花浅葱色の金通し地に辻が花の振袖【fui49】

【保存版】辻が花の着物購入ガイド | 値段と品質の安心比較

はじめに

日本の伝統的な衣服である着物は、世界中でその美しさと精緻さが知られています。ところで、みなさんはその着物の一つである「辻が花」という言葉を耳にしたことはありますか? 今日はこの「辻が花」という魅力的なデザインと、着物自体の魅力についてゆっくりとお話ししていきたいと思います。

辻が花とは?

「辻が花」とは、絞り染めの一種で、特に京都で人気の高い技法です。この名前の由来は、街角(辻)に咲く花のようにその模様が布地に散らばっていることから名付けられたとする説のほか、諸説存在します。絞り染めとは、生地を絞って染めることで、独特のぼかし模様を作り出す技法のこと。特に「辻が花」は、そのぼかし模様が花のように美しく、まるで絵画のような美しさを持っています。

絞り染め自体は室町時代に全盛期を迎えた伝統的な技法で、現在も受け継がれています。繊細な色合いや模様、そして一針一針心を込めて縫い上げられるその姿は、まさに芸術品とも言えるでしょう。ただし辻が花は江戸期に友禅の普及などで表舞台から姿を消したため、現在では「幻の染物」とも呼ばれています。

さて、この辻が花の着物を探す際に、多くの方がおすすめとして挙げるのが京都の着物屋さん。京都には歴史ある着物屋や、京友禅という特有の染め技法を持つ店舗が多く、新品からリサイクル、中古までさまざまな状態や価格帯の商品を取り揃えています。特にリサイクルや中古の商品を探す方にとっては、価格も手頃で、しかも高級な品質のものが見つかることも。

着物の魅力とは?

着物の魅力は、その美しさだけではありません。着物一つでその人の品格や、背負っている歴史、そしてその日の気持ちや目的までを表現することができるのです。

一般的に、着物は成人式や結婚式、お茶の席などのフォーマルな場で着られることが多いですね。振袖や留袖、訪問着など、その種類や柄、色によってどのような場面で着るかが決まっています。

しかし、着物の世界はそれだけではありません。夏には涼しげな浴衣で花火大会を楽しんだり、カジュアルな小紋で友人とのお出かけを楽しんだり…。着物の選び方や合わせる帯、小物によって、その日の気分や目的に合わせた自分だけのスタイルを楽しむことができるのです。

着物を選ぶ楽しみもありますね。色や柄、生地の種類や品質、そして価格。自分の好みやその日の気分、さらには予算に合わせて最適な一枚を見つける過程は、まるで宝探しのよう。着物屋さんでの試着の際に、鏡を見て「これは私のもの!」と心が躍る瞬間は、何物にも代えがたい幸せを感じるものです。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物を取り扱うレンタルショップです。辻が花の訪問着「紅藤色と瑠璃色グラデーションの辻が花の訪問着」を見てみましょう。漂う花々が夢のように美しいですね。ピンク系からブルー系へのグラデーションに、牡丹・桔梗・菊・桜・藤・紅葉などが絞り出されています。色の数だけ染めを繰り返しますので、たいへんな手間と時間がかかったことでしょう。どこに着て行っても見劣りのしない訪問着です。

辻が花の着物の特徴

辻が花の着物に触れると、歴史の中で織り成された日本の伝統的な美しさを感じられます。特にその色と柄の組み合わせや使用される技法が、辻が花の魅力を十分に引き出しています。この美しさを共有したいと思うのは自然なことですね。

色と柄の特徴

辻が花の着物を一言で言えば、「花」と「辻」の美しいコラボレーションです。着物の色はたいへん多様です。例えば、成人式でよく見られる振袖は、鮮やかな赤やピンクが特徴的。また、訪問着や留袖など、より格式のある場面で着る着物は、落ち着いた色合いが選ばれることが多いようです。

柄の面での辻が花の特徴は、「花」が主役となることがしばしば。ただの花柄とは一味違い、柄一つ一つにストーリーが込められています。花の種類や配置、そしてその花の背景となる「辻」、さまざまな花が交わり、独特の景観を作り出しています。

このような独特な色と柄の組み合わせは、京都でも人気があります。京都は古くからの伝統や文化が息づいている場所ですから、辻が花の着物もその歴史や背景を感じさせるものとなっています。着物を選択する際に、自分の好みの色や柄を探すのは楽しい時間となるでしょう。ネット上や着物専門店などで、自分だけの一品を見つけることができます。

