて選べるのが魅力。また、価格も手頃で、初めての着物として購入する方におすすめです。
既製品は、すでに仕立てられた状態で販売されている着物のこと。サイズやデザインが固定されていますが、その分手軽に選べるのが特長。両方のメリットを活かしながら、自分のライフスタイルや好みに合わせて選ぶのがポイントですね。

カジュアルから伝統的な小紋までの種類

着物にはたくさんの種類があります。その中で、特にカジュアルな場面で幅広く利用できるのが「小紋」です。

小紋は、全体に小さな柄が織り込まれた着物で、色もさまざま。伝統的な柄からモダンなデザインまで、幅広い選択肢があります。

また、小紋は帯や小物の選び方によって、カジュアルにもフォーマルにもアレンジできます。例えば、名古屋帯や半幅帯を合わせることで、日常のお出かけや友人とのランチにもピッタリ。フォーマルの袋帯に豪華な帯締めを合わせることで、絵付けによっては、ちょっとしたパーティーや結婚式の二次会にも対応できるのが小紋の魅力です。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物を取り扱うレンタルショップです。ちょっとしたお出かけにお使いいただける小紋をご紹介しましょう。「露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着」は、縮緬に辻が花模様が描かれた、訪問着の中の小紋になります。2枚のきものを1枚に仕立て直した、ゆめやのオリジナルの片身替わりのきものです。帯・バッグ・草履などのほか、必要な小物は全てセットでお届けいたします。

カラーやデザインで選ぶポイント

2023年のトレンドカラー紹介:グリーン、グレー、パープルなど

今年の着物のトレンドカラーは、グリーン、グレー、そしてパープルが大注目となっています。これらの色が持つ魅力と、着物でのおすすめの組み合わせについてご紹介いたします。

  • グリーン: 新緑の季節を連想させる、清涼感ある色。特に夏の着物や浴衣におすすめの色で、涼しげな印象を与えることができます。この色の着物には、黒やベージュの帯がよく合います。
  • グレー: 落ち着いた印象を持つグレーは、大人の女性に特におすすめの色。特に、色無地や小紋などのシンプルな柄のものとの相性が良いです。グレーの着物には、シルバーや白の帯がとても合います。また、グレーの振袖や訪問着など、フォーマルな場面での利用も増えています。
  • パープル: 華やかでありながらも、深みのある色合いが特徴。パープルの着物は、発表会やパーティーなどの華やかな場面での利用がおすすめです。この色の着物には、金や銀の帯や小物がよく合います。

レトロモダンや花柄、大正ロマンの魅力

日本の伝統的な文化やデザインを愛する女性には、レトロモダンや大正ロマンのようなデザインの着物が特に人気です。また、花柄の着物も、その華やかさから多くの女性に支持されています。

  • レトロモダン: 昔の日本の風情を感じさせるデザインが特徴。古典的な柄や色合いが魅力的で、和装をより深く楽しむことができます。レトロモダンの着物には、古典的な帯や小物がよく合います。
  • 花柄: 四季折々の花をモチーフにした柄は、女性の柔らかさや華やかさを引き立てることができます。特に春や夏の季節には、桜や菖蒲、紫陽花などの花柄の着物がおすすめです。
  • 大正ロマン: 大正時代の華やかさやモダンさを感じさせるデザイン。特に、花柄やアールデコ調の柄が人気です。大正ロマンの着物には、レトロな帯や小物がよく合います。

ゆめやの小紋の中から、「グリーンの鹿の子柄に扇面が膨れ織りされた訪問着」をご紹介しましょう。扇面が膨れ織りで織り出された小紋柄のアンティークきものです。鹿の子模様の濃いグリーンに、花々が膨れ織りになった扇面が描かれています。結ぶ帯次第で、セミフォーマルな場面にも、カジュアルな場面にも対応できる小紋です。

若い世代向けのポップや個性派デザイン

近年、若い世代の女性たちの中で、ポップなデザインや個性派のデザインの着物が注目されています。これらの着物は、従来の伝統的なデザインとは一線を画すものが多く、新しい風を感じさせるものばかりです。

  • ポップなデザイン: カラフルな色合いや、アニメやマンガをモチーフにした柄などが特徴。これらのデザインの着物は、若い女性たちの中で特に人気となっています。また、これらの着物には、同じくポップなデザインの帯や小物がよく合います。
  • 個性派のデザイン: 従来のデザインにはない、新しい発想やアイディアが詰まった着物。これらのデザインは、一風変わったものが多く、個性的なファッションを楽しむことができます。

着物の魅力は、その多様性にあります。どんなデザインや色合いのものを選ぶかは、その人の個性や好みによって異なります。だからこそ、自分だけの一着を見つけて、和装の楽しさを味わってみてください。

サイズと素材の選び方

日本製の100%綿やポリエステルの特徴

着物を選ぶ際に、素材はたいへん大きなポイントとなります。日本製の100%綿は、綿だけで作られており、肌触りが良く、吸湿性にも優れています。特に夏の暑い時期には、この綿の着物はたいへん快適です。また、通気性が良いので、汗をかいてもサラッとした着心地が持続します。

