婚礼イメージ

【和装】結婚式の着物レンタル、おすすめの選び方と着用のポイント

はじめに

この記事では、結婚式における着物レンタルの基礎知識や選び方、さまざまな種類の着物や関連する小物、柄や色の特徴、そしてコーディネートの方法などを詳しく解説していきます。

着物は日本の伝統的な文化を体現するものです。結婚式という大切な日に、自分らしい着物を選び、すてきな一日を過ごすための一助となることを心より願っています。

結婚式の着物レンタルの重要性

私たちが普段から着物を着る機会は少なく、結婚式のような特別な日に選ぶ着物は、自分のサイズや好みの色、柄など、細かな選び方が求められます。しかし、自分で購入するのは価格や後の手入れなどの負担が大きいため、レンタルが便利だと感じる方が多くなっています。

レンタルのメリットはたくさんあります。まず、一式揃ってレンタルできることが多く、帯や小物、草履やバッグなど、コーディネートの手間が省ける点です。また、専門の店舗であれば、着付けやクリーニング、前後の手間も不要となるため、当日に安心して着用できるでしょう。特に、初めての方や着物に詳しくない方にとって、レンタルは非常にありがたい選択と言えるでしょう。

さらに、結婚式での立場や関連するシーンに応じて、異なるタイプの着物を選ぶことができるのも魅力です。例えば、未婚女性が友人や親族の結婚式に参列する場合、華やかな振袖を選ぶことが多いです。一方、既婚の女性や母親、祖母といった年代の方は、留袖や訪問着を選ぶことが一般的です。このように、レンタルを利用することで、多彩なシーンや立場に合わせた着物を選べるのは大きなポイントです。

結婚式の着物の基本知識

一口に着物といっても、その種類はさまざまです。この章では、結婚式に着る着物の種類と役割について解説します。

着物の種類:留袖、振袖、訪問着とは?

結婚式における着物は、出席する立場や年齢、既婚・未婚などの状況に応じて適切な種類を選ぶことが求められます。主に、留袖、振袖、訪問着が中心となります。

  • 留袖
    留袖は、既婚女性が結婚式や披露宴などの格式の高い場で着る着物です。特徴的なのは、袖が短く仕立てられている点です。柄や色も落ち着いたものが中心となり、格式を持つ場にふさわしい装いとされています。主に母親や叔母、祖母など、新郎新婦の近親者の女性が着用します。
  • 振袖
    未婚女性が20代~30代で着ることが一般的な着物です。華やかな色と柄が特徴で、結婚式や成人式、卒業式などのお祝いのシーンでよくみられます。袖が長く、若々しさを感じさせるデザインが多いです。
  • 訪問着
    訪問着は、既婚・未婚を問わず、さまざまなシーンでの着用が可能な着物です。結婚式だけでなく、お茶会やパーティー、成人式の後の二次会など、幅広い場面での着用が許されています。柄や色は控えめで、振袖ほど華やかではありませんが、上品さを持つデザインが多いです。

左より黒留袖、振袖、訪問着です。

結婚式での各着物の立場と役割

結婚式において、着る着物はその人の立場を示すものとしての役割も持っています。着物ごとに着用する人の立場を紹介します。

  • 留袖
    主に結婚式で新郎新婦の母親や親族の女性が着ることが多いです。格式を持つ式典にふさわしい着物とされています。
  • 振袖
    新郎新婦の妹や未婚の親戚、友人などが着ることが一般的です。華やかな装いで結婚式の雰囲気を盛り上げる役割があります。
  • 訪問着
    既婚・未婚に関わらず、結婚式の参列者や親戚、友人などが着ることが多いです。振袖ほど派手ではないので、新郎新婦の親族以外が参列する場合に適しています。

五つ紋や金箔、紋の意味と魅力

着物にはさまざまな紋や模様が施されています。これらはただの装飾ではなく、背景には深い意味や歴史があります。

  • 五つ紋
    五つの紋章が着物の背中や袖などに配置されています。これは格式の高い着物とされ、結婚式などの特別な場での着用が一般的です。
  • 金箔
    金箔を使用した着物は、高級感があり、特別なシーンでの着用が求められます。金箔は華やかさを持ち、結婚式などの華やかな場にふさわしいとされています。
  • 紋の意味
    紋にはそれぞれ意味があり、桜や菊、牡丹などの花の紋や、鳳凰や龍などの神話の生物の紋など、さまざまです。これらの紋は、その家の家紋が選ばれることが多いです。

