婚礼イメージ

【プロが監修】結婚式前撮りの費用の相場は? 節約のポイントも解説

はじめに

結婚式の前に行う「前撮り」についてご存知でしょうか。今回、前撮りの費用やその相場を解説していくにあたり、まずは前撮りとは何か、なぜ多くのカップルが前撮りを選んでいるのか、その魅力について解説しておきたいと思います。

「前撮り」とは何か

「前撮り」とは、結婚式の前に、スタジオやロケーションで行う写真撮影のことです。多くのカップルが結婚式の思い出として、また、結婚報告の際に使う写真として前撮りを行っています。

前撮りは、基本的に結婚式で使用するドレスや和装を着て、専門のカメラマンに撮影を依頼します。ロケーション撮影では、自分たちのお気に入りの場所や季節の風物詩などを背景に、すてきな写真を撮ることができます。

その前撮りにはさまざまなメリットがあるのですが、特に以下の点が挙げられます。

  • 結婚式当日の忙しさを考慮して、ゆっくりと撮影を楽しめる
  • 自分たちの理想のシチュエーションやロケーションで撮影できる
  • ヘアメイクや衣装のトライアルとしても活用できる
  • 季節や天候に合わせて、撮影日を選べる

また、前撮りの費用は、スタジオやカメラマンの利用料、衣裳の選び方、オプションの有無などによって変わりますが、一般的には20万円~30万円程度が相場となっています。もちろん、節約を考えたお得な方法や高額なプランも存在しますので、自分たちの予算や希望に合わせて選びましょう。

前撮りの流行とその魅力

前撮りがここ数年で流行している理由として、結婚式当日の忙しさや、限られた時間内での撮影では満足のいく写真が撮れないことが挙げられます。前撮りなら、式の前日や別の日を選び、自分たちのペースで撮影を行うことができます

前撮りを行うことで、結婚式場で提供される衣裳だけでなく、自分たちが持ち込んだ衣裳やアクセサリーでの撮影も可能です。これによって、オリジナリティあふれる写真を残すことができます。

魅力の一つには、撮影場所を選べる自由さも挙げられます。都会の洗練されたスポット、自然溢れるロケーション、海や山、神社やお寺など、二人の好きな場所での撮影が可能です。春の桜や秋の紅葉を背景にした、季節に合わせた撮影も行えます。また最近では海外での前撮りを選ぶカップルも増えてきています。

さらに前撮りのメリットとして、事前にカメラマンやヘアメイクとの打ち合わせを重ねることで、当日の撮影がスムーズに行える点があります。イメージや希望を事前にしっかり伝えることで、当日は自分たちが望む写真を撮影することができます。

結婚は一生の思い出。前撮りを通じて、その大切な時期の二人の姿を、最高の形で残してはいかがでしょうか。

一生の思い出となる婚礼写真を、アンティークの花嫁衣装で。ゆめやでは「婚礼前撮りプラン」「婚礼ロケーション撮影プラン」をご用意しています。着付け・ヘアメイクからロケーション撮影まで、全て含まれたお得なプランです。白無垢をはじめ打掛や振袖、引振袖など、多彩なアンティーク着物からお気に入りの一枚をお選びいただけます。いつ撮っても、何を着ても、全て込みの明瞭な価格設定です。大切な日を艶やかに彩るアンティーク着物で、最良の門出をお手伝いいたします。

前撮りの費用の相場を知る

結婚に関する大きなイベントにもなっている、前撮り。まさに結婚式前の、二人だけの特別な思い出の一つです。前撮りを行うことで、当日の結婚式や披露宴の際、すてきな写真を家族や友人と共有することができます。さて、前撮りを行うにあたって気になるのは「費用」ではないでしょうか。ここでは、前撮りの費用の相場について解説していきます。

