【プロ監修】袴の歴史を学ぶ!行灯袴・馬乗り袴など、その種類と発展

【プロ監修】袴の歴史を学ぶ!行灯袴・馬乗り袴など、その種類と発展

はじめに

袴(はかま)と聞くと、多くの人が成人式や卒業式の華やかなシーンを思い出すかもしれません。実は、袴にはその歴史や種類、用途が豊富にあります。この記事では、袴の魅力を深く掘り下げてみましょう。

この記事を通して、以下のような内容を学ぶことができます。

  • 袴の歴史: どのようにして袴は日本の伝統として受け継がれてきたのか
  • 主な袴の種類: 行灯袴や馬乗り袴など、さまざまな袴の種類とその特徴
  • 袴の選び方: 着付けや、それぞれのシーンに合わせた袴の選び方
  • 袴の日常的な活用: 現代の生活の中で、袴をどのように活用しているのか

この記事で、袴に関する知識を深め、袴を着る際の参考になる情報を得られます。それでは、袴の奥深い世界を一緒に楽しんでいきましょう。

袴とは?日本の伝統的な衣装の一つ

袴は、日本の伝統的な衣装の一部として、長い歴史を持ちます。フレアーズボンのような形をしていて、江戸時代には武士や侍が正装として着用していました。袴の裾は広がり、スカートのような動きを見せることも特徴です。

  • 色と生地
    袴の色や生地には、それぞれ特徴があります。男性用の袴は、一般的に地味な色が多いですが、女性用の袴は華やかな色や柄が多いです。木綿や正絹などの素材が用いられることが多く、時には重厚感のある素材で仕立てられることもあります。
  • 形と用途
    袴の形や用途は、男女や着用シーンによって大きく異なります。男性が武道の際に着用したり、女学生が卒業式で着たりなど、用途は多岐にわたります。特に、現代ではレンタルも増え、気軽に袴を楽しむことができるようになりました。
  • 袴と和装
    袴は和装の中でも特に格式が高く、礼装として着用されています。男性が着る際は、羽織や帯と合わせて着付けられ、袴の下には草履や下駄を合わせるのが一般的です。

現在、袴は卒業式の正装としてのイメージが強いかもしれませんが、昔からの伝統や格式を感じさせる日本の伝統衣装としての側面も持ち合わせています。

袴の歴史とその発展

袴は、日本の伝統的な服装として私たちの生活に根付いてきました。しかし、その起源や歴史について詳しく知る方は少ないかもしれません。そこで、袴の歴史やどのように発展を遂げたのか解説します。

歴史: 袴の起源と日本の伝統文化への組み込み

江戸時代にさかのぼる袴の歴史を紐解いてみると、驚くべきことに、袴は当初男性の正式な礼装として着用されていました。特に武士や公家の間で袴が好まれていたといわれています。当時の袴は、腰の部分が締められ、裾が大きく広がる形をしており、現代のズボンとはかなり異なる姿でした。

袴の素材としては、木綿や麻など、さまざまなものが用いられていました。それぞれの時代や背景、シーンに合わせて、着用される袴の種類やデザイン、生地も変化してきました。例えば、武道の際には動きやすさを重視した素材やデザインが選ばれ、正式な場ではより格式のあるものが選ばれました。

明治時代に入ると、女学生が袴を着るようになり、袴のイメージが大きく変わってきました。女学生の制服としての袴は、スカートのような形をしており、女性の柔らかなシルエットを美しく見せるデザインとなっています。

袴の歴史を振り返ると、以下のような変遷が見られます。

  • 江戸時代:男性の正式な礼装としての袴
  • 明治時代:女学生の制服としての袴

これらの変遷を通じて、袴がどのように日本の文化やライフスタイルと結びついてきたのか、その背景や理由を知ることができます。

和服との関係: 袴がどのように和服の一部として認識されるようになったか

和服とは、日本独自の伝統的な服装のことを指します。着物、帯、羽織、袴など、多くのアイテムが和服に含まれています。中でも袴は、特に格式のある場や、特定のシーンでのみ着用されることが多かったアイテムです。

袴が和服の一部として認識されるようになった背景には、江戸時代の男性の正装としての位置づけが影響しています。当時、男性が正式な場に出席する際には、必ずと言っていいほど袴を着用していました。そのため、袴は、男性の格式のある場面での正装としてのイメージが強まってきました。

