着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

婚礼イメージ

【和装花嫁】​白無垢&日本髪で結婚式を彩る! 基礎知識と合わせ方

はじめに

和装の花嫁が放つ美しさは、日本の伝統を感じさせ、多くの人々を魅了します。中でも、白無垢と日本髪の組み合わせは、結婚式の中心となる花嫁を一段と輝かせるスタイルです。今回は、その魅力や、結婚式におすすめのヘアスタイルについて深掘りしていきます。

白無垢と日本髪の組み合わせの魅力

白無垢とは、文字通り「白い無垢の衣装」を意味し、純粋さや清楚な雰囲気を象徴するものです。その名の通り、真っ白でシンプルな色合いが特徴であり、それだけに花嫁の美しさを引き立てる力があります。

  • 伝統を感じさせる雰囲気: 白無垢は日本の結婚式の伝統衣装として長い歴史を持っています。この衣装を纏うことで、伝統的な雰囲気を醸し出すことができます。
  • 洋髪との違い: 洋髪やウェディングドレスとは異なり、白無垢と日本髪の組み合わせは日本独特の華やかさと格式を持っています。

日本髪とは、日本の伝統的な髪型を指します。特に花嫁の日本髪は、髪飾りや綿帽子、角隠しを合わせると、さらに華やかに、そして格式あるスタイルを演出できます。

  • 色々なスタイル: 日本髪には多くの種類やアレンジがあり、挙式の雰囲気や新郎の衣装、そしてもちろん花嫁の好みに合わせて選択できます。
  • 結婚式の雰囲気を盛り上げる: 和の雰囲気を取り入れると、結婚式全体の雰囲気を一層盛り上げることができるでしょう。

白無垢と日本髪の組み合わせは、新しいとも伝統的ともいえるスタイルで、日本女性の美しさを存分にアピールできるのです。

花嫁の最も特別な日のためのスタイル選び

結婚式は一生に一度の特別な日。花嫁として、最も美しく輝くスタイルを選ぶことはとても大切です。しかし、多くのスタイルやアレンジがある中で、どれを選べば良いのか迷うこともあるでしょう。

  • 自分の好みを確認する: まずは、自分の好みや理想のイメージをしっかりと持つことが大切です。和装の雰囲気や、どんな髪飾りをつけたいのか、それぞれのイメージを明確にしましょう。
  • フォトスタジオやヘアメイクサロンでの相談: プロのヘアメイクアーティストや、フォトスタジオのスタッフに自分の理想を伝え、アドバイスをもらうのもおすすめです。写真やサンプルを見ながら、自分に似合うスタイルを探ってください。
  • 前撮りやリハーサルでの確認: 実際にヘアスタイルやメイクを試してみると、当日のイメージが膨らみます。

結婚式は、花嫁だけでなく、参列するゲストにとっても心に残る日となるでしょう。自分らしいスタイルを選んで、最も美しい瞬間を迎えてください。

白無垢の歴史とその特徴

花嫁の衣装として日本の結婚式に欠かせない白無垢。この美しい和装が持つ歴史や特徴、そしてその背後にある意味について、今回は深く探っていきます。

白無垢の起源と意味

白無垢は、文字通り「白く清らかな」を意味する言葉で、日本の伝統的な結婚式において花嫁が纏う衣装として知られています。しかし、この白無垢がなぜ結婚式で選ばれるのか、その起源と意味について考えてみましょう。

  • 起源: 白無垢は室町時代に起源を持ち、武家の女性が重要な儀式で着用するものとして始まりました。その後、時代とともに民間にも広がり、結婚式の主役である花嫁の衣装として選ばれるようになりました。
  • 意味: 白色は純粋さや清らかさを象徴する色とされ、無垢とは「汚れのない」という意味を持っています。従来は婚家の色に染まる、という意識があったようです。したがって、結婚式の白無垢は、花嫁が純潔で清らかな心を持って新しい生活をスタートさせることを意味します。

白無垢は、深い歴史的背景と共に、花嫁自身の新たな人生のスタートを祝福するための特別な衣装として、今も多くの人々に選ばれています。

ひと口に白無垢といっても柄の配置や織り方、刺繍の有無によって印象は大きく異なります。アンティークきものレンタルゆめやの白無垢は全て正絹で仕立てられ、なめらかな輝きと柔らかさで花嫁姿をさらに美しく引き立てます。