一般的な前撮りの料金帯とは

前撮りの費用は、撮影する場所や衣装、撮影のスタイルなどによって変動します。一般的な料金帯を知ることで、予算や希望に合った撮影プランを選ぶ参考となるでしょう。

  • スタジオ撮影: 撮影スタジオで撮影を行います。スタジオにはさまざまな背景や小物が用意されており、天候に左右されずに安心して撮影が行えます。料金帯は約20万円から30万円程度が多いようです。
  • ロケーション撮影: 自然の中や都会の街並み、神社や海、山など、自分たちが思い描くシチュエーションでの撮影を行います。料金はスタジオ撮影に比べて少し高くなります。平均的には約25万円から40万円程度です。
  • 結婚式場での撮影: 式を挙げる結婚式場での撮影も人気です。こちらは式場のパッケージに含まれることも多く、約20万円から30万円程度になります。

表.前撮りの料金帯一覧

撮影の種類平均的な料金帯
スタジオ撮影約20万円~30万円
ロケーション撮影約25万円~40万円
結婚式場での撮影約20万円~30万円

それぞれの撮影スタイルにはメリットがありますので、自分たちの希望やイメージに合わせて選ぶのがよいでしょう。

費用の内訳を確認する

前撮りの費用というと、撮影そのものの料金を思い浮かべるかもしれませんが、実はそれ以外にもさまざまな費用がかかることがあります。以下に、前撮りの際にかかる費用の一般的な内訳を挙げてみました。

  • 衣装レンタル: 和装や洋装、ドレスや白無垢など、撮影の際に着る衣装のレンタル費用がかかります。平均的に約5万円から15万円程度です。
  • ヘアメイク: 花嫁のヘアスタイルやメイクにかかる費用で、約3万円から6万円程度です。
  • 小物やアクセサリー: 着物の帯やヘアアクセサリー、婚約指輪や結婚指輪などに、レンタル料や持ち込み料がかかります。
  • 交通費: ロケーション撮影の場合の移動にかかる交通費や駐車料です。

表. 前撮りの費用内訳

費用の項目平均的な料金帯
衣装レンタル約5万円~15万円
ヘアメイク約3万円~6万円
小物やアクセサリー変動あり
交通費ロケーションにより変動

前撮りの際には、上記のような費用が追加されることに注意しましょう。事前の準備や確認をしっかりと行って、後悔のないすてきな撮影を楽しんでください。

結婚式と前撮り、費用の違いとは

結婚式と前撮り、どちらがより費用がかかるのか、気になるところですよね。ここでは、結婚式場での撮影と前撮りの費用の違いや、どちらがコスパが良いのかを詳しく解説します。

結婚式場での撮影における費用

結婚式場での撮影は、披露宴の流れの中で行われるため、一般的には式場のパッケージ料金に含まれることが多いです。しかし、場合によっては以下のような費用が発生することが考えられます。

  • 衣装代: ドレスや和装など、結婚式に着る衣装の料金。和装の場合、白無垢や色打掛などの選び方や、アクセサリーの種類によっても価格は大きく変わることがあります。
  • ヘアメイク&着付け: 結婚式場内のサロンで行われることが多いですが、外部からの持ち込みや専門のスタイリストを依頼する場合は、追加料金がかかる場合もあります。
  • 撮影料: カメラマンとの打ち合わせから、当日の撮影、アルバムの作成までの料金です。枚数やアルバムの種類、カット数によって料金は変動します。
  • ロケーション料: 結婚式場の外での撮影を希望する場合、その場所の利用料や移動のための交通費が発生することがあります。

結婚式場での撮影は、多くのカップルが挙式や披露宴の一部として考えているため、写真撮影にかかる費用を抑える方法や節約のポイントも多く知られています。例えば、平日やオフシーズンに結婚式を行うことで、料金が安くなる場合があります。

フォトウェディングと結婚式中の写真撮影、どちらがコスパがいいか

前撮り、あるいはフォトウェディングとは、結婚式の前に専門のスタジオやロケーションで撮影を行うことです。以下のような費用が考えられます。

  • 衣装代: ドレスや和装をレンタルする場合の料金です。フォトウェディングの場合、結婚式場とは異なり、もっと幅広い種類の衣装から選ぶことができます。
  • ヘアメイク&着付け: 専門のスタイリストを予約し、ヘアメイクや着付けを行ってもらえます。
  • 撮影料: スタジオ撮影やロケーション撮影の場合など、撮影の方法や場所によって料金は異なります。
  • ロケーション料: 海や山、神社など特定の場所での撮影を希望する場合、その場所の利用料や移動のための交通費などが発生します。

