白無垢イメージ

【結婚式】白無垢の役割と角隠しが持つ意味 | 和装婚の準備ガイド

はじめに

日本の伝統的な結婚式、それは多くの女性が一度は憧れる「和婚」です。和婚には、色鮮やかな振袖や打掛、そして純白の白無垢など、さまざまな衣装や小物が用意されています。今回は、和婚で特に注目を集める「白無垢」とその伝統的な小物「角隠し」に焦点を当てて、その魅力や意味、そして正しい使い方を深掘りしてみたいと思います。

白無垢と角隠しの基本的な知識

白無垢とは

白無垢は、文字通り「白い」着物で、結婚式において花嫁が着る日本の伝統的な衣装です。従来は婚家の色に染まる、という意味で披露宴前に着用されました。白は純粋さや清楚さを象徴し、結婚式という神聖な場で新しい門出を迎える女性の心情や純潔を表しています。

角隠しの魅力と意味

次に、白無垢と一緒に取り入れられる「角隠し」について解説します。

角隠しは、花嫁が頭に被る帯状の布のことを指し、特に白無垢を着る際に合わせる頭飾りです。言葉通り「角を隠す」という意味がありますが、由来には諸説あります。白無垢だけでなく、色打掛、引き振袖など和婚の衣装には、ほぼ合わせることができます。

角隠しと髪型の関係

角隠しを被る際、気をつけたいのが髪型です。和装に合わせる髪型としては、「日本髪」や「島田まげ」などの伝統的なものがあります。角隠しは日本髪の最も高い髷の部分を出し、その他の髪を覆うので髪型に合わせたものが必要でした。しかし、現代では、ヘアスタイルやヘアアレンジが豊富にあるため、自分の好みや衣装とのバランスを考えながら角隠しを選べます。

角隠しを被ると、顔の印象やバランスが大きく変わるため、ヘアメイクやヘアスタイルの選び方には十分な注意が必要です。事前にスタジオや結婚式場での打ち合わせやリハーサルを行い、角隠しとの相性を確認しておくこともおすすめです。

まとめ

白無垢と角隠し、それぞれが持つ伝統や意味、そしてその魅力を理解すると、和婚をより深く楽しめるでしょう。結婚式の準備や当日の演出、衣装選びなど、様々なポイントでこれらの知識を活かして、最高の一日を迎えてください。

白無垢とは?

結婚式の準備には多くの選択が待っています。特に、衣装の選び方は花嫁の心を大いに悩ませるもの。中でも、和婚を選ぶ際の主役である「白無垢」は、その美しさと深い意味合いで多くの女性を魅了しています。ここでは、その白無垢の起源や特徴、和婚での役割を紐解きます。

白無垢の起源と特徴

白無垢は、文字通り「白い」を意味するこの名の通り、真っ白な衣装です。白い婚礼衣装(掛下)の上に羽織り、ひきずるように歩く、打掛の一種となります。白は清らかさや無垢さ、純粋さを表す色で、日本の結婚式では古くから花嫁が身に纏ってきました。

  • 由来: 室町時代を中心に、白無垢の使用が始まったとされています。鎌倉時代以降、武士の世の中になると、それまでの妻問婚や婿入り婚に代わり、嫁入り婚が多くなりました。花嫁は婚家に染まる、という意味で純白の着物を纏い、相手方の家に嫁いだのです。当時、白い衣装は高価であり、その貴重さが新しい生活のスタートを祝福するものとして尊ばれました。
  • 花の装飾: 白無垢は、その名の通り白い布ですが、なかには金の刺繍や赤い花を散らしたものも用いられます。これらの装飾は、繁栄や幸福を願うものとして、また、見た目の美しさを高めるためのアクセントとして取り入れられています。
  • 白無垢の魅力: その清楚で上品な雰囲気は、新郎や参列者を魅了し、花嫁自身も特別な一日をより一層感慨深いものにしてくれるでしょう。白一色、正絹(絹100%)の輝かしさは、豪華な装飾や色彩を凌駕します。披露宴や写真撮影での姿は、後々の思い出としても格別です。