また、袴を着るための着付けの方法や、帯との合わせ方など、和服との関係も深いものがあります。袴を美しく着こなすためには、和服全体とのバランスを取らなくてはいけません。そのため、袴を着る際には、他の和服アイテムとの組み合わせや、色合い、生地感など、多くの要素を考慮することが大切です。

現在では、袴は成人式や卒業式など、特定のシーンでのみ着用されることが一般的ですが、その背景には、長い歴史と和服文化との深い関係があります。

和服と袴の関係を通じて、袴の魅力や歴史の深さを再認識することができるでしょう。袴の美しさや格式、歴史や背景を知ることで、その価値や意味をより深く感じられるのではないでしょうか。

ここでは女性と男性の袴の違いを見ていただくために、男性用袴をご覧いただきましょう。

正統派の黒紋付羽織袴・第一礼装」は結婚式や式典でも使用される第一礼装の黒紋付の羽織袴です。男性の袴は縦ストライプの「仙台平」が主流です。凛々しい雰囲気の格式高い衣装です。

主な袴の種類と特徴

袴と聞くと、卒業式を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、袴にはさまざまな種類と特徴があります。今回はその中でも主な袴の種類とその特徴について深堀していきます。

行灯袴とは?その特徴と選び方

行灯袴(あんどんばかま)は、女性が主に着用する袴の一種です。その名前の通り、行灯のような形をしており、その形状が独特な特徴として多くの方に親しまれています。

特徴

  • 裾が広がっている: 袴の裾が大きく広がっているのが特徴です。この形状が行灯に似ていることから、この名前が付けられました。
  • 動きやすい: 裾が広いため、歩く際に足を大きく動かしやすいです。そのため、日常の中での動きやすさを重視する方にはおすすめの形です。
  • 素材: 木綿や絹など、さまざまな生地で仕立てられています。シーンや好みに応じて選べるので、服装の幅が広がります。

選び方

行灯袴を選ぶ際は、まずは自分の身長や体型に合わせたものを選ぶことが大切です。また、袴の裾の広がり具合や生地の種類も考慮しながら、自分の好みや用途に合ったものを選ぶことをおすすめします。例えば、成人式や卒業式などの正式なシーンで着る場合は、高級感のある生地や色を選ぶと良いでしょう。

馬乗り袴の形状と特徴

馬乗り袴は、文字通り馬に乗る際に着用する袴のことを指します。現代では馬に乗る場面は少なくなりましたが、武道などのシーンでよく見られる形状の袴です。

特徴

  • マチが深い: これにより、馬に乗った際や武道の動きをする際に、足を大きく広げやすくなっています。
  • 腰の部分が締め付けられる: 腰板がついているため、動いていても袴がずれにくくなっています。
  • 素材: 主に木綿やポリエステルなどの丈夫な生地で仕立てられています。これにより、動きが激しいシーンでも破れにくいです。

馬乗り袴は、武道の稽古や試合、または伝統的な行事などでの着用が多くなっています。

男性と女性の袴: 主な差と注意点

袴は、男性用と女性用でその形やデザインが異なります。この部分では、その主な差と注意点について触れていきます。

男性の袴

  • : 男性の袴は地味な色が多いです。黒や紺、茶色などが主流です。
  • : 馬乗り袴のような形が多いです。また、裾が広がっていないシンプルな形が一般的です。
  • 用途: 正装としての使用が主です。また、武道などのシーンでも着用されます。

女性の袴

  • : 女性の袴は、色鮮やかなものが多いです。紺や緑、紫などの色が一般的です。
  • : 行灯袴のように、裾が広がったデザインが人気です。また、スカートのような形のものもあります。
  • 用途: 成人式や卒業式などのお祝いのシーンでの着用が多いです。

注意点

袴を選ぶ際は、男性、女性それぞれの体型や好み、用途に合わせて選ぶことが大切です。また、袴のサイズや長さ、生地の種類なども考慮しながら選ぶと良いでしょう。

袴は、日本の伝統的な服装として多くの人々に愛されています。その形や色、デザインにはそれぞれの歴史や背景があります。適切なシーンで適切な袴を着用することで、日本の伝統文化をより深く感じられるでしょう。