フォトウェディングの魅力は、結婚式当日のようなタイトなスケジュールを気にすることなく、ゆっくりとした時間の中で、思い出に残る一枚を撮影できる点です。また、さまざまな場所や衣装での撮影が可能なため、自分たちらしい写真を残すことができます。

結婚式の写真と比較すると、フォトウェディングは選択肢の幅が広がります。費用を抑えたい場合や特定の場所での撮影を希望する場合など、さまざまなニーズに応えられるのが特徴です。

どちらがコスパが良いかは、撮影したい場所や衣装、予算など、カップルの希望や条件によって変わります。それぞれのメリットを理解し、自分たちに合った撮影方法で、すてきな写真を残すことをおすすめします。

ゆめやの婚礼和装プランをご紹介します。ご新郎・ご新婦向けのベーシックプランのほか、ご家族で着物をお召しいただけるプランもご用意しています。優雅なアンティーク着物で、生涯の思い出に残る晴れの日をお迎えください。

左端「着物を自由に選べる挙式当日用衣装レンタルプラン」黒引き振袖と羽織袴を1点ずつお選びいただける、お得なセットプランです。お拵えに必要な全ての小物と、羽織の家紋変更が含まれます。

中央「組み合わせ自由な婚礼・打掛・白無垢プラン」白無垢と色打掛、羽織袴の3点セットプランです。神前では白無垢、披露宴や会食では色打掛など、お色直しにピッタリのお得な内容です。

右端「セットでお得な婚礼・ご両親プラン」結婚式に参列される、ご両親向けのプランです。お母様はお好きな留袖、お父様は羽織袴をお選びいただけます。ご家族で和装を楽しみたい方におすすめの内容です。このほかにも多彩なセットプランをご用意しているので、ぜひお気軽にご相談ください。

節約しながらすてきな前撮りを実現する方法

結婚式の準備も、二人の新しいスタートを迎えるための大切なイベントです。その中で前撮りは、結婚式の前に撮影を行うことで、披露宴でのムービーや写真展示にも使えるようになります。前撮りを上手に活用することで、より一層結婚式本番を特別なものにすることができます。しかし費用の面で気になる方も多いでしょう。そこで、費用を抑えつつ、満足のいく前撮りを実現する方法を以下に詳しく解説します。

お得な時期や曜日を選ぶ

結婚式や前撮りの料金は、時期や曜日によってかなり変動します。特に、土日や祝日は料金が高くなる傾向があるため、平日を狙ってスケジュールを組むことで、節約することが可能です。また、シーズンによっても料金が変わる場合があります。例えば、紅葉の時期や春の桜の季節は、ロケーション撮影の人気が高まり、料金もそれに伴って上がることが多いです。

表.前撮りのおすすめ時期と注意点

時期特徴注意点
桜の花がきれい料金が高くなる可能性
海辺での撮影が人気暑さ対策が必要
紅葉や秋の花が魅力シーズン中は混雑
雪景色やイルミネーション寒さ対策が必要

撮影場所を選ぶ際には、シーズンや天候も考慮するとよいでしょう。また、撮影料金だけでなく、移動や交通費も考えることで、全体の費用を把握しやすくなります。

フリーランスのフォトグラファーを依頼する

結婚式場やスタジオでの前撮りも魅力的ですが、フリーランスのフォトグラファーを依頼することで、料金を安く抑えることができます。フリーランスのフォトグラファーは、固定の場所やスタッフを持たないため、その分料金が安く設定されていることが多いです。

しかしながら、選ぶ際にはカメラマンの実績や作品をしっかり確認し、自分たちのイメージに合った撮影を行ってもらえるかどうかを見極めることが大切です。また、料金だけでなく、納品される写真の枚数や品質、撮影場所なども事前に確認しておくことをおすすめします。

