卒業式イメージ

【2024年最新版】袴のレンタルの相場は?卒業式に向けて徹底解説

はじめに

卒業式は、一生の思い出となる大切な日。そんな日にふさわしい装いでその場に臨むため、多くの女性が袴を選びます。袴の美しさ、その格式高さが卒業式の場に映え、多くの注目を集めるでしょう。今回は、2024年における袴レンタルの相場を中心に、袴についての基本的な知識から、レンタルのメリット・デメリットまでを解説します。

2024年における袴レンタルの相場について

袴をレンタルする際の一番の関心事は、やはり「いくらかかるの?」ということ。一般的に、袴のレンタル料金は場所や店舗、そしてセット内容によっても異なるため、具体的な数字を出すのは難しいのですが、大体の相場としては、フルセット(袴、着物、小物一式)で4万〜8万円程度と言われています。

ただし、これは大体の平均的な価格帯。実際に店舗を訪れて、自分の気に入った袴を選ぶ際には、その価格が少し上下する可能性があります。

また、袴のレンタル相場は、以下のポイントによっても変わります。

  • 店舗の人気度:人気のある店舗は、そのブランド価値やサービスの良さから、少し高めの価格設定となることが多いです。
  • セット内容:単品でのレンタルと、小物や着付けを含むフルセットでのレンタルでは、料金が大きく変わることがあります。
  • レンタル期間:レンタルする日数によっても、費用が変わる場合があります。
  • セット内容:基本のセット以外にも、ヘアセットや前撮り撮影が含まれるプランは、価格が上がることが多いです。

また、レンタルする期間や、予約をするタイミングによっても、料金に差が出ることがあります。早期割引を提供している店舗もあるので、計画的に行動することで、少しでもお得に袴をレンタルすることができるかもしれません。

袴レンタルのメリットとデメリット

袴をレンタルすることには、さまざまなメリットとデメリットがあります。まず、メリットから見ていきましょう。

メリット

  • コストを抑える:袴を購入するとなると、かなりの費用がかかることが多い。しかし、レンタルであれば、そのコストを大幅に抑えることができます。
  • 豊富な選択肢:レンタル店では、多くの種類や柄の袴が取り揃えられているため、自分の好みや卒業式のテーマに合わせて選ぶことができます。
  • 保管の手間がない:一度着た後の袴の保管場所や、管理の手間を気にする必要がありません。

一方、デメリットもあります。

デメリット

  • サイズの限りがある:店舗によっては、袴のサイズや長さの選択肢が限られていることがあります。
  • 気を付ける必要がある:レンタルの袴は、汚れや破損に注意が必要です。特に、卒業式当日は多くの人との接触や移動があるため、気を付けるポイントが増えます。

袴を選ぶ際は、自分のスタイルや予算、卒業式のテーマに合わせて、レンタルするか、購入するかを検討すると良いでしょう。どちらにせよ、袴は卒業式の一大イベント。しっかりと準備をして、最高の一日を迎えてくださいね。

アンティークきものレンタルゆめやでは、他の人と被らないアンティーク着物を取り扱っています。「グレーの波紋と黒い入子菱の縦縞 ゆめやオリジナル袴用きもの」は素材にもこだわった個性派袴コーディネート。大きなストライプの着物は目立つこと間違いなしです。袴の裾部分にも可愛らしい刺繍が入っています。

袴レンタルの基本知識

日本の伝統的な装いである袴。卒業式などの特別な日に選ばれることが多いですね。ここでは、袴の基本的な知識と、よくある疑問について詳しく解説していきます。

袴とは?晴れやかな卒業式の姿

袴は、明治時代から大正時代にかけて、高等教育を受ける女性たちが学校で制服として着用していたものです。時代が流れ、現在では卒業式を中心に、特別な日の装いとして愛されています。

袴の魅力はその独特のシルエット。大きい袴の裾が歩くたびにふわりと揺れる姿は、とても華やかで、着る人を一際引き立ててくれます。また、袴の色や柄も多種多様。伝統的なものから、現代のファッションを取り入れたものまで、様々な種類がありますので、自分の好みや卒業式のテーマに合わせて選ぶことができます。

袴を選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  • 長さ:袴の長さは大切なポイント。自分の身長に合わせて選ぶことで、より美しいシルエットを楽しむことができます。
  • 柄や色:季節や卒業式のテーマ、自分の好みに合わせて、色や柄を選ぶことが大切です。
  • 素材:袴の素材には、シルクやポリエステルなどがあります。それぞれの素材感を確かめて、自分の好みに合ったものを選びましょう。