結婚式における着物の選び方や、紋の意味など、深い背景や歴史を知ることで、着物の魅力をより深く感じられます。結婚式に参列する際には、自分の立場やシーンに合わせた着物を選び、その美しさや格式を楽しんでください。

着物選びのポイント

結婚式で着用する着物は、種類だけでなく、季節に応じた色柄選びや、適したサイズを選ぶことが大切です。この章では、着物選びのポイントを解説します。

色や柄で表現する季節感:春の桜、秋の紅葉など

日本の伝統的な装いである着物は、色や柄によって四季の移ろいや日本の自然を表現しています。着物を選ぶ際、特定のシーンや季節に合わせて選ぶのは、着物の楽しみの一つと言えます。


  • 桜の花が咲く頃を迎えると、桜の花柄の着物が多くの女性から選ばれます。淡いピンクや水色、クリーム色の地に、桜の花や花びらが舞うデザインは、春らしい華やかさを楽しめます。

  • 爽やかな風物詩として、金魚や葉っぱのデザインが取り入れられることが多いです。また、涼しげな水色や淡いグリーンが基調となることもあります。

  • 秋の代表的な柄として、紅葉や菊が挙げられます。暖かみのある赤やオレンジ、深みのある黒地に、金の紅葉が映えるデザインは、秋の風情を感じさせます。

  • 冬には、雪の結晶や松や鶴といった、冬の静けさや厳しさを感じさせるデザインが人気となります。深い色合いの着物に、白や銀の糸で描かれた柄が美しく、冬の風物詩を楽しめます。

これらの季節感ある柄を取り入れることで、その時々の日本の風情や自然の美しさを、着物を通して楽しめます。

サイズ選び: 大きい、小さい、通常サイズの違い

着物を初めて選ぶ際、サイズ選びは非常に重要です。特に、結婚式や参列など、特別なシーンでの着用を考えている方は、サイズ選びに細心の注意を払いましょう。

まず、通常サイズは、多くの女性が選ぶサイズとなります。これに対し、大きいサイズは、やや背丈が高め方やふくよかな体型の方、ゆったりとした着心地を好む方におすすめです。逆に、小さいサイズは、背丈の低い方や、きっちりとしたシルエットを好む方に適しています。

また、年代によってもサイズの感じ方が異なることがあります。20代や30代の女性は、身体のラインをしっかりと見せたいと考える方が多く、小さいサイズを選ぶ傾向にあります。一方、40代、50代と年齢を重ねると、ゆったりとしたサイズを選ぶ方が増えることがあります。

サイズ選びの際は、試着を行い、自分の体型や好みに合ったものを選ぶことが大切です。

着付けや小物: 足袋や帯締めの選び方

着物を着る際、小物の選び方も楽しみの一つといえます。特に、足袋や帯締めは、全体のコーディネートを決める上で欠かせないアイテムです。

足袋
和装の際に履く靴下のようなものです。色は、白やクリームが基本となりますが、着物や帯の色に合わせて、赤や青、緑など、さまざまな色があります。

帯締め
これは、帯を固定するためのアイテムで、金や銀、革や布、さまざまな素材で作られています。特に、華やかなシーンでは、金や銀の帯締めを選ぶ方が多いです。一方、日常的なシーンでは、布製のシンプルなものを選ぶこともあります。

この他にも、袋帯や帯留め、かんざしといった小物を選ぶ際も、自分の好みや着物の色、シーンに合わせて選ぶことが大切です。これらの小物を上手に選ぶことで、着物の印象を大きく変えられます。

レンタルのメリットと注意点

結婚式やパーティー、特別なシーンで着用したい着物ですが、購入するとなると価格が高いことが多く、頻繁に着るわけでもないため、悩む方も多いでしょう。そんな時、注目したいのが「レンタル」の選択肢です。