ゆめやの振袖には、辻が花の振袖もございます。「深緋色のぼかし辻が花の振袖」は、朱色の正絹地は金糸・銀糸が織り込まれ、「辻が花」が手描きされた現代物の振袖です。裾の文様に加え、袖口から袂に描かれた枝垂れが、誠に優美です。これほど高級な振袖は、成人式の会場でも出会うことはないと思いますよ。

使用される技法:絞りと縮緬

辻が花の着物がこれほどまでに美しいのは、その背景にある技法にも理由があります。特に「絞り」と「縮緬」といった技法が、着物の魅力を高めています。

「絞り」とは、生地を絞って染料を染み込ませないようにする技法です。この技法を利用することで、生地に美しい模様を作り出すことができます。絞り染めの技法は細やかな作業が必要とされ、その手間ひまが辻が花の着物の価格を高くする一因ともなっています。しかしその価格に見合うだけの美しさや独特の風合いが得られるのも絞りの技法ならではでしょう。

「縮緬」とは、絹糸を縮ませて織り上げることで、特有のしわやぼかしの模様を持つ生地のことを指します。この縮緬の技法は、辻が花の着物の柔らかさや高級感を引き立てています。

絞りや縮緬といった技法は、専門の職人さんの手によって行われます。そのため、購入する際には商品の品質や製造者の情報をしっかりと確認するのがおすすめです。購入先や、レンタルと新品のチョイスも重要です。レンタルであれば気軽に高級な着物を楽しむことができますが、新品購入の場合は、長く自分の着物として愛用できるというメリットがあります。

辻が花の着物の美しさや、その背景となる技法についてご紹介してきました。これからの季節、辻が花の着物を着る機会も増えるかと思います。ぜひこの記事の情報を参考に、自分だけの一品を見つけてくださいね。

着物の種類とその用途

振袖と成人式

着物と言えば、多くの方が最初に思い浮かべるのは「振袖」ではないでしょうか。振袖は、長い袖が振れるようなデザインが特徴的な着物です。振袖は成人式の際に着用されるのが一般的。成人式は一般的に20歳を迎えることをお祝いする大切なイベントです。新たな大人としての門出を祝うこの日は、多くの女性が振袖を選び、着物屋でのレンタルや購入を検討します。

ゆめやの商品一覧を見ても、振袖の中には花や文様、色とりどりの柄が施されているものが多いですね。これは、成人式という華やかな場で自分の個性や美しさを最大限に表現したいという思いを反映させているから。白や赤、黒など基本的な色から、煌びやかな金色や鮮やかなブルーまで、色の選択肢も豊富です。

ブルーの辻が花を見ていただきましょう。「花浅葱色の金通し地に辻が花の振袖」は、金糸と地紋様が織り込まれた正絹地に、赤・黄・緑のぼかしがほどこされ、たおやかな花々が描き出されています。帯は着物の格に合うように、龍村を結びました。黒地がしっかりと着物を引き締めています。着物と帯に存在感がある分、重ね衿・帯揚げ・帯締めはシンプルなものを合わせました。

京都の伝統的な染めや、着物の歴史が感じられる友禅などの技法も人気。さらに近年では、ブランド品や作家のオリジナルデザインも増えてきていて、独自の世界観を持つ振袖を選ぶことも可能です。

ですが、振袖を選ぶ際のポイントとして何よりも大切なのは「自分らしさ」。自分の好みや体型、肌の色に合わせたものを選ぶことで、成人式の日が一生の思い出となります。帯や小物との組み合わせを楽しむ方も多いですね。専門店での相談や無料の問い合わせサービスなどを利用して、自分に合った振袖を見つけるのがおすすめです。

訪問着のフォーマルな場面での役割

次に、訪問着について。訪問着は、訪問時やフォーマルな場面で着用される着物です。結婚式やお茶会、パーティーなど少し格式のある場での着用が多く、色や柄、模様などは控えめでありながらも、高級感あふれる生地や織りが特徴です。

ゆめやでは訪問着も多く取り扱っています。他店で訪問着を購入する場合の価格は、ブランドや生地や染めの技法などによっても異なりますが、いずれにしても高級品であるため価格帯は高めとなることが一般的です。

綸子に総絞りと辻が花の訪問着」は、綸子の総絞りに辻が花が描かれています。ふっくら、はんなりとした印象の訪問着です。おめでたいお席で、ぜひお召しになっていただきたいですね。