着物と袴の違い

「袴」と「着物」、この2つの言葉をよく耳にすると思います。しかし、これらの違いを正確に知っている人は意外と少ないかもしれません。

着物

  • 着物は、長袖の和服で、身体をすっぽりと覆います。
  • 様々な場面で用いられ、成人式でよく選ばれる「振袖」や、結婚式での「白無垢」など、種類も非常に多いです。
  • 着物の下には「長襦袢」や「肌着」を着用し、外から見える部分には美しい柄や刺繍が施されています。

  • 袴は、着物の下半身を覆う、スカートのようなもの。
  • 特に、女性の卒業式での装いとして選ばれることが多いです。
  • 着物の上から袴を履く形となります。

これらの違いを理解することで、袴や着物を選ぶ際のポイントや、正しい着付け方法などもより深く知ることができるでしょう。特に、卒業式では、自分自身で袴や着物を選び、着付けを楽しむ機会も増えてきました。その際、この基本的な知識を持っていることで、更に楽しむことができるでしょう。

袴レンタル選びのポイント

袴を選ぶ際の大きな悩みの一つが、やはり「料金」。卒業式は学生生活の集大成として、特別な日です。そんな日にふさわしい袴を選びたい、でも予算も気になる…そんな皆さんのために、選ぶ際のポイントを解説していきます。

袴レンタルのプランとそれぞれの費用

袴のレンタル店舗によって、提供されるプランやセット内容は異なります。一般的なプランとしてよくあるものを以下に紹介します。

  • 基本セット
    • 含まれるもの:袴、着物、小物一式(草履、帯、巾着など)
    • 価格帯:4万〜6万円
    • ポイント:基本的なものがすべて揃っているため、初めて袴を着る方でも安心。
  • 豪華セット
    • 含まれるもの:袴、着物、小物一式に加え、ヘアセットやメイク、前撮り撮影など
    • 価格帯:6万〜10万円
    • ポイント:一日のコーディネートを一括で任せられるため、手間がかからない。
  • アラカルトセット
    • 含まれるもの:基本セットに加えて、自分の好みの小物やアクセサリーを選ぶことができる。
    • 価格帯:5万〜7万円
    • ポイント:自分の好みに合わせて、アイテムをカスタマイズできる。

これらのプランを選ぶ際のポイントとしては、自分がどれだけのサービスを求めているのか、そして予算はどれくらいか、をしっかりと考えること。特に、前撮り撮影を希望する方や、着付けやヘアメイクを任せたい方は、豪華セットなどのプランを検討すると良いでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやの袴レンタルは1点ものの貴重な着物です。ここでは、個性的で上質な袴コーディネートをご紹介します。

グリーンの鹿の子柄に扇面が膨れ織りされた小紋」は落ち着いたグリーンの鹿の子柄。金茶の袴を合わせることにより、華やかさが増します。「アガット色に橘の地模様と手描きの牡丹の小振袖」綺麗なアガット色ですね。グラデーションに手書き牡丹という豪華な雰囲気の袴セットです。「赤い総絞りの菊の花に金駒刺繍の訪問着」総絞りの着物を袴に合わせると豪華さが出ますね。可愛らしさも兼ね備えたコーディネートで晴れの日に花を添えてみてくださいね。

袴の購入とレンタル、どっちがいい?

袴の準備を進めるにあたり、悩むポイントの一つが「購入するか、レンタルするか」ですね。どちらにも魅力があり、それぞれのメリットとデメリットがあります。このセクションでは、購入とレンタルの違いを比較しながら、自分に合った選び方をご提案します。

購入のメリットとデメリット

袴を購入することでのメリットやデメリットを確認してみましょう。

メリット

  • オリジナリティの追求:購入する場合、自分の好みや体型にぴったり合ったものを選べます。
  • 思い出の保存:卒業式の後も、大切な思い出として保管することができます。
  • 再利用の可能性:将来的に再び着る機会がある場合、コスパが良くなります。

デメリット

  • 価格:購入はレンタルに比べ、初期投資が高くなる傾向があります。
  • 保管の問題:長期間の保管が必要になりますので、場所や環境の確保が必要です。

レンタルのメリットとデメリット

次に、袴のレンタルに関するメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

  • 経済的:一度しか着ない場合、レンタルの方が経済的にお得です。
  • 手間がかからない:専門の店舗でのレンタルなら、着付けや小物のコーディネートも一緒になっているので、手間がかかりません。
  • 最新のデザイン:流行のデザインを楽しめることが多いです。

