アンティークきものレンタルゆめや東京店

【2024年最新版】着物レンタルの料金相場は?予約方法や注意点も

はじめに

着物は、その美しさや格式、歴史的背景から多くの人々に愛されています。日本の伝統的な衣装であり、特別な日の衣装として、多くの方が選ぶ服装となっています。最近は、着物レンタルを行う店舗が増えていて、特別なイベントの際に自分のものを購入することなく、レンタルで手軽に着物を楽しむことができるようになりました。この記事では、着物レンタルの魅力や利用の流れ、料金について詳しく紹介していきます。

着物レンタルの魅力とは

着物は、その独特のデザインや柄、色使いから愛されていて、多くの女性にとって特別な存在です。成人式や結婚式、卒業式など、人生の節目のイベントで着ることが多いのですが、一生に一度の機会でしか着ない高価なものを購入するのはなかなか大変ですよね。そこで、多くの方が利用するのが着物レンタルです。

まず、魅力として挙げられるのは、料金的な面です。自分で購入すると高額になることが多い着物ですが、レンタルならば手頃な価格で、豊富な種類から選ぶことができます。もちろん店舗やプランによりますが、基本的に着物を購入するよりも手頃な価格帯での利用が可能となっています。また、成人式や卒業式などで一度しか着ない可能性のある着物を持っていると、保管場所に困ることも。レンタルならば、イベントが終わったら返却するだけですので、保管の手間がかかりません。

次に、たくさんの選択肢から選べるという魅力があります。レンタル店舗には、振袖や袴、各種の着物が取り揃えられているので、自分の好みや着用するイベントにぴったりのものを選ぶことができます。華やかなデザインからシンプルなものまで、多くの選択肢があるので、きっとあなた好みの一着が見つかるでしょう。

また、レンタルには、小物一式やヘアセット、着付けまでがセットで用意されている場合が多いです。初めての利用でも、店舗のスタッフが親切に対応してくれるので、安心して利用することができます。

この記事で解説するポイント

この記事では、着物レンタルの魅力をもっと深く知っていただくため、以下のポイントについて解説していきます。

  • 料金の概要:着物レンタルの料金は、店舗や選ぶ商品によって異なります。平均的な値段や、何が料金に含まれているのか、追加料金がかかる場合など、費用に関する詳しい情報を紹介します。
  • 利用の流れ:初めての方もスムーズにレンタルを楽しめるよう、予約から返却までの流れを解説します。
  • 選ぶポイント:自分に合った着物を選ぶためのポイントや、おすすめのデザイン、色の組み合わせなど、選び方のコツを紹介します。
  • 着付けや小物について:着物そのものだけでなく、帯や小物、ヘアセット、着付けなど、和装を楽しむための情報をお伝えします。

これらのポイントを踏まえて、安くて魅力的な着物レンタルを上手に利用する方法を、この記事でしっかりと解説していきます。どうぞ最後までお楽しみください。

着物レンタルの料金の基本知識

着物レンタルにかかる費用

日本の伝統的な衣服である着物。その美しさや格式のあるデザインは、多くの方に支持されています。ですが、特別な日やイベントで着物を着たいと思っても、一から購入するのは高価で難しいことが多いですね。そこで多くの方が利用するのが、着物レンタルサービスです。

では、着物のレンタルにはどれくらいの料金がかかるのでしょうか。着物をレンタルする際に最も気になることの一つですよね。多くの店舗やネットでのレンタルサービスでは、さまざまなプランやセットを提供しています。近年は着物だけではなく、帯や小物一式も含むプランやセットが増えています。

例えば、成人式や卒業式などの特別な日に人気の振袖や袴のセットのレンタル料金は、素材やデザインなどによって変わってきます。また、ヘアセットやメイク、撮影サービスといったオプションがあることも。そういったサービスを利用する場合は、追加料金がかかることもあります。

さらに、着物の種類やデザインによっても価格は異なります。例えば、格式の高い黒留袖や、有名ブランドや作家によるデザインのものなどは、やや高めの価格帯となることが多いです。