日本の結婚式の風景を象徴する白無垢。その美しさの背後には、長い歴史や伝統がしっかりと息づいているのです。

和婚での白無垢の役割

和婚とは、日本の伝統的な結婚式を指します。その中で白無垢は、花嫁だけに許された衣装として、重要な役割を果たしています。

  • 神聖な場のシンボル: 白無垢は、神前式などでよく選ばれる衣装です。白い色は純潔や神聖さを表すものとして、結婚式の厳かな雰囲気に最適な着物といえます。
  • 新たな門出を祝う: 白無垢を着ることで、新しい生活への門出を祝い、また、新婦自身の変わらない愛や誓いの強さを示すといわれています。
  • 色打掛との組み合わせ: 披露宴などで色打掛に着替える場合も多いですが、白無垢を最初に選んでおくと、その後の色打掛の柄や模様が一層際立ちます。白無垢→色打掛のチェンジは、白無垢→ドレスのチェンジよりも、かかる時間を短縮できるでしょう。

白無垢は、和婚の中で非常に重要な役割を果たしています。白無垢あっての和婚といっても過言ではありません。白無垢の清楚な美しさと、背負っている伝統や意味を理解すると、より一層その魅力を実感できるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、花嫁の清純さを引き立てる正絹の白無垢をご用意しています。着物文化がもっとも輝いた大正から昭和に生まれたアンティーク白無垢は、すべて希少価値が高い一点ものです。白一色のなかに技巧を凝らした織りや繊細な手刺繍が施され、時代を超えた美しさで憧れの花嫁姿を叶えます。

織り出された鶴が輝く白打掛一式」柔らかな正絹地に無数の鶴を織り出した、晴れの日を寿ぐアンティーク白無垢です。光を受けると正絹ならではのしっとりとした光沢が輝き、羽ばたく鶴が浮かび上がります。

羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式」こちらも沢山の鶴を織り出した白無垢ですが、随所に銀やグレーの糸を用いてデザインのアクセントとしています。動きに合わせて鶴の羽がきらめき、上品な高級感を漂わせます。

相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式」相良刺繍で鳥や梅、牡丹を立体的に表現した豪華な白無垢です。遠目にも絵柄が浮き立ち、写真映えも抜群の一枚です。

角隠しの正しい意味

和婚の際、花嫁が頭に身につける「角隠し」も大変重要な役割を持っています。一見シンプルな布のように見えますが、角隠しには深い意味や歴史が秘められているのです。ここでは、その真実に迫りたいと思います。

角隠しの起源と目的

角隠しは、花嫁が結婚式の際に頭に被るもので、長い帯状の布から作られています。日本の古くからの伝統として、花嫁の頭を飾るアイテムとして利用されてきました。

  • 由来: 角隠しの名の通り、「角を隠す」ためのものとされています。昔の日本では、角は怒りや嫉妬、鬼や悪霊を象徴するものと考えられていました。かつては女性が嫉妬に狂うと鬼になる、と信じられていたようです。結婚式という新しい門出の場で、新婦がこのようなネガティブな感情をを防ぐために、角隠しは使われるようになった、といわれています。角を隠すことによって、婚家に対して従順で、しとやかな嫁になる、との意味もあったようです。中世以降、身分の高い女性が体をすっぽり覆う被衣が元になっている、という説もあります。
  • 目的: 角隠しは、新婦の清楚でしとやかな姿を強調する役割も果たしています。結婚式場での挙式や写真撮影の際には、新婦の顔の周りを優しく覆う角隠しは、花嫁の美しさを一層引き立てます。
  • 文化的背景: 角隠しの使用は、日本の文化や伝統、そして結婚に対する考え方を反映しています。日本の結婚式は、二人が一つになる神聖な儀式として位置づけられており、その中で新婦が纏う角隠しは、彼女の純粋さや尊さを象徴しているのです。