相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式」は相良刺繍で梅や牡丹、鳥を表現した立体感のある一枚です。白一色のなかに多彩な表情が生まれ、写真にも絵柄がしっかりと写ります。

オフホワイトに鶴や松のビーズやスパンコールが輝く白打掛」は鶴や松、牡丹や藤を織り出し、随所にビーズやスパンコールで加飾した華やかなデザインです。遠目にも絵柄が際立ち、花嫁衣装にふさわしい華やかさと格調があります。

クリーム色やピンク色にも輝く、鶴と花々の白打掛」は七色に輝く糸を用い、光を受けるとクリーム色にもピンク色にも見える希少な一枚です。日光とライトの光とで全く違う印象になり、清楚ななかに個性を表現できます。

伝統的な白無垢の小物とその解説

白無垢には伝統に則った小物や帯を合わせます。白無垢を中心にコーディネートが組み立てられており、それぞれに深い意味や祈りが込められているのです。

  • 小物: 白無垢には、懐剣、筥迫(はこせこ)といった伝統的な小物を使います。懐剣は武家の女性が護身用に身に着けていたものです。白無垢には、真っ白な袋に入った懐剣を帯に差し、飾りとします。筥迫は武家の女性が携行した化粧ポーチのようなもの。新婦は身だしなみを忘れない、という意味合いで胸元に飾ります。
  • 髪飾り: 白無垢に合わせる髪飾りにも、さまざまな意味があります。角隠しは、花嫁の角を隠すことで、穏やかな性格を祈る意味が込められています。綿帽子は頭からすっぽり被り「新郎以外に素顔を見せない」という意味で使用します。洋婚のベールと同じ役目を果たす頭飾りです。
  • : 白無垢に使用する帯は丸帯で、通常の着物に締める袋帯よりも長く、文庫結びにします。文庫結びは武家の女性が締める帯の基本形で、格の高い結び方です。

白無垢のそれぞれの部分には、長い歴史の中で培われた伝統や意味が込められており、それを知ることで、花嫁が纏う白無垢の美しさや深さをより深く感じることができるでしょう。

ゆめやでは美しい花嫁姿を完成させる婚礼小物も、こだわりの逸品を取り揃えています。アンティークの婚礼小物は贅沢な素材を用い、大変な手間暇をかけて作られています。単に婚礼衣装を引き立てるものとしてだけではなく、手仕事の精緻さや時代を経た深い味わいを感じていただけます。

日本髪の種類と基本的な知識

日本の伝統的な髪型、日本髪。結婚式や成人式など、特別な日の和装とともに、多くの女性たちがこの髪型を選ぶ理由は、その美しさや格式、そして日本の伝統を強く感じられるからでしょう。今回は、日本髪の基本的な知識と、その種類について解説します。

日本髪とは何か:基本の解説

日本髪は、日本の伝統的な髪型のことを指します。その名の通り、日本古来の髪型であり、長い歴史を持っています。

  • 日本髪の特徴: 日本髪は、長い髪を結い上げ、さまざまなスタイルやアレンジを施すことで、格式や美しさを演出します。高く結い上げ、衿足や首元を見せるスタイルが基本です。また、飾りや簪(かんざし)を使用して、さらに華やかに、伝統的な美しさを演出できます。
  • 日本髪の歴史: 日本髪とは、古墳時代から続く、日本人の髪型の総称です。現代の和婚で新婦に施される結髪は、安土桃山時代、役者や遊女の間で広まったといわれています。その後、一般庶民に広まり、時代とともに多くの種類やスタイルが生まれました。

