成人式前撮りプラン・ロケーション撮影プラン

【着物のプロが監修】成人式の振袖レンタルの相場は? 予算と選び方

はじめに

成人式は、新たな社会人としての一歩を踏み出す大切な節目です。そんな成人式を迎えるにあたり、多くの女性が成人の日を彩る装いとして振袖を選びます。

ですが、振袖一式を購入するには高額な費用が必要であり、一生に一度のイベントのために新品を用意するというのは、実際のところ経済的にも負担が大きいもの。そこで選択肢に挙がるのが、「振袖レンタル」です。

成人式と振袖レンタルの基本知識

振袖レンタルは必要な一式を一定期間借りるサービスで、購入するよりもずっとリーズナブルに済ませることができます。ただし、ひとくちにレンタルといっても料金体系は多種多様で、予算や好み、必要な小物の有無などによって大きく異なります。また価格だけでなく、着付けやヘアメイク、前撮りといったオプションサービスの有無も検討すべきポイントになってきます。

特に重要なのが、成人式当日やその前後の前撮り・後撮りのシーズンである1月は、レンタルの需要が集中しているため、早めの準備が必要です。多くの方が2年前から1年前にかけて予約を開始するため、選択肢が豊富な時期のうちから検討を始められることをおすすめします。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。成人式の振袖もたくさんご用意しています。ゆめやのお客さまも、お早い方は2年も3年も前からご予約なさるのですよ。100年の時を越えてきた振袖は、他店ではなかなか出会えませんので、ぜひじっくりと眺めてみてください。

振袖はただ着るだけのものではなく、ご自身の個性を表現する大切な和装です。自分の好きな色や柄、流行を反映したデザインなど、自分に似合うものを選ぶ楽しみも振袖レンタルの魅力の一つ。帯や草履、バッグなどの小物選びも自分のセンスが反映される部分となります。

着物の素材や刺繍、仕立ての質も価格に大きく影響します。高級感のある素材や繊細な刺繍、細かな仕立てが施されているものは当然高価になりますが、記念写真や当日の着心地、見た目にも差が出るため、ここは納得できる選択をすることが重要です。

この記事では、これから振袖レンタルを検討される方に、成人式と振袖レンタルの基本について、親御さんも一緒になって楽しんでいただけるような情報を詳細に解説していきます。安心して成人式を迎えられるように、振袖レンタルの流れや注意点、予算の考え方などを紹介し、大切な一日を美しく彩るためのお手伝いができればと思います。

着物は日本の伝統と文化が凝縮された美しいアートピースでもあります。成人式という大切な節目にふさわしい、厳かでありながら華やかな装いを振袖が提供してくれることでしょう。

振袖レンタルの相場ってどのくらい?

成人式の振袖レンタルにおいて、ご自身の予算を考える際に、まず押さえておきたいのがレンタルの相場です。

成人式振袖レンタル価格の平均はいくら?

振袖一式をレンタルする場合は、平均的な価格は大きく幅がありますが、一般的には約5万円から50万円程度が相場とされています。この価格には、振袖本体のみならず帯、小物など一式が含まれていることが一般的で、さらには着付けやヘアメイク、前撮りの写真撮影などのオプションサービスが付属するプランも多くあります。

その上でレンタル価格にこれほど幅があるのは、振袖の品質やデザイン、そして提供されるサービスの内容などによって大きく差が出てくるから。例えば高級ブランドや有名デザイナーの作品、または細やかな手刺繍が施された振袖などは、おのずとその価格も高くなる傾向にあります。さらに成人式当日の着付けやヘアメイクを式場近くの美容室で行ってもらう場合などは、その分の交通費や時間の手間を考慮した料金が加算されることもあります。

振袖レンタルの価格を比較する際には、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 振袖の品質: 素材や柄の豊富さ、状態の良さ
  • 含まれるアイテム: 小物や帯、草履まで一式が揃っているか
  • サービス内容: 着付けやヘアメイクの有無、撮影やクリーニングのオプション
  • 追加料金: 期間超過料金の設定や、その他各種オプション
  • キャンセルポリシー: 予約後のキャンセルに関する取り決めと料金

価格だけでなく、自分が着用する日の利便性や安心感も考慮したサービス選びが必要です。あらかじめ多くのレンタルショップを見て回り、自身にとって最も適したプランを見つけられるようにしましょう。

振袖レンタルで注意すべきコスト面のポイント

振袖レンタル料金以外にかかる費用とは?