訪問着を着る際のポイントとして、帯や小物との組み合わせが重要です。専門の着物店でのアドバイスや事前の情報確認などを通して、上品で整ったコーディネートを楽しむことができます。

単衣と夏の和装

日本の夏は暑さが特徴的ですが、それに合わせた和装も存在します。それが「単衣」。単衣は、夏場の暑い時期に適した薄手の着物で、清涼感があります。生地は涼しげで、通気性が良いのが特徴です。

ゆめやのサイトでは、夏におすすめの着物は少ないのですが、単衣の振袖や、絽の黒留袖・色留袖の取り扱いはございます。夏物は、涼しげな色や柄、ぼかしや絞り染めなどの技法が施されたものが人気ですね。夏の風物詩として、浴衣も単衣と同じく夏の和装として楽しまれます。ただ、浴衣はもう少しカジュアルな場面での着用が一般的です。

単衣を着る際のポイントとしては、夏らしい爽やかなコーディネートを楽しむこと。帯や小物も夏向けのものを選ぶことで、さらに夏らしさを引き立てることができます。専門店でのアドバイスや事前の情報検索を通して、夏の和装を心地よく楽しむことができます。

辻が花ではありませんが、夏の振袖と黒留袖・色留袖をご紹介しておきますね。夏の結婚式や結納でお召しになってください。

ここまで、着物の種類とその用途についてお伝えしました。着物は、日本の伝統と文化を感じさせる美しい衣服。さまざまな場面での着用を楽しんでくださいね。

辻が花の着物の価格相場

辻が花の価格相場はどのようになっているのでしょうか? ここでは、辻が花の着物の価格に関わるポイントについて、深く掘り下げてみたいと思います。

新品、中古の値段の違い

まずは辻が花の着物の購入方法として、新品と中古の違いを考えてみましょう。

新品の辻が花の着物は、やはり品質や状態が最も良いものとなります。専門の店舗やブランドでの購入が考えられ、価格は高級品としての設定がなされています。今後着物を着る機会が増える方や、特別な場面での利用を考えている方におすすめです。

一方で中古品は、価格的には手頃になります。ただし、購入する際に商品の状態や品質を確認することが大切です。中古の着物を扱う店舗で、専門のスタッフからアドバイスを受けながら選ぶと安心です。

現在では多くの店舗やサイトで中古品の辻が花の着物も取り扱われています。特に専門店では商品の品質や状態をきちんと確認してから購入できるので、初めての方でも安心して選ぶことができます。

正絹とその他の素材との価格差

次に、辻が花の着物の素材について見てみましょう。正絹と呼ばれる高級な素材と、その他の素材とでは価格に大きな差が出ることがあります。

正絹はシルク100%で作られた素材で、その風合いや光沢、質感は他の素材とは比較になりません。そのため、正絹の辻が花の着物は価格が高くなる傾向があります。

その他の素材としては、ポリエステルやレーヨンなどが考えられます。これらは価格的には手頃でありながら見た目や質感もよく、日常のお出かけやカジュアルな場面での着用には向いています。

価格に影響する和装小物

では、辻が花を着こなす際の価格に影響を与える和装小物について触れてみましょう。着物を美しく着こなすためには、帯や帯締め、下駄や草履といった小物も欠かせません。

これらの小物にも、さまざまな価格帯や品質が存在します。例えば帯には高級なものからカジュアルなものまで幅広く、価格帯もさまざまです。

専門店では着物とセットでの購入をおすすめされることもあります。そうすることで全体のコーディネートが一貫したものとなり、より美しく着こなすことができます。

和装小物の選び方や価格帯に関する詳しい情報は、ネット上でも確認することができます。

ここまで、辻が花の着物の価格相場についてさまざまな角度から考察してみました。どのような着物を選ぶかは、予算や利用シーン、好みに合わせてじっくりと選んでください。

着物のサイズと選び方

着物はその美しいデザインや色合い、模様、生地や技法など、多くの要素で魅力を放っています。ですがその美しさを最大限に引き出すためには、サイズ選びがたいへん大切です。特に初めて着物を購入する際は、サイズ選びに迷う方も多いかと思います。ここでは着物のサイズ選びのポイントや具体的な測り方、さらにサイズに応じた適正な価格についてご紹介いたします。