ここでは色鮮やかな卒業式向きの女性用袴をご紹介しましょう。

唐草の青地に雲取薬玉の小振袖」は小学生から大学生まで卒業式に人気のある小振袖とエンジ色の袴のセットです。鮮やかな色が晴れの日にふさわしいですね。「葡萄色にスモークブルーの横段花丸紋の小振袖」こちらは生徒だけでなく先生にもおすすめの袴セットです。落ち着きと格式のある雰囲気は先生にピッタリです。「ぼかしの縮緬に牡丹と揚羽蝶の小振袖」春の柔らかい季節におすすめの明るめのコーディネートの袴セット。アンティーク着物ならではの大胆な柄で注目されること間違いなしです。

袴の素材と技法

和服の魅力は、ただ着るだけでなく、その背後にある豊かな歴史や伝統的な技法、そして選ばれる素材にもあります。特に、袴の素材選びは着心地や見た目、さらには用途やシーンによっても大きく影響されます。この章では、そんな袴の素材や技法について、深く探ってみたいと思います。

織物と染色: 村山大島紬や友禅などの伝統的技法

袴の素材や生地には、さまざまな織物や染色技法が用いられています。今回は、その中でも特に代表的な技法を取り上げてみます。

  • 村山大島紬:この織物は、細やかな模様が特徴的です。手間暇をかけて染め上げられるこの生地は、高級感があり、特別な日の袴や着物によく選ばれます。その繊細な模様は、一つ一つ手作業で織り込まれ、その独特の光沢感が魅力です。
  • 友禅:色鮮やかで、華やかなデザインが特徴の染色技法です。特に、成人式や結婚式などの華やかなシーンで着る袴や着物に合わせるのに最適です。伝統的な技法を用い、一点一点丁寧に染め上げられます。
  • 綿:肌触りが良く、吸湿性にも優れているため、夏場の袴に適しています。特に、日常的に着用する際などのカジュアルなシーンでの袴に適しています。
  • :光沢感があり、格式のあるシーンでの袴に最適です。絹の袴は、その滑らかな質感と独特の光沢が、一段と格式を高めてくれます。

それぞれの素材や技法には、その歴史や背景があります。例えば、友禅は江戸時代から続く技法であり、その華やかな柄や色使いは、多くの人々を魅了してきました。一方、村山大島紬は、伝統的な織物技法を受け継いでおり、その繊細な模様や質感は、多くの和装愛好者から愛されています。

素材の選び方: どのシーンや季節に合わせるか

袴を選ぶ際、どのシーンや季節に着るのかを考えることは大切です。特に、袴の素材は、それによって適した用途やシーンが異なります。

絹の袴

  • 用途:フォーマルなシーン、成人式や結婚式などの特別な日
  • 季節:春や秋など、比較的涼しい季節

綿の袴

  • 用途:カジュアルなシーン、買い物や日常の散歩など
  • 季節:夏

また、袴の色や柄も、シーンや季節に合わせて選ぶと良いでしょう。例えば、成人式や結婚式などの華やかなシーンでは、色鮮やかな友禅の袴や、繊細な模様の村山大島紬の袴がおすすめです。一方、日常的に着る際や、カジュアルなシーンでは、シンプルな色や柄の袴、あるいは木綿の袴などが適しています。

袴を選ぶ際は、まずは自分の好みや、どのようなシーンで着るのか、また、どの季節に着るのかを考えることから始めてみてはいかがでしょうか。そして、その上で、適した素材や技法を選ぶことで、より自分らしい袴を見つけられるでしょう。

着物や袴は、ただの服装ではなく、その背後には深い歴史や伝統が込められています。どのように作られているかを知ることで、袴や着物を着る楽しさや魅力を、より深く感じることができるのではないでしょうか。

袴は小振袖や小紋・訪問着の合わせることができます。さまざまな着物にコーディネートしていただきやすい袴をご紹介します。

抹茶色の無地の袴 (M)」は、濃いめの黒やパープルの着物に合わせていただいたりすることで袴とのコントラストが綺麗です。「生成り色の無地の袴 (M)」最近人気の生成りの袴は着物の色問わずコーディネートしやすく、華やかな雰囲気を作ることができます。「灰色と紺色のぼかしの袴 (M)」は、珍しいグラデーションの袴で赤やピンクの可愛らしい着物をかっこよくコーディネートできます。