また、当日の着付けサービスを利用するか、自分で着るかでも価格が変動します。着付けは難易度が高い上に、特にフォーマルな場においてはきちんと美しい着付けをすることが求められるため、専門の店舗でのサポートを受ける方が多く、着付けサービスが料金に反映されることもあります。

このように、着物レンタルの料金は、どんな着物を選ぶか、どんなサービスを利用するかによって大きく変わることが分かります。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。ゆめやのレンタルは、お好きなアンティーク着物を選んでいただくだけで、帯・バッグ・草履などをはじめとする小物がフルセットになっています。着物に表示された価格よりもお得なプランやセットもございます。

アンティークとは言っても、古ぼけているわけではありませんよ。手仕事の着物や帯が、色鮮やかに残っています。鮮やかな色合いで、丸みのある色だと思いませんか? この柔らかな色合いがアンティークの特徴です。ぜひ商品ページでじっくりとご覧くださいね。

着物レンタルの相場と価格差の背景

着物レンタルの相場は、お店やサービスなどにもよるので、一概には言えないのが現状です。ですが、大まかな相場を知っておくと、自分の予算や希望に合わせた選び方がしやすくなります。

  • 振袖のレンタル相場:おおよそ50,000円~200,000円
  • のレンタル相場:おおよそ10,000円~100,000円
  • 小紋など普段着としての着物レンタル:おおよそ5,000円~15,000円

※上記の価格はあくまで一般的な参考価格であり、店舗や地域、サービス内容によって異なります。

では、なぜこれほどまでに価格差が生まれるのでしょうか。

  • 素材の違い:例えば、絹や高級な素材を使用した着物は価格が高くなる傾向にあります。
  • デザインの独自性:オリジナルデザインや限定品、有名ブランドや作家の着物は、他にはない魅力を持っているため、価格が高めに設定されることが多いです。
  • セット内容の違い:着物だけでなく、小物や帯も付属したり、さらにはヘアセットやメイク、着付けサービスまで含まれたりすると、価格が上がる要因となります。
  • 店舗のブランド力:知名度の高い店舗や、特定の有名人が利用する店舗などは、そのブランド価値を反映した価格となることも。

多くの店舗やネットでのサービスで、さまざまなプランが提供されています。どれを選ぶかは、自分の予算や目的、希望するサービス内容によって異なります。さまざまなお店のプランを確認し、よく考えて選んでください。

着物の種類とそれぞれの料金

着物は、その形や用途、柄などによってさまざまな種類に分けられます。その種類によって、レンタル料金も異なります。ここでは、着物の種類とそれぞれの料金について解説します。

振袖、訪問着、産着などの違いと料金

日本の伝統的な和装、着物には、さまざまな種類が存在します。その中で、特に着物レンタルサービスで利用されるものを以下に挙げます。

  • 振袖:成人式や結婚式へのお呼ばれなど、華やかな場面で未婚の女性が着用するもので、長い袖が特徴です。色や柄も豊富にあり、一般的には明るい色合いの華やかなものが多いです。レンタル料金は店舗やプランによりますが、一般的には50,000円〜300,000円程度が相場となっています。
  • 訪問着:未婚既婚問わず着ることのできる準礼装で、結婚式へのお呼ばれやパーティーなど、比較的フォーマルな場で着用する着物です。振袖よりも控えめなデザインで、肩のあたりから裾までつながるような柄行の絵羽模様になっています。品があり、大人の女性にぴったりのものが多いです。レンタル料金は20,000円〜70,000円が目安となります。
  • 産着:赤ちゃんのお宮参りで、赤ちゃんにかけるようにして使用されるものです。「祝い着」とも呼ばれ、お子さまの健やかな成長を願うような縁起のいい柄のものが多いです。レンタル価格は5,000円〜10,000円程度となっています。

左から、振袖桃花色に花車の振袖」、訪問着白地にオシドリと青い鳥の訪問着」、産着サーモンピンクに檜扇、四季の花の産着」です。ゆめやの着物は、大正時代や昭和初期のものが多く、品質の高い正絹糸で織られています。ふんわりと身体に馴染み、しっとりとした佇まいに着付けることができますよ。施された絵柄も、手描きや手刺繍など、職人の手仕事によるものですので、人の温かみを感じることができます。