日本髪は、伝統的な技法やスタイルが受け継がれ、現代でも多くの人々に愛されています。

和装髪型の代表「文金高島田」について

和装の髪型には多くの種類がありますが、特に「文金高島田」は日本髪になじみが無い人でも名前だけは知っているほど、人気のある結髪です。

  • 文金高島田: 文金高島田は、花嫁の髪型として非常に人気があります。花嫁の髪型の代名詞といってもいいでしょう。特徴は高く結った島田髷にあります。島田髷は日本髪の一般的な髪型ですが、文金高島田は髷の部分を通常の島田髷よりもさらに高く結った髪型で、最も格の高い結い方です。
    文金は江戸時代の貨幣ですね。江戸時代に文金(小判)が貨幣改鋳により、一気に高騰した時期がありました。急に高くなった物価になぞらえて、高く高く結い上げた髪型を文金高島田と呼んだようです。

文金高島田は、伝統的美しさと格調高さを兼ね備えているため、花嫁の髪型として多くの女性たちから親しまれています。日本髪は日本女性を最も美しく見せる髪型の一つであり、なかでも文金高島田は時代を越えて、不変の美しさを誇ります。和婚の新婦、特に白無垢姿の花嫁には文金高島田の結髪がおすすめです。

和装の中でも洋髪やロングヘアを活かしたアレンジ方法

和装には日本髪が定番ですが、現代は洋髪やロングヘアの女性が多いですね。洋髪やロングヘアを活かしつつ、和装に合うアレンジ方法をいくつか紹介します。

  • ロングヘアの活用: ロングヘアは、編み込んだり、結い上げたりすると、和装にも合わせやすくなります。簪や飾りを使用して、さらに和の雰囲気を出しましょう。
  • 洋髪との組み合わせ: 洋髪は、そのまま和装に合わせることもできますが、一部を結うと、和洋折衷の美しいスタイル作りが可能です。例えば、前髪を丸く揃えて流すと、洋髪でも和装にしっくりと合うスタイルに落ち着きます。

和装は、そのままの髪型だけでなく、さまざまなアレンジを加えることで、新しい魅力を引き出せるスタイルです。

白無垢に合わせる日本髪のスタイル選び

白無垢を纏う花嫁の美しさを引き立てるためには、日本髪のスタイル選びも重要です。特別な日のための髪型をどう選び、どうアレンジするのか、ポイントとともにご紹介いたします。

髪型とメイクの組み合わせのポイント

白無垢と日本髪は美しい組み合わせですが、さらにヘアメイクのバランスを取ると、その美しさを最大限に引き出すことができます。

  • 髪型とメイクのバランス: 日本髪は格式があるので、メイクもそれに合わせて上品に。ベースは白塗り、口紅は朱赤などを小さく、くっきりと引くのがおすすめです。
  • アクセントの利用: 顔周りに簪や飾りを使用すると、メイクのアクセントとしても活用できます。特に、顔の形や特徴に合わせて選ぶことで、より一層の華やかさを演出できます。白塗りのベースメイクに、べっ甲のかんざし、紅の櫛などが映えるでしょう。
  • 写真やフォト撮影の際のポイント: 白無垢と日本髪の組み合わせは、写真撮影においても非常に見応えのあるスタイルです。ベースメイクの白塗りは最初は「白過ぎ?」と思うかもしれませんが、自然光の下では余り違和感を感じません。

ゆめやでは婚礼衣装だけでなく、髪飾りもご用意しています。日本髪に映える伝統的なべっ甲調や蒔絵調のほか、ビーズが輝く現代的なデザインの髪飾りもご提案しています。ヘアアクセサリーを存分に活用することで、より自分らしい花嫁姿をお楽しみいただけます。

地毛とかつら、どちらを選ぶべきか

花嫁の日本髪を決める際、地毛を活かすか、あるいはかつらを使用するかは大きな選択の一つです。

  • 地毛の利点: 自分の髪の毛を使うため、自然な仕上がりになります。また、髪の量や質に自信がある場合、地毛を活かしたスタイルがおすすめです。
  • かつらの利点: 髪のボリュームや長さを気にせず、理想のスタイルを実現できます。また、長時間の挙式や披露宴でも、髪型が崩れにくいのが特徴です。

それぞれの方法には、利点がありますので、挙式のスタイルや自身の髪のコンディションに合わせて選択しましょう。

白無垢と日本髪の撮影準備とポイント

結婚式の前撮りは、後々の思い出として大切に残る写真です。特に、白無垢を纏い、日本髪でのアレンジを選ぶ花嫁は、その撮影が一層特別なものとなります。そこで、撮影前の準備や当日のポイントについて、詳しくご紹介いたします。