一方、ポリエステル製の着物もまた魅力的。ポリエステルは耐久性があり、色あせしにくく、家庭で洗濯できるので、お手入れも簡単です。特に、日常的に着物を着る方や、初めて着物を購入される方には、ポリエステルの着物はおすすめです。

洗える着物と手入れが必要な正絹の違い

着物の素材によって、お手入れの方法も大きく異なります。例えば、ポリエステルや綿の着物は、家で手洗いすることができる「洗える着物」として人気があります。特に忙しい現代女性にとって、手間をかけずに簡単にお手入れができるのは魅力的ですね。

一方、正絹の着物は、絹100%で作られているので、手入れが少し繊細です。正絹は水分を吸収しやすく、また摩擦に弱いため、専門のクリーニング店でのお手入れが必要です。手間はかかりますが、正絹の着物は、その光沢感や落ち感が特に美しく、フォーマルな場での着用には最適です。

身丈や裄丈、サイズ感についての基礎知識

着物を購入する際には、サイズ選びもたいへん重要です。身丈や裄丈は、着物の基本的なサイズとなる部分で、これらのサイズが自分に合っていないと、着物がきれいに着こなせません。

身丈は、着物の縦の長さを指します。自分の身長や好みに合わせて、適切な身丈を選びましょう。裄丈は、首の付け根から手首までの長さを指します。こちらも、自分の腕の長さに合わせて選ぶことが大切です。

ここまで、サイズや素材に関する基礎的な知識をお伝えしました。着物は、その人のライフスタイルや好みに合わせて、じっくりと時間をかけて選びたいものですね。

安い着物の購入先とお得な情報

通販での安心な購入方法と送料のポイント

皆さんもご存知の通り、今や通販での着物購入はたいへん便利になっています。どの店舗も、着物の詳細や品質がしっかりと紹介されていて、安心して商品を選べるのが特徴です。通販を利用する際の一番のメリットは、多様な商品を比較しながら、自分好みの柄や色、価格帯をじっくりと選べることでしょう。

ですが、気をつけたいのが送料です。一部の商品は送料無料と明記されていますが、それ以外の商品の場合は、注文の際に送料が発生する可能性があるため、購入前に送料の詳細を確認しておくことが大切です。また、通販での購入時には、サイズの選び方もたいへん重要です。自分のサイズをしっかりと計測し、商品のサイズ詳細と照らし合わせて選ぶことで、後の返品や交換の手間を省くことができます。

中古やレンタルでのコスパ良い選び方

中古の着物やレンタルは、予算を抑えたい方にとって魅力的な選択肢です。特に、特別な場での一度きりの使用を考えている場合や、試しにいくつかの種類や柄を楽しみたい方にはおすすめの方法です。

レンタルについては、期間や価格、返却方法などの詳細をしっかりと確認しましょう。また、アクセサリーや小物、帯などのセットでのレンタルも提供されている場合が多いので、トータルでのコーディネートを楽しむこともできます。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物を取り扱うレンタルショップです。特別な日にレンタルをお考えの方は、ぜひ、ゆめやの小紋もご覧ください。両端が独身者向け、中央は既婚者でも独身者でもお召しいただけます。帯・バッグ・草履などのほか、必要な小物は全てセットでお届けいたします。

オシャレにコーディネートする小物たち

美しい着物のスタイルを完成させるためには、小物選びも欠かせません。ここでは、人気の小物の選び方や、さらにオシャレを楽しむためのポイントをご紹介します。

名古屋帯や袋帯、半幅帯の選び方

着物の魅力を引き立てるための最も大切なアイテム、それは帯です。名古屋帯、袋帯、半幅帯と、さまざまな種類がありますが、それぞれの特徴を理解して選ぶことで、より深い着物の楽しみが広がります。

  • 名古屋帯: 最も人気があり、日常の着物に最適です。さまざまな柄や色があり、お出かけやちょっとしたお茶会など、カジュアルなシーンにぴったりです。2023年のトレンドは、ベージュや淡い色の背景に、花や古典的な柄が入ったもの。
  • 袋帯: 正式な場やフォーマルなシーンでの着物、たとえば訪問着や留袖に合わせるのが定番です。長さがあるので、豪華な結び方が楽しめます。カジュアルな袋帯も近年増えていて、飾り結びを楽しむこともできます。素材は、正絹が主流ですが、ポリエステル製もあります。ポリエステルの帯は手入れが楽なのが魅力。
  • 半幅帯: カジュアルな浴衣や紬に合わせることが多い帯です。夏祭りや花火大会など、リラックスしたシーンでの使用に最適です。色や柄のバリエーションも豊富なので、自分のスタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