衣装やアクセサリーの選び方でコスパを上げる

前撮りの際にかかる大きな費用の一つが、衣装やアクセサリーのレンタル代です。和装や洋装、いろいろなドレスなどが考えられますが、予算に合わせて選ぶことが大切です。また、自分が持っているアクセサリーを活用することで、レンタルの費用を抑えることもできます。例えば、婚約指輪や結婚指輪は、撮影の際に大きく映えるアイテムとなります。

また、衣装の選び方一つで、写真の雰囲気も大きく変わります。事前にフォトグラファーやスタジオのスタッフと相談し、自分たちのイメージやテーマに合った衣装を選ぶことで、満足のいく撮影を行うことができます。

前撮りは、結婚の大切な思い出の一部となるもの。費用を抑えつつ、すてきな撮影を実現するための方法はいろいろあります。上記の方法を参考にして、予算内で最高の前撮りを楽しんでください。

ゆめやから美しく映えるアンティーク打掛をご紹介します。「松竹梅に舞鶴遊亀紋様刺繍の打掛一式」鶴や亀、松竹梅といった婚礼にふさわしいおめでたい柄を、全て手刺繍で描いています。丁寧な手仕事を尽くした、今では再現が難しい絢爛豪華な花嫁衣装です。どっしりとした存在感がありながら、袖を通すと意外なほど柔らかく軽やか。化繊には決して表現できない、正絹ならではの質感を堪能していただけます。

場所選びのポイントと費用への影響

結婚準備の中でも、前撮りは特別な思い出作りの一つと言えます。そして、その前撮りの大きなポイントが「場所選び」です。場所によって、撮影の雰囲気は大きく変わり、料金も変わってきます。ここからは、スタジオ撮影とロケーション撮影の違いや費用の違いについて詳しく解説します。

スタジオ撮影とロケーション撮影、それぞれの費用

まず、スタジオ撮影とロケーション撮影の違いから見ていきましょう。

スタジオ撮影のメリット

  • 天候に左右されない
  • 照明や背景が固定されているため、写真の仕上がりが安定する
  • ヘアメイクや着付けの場所がスタジオ内にあることが多い

ロケーション撮影のメリット

  • 自然な背景や、特別な場所での撮影が可能
  • 二人の思い出の場所や、特定のシーズンやシチュエーションでの撮影が可能
  • 撮影場所に合わせた衣装や小物を選べる

以下は、それぞれの撮影方法における一般的な費用の相場を示したものです。

項目スタジオ撮影ロケーション撮影
基本料金20万円程度30万円以上
衣裳レンタル含まれることが多い追加料金がかかることが多い
ヘアメイク含まれることが多い追加料金がかかることが多い
移動や交通費-追加料金がかかることが多い

スタジオ撮影は、基本的には一定の料金で全てのサービスが受けられることが多いです。しかし、ロケーション撮影の場合、場所や移動距離、撮影内容によって追加料金が発生することが多いので、予算をしっかり確認しておくことが大切です。

注目のロケーションとその料金帯

日本には、魅力的な撮影スポットがたくさんあります。自然の中での撮影や、歴史的な建造物をバックにした撮影など、多くのカップルが憧れる場所が点在しています。以下は、一般的な撮影ロケーションとその料金帯を紹介します。

  • 海やビーチ: 素敵な海の背景とともに撮影できます。料金は、基本的なロケーション撮影料金に加え、約5万円から10万円の追加料金がかかることが多いです。
  • 神社や寺: 伝統的な和装での撮影におすすめ。料金は場所や神社の有名度によりますが、追加料金が約10万円から30万円程度かかるのが一般的です。
  • 紅葉や桜の名所: シーズンに合わせて撮影することで、一生の思い出となるフォトを作成できます。料金は、基本料金に加え、約5万円から15万円の追加料金がかかることが多いです。
  • 海外ロケーション: 最近のトレンドとして、海外での前撮りも増えています。料金は、航空券や宿泊費なども考慮すると、数十万円から数百万円と幅広くなります。