デメリット

  • 選択肢の制限:店舗の在庫に依存するため、自分の理想とする袴がない可能性もあります。
  • 返却の手間:着用後のクリーニングは専門店が行いますが、レンタルした店舗に持ち込む必要があります。

袴の購入価格とレンタル料金を比較

価格の面から、購入とレンタルを比較してみましょう。以下は、大まかな平均価格です。

袴の購入袴のレンタル
料金10万円〜20万円4万〜8万円
小物等1万円〜3万円(別途購入の場合)含まれることが多い

袴の購入の場合、一式で約11万円〜23万円程度となることが多いです。一方、レンタルの場合は4万〜8万円程度で、小物や着付けなどがセットで含まれていることが多いです。

購入とレンタル、それぞれに魅力があります。大切なのは、自分のライフスタイルや価値観に合わせて選ぶこと。次のセクションでは、袴の選び方やコーディネートのポイントについて詳しく解説していきます。

袴レンタルの予約と準備

卒業式は、多くの方にとって学生生活の集大成となる大切なイベントです。そんな特別な日のための袴の選び方や、レンタルの予約、着付けの準備まで、きちんと把握しておきたいですよね。このセクションでは、袴レンタルの予約から準備までの流れをお伝えします。

いつから予約すべき?早期予約のメリット

袴のレンタルにおける予約の時期は、一体いつから始めれば良いのでしょうか?

袴レンタルのおすすめ予約時期は、卒業式の半年前から3ヶ月前と言われています。早い方だと1年以上前から下見をしている方もいます。

早期予約のメリット

  • 豊富な選択肢:予約が混み合っていない時期は、人気のデザインや柄の袴が選びやすいです。
  • 余裕を持った準備:着付けの練習や小物の準備など、ゆっくりと進めることができます。
  • 特典:一部の店舗では、早期予約割引などの特典がある場合も。

試着の必要性

袴をレンタルする際、実際に試着をすることは大切です。また、着付けの方法も知っておくと安心です。

試着のポイント

  • サイズ感の確認:自分の体型に合った袴を選ぶためには、実際に試着することが必要です。
  • 柄やデザインの選び方:実際に身に着けてみることで、柄やデザインが自分に似合うか確認できます。

着付けについても、事前に基本的な知識を持っておくと、当日に安心して着られます。店舗では、着付けのサービスがある場所も多いですが、自分でできるという自信があれば、余計な費用を抑えられることも。当日は着付けのプロに頼むとしても、万が一、卒業式当日に、裾を踏んでしまって、着崩れても、着付けのことを学んでいれば、お直しができて安心です。

予算や5万円以内でのレンタル方法

袴のレンタルに関して、予算を意識したい方も多いはず。特に、5万円以内でのレンタルを希望する方に向けて、いくつかのポイントをお伝えします。

  • シーズンオフの利用:袴の需要が低い時期に予約することで、料金を抑えることが可能です。
  • 基本的なセットを選ぶ:アクセサリーや小物を最小限にし、必要なものだけを選びます。おうちに振袖などの着物があれば、それに合わせて袴だけレンタルすることも可能です。
  • キャンペーンや割引サービスを活用:店舗によっては、キャンペーンや割引サービスを行っている場所も。情報をしっかりと集めることがおすすめです。

また、店舗でレンタルする場合、あらかじめ予算をスタッフに伝えておくことも大切です。

卒業式を迎える前に、袴の予約や試着、そして予算に合わせたレンタル方法など、しっかりと準備を進めていきましょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、自宅で袴を試着できる「自宅で下見プラン」をご用意しています。気になる袴を実際に手に取りご覧いただけますので安心です。

卒業式当日のポイント

卒業式は人生の一大イベントとなる日。小物や当日のヘアメイクまで、事前に準備しておくことで、より一層特別な日になるでしょう。

袴に合わせる小物とその値段

袴には、魅力を一層引き立てる小物がたくさん。しかし、どの小物が必要なのか、また、その相場はどれくらいなのかを知っておくと、予算内での調整がしやすくなります。

草履:約5,000円〜15,000円

袴のデザインや色に合わせたものを選ぶことで、全体のコーディネートがまとまります。また、モダンな袴のコーディネートには、ブーツを合わせるスタイルも人気です。

巾着:約2,000円〜8,000円

小物を入れるのに便利。袴の柄や色に合わせて選びましょう。

足袋:約1,000円〜4,000円

草履を履く際に必要です。足のサイズや素材感に気をつけて選びます。卒業式は式典ですので、白色の足袋を選ぶのが無難です。

これらの小物は、袴のレンタルセットに含まれている場合も多いです。どこまでがセットに含まれるのか、別途用意しなくてはならないものがないか、あらかじめ確認しておきましょう。