成人式の振袖レンタルで料金の見積もりを取る際は、掲載されているレンタル料金だけではなく、その他にかかる費用も念頭に置くことが大切です。振袖一式を借りることができる「レンタル料金」以外にも、準備から当日に至るまでに必要な「追加費用」が存在します。以下に、振袖レンタルにおいて想定される追加費用をリストアップし、その内容を詳細にご紹介します。

追加費用の例

  • 着付け費用: 自分で着ることが難しい振袖は、専門の着付け師にお願いすることが一般的です。美容室やレンタルショップによるサービスの有無と料金を確認しましょう。
  • ヘアメイク費用: 成人式では華やかなヘアスタイルとメイクが求められます。このサービスも美容室やレンタルショップで用意されていることがありますが、多くの場合は別途料金が必要です。
  • 前撮り・写真撮影費用: 成人式の思い出を残すためには、前撮りや当日の撮影が欠かせません。アルバム作成も含め、パッケージ料金を事前に確認しましょう。
  • 小物の購入費用: たいていのレンタルショップでは小物もセットで提供されますが、ご自身で用意したい特別な小物がある場合は、それらは別途レンタルや購入が必要になることもあります。
  • オプション費用: より特別なサービスを求める場合、例えば帯結びのアレンジや特別なヘアアクセサリーなどは、オプションとして考えておく必要があります。
  • クリーニング費用: レンタルした振袖を清潔に保つためのクリーニング費用は、レンタル料金に含まれていないこともあります。その場合は別途クリーニング料金が発生します。
  • 延滞料金: 返却が遅れると延滞料金が発生する可能性があるため、期日を厳守しましょう。ここはご自身の気の付けようで費用の発生を防げる点ですね。
  • 保険・保証料: 振袖や小物に何らかの損害が生じたときのための保険や保証制度は、任意での加入を検討する余地があります。

これら追加費用を含めた全体の予算を事前にしっかりと立て、予算超過を防ぐためにも、各項目の詳細をレンタルショップにきちんと確認することが大切です。これらのサービスがパッケージとして提供されている場合は、個別で支払うよりもお得になる可能性があります。

ゆめやの振袖は、着物を選んでいただくだけで、帯・バッグ・草履などの小物をフルセットでご提供しています。髪飾りだけはヘアスタイルやお好みで要不要の分かれるところですので別料金となります。小物は店舗でのご試着の際にご覧いただくこともできますし、サイトからリクエストいただくこともできます。人気の着物や小物から予約が入ってしまいますので、どうぞお早めに。詳しくは商品ページ下部でご覧くださいね。

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖」は、大正時代から100年の時を超えてきた黒振袖です。青海波の水色、青緑、鳳凰の青、牡丹の青、随所に用いられた青系統の色が冴えわたっています。よくぞここまで色鮮やかに残していただきました。大胆さと繊細さを持ち合わせたデザインもすばらしい上に、昔の方の保管の技術もすばらしいということですね。

成人式の時期はたいへん混み合うため、早めの予約が大切です。先のことでなかなか費用面の想像もつきにくいかもしれませんが、決して安い出費ではありませんので、サービスの質と料金のバランスを見極めて自分にとって最適なプランを選ぶようにしましょう。

振袖レンタルの価格幅とそれが出る理由

ここでは、なぜ振袖レンタルにそこまで価格差が生まれるのか、その理由と主な要因をさらに詳しく見ていきます。

振袖レンタルの価格は、「一式」の内容によって大きく変動します。一般的なレンタル料金は数万円から数十万円という幅広い範囲に渡りますが、それには以下のような複数の要因が影響しています。