着物に合わせる袴の組み合わせは無限にあります。あなただけの素敵なコーディネートを見つけることができるといいですね。

袴の着方と付け方

和装の美しさを引き立てる袴の着方には、ポイントがあります。正式な場面では、きちんとした着物の着付けが求められる一方で、日常の和装シーンでも、袴を取り入れることで、少し異なった雰囲気を楽しめます。今回は、袴の正しい着方と、袴と着物の合わせ方について詳しくお伝えします。

袴の正式な付け方と注意点

袴を着用する際、正式な着方をすることで、姿勢が美しく見える効果があります。では、袴の正式な付け方を見ていきましょう。

  1. 袴の位置を確認する:最初に、袴の前側の位置をしっかりと確認しましょう。これが基準となるため、位置がずれると全体のバランスが崩れてしまいます。
  2. 腰紐を結ぶ:左右の腰紐を後ろに持ってきて、帯の結び目の上で一結びします。結んだ腰紐を帯の中央でクロスして帯下に下ろしてから前側に持っていきましょう。さらに、腰紐を前側でクロスさせ、下側の紐を折り返してから、後ろに持っていきます。後ろに持ってきた腰紐は、帯の結び目の下で蝶々結びにしてください。
  3. 後ろ袴を整える:後ろ袴(腰板)で帯びを隠すようにのせ、紐を前に持っていきます。前紐をクロスした部分で後ろ紐を襟合わせにしてくぐらせ、蝶々結びにします。さらに、タレている紐を結び目にくぐらせ、紐の長さを調節してください。

注意点

  • 紐をきつく締めすぎると、動きがとれなくなるので、適度な締め付け感を心がけましょう。
  • 腰板がきちんと中心に来ていないと、袴全体のバランスが崩れる原因となります。馬乗り袴を着付ける際は、腰板の位置を確認することが大切です。

袴の着付け方は、最初は少し難しく感じるかもしれません。しかし、コツをつかむとスムーズに行えるようになります。何度も練習を重ねることで、美しい着付けを身につけることができるでしょう。

袴と着物の合わせ方: どちらを先に着るか、違いと選び方

袴と着物の合わせ方は、シーンや目的によって異なります。例えば、成人式や卒業式といった正式なシーンでは、格式のある着物と袴の組み合わせが一般的です。一方、日常の和装やイベントでの着用では、自分の好みやイメージに合わせて選べます。

どちらを先に着るか

基本的には、先に着物を着てから袴を着るのが一般的な手順です。この順番で着ることで、全体のバランスを取りやすくなります。特に、袴の位置を確認しながら着付けを行うため、この順番がおすすめです。

違いと選び方

袴と着物の選び方のポイントを以下に箇条書きでまとめました。

  • 色合わせ: 袴と着物の色を合わせることで、全体のバランスが取りやすくなります。例えば、明るい色の着物には、落ち着いた色の袴を選ぶと、引き締まった印象になります。
  • 柄のバランス: 大きな柄の着物には、シンプルな袴を選ぶと、派手すぎず上品な印象になります。
  • シーンに合わせる: 正式なシーンでは、伝統的な柄や色の着物と袴を選ぶことが一般的です。一方、日常の和装では、自分の好みやトレンドを取り入れても良いでしょう。

袴と着物の組み合わせは、無限の可能性が広がっています。自分の好みやシーンに合わせて、最適な組み合わせを見つける楽しみを味わってみてください。

袴の利用シーン

袴は、その歴史や種類、特徴によってさまざまなシーンでの利用がされています。昔からの伝統を受け継ぐ袴は、和装の中でも特別な位置を持っています。袴の選び方には、用途やシーンに合わせて考えることが大切です。

卒業式や成人式での袴の着用

袴は、日本の伝統的なシーンである卒業式や成人式など、特別な日に選ばれることが多い服装です。その際、どのような袴を選ぶか、どのような着物や色と合わせるか、それぞれのシーンにふさわしい選び方について見てみましょう。

  • 卒業式
    卒業式に袴を着用する女性は、近年非常に多くなりました。伝統的な和装として、行灯袴や女学生風の袴が人気です。素材としては、生地の柔らかなものが好まれます。着物との合わせ方は、明るい色のものや花柄が特に人気です。
  • 成人式
    成人式は、大人としての第一歩を踏み出す大切な日。この日のために、特別な袴を選びたいと考える方も多いでしょう。成人式では、色鮮やかな着物とともに、裾の長い行灯袴がよく選ばれます。また、帯や羽織も華やかなものを合わせることで、より一層華やかな姿になります。