裄や身丈の測り方

着物を選ぶ際に、最も重要なのは「裄」と「身丈」の2つのサイズです。これらのサイズが合っていないと、着物が体にフィットしないだけでなく、美しい着付けが難しくなってしまいます。

「裄」とは、首の後ろの付け根から肩を通って手首のくるぶしまでの長さのことを指します。この長さが短すぎると腕が動かしにくくなってしまい、長すぎると袖が邪魔に感じることがあります。

一方「身丈」とは、着物の一番上から裾までの長さのことを指します。この身丈が短すぎると足元が見えてしまったり、長すぎると地面を引きずったりしてしまいます。

これらのサイズを正確に測る方法として、一般的には、専門の店舗や着物のレンタルサービスでの無料の採寸を利用するのがおすすめです。自宅での簡易的な測定方法としては柔らかいメジャーを利用し、腕を自然に下げた状態で裄を、立った状態で身丈を測るのが一般的です。

身長に合わせたサイズの選び方

身長に合わせて着物のサイズを選ぶのは基本ですが、細かいサイズ感やその他の条件も考慮に入れることが大切です。

例えば165cmの方の場合は、一般的には身丈が約160cm〜170cm、裄が約67cm〜70cmの着物が適しています。このように、身長と身丈のサイズがほぼ同じくらいのものを選ぶと、美しいシルエットを保ちやすくなります。

ただし、これらのサイズはあくまで一般的な目安です。体型や好みのシルエット、使用する帯の種類なども考慮に入れて、最適なサイズを選んでください。

サイズに応じた適正な価格

着物の価格は、生地やデザイン、ブランドなどさまざまな要因で変動しますが、サイズによっても価格が変わることがあります。特に、一般的なサイズよりも大きめや小さめのサイズは、価格が高くなる傾向があります。

ですが、高級な品質の着物を求める方や、特定のデザインや染め、ブランドを希望する方は、少し高い価格でも購入を検討されることは多々あります。

中古の着物を探すことでお得に購入する方法もあります。特に京友禅などの伝統的なブランドの着物を探す際には、リサイクルや中古の商品も考慮に入れると幅広い選択肢からお気に入りの一着が見つかる可能性が広がります。

着物を選ぶ際には、自分のサイズや体型、好みをしっかりと考慮し、適正な価格で購入することを心がけてください。美しい着物は長く愛用できるため、少しの時間と労力をかけて、最適な一着を選ぶことをおすすめします。

レンタル vs 購入

レンタルのメリットと期間

着物を身に纏うとき、その魅力に取り憑かれる方も多いでしょう。美しい文様や生地のしなやかさ、帯の組み合わせの楽しさ。それらを気軽に楽しむ方法として、レンタルが選ばれることが増えています。レンタルの一番のメリットは、初めての方でも気軽に着物の魅力を味わえること。高級な着物やブランドの振袖も、購入するよりも手頃な価格で利用できるのが魅力ですね。

京都の京友禅など地域の伝統的な染めや絞りの技法を用いた着物も、レンタルすることで手に取ることができます。着物の種類や模様、色を選ぶのが難しい方にとっては、店員がおすすめの組み合わせを教えてくれるのも嬉しいポイントです。

期間に関しては、成人式やパーティーのための一日レンタルから、旅行や観光で数日間のレンタル、さらに長期間のレンタルも可能です。どの期間を選ぶかは、利用する目的や予算によって異なります。

購入時の注意点と価値

着物の購入を考える際に、何より大切なのはその価値を知ること。新品の商品から中古品まで、さまざまな状態の着物が店舗やオンラインで取り扱われています。購入する際のポイントとしては、生地の質や柄、色、そして価格を確認することが大切です。

高級な品とされるものには、手間と時間をかけた絞り染めや刺繍、そして京友禅のような伝統的な技法が用いられていることも。これらの技法や生地の特徴を知ることで、自分の求める着物を見つけやすくなります。

家族から受け継がれる振袖や、特別な日のための訪問着、そして日常を彩る浴衣など、それぞれの着物が持つ背景や物語に触れることで、着物の魅力をより深く感じることができます。

着物レンタルの流行

近年着物のレンタルが流行している背景には、いくつかの理由が考えられます。多くの方が着物を日常的に着る機会が少なくなってきている中で、特別な日やイベントに非日常的なものとして着用されるケースが増えていることがまず一点。成人式や結婚式、そして観光地での体験など、短期間での利用が求められる場面が多くなっているのです。