価格差に影響を与える主な要因

  • 振袖の質とデザイン: 高級感のある刺繍入りや伝統的な柄の振袖、デザイナーズブランドのものなどは、一般的な振袖よりも価格が高くなります。
  • セット内容: レンタルするセットに含まれるアイテムの数や質、小物の種類などが豊富であればあるほど、料金は高くなる傾向があります。
  • レンタルショップのブランド価値: 安心できるサービスや高い評価を受けているショップは、それだけで価格が高くなる場合もあります。
  • 時期と予約状況: 早めの予約が可能な場合は、早割などの適用により割安になることもあります。
  • 付帯サービスの有無: 着付けやヘアメイク、写真撮影などのサービスがセットになっていると、それだけ多くのコストが加わります。
  • オーダーメイドのオプション: 要望をオーダーメイドで叶えてくれるサービスを選択すると、追加料金が発生します。

振袖レンタルを選ぶ際には、ご自身の予算内で過不足のない価値を提供してくれるオプションを検討することが大切です。また、以下の表はレンタル料金の相場を参考にしたものです。

振袖レンタルセット価格相場
基本セット(振袖+帯+基本小物)30,000円〜80,000円
スタンダードセット(基本セット+着付け+ヘアメイク)70,000円~150,000円
プレミアムセット(スタンダードセット+前撮り+オプション小物)120,000円以上

これらはあくまでも一般的な相場であり、レンタルショップや地域、提供されるサービスの内容によっても異なりますので、詳細は各レンタルショップでご確認ください。また、価格だけでなくサービスの質やサポート体制も選定基準として考慮することが肝心です。

予算に合わせた振袖レンタルの選び方

振袖レンタルにはさまざまな価格があり、自分の予算の範囲内で最適な一式を選ぶことが重要です。予算に合わせた振袖の選び方について、ここでは着付けや小物選びのコーディネート例と共に見ていきます。

予算別振袖レンタルのコーディネート例

振袖レンタルを考える際は、まずは予算を明確にしましょう。以下に、予算別のコーディネート例を紹介します。

予算50,000円以下の場合
この価格帯では基本的な振袖一式(振袖、帯、基本小物)をレンタルすることができます。振袖の柄は、古典的なデザインから流行の絞り柄まで選択肢は豊富です。この予算では、小物は必要最小限に留め、着付けやヘアメイクは自分で行うか、親御さんや友人にお願いするなどで費用を抑えられます。

予算100,000円前後の場合
この価格帯であれば、振袖一式に加えて美容室での着付けやヘアメイクが含まれたプランも選べるようになります。草履やバッグなどの小物もよりグレードの高いものを選ぶことが可能になります。色や柄も選び放題で、自分の好きなスタイルで成人式を迎えられます。

予算200,000円以上の場合
高額な予算をかけることで、高級な振袖や人気のデザイナーもの、刺繍が施された豪華な振袖を選ぶことができます。前撮りや写真アルバム作成、オーダーメイドの小物選びなど、オプションサービスを追加する余裕も生まれます。特別な一日をより華やかに、そして記憶に残るものにできるでしょう。

予算オーバーを避けるための振袖レンタル予約と準備

予算を守りながら振袖レンタルを行うためには、早めの準備と予約が不可欠です。次の点に留意することで、予算オーバーを避けることができます。

  • 予算設定: なるべく早め、できれば成人式の2年前から予算を決め、その範囲内で振袖を探し始めましょう。
  • 早期予約の利用: 早期予約を行うと、割引が適用されることが多くなります。選択肢も豊富なので、自分の理想に近い振袖を見つけやすくなります。
  • セット内容の確認: レンタルの一式に何が含まれているかを確認し、不要なサービスは省くことで料金を抑えることができます。
  • 既成セットとカスタムセットの比較: 既成セットは一般的にリーズナブルですが、自分に合わない小物などが含まれていると無駄になりがち。自分に必要なものだけを選べるカスタムセットがあれば、そちらの方が無駄を省けることもあります。
  • 期間限定のキャンペーン利用: 振袖レンタルショップでは、定期的にキャンペーンを実施しているところもあります。キャンペーン情報は細かくチェックしておきましょう。
  • 後の手間を考えた選択: レンタル後のクリーニングや保管など、追加で発生する費用も考慮に入れることが重要です。