それぞれの着物に合わせた小物や帯、髪飾りも用意されていたり、オプションで借りることができたりする店舗が多く、一式としてレンタルすることで、気軽にトータルコーディネートを楽しむことができます。

店舗ごとにサービス内容や予約の流れ、料金に違いがあるので、利用予定の店舗の情報をしっかりと確認しましょう。そして、当日のヘアセットやメイク、着付けなどについても、事前に相談しておくと安心です。

成人式や七五三、卒業式向けの料金相場

特定のイベントやシーズンに合わせて、着物レンタルの需要が高まります。以下、主要なイベントごとの料金相場を紹介します。

  • 成人式:新成人の方々が振袖を着るために着物レンタルサービスを利用します。価格は店舗や地域により異なりますが、50,000円〜200,000円が相場となっています。多くの店舗では、小物や帯、ヘアセットなどを含む一式でのレンタルプランが用意されています。トータルの料金を確認する際には、何をレンタルするのか、どのサービスが含まれているかもしっかりとチェックしましょう。
  • 七五三:お子さまが華やかな着物や袴を着る機会です。料金は一般的に10,000円〜30,000円程度となります。小物のレンタルや髪のセット、撮影サービスなどのオプションも考慮に入れると良いでしょう。
  • 卒業式:袴が中心となるイベントです。袴のレンタル料金は、10,000円〜100,000円が一般的です。色やデザイン、柄など、選択肢が豊富に用意されていますので、自分の好みに合わせて選びましょう。

左から、成人式の振袖七五三のセット卒業式です。赤も、紫も、緑も、深みのある色合いですね。現代の合成染料ですと、もっとギラギラとした色合いになるのではないかと思います。日本の古色だからこそ、このような深みと落ち着きのある色合いになるのですね。ゆめやのコーディネートで合わせる小物も、着物と時代を合わせますので、統一感のあるアンティークの装いに仕上がります。

近年も、新しいデザインの着物が多くの店舗で取り揃えられています。事前にネットでの情報を参考にしながら、自分に合った店舗やプランを選ぶのがおすすめです。

また、返却の際の手順やキャンセル料金、追加料金などの詳細も、事前に店舗と確認しておくことで、安心してスムーズに利用することができますので、忘れずにチェックしましょう。

レンタルプランの流れと選び方

着物をレンタルする際は、どのようなレンタルプランを選べば良いのか迷ってしまいますよね。ここでは、レンタルプランの流れから、お得に利用できるプランや最近の人気商品の特徴まで、詳しくご紹介いたします。

プランの利用の流れ

レンタル店舗によっては、さまざまなプランが用意されていて、プランによって利用の流れが異なる場合もありますが、基本的な流れは、以下のようなものになります。

  1. 予約:着物の種類やデザイン、実際の利用日をなどを伝え、来店日の予約をします。現在はネットから予約ができる店舗も多いです。店舗に直接来店する前に、希望する商品やサービスの情報をネットで見ておきましょう。
  2. 来店・試着:予約した日に店舗に来店し、実際の着物を試着します。色や柄、サイズなどが自分に合っているかどうかを確認し、不安なことがあればスタッフに相談しましょう。利用プランを具体的に選び、当日の打ち合わせをします。
  3. 当日:予約した時間に店舗を訪れ、着物のレンタルをします。着付けをお願いしている場合は、着付けをしてもらいます。レンタルや着付けにあたって、予約の確認表や小物など、必要なものがある場合があります。事前に準備しておくようにしましょう。
  4. 返却:利用後は、指定された期間内に商品を返却します。

ゆめやのレンタルも、ネットからご試着の予約をしていただいたり、ご自宅で試着をなさったりして着物や小物を決めていきます。着物一式はご指定の場所に配送し、返却は指定伝票でお送りいただくだけです。詳しくは「ご利用の流れ」でご確認いただけます。ご不明点は「よくあるご質問」でご確認いただくか、「お問い合わせ」からゆめやにメッセージをお送りください。着物に詳しいベテランスタッフからお返事させていただきますね。