この章では、着物レンタルのメリットと注意点を解説します。

経済的な利点: 手頃な価格で高級な着物を楽しむ

留袖や訪問着などの礼装は、購入するとかなりの価格となることが一般的です。しかし、レンタルならば、手頃な料金で高級な着物を楽しめます。特に振袖など、一生に一度しか着用しない可能性のある着物は、レンタルが経済的にもおすすめです。

また、着物を購入するとなると、価格的な制限から選びたい着物をあきらめざるを得ないこともあります。でも、レンタルなら、豊富なラインナップの中から、気に入ったものを選べます。柄や色、そしてサイズなど、選びたい着物がきっと見つかるはずです。

便利なフルセットレンタルの魅力

着物を着るには、帯や小物、そして着付けといったさまざまな要素が関連します。初めて着物を着る方やあまり慣れていない方にとって、これらを一つ一つ揃えるのは大変ですね。

着物レンタルの中には、着物だけでなく、帯や小物、そして着付けまで含めた「フルセット」を提供するサービスも多くあります。これにより、何を準備すればよいのかわからないという心配が不要となり、安心して着物を楽しむことができます。

また、着物を着た後のクリーニングや保管も、頭を悩ますポイントの一つです。特に保管に関しては、湿度や直射日光を避けるなど、注意が必要です。しかし、レンタルなら、これらの手間を気にすることなく、着物を楽しめます。

予約や下見の時期とその方法

結婚式やパーティーなどの日程が決まったら、なるべく早めにレンタルの予約をすることをおすすめします。特に人気のある着物やサイズによっては、早めに予約を入れないと希望のものがレンタルできない可能性もあります。

また、実際に着物を着てみることで、色や柄、サイズ感などがわかり、自分に合ったものを選べます。店舗に来店する際には、希望の日程や予算、そしてどのようなシーンで着用するのかなどの情報を伝えると、スムーズに選べるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、大正から昭和に作られたアンティークを中心に多彩な着物をご用意しています。着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。帯や草履、バッグといった小物類もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。

着物のスタイルと流行

この章では、着物のスタイルと流行について解説します。どのような着物を選ぶか悩んでいる方は参考にしてみてください。

モダン、レトロ、アンティーク: それぞれの特徴

着物は日本の伝統的な衣装ですが、時代とともにさまざまなスタイルやデザインが生まれてきました。ここでは、モダン、レトロ、アンティークといった異なるスタイルの特徴をご紹介します。

モダン
モダンな着物は、現代的なデザインや柄、色を取り入れたものです。華やかな花柄やシンプルなデザイン、または派手な色のものなど、多彩なバリエーションがあります。特に20代や30代の女性に人気で、結婚式やパーティーなどの華やかなシーンでよく着用されます。また、クリームや水色、白といったさわやかな色が多く取り入れられることも特徴的です。

大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖」線画とぼかし染めで牡丹を描いた黒留袖です。たっぷりと手刺繍が施された立体感のある仕上がりで、洗練された装いを叶えます。

緋色に菊の花薫る振袖」緋色地に白菊を縦ラインに描いた、大正時代のデザインを復刻した振袖です。現代の感覚にも通じるモダンなデザインが魅力的。帯や帯留めも菊模様を選び、秋の良き日にふさわしい菊尽くしの装いとしました。

レトロ
レトロな着物は、昭和の時代を感じさせるようなデザインや柄が特徴です。古きよき時代の雰囲気を再現したもので、大人の女性や50代以上の方々に人気です。牡丹や菊といった伝統的な花柄や、落ち着いた色合いが特徴的です。また、レトロな着物は、叔母や祖母から受け継がれることも多く、家族の絆を感じることができるアイテムとしても親しまれています。

鹿の子紋様と古典柄の檜扇と菊の黒留袖」上前には檜扇、下前には鼓を描いたアンティーク黒留袖です。着付けると見えなくなる下前まで、美しい絵柄で彩られた手の込んだ仕上がり。随所に手刺繍や金彩が施され、おめでたい席にぴったりの格調高い装いです。

水色の地に赤い雲取りと扇や几帳の色振袖」鮮やかな水色の地に、橙色の雲取り模様が映えるアンティーク色振袖です。檜扇や花丸紋、青海波といった古典美で彩られた絵柄は、レトロななかに洗練された印象を与えます。