結婚式の前撮りでのスタイルの考慮事項

前撮りは、本番の結婚式よりもリラックスして撮影を楽しめる絶好のチャンスです。白無垢や和装の雰囲気を最大限に生かすため、以下のポイントを考慮しましょう。

  • 場所の選択: 和装の美しさを引き立てるため、日本庭園や神社、伝統的な風情のある場所での撮影がおすすめです。
  • 時間帯の考慮: 自然光の中での撮影は、和装の色や素材の美しさを引き立てます。特に、朝や夕方の柔らかい光は、写真の雰囲気を一段と華やかにしてくれます。
  • 衣装の色や柄の選択: 白無垢は名前の通り白を基調としますが、抱え帯や小物の色をほんの少し変えると、異なる雰囲気の写真に仕上がります。

ゆめやの「和装レンタル前撮りプラン」は着付け・ヘアメイクからロケーション撮影まで、すべて含まれたお得なプランです。白無垢をはじめ打掛や振袖、引振袖など、多彩なアンティーク着物からお気に入りの婚礼衣装をお選びいただけます。洋髪のほか日本髪風のヘアセットにも対応し、お好みのコーディネートで撮影に臨んでいただけます。いつ撮っても、何を着ても、すべて込みの明瞭な価格設定で、お二人の晴れ姿をカタチに残していただけます。

白無垢を着る際の前髪や髪飾りの取り付け方

白無垢の美しさをより一層引き立てるためには、前髪や髪飾りの取り付け方も重要です。

  • 前髪のアレンジ: 前髪は、顔の印象を大きく左右します。和装に合わせる場合、前髪を軽く流すアレンジや、おでこを広く見せるスタイルがおすすめです。
  • 髪飾りの取り付け方: 櫛やかんざしは、頭のてっぺんから少し後ろに取り付けると、頭の形がきれいに見えます。また、簪の数や位置を変えることで、異なる雰囲気を楽しめるでしょう。

撮影現場でのヘアアレンジの調整とメンテナンス

撮影は数時間にわたることもあり、ヘアアレンジの調整やメンテナンスが欠かせません。

  • ヘアアレンジの持ちを良くする方法: 撮影前には、ヘアスプレーをしっかりと吹きかけ、アレンジの持ちを良くします。
  • 撮影中のメンテナンス: 長時間の撮影で、髪が乱れることも。小さなブラシやコームを携帯し、定期的に髪の状態をチェックして調整しましょう。
  • 日本髪のアレンジの調整: 日本髪のアレンジは、複雑で繊細です。プロのヘアメイク師と一緒に、定期的にアレンジの状態を確認し、必要に応じて調整することが大切です。

撮影は、一生の思い出となる大切な時間です。前もっての準備や、当日のメンテナンスをしっかりと行うことで、最高の一枚を残せるでしょう。

日本髪を綺麗に保つためのケア方法

日本髪の美しさは、その艶やかさや独特の雰囲気にあります。和装、特に白無垢を纏う花嫁がその魅力を最大限に引き出すためには、日本髪の適切なケアが不可欠です。ここでは、日本髪を美しく保つためのケア方法について詳しく解説します。

日本髪の毛質や特性に合わせたケア

日本人の髪の毛質は、しっかりとした太さと直毛が特徴です。日本髪はこの毛質を活かして、美しいアレンジやスタイルを作り出します。そのため、以下のケア方法を心掛けると、日本髪の美しさが長持ちします。

  • 洗髪: 頭皮や髪を清潔に保つため、定期的な洗髪は欠かせません。しかし、頻繁に洗いすぎると、髪の保湿成分が失われてしまうことも。自分の髪質に合った洗髪を心掛けましょう。
  • トリートメント: 日本髪の艶を保つためには、週に1回程度のトリートメントがおすすめです。特に、乾燥しやすい季節には、保湿成分を含んだものを選ぶと良いでしょう。
  • 乾燥対策: 髪の毛は、乾燥するとキューティクルが開いてしまい、ダメージを受けやすくなります。季節の変わり目や冬季には、ヘアオイルや保湿スプレーで髪を守ってください。
  • 日常のブラッシング: 頭皮の血行を良くし、髪の健康を保つためには、日常的なブラッシングが効果的です。ただし、力を入れすぎず、やさしく髪を整えるようブラッシングしましょう。