一般的に、袴の色や模様は、卒業式や成人式のシーンによって、異なるものが好まれます。しかし、自分の好みやイメージに合わせて選ぶことが一番大切です。

民族衣装としての袴: 巫女や武道のシーンでの利用

袴は、礼装や式典だけでなく、日本の伝統的な職業や武道のシーンでも利用されています。特に、巫女や武士、剣道など、日本の伝統や歴史に関わる場面での袴の存在は欠かせません。

  • 巫女
    神社において、神事を執り行う巫女の姿は、多くの人にとってなじみ深いものです。巫女の衣装は、白衣と赤い袴の組み合わせが主であり、これによって清らかで神聖なイメージが生まれます。この赤い袴は、特に生地がしっかりとしており、動きやすさも考慮されています。
  • 武道
    剣道や馬乗りなど、武道のシーンでの袴の着用は、その動きをスムーズにするため、また、武士の伝統を受け継ぐために不可欠です。特に、剣道では、動きやすさと安全性を兼ね備えた袴が選ばれます。この袴は、男女それぞれに適した形や大きさがあり、また、生地も強く、耐久性が求められます。

袴は、日本の伝統や歴史に深く関わる服装であり、その用途やシーンに応じて、さまざまな種類や形が存在します。私たちが日常で目にする機会は少なくなってきましたが、その価値や意味は変わることなく、今も受け継がれています。

袴を選ぶ際には、自分の好みやシーン、用途を考慮して、最適なものを選ぶことが大切です。そして、袴を通して、日本の伝統や文化を感じ取ることができるのです。

まとめ

袴の歴史を振り返ると、江戸時代から明治時代を通じて、そのスタイルや用途はさまざまに変化してきました。しかし、その際にも、袴が持つ基本的な形や特徴は変わりませんでした。例えば、行灯袴のような独特の裾の広がりや、男性用、女性用それぞれの特徴的なデザインなど、袴の持つ独自の美しさは、時代を超えて愛され続けています。

また、袴は単なる服装としてだけでなく、その用途やシーンに応じて、さまざまな方法で着付けられることも魅力の一つです。武道や巫女、成人式や卒業式など、袴を着ることで、そのシーンや行事がより一層特別なものとなります。

袴を選ぶ際、最も大切なのは、自分自身のスタイルや好みを知ることです。袴にはさまざまな種類やスタイルがありますが、その中から自分にぴったりのものを選ぶことで、袴の着用がより一層楽しいものとなるでしょう。

下記に、袴を選ぶ際のポイントをいくつか挙げていきます。

  • シーンに合わせる:袴を着るシーンや用途に合わせて、適切な袴を選びましょう。例えば、成人式や卒業式では、華やかな袴を選ぶのがおすすめです。武道の場合は、動きやすさを重視した袴を選びましょう。
  • 色や柄の組み合わせ:袴の色や柄は、その日の気分やスタイルに合わせて選べます。和の伝統的な柄や、現代的なデザインなど、選ぶ楽しみは無限です。
  • 素材の選び方:袴の素材には、木綿や麻、ポリエステルなど、さまざまなものがあります。それぞれの素材には、独自の特徴や魅力があるので、しっかりと比較して選びましょう。

袴を着ることで、日本の伝統文化を身近に感じることができます。袴を選ぶ際には、自分のスタイルや好みを大切にし、楽しむことを忘れずに。これからの袴の選び方と楽しみ方を、存分に楽しんでください。

〈参考記事〉
https://hakama-collection.jp/dress
https://www.maimu.co.jp/contents/hakama/42327/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

藍色地に絣柄の大島紬きものと羽織に縞袴【men14】

【2024年最新版】男性の袴スタイル完全ガイド!着こなしと選び方

はじめに 袴は、日本の伝統的な装いとして、現代の重要なセレモニーでも中心的な役割を果たしています。特に男性が成人式や結婚式などの節目で選ぶ衣装としては、その格式の高さと美しさが重視されています。 本記事では、袴の基本から […]

ひとつ前の記事

着付けイメージ

【着物のプロが監修】着物の衿芯とは? | 襟を美しく整える秘訣

はじめに 日本の文化といえば、何を思い浮かべますか? お寿司や桜、そして「着物」。着物は日本の代表的なアイテムで、女性の美しい姿を際立たせる存在です。では、その美しく、華やかな着物を引き立てるための小物やポイントについて […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!