ロケーション撮影は、その場所の魅力を最大限に活用した撮影ができるため、多くのカップルから支持されています。ただし、費用や準備の面での注意も必要です。ロケーションや料金を比較しながら、二人にとって最適な撮影場所を選んでください。

前撮りは、結婚式の一部としてではなく、二人ならではの魅力を表現した思い出の一枚になります。予算や希望のスタイル、撮影場所をしっかり検討し、満足のいく撮影を行ってくださいね。

追加オプションや隠れた費用に注意

前撮りや結婚式の撮影は、カップルにとって大切な思い出の一部です。多くの人が最高の一枚を手に入れるために、スタジオやロケーション撮影を選びます。しかし、予想以上の費用がかかることもあります。事前にしっかり確認をすることで、後悔せずにすてきな撮影を行えるでしょう。

撮影パッケージの中に含まれる項目とは

結婚式や前撮りの撮影を依頼する際、最初に提示されるのがパッケージ料金になります。この料金にはどんな項目が含まれているのでしょうか。以下に一般的に含まれる項目を紹介します。

  • 衣装レンタル: 和装や洋装、ドレスや白無垢などのレンタル料金です。多くの種類から選ぶことができます。
  • ヘアメイク: 結婚式や前撮りに合わせたヘアメイクが基本的にはセットになっています。
  • 撮影料: スタジオやロケーションでの撮影にかかる基本料金です。
  • 写真の枚数: セットには決まった数のカットが含まれています。

これらは撮影の基本となる部分になります。しかし、これだけでは満足できない場合もあるでしょう。

ゆめやの「ロケーション撮影プラン」には衣装・着付け・ヘアメイク・カメラマンなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が全て含まれます。撮影場所は都内限定ですが、ご希望の場所や撮影リクエストにも細やかに対応いたします。お好みの仕上がりイメージを丁寧にヒアリングし、お二人の特別な日をコーディネートします。

オプション料金の確認方法

撮影パッケージの基本内容に加え、自分たちの希望をかなえるためには、追加のオプションを考える必要も出てきます。オプションにはどのようなものがあるのか、以下で解説します。

  • 追加の衣装: 初めからセットに含まれている数以上の衣装を選ぶ場合、追加料金が発生します。
  • アクセサリーや小物: ヘアアクセサリーや着物の帯締めなど、細かい部分も自分の好みに合わせて選ぶことができます。
  • 追加のヘアメイク: メイクや髪型を変えて、別の雰囲気の撮影をする場合は、追加のヘアメイク料がかかります。
  • ロケーション撮影の移動料: 複数の場所で撮影する場合、移動費用や交通費が必要です。
  • 追加の写真: 基本のカット数以上の写真を選ぶ場合、1枚ごとに料金がかかることが多いです。

オプションの料金は、スタジオやフォトグラファーによって大きく異なることがあります。そのため、事前にしっかり確認して、自分たちの予算内で希望の撮影ができるようにしましょう。

撮影後の納品形態とその費用

撮影が終わった後、最終的な納品形態にも注意が必要です。納品の形態や内容によって、追加の費用がかかることもあります。以下に、撮影後の納品形態に関する主なポイントを挙げてみました。

  • データ納品: 現代では、撮影した写真をデータとしてもらうことが多いです。しかし、全ての写真のデータをもらう場合や、高解像度のデータを希望する場合には追加料金がかかることもあります。
  • アルバム作成: せっかくの撮影写真ですから、アルバムにして残すカップルも多くいます。アルバムの種類やサイズ、ページ数によって、料金が変わることがあります。
  • 大判プリント: 特定の写真を大判でプリントしたい場合、そのサイズや枚数に応じて料金が変わります。

結婚式や前撮りの撮影は、一生の思い出となるもの。しかし、費用の面で後悔しないように、事前の確認や準備がとても大切です。ウェブサイトなどでキーワードを活用しながら、しっかり情報を探し、納得のいく撮影を行いましょう。