綿帽子と角隠しの違い

和婚における頭飾りとして「綿帽子」「角隠し」の2つが存在しますが、これらは何が違うのでしょうか。

  • 綿帽子: 綿帽子は、全体が白く、頭全体を覆う形のものです。主に、神前式などの正式な場で使用されます。綿帽子は、新婦の頭全体を優しく覆い、清楚な印象を与える役割があります。白無垢にのみ使用される頭飾りです。
  • 角隠し: 前述の通り、角隠しは帯状の布で、新婦の頭の上部を覆います。綿帽子のように全体をすっぽりと覆わずに、一番高い髷の部分は外部にさらされているのが特徴です。綿帽子に比べてややカジュアルな印象がありますが、それでもその美しさや意味合いは変わりません。白無垢、色打掛、振袖と和婚の婚礼衣装、全てに合わせられます。
  • どちらを選ぶか: 和婚を行う際には、挙式の形式や自身の好み、衣装との相性などを考慮して、綿帽子か角隠しを選びましょう。どちらも日本の伝統としての美しさや意味を持っていますので、自分に合ったものを選んでください。

結婚式という大切な日、新婦が頭に被るもの一つひとつにも、深い意味や歴史が込められています。和婚の際には、これらの背景を知ることで、より一層その日の価値を感じ取れるでしょう。

白無垢と角隠しの組み合わせの選び方

和婚の際、衣装やヘアスタイル、アクセサリーなど、考慮すべき要素はたくさんあります。特に白無垢と角隠しの組み合わせは、花嫁の美しさや印象を大きく左右する一因です。では、どのように選んでいくと良いのでしょうか。ここで、その選び方について詳しく見ていきましょう。

サイズや形で迷う時のポイント

白無垢や角隠しの選び方に迷った際のポイントをいくつか紹介します。

  • 身体のバランスを考える: 身長や体型に合わせたサイズの白無垢や角隠しを選びましょう。例えば、小柄な方は大きすぎるものを選ぶと圧迫感が出る場合がありますので、適切なサイズ感が大切です。
  • 顔の形に合わせる: 角隠しの形や大きさは、顔の形によっても似合う、似合わないが出てきます。自分の顔の形を知り、それに合ったものを選んでください。
  • 全体のバランスを意識する: 白無垢と角隠し、さらにヘアスタイルや小物など、全体のバランスを考えながら選びましょう。一つ一つが素敵でも、全体としてのバランスが崩れると、印象が損なわれることがあります。

髪型やメイクとの合わせ方

白無垢や角隠しを最も引き立てるのは、やはり髪型やメイクです。以下にその合わせ方のポイントを紹介します。

  • 日本髪を基本に: 和婚の際には、伝統的な日本髪を基本とするのが一般的です。文金高島田など、伝統的な髪型と白無垢、角隠しの組み合わせは、とても美しい印象を与えます。
  • メイクは控えめに: 白無垢や角隠しの美しさを引き立てるためには、派手すぎるメイクは避け、控えめで上品なものを選ぶと良いでしょう。
  • アクセサリーの選び方: アクセサリーは、和装の雰囲気に合わせて選びます。和装の場合、アクセサリーは必要最低限に留めましょう。着物の衿を強調するため、ネックレスは使いません。耳飾りはシンプルなパールをおすすめします。

和婚の際の衣装選びは、伝統や流れを理解しながら、自分らしいスタイルを見つけることが大切です。白無垢や角隠しの組み合わせにこだわり、最高の一日を迎えるための準備を楽しんでくださいね。

ロケーション撮影での角隠しの活用

ロケーション撮影での写真は、結婚式の大切な思い出の一つとなるもの。特に和装での撮影は、その伝統的な美しさとロケーションの風景が調和して、絶妙な雰囲気を生み出します。そこで、角隠しの正しい活用方法について、詳しく見ていきましょう。