お得なプラン

レンタルプランを利用する際に、気になることの一つは料金ですよね。レンタルするなら、少しでもお得に、そして手間なくレンタルしたいと考える方が多いと思います。たくさんの店舗が以下のようなお得なプランを用意しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 一式セットの利用:多くの店舗では、着物だけではなく、帯、小物、下着類を含む一式セットを提供しています。個別にアイテムを選ぶよりも料金が手頃になることが多く、さまざまなものを準備する手間も省けるので、初めての方にはおすすめです。
  • イベント向けの特別プラン:成人式や卒業式など、特定のイベントに合わせた特別プランがある場合も。通常の利用よりもお得な価格になっていることもあります。イベントに合わせて必要なアイテムが一式セットになっているため、準備が楽ちんです。
  • 早めの予約割引:一部の店舗では、利用日の数か月前など早めに予約をすると、特別な割引が受けられることがあります。早めに予約をした方が、選べる着物の選択肢も豊富です。計画的に準備をしましょう。

人気の商品とその特徴

現在のトレンドや人気の商品についても触れておきましょう。近年のトレンドとしては、以下のような特徴が挙げられます。

  • デザインの多様化:着物のデザインはさまざまなものが出てきています。伝統的な古典柄のものもあれば、洋風の意匠を取り入れたドレスのような柄の着物まであります。色も鮮やかなものから、落ち着いたものまで多様です。着用シーンのマナーを考慮しながら、多くの着物を見てぜひ自分好みのものを選んでください。
  • 和と洋の融合:着物だけでなく、袴や小物にも洋風の要素が取り入れられている商品が増えています。
  • 多様な価格帯:高級な商品から手頃な価格の商品まで、幅広い選択肢が揃っています。自分の予算や用途に合わせて選ぶことができます。

レンタルプランの利用の流れや選び方、人気の商品についてご紹介しました。情報を参考にして、着物レンタルを楽しんでくださいね。

追加料金やオプションについて

ヘアセットや小物、着付けなどの追加料金

和装の美しさは、着物だけでなく、全体的なコーディネートからも生まれます。もちろん、着物自体のデザインや色、柄も大切ですが、ヘアスタイルや小物の選び方、そして着付けにもこだわると、よりすてきな着姿になれます。

着物のレンタルをする際は、プランにもよりますが多くの場合は、着物そのものに加えて、帯や草履などの基本的なセットが含まれています。そしてオプションとして、ヘアセットや小物、着付けなどが用意されている店舗もあります。

  • ヘアセット
    ヘアスタイルは、和装の雰囲気を大きく左右する要素の一つです。特に成人式や結婚式、卒業式などの特別な日には、プロの技でおしゃれなヘアスタイルにしたいものですね。このヘアセットの料金は、店舗やプランによって異なりますが、一般的には追加で必要となる場合が多いです。
  • 小物
    髪飾りや飾り紐、帯締めなど、和装の小物は華やかさや上品さを加える大切なアイテムです。一部の着物レンタル店舗では、これらの小物もレンタルの基本料金に含まれていることがありますが、追加料金が発生することも。
  • 着付け
    着物をきちんと着るためには、正しい着付けが欠かせません。着付けがレンタルの基本料金に含まれていることもありますが、追加の料金が必要となることもあります。着物を着る場合や特別な日で正しく美しい着付けが求められる場合は、プロによる着付けサービスの利用がおすすめです。

各店舗やプランによって、これらのオプションの料金や提供できるサービスが異なるため、予約の際にしっかりと確認し、自分に合った選択をすることが大切です。

試着や撮影、返却の流れ

着物のレンタルは、ただ借りるだけではありません。事前の試着、当日の撮影、そして返却と、一連の流れをスムーズに進めるために知っておきたいポイントがいくつかあります。

  • 試着
    多くのレンタル店舗では、予約前や予約後から当日までの間に試着が可能です。特にデザインや柄、色などを迷っている方は、事前に店舗に来店し、実際に着てみることで、自分にぴったりの一着を見つけることができます。また、事前に来店すれば、不安なことや疑問を専門のスタッフに相談できます。
  • 撮影
    当日、着物を着た状態での写真撮影は欠かせないものです。撮影場所や撮影方法など、事前に計画を立てておくことで、スムーズに楽しむことができます。また、店舗によっては、撮影サービスを提供しているところもあります。このようなサービスを利用する場合は、料金や撮影の際の注意点などを事前に確認しておくと安心です。
  • 返却
    レンタルした着物は、当日のイベント終了後や翌日に店舗への返却が必要です。返却の方法や時間、場合によっては返却場所など、細かなルールが設けられていることが多いので、忘れずに確認しておきましょう。特に、返却が遅れる場合には追加料金がかかることもあるため、注意が必要です。