これらのポイントに注意して予算に合わせた振袖選びを行い、成人式の日をすてきに彩りましょう。

品質を確認! 価格以上に大切な振袖レンタルのポイント

振袖は成人式を迎える上で、あなたの門出を彩る大切な装いです。特別な日にふさわしい振袖を選ぶためには、価格だけでなくその品質にもこだわりたいところです。

素材の質感から縫製の丁寧さ、色の鮮やかさに至るまで、振袖の品質を確認することで着心地の良さと華やかな佇まいを確保できます。ここでは、レンタルする際に品質を見極めるポイントを解説します。

振袖レンタルで品質を確認する方法

振袖選びにおいて、価格と同じくらい、あるいはそれ以上に大切なのが「品質」です。せっかくの成人式ですから、ただ安いだけではなくきちんと品質の良いものを選びたいですよね。ここでは、レンタル振袖の品質を確認するためのポイントをいくつか紹介します。

店舗で直接着物を手に取ることができるのであれば、その触感を確認してください。高品質な振袖は、絹や上質なポリエステルを使用していて、肌触りが柔らかく光沢があります。次に、振袖の柄や刺繍の細かさにも注目してみましょう。繊細な柄行きや丁寧な刺繍には職人の技術やこだわりが反映されていて、見た目の高級感も演出しています。

着物の裏地をチェックすることも大切です。裏地がしっかりしていると着用時の快適さが保たれます。また、縫製がしっかりしているかどうかも重要です。特に袖口や衿元などの部分を注意深く見て、縫い目が均一であるかどうかを確認しましょう。

また、事前の試着も必須です。自分の体型に合ったサイズ感や、希望する色や柄が自分に似合うかどうかを確認するためにも、できれば早めの試着をおすすめします。多くの店舗では無料で試着できますので、積極的に利用しましょう。

ゆめやでもご試着をおすすめしています。東京店山梨店のほか、遠方の方は着物のみとはなりますが、ご自宅で試着できるプランもご用意していますので、ぜひご連絡ください。

品質と価格のバランスがとれた振袖レンタルとは

振袖選びにおいて特に意識したいのは、費用対効果という観点です。高品質な振袖をリーズナブルな価格でレンタルするには、価格と品質のバランスを考慮することが大切です。

高価な振袖には、その価値が反映される傾向にあります。高級感あふれる素材、細やかな柄、豊富な色彩など、細部にわたるこだわりが高い価格に表れています。ですが、予算内で納得のいく品質を得るためには、必ずしも高級で価格の高いものを選ぶ必要はありません。

一般的な振袖レンタルの相場は幅広く、安いものから高級なものまで多岐にわたります。ですが、必ずしも高い振袖が全ての人にとって最適とは限りません。重要なのは、予算内で最も品質が高く、自分に似合う振袖を見つけることです。

そのためにも、まずは多くのレンタル店を見比べて、振袖の種類や価格帯を確認し、自分の好きなスタイルや色、柄を明確にしましょう。それぞれの店舗でも振袖の詳細やレンタルの流れ、料金体系を確認してください。

こうして得られた情報をもとに、最終的な選択肢を絞り込みます。安心できる品質と価格のバランスがとれた振袖レンタル店を見つけるためには、このように情報収集と比較検討が不可欠。実際に店舗を訪れて、自身の目で確認し、納得できる品質の振袖を見つける努力を惜しまないようにしてください。

ゆめやの振袖はほとんどがアンティークで、現代物と表記された着物も、今作ったわけではなく、昭和後期からの着物となります。アンティークでも現代物でも、質の良い正絹と、手描き・手刺繍にこだわって集めた着物は、本物の貫禄と温かさにあふれています。

自慢の振袖の中から「黒地に雪輪、菊、松、橘の総絞り色振袖」をご紹介しましょう。しぼの一粒一粒を手絞りで絞って染め上げた、総絞りの振袖です。黒地に波しぶきと雪輪。波間には青海波・松・菊・橘・紅葉などが絞り出され、白と黒のみの潔い振袖に仕上がっています。八掛は本紋が織り出された赤い絞り地で若々しく仕上げられています。どこのお嬢さまがあつらえたのでしょうか、庶民には手の届かない価格だったはずですよ。