前撮りや結婚式場での角隠しの着け方

和装での前撮りや結婚式場での写真撮影では、角隠しの着け方がポイントになります。

  • 正しい位置で被る: 角隠しは頭の上部から後ろにかけてしっかりと覆うように被ります。髪型やまげの形に合わせて、バランスよく調整しましょう。
  • しっかりと固定する: おしゃれな角隠しは、風や動きでズレやすいことも。しっかりと固定して、撮影中にずれるのを防いでください。
  • 表情を活かす: 角隠しを着けても、顔の表情はしっかりと見せるように心がけましょう。笑顔やしとやかな表情が、写真をより魅力的にします。

ロケーションやスタイルに合わせた選び方

角隠しを選ぶ際、ロケーションや撮影のスタイルに合わせることで、より一層の美しさを引き出すことができます。

  • 自然の中での撮影: 緑豊かな自然の中での撮影には、シンプルな白い角隠しがおすすめです。自然の風景との調和を楽しめるでしょう。
  • 歴史的建造物での撮影: 古い神社や寺、歴史的建造物での撮影には、伝統的なデザインの角隠しを選ぶと、風情が増します。
  • 都会の中での撮影: 現代的な都会の中での撮影には、少しモダンなデザインの角隠しや、おしゃれなアレンジを取り入れてみるのも良いでしょう。

和のロケーションでの印象を美しくするコツ

和のロケーションでの写真撮影は、その場所の風情や歴史を最大限に活かすことが大切です。

  • 背景とのバランスを取る: 和のロケーションには、特有の風情や色合いがあります。白無垢や角隠しは和の背景と合わせると、一体感のある写真になります。
  • アクセサリーや小物の活用: 和装の小物やアクセサリーを上手く取り入れて、写真に深みや華やかさをプラスしましょう。たとえば、扇子や簪などの伝統的な小物を活用するのがおすすめです。
  • 自然なポーズで: 和のロケーションでの撮影では、硬くなりがちなポーズは避け、自然でリラックスした姿を見せてください。撮影者やパートナーとのコミュニケーションを大切にしながら、心地よい雰囲気で撮影を楽しみましょう。

和装でのロケーション撮影は、その瞬間、その場所だけの特別な思い出を残すことができます。角隠しの正しい活用方法を知り、最高の一枚を残しましょう。

ゆめやの「和装レンタル前撮りプラン」は、衣装にも写真にもこだわりたいお二人のためのお得なプランです。白無垢をはじめ打掛や振袖、引振袖など、多彩なアンティーク着物からお気に入りの婚礼衣装をお選びいただけます。洋髪のほか日本髪風のヘアセットにも対応し、お好みのコーディネートで撮影に臨んでいただけます。200カット以上という充実の内容で、お二人の最高の瞬間をカタチに残していただけます。

白無垢と色打掛

白無垢と色打掛は、どちらも結婚式で花嫁が着る和装です。白無垢は掛下の着物の上に羽織る白一色の衣装、色打掛は同じく掛下の上に羽織る衣装ですが、多彩な色柄があります。つまり、白無垢も打掛の一種なのです。色打掛に対して、白無垢を白打掛とも呼びます

  • 色とデザイン: 白無垢は、名前の通り白い色が基調で、純潔を象徴しています。一方、色打掛は色鮮やかで、華やかなデザインが特徴です。
  • 用途: 白無垢は、神前式や仏前式など、結婚式の挙式でよく着用されます。一方、色打掛は披露宴や二次会など、華やかな場で豪華な雰囲気を演出する衣装です。
  • アクセサリーや小物: 白無垢はシンプルなデザインが多いため、和装用のヘアアクセサリー程度に留めておきましょう。かんざしやこうがい、櫛などです。色打掛に洋髪を選ぶ人も多くなりました。その場合もアクセサリーは最低限に。できれば、花飾りなどヘアアクセサリーだけでかまいません。