まとめ

大切な結婚式の前撮り。その一瞬一瞬は、結婚のすてきなスタートを彩るものです。そこには、二人の思い出の始まりや、家族や友人に見せる記念の写真としての価値があります。ここでは、前撮りを行う際の選び方や、費用と満足度のバランスを取るコツについて解説していきます。

前撮りを後悔しないための選び方

前撮りは、結婚式の大きなイベントの一部です。そのため、選び方一つで満足度が大きく左右されます。

  • スタジオ VS ロケーション撮影
    スタジオでの撮影は、天候に左右されず、確実に美しい写真が撮れるメリットがあります。一方、ロケーション撮影は、自然の中や街中での撮影が可能で、それぞれの場所の魅力を活かした写真が楽しめます。自分たちのイメージや希望するシチュエーションを考え、どちらにするか選んでみてください。
  • 衣装の種類と料金
    和装や洋装など、いくつもの種類を用意しているスタジオや、少ない中にも特徴的な衣裳があるスタジオなど、選ぶポイントはさまざまです。料金もスタジオやロケーション、着用する衣裳の種類によって大きく変わります。事前に確認して、自分たちの予算や希望に合ったものを選ぶことが大切です。
  • カメラマンとの相性
    カメラマンとの相性は、前撮りの満足度を大きく左右します。事前に打ち合わせを行い、イメージを共有することで、自分たちの理想の写真を残すことができます。
  • 追加オプションの確認
    ヘアメイクや小物、アクセサリーなど、前撮りには多くのオプションが考えられます。必要なものを事前にリストアップして選ぶことで、無駄な出費を抑えることができます。

前撮りは一生の思い出。焦らず、ゆっくりと自分たちのペースで選び、準備を進めることが大切です。

費用と満足度のバランスを取るコツ

結婚式の費用は大変かかるものです。その中でも、前撮りにかかる費用は、結婚式全体の中でも大きな部分を占めることでしょう。以下のポイントを参考に、費用と満足度のバランスを取るコツをご紹介します。

  • 予算の明確化
    まず、前撮りにどれくらいの予算をかけるかを明確にします。平均的な相場を調査し、自分たちの希望する内容と照らし合わせてみましょう。
  • 平日割引やオフシーズン割引を活用
    平日やオフシーズンに前撮りを行うと、料金が安くなる場合が多いです。シーズンによっては、例えば紅葉や春の桜などの自然の魅力を活かした撮影も楽しめます。
  • 持ち込みオプションの利用
    ヘアメイクや衣装などを自分たちで用意することで、費用を節約する方法もあります。ただ、品質や仕上がりには注意が必要です。
  • パッケージ料金を利用
    スタジオやフォトウェディングの会社によっては、複数のサービスをセットにしたパッケージ料金を提供しているところがあります。これを利用することで、全体の費用を抑えることができます。
  • 写真の納品枚数や仕上がりを確認
    予算に合わせて、納品される写真の枚数や仕上がりのクオリティを決めておくことも大切です。必要な枚数や希望する仕上がりを事前に確認し、無駄な出費を抑えましょう。

前撮りは結婚式の一部として、とても大切なものです。費用と満足度のバランスを取りながら、二人らしいすてきな写真を残すことを心がけてください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

振袖イメージ

【プロ監修】写真だけの結婚式を和装で彩る!理想をかなえるポイント解説

はじめに 結婚式と言えば、多くの方が挙式や披露宴を思い浮かべるかもしれません。しかし、最近では、写真だけで結婚の記念を残す「フォトウェディング」が注目を集めています。特に和装でのフォトウェディングは、その美しさと日本の伝 […]

ひとつ前の記事

成人式前撮りイメージ

【着物のプロが監修】レトロな振袖をお安いレンタルで気軽に楽しむ!

はじめに 振袖は、日本の伝統的な衣装として特別な日の装いに多く用いられてきました。特に成人式を迎える若い女性たちにとって、大切なアイテムです。ここでは振袖レンタルの魅力と、最近注目のレトロなデザインに焦点を当ててご紹介い […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!