成人式を彩る振袖選びと着付けの重要性

成人式の振袖におけるコーディネートのポイント

成人式の振袖一式を選ぶ際は、ただ色や柄が美しいだけでなく、自分に似合うスタイルを見極める目も必要です。ここでは、記念に残る振袖選びのポイントを紹介し、準備に必要な要素を解説します。

まず、振袖選びで最も重要なのは「色」です。成人式は冬に行われることが多いため、季節感を考慮し、冬に映える色合いをチョイスするという選び方もあります。赤や白はお祝い事としても定番の色であり、華やかさを演出する上で失敗がありません。ですが最近ではブルーやグリーンといった色も人気を集めていて、好きな色を選ぶ楽しみも増えています

次に「柄」の選択です。振袖の柄には、古典的なものからモダンなデザインまで幅広い種類があります。成人式でよく選ばれるのは、鶴や松などの吉祥文様です。これらの伝統的な柄には、時代を超えて愛される理由があります。また、柄の大きさにも注目してください。柄が大きいものは遠目にも映え、華やかな印象を与えますが、身長や体型によってはバランスが取りにくい場合も。自分の体型や身長に合った柄の大きさを選ぶことで、全体の印象が大きく変わります。

振袖を選ぶ際には「小物」も重要な要素となります。帯や帯締め、帯揚げはもちろんのこと、草履やバッグといった小物類も振袖とのコーディネートを考慮して選びましょう。帯には、振袖の色や柄を活かすものを選ぶと全体がまとまります。また、草履は一日履き続けるものですから、見た目だけでなく、履き心地も確認しておくことが大切です。

ゆめやにも夢のように可愛らしい小物を誤用していますよ。

左端「黒と赤の土台と梅の手刺繍の草履」は、黒振袖にも赤い振袖にも似合う草履です。赤いちりめんの鼻緒には、紅白糸や金糸で赤や白の梅の花がたくさん手刺繍されていて、華やかで豪華な草履です。

中央「乳白色に赤い椿のビーズバッグ」は、日本のアンティークビーズで仕立てられた総ビーズのバッグです。日本のアンティークビーズバッグはビーズの留め方が独特で、数粒ずつをまとめて生地に縫い留めていきます。それが生地一面に繋がると、もこもことした膨らみが出て、表情のある景色が浮かび上がります。

右端「明るい紫に大きな宝石ビーズの布バッグ」は、流行のブーツとのコーディネートも抜群ですよ。紫は色合わせが難しそうに感じられるかもしれませんが、意外とどのような色の振袖とも合います。黒や茶のほか、緑やグレー系の振袖でも良いですね。

振袖を選ぶ際のポイントを表にまとめました。

選ぶポイント注意点
色選び季節感も考慮しつつ、自分に似合う色を選ぶ
柄の選択体型や身長に合わせた柄の大きさを選ぶ
小物類コーディネート全体を考え、履き心地も重視

成功への近道! 成人式当日の着付けと準備

成人式当日は朝早くから始まるため、着付けやヘアメイクに多くの時間を割く必要があります。当日をスムーズに過ごすためには、前もって着付けの予約をしておくことが重要です。また、美容室の予約も早めに行い、当日の流れをしっかりと把握しておくことで、余裕を持って当日にのぞむことができます。

着付けはレンタル料金に含まれている場合がありますが、高級な振袖や特別な要望がある場合には追加料金が発生することがあります。料金については予約時に確認をしておくと安心です。着付けの料金相場は、地域や提供されるサービスによって異なる場合もあるため、いくつかの着物レンタル店や美容室の料金を比較してみるのもよいでしょう。また料金だけでなく、着付けの技術や評判も確認しておくことが大切です。

成人式の準備には、以下のようなチェックリストを用意しておくとよいでしょう。

  • 振袖と小物一式の確認
  • 着付けとヘアメイクの予約
  • 会場までの交通手段と時間の確認
  • 写真撮影の予約(前撮り含む)

当日の着付けやヘアメイクの流れについても、以下のように整理しておくと安心です。

  1. 着付け
  2. ヘアメイク
  3. 最終の着装チェック
  4. 会場へ移動
  5. 成人式へ参加

これらを事前に準備し、確認しておくことで、成人式当日を安心して迎えられるでしょう。

振袖選びから着付けまで、全ては成人式という一大イベントを迎えるための重要な過程です。振袖は自分を美しく見せるだけでなく、成人としての新たな門出を祝う記念となる衣装。特別な日を最高の思い出にするためにも、振袖選びと着付けにはぜひ面倒がらずにじっくりと時間をかけてください。