おすすめの和装小物:帯締め、帯揚げ、草履など

着物の印象を大きく左右するのが和装小物。帯締めや帯揚げ、バッグ、そして足元の草履は、全体のコーディネートのポイントとなります。

  • 帯締め: 帯の上から巻いて帯を固定するほか、アクセサリーの役目も果たします。金額はさまざまで、シンプルなものから豪華なものまで幅広く選べます。
  • 帯揚げ: 帯枕を包んでお太鼓の形を支えるほか、帯の上に見える飾りともなります。色や柄を変えるだけで、同じ着物でも異なる雰囲気になるので、複数持っていると便利です。
  • 草履: 和装の履物として欠かせないアイテム。カジュアルなものを浴衣に合わせたり、正装の際には金や銀草履を選ぶことが多いです。デザインにこだわりを持つことで、より上品な印象を演出できます。
  • バッグ: 和装に合わせるバッグは、サイズやデザインが特徴的。小ぶりなので、出かける際は必要最小限のものを選んで持ち歩くことがポイントです。フォーマルのバッグは、草履とおそろいのセットになっているものも多いので、そちらを選ぶと安心です。

ゆめやの草履からピックアップしてみましょう。小紋でお食事や街歩きの場合は左端と中央、少しかしこまった席にお出かけの場合は右端の礼装用でいかがでしょう。

ヘアやアクセサリーで完成させる華やかスタイル

着物をさらに引き立てるためのポイントとして、髪型やアクセサリーも欠かせません。特に髪型は、着物の雰囲気を大きく左右します。

  • ヘアスタイル: アップスタイルが基本ですが、簡単な三つ編みやお団子ヘアなど、シンプルなものからアレンジを加えたものまで、さまざまなスタイルが楽しめます。和装に合わせる髪飾りを付けると、さらに華やかに。
  • アクセサリー: ピアスや指輪など、デザインや素材にこだわりを持つことで、オシャレ感をアップさせることができます。ただし、あまり派手なものは避け、シンプルで上品なものを選ぶのがおすすめです。

以上、オシャレにコーディネートするための小物やアイテムをご紹介しました。自分好みの小物やアイテムを見つけて、着物ライフをさらに楽しんでください。

まとめ

安くても品のある着物の選び方の再確認

着物は日本の伝統的な服装で、その美しさと独特の雰囲気は多くの人々の心を魅了してきました。今回、私たちが探求した、安くても品のある着物の選び方を再確認しましょう。

最初に、きものの選び方の基本として、素材をしっかりと確認することが大切です。ポリエステルなどの合成繊維の着物は価格が安いことが多く、家庭で洗えるので、汗をかきやすい夏場などにはおすすめの素材と言えます。一方で、正絹のような天然の素材は、滑らかな質感や独特の光沢が魅力となります。

次に、柄や色選び。小紋や色無地などのシンプルな柄や色は、初心者の方でもコーディネートしやすく、通年での利用が可能です。特定のイベントや季節に合わせて着物を楽しみたい方は、季節感のある柄や色を選ぶのも良いでしょう。例えば、夏には涼しげな青や水色、花の柄がおすすめです。

そして、購入時のポイントとして、通販サイトの利用が増えています。信頼性のあるサイトでは、商品の詳細や金額、送料が無料の場合もあるので、しっかりとページを確認して購入することがおすすめです。返品やサイズ交換の対応についても、事前に確認することで、安心して購入を楽しむことができます。

着物ライフを楽しむための最後のポイント

着物を楽しむための最後のポイントとして、まず、着付けの基本を身に付けることが重要です。帯や小物、長襦袢などの基本的なアイテムを用意し、正しい方法での着付けを練習することで、より美しく、そして心地よく着物を着ることができます。

また、日常的に着物を楽しむためには、保管方法やメンテナンスにも気を付ける必要があります。湿度や直射日光を避け、風通しの良い場所での保管がおすすめです。特に、汗をかいた後や雨の日には、しっかりと乾燥させることが大切です。

そして、着物をもっと深く知り、さらに楽しむためには、和装に関するイベントや教室に参加するのも良いでしょう。店舗での体験教室や、着物サイトでの新着情報やコーディネートの提案など、日常的に情報をチェックすることで、より深く着物文化に触れることができます。

最後に、最も大切なことは、自分自身のスタイルを見つけ、それを楽しむことです。価格やブランド、流行を追うだけではなく、自分の好みやライフスタイルに合った着物を選び、心から楽しむことが、最も魅力的な着物ライフを送る鍵となるでしょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

青磁色グラデーション辻が花の訪問着【hou03】

【着物のプロが監修】レトロ着物レンタルで感じる日本の美

はじめに レトロ着物レンタルの魅力 レトロ着物レンタルは、時代を超えた着物の美しさを気軽に体験できるサービスです。古典的な柄やアンティークな風合いが特徴のレトロ着物は、特別な日の装いや記念撮影、文化イベントなど、さまざま […]

ひとつ前の記事

結納イメージ

【親も納得】結納で着るべき服装: マナーを守るためのポイント

はじめに 結婚の準備は、喜びとともにさまざまな準備が必要とされる大きなイベントです。なかでも、結納は日本の結婚の伝統的な行事として、両家が初めて正式に顔を合わせる大切な儀式です。そのため、その場のマナーや服装には特に気を […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!