ゆめやの袴レンタルでは草履バックかんざしもレンタルしていますので、トータルコーディネートが可能です。

個性的なコーディネートが可能な袴セットには、インパクトのある小物もおすすめです。ここでは、袴コーディネートにおすすめの小物をご覧ください。

白と黒の土台と紅白梅の手刺繍の草履」袴姿の足元はブーツや草履が人気です。草履の場合は着物とのコーディネートを考えて選ぶことが重要です。「水色に赤や紫の三色すみれが描き出された総ビーズバッグ」レトロな雰囲気の袴コーディネートにおすすめのくすみカラーのビーズバックはいかがでしょう?「白黒市松の梅と手毬のつまみ細工に白い造花のかんざし」アップスタイルやダウンスタイル。髪型もさまざまな袴スタイル。モノトーンのつまみ細工でしたらどちらのスタイルにも合わせることができます。

卒業式の準備

卒業式当日を迎える前に、しっかりとした準備をしておくことで、当日をより安心して迎えることができます。

卒業式の準備ポイント

  • 袴の試着:着付けを自分で行う場合、当日の状態を想定して、一度家で試着をしておくことで、気になる点をチェックできます。特別な日ですので、着付けをプロに頼むのが安心です。専門店では、袴のレンタルプランに含まれていることも多いです。
  • 小物の確認:足袋や巾着など、当日必要な小物がすべて揃っているかを再確認しましょう。
  • ヘアスタイルの下見:卒業式の前日や数日前に、当日のヘアスタイルのイメージを具体的に決めておきましょう。
  • 卒業式の流れの確認:学校からの案内や友人との情報共有を通じて、当日の流れや時間の確認をしておくことで、当日のスムーズな動きが可能になります。

まとめ

2024年における袴レンタルの相場について

基本的なポイントとして、良質な袴を選ぶためには以下の要素を確認することが大切です。

  • デザインや柄:卒業式という一生に一度の特別な日。自分の好きなデザインや柄を選び、自分らしさを表現しましょう。
  • セット内容の確認:袴だけでなく、草履や帯、巾着などの小物もセットに含まれているかどうかを確認して、予算内でのレンタルを心掛けましょう。

袴レンタルで卒業式をより特別に

袴のレンタルを選ぶ際の最大のメリットは、多くの選択肢から自分の好みや予算に合わせて選べること。そして、卒業式をより特別にするためのポイントは以下の通りです。

  • 自分の好みを大切に:多くの袴の中から、自分の好きな色やデザインを選ぶことで、卒業式の日をより楽しく、自分らしく迎えることができます。
  • 小物やアクセサリーで差をつける:袴だけでなく、草履、巾着などの小物を工夫してコーディネートすることで、他の人とは一味違ったスタイルを楽しむことができます。
  • 着付けやヘアスタイルも楽しむ:袴の美しさを引き立てるために、プロの着付けやヘアスタイルを取り入れることで、完璧なスタイルを完成させましょう。

卒業式は学生生活の最後を飾る大切な日。袴レンタルを上手に活用し、一生の思い出をしっかりと胸に刻んでください。

以上、袴レンタルに関する情報を総括する形でお伝えしました。皆さんの卒業式が最高の日となることを心より願っています。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2025年最新版】七五三の日本髪に合う髪飾りレンタルの秘訣

はじめに 七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。中でも、7歳の女の子が、伝統的な日本髪と美しい着物を身にまとい、華やかな髪飾りで装う姿は、まさに日本の美の象徴と言えるでしょう。しかし、7歳の女の子の七五三を迎える […]

ひとつ前の記事

鹿の子と板締めの絞りに手刺繍の花々の小振袖【hak105】

【プロ監修】袴の歴史を学ぶ!行灯袴・馬乗り袴など、その種類と発展

はじめに 袴(はかま)と聞くと、多くの人が成人式や卒業式の華やかなシーンを思い出すかもしれません。実は、袴にはその歴史や種類、用途が豊富にあります。この記事では、袴の魅力を深く掘り下げてみましょう。 この記事を通して、以 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!