アンティーク
アンティークな着物は、大正や明治時代のものをはじめ、数十年、時には数百年前のものも含まれます。古風ながらも上品なデザインや柄、色合いが魅力です。一般的には高価ですが、レンタルで気軽に楽しめます。アンティークな着物は、その歴史や背景を知ることで、より一層の魅力を感じられるでしょう。

色とりどりの鶴舞う黒留袖」赤い鶴や梅、竹や流水を描いた、大正時代のアンティーク黒留袖です。アンティークならではの柄ゆきや色づかいが美しく、慶事の席に華を添えます。

たまご色に刺繍丸紋、鳳凰獅子の振袖」たまご色地に鳳凰や獅子、花々を総手刺繍で表現したアンティーク色振袖です。ふっくらとした上質な立体感があり、光を受けるとなめらかに輝きます。現代では表現できない、その時代ならではの手仕事の粋をまとっていただけます。

若い世代に人気の着物スタイルと理由

近年、若い世代の間で着物の人気が再燃しています。その背景や人気のスタイルについて、詳しくみていきましょう。

シンプルでモダンなデザイン
20代や30代の女性に人気のスタイルは、シンプルでモダンなデザインのものが多いです。特に白や水色、クリームなどの明るい色が人気です。これらの色は、若々しさやフレッシュさを引き立てるため、若い女性におすすめです。

多彩なコーディネート
着物だけでなく、帯や小物、草履といったアイテムとの組み合わせで、多彩なコーディネートが楽しめることも、若い世代に人気の理由の一つです。特に帯や小物の選び方一つで、全体の雰囲気がガラリと変わるため、自分だけのオリジナルなスタイルを楽しめます。

SNSでの情報共有
SNSでの着物に関する情報共有も、若い世代の着物ブームを後押ししています。おしゃれなコーディネートや、新しい商品の情報など、さまざまな情報がリアルタイムで共有されており、それを参考にすることで、自分も着物を楽しみたいという気持ちが高まっています。

着る場所やシーンに合わせた選び方

着物を選ぶ際の大切なポイントは、着る場所やシーンに合わせて選ぶことです。以下に、いくつかのシーン別の選び方のポイントをご紹介いたします。

結婚式やパーティー
華やかなシーンでは、モダンで華やかなデザインの着物や、明るい色のものがおすすめです。また、アクセサリーやバッグ、ヘアメイクとのトータルコーディネートを楽しむことで、より一層の華やぎを引き立てられます。

親族や友人の結納やお祝い事
親しい人々との大切な日には、落ち着いた色やデザインの着物を選ぶことで、格式を保ちつつも、自分らしさを表現できます。特に、家族や親族とのシーンでは、家の格式やマナーを意識しながら、選ぶことが大切です。

初めての着物体験や、気軽に楽しむ日
初めて着物を着る方や、気軽に楽しむ日には、レンタルの着物を選ぶこともおすすめです。レンタルならではの豊富な選択肢から、自分の好みや気分に合わせて、気軽に楽しめます。

着物は、シーンや場所、自分の気分に合わせて選ぶことで、その魅力を最大限に引き出せます。さまざまなシーンでの着物の楽しみ方を存分に味わい、日本の伝統文化を深く感じてみてはいかがでしょうか。

初めてレンタル着物を利用する際の手引き

着物の世界は、日本の伝統的な美とマナーが詰まったものです。結婚式やパーティー、参列などのシーンでの着用を考えている方も多いでしょう。初めて着物レンタルを利用する方は、どこでレンタルすればいいのか、予約から返却までの流れ、着用時の注意点など、気になる点が多いかと思います。この章では、そんな疑問を解消していきます。

どこでレンタルする? 店舗やレンタルショップの選び方

日本には数多くの着物レンタルショップがあります。では、どうやって選べばいいのでしょうか?