和装の世界には、深い歴史や背景があり、その一つひとつに深い意味が込められています。白無垢や角隠しに関するこれらの知識を理解すると、より一層、和装と和婚を楽しめるでしょう。

ゆめやでは、白無垢からのお色直しにピッタリな色打掛もご用意しています。白打掛から掛け替えるだけで、装いの印象をガラリと変えていただけます。ゆめやのアンティーク色打掛は、今では再現できない高度な染色技術や繊細な手仕事によって生み出された逸品です。贅を尽くしたアンティーク色打掛で、特別感のある花嫁姿をご堪能ください。

まとめ

結婚式は人生の大切な節目の一つです。特に日本の伝統的な和婚には、深い意味や背景が込められています。それぞれのアイテムや流れには、日本の長い歴史と文化が組み込まれており、これらの知識を蓄えていくと、より一層、結婚式の準備や当日の進行を楽しめるのです。

知っておくとより一層楽しめる結婚式の準備

  • 和装の美しさ: 和装は日本の伝統と文化を色濃く反映しています。特に白無垢や色打掛は、日本髪や髪型、さらには小物との組み合わせによって、多彩な表情を見せます。それぞれのアイテムが持つ意味や由来を理解すると、選びやすくなるだけでなく、より一層の魅力を感じられるでしょう。
  • 角隠しの背景: 角隠しは、花嫁が頭に被る和装の一部ですが、その背後には深い意味が込められています。室町時代からの流れや嫉妬や怒りを隠すという意味、そして花嫁の純潔や従順さを象徴するものとしての位置づけなど、日本の花嫁として知っておくべき知識といえるでしょう。
  • 髪型やヘアスタイルの選び方: 結婚式の際、花嫁が選ぶ髪型やヘアスタイルは、その日のドレスや和装、そして自分の雰囲気とのバランスが大切です。日本髪や島田まげなど、伝統的なスタイルから現代的なアレンジまで、多岐にわたる選択肢があります。
  • 結婚式場やスタジオでの演出: 結婚式や前撮りの際、結婚式場やスタジオでの演出も重要です。和装を基調とした演出は、伝統的な日本の美しさを際立たせます。その際、角隠しや髪型、衣装の色や形など、全体のバランスを考えながら、最高の一日を迎える準備をしましょう。

結婚式の準備は、多くの事柄を考えねばならず、時には迷うこともあるかと思います。しかし、和婚の伝統や文化を理解すると、一つひとつの選択が楽しく、また意味深いものとなるでしょう。一生の思い出となる結婚式を迎えるための一助として、この記事がお役に立てれば幸いです。

白無垢に角隠し、和婚の魅力についてもっと知りたい方は以下のサイトも参考にしてください。

〈参考記事〉
https://www.yumeyakimono.jp/konrei-discount/
https://wakon-style.jp/iroha/4358/
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/hairstyle-makeup/japanese-hairstyle/01/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅の花に檜扇、御所車の黒振袖【fuk02】

【初心者必見】黒の振袖の魅力解説|成人式での選び方とスタイリング

成人式は人生の大きな節目であり、この特別な日に選ぶ振袖の色やデザインは、その日の思い出をさらに華やかに彩ります。特に黒の振袖は、シックで大人っぽい雰囲気を持ち、その格式高い印象から多くの女性に選ばれています。 黒の振袖は […]

ひとつ前の記事

唐草に花束のカメオのような黒留袖【tom03】

【初めてでも大丈夫】母親が着る留袖の選び方・着こなし方の完全ガイド!

はじめに 結婚式は一生に一度の大切な日で、特に母親にとってその日は、家族の一大事となります。この日に留袖を選ぶことは、単なる格式の問題ではなく、家族の一員としての自分の立場を示す重要な役割を担います。留袖は日本の伝統と格 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!