多くの方が着物の魅力を感じてくれることを願っています。着物レンタルサービスを上手に活用して、一生の思い出となる特別な日を過ごしてください。

着物レンタルの予約と注意点

日本の伝統的な服装である着物は、成人式や結婚式、卒業式といった特別な日のためにレンタルされることが多いですね。レンタルの際は、予約が必要になることが多いです。では、いつ、どのように、予約すべきなのでしょうか。また、利用時に気をつける点を、以下で詳しくご紹介します。

いつ、どのように予約するか

着物のレンタルは、早めの予約をした方が、豊富な数の着物から好きなものを選べますし、人気のデザインのものを選べる可能性が高いです。特に、成人式や卒業式のシーズンは、予約が集中するため、早めの行動をおすすめします。

予約の時期

  • 成人式:準備の早い方は2年以上前から予約されることも。早割りなどを利用してお得に、さまざまな振袖の中から好きなものを選択するためにも、遅くとも成人式の半年くらい前までには予約をしておくのがおすすめです。特に人気の柄やデザインを希望する場合は、早めの予約が必要です。
  • 結婚式:着用予定の3~6カ月前には予約をおすすめします。遅くとも1カ月前には予約しておきたいところです。借りる着物の種類、希望の柄によっては、さらに早めの予約が求められることもあります。例えば、振袖の場合は成人式のある1月ごろ、訪問着の場合は入学・卒業式や七五三の3・4・11月ごろは利用が多く、レンタルできない可能性もあるので、早めの予約を心がけましょう。
  • 卒業式:卒業式の予約のピークは、卒業式を迎える前の年の秋頃です。大学の卒業式をターゲットとした袴の展示会も、この時期に行われることが多いです。余裕をもって豊富な選択肢から選びたい場合は、それよりも前に早めの予約をすることをおすすめします。卒業式の約1年前の春頃から予約を開始している店舗が多いです。

ゆめやのレンタルは、ジャンルごとに分かれています。各ジャンルの中でも、お立場・お出掛け先・年齢などで分けていますので、イメージどおりの着物を探しやすいですよ。

予約の方法

  • 店舗での予約:実際に来店して、着物や小物を選びながら予約をする方法です。実際に商品を試着し、専門のスタッフに相談しながら選ぶことができます。
  • オンラインでの予約:ネット上の写真や詳細を基に、自宅などから気軽に予約できる方法です。店舗に足を運べない方や、事前に大まかなイメージを持っている方には便利です。

利用する時に注意したいポイント

着物レンタルを利用する際は、何を基準に選べばいいのか、どんな準備をしておくべきなのか、気になりますよね。以下のポイントを参考にしてください。

  • 料金と価格の確認:一式のレンタル料金に、帯や小物、ヘアセット、着付けなどが含まれているかどうかを確認しましょう。追加で料金がかかるサービスも事前に知っておくと安心です。
  • キャンセルポリシーの確認:何らかの理由でレンタルをキャンセルする必要が出る場合に備えて、キャンセル料が発生するかどうかを確認しておくと良いですね。
  • 試着の機会の有無:着物のサイズやデザイン、色合いが自分に合うかどうかは実際に身にまとってみないとわからないものです。試着のサービスを提供している店舗を選ぶと、後悔することが少なくなりますし、試着をすれば当日のイメージができて安心です。
  • 小物選び:和装の小物はとても重要です。草履や帯締め、帯揚げなど、全体のコーディネートを左右するアイテムですので、自分の好みやコーディネートの相談を店舗のスタッフにしてみると良いでしょう。
  • 返却の際の注意:着用後は、指定された日時に商品を返却する必要があります。遅れてしまうと返却料が発生することも。返却のルールを確認し、当日のスケジュールをしっかりと組んでおくと、スムーズに返却ができます。