商品の豊富さ

まず、提供されている商品の豊富さを確認しましょう。留袖、振袖、訪問着、色無地など、さまざまなタイプの着物があります。目的に合わせて選んでください。また、帯や小物、バッグなどのセット商品も多いので、一式揃えることができるかどうかもポイントとなります。

価格の透明性

料金が明確に表示されているか、確認しましょう。レンタル価格はもちろん、クリーニング料金や予約料、保証金など、隠れたコストがないかも重要です。

体験談の確認

実際に利用した方の声や評価を参考にすることもおすすめです。安心して利用できるかどうかの判断材料として、他の方の体験談は非常に有益です。

着物になじみの薄い方にとって、装いのトータルコーディネートはハードルが高いと感じることも。ゆめやでは着物に精通したスタッフが、お客様の魅力を最大限に引き出すコーディネートをご提案いたします。格調高い伝統的な装いから、現代的な要素を取り入れたモダンな装いまで、お客様のお好みに合わせて着こなしをサポートいたします。

予約から返却までの流れと注意点

次に、予約から返却までの流れをみていきましょう。

  1. 予約
    まず、予約をします。多くの店舗では、電話や公式サイトからの予約が可能です。来店日や試着の日時、利用日などを指定しましょう。
  2. 試着
    実際に店舗に訪れ、試着を行います。サイズや柄、色などを確認しながら、自分の好みに合ったものを選びましょう。
  3. 注文
    試着後、最終的に選んだ商品を注文します。この際、料金や返却日などの詳細を再確認してください。
  4. 着用
    注文した商品が届いたら、当日に着用します。初めての方は、着付けに少し時間がかかることを覚悟しておくといいでしょう。
  5. 返却
    利用後は、指定された日にちに返却します。遅れる場合は、必ず事前に店舗に連絡を入れてください。

着用時の気をつけること: 着付けや動き方の基礎

最後に、着物を着る際の基本的な動き方や注意点をみていきましょう。

着付けの基礎

着物を着る際は、正しい着付けが大切です。特に、帯の結び方や袖の長さ、裾の位置など、細部に注意が必要です。初めての方は、プロの着付け師にお願いすることをおすすめします。

動き方のポイント

  • 着物は腕を大きく上げることが難しいので、物を取る際は体を低くして取るようにしましょう。
  • 歩く際は、足を前に出すようにし、大きな歩幅は避けるよう心がけましょう。
  • 階段の上り下りは、一歩ずつゆっくりと進むことが大切です。

まとめ

この記事では、結婚式での着物レンタルに関する多くの情報をお伝えしてきました。では、その中でも特に心に留めておきたいポイントを再確認してみましょう。

  • 種類の理解: 結婚式での着物選びには、留袖や訪問着、振袖などさまざまな種類があります。それぞれの特徴や適切なシーンを理解することで、自分の立場や参列する式の雰囲気に合った着物を選べます。
  • フルセットレンタルの利用: 着物だけではなく、帯や小物、バッグ、草履など、一式揃ってレンタルできるサービスを利用することで、コーディネートの手間を省けます。
  • 価格と品質のバランス: 高価な着物でも、品質が伴わなければ意味がありません。逆に、安価であっても豊富なデザインや自分に合ったサイズ展開、縫製の丁寧な着物を選ぶことがおすすめです。
  • 色や柄のチェック: 華やかな花柄やモダンなデザイン、落ち着いた色合いなど、自分の好みや結婚式の雰囲気に合わせて選んでください。
  • 試着の大切さ: 着物はサイズや色、柄によって印象が大きく変わります。そのため、できるだけ事前に試着をして、自分に合ったものを選ぶよう心がけましょう。
  • クリーニング不要: レンタルの際、クリーニング不要のサービスを提供しているところは特に便利です。結婚式の後、忙しい中でのクリーニングの手間を考えると、非常に助かりますね。

着物選びは、初めての方にとっては少し難しそうに思えるかもしれません。しかし、しっかりとこのチェックリストを参考にすることで、自分らしい、そして結婚式にふさわしい着物を選ぶ手助けとなることでしょう。

着物は日本の伝統的な文化であり、その美しさや格式を持つ衣装です。結婚式という特別な日に、着物を身に纏い、その魅力を最大限に引き出してみてはいかがでしょうか。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

結婚式服装イメージ

【結婚式】式における兄弟・姉妹の役割と服装、衣装レンタルの活用法

はじめに 結婚式は、一生の思い出となる特別な日です。特に新郎新婦の親族として参列する際、その立場はとても特別です。そのため、礼装のマナーや選び方には特に注意を払いたいものですね。 当記事では、新郎新婦の兄弟や姉妹として、 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!