まとめ

振袖レンタルの選び方の総括と、成人式を成功させるための確認ポイント

成人式の華やかな門出を飾る振袖。特別な日にふさわしい振袖を選ぶことは、一生に一度の記念としてたいへん大切な意味を持ちます。この記事のまとめとして、振袖レンタルの選び方を総括し、成人式を成功させるための確認ポイントについておさらいします。

まず、レンタル振袖選びの基本を振り返りましょう。色や柄はもちろんのこと、サイズや料金も考慮すべきポイント。予算と相場を見比べ、自分に似合う色合いや好みの柄を選ぶことが、振袖選びの第一歩です。

レンタル料金には着付けや前撮り、クリーニング費用が含まれるケースもありますが、場合によっては追加料金が発生することも。レンタルする際には、費用の内訳を詳細に確認することが不可欠です。

成人式当日を迎えるにあたり、必要な準備と確認すべきポイントをご紹介します。事前に以下の点をリストアップし、忘れ物がないようにしましょう。

振袖一式と小物の確認

  • 振袖と帯、帯揚げ、帯締めなど一式が揃っているか
  • 草履やバッグなどの小物は適切か

着付けとヘアメイク

  • 着付けの予約は済んでいるか
  • 美容室の予約は確実に入れているか

当日のスケジュール

  • 時間に余裕を持ったスケジュールになっているか
  • 会場までの交通手段時間の把握はできているか

写真撮影

  • 前撮りの予約は済んでいるか
  • 成人式当日の撮影プランは決まっているか

以上の点を丁寧にチェックし、準備を整えることで、成人式当日に安心してのぞめます。また、式後の返却方法についても、レンタル会社への確認をお忘れなく。

繰り返しになりますが、着付けやヘアメイク、写真撮影などの予約は、時期によってはたいへん混み合います。理想的なスケジュールを組むためにも、早め早めの手配が必須です。

高額な買い物になることが多い振袖ですが、レンタルならば比較的リーズナブルな価格で上質な着物を着ることができます。古典的な柄から最新の流行を取り入れたデザインまで、豊富な選択肢の中から自分にとってぴったりの振袖を選び出す作業も、楽しみの一つとして捉えてみてはいかがでしょうか。

振袖レンタルにおける最大のメリットは、大切な成人式の日に、気兼ねなく華やかな装いを楽しめることです。そしてレンタルだからこそ、多くの種類の中から自分だけの理想の一着を見つけ出すこともできます。必要な準備や予算、着付けやヘアメイク、さらには写真撮影まで、全てのポイントを事前に確認し、成人式という大切な一日を完璧な形で迎えられるようにしましょう。

成人式は、人生の新しい門出を迎えるための大舞台です。振袖レンタルを上手に活用し、この特別な日を一生の美しい思い出として心に刻んでもらえたらと思います。

ゆめやの【成人式前撮りプラン「一生残る写真」だから、きものにこだわりたい】もぜひご覧ください。東京都内でのロケーション撮影プランをご用意しています。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

明るい紺色に亀甲の大島紬アンサンブル・袴付き【men10】

男性用袴の基本|着物としての特徴と選び方、着用シーン別着こなし術

はじめに 袴は、日本の伝統的な男性用フォーマルな衣装の一つで、成人式や卒業式、結婚式などの特別な場で広く用いられています。袴にはさまざまな種類やデザインがあり、色や素材の違いなど多くの選択肢があります。この記事では、男性 […]

ひとつ前の記事

袴イメージ

【プロが監修】きもので靴選び? 失敗しない着物×靴の組み合わせ方

はじめに 本日のテーマ:着物と靴の合わせ方 日本の伝統的な文化の中でも、特に女性にとって大切な存在と言えるのが、着物。着物を着る時に気になるのは、やはり足元ですよね。今日は、そんな着物と靴の合わせ方についてお話ししましょ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!