また、専門の店舗やサービスが増え、おすすめの組み合わせや正しい着方のアドバイスを気軽に受けられるようになったこともレンタルの魅力を高めています。価格の面でも、高価な品を購入するよりもレンタルする方が手軽であるため、多くの方がその利便性を求めています。

そして今やインターネットの普及により、着物に関する情報検索が手軽にできるようになったことで、自分好みの着物を探す楽しみやレンタルの方法、料金などの情報を簡単に入手できるようになったことも理由に挙げられます。こうした背景が、着物レンタルの流行を後押ししているのですね。

まとめ

着物を身に纏うと、その独特の美しさと気品を持つ日本の伝統を体感することができます。私たちが選ぶ着物の一つ一つには、独自の色や模様、技法が使われています。ここまでの情報をもとに、着物選びのポイントと予算の考え方をまとめてみました。

辻が花の着物選びのポイント

「辻が花」とは、絞り染めの技法の一つで、室町時代に隆盛した美しい花の文様です。この美しい花柄の着物を選ぶ際のポイントを少し紹介します。

  • 色の選び方: 多彩な技法で色鮮やかな花柄などが描かれています。淡いピンクや落ち着いた紺、煌びやかな金色など、自分の好みやシチュエーションに合わせて色を選ぶことが大切です。
  • 柄や模様の選び方: 辻が花の中にも、さまざまな花や文様があります。例えば白の基調に紅色の花がちりばめられたものや、黒の地に金の花が描かれたものなど、その種類は豊富。目を引く大胆な柄から控えめで上品なものまで、どの柄が自分に合っているかを考えて選びましょう。
  • 生地や質感の確認: 着物の生地もポイントです。例えば夏には涼しげな浴衣を、冬には暖かみのある生地の着物を選ぶことで、季節感を楽しむことができます。

購入する際やレンタルする際に、専門店やブランドの商品一覧などを検索してみると、自分の好みに合った商品を見つけることができます。店舗での試着などを利用すると、より納得のいく着物を選ぶことができるでしょう。

着物購入・レンタル時の予算の考え方

着物を手に入れる方法として購入とレンタルがあり、それぞれの方法に応じた予算の考え方があります。

  • 購入の場合: 新品の着物は高価なものも多いですが、長く大切に着ることを考えると、価格以上の価値があります。中古の着物も選択肢として考えてよいでしょう。中古でも状態が良く、丁寧に仕立てられていれば、新品と変わらない美しさを持っています。
  • レンタルの場合: 特定のイベントや成人式など、一時的にしか着ない場合は、レンタルもおすすめです。レンタル料金は購入に比べて安いので、手軽に高級な着物を楽しむことができます。無料での送料や返却サービスがついている場合も多く、利便性も高くなっています。

どちらの方法を選ぶかは、利用する頻度や予算、好みなどさまざまな条件を考慮して決めるとよいでしょう。予算の中で最も自分の好みに合った着物を選ぶためには、事前にいくつかの店舗やサイトで情報を確認して比較検討することが大切です。

辻が花を含めた着物選びのポイントと予算の考え方をお伝えしてきました。着物は日本の伝統として、長く愛されてきた衣装。この美しい文化を大切に、自分らしい着物選びを楽しんでくださいね。

〈参考記事〉
https://nuitori.com/tsujigahana-2013
https://furisode-hakubi.jp/blog/tie-dye/
https://www.kimonoichiba.com/media/column/840/
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/yukitaketoha/
https://kimono.support/yuki/
https://kitsuke-school.jp/basic/680/
https://www.kimono-aoki.jp/guide

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

藍色地に絣柄の大島紬きものと羽織に縞袴【men14】

【2024年最新版】男性の袴スタイル完全ガイド!着こなしと選び方

はじめに 袴は、日本の伝統的な装いとして、現代の重要なセレモニーでも中心的な役割を果たしています。特に男性が成人式や結婚式などの節目で選ぶ衣装としては、その格式の高さと美しさが重視されています。 本記事では、袴の基本から […]

ひとつ前の記事

珊瑚色に花々が染められた小紋【hak81】

【着物のプロ監修】袴でトイレに安心して行く方法:完全解説ガイド

はじめに 袴とトイレ、意外と深い関係性 意外と知られていないトピックが「袴とトイレ」の関係性です。今回の記事では、このテーマについて詳しくお伝えしていきたいと思います。 袴は日本の伝統的な衣装として、特別な日や行事で着用 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!