初めての着物レンタルでも、上記のポイントを押さえておけば、スムーズにすてきな一日を過ごすことができるでしょう。

ゆめやのレンタルは、たいへんシンプルです。着物一式はご指定の場所に配送し、返却は指定伝票でお送りいただくだけです。詳しくは「ご利用の流れ」でご確認いただけます。ご不明点は「よくあるご質問」でご確認いただくか、「お問い合わせ」からゆめやにメッセージをお送りください。

自分好みの着物を選び、特別な日を華やかに彩ることを楽しんでくださいね。

まとめ

着物のレンタルの流れや選び方、料金に関する情報などを深掘りしてきました。最後に、着物レンタルをお得に安心して楽しむためのコツをまとめます。

  • 店舗の評判を確認:店舗選びはたいへん重要です。ネット上の評価や、知人からの紹介などを参考に、安心して利用できる店舗を見つけましょう。
  • 早めの予約:早めに予約をすることで、料金がお得になることがあります。特に、成人式や卒業式といった大きなイベント前は需要が高まるため、早めのアクションがおすすめです。早めに検討を始めると、より多くの着物から特別な日の一枚を選べます。
  • セットプランの活用:多くの店舗では、着物と小物、ヘアセットなどが一緒になったセットプランを用意しています。これを利用することで、個別にレンタルするよりもお得になる場合があります。
  • サービスの内容を事前確認:レンタルの際に、どのようなサービスが含まれているのか、詳しく確認しておきましょう。小物もレンタルできるか、着付けやヘアセットが含まれているかなど、きちんとチェックして自分が受けたいサービスをきちんと受けられるようにしましょう。
  • キャンセルポリシーを確認:万が一のために、キャンセルポリシーもしっかりと確認しておきましょう。事前に知っておくことで、後からトラブルになることを避けることができます。
  • 返却方法や追加料金に注意:追加料金が発生する可能性はないか、返却の際の手続きや流れを確認しておきましょう。
  • 事前の試着を検討:可能であれば事前に試着をすると、予約した着物が自分に合うか確認できますし、当日のイメージを具体的にすることができます。

安心して心地よい一日を過ごすためには、これらのポイントに注意して、店舗や着物を選ぶことが大切です。着物レンタルを活用して、大切なイベントを最高の一日にしてくださいね。ゆめやなら、セットプランがお得です。

〈参考記事〉
https://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/magazine/furisode-220901
https://furisode.joyful-eli.com/blog/choice/43/
https://www.rakuten.ne.jp/gold/rentalmiyuki/sotsugyohakama_budget.html
https://kyoaruki.saganokan.com/column/kimono-cost/
https://wa-wawa.jp/blog/blog-1917/
https://www.haregino-marusho.co.jp/contents/houmongi/545.html
https://www.studio-alice.co.jp/seijin/furiho/furisode_preshoot_009/
https://www.haregino-marusho.co.jp/contents/shichigosan/491.html
https://www.wafukan-ichi.jp/ichi-furisode/column/furisode-trend-coordinate/
https://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/magazine/furisode-230301
https://www.tachibana-group.co.jp/news/topics/24265
https://www.hi753.com/blog/2341/
https://kimono-nagami.com/hakama-zyunnbi/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

黒地に雪輪、菊、松、橘の総絞り色振袖【fui102】

【成人式】黒の絞り振袖の魅力に迫る|着物レンタルのすすめ

成人式は一生に一度の大切なイベントです。その特別な日に着る振袖は、女性にとってとても重要な選択です。 成人式にふさわしい振袖を選ぶ際、「絞り」の技術は特別な魅力を持っています。中でも「黒の絞り」が施された振袖は、シックで […]

ひとつ前の記事

錆納戸色に紅葉と亀甲の一つ紋付訪問着【hou160】

【プロ監修】小学校の卒業式に出席する母親向け!着物の選び方ガイド

はじめに 「卒業式」という言葉を聞いて、どんな印象を受けますか?新たな門出やお子さまの成長、親としての誇らしさなどを思い浮かべる方もいるかもしれませんね。 そんな卒業式に出席する母親にとって悩みの種となるのが、どんな服装 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!