髪を結う際の注意点と毛の保護

日本髪のアレンジは、髪を結ったり、巻いたりと、多様な方法で行われます。その際の注意点や、髪の毛を保護する方法についてご紹介します。

  • 結び方の工夫: 髪を強く引っ張りすぎると、髪の毛や頭皮にダメージを与える原因となります。アレンジの際は、髪をやさしく結ぶようにしましょう。
  • ヘアゴムの選び方: 普段の生活で使用するヘアゴムとは異なり、日本髪のアレンジには、髪の毛を傷つけない素材や形状のものを選ぶことが大切です。
  • 髪の保護: 髪の毛が乾燥や摩擦から守られるよう、結いやアレンジの前には、ヘアオイルやヘアミルクで髪の毛をコーティングしてください。

以上、日本髪を綺麗に保つためのケア方法について、詳しくご紹介しました。日本髪の美しさを長く保つためのポイントや、撮影時の注意点を心掛けて、最高の日を迎えてください。

まとめ

私たちが普段目にする結婚式の風景の中で、白無垢を纏った花嫁の姿は、特別な輝きを放っています。そして、その美しさを引き立てるのが、日本髪のアレンジです。この章では、結婚式での白無垢と日本髪の完璧な組み合わせと、次に進むためのステップや注意点について触れていきます。

結婚式での白無垢と日本髪の完璧な組み合わせ

白無垢と日本髪、この二つの組み合わせは、日本の伝統的な美を体現するスタイルです。結婚式、特に挙式の際には、花嫁はこの組み合わせを尊重し、厳かに儀式を進めます。

  • アクセントの飾り: 髪飾りや簪は、華やかさをプラス。シンプルな白無垢の中で、髪の部分が一際目を引くポイントとなります。
  • スタイルの選択: 前撮りや結婚式の場面に合わせて、日本髪のスタイルを選ぶこと。打掛を着る場面や、新郎との写真撮影など、場面に応じてアレンジを変えるのもおすすめです。

次に進むためのステップや注意点

結婚式を控える花嫁にとって、白無垢と日本髪のアレンジは一つの大きなポイント。しかし、ただ選ぶだけではなく、いくつかのステップや注意点を押さえておくことで、より完璧な一日を迎えることができるでしょう。

  • ヘアメイクの確認: 挙式前に、ヘアメイクのリハーサルを行いましょう。自分の髪の長さや質、おしゃれの好みなどを確認しながら、最適なスタイルを見つけてください。
  • 髪のケア: 美しい日本髪のアレンジのためには、普段からの髪のケアが欠かせません。特に、結婚式を控える数ヶ月前からは、髪の毛のトリートメントやマッサージを心掛けてください。
  • 当日の流れの確認: 結婚式当日は、時間に追われることが多いもの。ヘアメイクの時間や、リタッチのタイミングなど、流れを事前に確認しておくと、スムーズな進行を実現できます。

結婚式は、人生の中でも特別な日。その中で、白無垢と日本髪の完璧な組み合わせは、一生の思い出をより美しく輝かせてくれます。和婚はあなたにとって、生涯のパートナーと永遠の愛を誓うにふさわしい、宝石のような一日となるでしょう。どうぞ、お幸せに・・・。

白無垢と日本髪を中心とした和婚について、もっとよく知りたい方は以下のサイトも参考にしてください。

〈参考記事〉
https://www.yumeyakimono.jp/
https://wakon-style.jp/iroha/6214/#3
https://wakon-style.jp/iroha/4358/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

婚礼イメージ

​【結婚式】​白無垢と振袖、どちらを選ぶ? それぞれの意味と役割

はじめに 結婚式は女性にとって永遠の憧れ。たくさんの友人、知人に祝福されて、主役として輝く日です。しかし、当日を迎えるまでは多くの準備や選択が待っています。中でも、花嫁が最も心を砕くのは、その日の衣装選びでしょう。和装? […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!